最終更新日:2019年12月31日

お金が欲しい専業主婦におすすめサービスまとめ

主婦が「お金が欲しい」と思うのはどんなタイミングか?

専業主婦で働きに出ておらず、収入を得ていない方にとっては、お金に悩まされることは多いでしょう。

金欠状態でお金が欲しい状態になって、アルバイト、パートで勤務するようになる専業主婦の方は、実際に増えてきています。

まずは、専業主婦の方がお金が欲しいと思うタイミングについて紹介していきます。

そのタイミングとは以下のような時です。

・家計が苦しい
・ストレスを発散したい
・貯蓄を増やしたい
・老後のため

ではそれぞれの項目について詳しくみていきます。

①家計が苦しい時

専業主婦の方がお金が欲しいと思う最も多い理由に、家計が苦しいことが挙げられます。

嗜好品や日用雑貨への出費を切り詰めていっても、どうしても節約だけではお金が足りないという状況はあると思います。

特に子供が生まれて養育費にお金がかかるようになってくると、なかなか自由に使うことができるお金というのは限られてしまいます。

ただ、子供が小さい時にはなかなか働きに出ていくことも難しい場合もあるので、思うように金欠の状況が解消されることは少ないです。

②ストレスを発散したい時

専業主婦の方は働きに出ることなく、家事や子育てをしているわけで、どうしてもストレスがたまりやすくなります。

やはり外に出て、家族以外の人間と共にする時間というのも大切です。

ただ、外に出て何かしようにもお金がかかってしまいます。
お金がない状況では、ストレス解消すらできないわけです。

ですから、そのような時にお金が欲しいと思うものです。
ただ、外出は不定期なものなので、配偶者など家族に頼めばその時の費用ぐらいは出してもらえることが多いです。

③貯蓄を増やしたい時

専業主婦の方は、子供の将来も見据え、計画的にお金を貯めていく必要もあります。

特に子供が親元を離れて大学進学した場合には、多額の費用がかかることになります。

ただ、日々の生活でギリギリの状態なのに、その貴重な生活費の一部を貯蓄に回すというのはなかなか難しいことです。
そのような時に、借金をして貯蓄をしても何の意味もないので、このような場合は何らかの仕事を始めることになる方が多いでしょう。

小さな子供がいる場合には、在宅ワークが近年よく利用されています。

④老後のことを考えた時

2019年には、老後資金が年金とは別に2,000万円必要になるという試算が出て、問題となりました。
このため、老後資金に対する対策を考える人が増えてきています。

ただ、老後に2,000万円貯めている状況を作ろうとなると、月々結構な金額を貯金していく必要があります。

また、近年は医療が発達してきているために、今の平均寿命よりも長く生きる可能性も十分にあります。
90歳、100歳まで生きる想定が必要になってくる時代なのかもしれません。

そうなると、更なる老後の蓄えが必要となり、貯蓄に回すお金の必要性を感じる主婦の方も多いと思います。

まず節約することを考えよう

専業主婦の方がお金が欲しいとなった時に、まずするべきことは日々の節約です。
これは働きに出ていかなくてもできることなので、すぐにでも始めることができる取り組みです。

ただ、節約といっても何を節約しなければいけないのかが明確にならないことが多いです。
このような場合は家計簿をつけて、どの出費が無駄なのかを把握していくことも必要になります。

