Webから簡単手続き!ネットキャッシングのおすすめからデメリットまですべて解説

現在の選択条件
ネットキャッシング
6
並べ替え:

お金を借りる方法といえばカードローンをイメージする人が多いと思いますが、Webですべての手続きを完了させるならネットキャッシングがおすすめです。

ネットキャッシングであれば自動契約機やATMに足を運ぶ必要はなく、パソコンやスマホから申し込みだけでなく、借り入れの手続きもできます。

借入専用のローンカードは発行されないため、家族などに内緒で利用するのにも便利です。

ネットキャッシングは消費者金融や銀行だけでなく、クレジットカード会社もサービスを提供しています。

商品によって使い勝手などが大きく異なるので、しっかりと比較した上で自分にぴったりの商品を選ぶことが大切です。

この記事では「そもそもネットキャッシングって何?」という部分から、おすすめの商品や選び方・使い方、注意したいデメリットまで幅広く説明していきます。

ネットキャッシングとはどんなサービス?

ネットキャッシングとは名前の通り、インターネットを通して指定口座への振込融資ができるキャッシングサービスのことです。

ただし、ネットキャッシングを提供している会社によって微妙に意味が違うこともあるので、サービス内容の詳細は会社ごとに確認しなくてはいけません。

例えば、消費者金融の多くはローンカードを利用したキャッシングサービスを提供していますが、契約者であればインターネットの会員専用サイトから振込融資をすることも可能です。

中にはローンカードを発行せずに振込融資をメインに利用できるサービスもあるので、ローンカードが必要かどうかで申込先を選びましょう。

また、消費者金融だけでなく、銀行やクレジットカード会社にもネットキャッシングのサービスがあります。

提供している会社によってサービスの特徴は違うため、まずはどんな種類のネットキャッシングがあるのかを把握することが重要です。

次章では主なネットキャッシングの種類とそれらの特徴について説明していきます。

主なネットキャッシングの種類とその特徴

ネットキャッシングはサービスを提供している金融機関によって次の3種類に分類できます。

【主なネットキャッシングの種類】
・消費者金融カードローンのネットキャッシング
・クレジットカード会社のキャッシングサービス
・銀行カードローンのネットキャッシング

3種類のネットキャッシングの特徴、それらの代表的なネットキャッシングサービスについて以下で説明していきます。

消費者金融カードローンのネットキャッシング

消費者金融といえばローンカードを使ったキャッシングサービスが有名ですが、インターネットの会員専用サイトにログインすればネット上でキャッシングの手続きができます。

以前は振込融資というと電話などで手続きするケースが多かったものの、最近ではインターネットからの手続きが一般的になっています

大手の消費者金融であればネットキャッシングに対応しているのが当たり前ですが、ローンカードの発行をしなくても良い会社、ローンカードの受け取りが必須の会社があるので注意しましょう。

ローンカードを不要な方は、カードレス対応のネットキャッシングサービスを利用するのがおすすめです。

カードを発行する必要がなく、ネットキャッシングだけで利用できるのは次のような会社です。

【消費者金融のネットキャッシング】
・アイフル
・アコム
・プロミス
・レイクALSA
・SMBCモビット
・J.Score(ジェイスコア)

クレジットカード会社のネットキャッシング

クレジットカードには買い物に利用できるショッピング枠お金を借りられるキャッシング枠があります。

ショッピング枠がクレジットカードのメインサービスですが、カードによっては付帯サービスとしてキャッシング機能の追加が可能です。

クレジットカードにキャッシング枠を設定すると、カードローンと同じようにクレジットカードを使ってATMで借り入れできます。

そして、多くのクレジットカードではキャッシング枠を設定することで、ATMだけでなく、ネットキャッシングも使えるようになるのです。

次のようなクレジットカードであればネットキャッシングに対応しています。

【クレジットカード会社のネットキャッシング】
・楽天カード
・イオンカード
・Yahoo! JAPANカード
・エポスカード
・ファミマTカード

キャッシングサービスに対応しているのであれば基本的にネットキャッシングもできるクレジットカードがほとんどです。

ただし、アメックス(アメリカン・エキスプレス)やビューカードのクレジットカードにはそもそもキャッシングサービスを付帯できません。

そのため、ネットキャッシングも利用できないのです。

クレジットカードを持っている方は、お手持ちのカードがネットキャッシングに対応しているかどうかを確認してみてください。

銀行カードローンのネットキャッシング

消費者金融と同じように銀行カードローンの契約者もネットキャッシングで振込融資を受けられます。

基本的なサービス内容は消費者金融のカードローンと一緒ですが、銀行カードローンの場合、傾向としてその銀行の普通預金口座がないとネットキャッシングできないケースが多いです。

