最終更新日:2019年11月02日

美容院の会計時にお金が足りない!ピンチを乗り越える対処法

美容院に行ってお洒落するにはお金がかかる

女性の方にとって、美容院は出費の一つです。
大体の方が平均1.5ヶ月に1回ぐらいの頻度で利用していると言われていますので、かなり毎月出費に近いです。

美容院への出費がかさむ理由としては、カット、パーマ、カラー、トリートメント、ヘッドスパなどメニューが多い上に、最近はネイルやリラクゼーションなどのサロンも併設していて、つい様々なオプションを付けてしまいますよね。

金利0円期間を利用してお金を借りる

もし近日中に給料が入る予定なら、短期間のキャッシングを利用するのも手です。
例えばプロミスは最初の30日間は利息0円で利用でき、それまでに返済すれば利息は一切かかりません。

プロミスの特徴

初めての方は30日間利息0円
申し込んだその日に借入OK
WEB完結申し込みなら電話連絡・郵送物なし。内緒で借入できる

美容院の値段の相場

美容院の値段がどれくらいかかるのかということをまずは把握しておきたいですね。美容院の値段は相場的には5000円~20000円ぐらいを1度にかかると考えましょう。この幅の理由としては、美容院はメニューがとても多いので、その日受けたい施術によって費用も変わってきます。それからクーポンの有り無しなどによっても変わってきます。ですが、大体のヘアサロンでは、最低カット5000円ぐらい必要だというところが多いです。

統計データをもとにした平均料金

統計データから見る平均料金としては、カットであれば5000円ぐらいから10000円となています。クーポンなどをしようすれば6000~8000円ぐらいでおさまるというところです。ですが大体の方はカット+カラーかパーマを選ばれるので、およその毎月の出費としては10000円前後の方が多いと言われています。平均的には1.5ヶ月に12000円~13000円とすると3ヶ月で3万円ぐらい。つまり1ヶ月1万円平均というところです。

会計時にお金がない時どうすればいい?

会計を済ませて帰ろうと思ったらお金がない、そんなピンチを経験したことのある方も多いのではないでしょうか。お金がないことに気づいたときの焦り具合は思い出すだけでも胸がドキドキするほどです。悪気はなくても食い逃げや踏み倒しに思われてしまったらどうしよう、怒られたくないとネガティブな思いで頭がいっぱいになってしまいます。冷静に考えれば対処法は色いろあるのですが、その瞬間はそこまで頭が回らずパニック状態です。今回は、会計時にお金がない場合の対処法を紹介します。

家族や友人にお金を持ってきてもらう

お金はないけれど携帯電話なら持っている、という場合は家族や友人に電話をかけてお金を持ってきてもらいましょう。家の近所なら家族を捕まえるのは難しくありません。お金がなくてピンチだと聞けば急いで駆けつけてくれることでしょう。信頼できる友人なら少々離れていてもお金を持ってやってきてくれるかもしれません。多大な迷惑をかけてしまうので心からの感謝と後日の埋め合わせは必須です。携帯を持っていない場合はお店に事情を話して電話を借りる必要があるので少しハードルは上がります。飲食店など会計まである程度時間に余裕があって店内で待っていられるお店にふさわしい方法です。

近くのコンビニ ATM や銀行に下ろしに行く

財布にお金を入れるのを忘れて支払えないが銀行には残高があるなら、近くのコンビニや銀行でお金を下ろせば問題は解決できます。通帳やキャッシュカードが必要なので財布ごと忘れてしまっているようなケースでは使えない方法です。一度店の外に出なければいけないのでとにかく店側の了承を得なくてはいけません。身分証明書や連絡先を知らせて信用してもらう、逃げないと信用してもらうためにスマホや荷物など貴重品を預けるなど店の外に出る許可を取るまでが大変ですが許可さえ取れれば後はお金を下ろして会計を済ませればいいので、誰にも頼れないときにオススメの方法です。