ここからは典型的な家庭で、どのような費用を優先的に節約すべきなのかを紹介していきます。

節約すべき支出① 毎日の無駄遣い

まずは、日々の無駄遣いを正していく必要があります。

ちょっと外出した時に、コンビニによって飲食物を買ってしまうとかいうことはやめるようにしましょう。
特にデザートやお菓子はかなり無駄な出費と言えます。

日々の食事が充実していれば、このような出費は節約できます。

あと、お酒もかなり無駄な出費と言えます。
ストレス発散のためには必要なのかもしれませんが、これが日々積もり積もると結構な出費になっているものです。

配偶者とも相談しながら、お酒の量を減らすことも検討しましょう。

節約すべき支出② 交際費

人付き合いによる交流費も、結構な出費になります。

専業主婦の方は特に時間があるので、ついついママ友とランチを楽しんだり、カフェでお茶をしたりということもあるでしょうが、やはり外食は結構な費用がかかります。

なかなか人付き合いは断りにくいものではありますが、自宅でお茶を楽しむなど、違った交流の仕方も検討してみてください。

また、配偶者の方にも仕事終わりの付き合いの飲み会や食事をなるべく減らしてもらうよう相談してみましょう。

節約すべき支出③ 固定費

月々の固定費を節約すると、必ず毎月その効果が現れてくるので是非節約を実践してほしいところです。

具体的に固定費とは以下のようなものが挙げられます。

・住宅費(ローン・家賃など)
・光熱費
・通信料
・保険料
・教育費

この中で特に節約できる可能性があるのは、保険料です。
民間の医療保険に加入している場合、見直しをすればかなり安くなることがあります。

また、高額療養費制度など病気になった時の公的な補助制度もあるので、それも含めた保障と考えると案外安く済むものです。

突発的にお金が必要になった時の対処方法

教育費や老後の蓄えは長期的な視点から必要になってくるお金ですが、これら以外に突発的にお金が必要になることもあります。

例えば、買い物をしていて自分の気に入った服や靴を見つけてそれを買いたくなった時や、家で長年使用していた大物の家電が壊れてしまい、すぐにそれを買う費用が欲しいといった場面を想定することができます。

このような場合どのようにそのお金を準備するといいのか、その方法についてここから紹介していきます。

対処法1|働く

まずは、仕事をして収入を得ることが手っ取り早い方法です。

もし子供がいる場合には、子供が学校に行っている時間帯だけパート、アルバイトをすればいいでしょう。

子供が小さくて働きに出ることができない場合には、内職やクラウドソーシングなどの在宅ワークでお金を稼ぐことをおすすめします。

ただ、突発的に必要なお金というのは一時的なものなので、無理をしてずっと働く必要はなく、短期のアルバイトでお金を稼ぐのもありかと思います。

普通のアルバイト・パートでどのくらい稼げるのか?

普通のアルバイトやパートを行うと、どのくらいの金額を得られるのかを知っておきましょう。

この点については、厚生労働省の2017年3月速報時点の毎月勤労統計調査では、パート主婦の平均月収については約95,000円となっています。
これは年収にすると、約114万円です。

これはアルバイトについてもそんなに差はないといえます。
けれどもこの数字はあくまで平均で、働くことができる時間によっては実際に得られる金額については変動してきます。

契約社員・派遣社員の給料相場

派遣社員・契約社員の給料の相場はどれくらいなのでしょうか?

株式会社リクルートジョブズの2018年度6月分の派遣スタッフ募集時平均時給調査では、関東・東海・関西の三大都市圏の派遣社員や契約社員の平均時給は約1,640円くらいでした。

この時給は、派遣社員・契約社員の職種やスキル等によって時給はかなり違っており、理系であったり外国語を使用する職種の方が給料が高くなる傾向にあったり、地域によっても金額が変動しています。

