最終更新日:2019年06月23日

借りやすいカードローンを徹底調査!消費者金融の審査基準は?

審査が甘くて通りやすいカードローンは?

急な出費や、旅行前などに現金が必要になるケースがありますよね。貯金が少なく急な出費がある場合には困ってしまいます。直近で出費がなくてもいつでも備えておけると安心できるでしょう。そんな場合にはカードローンがおすすめ。少額の出費から数百万円までカードローンで融資を受けることができます。できれば、確実に融資が受けられるように審査が甘く、通りやすいカードローンを知っておけると安心です。審査に通りにくい理由をまずは見ていきましょう。

審査通過率は何%?

カードローンの審査の通過率は約50%以下といわれています。審査の通過率とは初めて申し込みを行い、審査を通過する確率のことです。50%以下と聞くと低いな、と感じる方は少なくないはず。では、どうしてカードローンの審査の通過率はこれほどまでに低いのでしょうか。ちゃんと理由がありますので、ご紹介します。これまでお金を借りることなく普通に収入を得ていれば、初めてカードローンを申し込む方は基本的には審査を通過しますので、安心してくださいね。

収入(年収)に対して融資希望額が多すぎる

第一に考えられる理由は、収入に対して融資希望額が多すぎるケースです。年収400万円の方が800万円のカードローンを申し込んでも通過しないのは当たり前です。通常、ローンを組める金額の目安は年収の1/3までとされています。もちろん、ローンの種類や職業、その他の事情を考慮して金額は決まることになるでしょう。ですが、年収400万円の人がいきなりその倍以上の融資を求めても審査は通過しないケースが多いのでご注意ください。

過去に延滞や債務整理といった金融事故がある

過去にキャッシングやショッピングのカードの支払いに延滞があった場合や、債務整理を行っているなどの場合、いわゆる金融事故を起こしたことのある方は、審査に通過しない確率が高まります。カードローンを申し込んだ場合には、一次審査で信用機関にあなたの信用情報を照会することに。そこに、事故を起こした記録があれば、一次審査の時点で落とされてしまいます。とはいえ、一回だけ数日支払いを延滞したくらいでは信用情報に傷はつきませんので、安心してくださいね。

銀行のカードローンは借りやすい

銀行のカードローンは消費者金融のカードローンと比較すると審査が厳しいイメージがあるかもしれません。ですが、昨今では銀行のカードローンも消費者金融のカードローンも審査基準はさほど変わりません。なぜなら、大手消費者金融は銀行傘下に入ってきているからです。ですから、消費者金融ローンのノウハウで融資ができるようになってきています。銀行のカードローンでも借りやすくなってきていることは事実。しかし、一方で銀行のカードローンの顧客拡大時期がほぼ終わり、近年また、少し銀行のカードローンの審査が厳しい状況に戻りつつあります。

手続きが早くて借りやすい大手消費者金融

審査の面では注意が必要だとしても、他の部分に目を向けてみると、他の消費者金融より有利な点もあります。借り入れの際の手続きは、かなり早く済ませることができるのです。

そこで注目したいのが、

・日本全国のコンビニで手続きできる
・即日融資に対応している

という2つのポイントです。この特徴には、大手消費者金融のすべてが当てはまっています。

無人契約機なら、夜22時まで使えるところもあるため、時間の面でも融通が利きます。日中が忙しくても、楽に借りることができるのです。

借入審査で重要な4つのポイント

審査が通るか不安なときは、最低限クリアすべき重要なポイントをチェックすることも大切です。

落ちないためには、すべての項目が完璧でないと難しいようなイメージもありますが、実際に重要となるのは、これから説明する4点になります。

消費者金融によって微妙な違いはあるものの、とりあえずその4点がクリアできていれば、審査を通過できる可能性は高くなります。

タイミングだけでなく、こちらもしっかり確認しておいてください。

審査項目:金融事故

自己破産や長期滞納など、金融事故を起こしたことがある人は、ブラックと呼ばれることがあります。すでに説明したように、そうした金融事故歴がある人は、大手消費者金融の審査に通らない可能性が高くなります。

もし当てはまる人は、事故を起こしてから10年の間は申し込みを避けるか、中小消費者金融を試してみてください。キャネットやスペースといった中小消費者金融であれば、ブラックでも柔軟に対応してくれるところが多いため、大手よりぐっと借りやすくなります。

審査項目:他社借入件数

他社の借入がやたらと多い人は、それだけ返済のための金額が大きいということになります。その場合は、「本当に返済してくれるかどうかわからない」と判断されてしまいます。返済のためのお金が足りなくなる可能性が高いため、怪しまれてしまうわけです。

年収が少し低くても、他に返済するところががまったくない人であれば、返済能力は高いことになります。

消費者金融の紹介でも何度か触れましたが、他社の借入が多いときは注意してください。

審査項目:年収

年収は、返済能力に大きく影響するポイントなので、審査ではかなり重要になってきます。収入がなければ返済できないことになるため、審査を通すわけにはいきません。

この場合、多ければ安心というわけでもないため、少し注意が必要です。最も重要なのは、安定しているかどうかです。年収が多くても、極端に少ない月がある場合は、少し怪しまれることになります。