より厳密にいえば、ネットキャッシングだけでなく、振込融資ができないケースが多く、その場合にはカードを使っての借り入れのみになります。

例えば、みずほ銀行カードローン、三井住友銀行カードローン、三菱UFJ銀行カードローン バンクイックといったメガバンクのカードローンで振込融資を受けるためにはそれぞれの銀行の普通預金口座を契約していないといけません。

一方、楽天銀行のカードローン(スーパーローン)であれば、楽天銀行以外の金融機関でも振込融資を受けられます。

利用する銀行カードローンによって口座が必要かどうか異なるので、事前に確認した上で申し込みをしましょう。

次のような銀行カードローンがネットキャッシングに対応しています。

【銀行カードローンのネットキャッシング】
・みずほ銀行カードローン
・三井住友銀行カードローン
・三菱UFJ銀行カードローン バンクイック
・楽天銀行スーパーローン
・ジャパンネット銀行 ネットキャッシング
・イオン銀行カードローン

振込先の口座に指定がある銀行カードローンもあるので、ネットキャッシングとしては消費者金融よりも使いにくいかもしれません。

ただし、金利に関しては消費者金融よりも低い傾向にあるため、利息の負担を抑えたい人にはおすすめです。

このように何を重視するかによって選ぶべきネットキャッシングは変わります。

次章ではネットキャッシング の選び方を見ていきましょう。

あなたにあったネットキャッシングの選び方

ネットキャッシングとはどのようなサービスなのか、3種類のネットキャッシングの特徴について見てきましたが、ここからはより具体的にどの商品を選べば良いのかを考えていきましょう。

それぞれの商品のサービス内容についてもふれていくので、あなたにぴったりのネットキャッシングを選んでください。

カードを増やしたくない人はクレジットカードでキャッシング

ネットキャッシングを利用するのにカードを増やしたくないという人は、持っているクレジットカードのキャッシングサービスを使いましょう。

すでにキャッシング枠を設定しているなら、そのクレジットカードの会員専用サイトにログインすれば、すぐにネットキャッシングで借り入れできます。

1回だけ数万円借りたい場合などには、できるだけカードを増やさずにネットキャッシングできると簡単だと思います。

ただし、クレジットカードのネットキャッシングは、あくまでもショッピング枠の付帯機能です。

そのため、借入専用の消費者金融や銀行カードローンと比べると、貸付条件が悪いケースも多いので注意してください。

今回はクレジットカードの利用者が多い楽天カード、イオンカード、Yahoo! JAPANカードのネットキャッシングについて説明していきます。

キャッシング枠を設定している方はすぐに利用できますが、付帯していない方はキャッシングの申し込みからになるので覚えておきましょう。

楽天カードのネットキャッシング

楽天カードのネットキャッシングでは、クレジットカードの引き落とし口座で振込融資を受けることができます。

手続きは楽天カードの会員専用サービス「e-NAVI」から行えるので、ログインをして振り込みをしましょう。

e-NAVIにログインしたら「リボ・キャッシング」のメニューから手続きをしてください。

楽天カードのキャッシングサービス

限度額 1万円〜90万円
金利(実質年率) 年18.0%
支払い方法 ・1回払い ・リボルビング払い
担保・保証人 不要

楽天カードのネットキャッシングの特徴としては、指定日振込予約が挙げられます。

指定した日付(当月を含む3ヶ月先まで指定可能)に振り込みをしてくれ、利息が発生するのは実際に振り込みがあってからです。

また、毎月の指定日に振り込みの設定することもできます。

お金が必要なタイミングまで期間が空く場合や、毎月決まったタイミングで振り込みをして欲しい場合などには便利ですね。

ただし、カードの利用代金の引き落としが楽天銀行か、それ以外の金融機関かによって振込実施時間が異なるので注意してください。

楽天カードネットキャッシングの振込時間

ネットキャッシングの手続き時間 ネットキャッシングの手続き時間 利用代金の引き落とし口座 利用代金の引き落とし口座
楽天銀行以外 楽天銀行
平日 0:00〜8:59 当日9:00以降 最短数分
平日 9:00〜14:49 最短数分 最短数分
平日 14:50〜23:59 翌営業日9:00以降 最短数分
土・日・祝日 0:00〜23:59 翌営業日9:00以降 最短数分

