WEB明細に対応している(紙の明細が届かないためバレにくい)カードローン検索結果一覧

現在の選択条件
WEB明細
6
並べ替え:

以前のカードローンは前月の利用明細が郵送されることも多かったですが、最近では、インターネット上で利用明細を確認できるところが増えました。
このような「WEB明細」に対応しているカードローンであれば、家族と一緒に住んでいる方でも安心して借り入れできますね。

この記事では、WEB明細のメリットや使い方、WEB明細に対応しているカードローンについて説明していきます。
多くのカードローンがWEB明細に対応しているものの、中には明細の郵送が必須という会社もまだあるのです。
そのため、申し込みをする前にネットで明細が確認できるのか、紙の利用明細は送られてこないのかをしっかりと確認するようにしてください。

カードローンの明細は紙よりもWEBが良い理由

最初にカードローンを利用する場合、WEB明細が良い理由について説明していきます。

【WEB明細をおすすめする理由】
・紙で記録が残らないから家族にバレない
・スマホからいつでも明細を確認できる
・過去の明細も簡単に照会可能

カードローン会社としても、明細をインターネットで確認できるようにすることで、書類を郵送するコストを削減できます。
そのため、最近では積極的にWEB明細への登録を促すカードローン会社も多く、中には利用明細の郵送サービスを中止する会社、継続して郵送を希望する会員からは手数料をとる会社もあるのです。
ただ、WEB明細は利用者にとってもメリットが多いので、どのようなメリットがあるのかを以下で解説していきます。

紙で記録が残らないから家族にバレない

WEB明細のもっとも大きなメリットは、家族にバレにくくなることです。
契約した後に受け取るカードそのものは本人限定受取郵便などで届くこともあり、その場合には、いくら家族であっても勝手に中身を見られることはありません。
しかし、自宅に送られる利用明細はしっかりと管理しておかないと、家族に見つかってしまう危険性があります。
例えば、自分の部屋の机に置きっぱなしにする、シュレッダーをかけずにゴミ箱に捨てるというのは危険でしょう。
確率は低くても、その利用明細が原因で家族にカードローンを利用していることがバレるかもしれません。

これがWEB明細であれば、家族に中身を見られる可能性はずっと低くなります。
詳しくは後述しますが、利用明細を確認するには会員IDとパスワードなどでログインする必要があるので、明細を見られてしまう可能性は低いのです。

WEB明細を家族共有のパソコンで確認するのはおすすめしません。
もし家族共有のパソコンを使うのであれば、ページへのアクセス履歴を残さないように注意してください。
WEB明細はスマホからでも確認できるので、自分専用のパソコンを持っていない方はスマホを使いましょう。

スマホからいつでも明細を確認できる

先ほども少しふれましたが、WEB明細はパソコンだけでなく、スマホからでも確認できます。
そのため、自宅にいるとき以外にも、スマホを持っていれば外出先でも利用明細を見ることができるのです。
最近では、スマホを持っている人がほとんどなので、パソコンよりもスマホから利用明細を見る方が簡単でしょう。

また、カードローン会社によっては、スマホアプリをリリースしているところもあります。
指紋認証などの生体認証に対応しているアプリ、スマホであれば、毎回、会員IDやパスワードを入力する面倒もありません。
アプリがあるのは大手カードローン会社が中心なので、スマホアプリから利用明細を確認したい人は事前に確認しておくと良いでしょう。

過去の明細も簡単に照会可能

紙の利用明細は基本的に月単位で郵送されてきます。
そのため、過去のものまで振り返ろうと思うと、しっかりと紙の利用明細をとっておかなければいけません。
人によっては封筒を開けて中身を少し確認したら捨ててしまうということもあるのではないでしょうか?

インターネットから利用できるWEB明細だからこそ、過去の明細をさかのぼって確認するのも簡単なのです。
WEB明細なら送られてきた紙の明細を管理する手間もいらないのです。

金融機関によって利用明細を照会できる期間が異なります。
あまりにも古いものは確認できないケースも多いため注意してください。

大手カードローン会社ならWEB明細にもしっかり対応!

