表示条件
  • 契約方法
  • 利息
  • 金融機関
  • 借入方法
  • 特徴
  • 年齢

学生がカードローンでお金を借りる方法|バイト先への在籍確認はなしでもOK?

現在の選択条件
学生
9

学生でも友だちと遊びに出かけたり、サークル活動をしたりでお金は色々とかかると思います。 
むしろ、学生だとアルバイトをしていても収入に限りがあるため、「もう少しお金があれば…」と感じることも多いのではないでしょうか?

そんなときに便利なのがカードローンです。 
カードローンは限度額の範囲で繰り返し借り入れできるので、少しだけお金を借りたい場合にはおすすめです。

ただし、カードローンの契約には審査があり、誰でもお金を借りられるわけではありません。 
カードローンの審査では収入が非常に重要になるため、「学生でもカードローンを利用できるの?」と不安に思っている方も多いでしょう。

実は、学生でも利用できるカードローンは多いです。 
学生だからという理由だけで申し込みを断られたり、審査に落とされたりするケースは少ないので安心してください。

この記事では、学生がカードローンでお金を借りる方法について説明していきます。 
学生がお金を借りるにはどのような方法があるのか、カードローンの審査に通るためのポイント、お金を借りるときの注意点についてまとめました。

カードローンでお金を借りようと思っている学生はぜひ参考にしてください。

カードローンは学生でも利用できるの?

前述の通り、学生でもカードローンを利用することは可能です。 
ただし、カードローンによって申込条件は異なり、その条件を満たしていないと審査に通ることはありません。

具体的な条件についてはカードローンごとに確認する必要がありますが、おおむね「20歳以上でアルバイトなどによる定期収入がある」のであれば、学生でも審査に通る可能性があります。 
一部の学生ローンは18歳、19歳の申し込みを受け付けているケースもありますが、未成年の学生でも申し込めるところは少数といって良いでしょう。

カードローンのほとんどは最低条件が20歳以上であることになっている

学生がお金を借りる方法については次章で後述しますが、ほとんどの方法は20歳以上でないと利用できません。 
それは、未成年者が単独で結んだ契約については、取り消しができると民法にて決められているからです。

お金を貸しているのにも関わらず、契約が取り消されてしまうと金融機関としては困るので、「20歳以上であること」というのがほぼ共通の条件になっています。 
カードローンを利用するのであれば、20歳以上であることというのが原則になります。

未成年者ならば親からの同意が必要になる

一部の金融機関では18歳、19歳といった未成年者の学生にも融資をしていますが、数としてはかなり少ないです。 
また、未成年者と契約を結ぶ際には、その親権者から同意を得ていることが条件になります。

そのため、未成年者の場合、親に内緒でお金を借りることはできません。 
親にカードローンの利用を知られたくないのであれば、最低でも20歳以上でないといけないのです。

収入なしだとカードローンは利用できない

カードローンを契約するためには収入が必要なので、学生の場合には、アルバイトをしていなければ審査に通りません。 
両親からの仕送りや奨学金などは収入に含まれず、労働による収入が必要です。 
収入の金額についてはそこまで多くなくても大丈夫ですが、カードローンの審査では安定した収入があるかどうかを必ず確認されます。

一部の銀行カードローンでは専業主婦であれば、本人に収入がなくても申込可能です。
その場合には、配偶者に安定した収入があることを求められます。 
一部の例外はあるものの、学生に関しては収入が必須だと思いましょう。

学生がお金を借りる方法を4つ紹介!