楽天銀行に口座があり、楽天カードの引き落とし口座にしているなら平日でも、土・日・祝日でも最短数分で振り込みできます。

それ以外の方は、曜日や時間帯によって翌営業日の入金になるので覚えておきましょう。

指定日振込予約は楽天銀行であれば予約日が土・日・祝日でも問題なく振り込まれます。

一方、楽天銀行以外の方は平日しか指定できず、毎月の振込予約で土・日・祝日にあたる月は翌営業日に入金がずれ込むので注意しましょう。

イオンカードのネットキャッシング

イオンカードを持っている方は「MyPage」にログインすることでネットキャッシングを利用できます。

イオンカードは以下の手順で手続きしましょう。

【イオンカードのネットキャッシングを利用する手順】

①MyPageにログインする

②「ネットキャッシング手続きへ進む」を選択する

③希望金額・支払い方法を入力する

④申込内容・カード設定口座を確認する

⑤ネットキャッシング完了

イオンカードのキャッシングサービスは、次のような利用条件になっています。

イオンカードのキャッシングサービス

限度額 1万円〜300万円
金利(実質年率) 年7.8%〜18.0%
支払い方法 ・1回払い(元利一括返済方式) ・リボルビング払い(残高スライド元利均等返済方式)
担保・保証人 不要

イオンカードに付帯しているサービスではありますが、それなりに大きな金額の借り入れにも対応しており、限度額によっては金利も低くなります。

クレジットカードのネットキャッシングの中だと貸付条件は良い方だといえるでしょう。

また、全銀協のモアタイムシステムに参加している金融機関であれば原則24時間365日、最短数十秒で振り込まれます。

参加していない金融機関の口座だと銀行の営業時間外は翌営業日になってしまうため注意してください。

イオンカードネットキャッシングの振込時間

ネットキャッシングの手続き時間 ネットキャッシングの手続き時間 利用代金の引き落とし口座 利用代金の引き落とし口座
右記以外の金融機関 モアタイムシステム 参加金融機関
平日 0:00〜8:59 当日午前中 最短数分
平日 9:00〜14:49 申し込み後、最短即時 最短数分
平日 14:50〜23:59 翌営業日午前中 最短数分
土・日・祝日 0:00〜23:59 翌営業日午前中 最短数分

モアタイムシステムに参加している金融機関は、全銀協の公式ホームページで確認可能です。

Yahoo! JAPANカードのネットキャッシング

Yahoo! JAPANカードでもネットキャッシングが利用できます。

インターネットからいつでも手続きできる点、振込手数料がかからない点などは楽天カード、イオンカードと一緒です。

限度額は審査によって決定されるとだけ公式ホームページに記載されていますが、基本的には100万円未満になると思った方が良いでしょう。

Yahoo! JAPANカードのキャッシングサービス

限度額 審査によって決定
金利(実質年率) 年18.0%
支払い方法 ・1回払い ・リボルビング払い
担保・保証人 不要

ただ、Yahoo! JAPANカードの場合、いつでも最短数分で振込融資を受けられるのはジャパンネット銀行口座だけです。

楽天銀行やモアタイムシステム参加金融機関に比べると、いつでも振込融資を受けられる人は限られてくるでしょう。

Yahoo! JAPANカードネットキャッシングの振込時間

ネットキャッシングの手続き時間 ネットキャッシングの手続き時間 利用代金の引き落とし口座 利用代金の引き落とし口座
ジャパンネット銀行以外 ジャパンネット銀行
平日 0:00〜8:59 当日9:00以降 最短数分
平日 9:00〜14:49 最短数分 最短数分
平日 14:50〜23:59 翌営業日9:00以降 最短数分
土・日・祝日 0:00〜23:59 翌営業日9:00以降 最短数分

クレジットカードをYahoo! JAPANカードしか持っていないという方は仕方ありませんが、ジャパンネット銀行に口座がないなら、次章で紹介する消費者金融のネットキャッシングサービスを検討しても良いかもしれません。