対処法2|不用品を売る

身の回りには、普段使っていなくて今後も使う予定がない不用品が多く眠っているものです。
これらを売ってお金を稼ぐという方法も一つの手段です。

どのように売るのかというと、近年はメルカリやラクマなどのフリマアプリが広く利用されていて、これらの場合は買い手も多い市場なので売りやすいでしょう。

また、地域で行われているフリーマーケットに出店してそこで売る方法もあります。
この場合手数料をとられないので、より多くの収入得る可能性があります。

対処法3|親や友人に借金をする

緊急にお金が必要な時には、両親や友人にお金を借りるのも一つの手段です。

ただ、お金を借りるということは、人間関係が崩れてしまう危険性があることを肝に銘じておくべきです。

例えば、友人に借金をして、いつまでに返済するという約束をしたもののその返済期限にお金を返さなければ、友人には嫌われてしまうでしょう。

両親の場合はそのあたりは若干多めに見てくれるでしょうが、あまりにルーズすぎると縁を切られて、その後の人生にも大きな影響が出てくる恐れがあります。

対処法4|金融機関から融資を受ける

もちろん両親や友人にお金を借りると、利息負担もなくお金を借りることができて経済的なのですが、ここまでで紹介してきた通り人間関係が崩壊してしまうリスクもあります。

このようなリスクをできるだけ回避したければ、金融機関のカードローンを利用しましょう。

利息負担はありますが、周りとの人間関係は保つことができます。

また、消費者金融系のカードローンの一部には無利息期間が設けられているものもあり、この期間内に返済することができれば利息負担ゼロでたちまち必要なお金を借りることができます。

専業主婦でもローンを組めるのか?

専業主婦で全く収入のない方は、カードローンをなかなか組むことはできません。

特に消費者金融のカードローンを組むことはほぼ不可能で、利用できるとしたら銀行系のカードローンとなります。

ただ、アルバイト、パートをしているとカードローンを利用しやすくなるので、カードローンを組むこともお金を準備する最後の手段としてとっておくといいでしょう。

働くことのメリット・デメリット

仕事を行うことについては、メリット・デメリットがあります。

そこで、これから主婦の方が仕事をするメリットとデメリットについてご解説していきたいと思います。

まず仕事を行うメリットから確認し、次に仕事を行うデメリットについてご紹介してみたいと思います。

仕事を行う場合にはこうしたメリットとデメリットについて事前に検討してから、どうするのかということを考えるということが大切になっているということなのです。

働くことのメリット

では、仕事をすることのメリットについて、具体的な点を挙げてみましょう。

仕事をすることのメリットは主に次の3つが挙げられます。

まず1点目が、毎月安定収入が得られるという点です。
そして、2点目として挙げられるのが、社会的信用が得られるということになります。
そして、3点目として挙げられるのが、仕事によっては新たな知識や技術を身に着けることができるという点を挙げられます。

安定収入を得られるなどすれば、できることも買えるものも増えます。

毎月安定した収入を得ることができる

仕事をすることのメリットとしてまず挙げられているのが、毎月安定収入を得られるということです。

仕事を行うことによって、毎月の安定収入が得られるというメリットがあります。
仕事に就くことによって、働いた分だけ給料を貰うことができるのです。

そうすることで、家計の足しにできたり、自由に使えるお金が増えるという利点があります。

そうなると、できることも広がって生活が充実するという良い点もありますし、メリットがあるのです。

社会的な信用を得ることができる

社会的信用が得られるということも、仕事をすることのメリットです。

パートやアルバイトであっても、働いていないということと比較するとずっと社会的信用が高いのです。
そして、その信用があることによって得られる利点もあるのです。

そのメリットとしては、クレジットカードに申し込んで発行してもらったり、借り入れを行いたい時に仕事をしていることで、借入時の審査に通過しやすくなるといったメリットなどを挙げることができるでしょう。

新たな知識・技術を身につけることができる

仕事によっては、新たな知識や技術が身につくということも、仕事をすることのメリットとして挙げられます。

仕事によっては新しい知識や技術が身につくという利点がありますし、職場で得た知識や技術は将来的に他の仕事に役立つことになったり、普段の生活に活用することができて、普段の生活が充実するといった利点があるのです。