学生がお金を借りる方法は主に次の4つです。

学生がお金を借りる方法
  • 消費者金融でお金を借りる
  • 銀行カードローンでお金を借りる
  • 学生ローンでお金を借りる
  • クレジットカード(キャッシング)でお金を借りる

学生ならではの方法は③「学生ローン」ですが、学生ローンを利用できる人なら、他の方法の利用条件も満たしている可能性が高いです。 
それぞれの方法のメリット・デメリットについては以下で説明していきますが、おすすめは消費者金融です。

銀行カードローンの審査は厳しいため、学生の利用は難しく、学生ローンやクレジットカードのキャッシングはあまり利便性が高いとはいえません。 
消費者金融は20歳以上でアルバイトなどの収入がある学生であれば審査に通る可能性が十分にあり、即日融資や無利息期間といった便利な特徴がたくさんあります。

①消費者金融を利用してお金を借りる方法

消費者金融を利用する場合には、大手のカードローンに申し込みましょう。 
中小規模の消費者金融も多いですが、サービスの質が高く、利便性が高いのは大手です。

例えば、次のような消費者金融がおすすめです。

消費者金融のカードローン

消費者金融 金利(実質年率) 限度額
アイフル 3.0%〜18.0% 1万円〜800万円
アコム 3.0%〜18.0% 1万円〜800万円
プロミス 4.5%〜17.8% 1万円〜500万円

学生が消費者金融を利用すると、どんなメリットがある?

消費者金融のメリットの1つは、比較的、学生でも利用しやすいことです。 
学生の申し込みができる銀行カードローンもありますが、審査基準は消費者金融よりも厳しいので、契約できないケースも多いでしょう。

消費者金融の場合、審査通過率はおよそ50%前後です。 
審査が甘いわけではありませんが、アルバイトによる安定した収入があるなら審査に通る見込みはあります。

先ほども説明したように、消費者金融は即日融資にも対応しているため、早ければ申し込みの当日に契約することも可能です。
無利息期間のある消費者金融も多く、はじめて契約する人は一定期間、金利0円で借り入れできます。

全体的な利便性は他の方法よりも高いため、学生には消費者金融がおすすめです。

逆に、学生が消費者金融を利用すると、どんなデメリットがある?

消費者金融のデメリットを挙げるとするなら、銀行カードローンや学生ローンと比べて金利が高いことです。 
カードローンでお金を借りると、無利息期間などの例外を除いて、毎日利息が発生します。

金利が高いということは利息も大きくなるということなので注意が必要です。 
ただし、借りる金額が少額であれば、そこまで大きな負担にはならないでしょう。

消費者金融のカードローンは上限金利が年18.0%の商品が多い一方で、金利が低いといわれている銀行カードローンは上限金利でも年14.0%〜14.5%ほどの商品が多いです。 
例えば、10万円を借りた場合には、それぞれ次のような利息が1ヶ月で発生します。

消費者金融と銀行カードローンの利息

消費者金融 銀行カードローン
契約金利 年18.0% 年14.0%
1ヶ月の利息 1,479円 1,150円

1ヶ月の差を見ると、利息は300円程度の違いです。 
金利は低い方が良いですが、借りる金額が多くないならそこまで気にする必要はないでしょう。

②銀行カードローンを利用してお金を借りる方法

メガバンクやネットバンク、地方銀行などカードローンを扱っている銀行は多いです。 
消費者金融の利用に抵抗を感じている人もいるので、そのような方は銀行カードローンを検討しても良いでしょう。

ただし、地方銀行に関しては、その銀行の事業エリア内に住んでいること、勤めていることが契約の条件になっているものもあります。 
そのため、銀行カードローンを検討するなら、メガバンク、もしくはネットバンクがおすすめです。

銀行カードローン

銀行カードローン 金利(実質年率) 限度額
三井住友銀行カードローン 4.0%〜14.5% 10万円〜800万円
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 1.8%〜14.6% 10万円〜500万円
みずほ銀行カードローン 2.0%〜14.0% 10万円〜800万円
楽天銀行スーパーローン 1.9%〜14.5% 10万円〜800万円

銀行カードローンの中には、イオン銀行カードローンのように学生の申し込みができないものもあります。 
その場合には、収入の有無に関係なく学生の利用はできないため、申込条件をしっかりと確認しましょう。

学生が銀行カードローンを利用すると、どんなメリットがある?