借入専用サービスなので、利便性はクレジットカードよりも高いでしょう。

もっと便利にネットキャッシングを使いたいなら消費者金融

クレジットカードのネットキャッシングよりも便利に借り入れするなら消費者金融がおすすめです。

借入専用サービスということもあり、クレジットカードよりも利便性が高く、審査が早いためこれから申し込みをする人でも即日融資を受けられる可能性が十分にあります。

また、クレジットカードの場合、キャッシングをするとショッピングの利用枠が減ってしまうこともあるので注意してください。

例えば、ショッピング枠が30万円、キャッシング枠が20万円、合計40万円まで利用可能だとします。

キャッシングで枠いっぱいの20万円を借りると、ショッピング枠自体は減りませんが、合計の枠がキャッシングした分だけ減ってしまうのです。

この場合、すでにキャッシングで20万円を使ってしまっているため、ショッピングで利用できるのも20万円までになります。

このようなデメリットを避けるという点でも、クレジットカードとは別に消費者金融と契約をするのは有効です。

この記事では消費者金融の中でも使いやすいプロミス、レイクALSA、J.Score(ジェイスコア)の3社を紹介していきます。

プロミスとレイクALSAについてはカード発行の有無を選択できるので、カードを使ったキャッシングは行わないという人はカード発行なしで利用しましょう。

一方、J.Score(ジェイスコア)については、そもそもカード発行がなくネットキャッシングのみでの利用になります。

プロミスのネットキャッシング

プロミスではスマホやパソコンから会員専用サービスにログインすることで、最短10秒で指定した口座に振り込みをしてもらえます。

プロミスの振込融資は三井住友銀行をはじめとした約200の金融機関で、24時間365日いつでも利用可能です。

例えば、次のような金融機関の場合、24時間の振込融資に対応しています。

【24時間振込に対応している主な金融機関】
・三井住友銀行
・三菱UFJ銀行
・みずほ銀行
・ゆうちょ銀行
・楽天銀行
・ジャパンネット銀行

クレジットカードのネットキャッシングとは異なり、利用代金の引き落とし口座以外でも振込融資を受けることができ、多くの金融機関が24時間振込に対応している点がプロミスのメリットです。

さらに、プロミスとはじめて契約する方は、メールアドレスとWeb明細を登録すれば初回借入の翌日から30日間は利息0円になります。

無利息期間内に完済するなら利息の負担は0になりますし、無利息期間を過ぎても30日分の利息は節約できてお得です。

また、プロミスはスマホATM取引に対応しています

プロミス公式スマホアプリをダウンロードしておけば、セブン銀行ATMでの借り入れや返済ができて便利です。

返済方法は口座振替以外にも色々と選べるので、都合の良い方法を選びましょう。

プロミスのキャッシングサービス

限度額 1万円〜500万円
金利(実質年率) 4.5%〜17.8%
返済方法 リボ払い(残高スライド元利定額返済方式) ・インターネット返済 ・口座振替 ・店頭窓口 ・ATM(プロミスATM・提携ATM) ・コンビニ(マルチメディア端末) ・銀行振込
担保・保証人 不要

レイクALSAのネットキャッシング

レイクALSAもプロミスと同様にローンカードの発行を選択できるタイプの消費者金融です。

振込先が「お振込み時間拡大金融機関」になっているのなら、即日振込が受けられる可能性が高いです。

ネットキャッシングで即日融資を受けたい方は、21時(日曜日は18時)までに契約が完了するように手続きをしてください。

レイクALSAは8:10〜21:50(毎月第3日曜日は19時まで)が審査結果のお知らせ時間になっており、この時間内にネットから申し込みをすると、申し込み後、最短15秒で審査結果を画面上に表示してくれます。

インターネットで手続きを進めていくと、スムーズにいけば最短60分融資も可能です。

また、レイクALSAの大きなメリットの1つは、はじめて契約する方向けの特典です。

レイクALSAの場合、はじめてなら選べる初回特典があり、どちらか好きな方を選ぶことができます。

【選べる初回特典】
①借入全額が60日間利息0円(Web申込み限定) ※1
②借入金額のうち5万円まで180日間利息0円 ※2

※ レイクALSAとの契約がはじめての方で、限度額が1万円〜200万円の方が対象です。200万円を超えた方は、30日間の特典となります。また、特典は契約日の翌日から開始され、期間終了後は通常金利の適用です。 ※1 インターネットから申し込みをした方限定です。 ※2 5万円超過分は通常金利の適用です。

特典の併用はできないため、借りたい金額や返済予定にあわせてお得な方を選んでください。

レイクALSAのキャッシングサービス

限度額 1万円〜500万円
金利(実質年率) 4.5%〜18.0%
返済方法 リボ払い(残高スライドリボルビング方式、または元利定額リボルビング方式) ・インターネット返済 ・口座振替 ・ATM(新生銀行カードローンATM・提携ATM) ・銀行振込
担保・保証人 不要

