郵送物なしのおすすめカードローン!家族にバレないのはどこ?

現在の選択条件
郵送物なし
7
並べ替え:

「カードローンに申し込みたいけど、家族には絶対にバレたくない!」という人は多いですよね。

カードローンを扱っている消費者金融や銀行は申込者のプライバシーに配慮はしてくれますが、100%家族に借り入れがバレないというわけではありません。

特にカードローン会社から自宅に郵送物が届くケースでは注意が必要です。

郵送物の中身を見られてしまえば、家族に借り入れを秘密にしておくことはできないでしょう。

そんなときにおすすめなのが、郵送物なしで契約、利用できるカードローンです。

カードローンの中には申込方法や契約方法を工夫すれば、自宅への郵送物をなくせるものも多いのです。

ただし、郵送物なしにするための条件があるカードローンもあるので、どうすれば郵送物なしで契約できるのかを事前にチェックしましょう。

この記事では、郵送物なしでお金を借りられるおすすめカードローンをまとめました。

また、カードローン会社から届く可能性がある郵送物や、郵送物以外で家族バレするケースなどについてもまとめているので、周りに内緒でお金を借りたい人はぜひ参考にしてみてください。

郵送物なしでお金を借りるなら消費者金融のカードローンが良い理由

カードローンを扱っているのは大きく分類すれば消費者金融銀行です。

このうち、郵送物なしでお金を借りやすいのは消費者金融になります。

なぜ消費者金融の方が郵送物なしにしやすいのでしょうか?

郵送物なしでお金を借りたい人に消費者金融をおすすめする理由は次の3つです。

【郵送物なしなら消費者金融が良い3つの理由】
①自動契約機でのカード発行ができる
②カードレスで契約できる場合もある
③家族にバレないよう柔軟に対応してくれる

①自動契約機でのカード発行ができる

カードローンで届く可能性がある郵送物については後述しますが、多くの会社で共通するのが「ローンカード」です。

大手消費者金融であれば自動契約機があるため、このカードを郵送ではなく、契約機に来店して受け取れます。

例えば、次のような消費者金融では自動契約機を完備しているため、来店でのカード発行が可能です。

【自動契約機がある消費者金融】
・アイフル
・アコム
・プロミス
・SMBCモビット
・レイクALSA

カードローンの中にはそもそもカードが発行されないタイプ、カード発行なし(カードレス)を選択できるものもありますが、カードを持っていた方が便利という人は自動契約機を使うと良いでしょう。