銀行カードローンは消費者金融などと比べると低金利です。 
借りる金額が少額だと利息も少なくて済みますが、金利が低いに越したことはありません。 
学校卒業後、社会人になってもそのままカードローンを利用し続ける場合には、低金利な銀行カードローンはありがたいでしょう。

逆に、学生が銀行カードローンを利用すると、どんなデメリットがある?

銀行カードローンは低金利ですが、その分、審査は厳しいです。 
先ほども見たように消費者金融の審査通過率はおよそ50%なので、銀行カードローンについてはより厳しいと思ってください。

そのため、学生は銀行カードローンの審査に通らない可能性が高いです。 
また、銀行カードローンは即日融資を行えないため、お金を借りるまでに数日〜1週間程度かかるでしょう。

無利息期間のないカードローンも多く、金利以外の面では、消費者金融に劣る部分も多いのです。

③学生ローンを利用してお金を借りる方法

学生ローンは消費者金融と同じ貸金業者に分類されます。 
名前から分かるように学生を専門に融資する貸金業者です。

ただし、大手消費者金融のように全国展開している学生ローンは少ないため、主に首都圏に住んでいる学生が対象になるでしょう。

学生ローン

学生ローン 金利(実質年率) 限度額
イー・キャンパス 14.5%〜16.5% 1万円〜80万円
アミーゴ 14.40%〜16.80% 3万円〜50万円
カレッジ 17.00% 最高50万円

学生ローンを利用すると、どんなメリットがある?

学生ローンは主に首都圏に実店舗を構えており、大学生・大学院生、専門学生など高校卒業以上の学生に対して融資をしています。 
利用限度額は一般的なカードローンと比べて小さいですが、金利については消費者金融よりも若干低めです。

また、一部の学生ローンは高卒以上なら未成年の学生でも申し込めます。 
そのため、18歳、19歳の学生に関しては、数少ないお金を借りられる選択肢だといえるでしょう。

ただし、前述の通り、未成年者は親権者の同意が必須になります。

逆に、学生ローンを利用すると、どんなデメリットがある?

大手の消費者金融や銀行カードローンと比べると、学生ローンの事業規模は小さめです。 
そのため、どうしてもローンとしての利便性は劣ります。

例えば、直接店舗に来店できない場合には契約に時間がかかり、即日融資を受けることができなかったり、ローンカードが発行されないため振込融資や店舗での融資しか行えなかったりするのです。 
加えて、学生ローンだからといって、審査が甘いわけではありません。

返済の見込みがないなら融資をしてはくれないので、学生だからという理由で学生ローンを選ぶのはおすすめできません。

④クレジットカード(キャッシング)を利用してお金を借りる方法

最後はカードローンではありませんが、クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りるという方法もあります。 
クレジットカードには買い物をするためのショッピング枠とは別に、お金を借りられるキャッシング枠もあります。

ただ、すべてのクレジットカードでキャッシングできるわけではありません。 
楽天カード、dカード、Yahoo!JAPANカードなどにはキャッシングサービスがあるので、事前にキャッシングの契約を結んでいるとカードローンと同じように借り入れできます。

一方、アメリカン・エキスプレス、ビューカードなどにはキャッシング機能がありません。 
そのため、クレジットカードを持っている方は、公式ホームページなどでキャッシングに対応しているか確認すると良いでしょう。

学生がクレジットカードキャッシングを利用すると、どんなメリットがある?

クレジットカードキャッシングを利用するメリットは、お手持ちのクレジットカードですぐに借り入れできる点です。
クレジットカードの契約時にキャッシングサービスにも申し込んでいるという前提ですが、ATMや銀行振込などですぐに融資を受けられます。

また、普段から利用しているクレジットカードでお金を借りられるという点も、メリットになるでしょう。

学生がクレジットカードキャッシングを利用すると、どんなデメリットがある?