このように、仕事をすることには様々な点でメリットがあるということなのです。

では次に、デメリットをご紹介しましょう。

働くことのデメリット

仕事を行うことにはメリットがあります。
しかし、デメリットもあるのです。

どんなデメリットが仕事を行うことによって生じるのでしょうか?
デメリットを挙げてみましょう。

仕事をすることのデメリットは、次の2つの点が挙げられます。

まず、1点目が時間を取られるということです。
そして、2点目に肉体や精神的負担があるという点が挙げられます。

仕事をすることはメリットがありますが、同時にこれらのデメリットも生じるのです。

時間を使う

仕事を行うデメリットとして挙げられるのが、時間を取られるということです。

仕事を行うと、労働時間の間職場に拘束されてしまいます。
特に仕事をしている主婦の方には、時間がないという人も多いといえます。

自身が使える時間についてはさらに少なくなってしまうという点がデメリットとして挙げられます。

そのため、家事をしながら仕事も両立させていくという時間ぐりがとても大変になるというデメリットが発生するということです。

肉体的・精神的負担

仕事を行うデメリットとして挙げられるのが、肉体や精神的負担があるという点です。

つまり、仕事を行うことによって、肉体や精神的な負担があるという短所が生じます。
仕事をすればだんだんと疲れますし、ストレスも貯まってくるのです。

職場の人間関係にも気を使う必要もあり、その点でメンタル的な負担も大きくなってしまうというデメリットがあるのです。

したがって、仕事を行うということはメリットだけでなくデメリットもあるということです。

仕事と子育てを両立させるのは難しい…

子育てがあると、派遣社員やパートはなかなか難しいという悩みもあります。

子育て中の方の場合、働くことについてどうしても子育てと仕事の両立は難しいという問題を抱えてしまいがちなのです。

このような点はとても現実的で、子育てを行っている時には、育児と家事に追われる毎日になりやすいのです。
食事を作ったり、洗濯をしたり買物に行ったりしながら、お子さんの保育園や幼稚園の送迎を行ったり、子供のイベントに参加することになります。

ファミリーサポート

ファミリーサポートというサービスがあるのをご存じでしょうか?
お子さんのいる主婦の方は、ファミリーサポートについて知っておくことはおすすめです。

ファミリーサポートは、子育てを地域住民同士でサポートしあう仕組みのことで、子育て中でサポートを受けたい方とそのサポートを提供したい方が、ファミリーサポートセンターの会メンバーとなって地域で助け合うという目的をもって運営されているのです。

そのためこうした仕組みを知っておきましょう。

自宅に居ながら、お金を手軽に稼ぐ方法

自由に使えたり、家計の足しになるお金を家にいながら手に入れる方法があるのをご存じでしょうか?

主婦の方の場合は、使える時間が多くないので仕事をしてもそれほど多くの金額を得ることができなかったり、人によっては仕事をする時間がないといった悩みがあります。

そこで、これからそうした主婦の方でも、手軽にできるお金の稼ぎ方も紹介されています。

近年はインターネットやスマートフォンがほとんどの過程に普及しているため、これらを利用することで家に居ながらにしてお金を稼ぐ方法が多く存在しています。

こうした方法でお金を得ることが可能ということを知ることで、選択肢を増やすことができるといえます。

専業主婦が自宅で稼ぐ方法

ここからは、自宅に居ながらにしてできるお金を稼ぐ方法について紹介していきます。

自宅でできるお金を稼ぐ方法は、利用する機器で分類すると、スマートフォンを利用する仕事、インターネットやパソコンを利用する仕事、手作業で行う仕事の3つに分類することができます。

フリマアプリ

まず、専業主婦でも気軽に稼ぐことができるスマートフォンアプリに、フリマアプリが挙げられます。

メルカリラクマがその代表例になります。
これを利用して、身の回りの不要なものを売ることによって、簡単にお金を手に入れることができます。

また、本やCD、DVDを売るには、ブックオフに依頼することもできます。

ブックオフの店舗に直接売りにいくこともできますが、家まで出張買取にも来てくれるので、家に居ながらにして本、CD、DVDを売ることができます。

さらに、ヤフーオークションを利用して身の回りの不用品を売るという手段もあります。

クラウドソーシング

クラウドソーシングという方法は、仕事を請け負うという方法のお金の稼ぎ方といわれています。

クラウドソーシングは、仕事をしてもらいたいという人と仕事をしたいという人をネット上で仲介しているサービスといわれています。

こうしたクラウドソーシングは、記事の執筆、データ入力、計算、ロゴのデザインなど、いろいろな仕事の募集が行われており、そのほとんどがネット上で完結することが可能なものばかりです。