WEB明細のメリットを見てきたところで、実際にネットで明細確認ができるカードローンを見ていきましょう。
実は、大手カードローン会社であれば、ほとんどがインターネットから利用明細を確認することができます。
例えば、次のようなカードローンは、WEB明細対応です。

WEB明細に対応しているカードローン

カードローン 金利(実質年率) 限度額
アイフル 年3.0%〜18.0% 最大800万円
アコム 年3.0%〜18.0% 最大800万円
プロミス 年4.5%〜17.8% 最大500万円
SMBCモビット 年3.0%〜18.0% 最大800万円
レイクALSA 年4.5%〜18.0% 最大500万円
J.Score(ジェイスコア ) 年0.8%〜12.0% 最大1,000万円
楽天銀行スーパーローン 年1.9%〜14.5% 最大800万円
みずほ銀行カードローン 年2.0%〜14.0% 最大800万円
三井住友銀行カードローン 年4.0%〜14.5% 最大800万円
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 年1.8%〜14.6% 最大500万円
三井住友カード ゴールドローン 年3.5%〜15.0% 最大700万円
JCB CARD LOANFAITH 年4.40%〜12.50% 最大500万円

基本的には、カードローンの申し込みをする際に、明細の確認方法を選択できる場合が多いです。
紙の利用明細が不要という方は、ネットでの確認を希望しましょう。

一例ですが、大手消費者金融のプロミスでは申し込みフォームの中に「書面の受取方法」という項目があります。
WEB明細を希望する方は「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択すればネット上で明細確認ができ自宅などへ利用明細が郵送されるのを回避できるのです。
カードローン会社によってWEB明細の呼び方や、登録方法に若干の違いはあるものの、サービスの内容はほぼ同じものだと思って良いでしょう。

中小規模の消費者金融などでは、WEB明細に対応していないカードローン会社もあります。
例えば、ベルーナノーティスではキャッシングをすると、月単位の明細が自宅に届くことになるのです。
基本的には、大手の方がサービスは充実しているので、特別な理由がなければ大手を選ぶことをおすすめします。

カードローンのWEB明細で確認できる主な内容

消費者金融やクレジットカード会社などは貸金業法という法律の対象になります。
この法律では、カードローンを利用した際に契約者に通知しなければ内容が決められているのです。

【法律で決められている通知内容】
・貸金業者の商号、登録番号、名称、住所など
・契約年月日
・利用金額
・貸付利率
・返済方式
・返済期間
・返済回数
・遅延損害金の利率
などなど

ただ、これらの項目は書面以外で通知することも可能です。
そのため、インターネットで確認できる状態にしておけば、書面で利用明細を通知しなくてもかまいません。

少し難しい用語ですが、このようなインターネット上で利用明細を確認できるサービス(WEB明細)を「電磁交付」という場合もあります。
利用明細で特に確認しておくべきなのは、現在の借入残高現時点での利息次回の返済予定額次回の返済日あたりでしょう。
また、銀行カードローンは銀行法という別の法律に則って営業していますが、ほぼ同じような内容をWEB明細のサービスで確認できると思って大丈夫です。

具体的には、貸金業法第16条の2、貸金業法第17条などにもとづいた書面を貸金業者は発行しなければいけません。
フォーマットなどに多少の違いはあるかもしれませんが、契約者に必ず通知しなければいけない事項は決められているのです。

カードローンのWEB明細を確認する方法

中にはカードローンを契約したものの、どこでWEB明細を確認できるのか把握していないという人もいるかもしれませんね。
WEB明細を確認するためには、各カードローン会社の会員専用ページへアクセスしてください。
設定などによっても違いますが、会員IDとパスワード、もしくはカード番号と暗証番号などでログインできるでしょう。
利用明細の確認に加えて、会員専用ページでは様々な情報の確認、取り引きの手続きを行えます。

消費者金融ではプロミス、アコム、レイクALSAを例に、銀行カードローンでは楽天銀行スーパーローンを例に会員専用ページのサービス内容を説明していきます。

プロミスの会員専用ページでできること

プロミスの会員専用ページでは、次のようなサービスを利用できます。

【会員専用ページでできること(プロミスの場合)】
・振込キャッシング
・インターネット返済
・取引履歴の照会
・ポイントサービスの利用
・口座振替の登録
・利用限度額の変更申込
・三井住友VISAプリペイドへのチャージ
・返済日お知らせメールの登録
・利息の照会
・各種設定の変更
などなど

プロミスではインターネットを通した取り引きにも対応しています。
振込キャッシングやインターネット返済を利用すれば、ATMや店舗へ行くことなく借り入れ、返済ができるのです。
また、これらのサービスはプロミスの公式スマホアプリからでも利用できるので、インストールしておくと便利でしょう。