②カードレスで契約できる場合もある

先ほども少しふれましたが、カードローンの中にはカードレスで利用できるものもあります。

カード発行がないのであれば、自動契約機を利用しなくても自宅にカードが届くことはありません。

「自動契約機に入るのが嫌で利用したくない」、「自動契約機が近くにない」、「自動契約機に行く時間がない」という方は、カードレス対応の消費者金融がおすすめです。

契約時にカード発行の有無を選択できる場合には、カードレスで契約しても、後からカード発行することもできます。

もしカードレスで不便な点があれば、時間があるときに自動契約機に来店するなどしてカード発行をすると良いでしょう。

③家族にバレないよう柔軟に対応してくれる

銀行と消費者金融であれば、消費者金融の方が柔軟に対応してくれるケースが多いです。

もちろん、ケースバイケースにはなりますが、銀行は淡々と手続きを進めるため、融通が利かないこともあります。

銀行カードローンは金利面などでは消費者金融よりもメリットがありますが、郵送物が気になる人、家族バレを避けたい人には消費者金融が向いているでしょう。

先に紹介した自動契約機の完備やカードレスへの対応も消費者金融の方が進んでおり、銀行カードローンよりも選択肢が多くなるのです。

郵送物なしのおすすめ消費者金融カードローン3選

それでは、郵送物なしのおすすめ消費者金融を実際に見ていきましょう。

郵送物なしで契約したい人におすすめなのは、プロミス、アイフル、レイクALSAの3社です。

これらの3社であれば、郵送ではなく自動契約機でカードや契約書などを受け取ることもできますし、カードレス契約を選択すれば契約機への来店も必要ありません。

契約書や明細などはインターネット上で確認することが可能です。

郵送物なしという観点ではほぼ共通なので、あとは金利や限度額、無利息期間などを比較することをおすすめします。

郵送物なしのおすすめ消費者金融3選

消費者金融 金利(実質年率) 限度額 郵送物
アイフル 3.0%〜18.0% 800万円 ・自動契約機あり ・カード発行を選択可能 ・口座振替が必須
プロミス 4.5%〜17.8% 500万円 ・自動契約機あり ・カード発行を選択可能 ・口フリ(口座振替)必須
レイクALSA 4.5%〜18.0% 500万円 ・自動契約機あり ・カード発行を選択可能 ・契約時に「スマート本人確認」または「口座登録で本人確認」を選択