こうしたクラウドソーシングという方法が、まずはお金の得られ方として挙げられます。

アンケート調査

マクロミルでは、様々なアンケート調査案件を自宅に居ながらにして行うことができ、ここから収入を得ることができます。
パソコンを利用してアンケートに回答しますが、スマートフォンアプリからもアンケートに答えることができます。

また、以前はハガキを送って応募していた懸賞も、今ではインターネットから応募することができます。

懸賞に当選すれば、QUOカードやギフト券をもらうことができ、家計の手助けとなるでしょう。

これらは特別な知識や技術を必要としないので、誰にでも手を出しやすいお金を稼ぐ方法と言えます。

資産運用

株式、投資信託、FXといった資産運用も、自宅に居ながらにしてお金を稼ぐことができる方法です。

これら資産運用では、大きな金額を簡単に手にすることもできてしまうので、高額を手に入れたい方にはチャンスのある方法です。

ただ、高額の損失を出してしまう恐れもあるので、リスク管理が重要になってきます。

なかなかリスク管理ができない方には、海外FX業者での取引がおすすめです。

海外FX業者では追証がないので、自分の入金した証拠金以上の損失が出ることがありません。

アフィリエイト

アフィリエイトは、自分でホームページやブログを運営し、それをインターネット上に公開し、そのホームページやブログに掲載する広告から広告収入を得るお金稼ぎです。

初期費用0円からでも始めることが可能なので、参入しやすいのがメリットです。
一方で、最初はなかなか収益が出ないので苦しい思いをします。

半年から1年ぐらいは、無収入でも続けていけるぐらいの精神力が必要となります。

ただ、一度収益が出始めると簡単なメンテナンスを定期的にするだけで収益を出していけるので、資産のようなものとなっていきます。

ココナラ

ココナラ特技をお金に換えるという方法もあります。

ココナラというサイトでは、特技をもとにしてお金を得ることが可能になっており、人を占うことが得意であるなら占いを行ってみたり、絵を描くのが得意であれば、イラストやデザインを行ってそれを販売してみるということも可能なのです。

そのため、なにか特技があり、それが人々から関心を持ってもらえそうだという場合には、ココナラでそうした特技を販売してみるという方法もあります。

ハンドメイド品の販売

ハンドメイド品の販売という方法も、お金を得られる方法として挙げられます。

アクセサリー等の装飾品の他にも、ドライフラワーなどを作成するのが趣味だという方の場合は、そうして作ってみたものを販売するという方法もあります。

minne(ミンネ)Creema(クリーマ)、ココナラハンドメイドやヤフオク、そしてメルカリといったサイトは、ハンドメイドのものを販売することができるようになっています。

このような趣味を生かすという方法もあります。

モーニングコール

モーニングコールという方法もあります。

早起きなどが習慣という方などは、早朝の時間を活用してほかの人を起こすモーニングコールという方法でお金を得るという方法があるのです。

モーニングコールは、朝起きるのが苦手な人に対して、指定時間に電話をして起こすというサービスになり、目覚まし時計の代わりといえます。

主婦の人は朝早く起きる方も多い傾向もありますし、このコールはちょっとした朝の時間を活用して行うことができます。

パソコンが苦手なら内職で稼ぐ

現代では、在宅ワークの主流はスマートフォンやパソコンを利用したものとなっていますが、そのような機器の操作があまり得意ではない人は内職で稼いでいくのもありでしょう。