キャッシングサービスはクレジットカードの申し込みとは別途契約が必要になります。 
そのため、新規申込時にキャッシングの契約をしていない場合には、キャッシングサービスへの申し込みも必要です。

カードローンと同様にクレジットカードのキャッシングサービスにも審査があるので、新しくキャッシング枠をつけるのには時間がかかります。 
消費者金融のカードローンのように即日融資とはいかないため、急いでいる人は注意してください。

また、クレジットカードはショッピングがメインなので、キャッシングに関しての利便性は低いです。 
カードローンと比べると、「金利が高い」、「限度額が低い」、「一括返済の場合もある」などのデメリットがあるので、新たにクレジットカードにキャッシングサービスを付帯するのであれば、カードローンに申し込むことをおすすめします。

カードローン審査に通過したい学生がチェックしておくべきポイントとは?

学生でもカードローンを利用することはできますが、審査に通らないと契約はできません。

まず、「20歳以上であること」、「アルバイトをしていること」という2つの条件をクリアしていることは必須です。 
一部の学生ローンについては18歳、19歳の学生でも申し込めますが、例外といえるため、ここからは「20歳以上でアルバイトなどによって収入のある学生」を前提にカードローンの審査に通るためのポイントについて解説していきます。

安定した収入をアルバイトなどで得ていること

カードローンの審査に通過するには、「安定した収入」が必要になります。 
アルバイトでもかまいませんが、「継続して収入を得ている」、もしくは「得る見込みがある」ことが重要です。 
中にはアルバイトのような給与所得ではなく、事業所得を得ている学生もいると思いますが、もちろん、事業所得でも大丈夫です。

ただし、給与所得に比べて事業所得は、仕事の実態が掴みにくいため、審査はより慎重に行われるでしょう。 
学生の場合には、どうしても学業と両立しないといけないため、アルバイトによる収入も限られると思います。

収入は少しでも多い方がカードローンの審査で有利になりますが、どちらかといえば安定性が重視されます。 
そのため、年収が少なくても、安定しているならカードローンの審査に通る可能性はあるのです。

学生は両親どちらかの扶養家族になっていること方がほとんどです。 
扶養家族から外れない範囲でアルバイトをするとなると、年収でいえば100万円以下になるでしょう。 
その場合には、月収換算すると月8万円程度の収入になりますが、それ以下でも、収入が安定しているならカードローンの審査に通る見込みは十分にあります。

収入には含まれないものってどんなもの?

カードローンの審査で求められるのは、労働などによって得た収入です。 
そのため、両親などからの仕送り、お小遣い、奨学金、フリマアプリなどを利用して作ったお金は、カードローンの審査における収入には含まれません。

カードローンの契約に保証人や担保は不要なので、審査対象は契約者のみです。 
その人にどれだけの返済能力があるのかで、融資の可否、限度額が決められます。

両親からの仕送りなどで生活できている場合でも、返済能力とは無関係なのです。 
カードローンの審査で求められるのは、アルバイトなどの労働によって得ている収入だと考えてください。

どんな方法で収入を証明する?

カードローンの審査では安定した収入があることを確認されます。 
その方法の1つは申し込みフォームの入力内容なのですが、自己申告を鵜呑みにしては返済能力のない人に融資をしてしまうリスクが高くなります。

そのため、カードローンの審査では在籍確認を実施しています。 
詳しくは後述しますが、勤務先へ電話をすることで申込者が本当に働いているのかを確かめるのです。

また、審査内容によっては、収入証明書の提出をカードローン会社から求められる場合もあります。 
運転免許証などの本人確認書類については必須ですが、収入証明書に関しては、「審査内容による」としている会社も多いです。

収入証明書として利用できる書類は金融機関ごとに違う場合もありますが、アルバイトをしている学生であれば給与明細、もしくは源泉徴収票が良いでしょう。

カードローン審査で利用できる収入証明書

・給与明細(直近2ヶ月分) 
・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)

などなど

長い期間、同じ職場でアルバイトをしていること

カードローンの審査に通るためには、できるだけ同じ職場で長く働いている方が良いです。 
働き始めは離職率が高いため、働き始めたばかりの人よりも、勤続1年、勤続2年のように長く働いている方が安定していると評価されやすいのです。