アイフルを郵送物なしで契約する方法

アイフルではインターネットで申し込みをしてから自動契約機に来店するか、WEB完結で契約することによって自宅への郵送物なしでカードローンを利用できます。

自動契約機に来店できる方、カードを受け取りたい方はインターネット申し込みをしたら、カードの受取方法で来店を選択してください。

ローンカードを発行しないカードレスでの契約を希望する方は、以下の手順で進めましょう。

【アイフルをカードレスで契約する手順】

①インターネットから申し込みをする

スマホ、もしくはパソコンでアイフルの公式ホームページにアクセスし、申し込みフォームに必要事項を入力していきます。

②審査結果の連絡を待つ

審査結果はメール、または電話で連絡されます。

急いでいる人は申し込み後すぐ「カード申込・受付完了メール」に記載されているフリーダイヤル(9:00〜21:00)に電話してください。

そうすれば、優先的に審査を開始してくれます。

③契約手続きをWebで行う

審査に通ったら契約の手続きもインターネットで済ませます。

契約時にカードの受取方法を選択するので、「カードレス」を選びましょう。

また、返済用の銀行口座の登録も必要です。

口座番号などの分かる通帳やキャッシュカードを手元に用意しておくとスムーズだと思います。

④スマホATM取引、振込融資で借りる

契約が完了すれば借り入れができます。

アイフルの公式スマホアプリをダウンロードしていれば、カードがなくてもセブン銀行ATMで借り入れが可能です。

また、登録した銀行口座への振り込みで融資を受けることもできます。

カードレスでアイフルを利用する場合、ATMでの借り入れや返済はセブン銀行ATMでのスマホATM取引に限定されます。

近くのセブンイレブンで取り引きできるので不便ではないでしょうが、手数料がかかるので注意してください。

自動契約機に来店してアイフルカードを受け取るなら、契約機に併設されているアイフルATM(手数料無料)も利用可能です。

プロミスを郵送物なしで契約する方法

プロミスもアイフルとほぼ同じ手順で郵送物をなくすことができます。

ローンカードの発行を希望する方はインターネット申し込み後、自動契約機でカードを受け取ってください。

ローンカードの発行もないWeb完結(カードレス)で契約する場合には、以下の手順で手続きします。

【プロミスをカードレスで契約する手順】

①インターネットから申し込みをする

プロミスの公式ホームページから申し込みを行います。

契約方法を選択する箇所があるので「Web」を選んでください。

②審査結果の連絡を待つ

申し込み時に選択した方法(電話、またはメール)で審査結果の連絡があります。

メールの場合には、審査結果の照会ページにアクセスできるURLが記載されているので、そこから確認してください。

③契約手続きをWebで行う

カード発行の有無では「カード不要」を指定しましょう。

また、Web完結では返済方法が口座振替になります。

プロミスのWeb完結に対応した金融機関の口座が必要ですが、ネットで口座振替の登録ができない銀行もあるので注意してください。

④スマホATM取引、振込融資で借りる

プロミスもスマホATM取引に対応しているので、アプリを使えばセブン銀行ATMで借り入れができます。

加えて、振込先の金融機関によっては24時間いつでも入金してくれることもあります。

この点もアイフルと同様ですが、ローンカードなしのWeb完結契約の場合には、スマホATM取引以外ではATMを利用できません。

プロミスはプロミスATM、および三井住友銀行ATMの手数料が無料です。

振込融資ではなくATMでのキャッシングがメインであれば自動契約機を利用することで郵送物をなくした方が良いでしょう。

また、若干ですがアイフルよりもプロミスの上限金利が低くなっています。

少しでも低い金利で借りるなら、プロミスを選ぶことをおすすめします。

次のような金融機関はプロミスのWeb完結には対応していません。

ジャパンネット銀行、りそな・埼玉りそな銀行、新生銀行、ソニー銀行、楽天銀行など。

レイクALSAを郵送物なしで契約する方法

レイクALSAも自動契約機があり、カードレスにも対応しているという点は他の2社と一緒です。

ただ、Web完結で郵送物をなくすための条件が少し異なるので注意してください。

レイクALSAのWeb完結で郵送物をなくすには、契約時に「スマート本人確認」または「口座登録で本人確認」を選択する必要があります。

そして、口座登録を選択した方は「Web自動引落しサービス」(口座振替)で金融機関の口座情報を登録しないといけません。

プロミスと同様にインターネットからの口座振替に対応していない金融機関もあるので注意が必要です。

次のような金融機関はレイクALSAのWeb自動引落しサービスには対応していません。

ジャパンネット銀行、りそな・埼玉りそな銀行、新生銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行など。

カードレスのWeb完結契約を希望する人は、以下の手順で申し込みをしましょう。

【レイクALSAをカードレスで契約する手順】

①インターネットから申し込みをする

レイクALSAの公式ホームページから申し込みを行います。

②審査結果を確認する

レイクALSAは8:10〜21:50の審査結果のお知らせ時間内(毎月第3日曜日19時まで)に申し込みをすると、画面上ですぐに簡易審査の結果を確認できます。

それ以外の時間帯だと登録したメールアドレスに連絡が来るので待ちましょう。

③契約手続きをWebで行う

本人確認を「スマート本人確認」または「口座登録で本人確認」で行います。

運転免許証を持っている人はスマート本人確認、持っていない人は口座登録で本人確認をしてください。

口座登録をする方は、利用予定の口座がWeb自動引落しサービスに対応しているかもチェックしておきましょう。

④スマホATM取引、振込融資で借りる

レイクALSAの公式スマホアプリ「e-アルサ」でスマホATM取引をするか、振込融資で借り入れを行えます。

契約当日中の即日振込を希望する場合には、21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了が条件です。(一部の金融機関、およびメンテナンス時間を除きます。)

レイクALSAはアイフル、プロミスよりも初回特典が充実している点がメリットです。

はじめてレイクALSAを契約する方は、①借入金額の全額が60日間利息0円(Web申込み限定)、もしくは②借入金額のうち5万円まで180日間利息0円のどちらか一方を選択できます。

※ 対象となる期間は契約日の翌日からです。また、どちらも契約額が1万円〜200万円の方に適用となります。無利息期間の経過後、および②では5万円の超過分は通常金利が適用されます。

審査基準はアイフル、プロミスよりも厳しいですが、審査に自信がある人はレイクALSAがおすすめです。

条件付きで郵送物なしにできる消費者金融カードローン

ここまでに紹介した3社以外にもアコムやSMBCモビットでも郵送物なしで利用することは可能です。

ただし、3社と比べると郵送物なしにするための条件が多いので注意してください。

条件付きで郵送物なしにできる消費者金融

消費者金融 金利(実質年率) 限度額 郵送物
アコム 3.0%〜18.0% 800万円 ・自動契約機あり ・カード発行が必須(カードレス不可)
SMBCモビット 3.0%〜18.0% 800万円 ・「WEB完結申込」のみ郵送物なし