内職の仕事は主に軽作業で、商品のラベルやDMの宛名シール貼り、商品の袋詰めなどといった仕事があります。

ただ、このような体を使った内職の仕事は単価が低く、なかなか大きな金額を稼ぐのには向いていません。
大体月に5万円稼ぐことができればいい方というぐらいです。

電話で稼ぐお仕事も色々ある

また、自宅に居ながらにして、電話を用いて仕事を行うこともできます。

テレマーケターやチャットレディの他、コールセンター業務などが、電話を用いた在宅業務として挙げられます。

これらの仕事の中には高単価の仕事もあって、家に居ながらにして高収入を得ることができる可能性もあるのですが、テレマーケターの場合はノルマがあったり、深夜に働かなければならなかったりすること、チャットレディの場合は家族には言えないようなアダルト系の仕事だったりするなど、問題点も多くあります。

ユーチューバー

ユーチューバーという方法もあります。

ユーチューバーは、動画を撮影したり、動画を編集することが得意な人であれば目指してみるのもおすすめです。

ユーチューブはパートナープログラムといわれるプログラムがあり、このプログラムに参加しておくと、動画が観覧されてその動画内で広告が流されたり、クリックされたりするとお金を得ることができます。

基本的に動画が再生されるとお金が得られると考えてられ、観覧数が多いほど多くもらえます。

料理教室

料理教室という方法もあります。

これは料理が得意な人におすすめの方法で、料理教室を開催してからお金を得るという方法なのです。

料理教室を開催するのに特別な資格や届出などは必要なく、自宅スペースなどを活用して自由に開催しても問題はないということなのです。

料理が得意という方であれば、料理をうまくなりたいという方は女性も男性もいますし、空き時間を有効に活用して自身のスキルを活かして料理教室を開催してみるという方法もあります。

整理収納アドバイザー

整理収納アドバイザーという方法もあります。

昨今、収納アドバイザーは注目度も高まっている資格で、この資格を取得することでお金を得るという方法もあるのです。

整理収納アドバイザーは、部屋や物など片付かない原因や問題点を見つけ出して、その解決方法を提案・アドバイスするための民間資格です。

この資格を持っている方は、片づけのプロといえます。

この資格を取得すると、資格を活かして企業で働いたり、一般の家庭向けの整理収納をアドバイスを行ったりできます。

整理収納アドバイザーで稼ぐには、1級取得が必須

整理収納アドバイザーでお金を得るなら、1級が必要です。
整理収納アドバイザーという名前で仕事するためには、3級や2級では十分ではなく、1級の取得が必須となってくるのです。

この資格には1級から3級まであるのですが、3級と2級の資格は個人のためのものといえ、自身や家族、友人に対して活用するものです。

仕事に活用するという場合には、やはり1級資格が必要です。

資格の取得方法・期間・費用

資格の取得方法・期間・費用についてはどのようになっているのでしょうか?

資格の取得方法は2通りの方法があるといわれ、ユーキャンの通信講座と、ハウスキーピング協会での講座と試験という方法です。

ユーキャンの通信講座は4ヶ月で約5万円、ハウスキーピング協会の3級は3時間の講義で受講料9,720 円で、2級は6時間の講義とテストで23,100円、1級は2日間の講義とテストで 32,400円です。

そして、試験料は1次試験が8,640円、2次試験が10,800円です。

資格を取得すると、いくら稼げるのか?

資格取得でどれくらいのお金が得られるのでしょうか?

整理収納アドバイザーの仕事は、独立してお金を得るという方法や、企業に勤務しながら働くという方法などさまざまです。

したがって、一概にどれくらいなのかは言えませんが、企業に入ってパートや派遣社員をすると時給1,000円くらいが相場で、独立する場合はもっと多くなる傾向があります。

時給3,000円~10,000円のように幅広くなっており、その中には年収1,000万円以上の方もいるようです。

主婦でも申し込み可能なカードローン

主婦でも申し込めるカードローンサービスとは何でしょうか?