プロミスの公式スマホアプリでは、「スマホATM」、「アプリdeクーポン」といったパソコン版の会員専用ページからだと利用できないサービスも使えます。
スマホを持っている方はダウンロードしておいて損はありません。

アコムの会員専用ページでできること

プロミスと同じく大手消費者金融であるアコムでも、会員専用ページから様々なサービスを使えます。

【会員専用ページでできること(アコムの場合)】
・振込融資
・インターネット返済
・限度額の増額申込
・eメールサービスの登録
・クレジットカードの申し込み
・クレジット利用内容の通知サービスの登録
・収入証明書の提出
・現在の利用残高の確認
・次回返済日の確認
・利用明細の確認
・各種登録内容の変更
などなど

アコムではカードローンに加えて、クレジットカード(ACマスターカード)も取り扱っています。
そのため、アコムの会員専用ページからクレジットカードの申し込み、利用時のメール通知サービスへの登録などもできるのです。
すでにアコムのカードローンを契約している方は切り替えも可能なので、詳細は総合カードローンデスクなどに問い合わせましょう。

PDFファイルを開くためには、データをダウンロードした端末に最新のAdobe Readerが必要です。
無料でダウンロードできるので、パソコンに入っていない方は入れておくと良いでしょう。

楽天銀行スーパーローンの会員専用ページでできること

楽天銀行スーパーローンには「メンバーズデスク」という会員専用ページがあり、カードローンの契約とは別に利用登録が必要です。
まだ登録していない人は、メンバーズデスクの「新規登録(無料)」から利用登録を行ないましょう。
その際には、①カード番号、②カード暗証番号、③生年月日、④ユーザーID、⑤パスワードの5項目を入力していきます。
ユーザーID、パスワードに関しては、ここで入力した内容で次回以降のログインを行うことになるので、忘れないようにしてください。
カード番号、カード暗証番号、生年月日に間違いがないことを確認して、「利用規約に同意し登録する」を押せば登録完了です。

【会員専用ページでできること(楽天銀行スーパーローンの場合)】
・振込融資
・インターネット返済
・限度額の増額申込
・各種登録内容の変更
・一括返済のシミュレーション
・利用明細の確認

メンバーズデスクでは、前日までの取引履歴(最大50件、24ヶ月以内のもの)、利用残高、取り引きごとの明細、月単位での請求内容などの照会ができるほか、返済予定表も確認できます。
指定期間のデータをダウンロードすることもできるため、必要に応じてパソコンへ保存すると良いでしょう。

紙で明細が届く場合も後からWEBへの変更が可能!

今利用しているカードローンで、毎月自宅に利用明細が届いているという方は、WEB明細へ変更できないかを調べてみてください。
記事の前半で紹介したようなカードローンであれば、利用明細の受取方法を変更することで、自宅への郵送を回避できます。
申し込み時にWEB明細を登録しなかった方も、後からインターネットでの明細確認へと変更可能です。
金融機関によって変更方法は異なるものの、会員専用ページから変更できることが多いです。

まずは、会員専用ページへログインして、WEB明細や登録内容の変更といったメニューから手続きをしてください。
もし変更する方法が分からないなら、コールセンターに問い合わせても良いでしょう。
ただし、中にはWEB明細に対応していないカードローンもあります。
その場合には、WEB明細を利用できるカードローンを新たに契約することも検討してください。

【まとめ】カードローンはWEB明細が便利!会員ページからいつでも確認できる

大手カードローン会社ではWEB明細に対応しているところが多いため、申し込み時に登録すれば毎月自宅へ明細が送られることはありません。
また、WEB明細に対応しているカードローン会社であれば、会員専用ページから設定を変えれば、後から利用明細の受取方法を書面(郵送)からインターネットに変更することもできるでしょう。
WEB明細ならスマホやパソコンからいつでも取引内容や契約内容を照会できますし、自宅に利用明細が届かないため家族にもバレにくくなります。
ネットで明細を確認するだけでなく、パソコンへ保存することもできるので、必要に応じてダウンロードしてください。

しかし、中小規模のカードローン会社だと郵送のみでWEB明細を利用できないこともあります。
すでにカードローンを契約しているという方はその会社でWEB明細を利用できるか調べ、これから申し込みをする方は、この記事で紹介したような大手カードローン会社を選ぶのがおすすめです。