J.Score(ジェイスコア)のネットキャッシング

J.Score(ジェイスコア)はみずほ銀行とソフトバンクが共同出資してできた新しい消費者金融です。

消費者金融ですがローンカードの発行はなく、指定口座への振り込みで融資を受けます。

J.Score(ジェイスコア)の特徴は主に2つあり、1つがAIスコアを用いた審査方式、そしてもう1つが銀行並みに低い金利です。

J.Score(ジェイスコア)は個人向けの融資だけでなく、AIとビッグデータを活用したスコアリングサービスを提供しています。

スコアリング結果に応じて様々な企業からのリワード(優待)を受けることができ、スコアは融資の審査にも用いられるのです。

個人向け融資サービスはAIスコア・レンディングという名称で、AIスコア診断の結果が600点を超えた方のみ利用できます。

先にAIスコア診断を受けてからスコア・レンディングに申し込むこともできますが、お急ぎの方は、スコア診断と融資を同時申込すると良いでしょう。

融資の審査では信用情報なども確認されるため、それによってAIスコアが変動します。

事前に取得したスコアが600点を超えていても、レンディングの申し込みをした結果、スコアが修正され融資を受けられないケースもあるので注意してください。

また、金利は年0.8%~12.0%と銀行カードローン並みです。

J.Score(ジェイスコア)のキャッシングサービス

限度額 10万円〜1,000万円
金利(実質年率) 0.8%~12.0%
返済方法 リボ払い(残高スライドリボルビング方式) ・口座振替 ・Pay-easy(ペイジー) ・銀行振込
担保・保証人 不要

金利重視で選ぶなら銀行カードローンのネットキャッシング

記事の前半でもふれましたが、銀行カードローンの場合には、振込融資を利用するためにその銀行の普通預金口座が必要になることが多いです。

銀行からお金を借りるという安心感や、金利の低さはメリットですが、口座がなくても利用できるかどうかを事前に確認しておきましょう。

また、銀行カードローンは即日融資に対応しておらず、最短でも翌営業日の借り入れになります。

そのため、口座開設も必要という方は、カードローンの契約が完了して融資を受けられるようになるまでに1週間近くかかることもあるのです。

カード発行が必須の銀行も多く、カードを郵送で受け取らないといけないケースもあるので注意してください。

この記事ではネットキャッシングに対応している主な銀行カードローンとして、三井住友銀行カードローン、楽天銀行スーパーローン、ジャパンネット銀行 ネットキャッシングの3つを紹介します。

三井住友銀行カードローンのネットキャッシング

三井住友銀行カードローンは三井住友銀行に口座がなくても契約できますが、振込融資には自社の普通預金口座が必須です。

そのため、三井住友銀行カードローンでネットキャッシングするには、三井住友銀行の口座が必要になるので注意してください。

口座がある方はインターネットバンキング「SMBCダイレクト」に登録をすれば、ネットキャッシングできます。

口座を持っていない方は、次に紹介する楽天銀行スーパーローンやジャパンネット銀行 ネットキャッシングを利用しましょう。

三井住友銀行カードローンのキャッシングサービス

限度額 10万円〜800万円
金利(実質年率) 4.0%〜14.5%
返済方法 リボ払い ・ATM ・口座振替 ・銀行振込
担保・保証人 不要

楽天銀行スーパーローンのネットキャッシング

楽天銀行スーパーローンの場合、楽天銀行に口座を持っていなくてもネットキャッシングできます。

ただし、楽天カードと同様に振込先が楽天銀行とそれ以外で振込実施時間が異なるので注意してください。

楽天銀行スーパーローンの振込時間(ネットキャッシング)

振込先 ネットキャッシングの受付時間 ネットキャッシングの受付時間 振込時間
楽天銀行 24時間365日 24時間365日 即時
その他の金融機関 平日 0:10〜14:45 当日9:00〜15:00頃
その他の金融機関 平日 14:45〜23:50 翌営業日9:00〜15:00頃
その他の金融機関 土・日・祝日 0:10〜23:50 翌営業日9:00〜15:00頃

※ 平日0:10〜14:45以外の時間帯でも、当日中の振り込みができるケースもあります。借入金額を指定後、確認ボタンを押すと「ご融資予定日」が表示されるため、そこで確認してください。