カードローンについて知っておくこともおすすめで、これまでご紹介したお金の得方は手軽に実践できる方法ばかりといえますが、すぐに現金が得られるわけではないものがほとんどなのです。

したがって、できるだけ早くお金が必要という場合には間に合わない可能性がありますが、カードローンであればそうした問題をクリアでき、緊急時などには役立つといえます。

カードローンとは何か

カードローンとは何でしょうか?
この点については、消費者金融銀行が提供している現金を借り入れするための多目的ローンになります。

多目的ローンであるため、使途が自由で、事業性資金以外なら基本的にはどのような目的でも利用することができます。

さらに、カードローンには保証人や担保は不要となっていますし、限度額の範囲内であれば何度でも借り入れしたり返済したりすることが可能といった特徴があるのです。
こうした特徴は便利です。

借入までの手続きがスピーディー

カードローンは、借り入れまでがスピーディーに運べます。

この点はカードローンの最大のメリットでもあり、大手消費者金融なら審査時間は最短30分くらいといわれていますし。
即日での融資にも対応可能なのです。

そして、銀行系のカードローンも、早ければ申し込みした日の翌日には有事を受けることが可能で、平均的に1週間以内には貸してもらうことができることがほとんどです。
そのため、カードローンは便利なのです。

主婦でもカードローンは利用できる

カードローンは主婦の方でも利用することが可能で、主婦は収入が低いので審査に通過しないかもしれないという不安がある人も多いかもしれませんが、借り入れできる可能性はあるのです。

カードローン審査の難易度はそれほど高くないので、十分に返済能力があると判断されると、主婦の方も問題なく借り入れすることができるのです。

プロミスのなどは公式サイトで、主婦も利用可能とはっきり明記されており、そうした会社もあります。

貸金業者は無収入だと利用できない

消費者金融は、収入がないと利用できないので注意が必要です。

消費者金融系のカードローンは、無収入の方は総量規制の対象となるため、利用することができないのです。

この総量規制は、貸金業者は融資申込者に対して、他社の貸金業者の借り入れ額と合わせて年収の3分の1以上の貸し付けを行ってはならないという法律になります。

そして、ここでは貸金業者は消費者金融と信販会社とクレジット会社のことを言います。
そのため、これらの機関では借り入れできません。

借り入れ金額・借入方法

借り入れできる金額についてはどのようになっているのでしょうか?

カードローンで借り入れが可能な金額については、審査により申込者の返済能力で判断されるようになっています。

したがって、人によって違っており、どれくらいの借り入れが可能かについては実際に審査を受けるまで分からないです。

けれども、主婦の方のケースは収入が低めとなることが多いので、返済能力も低く判断されやすくなっており、限度額は低めに設定されることがほとんどです。

借入方法

借入方法についてはどのようになっているのでしょうか?

カードローン会社の借り入れ方法はそれぞれの社によって若干違っているのです。

例えば、アコムであれば、借り入れ方法はインターネット・銀行振込・電話・アコムATM・提携ATM・店頭窓口があります。

三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行ATM・提携ATM・SMBCダイレクト(インターネットバンキング・モバイルバンキング・テレホンバンキング)・自動融資という方法があります。

返済方法・期日

返済方法と期日についてはどうなっているのでしょうか?
借入方法に続き、返済方法と期日に関しても知っておきましょう。

例えば、アコムの場合、返済方法はインターネット・アコムATM・提携ATM・店頭窓口・振込があり、期日は口座振替は35日ごとと毎月指定期日、そして口座振替は毎月6日とされています。

こうした返済方法と期日については会社ごとで異なっていますので、こうした点も事前にチェックしておくようにしましょう。

随時返済

随時返済も可能です。

カードローンは、随時返済は自由になっているということも特徴の一つとして挙げられます。
随時返済は、毎月の最小返済額と別に返済を行うことになります。

カードローンの毎月の返済額は、借り入れ残高によって決められています。

例えば、三井住友銀行カードローンは借入残高と毎月の返済額については、1円~1,999円なら約定返済時における借入残高全額で2千円が上限となっています。
2,000円~100,000円なら2,000円です。