アコムも自動契約機でカードを受け取れば郵送物なし

アコムも自動契約機でカードを受け取ることで自宅への郵送物を回避できます。

ただし、アイフル、プロミス、レイクALSAと異なるのは、カードレス契約には対応していない点です。

アコムではカード発行が必須になるため、郵送、または自動契約機でカードを受け取らないといけません。

インターネット申し込みをして、審査に通過したらアコムの自動契約機「むじんくん」へと向かいましょう。

【アコムを郵送物なしで利用する手順】

①インターネットから申し込みをする

アコムの公式ホームページから申し込みをしましょう。

ネット申し込み後、必要書類の提出を案内するメールが届くので、その指示に従って本人確認書類などを提出してください。 

②審査結果を確認して契約手続きをする

最短30分で審査結果が届きます。

審査に通過した場合には「契約手続きのご案内」メールから契約を行います。

③来店でアコムカードを受け取る

アコムの店頭窓口、もしくは自動契約機に来店してカードを受け取ります。

契約手続きをすると契約完了のお知らせメールが届きますが、そのメールの送信日から5日以内に来店するようにしてください。

④アコムのATMなどで借り入れ

むじんくんにはアコムのATMが併設されています。

すぐにキャッシングしたい人は、カードを受け取ったら併設のATMを使うと良いでしょう。

アコムではカードの受け取りが必須なので、郵送物をなくすためには自動契約機に来店する必要があります。

アコムでの借り入れを希望する方は、事前にむじんくんの営業時間、住所を確認しておくと安心です。

生活圏に店舗がない場合には郵送でカードを受け取らないといけないので注意してください。

SMBCモビットはWEB完結申込のみ郵送物なし

SMBCモビットには次の2種類の申込方法があります。

【SMBCモビットの2種類の申込方法】
①カード申込:ローンカードの発行が必須で、自動契約機で受け取っても郵送物あり
②WEB完結申込:ローンカードの発行がなく、郵送物なし

インターネットで「カード申込」をしたり、ネット以外の方法で申し込みをしたりすると郵送物が発生してしまいます。

SMBCモビットにも自動契約機はあるものの、後日、入会申込書などが自宅に届くので注意してください。

SMBCモビットの場合、郵送物をなくすためには「WEB完結申込」をしましょう。

【SMBCモビットを郵送物なしで利用する手順】

①インターネットから「WEB完結申込」をする

SMBCモビットの公式ホームページから「WEB完結申込」を選択します。

WEB完結申込には次の条件があるので確認しておきましょう。

・三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかに口座を持っている
・社会保険証、もしくは組合保険証を持っている

②申込画面で審査結果を確認する

申込画面の途中で簡易審査結果を確認できます。

簡易審査に通過したら、追加項目を入力して申し込みを完了させてください。

③メールで審査結果を確認する

メールで審査結果が届きます。

メールに記載されている照会ページURLから審査結果を確認しましょう。

④ネットで入会手続きを行う

審査結果を確認したURLから入会手続きも行えます。

入会が完了すると「入会完了メール」が届き、この時点で借り入れができるようになります。

⑤スマホATM取引、振込融資で借りる

WEB完結申込ではローンカードが発行されません。

そのため、スマホATM取引、または振込融資で借り入れをしてください。

SMBCモビットのWEB完結申込では郵送物だけでなく、勤め先や本人確認のための電話連絡も原則ありません。

申し込みから利用まですべてをインターネット上で完結できるのです。

ただ、カード発行はなくATMでの借り入れや返済ができず(セブン銀行「スマホATM取引」を除く)、アイフル、プロミス、レイクALSAのように後でカード発行することもできないので注意してください。

銀行カードローンも郵送物なしで契約できる?