金利についても銀行ならではなので、銀行カードローンの中では使いやすいネットキャッシングサービスだといえます。

あえて、デメリットを挙げるとするなら、ローンカードの発行が必須な点です。

ネットキャッシングを利用する方も、契約後にカードを郵送で受け取らないといけないので注意しましょう。

楽天銀行スーパーローンのキャッシングサービス

限度額 10万円〜800万円
金利(実質年率) 1.9%〜14.5%
返済方法 口座振替によるリボ払い(残高スライドリボルビング返済)
担保・保証人 不要

ジャパンネット銀行 ネットキャッシング

ジャパンネット銀行 ネットキャッシングには、ジャパンネット銀行の普通預金口座が必要ですが、口座がある方はローンカードを発行することなくネットキャッシングできます。

ジャパンネット銀行の普通預金口座に指定の金額が振り込まれるので、現金が必要なときはキャッシュカードでいつでも引き出しが可能です。

ジャパンネット銀行に口座がない方は、口座開設とネットキャッシングの同時申込をすると良いでしょう。

基本的にはローンに関する郵送物はありませんが、キャッシュカードなどの口座開設に関するものの受け取りは必要になります。

金利は年1.59%〜18.0%と銀行の中では高めですが、他の銀行カードローンではあまり見かけない無利息特約があります。

これまでジャパンネット銀行の極度型ローン(ネットキャッシング・クレジットライン・カードローン・借り入れおまとめローン)で借り入れをしたことのない方が対象で、初回借入日から30日間は利息0円です。

ジャパンネット銀行 ネットキャッシング

限度額 最大1,000万円
金利(実質年率) 1.59%〜18.0%
返済方法 口座振替によるリボ払い(ジャパンネット銀行のみ)
担保・保証人 不要

アプリ対応のネットキャッシングサービスだともっと便利!

ネットキャッシングは会員専用サービスから振込融資の手続きをしますが、スマホアプリがあるともっと便利です。

生体認証に対応しているなら会員専用サービスへのログインや振込手続きも簡単に行えます。

毎回、パスワードを手入力する必要がないことに加え、スマホから手続きできるため時間や場所を問いません。

この記事で紹介したネットキャッシングでは、次のようなサービスならスマホアプリがあります。

【アプリ対応のネットキャッシング】
・プロミス
・レイクALSA
・J.Score(ジェイスコア)
・楽天カード
・イオンカード
・ジャパンネット銀行 ネットキャッシング