また、勤続年数も要チェックです。多少年収が低くても、勤続年数が長いと信用されやすいことがあります。

審査項目:総量規制

他社の借入があったとしても、収入とのバランスがとれており、「十分に返済できそう」と判断されれば、審査を通ることもあります。そこで重要になってくるのが、総量規制です。

総量規制というのは、担保無保証で貸し付ける上限額のことです。例えば、年収が400万で上限が130万だった場合、他社借入がすでに130万だと、規制に引っかかることになります。そこで返済能力が判断されるわけです。

他社借入がある人は、どれくらいあるかしっかりチェックしておきましょう。

即日融資は大手消費者金融がおすすめ

即日融資を重視して消費者金融を選ぶ場合、最もおすすめなのは、やはり大手消費者金融になります。

収入や他社借入などに問題がなく、金融事故も特に起こしていないのであれば、すんなり審査を通過することができます。審査に自信がある場合は、なるべく大手の方を選んでおきましょう。大手消費者金融は手続きが楽なので、即日融資には最適です。

審査に不安がある人でも、中小のライフティなどは即日融資がしやすいタイプなので、しっかり押さえておきましょう。

消費者金融は基本的に即日融資

即日融資ができることは、消費者金融の大きなメリットになります。これは、銀行カードローンにはない特徴であり、消費者金融の強みのひとつです。

ここで注目したいのが、審査にかかる時間です。審査が短時間で済むところは、それだけ即日融資がしやすくなります。大手消費者金融が即日融資におすすめなのは、審査が最短で30分になっているからです。実行までの合計が60分なので、かなり早い対応になります。

また、カードレスの契約であれば、家族に知られる心配もありません。

即日融資の条件は?

即日融資をするなら、3つの条件が重要になってきます。

まずは、午前中に申し込むことです。審査が30分でも、そのあとの手続きで時間をとられたりすると、あまり早く終わらないことがあります。なるべく早く始めておけば、焦る必要はありません。

もうひとつは、必要な書類を確実に揃えることです。うっかり使えないものを混ぜたりしないように、念入りに確認してください。

最後は、希望金額を最低限に抑えることです。借りすぎてあとで困らないように、慎重に判断していきましょう。

借金があっても2社以内なら通りやすい消費者金融

大手消費者金融には、女性でも利用しやすいことを追求したレディースローンがあります。

レディースローンの審査は厳しいイメージもありますが、実際には、それほど警戒する必要はありません。安定した収入が継続してあり、金融事故などを起こしていない人であれば、普通に通ることが多いのです。

また、借金が2社以内なら通る可能性がある点にも注目です。金額が大きすぎると厳しくなったりもしますが、それほど借りていない場合は、意外に通ることがあります。

年収が低くても借りやすい消費者金融

年収が少ないと、「審査に通らないかもしれない」という不安が強くなることもあります。しかし、あまり気に病むことはありません。

すでに説明したとおり、収入に関しては安定していることも重要になってきます。年収が低くても、返済能力に問題がないと判断されれば、十分に通る可能性はあるのです。「年収が低い」という1点だけですぐ弾かれるようなことはありません。

パートやアルバイトをしている人でも借りられる可能性はあるので、気落ちせずに申し込んでみましょう。

年収によっていくらまで消費者金融で借りれるの?

総量規制は、年収の1/3が上限額としてまとめられています。
・年収100万:33万まで
・年収200万:66万まで
・年収300万:100万まで

他社から借入がある人は、こうした上限をしっかりチェックしておく必要があります。消費者金融から借りられる上限額よりも少ない借金であれば、審査に通りやすくなるのです。

また、初めから上限額いっぱいまで借りられない点にも注意してください。初回は年収の10%なので、間違えないようにしましょう。

銀行カードローンは借金があると審査に通りにくい

銀行カードローンは、返済能力をかなり重視しているため、消費者金融に比べると審査に通りにくくなっています。借金がなく、初めて利用する人を貸し付け対象にしているため、他社借入がある場合は要注意です。消費者金融で借りていると、銀行カードローンの利用は難しくなってしまいます。

その点を考慮して借りやすいところを選ぶなら、やはり消費者金融の方を優先すべきです。消費者金融なら、3社まで申し込んでいても借りられることがあります。

銀行カードローン貸付残高の方が多い?