申し込みが簡単なWeb完結

Web完結なら、申し込みは簡単にできるようになっています。

大手のカードローン会社は、名前は違っていますがWeb完結というサービスが用意されているところがほとんどです。Web完結は、申し込みから審査、そして借入までのプロセスをすべてネット上で完結することができるサービスになります。

このWeb完結を活用すると、申し込みはとても手軽です。
そこで、プロミスのWeb完結を例としてその申し込み方法の流れについてご解説しましょう。

申し込みの流れ

Web完結による申し込みの流れについて、プロミスのWeb完結を例にご説明します。

まず、申し込みを行い、審査そして契約、その後の借り入れ、という流れになっています。
こうした流れになっているので、それぞれの手続きを順番に進めていくことで申し込みができるようになっているのです。

そこで、これからプロセスの具体的な手順について、具体的にご紹介してみましょう。
Web完結で申し込みを考えているという場合などに参考になります。

申込

申し込みについては、まずはプロミスの公式サイトからネット経由で申し込み手続を行っていきます。

申し込み後は、携帯電話本人を確認するための電話があるのが一般的とされています。
この連絡電話では、住所や氏名など、申込に際して記入した個人情報や希望の契約内容等などの確認がなされるようになっています。

そのプロセスを完了させたら、次は借り入れ審査に移ることになっていきます。
審査を通過すると、次のステップに進むようになります。

審査

審査のプロセスは、本人の確認が済んだ後にスタートします。

プロミスの審査は最短で30分で完了し、結果は申し込み時に選択した方法で通知されるようになっています。
選択は、メールか電話で行われます。

審査中に、在籍確認が実施されるようになっています。
申し込んだときに記載した会社の連絡先に、この確認が行われるのです。

ただ、在籍確認電話は非通知で、担当者の個人名でなされるようになっていますので、プロミスからだとは分からないため安心です。

契約

審査が完了して、次のプロセスに移る場合には契約が行われます。
この契約は審査に通過できたら行われるようになっていますので、審査に通過しなかったという場合には契約はできません。

この契約はネット上で行なわれることとなっており、主な作業については必要書類の提出と契約内容確認、そして同意というものが設けられています。

審査に通過して、通過した旨の連絡があった場合に契約に進むことができるということになっているのです。

借入

契約後は借り入れを行うことが可能になります。
契約後はすぐ借り入れ可能になっているので、素早い借り入れを希望する場合にはとても便利です。

プロミスは、全国約200の金融機関で24時間365日体制で、土日でも夜間も振込みしてもらうことが可能となっているのです。

プロミスのWeb完結の流れについては、他社であったとしても基本的な流れに大きな違いはないのです。
Web完結という方法なら、全手続をネット上で完結可能となっているのです。

おすすめカードローン

おすすめのカードローンサービスについてご紹介しましょう。

それぞれの会社で工夫がなされたカードローン商品が提供されていますが、その中でも収入のある主婦の方であれば、プロミスはおすすめのカードローンサービスになります。

そこで、プロミスがどんな点でおすすめなのか等をご紹介していきましょう。

「プロミス」は、収入のある主婦におすすめ

収入のある主婦の方なら、大手消費者金融のプロミスはおすすめです。
プロミスの貸付条件と特徴についてご説明します。

まず、限度額が最大500万円となっており、金利が4.5%~17.8%で、審査時間は最短30分になります。
融資時間は最短60分です。

最短で30分の審査と最短60分で融資なので、急いでいるという時にも便利です。

さらに、30日間の無利息サービスがあり、Web完結であればカードと郵送物なしなので知られにくいです。

さらに、アプリローンであればスマホひとつで借入返済可能です。

おすすめカードローンランキング

全てのランキングはこちら
注意事項
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • プロミスのサービス表記に係る補足事項
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビットのサービス表記に係る補足事項
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSAの貸付条件
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローンのサービス表記に係る補足事項
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローンのサービス表記に係る補足事項
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし