最終更新日:2019年06月23日

住宅ローン借り換えのポイント

「何度も借り換えしたよ」「数年前に借りたとこだよ」
でも、住宅ローン金利は下がり続け、商品や銀行にも差が出てきました。少しでもメリットがあればラッキーです。自分はどこでどんな住宅ローンを組んでいるのか、改めて確認してみましょう!!

自分の状態を再確認しておく

借り換えは新たに住宅ローンを借りることです。審査に通る必要があります。勤続年数や年収は基準以上か、クレジットカードの引き落としをきちんとできてるか、クルマのローンなど借入が多くないか、キャッシング枠が過剰についていないか…。
夫婦合算の収入で借りているのに配偶者が退職していないか、収入が減っていないか…。借入時の申込書類などを再確認し、自分の状態が悪化している場合は時機を考えましょう。自分で分かりづらい場合は取引のない銀行に相談して知恵だけ借りるのも良いと思います。

借り換えの前に金利交渉を

自分の状況に悪化がなければ、まずは取引銀行と金利引き下げ交渉をしてみましょう。最近は金利を引き下げてくれる銀行も増えてきました。対応していない銀行もありますがチャレンジする価値はあります。借り換えの諸費用と差引して実質同等の条件を引き出せれば借り換える必要はなくなります。
うまくいけば数千円~の手数料と少しの手間で済みます。断られても情報取集!!くらいの気持ちで行きましょう。

住宅ローン以外に借り換える

残債額などによって無担保の借り換えローンを利用できるケースもあります。金利が多少高くなっても登記費用などまで考えるとトクになったり、自宅の担保が無くなるので他の借入に活用できたり、売却がスムーズに行えるメリットが出てきます。お住まいの地域の地方銀行などのローン商品などもチェックしてみましょう。

住宅ローンの選び方

せっかく借り換えをするのであれば自分の好みの住宅ローンを選びましょう。
固定金利がいい、金利をとにかく安くしたい、合併や吸収のなさそうな大きな銀行、ATMが便利な銀行。人それぞれに重視する点があると思います。金利で大差がつかないケースだと団体信用生命保険の内容で比べるのもオススメです。イマドキの住宅ローンは病気やケガの保障も充実している商品も増えています。借り換えと併せて加入している保険を見直すとWで効果が期待できます。

専門家に尋ねるのも一手ですが、住宅ローン借り換えサイトやFP事務所の中には借り換えの成功報酬として数十万円の手数料が設定されていることがあります。注意しましょう。

費用も要チェック

借り換え時の諸費用で「登記費用」という項目があります。司法書士に支払う費用ですが、「手数 料」と「税金」で構成されており手数料部分は司法書士が個別に決めています。銀行が指定する司法書士はだいたい割高です、ダメ元で値段交渉してみましょう。自分で司法書士を選べるなら相見積もりしてみましょう。

自分で試算してみる

変動と固定で迷われるかもしれません。残債や期間・金利によって違ってきますので「ある程度の金利上昇する想定の変動」と「固定」でシュミレーションして比較してみましょう。住宅金融支援機構のサイトなど試算に便利です。ちなみにフラットからフラットの借り換えも可能です。

期間を短くすると利息支払い総額が減るのがメリット、毎月の返済額はアップする可能性があるのがデメリット。支払に余裕がある、早く終わらせたい、固定金利期間でまとめたいという人に向いています。

借り換え時に手元資金を返済に充てて借入額を減らす方法もありますが、おカネは借りるのは難しく返すのカンタンです。できるだけ多く、長いほうがこの超々低金利を活用できると思います。
カンペキな試算は不要です、おおまかなイメージをつかんで銀行と相談しましょう。

ついでに火災保険もチェック

せっかくの機会ですので書類の中から火災保険も確認しておきましょう。住宅購入時のどさくさでどんな保険に加入したか覚えていない方が多いと思います。まずは補償の範囲です。特に「破損・汚損」という補償はついていますか?
これはワザとじゃなくて自宅に損害を与えてしまった場合に適用されるものです。日常生活で請求できるケースも多いので付いている場合は請求モレのないようにしましょう。付いてない場合は後から追加は難しいので解約新規になります。火災保険料は年々高くなっており、契約できる年数も最長10年と短くなっているので以前の保険を解約するともったいないケースも多くなりますので慎重に。そのほか、家財や地震といった補償についても再確認しておきましょう。