銀行カードローンの貸付残高の高さは、総量規制対象外になっているためです。そのために過剰貸付が起こりやすくなっており、消費者金融を大きく上回る残高になっています。

銀行協会が総量規制に反対しているため、年収の1/3といった規制がなく、消費者金融を圧迫しているのが現状です。

これには、銀行の安心感や信頼感といった要素も絡んできます。多くの人が銀行を支持していれば、仮に貸付額を抑えたとしても、残高は増える可能性があります。

貸金業者大手の貸付残高ランキング

1 アコム:8,405億4,400万円
2 プロミス:7,577億2,700万円
3 アイフル:4,291億7,900万円

このランキングを見るとアコムが最も積極的のようですが、3位のアイフルが積極的でないと判断するのは、少し早計です。

アイフルも前年と比べればかなり伸びており、実は他の2社に負けないくらい積極的に融資しているのです。伸び率の平均が9%をキープしていることを考慮すれば、3位でもかなり借りやすい消費者金融になります。決して貸し渋っているわけではないので、気にせず利用していきましょう。

貸金業者大手の会員数ランキング

1 アコム:146万3,325人
2 プロミス:132万1,000人
3 アイフル:75万4,000人

会員数を見ると、その消費者金融にどれだけ人気があるか知ることができます。最も人気が高く、多くの人が利用しているのは、アコムということになります。

ただし、やはりアイフルが借りにくいわけではありません。貸付残高と同じく、前年と比べて約9%の伸びが見られています。つまり、実際にはかなり申し込みが多くあるのです。

貸金業者大手の審査通過率ランキング

1 アコム:48.4%
2 プロミス:47.3%
3 アイフル:45.9%

最初の方で説明したとおり、アコムとプロミスはかなり審査通過率が高くなっています。50%には及ばないとはいえ、利用しやすい消費者金融なのです。

ただし、すでに他社借入がある人も申し込んでいることを考えれば、1~3位に大きな差があると判断するのは、少し乱暴です。それぞれ微妙な差はあれど、3つとも利用しやすい点は変わらないと考えておきましょう。

貸金業者大手の会員年収別ランキング

◆アコム
・年収200万円以下:22.8%
・年収200万円超500万円以下:60.2%

◆プロミス
・年収200万円以下:21.2%%
・年収200万円超500万円以下:66.7%

◆アイフル
・データなし

アイフルのデータがないため正確なランキングにはできませんが、この情報だけでも、年収の低い人が利用しやすくなっていることはわかります。年収200万円以下となると、一般的にはパートやアルバイトです。年収を気にしている人も、ぜひ利用してみてください。

貸金業者大手の無人契約機設置台数ランキング

1 アコム:1,066台
2 プロミス:945台
3 アイフル:880台

無人契約機の数は、申し込みのしやすさに影響するポイントです。無人契約機がたくさんある消費者金融は、土日でもすんなり申し込みができるため、かなり利用しやすくなっています。

ただし、無人契約機の設置は、大都市に集中している可能性もあります。都心と地方で同じような台数が揃っているとは限りません。地方で利用するなら、その点には少し注意しておきましょう。

貸金業者大手は在籍確認なしで借りやすいランキング

1 アイフル:書類で在籍確認可能
2 プロミス:書類で在籍確認可能
3 アコム:勤務先への在籍確認は必須

在籍確認は、勤務先へ連絡して、本当にその仕事をしているかチェックするものです。

このランキングだと、これまで1位だったアコムが一気に下がっており、在籍確認が必ず行われることになります。

会社に知られたくない人や、余計なプレッシャーを感じたくない人は、アイフルかプロミスを選択しておきましょう。それなら、安心して申し込むことができます。

貸金業者大手は家族バレなしで借りれるかランキング

1 プロミス:Webで完結するため郵送物一切なし
2 アイフル:受け取る時間帯の指定が可能
3 アコム:自宅へ郵送

このランキングでも、やはりアコムは3位です。自宅への郵送は基本的に避けられないので、利用すれば家族に知られる可能性が高くなります。

プロミスとアイフルなら、上手に利用することで、誰にも知られないように借りることができるのです。

家族にばれる心配がないことを重視するなら、必ずアコム以外を選ぶようにしましょう。

貸金業者大手で無利息サービスを無駄なく使えるランキング

1 プロミス:初回借入の翌日から30日無利息
2 アコム:会員となった翌日から30日間無利息
3 アイフル:会員となった翌日から30日間無利息

無利息期間に関しては、唯一初回借入の翌日からスタートするプロミスの一強です。

アコムとアイフルの場合、契約の翌日から無利息期間が始まってしまうため、早めに借りないと過ぎてしまうおそれがあります。

そうした焦りを防ぎたいなら、なるべくプロミスを選んでおきましょう。契約してもすぐには始まらないため、落ち着いて申し込むことができます。

口座数,契約数共に№1 アコム

審査通過率が50%を越えない大手消費者金融の中でも、アコムはかなり通りやすくなっています。その通過率は48%であり、50%に届かないとはいえ、2人に1人はすんなり通過できるレベルです。「絶対」ということはありませんが、アコムなら高い確率で借りることができるのです。