中には「郵送物なしの銀行カードローンでお金を借りたい!」という人もいますよね。

記事の冒頭で説明したように消費者金融と比べると、郵送物なしで契約できる銀行カードローンは少なくなります。

銀行カードローンの場合、郵送物なしでお金を借りるには、次に2点のどちらかを満たしている必要があるでしょう。

【郵送物なしで銀行カードローンを利用するポイント】
・自動契約機のある銀行カードローンであること
・キャッシュカードでの借り入れに対応していること

銀行カードローンは自動契約機でカードを受け取れるかがポイント

消費者金融と比べて自動契約機のある銀行カードローンは少なくなります。

ほとんどの銀行カードローンでは契約後に発行されるローンカードを郵送で受け取らないといけません。

大手銀行に限っていえば、自動契約機を完備しているのは三井住友銀行、三菱UFJ銀行くらいです。

郵送物なし、かつ銀行カードローンが良いという場合には、どちらかを選ぶと良いでしょう。

すでに口座を持っている場合にはキャッシュカードでの借り入れも

ローンカードを来店で受け取るためには自動契約機が必要です。

ただし、一部の銀行カードローンでは借入専用のカードではなく、キャッシュカードにローン機能を付帯させたり、ローンカード発行なしの振込融資のみで利用できたりするものもあります。

キャッシュカードにローン機能を追加できる銀行カードローンには、みずほ銀行カードローン、三井住友銀行カードローンがあります。

ただし、みずほ銀行カードローンの場合には、契約関連書類が自宅に届くことになるので郵送物なしにはできません。

銀行であれば消費者金融に比べると郵送物が届いてもバレにくいです。

「銀行からの書類なら気にならない!」という人は、このような銀行カードローンも検討する価値があるでしょう。

また、ジャパンネット銀行のネットキャッシングはカード発行がないタイプの銀行カードローンです。

ジャパンネット銀行の預金口座に振込融資をしてもらい、キャッシュカードで引き出すことができます。

郵送物なしにできるおすすめ銀行カードローン

郵送物なしで銀行カードローンを利用するのであれば、次の3社がおすすめです。

【郵送物なしのおすすめ銀行カードローン】
・三井住友銀行カードローン
・三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
・ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」

三井住友銀行カードローンと三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の場合には自動契約機でカード発行をすることで郵送物をなしにできます。

また、ジャパンネット銀行に口座を持っているという方は、「ネットキャッシング」でお金を借りるのもおすすめです。

三井住友銀行カードローンを郵送物なしで契約する方法

三井住友銀行カードローンは契約を自動契約機に来店して行うことで郵送物をなくせます。

また、三井住友銀行に口座がある人はキャッシュカードの借り入れも可能です。

どちらの方法でも郵送物なしにできるので、銀行カードローンの中では三井住友銀行カードローンが郵送物なしにしやすいでしょう。

【三井住友銀行カードローンを郵送物なしで利用する手順】

①インターネットから申し込みをする

三井住友銀行カードローンの公式ホームページへ行き、必要事項を入力していきます。

口座を持っている方でWEB完結契約を希望する場合には「口座をお持ちの方はこちら」と書かれた申し込みボタンから手続きをしましょう。

口座を持っていない方は「口座をお持ちでない方はこちら」のボタンから申し込んでください。

②必要書類を提出する

申し込みを済ませたら、本人確認書類を提出します。

インターネットから運転免許証やパスポートなどを提出してください。

③審査結果の連絡を待つ

審査結果はメール、または電話で連絡がきます。

銀行カードローンの審査結果は、最短で本人確認書類を提出した翌営業日の連絡です。

④自動契約機(ローン契約機)でカード受け取り

審査に通過したら、三井住友銀行の店内に設置してあるローン契約機でカードを受け取ります。

口座を持っている場合には、審査に通り契約を結べばすぐにキャッシュカードで借り入れが可能です。

⑤三井住友銀行ATMなどでキャッシングする

三井住友銀行カードローンは三井住友銀行ATMやコンビニATMなどで使えます。

自動契約機で受け取ったローン専用カードとキャッシュカードでは利用できる提携ATMが異なるので注意しましょう。

振込融資も可能ですが、そのためにはSMBCダイレクト(インターネットバンキング)が必須です。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」を郵送物なしで契約する方法

