最終更新日:2019年05月04日

専業主婦でも即日融資可能!収入が無くても借りられるカードローン3選

「急にお金が必要になったんだけど、夫の給料日はまだ先だし…」

そんな経験がある主婦のかたも多いと思います

そんな時、カードローンで借りて切り抜けるのも一つの方法です。

しかし
・「収入がない専業主婦は借りられないんじゃないの?」
・「急ぎの時に即日融資してくれるの?」
・「借りたことを家族(夫)に知られたくない」

と不安に思っている専業主婦の方もおられるのではないでしょうか。

そこで今回は専業主婦でも利用可能なカードローンについて説明していきたいと思います。

専業主婦でもカードローンで借りられるの?

消費者金融などの貸金業者を規制する法律として、「貸金業法」があります。

その中で、貸金業者は年収の3分の1を超える額の貸付をしてはいけない、

と定めています。(貸金業法第十三条の二第1項・第2項)

この規制を「総量規制」といいます。

たとえば、年収300万円の人には100万円までしか貸してはいけないことになります。

また、この3分の1というのは1つの金融機関での貸付けの上限ではありません。

複数の金融機関で借入していた場合、すべて合算した金額が3分の1を超えてはいけないのです。

それなら、専業主婦は自分自身の収入はないからカードローンで借りられないのでは?

と思う方も多いと思います。

結論からいいますと、専業主婦でもカードローンは利用可能なんです。

カードローンは大きく分けて以下の2通りあります。
・銀行カードローン
・消費者金融会社のカードローン

それぞれ専業主婦が利用可能かどうか説明していきたいと思います。

銀行カードローン

専業主婦でも利用可能

収入のない専業主婦でも銀行のカードローンは利用可能です。

先ほど総量規制によって、貸金業者は年収の3分の1を超える貸付けはできない

といいました。

ではなぜ、銀行カードローンは収入のない専業主婦でも利用できるのでしょうか?

銀行は貸金業法の規制の対象外

じつは銀行は貸金業法上の「貸金業者」ではないので、貸金業法の規制の対象となっていないのです。

また、銀行を規制・監督する法律は「銀行法」です。

銀行法の中には貸金業法の総量規制のような定めが今のところないため、収入がない専業主婦にも貸すことが可能となっているのです。

一般的に消費者金融のカードローンよりは金利が安く設定されています。

また、夫の職場への在籍確認の電話や収入証明書の提出等もないので、夫に知られる心配はあまりありません。

銀行カードローン、即日融資は?

以前は即日融資も可能だったのですが、2018年1月から出来なくなりました。

以前は審査の際に反社会的勢力(暴力団等)かどうか判断できませんでした。

そこで融資の審査の際に警察のデータベースで照合することが義務付けられたため、

申し込んだ即日に融資が下りるということが出来なくなったのです。

消費者金融系カードローン

専業主婦でも利用可能か

残念ながら消費者金融系カードローンを専業主婦が利用することはできません。

消費者金融は貸金業法の規制を受けるため年収の3分の1を超える貸付けはできません。

当然ながら無収入の人には貸せない、という結論になります。

「配偶者貸付」を使えば利用可能

しかし、消費者金融の中には「配偶者貸付」という制度を行っているところもあります。
・配偶者(夫)が安定した収入を得ていること。
・夫婦ともに信用情報が良好な場合(ローン等の支払の滞納等がないこと)

等の条件を満たしていれば、夫の年収の3分の1の範囲でカードローンが利用できる消費者金融もあります。

銀行と消費者金融系、どっちのカードローンを選ぶ?

銀行のカードローンと消費者金融系カードローンの配偶者貸付には一般的にそれぞれ以下のような特徴があります。

銀行カードローン 配偶者貸付
金利 14.5%~15% 17%~18%
夫の同意 原則不要 必要
即日融資の可否 不可 早くても申込みの翌日

それぞれ特徴が異なるので、利用する方の事情に合わせて申し込むことが大事です。

残念ながら、夫に内緒で即日融資を受けられるカードローンはありません。
・どうしても夫に知られたくない
・融資は翌日以降でも構わない
・支払の負担を軽くしたいので、金利が低い方がいい。

という方は銀行ローンの方を利用した方がいいでしょう。また、
・どうしてもその日のうちにお金が必要。
・夫も協力してくれる

という方は消費者金融の配偶者貸付を利用した方がいいでしょう。

専業主婦が知っておきたいカードローンの申込み手続き

ここまで、銀行カードローンか消費者金融の配偶者貸付制度を利用すれば、専業主婦でもカードローンが利用可能であることを説明してきました。

では、実際に申し込む場合に具体的にどうやって進めていけばいいのでしょうか?

申込みの際に注意すべき点は何でしょうか?