年齢制限は20~69歳になっているので、学生でも安心して利用することができます。

また、自動契約機がある点も要チェックです。土日でも申し込むことができるため、平日に時間がない人でも即日融資が可能になります。

独立系消費者金融 アイフル

アコムにはわずかに及びませんが、アイフルも審査通過率が高い消費者金融です。47%になっているので、通過しやすいところを探しているなら、しっかりチェックしておきましょう。審査にかかる時間は最短で30分なので、即日融資が目的ならおすすめです。

年齢制限はアコムと同じなので、学生でも問題なく利用することができます。

また、家族に内緒でこっそりとカードを受け取ることもできるため、なるべく知られたくないときには、とても助かります。

プロミスで借りる

48%や47%に比べるとやや見劣りしますが、審査通過率43%のプロミスも、大手消費者金融の中では借りやすい部類に入ります。

プロミスの大きな特徴は、無利息期間が初回借入の翌日からになっていることです。

他の消費者金融では基本的に契約の翌日から始まるようになっているため、できれば借入直前の申し込みが理想です。そうしておかないと、知らないうちに期間が過ぎていることもあります。

しかし、利用した翌日から始まるプロミスなら、余裕をもって申し込むことができるのです。

中小消費者金融は借りやすい?

借りやすさに注目して消費者金融を選ぶなら、大手だけでなく、中小の方にも目を向けてみてください。

大手の場合、過去に金融事故を起こした人は弾かれてしまうため、誰でも気軽に利用できるわけではありません。しかし、中小企業の審査はあまり厳しくないので、自己破産などを行っていた場合でも、比較的通りやすくなっているのです。

そのため、大手消費者金融で借りられなかった人は、諦めずに中小消費者金融を当たってみてください。

キャネット

キャネットは、かなり審査の難易度が低い中小消費者金融です。

債務整理や他社延滞といった問題を抱えている人でも借入できることがあるため、大手消費者金融が難しかった場合には、こちらをおすすめします。

必要な書類は本人確認と収入証明書の2種類だけなので、手続きの準備も比較的楽になっています。

他社申し込みが多い場合は厳しいこともありますが、審査を通過できる確率は高いので、試す価値は十分にあります。

借りやすさを求めるなら、しっかりチェックしておきましょう。

スペース

スペースも、金融事故歴がある場合に利用しやすい消費者金融のひとつです。

自己破産している人にも積極的に貸してくれるため、大手消費者金融がだめだったときのために、ぜひ選択肢に入れておいてください。

スペースは対象年齢が18歳以上になっており、上限がない点にも要注目です。20歳以下でも利用することができ、大手のように69歳までと決まっているわけでもないため、さまざまな人が利用しています。年齢に不安があるときは、なるべくスペースにしておきましょう。

大手消費者金融並みのサービスライフティ

サービスが充実している中小消費者金融なら、ライフティは外せません。ライフティのサービスは大手に匹敵する内容であり、キャネットやスペースに不満がある人でも、安心して利用できるようになっています。

申し込みはネットから行うことができ、35日間の無利息期間もあります。また、ローンカードでセブン銀行ATMからの手続きもできるため、とても使いやすくなっています。

他社の借入が多い場合でも審査を通る可能性があるため、借りやすさで探すならぜひ押さえておいてください。

首都圏への進出が目覚ましいセントラル

セントラルは、もともとは中国地方での営業が主でしたが、首都圏へもどんどん進出してきている要注目の中小消費者金融です。

ライフティのようにセブン銀行ATMが利用できたり、ネットで申し込みができたりするのは、顧客の拡大を図っているからです。

たくさん利用してもらうために審査も甘くしているので、大手でうまくいかない人も、かなり借りやすくなっています。

他社の借入の多さに不安を感じている人は、セントラルにも挑戦してみてください。

借りやすい消費者金融

すでに説明したとおり、手続きのしやすさでは大手消費者金融、審査の通りやすさでは中小消費者金融がおすすめです。

自分に合った方を選べばすんなり借りることができますが、より借りやすさを追求するなら、タイミングをチェックすることも大切です。

他のところより借りやすい消費者金融でも、利用すれば確実に借りられるとは限りません。

失敗しないためには、特に借りやすくなるタイミングを狙うことも大切なのです。

では、そのタイミングについて、詳しく説明していきましょう。

月末は審査が緩くなりがち?

消費者金融の審査は、その月の中で変化しています。基本的に審査が厳しいところでも、少しゆるめになることがあるのです。そのタイミングが、月末です。

月末というのは、審査の担当者がノルマを気にするタイミングでもあります。月ごとにノルマが課せられているため、その最終週になると、少しでも売り上げを伸ばすための工夫を行うことになります。それが、審査のゆるみにつながるわけです。

審査の通過に不安を感じている人は、できるだけ月末を狙ってみましょう。

消費者金融から借りやすいのは3月

売り上げを伸ばす工夫が行われるのは、決算月も同様です。

決算月で売り上げが確定してしまうため、月末と同じように、審査をゆるめてどんどん貸そうとします。それが3月なのです。

したがって、「どの月が借りやすいか」という視点でタイミングを考えるなら、3月をしっかり押さえておくべきです。他の月よりも難易度が低くなるため、すんなりと借りられることがあります。

特に時期を定める必要がないときは、できるだけ3月に申し込むようにしましょう。

事前に審査結果が分かるカードローンがある?!