勤続年数が1年未満でも見込み年収で審査を受けられますが、今のアルバイトを始めたばかりだと審査では不利になると思ってください。 
また、毎月収入があっても、様々なバイトを転々としているような状態では、「安定した収入」とは見なされないでしょう。

そのため、アルバイトの経験が豊富でも、短期バイト、単発バイトによる収入だと審査に通らない可能性が高いので注意が必要です。

実は、アルバイトの採用が決まり、出勤日が確定していれば、給料を貰う前でもカードローンの申し込みは可能です。
カードローン会社によっても違いますが、仕事が決まり、安定して収入を得る見込みがあれば申し込める場合も多いのです。
ただし、審査では不利になるので、急いでいても1回目の給料を貰った後、できれば勤続1年を超えていた方が安心でしょう。

学生がカードローンを利用する時は、こんなところに注意しよう!

カードローンは一度契約すれば限度額の範囲内で、好きなときに、必要な金額だけを借りられます。 
そのため、1枚持っておくと非常に便利ですが、お金を借りるにあたっては、注意したいこともいくつかあります。
学生ならではの注意点もあるので、以下の点をしっかりと理解した上でカードローンの申し込みをしてください。

学生がカードローンを利用する際に注意したいこと
  • 学生だとカードローンの限度額は低めに設定されやすい
  • アルバイト先への在籍確認は原則必須
  • 学生でもカードローンの返済に遅れれば督促はある
  • 信用情報に傷がつくと将来、クレジットカードやローンを利用できなくなる

学生がカードローンを利用する時は、限度額は低めに設定されやすい

学生ローンやクレジットカードのキャッシングサービスの場合、限度額は100万円以下ということが多いです。

そして、消費者金融や銀行カードローンでは最大1,000万円近くの融資も可能なのですが、これはあくまでも最大限度額です。 
実際に借りられる金額については、申込者の希望を聞いた上で、審査によって個別の限度額を決めます。

カードローンの審査に通るためには収入の安定性が重要ですが、限度額については、収入の額が大きく影響します。 
そのため、学生の場合には、高い限度額でカードローンを契約するのは難しいでしょう。

審査を受けてみないと限度額は分かりませんが、学生は1万円〜20万円程度になると思ってください。 
消費者金融などについては総量規制というルールが適用され、法律上、年収の1/3を超える限度額での契約はできません。

例えば、毎月アルバイトで5万円の収入があるなら、年収は60万円です。 
その場合、どんなに審査結果が良くても20万円までの融資になります。

銀行カードローンについても、総量規制に準じて限度額を決める傾向が強まっています。 
また、年収の1/3まで借りられるケースは少ないため、最初はそれよりも低い限度額での契約になるでしょう。

原則必須となる、アルバイト先への在籍確認

先ほども少しだけふれましたが、カードローンの審査では在籍確認が必須です。 
カードローンの契約には安定収入が求められるため、働いていることの確認ができないと融資はできません。

在籍確認では金融機関の担当者から「◯◯さんは、いらっしゃいますでしょうか?」という電話がアルバイト先にかかってくるので、その電話に自分が代わる、もしくは「◯◯は、午後から出勤する予定です。」のように働いていることの確認が取れる返答があれば本人が不在でも在籍確認できます。

在籍確認の電話連絡でカードローンの利用がバレるリスクは低い

担当者は個人名を名乗り、非通知で電話をかけるため、この在籍確認によって、カードローンへの申し込みが職場にバレる可能性は低いです。 
申込者のプライバシーには配慮してくれるので安心してください。

それでも、学生のアルバイトで外部から電話がかかってくることは少ないと思います。 
カードローンだとはバレなくても、電話を受けた職場の人が不審に思う可能性はあるので、「クレジットカードに申し込んだので、たぶん職場の確認だと思います。」などの言い訳を用意しておくと安心でしょう。