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」も、自動契約機(テレビ窓口)でカードを受け取ることで郵送物をなくすことが可能です。

銀行カードローンは即日融資には対応していないので、インターネットで事前申込をしておき、審査通過を確認してからテレビ窓口に向かいましょう。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」はキャッシュカードでの借り入れには対応していません。

そのため、テレビ窓口への来店が必須で、その際には本人確認書類として運転免許証が必要なので注意してください。

【三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」を郵送物なしで利用する手順】

①インターネットから申し込みをする

三菱UFJ銀行カードローンの公式ホームページから申し込みを行います。

スマホ、パソコンに加えて、公式スマホアプリからの手続きも可能です。

カードの受取方法を申し込み時に選択するので「テレビ窓口」を選びましょう。

②必要書類を提出する

公式ホームページから必要書類をアップロードします。

本人確認書類、収入証明書(利用限度額50万円超を希望する場合)を提出してください。

③審査結果の連絡を待つ

最短、翌営業日に審査結果の連絡があります。

連絡は9時〜21時までですが、土・日・祝日のみ9時〜17時なので注意が必要です。

④自動契約機(テレビ窓口)でカード受け取り

三菱UFJ銀行の店舗に設置されているテレビ窓口でカードを受け取りましょう。

その際には運転免許証が必要です。

⑤三菱UFJ銀行ATMなどでキャッシングする

ローンカードは三菱UFJ銀行ATMやコンビニATMで利用できます。

また、振込融資には三菱UFJ銀行の口座が必要になります。

ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」は口座ありなら郵送物なし

ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」は、ローンカードの発行がなく、ジャパンネット銀行の普通預金口座への振込融資でお金を借りることができます。

現金が欲しいときは振込融資の後、キャッシュカードで引き出してください。

すでにジャパンネット銀行に口座がある場合には、郵送物なしで契約後、すぐに借り入れが可能です。

一方、口座がない人で「初回借入の振込サービス」(初回借入時に限定でジャパンネット銀行以外への金融機関に振り込みをするサービス)を行う場合、振り込みの明細が届いてしまうので注意してください。

また、口座開設とネットキャッシングを一緒に申し込む場合には、口座開設に関する書類は届くことになります。

それらの郵送物であれば家族に見つかっても借り入れしたとは分かりませんが、融資までに時間がかかるのであまりおすすめはしません。

以下はすでに口座がある場合の流れです。

【ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」でお金を借りる流れ】

①インターネットから申し込みをする

ジャパンネット銀行の公式ホームページ、もしくは「ネットキャッシングアプリ」から申し込みを行います。

②必要書類を提出する

ネット、または公式スマホアプリから本確認書類などを提出してください。

また、指示があった場合には源泉徴収票や確定申告書などの収入証明書も必要です。

③審査結果を確認する

最初に仮審査の結果がメールで通知されます。(審査結果の連絡は平日の営業時間内に限ります。)

最短60分で仮審査の結果が出ますが、その後、本審査もあるため即日での借り入れはできません。

④契約手続き後、借り入れ

契約の手続きが完了するとメールで通知が入ります。

申し込みの際に初回自動借入を希望した方は、ジャパンネット銀行の普通預金口座に指定の金額がすぐに入金されるので確認してください。

借り入れの手続きもネットやアプリから行え、必要に応じてキャッシュカードで引き出しましょう。

カードローンの申込時・利用時に届く可能性がある郵送物とは?