カードローンが必要なケースではとにかく緊急性がありますよね。ですが、審査結果を待っている間は不安を感じる方も多いはず。もしも審査に落ちてしまったら、その後他業者にさらに申し込みを行い、申し込みブラックになるのではないか?とさらなる不安を感じてしまいます。そんな場合には、事前に簡易申し込みを行い、事前に審査結果がわかるカードローンがおすすめ。無駄な時間を過ごさずに済みますし、何よりも不安を軽減できるでしょう。

新規顧客の獲得に積極的かどうか

新規顧客獲得に積極的かもカードローンを選ぶポイント。新規カードローンサービスは比較的に顧客獲得に向けて審査に通りやすい傾向があります。昨今では事前に審査結果がわかるシステムを採用しているJスコアや、新生銀行レイクのレイクアクサなども注目され新規顧客獲得に積極的です。その他、カードローンの新規顧客キャンペーンなどを大々的に打ち出しているカードローンは比較的に狙い目になっています。カードローンの審査に確実に通りたいなら一つの目安にしてみるといいでしょう。

来店不要!自宅でもどこでもパソコンやスマホで借りやすいカードローンは?

来店不要で自宅でパソコンやスマホでカードローンの借り入れが完結するカードローンがおすすめ。身分証明書や収入証明もスマホで撮影し、そのままインターネットで提出するシステムが主流になってきています。そのままカードローンのカードがお手元に届く前に必要な金額を口座に入金してくれるカードローンも。ネットで完結するなら来店する手間と時間を節約できるでしょう。では、具体的にどのカードローンがインターネットで貸し入れが完結するのか具体例を見ていきましょう。

ネット専業銀行のカードローン

ネット専業銀行のカードローンはそもそもが実店舗がありませんから、来店不要で全てネットで申し込みも融資も完結できます。具体的には下記3点がおすすめ!
・ 住信SBIネット銀行MR.カードローン
・楽天銀行スーパーローン
・ジャパンネット銀行ネットキャッシング

申し込みは全てパソコンやスマホから。その上その後の連絡や融資も全てメールやアプリで完結できます。具体的にどういった特徴のあるカードローンなのかを見ていきましょう。

住信SBIネット銀行MR.カードローン

住信SBIネット銀行MR.カードローンは住信SBIネット銀行の個人型のカードローンで口座を持っていればすぐに融資も可能。審査には数日かかることがあるものの、銀行口座さえ持っていれば、比較的スムーズに審査を終えることができます。ただし、ネット銀行の特徴で、必ずカードローン申し込み時には銀行口座の開設が必要です。口座を開設したら貸し入れも返済も全て銀行口座から行います。全国の主要コンビニで貸し入れも返済も可能。その上、ATM手数料は無料です。最大1,200万円まで融資が可能なことも特徴。大手銀行のカードローンだから限度額も高いんですね。

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行のスーパーカードローンも比較的に審査が甘めでおすすめ。やはり銀行口座を持っている方が有利になるでしょう。審査に通過したなら銀行口座を持っていればその日のうちに緊急で必要な額を振り込んでくれる特徴も。比較的に審査スピードも早くネット銀行のローンの中では審査に通りやすいカードローンです。大々的に新規顧客獲得を目指していて、カードローンの申し込みで楽天ポイントも付与されますよ。専業主婦でも申し込みができて月々の返済額も少額で利用しやすいローンになるでしょう。

ジャパンネット銀行ネットキャッシング

ジャパンネット銀行もおすすめの一つ。比較的新しいネット銀行で新規顧客獲得にも力を入れています。そして嬉しいのが初めてのキャッシングの利用から30日間なら無利息で何回でも融資が受けられること。急な出費で短期間の利用ならお得にキャッシュングが利用できます。カードローンの限度額は1,000万円と上限値も高いことが特徴。もちろん、書類の郵送なしで全てネット上のやりとりでカードローンの申し込みができてしまいます。ただし、ジャパンネット銀行は専業主婦の利用はできないので注意しましょう。

スマホアプリでWEB完結できるカードローン

銀行系のカードローン以外にも昨今はスマホアプリで審査ができるカードローンが主流です。消費者金融でもスマホアプリでネット上の申し込みができるカードを紹介します。下記3つの消費者金融がおすすめ。
・プロミス「アプリローン」
・SMBCモビット
・アコム

いずれも大手消費者金融ですから信用性もあり安心して利用ができますよね。アプリ上で申請しますので、ネットに不慣れな方やパソコンがなくても大丈夫。アプリの指示にしたがってスマホ上で手続きができます。