などなど

中にはアプリ内で振込融資が完結せずに、ブラウザへページが遷移するものもありますが、以上のネットキャッシングであれば基本的にアプリ内で完結できます。

スマホアプリから手続きできるとより便利なので、ネットキャッシングの利用を考えている方はアプリもチェックしてみてください。

ネットキャッシングの使い方

次にネットキャッシングの使い方について簡単に説明していきます。

まずはネットキャッシングでお金を借りる方法について見ていきましょう。

ネットキャッシングでお金を借りる方法

ネットキャッシングでお金を借りる方法は、クレジットカードでも、カードローンでもほぼ一緒です。

インターネットで会員専用サービスにログインして、そこから振込融資の手続きをしましょう。

クレジットカードのネットキャッシングでお金を借りる場合

クレジットカードのネットキャッシングの場合、振込先はカードの利用料金の引き落とし先になります。

そのため、キャッシング枠が設定されていれば、特別な手続きは必要なく、すぐにネットキャッシングできます。

クレジットカードは持っているもののキャッシング枠を設定していないという方は、会員専用サービスでキャッシングの申し込みから行なってください。

消費者金融カードローンのネットキャッシングでお金を借りる場合

消費者金融の場合、基本はローンカードでの借り入れになるため、ネットキャッシングによる振込先を登録しなくてはいけません。

また、消費者金融によってはカードローンの契約時に金融機関の登録をすることもあり、その場合にはその口座に指定した金額が振り込まれます。

消費者金融ごとに指定できない振込先というのはありますが、基本的には自由に口座を設定できるので利便性はクレジットカードや銀行カードローンよりも高いでしょう。

ネットキャッシングや振込先の設定は、会員専用サービスから行ってください。

銀行カードローンのネットキャッシングでお金を借りる場合

説明した通り、銀行カードローンの場合にはその銀行の口座が必要になることも多いです。

そのため、ネットキャッシングの振込先は、その銀行の普通預金口座になります。

楽天銀行スーパーローンのように、楽天銀行以外の口座を設定できるカードローンでは、別途振込先の設定が必要です。

消費者金融のカードローンと同じように会員専用サービスから振込先の登録ができるので、好きな金融機関を登録しましょう。

また、三井住友銀行のようにネットバンクではない場合、その銀行のインターネットバンキングの登録も必要になることがあります。

三井住友銀行カードローンの場合、SMBCダイレクトに三井住友銀行のカードローン口座を追加することでネットキャッシングできるようになります。

インターネットバンキングの登録は無料ですが、カードローンの契約とは別に手続きが必要なケースもあるので覚えておきましょう。

ネットキャッシングで借りたお金を返済する方法

ネットキャッシングの返済方法は、利用するサービスによっても異なります。

基本的には借りたお金を毎月一定額ずつ返していくリボ払いですが、クレジットカードのネットキャッシングでは一括返済になることもあるので注意してください。

ちなみに、リボ払いであっても、好きなときに一括返済することが可能です。

借りている金額に応じて最低返済額が決まるのが一般的で、その金額以上であれば自由に返済額を調整することができます。

リボ払いはたくさんのお金を借りても毎月の返済額が大きく変わりませんが、その分だけ、完済するのにかかる期間は長くなってしまいます。

そのため、お金に余裕があるときはリボ払いであっても多めに返済すると良いでしょう。

クレジットカードのネットキャッシングを返済する場合

クレジットカードのネットキャッシングでは、基本的にクレジットカードのショッピング利用代金と一緒にキャッシングの返済も行われます。

口座振替の登録を別途行う必要はないものの、いつ、いくら引き落とされるのかを確認しておきましょう。

また、一括払いの場合には、借りた全額が次回の返済日に引き落とされることになります。

カードローンだと一括払いはないため、クレジットカードのネットキャッシングを利用する方は返済方法をしっかりと確認しておいてください。

消費者金融カードローンのネットキャッシングを返済する場合

消費者金融では様々な返済方法を選択できる場合が多いです。

クレジットカードのように口座振替をすることもできますし、ローンカードを使ってATMに入金することもできます。

口座振替では最低額しか引き落とされないため、自由に返済額を調整したい人はATMなどを利用すると便利でしょう。

他にも、ネットバンキングを利用したインターネット返済でも入金額を自分で指定できます。

ただし、提携ATMや銀行振込などでは手数料がかかってしまうことも多いので注意が必要です。

利息に加えて、返済の手数料も負担するのは損です。

できるだけ手数料のかからない方法で返済することをおすすめします。

銀行カードローンのネットキャッシングを返済する場合

銀行カードローンでは、その銀行の口座からの引き落としになるケースが多いです。

三井住友銀行カードローンのように、その銀行の口座が不要な場合には消費者金融と同じようにローンカードや銀行振込による返済ができます。

ただ、口座不要でも楽天銀行スーパーローンだと口座振替が必須なので、消費者金融と比べると引き落としの登録をしなければいけないケースが多いでしょう。

もし多めに返済したい、残高を一括返済したいという場合には、手続きをすれば最低返済額以上の入金も可能です。

ローンカードや会員専用サービスで追加返済の手続きをしてください。

ネットキャッシングのデメリット

ネットキャッシングは非常に便利なサービスですが、次のようなデメリットもあるので注意してください。

【ネットキャッシングのデメリット】
・現金が必要なときはキャッシュカードで引き出す手間がある
・クレジットカードの付帯サービスは貸付条件が良くないこともある
・振込時間は会社によって違うので注意が必要

特にクレジットカードのネットキャッシングを利用する場合には、カードローンと比べて使い勝手が悪いこともあります。

ネットキャッシングのデメリットについて、以下で見ていきましょう。

現金が必要なときはキャッシュカードで引き出す手間がある

ネットキャッシングでは登録されている口座に指定の金額が振り込まれます。

公共料金やクレジットカードの引き落としであればネットキャッシングは非常に便利ですが、現金が必要なときはATMで引き出す手間がかかります。

そのため、このようなケースでは最初からカードを使ってATMでキャッシングした方がスムーズでしょう。

特にローンカードが発行されないタイプのジャパンネット銀行 ネットキャッシングやJ.Score(ジェイスコア)を利用する場合には注意が必要です。

ローンカードが発行されない場合、カードを使ってすぐにキャッシングするということができません。

スムーズに手続きするならスマホATM取引に対応していたり、ネットキャッシングできるスマホアプリがあったりすると便利だと思います。

また、ネットキャッシングは無料でも、キャッシュカードで現金を引き出す際にATM手数料がかかるケースも多いので確認しておきましょう。

クレジットカードの付帯サービスは貸付条件が良くないこともある

この記事でも何度かふれましたが、クレジットカードのネットキャッシングは付帯サービスになります。

そのため、キャッシングを専門にする消費者金融や銀行の個人向け融資サービスと比べて貸付条件が良くないことも多いです。

ローンは限度額に応じて金利が決まるというのが通常で、限度額が小さいと金利は高くなります。

利息制限法という法律では、元金が100万円未満だと年18.0%、10万円未満だと年20.0%が金利の上限になるのです。

そのため、限度額が100万円未満のクレジットカードのキャッシングサービスでは、一律年18.0%での融資としている会社もたくさんあります。

これが高額融資にも対応している消費者金融や銀行のカードローンであれば、より低い金利での借り入れも可能です。

すでに持っているクレジットカードでキャッシングするのは便利なように思えますが、必ずカードローンの貸付条件とも比較するようにしてください。

振込時間は会社によって違うので注意が必要

ネットキャッシングでは利用するサービスや振込先によって入金時間が異なります。

申し込みの時間帯によっては翌営業日の入金になるため、お急ぎの方は注意が必要です。

この点についても、クレジットカードよりも消費者金融のネットキャッシングが便利でしょう。

借入専用サービスであるカードローンの方が24時間振込に対応している口座が多く、ネットキャッシングの利便性が高いです。

お金を借りられても必要なタイミングに間に合わないなら意味がないので、24時間振込に対応しているか、どの金融機関の口座があると便利なのかを確認しておいてください。

ネットキャッシングの審査は厳しい?

最後にネットキャッシングの審査についても説明していきます。

審査については各社が非公開としていますが、クレジットカードや消費者金融よりも、銀行カードローンの方が厳しい傾向にあります。

そのため、審査に自信がないなら銀行カードローンは避けて、消費者金融かクレジットカードを選択すると良いでしょう。

また、クレジットカードのキャッシング枠の設定は、カード発行とは別です。

カード発行時にはショッピング枠のみの審査になりますが、キャッシング枠を設定する方は別途審査を受けなければいけません。

場合によってはカード発行できても、キャッシング枠の設定はできないというケースもあるので覚えておきましょう。

カード発行よりもキャッシング審査は厳しいため、クレジットカードを持っているからといってキャッシングできるとは限らないのです。

いずれの場合も、ネットキャッシングを利用するためには安定収入が必要になります。

収入はアルバイトやパートによるものでも大丈夫ですが、収入が安定していない方は審査に通らない可能性が高いでしょう。

加えて、キャッシングの利用は満20歳からです。

クレジットカードの発行は親権者の同意があれば満18歳以上から申し込めますが、キャッシングは20歳からになります。

消費者金融のカードローンの場合、各社の公式ホームページでお試し審査を受けることができます。

年齢や収入などの数項目から審査に通る見込みがあるかをすぐに診断できるので、申し込みをする前に試してみてください。

カードローン会社によっては「学生不可」などの申込条件がある場合もあるので注意してください。

また、原則としては安定収入が必要ですが、銀行カードローンの中には配偶者に安定した収入があれば専業主婦(夫)も申し込める商品もあります。

【まとめ】金利や利便性を比較しながらぴったりのネットキャッシングを選ぼう!

ネットキャッシングはクレジットカード、消費者金融、銀行カードローンなどで利用できます。

クレジットカードにキャッシング枠を設定しているなら、そのカードの会員専用サービスにログインすればすぐにネットキャッシングを利用できるでしょう。

ただ、クレジットカードのキャッシングサービスは金利が高めだったり、利便性が悪かったりすることも多いです。

持っているクレジットカードにこれからキャッシングの設定をする場合には、審査に時間もかかるのでおすすめしません。

ネットキャッシングを利用するなら借入専用サービスである消費者金融や銀行カードローンがおすすめです。

消費者金融は即日融資や無利息期間がメリットになります。

審査も銀行カードローンほどは厳しくないため、はじめて借り入れをする人でも使いやすいでしょう。

一方、銀行カードローンは特定の銀行口座が必要だったり、審査に時間がかかったりするので注意してください。

その分、金利の低さは大きなメリットになりますが、審査も厳しいため申し込みは慎重に検討する必要があります。

サービスによっても金利や利便性などは違うので、ぜひこの記事を参考にしながらぴったりのネットキャッシングを選びましょう。