カードローンの申込時や利用時には次のような書類が届く可能性があります。

【カードローンで届く可能性がある書類】
・申込書(契約書)
・利用明細
・各種お知らせやキャンペーン案内
・督促状

郵送物なしのカードローンを利用すれば心配いりません。

しかし、通常の場合にはどのような書類が、いつ届く可能性があるのかを把握しておくことも重要です。

申込書(契約書)

カードローンの申込書に関しては、インターネットで申し込みをするのであれば不要です。

ただし、SMBCモビットの「カード申込」のようにインターネットや自動契約機に来店して申し込みをしても、郵送による契約書(入会申込書)の提出が必要になる場合もあります。

そのため、契約書が自宅に届いたら必要事項を記入した上で返送しなくてはいけません。

また、みずほ銀行カードローンにおいても、契約内容確認書が契約完了後に届くことになります。

返送する必要はないものの、みずほ銀行名義での郵送物が発生することになるのです。

契約関連書類の郵送がない場合、インターネットの会員専用サイトで契約書の閲覧やダウンロードができるようになっています。

利用明細

カードローンでの借り入れ、返済に関する明細書です。

郵送物なしのカードローンでは、契約書と同様にインターネットの会員専用サイト上で利用明細の確認ができます。

アプリに対応しているカードローン会社も多く、すぐに利用状況の確認が可能です。

また、ATMを利用すれば、その場でも利用明細も発行されます。

ただし、発行される明細に法律で決められた内容が印字できない場合、振込融資などを利用した場合などには別途1ヶ月分の明細書が送られてくることになるでしょう。

各種お知らせやキャンペーン案内

増額やキャンペーンの案内などが郵送で行われることもあります。

「郵送物は避けたい!」という利用者も多いため、最近ではこれらを郵送するカードローン会社は少なくなっており、基本的には「郵送での案内を止めてほしい」ということを伝えておけば、郵送を避けられるでしょう。

ただし、次に説明する「督促状」については、郵送物の希望に関係なく送られてくる可能性があるので注意が必要です

督促状

返済期日に遅れている場合には、督促状が届くこともあります。

ただ、返済が遅れていると最初は個人の携帯電話に連絡が入り、それを無視していると自宅への電話連絡、書類による督促になる場合が多いです。

カードローン会社によってどの程度の延滞で郵送物があるかは違うものの、そもそも延滞しないように注意すれば心配しなくて大丈夫でしょう。

もし長期の延滞になってしまったなら、カードローン会社ではなく、裁判所からの督促書類が届くケースもあります。

ここまで状況が悪化してしまうと、同居している家族に対して借金を秘密にしておくことは難しくなります。

カードローン会社からの郵送物は差出人で家族にバレる?