ツケにしてもらう

会計をツケにしてもらい後日まとめて支払う、という解決方法もあります。ツケが認められるには店と顔なじみの常連であり一定程度の信頼を得ているのが大前提になります。初めて入ったお店や店との関係が深くないチェーン店などではツケ払いはききません。ツケ払いが認められる可能性があるのは行きつけの小料理屋や商店街でいつも買い物しているお店など、人情深い個人経営のお店に限られます。基本的にはツケにしてもらえればラッキーというくらい難易度の高い方法なので、断られても文句は言えません。

クレジットカード払い

現金はないが財布にはクレジットカードが入っているのならクレジットカード払いで会計するのがスマートです。クレジットカード払いは店にとって現金で支払われるのと差はありません。カードで支払えば店の人にお金がないことを知られることなく会計を済ませられます。近年普及が進んでいるキャッシュレス決済用のスマートフォンアプリにはカード情報を登録しクレジットカードで支払える機能が用意されています。設定が完了していれば財布ごと忘れてクレジットカードが手元にない場合でもスマホさえあればクレジットカード払いが可能です。

美容院へ行くお金が足りない場合

美容室のカットモデル

美容室のカットモデルになれば無料で髪をセットしてもらえます。カットモデルを担当するのは美容師修行中の若手が中心で一流美容師程の高い技術は期待できません。しかし、修行中とはいえきちんと資格を持った美容師がセットしてくれるのですから仕上がりもある程度美しいものになります。失敗のリスクがないわけではありませんが、美容師は基本的にカットモデルを丁寧に扱います。無料なのだからと実験台のようにぞんざいな扱いを受けることはないので安心してください。

1,000円カット

最近町で見かけることの多い1,000円カットなら美容院よりずっと安上がりです。1,000円カットに不安を覚える人は少なくありませんが、近年は競争が激化していることもあり技術レベルは上がっているので大失敗することはほとんどありません。働いているのも産休や育休でフルタイム勤務が難しい女性やシャンプーの手荒れに悩んで転職した人など確かな技術を持つ人も大勢います。複雑な注文はできませんが毛先を整えるなどちょっとしたスタイリング程度なら全く問題ありません。

セルフカット

自分自身で紙を切るセルフカットに挑戦する方法もあります。セルフカットは難易度が高く安易に挑戦すべきではありませんが、毛先をそろえたり前髪を短くしたりと軽く整える程度なら初めての人でもそれなりに自然な感じに仕上がります。ベリーショートの髪型ならバリカンでセルフカットすることもできます。アタッチメント付きのバリカンなら8センチ程度の長さにまで対応するので、セルフカットでもスッキリした短髪になれます。自分でやると短く切りすぎてしまいやすいので、理想よりも長めを意識するのがセルフカットのコツです。

不用品を売る

ネットオークションやフリマアプリで不用品を売ればいくばくかのお金が作れます。使う予定のない不用品なら売っても何の問題もありません。それどころか家も片付いて一石二鳥です。不用品がいくらになるかはモノによって異なります。フリマアプリならくじであたった景品や化粧品の空箱などこまごまとしたものまで売り買いされているので思わぬものがお金に変わるかもしれません。ネットを通じて取引すると売上金が手元に届くまでに早くとも4~5日はかかります。今すぐお金がほしいときは質屋やリサイクルショップ、買取専門店などを利用しましょう。

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードをお持ちならキャッシング枠を利用してお金を借りることができます。お金を借りるということにネガティブなイメージや否定的な印象を持たれる方もいますが、一時的な資金つなぎとしてきちんとした返済計画を前提に借りる健全な利用なら何の問題もありません。クレジットカードのキャッシング枠ならあらためて審査を受ける必要もなく、手続きをすれば提携のATMですぐに現金を手にできます。美容院代だけを借りるようにすれば使いすぎも防げます。

カードローン

どうしてもお金の工面がつかないときはカードローンを利用するのもひとつのアイディアです。銀行や消費者金融業社が提供するカードローンは借入金の使途が制限されないフリーローンです。自由に使い道が決められるので美容院の支払いにあてられます。カードローンを利用するには所定の審査を通過する必要がありますが、クイック審査なら申込から最短30分程度で審査が完了します。コンビニATMと提携しているカードローンなら借入金を受け取るのも簡単です。