プロミス「アプリローン」

プロミスアプリローンならアプリだけでカードレスでキャッシングが可能。全国のセブンイレブンATMでカードなしでキャッシングができますよ。もちろん返済も可能です。審査も最短1時間と急ぎの場合にはおすすめのカードローン。やはり、銀行系よりも未だに利用勝手がいいのが大手消費者金融系のカードローンになるでしょう。中でもプロミスアプリローンは審査が甘めで通過しやすいので他社で審査に通過しなかった人でも試してみる価値はあります。

SMBCモビット

SMBCモビットはCMでもお馴染みですからご存知の方も多いはず。こちらもプロミスアプリローンと同様に全てをアプリ内で完結できます。全国のセブンイレブンATMで利用できることも同様ですが、SMBCモビットのすごいところは、生体認証ができることろです。万が一の情報漏洩にも備えて指紋や声紋、顔認証を登録できます。パスワードなしでキャッシュングができる点がメリットになるでしょう。本人以外には利用できません。

アコム

アコムでは30日間無利息キャッシングが利用できます。ただし、ジャパンネット銀行とは違い、利用から30日間ではなく、契約から30日間だけ無利息です。ですから、契約はカードローンの利用をすぐにする場合が有利です。そして審査は最短30分、融資までは最短1時間で利用ができる特徴も。ただし、アコムは必ず職場への在籍確認が発生します。会社に不在の場合などには審査まで時間がかかりますから注意してください。

収入証明書不要・免許証だけで借りやすいカードローンは?

収入証明書不要のカードローンは便利です。煩わしい書類のやりとりはできるだけ少なくて済む方が時間を短縮できますし、自営業やフリーランスの方には嬉しいことでしょう。実は、貸金業法では50万円以下のカードローンや他社を含めた借入金の合計金額が100万円以下の場合には基本的には収入証明書は不要です。免許証などの本人確認書類だけでローンが組めることになっています。ですが、どこのカードローンでも必要と判断された場合には収入証明書の提出を求めてきます。一概に50万円以下だからと収入証明が不要なわけではありません。

必要書類が必要ない?!

必要書類が必要ない、といわれてもピンとこないでしょう。ですが、通常必要とされる本人確認書類や収入証明が必要ないカードローンも存在します。本当の意味では必要ないわけではなく、すでに提出済みだから必要ないという意味です。例えば、セブン銀行のカードローンならすでに口座開設時に身分証明などは提出済み。そのため、新たにカードローンを組む場合には書類の提出が必要ないのです。その他、銀行系では独自のルールで書類の提出が必要になり、消費者金融系でも貸金業法に従い書類の提出を求めてきます。

貸金業者カードローンの場合

貸金業者のカードローンの場合には、50万円以上のローンの場合と他社との借り入れ総額が100万円以上の場合には、必ず収入証明が必要になります。消費者金融と信販系のカードローンでは必須だと考えてください。もしも必要ない貸金業者がいたならそれは違法です。貸付で違法があるなら返済でも違法のケースもあるでしょう。違法な利率での貸付や違法な取り立てに合うケースもあるかもしれません。注意したいポイントです。収入証明が難しい場合には、50万円以下で且つ他社との借り入れ総額を100万円以下で審査を申し込みましょう。

銀行カードローンの場合

銀行のカードローンの場合には、総量規制対象外で独自の審査基準で書類提出が可能です。ですから、収入証明書の提出基準は銀行によって基準が異なります。しかし、昨今では過剰な貸付防止のため、ほとんどの銀行系カードローンでも貸金業法と同様に50万円以上のカードローンのケースで収入証明書の送付を義務付けています。パートやバイト、フリーランスの場合には50万円以下でも収入証明を求められるケースも。もしもパートやバイトフリーランスが銀行系のカードローンを申し込むならあらかじめ手元に収入証明を取り寄せておきましょう。

契約後の返済がしやすくて借りやすいカードローンは?

契約後の返済がしやすくて借りやすいカードローンとはどういった商品のことを指すのでしょうか。できればネットとコンビニATMで借りられて、返済もネットで24時間できるタイプが使いやすいことでしょう。その上、返済額ができるだけ自由に選べるタイプなら文句はありませんよね?好きなときに多めに返済できるのもポイント!ネットバンキングで簡単に返済できればいうことがありません。ネット銀行系のカードローンや大手消費者金融のカードローンならほとんどがネット上で利用ができて、コンビニATMも利用できます。

提携ATMの手数料が無料のカードローン

コンビニなどの提携ATMの利用手数料が無料のカードローンは嬉しいですよね。必要なときに借りられて、返済時にも手数料無料なら借りやすくて返しやすいといえます。そういう意味では銀行系のカードローンはほぼどこでも提携ATMが無料でカードローンを利用できます。自社ATMはもちろんのこと、コンビニなどの提携ATMでも無料です。一部の銀行では無料となる回数が決まっています。ですがほとんどの銀行系カードローンなら提携ATMの手数料は無料です。

ネットバンキング・ネットキャッシング対応のカードローン

ネットバンキングやネットキャッシング対応のカードローンなら24時間借り入れ、返済ができて便利。ありがちなのが大型連休などで銀行に入金を忘れてしまい、引き落とし残高が不足しているというケースです。連休明け慌てて入金しても引き落としに間に合わない可能性もあるでしょう。そんな場合にネットバンク、ネットキャッシングができるローンなら前日のうちに口座に入金できますし、連休中の急な出費でも借り入れることができます。ジャパンネット銀行には、残高不足を引き落とし日に補い自動でキャッシングしてくれるサービスもありますよ。

毎月の返済額は適正?

そして大切なことは毎月の返済額が適正かということです。収入が月に2万円のアルバイターが毎月1万円返済するのは厳しいでしょう。ですが、月の収入が30万円の人が毎月の返済額が3,000円では少々物足りないところ。返済額が少額ならその分利息が多く取られているということです。できるだけ早めに完済したいのか、できるだけ月々の負担額を減らしたいのかによって毎月の返済額は決めていきましょう。ほとんどのカードローンの商品は借り入れ額によって返済額が変動します。本人が返済額を好きに決められる商品なら好きに決めた方がいいかもしれません。

収入が少ないアルバイトやパート・学生でも借りやすいカードローンは?

収入のない専業主婦が借りやすいカードローンは銀行系のカードローンです。なぜなら、貸金業法では収入の1/3が貸付できる最大の金額だから。収入0円なら貸付金額も最大0円になりますよね。ですから、貸金業法に縛られない銀行のカードローンの方が有利です。しかし、銀行のローンでも収入のない専業主婦へのカードローンの利用はさせない銀行も多いので、専業主婦でも借りられるかどうかを事前にチェックしてくださいね。中には消費者金融で専業主婦でも大丈夫と謳っている貸金業者もいます。違法ですから注意してください。

専業主婦は銀行カードローンが借りやすい

実は消費者金融の貸金業法でも法的には専業主婦はカードローンが借りやすいといえます。なぜなら専業主婦の場合には、例外的に配偶者貸付という制度が使えるからです。配偶者を含めた世帯年収の1/3まで借りられる制度。しかし、配偶者への確認や配偶者の在籍確認があるため、配偶者に秘密にしたい専業主婦には使えません。そしてこの制度を採用している貸金業者はほぼ皆無です。銀行系のカードローンなら配偶者に知られることなく少額なら借りられます。貸金業法の縛りがなくなるからです。収入の少ないアルバイターよりも実は専業主婦の法がカードローンを利用しやすい傾向があります。

貸金業者大手でおすすめなのはどこ?

ランキングを入れつつ、消費者金融についてさまざまなことを説明してきましたが、そろそろまとめに入ります。

大手の業者ではどこがおすすめなのか、結論を発表することにしましょう。

ただし、その基準となるポイントは2つあります。そのどちらを優先するかで、最もおすすめできる業者が変わってくるのです。

選ぶときは、一番優先したいところをはっきりさせておき、自分にぴったりな業者がどちらなのか、よく考えるようにしてください。

審査の通りやすさで選ぶなら

審査の通りやすさで選ぶとなれば、おすすめはアイフルになります。

ランキングの際の審査通過率は3位でしたが、伸び率はかなり高くなっています。そのことが、審査の難易度が低く、利用しやすいことにつながっています。審査が通りやすく借りやすいからこそ、たくさんの顧客を獲得できているわけです。

アコムやプロミスも、貸付残高などを含めると通りやすい業者ですが、顧客の増加という点では、やはりアイフルに軍配が上がります。

審査に注目するなら、ぜひアイフルをチェックしてみてください。

申し込み安さで選ぶなら

申し込みしやすい点に注目するなら、家族や会社にばれる心配がないところを選びたいものです。そうなると、最もおすすめなのはプロミスです。

プロミスは郵送物がなく、在籍確認も書類だけで済ませることができます。そうした配慮があれば、誰にも知られることなく、安心して借りることができるのです。

さらに、無利息期間がスタートするタイミングも、申し込みやすさを感じられるポイントです。借入翌日からのスタートなので、余裕をもって行動できます。

終わりが見えそうで見えない過払い金

過払い金に関しては、プロミスが2016年3月期で止まっています。それ以降は支払いが行われていないため、過払い金がなくなった可能性もあります。

アコムとアイフルはまだ続いていますが、一時期よりは少なくなってきています。とはいえ、アコムはまだまだ額が大きいため、今後もしばらくは続くことが予想されます。

過払い金の時効は完済から10年となっていますが、3年引き伸ばしになることもあるため、油断はできないのです。

消費者金融の未来は明るい?

申し込みの成約率では、大手消費者金融の多くが高い数字をキープしています。これには、先述した銀行カードローンの貸付残高問題の影響も考えられます。

とはいえ、はっきりと「消費者金融の未来は明るい」と断言できるわけではありません。会員数の多さなどを見ると、とりあえず順調に推移していくことは期待できまが、あまり安心はできないのです。

消費者金融の今後には、ソーシャルレーディング企業の動きも影響してくるため、アンテナをしっかり張ってチェックしておきましょう。

最大限度額が大きなカードローン

カードローンを選ぶときは、適当に選んだりせず、ポイントを押さえて慎重に考える必要があります。そこで注目したいのが、「どれくらいたくさん借りられるか」ということです。

銀行カードローンと消費者金融では、最大融資限度額に違いがあります。その点をよく考えずに決めたりすると、失敗することがあるのです。

あとで後悔しないためにも、情報をしっかり集めておきましょう。そのうえで判断を下せば、大きな間違いは起こりません。

銀行カードローン

銀行カードローンの最大融資限度額は、以下のようになっています。


・住信SBIネット銀行:1,200万円
・東京スター銀行:1,000万円
・横浜銀行:1,000万円
・三井住友銀行:800万円
・みずほ銀行:800万円

住信SBIネット銀行が最も多いことがわかりますが、そこには条件があることも忘れてはいけません。この銀行では、審査結果によってコースが分かれます。そこでプレミアムコースになれば、1,200万まで借りることができます。

消費者金融

消費者金融の最大限度額は、以下のとおりです。

アコム:800万円
SMBCモビット:800万円
プロミス:500万円
アイフル:800万円
ノーローン:300万円

最も多く借りられることを重視するなら、アコムかSMBCモビットを選んでおけば間違いはありません。

とはいえ、銀行カードローンに比べるとかなり差があるため、消費者金融は少し不利になります。とにかくたくさん借りたいなら、銀行カードローンを選択するのもひとつの方法です。

審査が易しいカードローンとは?

借入のしやすさに注目するなら、おすすめは大手よりも中小企業になります。

これには、申込数の差が影響しています。中小企業は申込数がそれほど多くないため、なるべく通過しやすいように、審査が甘くしているのです。すんなり通せば、それだけ借入が多く行われることになります。

そのため、中小企業のカードローンを選んでおけば、審査で悩むことは少なくなります。

ただし、それはあくまでも目安であることを忘れないでください。審査するのは人間なので、それぞれの癖によにって、意外と厳しくなっていることもあります。

審査は必ずあります

さまざまな業者の中には、審査がないことをアピールているところもあります。

しかし、実際にはそんなうまい話はありません。もし審査がないことを掲げている業者があったときは、絶対に利用しないでください。そのような怪しい業者は、闇金である可能性が高くなります。

審査を気にしていると、不自然な宣伝にもつい釣られてしまうことがあるため、十分注意してください。審査はどこでも必ずあるものなので、くれぐれも騙されないようにしましょう。

年齢の上限が高いカードローン

年齢の上限に関しては、それぞれの業者で大きな差はありません。65~70歳になっているところがほとんどです。あえて挙げるとすれば、以下と未満の違いであり、いずれもわずなかな差となっています。

とはいえ、「以下なら可能でも未満はできない」ということはあるため、あまり軽視することはできません。

その点を踏まえて探すなら、おすすめは新生銀行カードローンレイクです。そこでは、上限が唯一70歳になっています。他は70歳未満や69歳以下なので、70歳の人が利用するならぴったりです。

銀行カードローンと消費者金融系カードローンではどっちが借りやすい?

では実際問題、銀行系のカードローンと消費者金融系のカードローンはどっちが審査が甘く、借りやすいのでしょうか。どちらも一長一短があり、なんともいえません。低金利で高い額のカードローンを組みたいなら銀行系、すぐに少額を借りたいなら消費者金融になるでしょう。アルバイトやパートなど収入が安定しない人は消費者金融のカードローン、専業主婦なら銀行系カードローンともいえます。あとは、個人の生活環境や使い勝手で判断していくことになるでしょう。審査の厳しさはどちらもさほど差異はありません。

すぐに借りたい!即日融資ならば消費者金融

すぐに借りたい!即日融資なら消費者金融の方が便利。銀行系のカードローンはどんなに早くても2?3日の審査期間が必要になります。消費者金融系の審査は独自の審査基準を持っているため、スピード重視なのです。とはいえ、在籍確認などはあることがほとんどですので、あくまでも最短の場合です。在籍の確認が取れない場合には審査に時間を有します。もしも消費者金融のカードローンを利用するならネットで完結するタイプの大手がおすすめです。

利用開始後はどちらも便利!

利用開始後は銀行系のカードローンも大手消費者金融系のカードローンも使い勝手は変わりません。細かい部分で様々な機能が付いていますので、比較してみるといいでしょう。ただし、消費者金融でも大手でないとコンビニATMが使えなかったり、ネットキャッシングのサービスがないケースもあります。商品のサービス内容をしっかり把握しカードローンは選んでいきましょう。そして、返済額のチェックは忘れずに。もしも延滞してしまえば、カードローンは利用できなくなってしまいます。ご注意ください。