ただ、知らない間に在籍確認が完了していたというケースも多いため、過度に心配しなくても大丈夫です。

在籍確認なしで利用可能な一部の学生ローンもある

学生ローンの中には、アルバイト先への電話連絡なしで審査をしてくれる会社もあります。 
学生専門に融資をしている会社ならではの配慮といえますが、すべての学生ローンが在籍確認なしで融資をしてくれるわけではありません。

また、前述の通り、在籍確認の電話がかかってきても、バイト先にバレる可能性は低いです。 
そのため、在籍確認の有無ではなく、その他の特徴を比較してどのカードローンにするかを判断した方が良いでしょう。

カードローンの返済に遅れれば学生でも督促はある

カードローンを普通に利用している限り、両親や学校に借り入れがバレることはありません。 
ただし、返済に遅れがあれば、督促はされます。

督促に関してもプライバシーに配慮してくれますし、法律で契約者以外に返済を迫ったり、借り入れがあることをバラしたりすることも禁止されています。 
法律に違反するような督促をすれば、カードローン業者の営業が停止になるでしょう。

ただ、返済日を過ぎていると自宅に督促書類が届くため、家族と一緒に住んでいるとバレる危険性が高まります。 
返済の遅れについては、学生だからと多めに見てくれることはありません。

ドラマのような怖い取り立てはありませんが、督促は淡々と進んでいくので返済に遅れないように注意してください。

信用情報に傷がついてしまった場合は将来、クレジットカードやローンを利用できなくなる

カードローンの審査では信用情報が利用されています。
そのため、カードローンの返済に遅れてしまうと、その記録が信用情報に載ってしまうのです。

カードローンの延滞であれば5年間、信用情報に残る

信用情報に載る情報には登録期間が決まっており、その期間が経過すると自動的に削除されます。 
信用情報機関によっても年数は違いますが、短期間の延滞は過去24ヶ月、2ヶ月〜3ヶ月以上の長期延滞は5年間も記録が残るのです。

信用情報に傷がついていると、クレジットカードやカードローンの契約だけでなく、スマホの端末代金を分割払いにすることもできません。 
学生の間はそこまで困らないかもしれませんが、社会人になった後も影響が残ってしまうため細心の注意を払いましょう。

カードローンを利用したことで、就職などに悪い影響を与えることはないので安心しよう

カードローンの利用や信用情報が、就職に悪い影響を与えることはないので安心してください。 
信用情報は本人から同意を得た上で、信用情報機関に加盟している金融機関などしか確認することはできません。

そのため、一般の企業が就職希望者の信用情報を勝手に調べるということはできないのです。 
もちろん、金融機関に就職する場合でも同様です。

信用情報に傷がついてしまうと、しばらくはクレジットカードやローンの利用はできませんが、そのことを周りに知られたり、通常の生活が難しくなるほどの制限を受けたりはしないのです。

【まとめ】学生がお金を借りたい場合は、消費者金融がおすすめ!返済できるかどうかに注意しながら借り入れしよう

カードローンは一部の金融機関を除けば、学生という理由で申し込みを断られたり、審査に落とされたりはしません。 
20歳以上で安定した収入を得ている人なら、学生でも審査に通る見込みはあります。

仕送りや奨学金などは収入に含まれないので、基本的にはアルバイトをしていないとカードローンの審査には通らないと思ってください。 
ただし、アルバイトをしていれば、カードローンの審査に通過できるとも限りません。

お金を貸しても大丈夫なのかは審査でしっかりと判断されます。 
金利は銀行カードローンが低いですが、審査の難易度を考慮すると学生は消費者金融が良いでしょう。

少額の借り入れであればそこまで利息は増えませんし、無利息期間のある消費者金融も多く、銀行カードローンよりもお得にお金を借りられるかもしれません。 
返済に遅れ信用情報に傷がつくとその影響は数年間残るので、計画的にカードローンを利用するようにしてください。

  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  6. カードローンは計画的にご利用ください
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.