カードローン会社から郵送物があると、同居している家族に借り入れがバレる可能性が高まります。

ただし、郵送物が届くからといって100%の確率で家族にバレてしまうわけではありません。

その理由の1つは、郵送物の差出人名義です。

基本的にはカードローン会社からの郵送物だとは分からないようにしてくれるため、中身を確認されなければバレることはないでしょう。

消費者金融からの郵送物が届いた場合

消費者金融の場合、会社名をそのまま記載してしまうと外からでもカードローンだと分かってしまいます。

そのため、大手消費者金融では、基本的には次のような差出人名義を使っています。

【消費者金融の差出人名義】
・アイフル → AIセンター
・アコム → ACセンター
・プロミス → 事務センター
・SMBCモビット → MCセンター

差出人名義をインターネットで検索されるということがなければ、たとえ家族に封筒を見られてもバレる可能性は低いです。

また、ローンカードなどを郵送する場合、本人限定受取郵便が利用されることもあり、受け取れるのは本人だけで、本人確認書類の提示も必要になります。

簡易書留で郵送されるケースでは同居している家族の受け取りも可能ですが、勝手に開封されなければ問題ないでしょう。

銀行から郵送物が届いた場合

銀行カードローンを利用する場合には、基本的にはその銀行名で郵送物が届きます。

銀行名での郵送物であれば、家族が封筒などを見ても不審には思わないでしょう。

こちらも開封されない限り、バレる可能性は低いです。

銀行カードローンは郵送物を避けにくいですが、あまり心配しなくても良いかもしれません。

郵送物だけじゃない!カードローンが家族・会社にバレる原因

郵送物だけでなく、次のようなケースで家族や会社に借り入れがバレる可能性があります。

家族バレ・職場バレを避けるためには、次の点も確認しておきましょう。

【郵送物以外でカードローンがバレる原因】
・カードローン会社からの電話
・ローンカード
・自動契約機への出入り
・口座の履歴

カードローン会社からの電話でバレるケース

カードローンの申し込みをすると個人の携帯電話と勤め先へ電話連絡が入ることがあります。

申込内容や本人確認は個人の携帯電話にかかってくるため、特に問題はないでしょう。

休日などで近くに家族がいるタイミングでも、携帯電話であれば離れて電話に出れば大丈夫です。

一方、在籍確認については職場への電話連絡になります。

「◯◯さんは、いますでしょうか?」という電話が担当者の個人名でかかってくるだけなのでバレる可能性は低いですが、職場に電話がかかってくることは覚えておきましょう。

また、銀行カードローンの場合、申込者からの希望があったとき、電話を受けた人から尋ねられたときには「△△銀行の〜です。」というふうに銀行名も名乗ることがあるので覚えておいてください。

もし、勤め先に電話がかかってくるとバレる可能性がありそうなら、電話以外の方法で勤め先の確認ができないかを事前相談しておくことをおすすめします。

ローンカードが見つかってバレるケース

ローンカードを発行する場合、財布に入れているカードが見つかってしまうと、借り入れもバレるでしょう。

お財布の中を見られる可能性があるのであれば、カードレスで契約することをおすすめします。

カードの発行がなければ、カードが原因で周りに借り入れがバレることはありません。

また、カードそのものだけでなく、ATMで受け取った利用明細書の管理にも注意を払ってください。

自動契約機への出入りを見られてバレるケース

郵送物をなくすために自動契約機を利用する場合には、その出入りにも注意をしてください。

契約機は外から覗かれないようになっていますが、出入りを知り合いに見られてしまうとごまかすのは難しいでしょう。

職場や自宅の近くの自動契約機を利用する際には細心の注意を払い、あえて人通りの少ない場所にある店舗を選んでも良いかもしれません。

口座の履歴からバレるケース

振込融資やインターネット返済、口座振替をする場合には使用した口座に記録が残ります。

そのため、通帳などで口座の取引履歴を見られてしまわないように注意した方が良いでしょう。

郵送物の差出人名義と同様にすぐには分からないような名義を使われることが多いですが、頻繁に入金・出金の履歴があると怪しまれるかもしれません。

カードローンで利用する口座は、家族が見ないものを使うのがおすすめです。

【まとめ】郵送物なしのカードローンで周りにバレずにお金を借りよう!

消費者金融でも、銀行カードローンでも、郵送物なしで利用できるものはあります。

ただ、銀行カードローンの場合には選択肢が少なくなるため、郵送物なしのカードローンを選ぶなら消費者金融がおすすめです。

自動契約機でカードや契約書を受け取ることで郵送物をなくすこともできますし、Web完結のカードレス契約をすればカード発行はなく、自動契約機に行く必要もありません。

消費者金融は銀行に比べて金利が高い点はデメリットになるものの、無利息期間のあるカードローンが多いため、そこまで負担の差は感じないでしょう。

一方、融資を急いでいない人、まとまった金額を借りたい人は低金利な銀行カードローンが向いています。

郵送物がないことに加えて、何を重視するかによってあなたにあったカードローンを選んでください。