銀行カードローンと消費者金融の配偶者貸付制度の場合それぞれで見ていきましょう。

銀行カードローンの場合

専業主婦が銀行カードローンを利用したいと思う主な理由としては

「夫に知られたくない」という理由が多いようです。

そのためにはいくつか注意が必要です。

来店しなくても申し込める金融機関を選ぶ

自宅へ郵便物が届かないように設定しておく申込みを店舗で行うと知り合いなどに見られる可能性もあります。

そこから夫に知られてしまう可能性もありますよね。

そういう事態を防ぐためにも、ATMで申し込めるところや電話やwebで申込みできる金融機関を選ぶといいでしょう。

自宅に銀行から郵便物が届いた場合、もし家族に見られてしまうと、そこから知られてしまう可能性は高いです。

そうならないように、例えば毎月の利用明細などはweb明細に設定しておくことで知られるリスクを減らせます。

消費者金融の配偶者貸付を利用する場合

専業主婦が消費者金融の配偶者貸付を利用する理由としては、

「急にその日のうちにお金が必要となったので、即日融資を受けたい」というものが多いのではないでしょうか。

その為には以下のような行動をとることが大事です。
・必要書類をそろえること
・夫に協力してもらうこと

必要書類をそろえること

銀行カードローンの場合は、本人確認書類(免許証やマイナンバーカード等)だけで済む場合が多いのですが、消費者金融の配偶者貸付を利用する場合はそれに加えて、
・夫の収入(所得)証明書
・夫との婚姻関係を証明する書類(住民票や戸籍謄本等)
・夫の同意書

が必要になる金融機関が多いです。

書類に不備があると当然ながら融資の審査も進まないため、きちんとそろえることが大事です。

夫に協力してもらうこと。

専業主婦が即日融資を受けるためには、夫の協力が欠かせません。

上記の必要書類をそろえるためにも夫の協力は不可欠ですが、それ以外に夫の職場に在籍確認の電話が金融機関からかかってくることがあります。

在籍確認とは、本当にその人(専業主婦の夫)が申込書に書かれている会社に在籍しているかどうかを金融機関が電話で確認する手続きです。

そのことも夫に申し伝えておかないと審査がスムーズに進まないので注意が必要です。

専業主婦が利用できる銀行カードローンは?

先ほども説明したように、銀行カードローンでは即日融資はできません。

ただ、審査にかかる日数や融資可能になる日数は銀行によって差があります。

中でも三菱UFJ銀行や三井住友銀行や楽天銀行のカードローンは早ければ翌日に融資可能な場合もあるといわれています。

では、専業主婦が申し込んだ場合も即日融資は無理でも「翌日融資」は可能なのでしょうか?

先ほど挙げた3つの銀行に電話で質問してみました。

カードローン名 専業主婦も利用可能か 審査期間(最短で) 融資までの時間(最短で)
楽天銀行スーパーローン 可能 翌営業日 翌営業日
三井住友銀行カードローン 可能 翌営業日 翌営業日
三菱UFJ銀行「バンクイック」 不可 翌営業日 翌営業日

以上のような結果になりました。

楽天銀行と三井住友銀行に問い合わせたところ、専業主婦だからといって審査のスピードが遅くなることは原則ありません、との回答を頂きました。

残念ながら三菱UFJ銀行の「バンクイック」も以前は専業主婦も利用可能だったのですが、いまは利用できなくなったようです。

専業主婦にも即日融資可能な金融機関は?

専業主婦でもカードローンが利用可能になる配偶者貸付制度ですが、アコム、アイフルやプロミスなどの大手の消費者金融では取扱われていません。

取り扱っているのは中小の消費者金融会社です。

配偶者貸付ができるカードローンを3つほど紹介したいと思います。

ベルーナノーティス

申込み条件 20歳から78歳までの方
金利 4.5%~18%
月々の返済額 2,000円から(借入5万円以下)
その他 ・即日融資可能 ・借入日翌日から14日間無利息、完済後3か月経過後の再借入時も再借入日の翌日から14間無利息

レディースフタバ

申込み条件 消費者金融での借り入れが4社以下の方
金利 14.959%~17.95%
月々の返済額 2,300円から(借入10万円以下)
その他 即日融資可能 はじめてのお客様は契約日翌日から30日無利息サービス

セディナカードローン

申込み条件 20歳以上(学生は除く)64歳以下で、電話連絡が可能な方
金利 18%
月々の返済額 3,000円から可能(借入額 5万円以下)
その他 ・即日融資は厳しい。 ・12時までに審査が完了した場合…当日カードを発送 ・12時以降に審査が完了した場合…翌日カードを発送 ・入会から30日以内の初回利用は利用日から7日間無利息

それぞれ、必要書類として本人確認書類はもちろんのこと
・夫婦関係を証明する書類(住民票等)
・収入を証明する書類
・配偶者の同意書

等が必要になります。

まとめ

これまで、カードローンを中心に説明をしてきました。

これまでのことをまとめると、
・専業主婦でもカードローンは利用可能
・カードローンには大きく分けて銀行カードローンと消費者金融系カードローンがある
・銀行カードローンは貸金業法の「総量規制」の対象外なので、専業主婦でも利用できるところもある
・銀行カードローンは2018年1月以降、即日融資が出来なくなった。
・専業主婦は消費者金融のカードローンを利用できないが、金融機関によっては配偶者貸付という制度を利用することができ、即日融資を受けられることもある。

といったことがあげられます。

また、これまで専業主婦がカードローンにより即日融資受けられるかどうかについて説明してきましたが、じつは、他にも方法はあります。

たとえば
・クレジットカードにキャッシング枠がついている場合。
・質屋にブランド品や高級時計等の貴重品を出す。

といった手段もあります。

今回のテーマからは少し外れるので、詳しく説明しませんでしたが、

もし、上記の手段を使えそうな方はカードローンと併せて検討してみるのもいいかもしれません。

いずれにせよ、借入れは必要最小限にとどめ、お金が出来たらすぐに返済することが望ましいことはいうまでもありません。