最終更新日:2019年08月31日

J.Score(ジェイスコア)の審査は厳しい?審査のポイントと流れを解説!

J.Score(以下:ジェイスコア)は、ビッグデータとAIを活用して融資の可否を判断するAIスコア・レンディングというサービスを提供しています。

大手IT企業のソフトバンク株式会社と、メガバンクの1社である株式会社みずほ銀行が50%ずつの共同出資によって2016年に設立された新しいタイプの消費者金融です。

ジェイスコアの公式サイトによれば「日本初のAIスコアサービス」とのこと。

個人の信用力を数値化したAI・スコアによってサービスや優待を受けることができます。

今回は、AIスコアによる融資サービスである「AIスコア・レンディング」の審査、スコア判定について紹介していきます。

従来の消費者金融の審査と共通と言える部分もあれば、異なる部分もあるので、これまでは融資が受けられなかった人でもお金を借りることができるかもしれません。

どうすればAIスコアを上げることができるのかについても説明しているので、これからジェイスコアを利用しようと思っている方だけでなく、すでにAIスコアの判定を行った方もぜひ参考にしてください。

ジェイスコアの申込条件・借入基準をチェック

まず、ジェイスコアを利用するために絶対満たす必要がある条件について見ていきましょう。

他の消費者金融でも一緒ですが、融資を受けるためには申込条件を満たさなくてはいけません。

申込条件については、一般的な消費者金融と同じように年齢と安定収入などが重要になります。

ジェイスコアでお金を借りるための最低限の条件

ジェイスコアの融資対象になるには、次の条件をすべて満たす必要があります。

【ジェイスコアの申込条件】
・契約時の年齢が満20歳以上、満70歳以下であること
・安定した継続収入が見込めること
・日本国内に居住していること

※ 学生、留学生でもアルバイトによる安定収入があれば申し込みができます。また、永住権のない外国籍の方でも申し込みが可能です。

申込条件については、他の消費者金融と比較しても大きな差はありません。

ジェイスコアは貸金業者なので、貸金業法が適用されます。

そのため、収入がない専業主婦(夫)などの方だと、借り入れすることはできないのです。

AIスコア・レンディディングには600点以上が必須

そして、ジェイスコアのAI・スコアレンディングを利用するためには、AIスコアが600点以上であることが条件になります。

融資が受けられるAIスコア・レンディングはジェイスコアのサービスの1つです。

そのため、AIスコアの判定をしたからといって、融資サービスを利用しないといけないというわけではありません。

ジェイスコアの会員登録は必須ですが、まずはAIスコアだけ判定するということもできます。

スコア判定までなら信用情報機関への情報照会をしないため、申込履歴が信用情報機関に登録されることもないのです。

AIスコアは最高1,000点で、初回の判定で600点未満であっても、情報を追加入力したり、情報が変わっていったりすることで600点を越えれば融資対象になります。

すぐに借り入れをしたい方はスコアレンディングの申し込みをするのがおすすめですが、慎重に進めたい方はAIスコア診断だけをしてみると良いでしょう。

ジェイスコアの審査が他社よりも厳しい理由

ジェイスコアの申込条件とAIスコア判定の概要について説明してきましたが、従来の消費者金融とはかなり違うということを感じていただけたと思います。

ただ、AIスコア判定が関係してくる以外には他の消費者金融と同じなので「審査基準もそんなに厳しくないのでは?」と思うかもしれません。

しかし、大手の消費者金融と比較すると、ジェイスコアの方が審査基準が厳しいと思われる点がいくつか見つかりました。

なぜ、ジェイスコアの審査が厳しいと言えるのかについて見ていきましょう。

銀行並みに低金利のジェイスコアは審査基準も銀行並み?

一般的には、金利が低いと、融資基準は厳しくなると言われています。

そのため、消費者金融と銀行のカードローンを比較した場合には、銀行カードローンの方が低金利な分、審査通過は難しくなるのです。

そして、ジェイスコアは法律上、消費者金融と同じ貸金業者に該当します。

ただ、金利(実質年率)を見ると、銀行並みどころか、銀行よりも低い金利であることが分かるでしょう。

大手カードローンの金利(実質年率)

金融機関の種類 カードローン 金利(実質年率)
消費者金融 J.Score(ジェイスコア) 0.8%〜12.0%
銀行 イオン銀行カードローン 3.8%〜13.8%
銀行 みずほ銀行カードローン 2.0%〜14.0%
銀行 三井住友銀行カードローン 4.0%〜14.5%
銀行 三菱UFJ銀行カードローン 「バンクイック」 1.8%〜14.6%
消費者金融 プロミス 4.5%〜17.8%
消費者金融 アイフル 3.0%〜18.0%
消費者金融 アコム 3.0%〜18.0%

大手の消費者金融、銀行カードローンを上限金利が低い順で表にしました。

見て分かるように、メガバンクやネットバンクの銀行カードローンよりも、ジェイスコアは低い上限金利となっているのです。

通常、初回契約は限度額が小さくなりやすいということもあって、上限金利が適用されます。

ジェイスコアは上限金利でさえも年12.0%と低金利なので、利息の負担は他社よりも抑えやすいでしょう。

ただし、低金利ということは、銀行にとっての利益も小さくなるということです。

だから、比較的金利の高い他社よりも審査を厳密にして、消費者から返済がされない貸し倒れのリスクを低くする必要があります。

金利の低さで判断すると、ジェイスコアの審査難易度は銀行並み、もしくはそれ以上に厳しいと考えてください。

ジェイスコアの最小限度額は10万円!

多くの消費者金融では1万円からのカードローン契約ができます。

そのため、あまり収入は高くないけど、1万円だけ借りたい、3万円だけ借りたいといった人にも融資が受けられる可能性はあります。

しかし、ジェイスコアの場合、最低でも限度額は10万円からです。

実際に借りる金額は1万円以上、1万円単位ですが、契約限度額は10万円以上になります。

つまり、他の消費者金融であれば1万円〜9万円の限度額で審査が可決された人でも、ジェイスコアでは否決されるということです。

先ほども少しだけ説明しましたが、ジェイスコアは貸金業法が適用される消費者金融なので、総量規制の対象になります。

総量規制では申込者の年収の3分の1を超える金額の貸し付けが禁止されているため、少なくても30万円以上の収入が審査通過には必須です。

総量規制による融資限度額と年収の関係

年収 総量規制による融資限度額
30万円 10万円
90万円 30万円
150万円 50万円
300万円 100万円
450万円 150万円

アルバイト・パートでもコンスタントにシフトに入っていれば問題なくクリアできる金額ではありますが、総量規制はあくまでも貸付上限を規制するものです。

総量規制いっぱいまでお金を借りられることはほぼないため、年収30万円で限度額10万円の契約をするのは難しいでしょう。

申し込みをしてみないと結果は分かりませんが、最小限度額が高いと審査通過の基準が高くなることは覚えておいてください。

AIスコアは従来のスコアリング審査とは別の結果になる可能性も

実際にジェイスコアの申し込みをしていくと分かりますが、一般的な消費者金融の審査では問われないような項目も入力していきます。

一般的な消費者金融では自動スコアリング審査という方式が採用されていると言われており、消費者の申込情報をコンピューターが採点することで合否判定をします。

採点の重み付けや合否の判定基準は金融機関によって異なりますが、基本的には今現在の信用力に焦点をあてた審査方式だと言えるでしょう。

一方で、AIスコアは、今現在だけでなく、これからの将来性も加味してスコアが算出されます。

そのために、従来の審査ではまったく関係のなかった項目を聞かれることもあるのです。

また、職場や収入といったことだけでなく、様々なライフスタイルの変化もスコアに反映されるため、自身の成長とともにスコアも変わっていきます。

ただ、注意したいのはAIスコアは、これまで対象から漏れてしまっていた人に融資のチャンスを与えると同時に、これまで融資が受けられていた人の潜在的なリスクを発見する可能性もあるということです。

ジェイスコアは利用者が細く情報を登録することでスコアリングの精度が上がりますが、スコア判定にはAIとビッグデータが活用されているため、情報量が増えると自動的にスコアの判定基準を修正していきます。

AIスコアという考え方が自分にとってプラスになるか、マイナスになるかは申し込みをしないと分かりませんが、従来とは異なる審査結果になる可能性が十分にあるということです。

ジェイスコアの審査を左右する3つの情報

ジェイススコアのスコアレンディングでお金を借りようと思ったときに、その審査結果を左右するのは次の3つです。

【ジェイスコアの審査で見られるポイント】
・AIスコア
・信用情報
・指定サービスの利用状況

スコアレンディングを利用する場合には、AIスコア判定に加えて、信用情報機関へのデータ照会も実施されます。

その点は、従来の消費者金融の審査と一緒だと言えるでしょう。

そして、AIスコアをより正確に出すために指定サービスの利用状況を連携することも可能です。

そうすることで、これまで無関係だった情報も、AIスコアに反映させることができます。

もし、実際にスコア診断をする前に、自分のだいたいのスコアを知りたいという方がいれば、デモスコア体験を利用してみてください。

5つの質問に答えていくと、簡易的なAIスコアを計算してくれます。

デモスコア体験は会員登録などが不要なので、気軽に行うことが可能です。

【デモスコア体験の入力項目】

  1. 年齢
  2. 勤続年数
  3. 年収
  4. 雇用形態
  5. 趣味

すべて選択式での回答で、早ければ1分程度で自分のデモスコアの算出ができます。

それでは、ジェイスコアの審査結果を左右する3点について、もう少し詳しく見ていきましょう。

個人信用力を数値化したAIスコア

前述した通りスコアレンディングの利用には、600点以上のAIスコアが必須です。

どのような採点方式になっているかは公開されていませんが、おそらく配点が大きい部分は従来の消費者金融の審査と一緒でしょう。

つまり、年収、雇用形態(就業形態)、勤続年数などです。

デモスコア体験でも分かりますが、勤続年数、年収、雇用形態はシミュレーション結果に大きな影響を与えます。

そのため、AIスコアだからといって、従来の自動スコアリング審査で融資を断られた人に有利だとは言えません。

やはり、安定した収入があるかどうかが個人の信用力には深く関係するのです。

ただ、ジェイスコアの良い点は、融資基準の600点までどのくらい足りていないのかを数字で把握できるということだと思います。

これまでは、審査に落ちても何が原因で、どのくらい基準に足りないのかはブラックボックスでした。

しかし、AIスコアだと具体的な否決理由は非公開でも、何をしたらスコアアップに繋がるのか、どのくらい基準点に足りないのかが分かります。

すぐにAIスコアをアップさせるのは難しいでしょうが、徐々に自分の信用力をアップさせ、その成長を自分でも感じられるというのは他社にはない魅力です。

スコアレンディングの利用時には信用情報の確認もされる

ジェイスコアで融資を受けるには、AIスコア診断(アカウント作成)+スコアレンディング申し込みの両方が必要です。

2つを同時に行うことも可能ですが、スコアレンディングに申し込みをしない限りは信用情報の照会もされません。

お金を借りる段階になって、現在までのクレジットカードやローンなどの利用・契約状況である信用情報が確認されます。

AIスコアには趣味・ライフスタイルも関係しており、それらは将来性を判定する材料になりますが、やはり、信用情報に問題があると融資を受けることはできないでしょう。

AIスコアの算出には信用情報は無関係なので、たとえ600点を大きく超えていても、信用情報が原因で審査に落ちてしまうという可能性は十分にあるのです。

【ジェイスコアの審査に落ちる信用情報記録】
・延滞(継続中・解消済みの両方)
・任意整理
・個人再生
・自己破産
・強制解約
・代位弁済

など

ジェイスコア指定サービスの利用状況もスコアに反映

ジェイスコアでは、特定のサービスの利用情報をスコアに反映させることができます。

スコアに反映できるのは次の3つです。

【ジェイスコアに連携できる3つのサービス】
・みずほ銀行口座
・Yahoo! JAPAN
・ソフトバンクモバイル、ワイモバイル

以上の3つは任意での連携となります。

そのため、みずほ銀行に口座を持っていなかったり、ソフトバンクと契約がなかったりしてもジェイスコア自体の利用はできます。

ただ、より多くの情報を利用することで、スコアリングの精度は上がっていくでしょう。

さらに、以上の3つをジェイスコアに連携することで、金利引き下げのメリットもあるのです。

情報連携による金利の引き下げ

連携する情報 金利の引き下げ幅
みずほ銀行 0.1%
Yahoo! JAPAN 0.1%
ソフトバンク・ワイモバイル 0.1%

すべてを連携させることで、最大0.3%の金利引き下げが可能です。

Yahoo! JAPANについては、連携させるだけではなく、いくつか金利引き下げのための条件があるので、それぞれの評価ポイントと一緒に詳しく見ていきましょう。

みずほ銀行口座情報の評価ポイント

まずは、みずほ銀行口座の情報連携についてです。

金利の引き下げだけを狙うのではあれば気にする必要はありませんが、AIスコアの判定に良い影響を期待するなら、次のような口座だと望ましいでしょう。
・口座残高が多い
・給料の振り込みなどに利用している
・公共料金などの口座振替に利用している

口座残高は分かりやすいですね。

残高はできるだけ多い方が信用力に繋がります。

また、ジェイスコアのために作った場合よりも、メインで使っている口座であるという方が評価が高いと考えられ、給料の振り込み、各種引き落としなどで口座がアクティブであることも重要です。

みずほ銀行での口座残高がほぼなくても貯蓄0とは限りません。

ただ、あまり使っていないという場合にはAIスコアはマイナスにならなくても、プラスにもならないでしょう。

Yahoo! JAPANの評価ポイント 

次にYahoo! JAPANの情報連携について説明していきます。

スコア判定や金利の引き下げに関係するのは、Yahoo! JAPANの中でも以下の3つの利用状況です。
・Yahoo!ショッピングの購買履歴がある
・ヤフオク!の落札履歴がある
・Yahoo!プレミアム会員である

Yahoo!ショッピングとヤフオク!については、情報連携の同意日の前月末から過去1年間の利用状況が対象になります。

一方、Yahoo!プレミアムは、情報連携をした時点でYahoo!プレミアム会員であることが条件です。

金利の引き下げは、上記3つのいずれか1つを満たせば対象となります。

AIスコア判定での良い結果を期待する場合には、Yahoo!ショッピング、ヤフオク!での利用頻度、利用総額が関係するのではないかと予想できます。

指定スマホキャリア利用状況の評価ポイント

最後が、ソフトバンク、ワイモバイルの情報連携についてです。

もし2社でスマホなどの契約があっても、金利引き下げの対象になるのは1社だけなので、メインで利用している方の情報を登録すると良いでしょう。

AIスコア判定では、スマホキャリアの支払いが毎月遅れずに行われているかがポイントになると予想できます。

スマホの端末代金を分割払いしている場合には、その支払い状況も信用情報に登録されています。

しかし、端末代金の支払いが終わり、データ通信料、通話料のみになると、信用情報機関には登録されません。

ソフトバンク、ワイモバイルの情報を連携することで、ジェイスコアはより細かな情報まで把握することができるようになるのです。

もし、スマホの端末代金の未払いがある、過去に支払いが遅れたことがあるという方は、情報連携によってAIスコアが下がる可能性もあります。

連携した情報はAIスコアに反映されますが、スマホの利用状況に関しては必ずスコアが上がるとは言えないので注意してください。

ジェイスコアの審査にかかる時間はどのくらい?

ジェイスコアは銀行並みに低金利ではありますが、他の消費者金融と同じように最短即日融資が可能です。

審査についても最短30分ほどで完了します。

審査に通ることが前提ではありますが、お急ぎの方にもジェイスコアのスコアレンディングは対応することができるのです。

ただし、次の2点には注意してください。

  1. 当日中の審査は19時まで
  2. 土日は審査の受け付けをしていない

ジェイスコアと大手消費者金融の審査時間の比較

消費者金融 最短審査時間 平日の審査対応時間 土日の審査対応時間
ジェイスコア 30分 9:00〜19:00 審査対応なし
アイフル 30分 9:00〜21:00 9:00〜21:00
アコム 30分 9:00〜21:00 9:00〜21:00
プロミス 30分 9:00〜21:00 9:00〜21:00
SMBCモビット 30分 9:00〜21:00 9:00〜21:00

ジェイスコアの審査対応時間は短め

ほとんどの消費者金融はネットから申し込みを24時間いつでも行うことができます。

その点はジェイスコアも一緒ですが、審査の受け付け、審査の結果連絡をしてくれる時間帯は決まっています。

ジェイスコアの場合、平日9:00〜19:00までが審査の対応時間なので、19時以降に申し込みをした方、19時までに審査結果の連絡がなかった方は翌営業日以降まで持ち越しです。

ジェイスコアは土日の審査対応をしていない

さらに、ジェイスコアは土日に関しては一切審査対応をしていません。

そのため、金曜日の19時過ぎに申し込みをすると、審査結果が分かるのは早くても翌週月曜日の9時以降となります。

祝日と被っても審査結果の連絡が遅くなるので、即日融資向けとは言えない側面がジェイスコアにはあるのです。

ジェイスコアの審査の流れ

ジェイスコアのスコアレンディングを受ける場合、次のような流れで審査が進んでいきます。

①申し込み

AIスコア診断を行い、その後にスコアレンディングの申し込みを行います。

AIスコア診断の結果を見てスコアレンディングの申し込みをするかどうかの判断もできますが、急いでいる方は、同時申し込みも可能です。

②仮審査結果の連絡

AIスコアなどをもとに仮審査の結果が出ます。

仮審査の結果は、メールに連絡があります。

③必要書類の提出

仮審査に通過した後、契約に必要な書類を提出します。

書類の提出はパソコン、スマホから画像データをアップロードする形で行います。

提出するのは本人確認書類と収入証明書です。

ジェイスコアの提出書類

本人確認書類 ※1 収入証明書 ※2
運転免許証 健康保険証 パスポート マイナンバーカード 源泉徴収票 確定申告書 住民税決定通知書(納税通知書) 所得(課税)証明書

※1 運転免許を持っている方は、運転免許証の提出が必要です。外国籍の方は在留カード、もしくは特別永住者証明書、学生の方は学生証もあわせて必要になります。 ※2 表に記載した収入証明書が準備できない場合には、給与明細書を利用することも可能です。ただし、給与明細書は直近2ヶ月分、および賞与があった方は直近1年分の賞与明細書もあわせて用意してください。

収入証明書は貸金業法に基づいた(a)、(b)の場合、および、その他(c)の場合に必要です。

(a)ジェイスコアとの契約金額が50万円を超える場合

(b)ジェイスコアの契約金額と他社借入残高の合計が100万円を超える場合

(c)その他、ジェイスコアが審査のために必要だと判断した場合

④本審査結果の連絡

本審査では、提出書類の確認、在籍確認などが実施されます。

問題がなく融資可能だと判断されれば、本審査通過となり、融資が受けられます。

本審査の場合でも、結果連絡の方法はメールです。

ジェイスコアの審査に通過するためのコツ

ジェイスコアの審査に通過するためにはAIスコア600点以上が1つのポイントです。

信用情報などスコアには反映されない理由で審査に落ちることもありますが、その場合には、他の消費者金融に申し込みをしても結果は一緒でしょう。

最後にジェイスコアのAIスコアを上げるためのコツについて説明していきます。

スコアを上げたい方は以下の3つを意識してください。

【AIスコアを上げるコツ】
・任意の入力項目もしっかりと埋める
・関連サービスとの情報連携を行う
・アプリの習慣記録機能を利用する

任意の情報入力もしっかりと行う

ジェイスコアのAIスコアの精度を上げるには、できるだけ多くの情報を入力することがポイントです。

「精度が上がる=スコアアップ」とは言えませんが、スコア判定に必要な情報を増やせば現状よりも高いAIスコアになる可能性はあります。

急激に上げることは難しいでしょうが、ライフスタイルに関する項目など、できるだけ多くを埋めるようにしましょう。

関連サービスとの情報連携を行う

記事内でも紹介したように、以下のサービスと情報連携をすることでAIスコアが上がる可能性があります。
・みずほ銀行
・Yahoo! JAPAN
・ソフトバンク、ワイモバイル

金利の引き下げ効果もあるため、上記のサービスを利用しているならぜひ連携させましょう。

ただ、いずれの情報もあまり利用していないという場合には、AIスコアアップに繋がらない可能性もあります。

また、ソフトバンク、ワイモバイルに関しては、スマホ・携帯代の支払い遅れなどがあるとマイナスに働く危険性もあるので注意してください。

ジェイスコアアプリの習慣記録機能を活用する

ジェイスコアのモバイルアプリには、次の4つの習慣について記録をする機能があります。
・運動
・学習
・睡眠
・お金

良い習慣を続けていくことで、徐々にAIスコアを改善していくことが可能だそうです。

継続する必要があるので、1日、2日での改善は期待できないでしょうが、まずは実践し、習慣化させることが大切だと言えます。

【まとめ】ジェイスコアの審査は厳しめ!まずはAIスコアをチェックしよう

ジェイスコアは、銀行並みに低金利であることを考えると、それなりに審査基準は厳しいのではないかとうかがえます。

申込条件上は、学生の方、アルバイトの方などでも申し込みは可能ですが、審査の難易度は決して低くはないでしょう。

契約できる限度額も10万円からなので、10万円未満の少額融資を希望している方は、他の消費者金融を利用しても良いかもしれません。

少額借入では金利の違いが利息の大きな差にはなりにくく、さらに無利息期間のある消費者金融なら一定期間は利息0円です。

ジェイスコアと大手消費者金融の比較

消費者金融 実質年率 無利息期間の有無 1ヶ月の利息 (10万円の場合)
ジェイスコア 0.8%〜12.0% なし 986円
アイフル 3.0%〜18.0% あり 1,479円
アコム 3.0%〜18.0% あり 1,479円
プロミス 4.5%〜17.8% あり 1,463円

※ 利息は10万円を1ヶ月間、各消費者金融の上限金利で借り入れした場合の金額です。

やはり一般的な消費者金融の金利と比較すると、ジェイスコアは利息をかなり抑えることができますね。

ただ、借入金額が10万円だと1ヶ月での差は約500円です。

他3社だと無利息期間があるので、1ヶ月目に関しては他社が有利になります。

その点も踏まえた上で、ジェイスコアの申し込みを検討すると良いでしょう。

もし審査に通るか不安という場合には、AIスコア診断とスコアレンディングの申し込みを別々に行っても良いと思います。

先にAIスコア診断を行い最低でも600点を超えているかをチェックしてから、スコアレンディングの申し込みをするのです。

そうすれば、見込みがないのに申し込みをしてしまうといった自体は避けることができます。

ジェイスコアの審査に通るか心配な方は、まずはAIスコア診断から始めてみてください。