オリックス銀行カードローン(金利、審査基準、限度額)

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは、保険料負担なし、ガン保障特約付きプランも選択可能。

ガン保障特約付きプラン「Bright」も選択可能なオリックス銀行カードローン。死亡・高度障害またはガンと診断確定したとき保険料で借入残高0円に。保険料はオリックス銀行負担。ウェブで申込は完結。1.7〜17.8%の金利と利用限度額最高800万円。

金利(実質年率) 1.700%〜17.800% 審査時間 -
借入限度額 10万円〜800万円 融資スピード -
無利息期間 - WEB完結 融資まで
人気ランキングから他のカードローンを探す

特徴

ガン保障特約付きプラン「Bright」も選択可能

死亡・高度障害またはガンと診断確定したとき保険金で借入残高0円、保険料はオリックス銀行負担などのさまざまな補償付きの、ガン保障特約付きプラン「Bright」も選択可能。

借り入れ・返済は、提携ATMであれば、手数料はどちらも終日0円

三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、西日本シティ銀行、セブン銀行、イオン銀行、E-net(ファミリーマートなど)、ローソン銀行などお近くの提携ATMで利用可能です。

さまざまな使い道に対応可能!

生活の中で訪れる様々なシーン、車やバイク費用、ウェディング費用、習い事や教育費用、医療費用、旅行資金や突然の歓送迎会、接待の立て替え、出張などに対応可能です。

口コミ・レビュー・評判

レビューを投稿する

レビュー募集中!

最初のレビューを投稿しませんか?

レビューを投稿する
オリックス銀行カードローン
オリックス銀行カードローン
金利(実質年利)
1.700%〜17.800%
お申し込みできない商品です

審査基準

契約時年齢 満20歳〜満68歳
申込資格 満20歳以上69歳未満の方
毎月安定した収入のある方
日本国内にご在住の方
オリックス・クレジット�鰍ワたは新生フィナンシャル(株)の保証が受けられる方
資金使途 自由(ただし、事業性資金にはご利用いただけません。)
必要書類 ご本人さまのお名前、ご住所、生年月日が確認できる資料の写し
ご本人さまのご年収を確認できる資料の写し
預金口座振替依頼書
担保 不要
保証人 不要
保証料 不要
対象地域 全国
備考 審査の結果、上記書類以外にオリックス銀行指定の書類をご用意いただく場合があります。
運転免許証または各種健康保険証をご提出いただく際、現住所が裏面に記載されている場合は表面/裏面両方のコピーをご提出ください。
ご提出いただいた必要書類は返却いたしませんので、あらかじめご了承ください。
外国籍の方で通称名によるお取引をご希望される場合は、別途届出書類が必要となりますので、お問い合わせください。

申し込み

申込方法 インターネット(パソコン)、電話、郵送
申し込みから借入(融資)までの流れ
STEP1 申し込み

インターネットから申込画面に進み、必要事項を入力します。

STEP2 審査結果

「Eメールアドレス確認用URL」での受信確認が終わったあと、Eメールにて審査結果の連絡があります。

STEP3 本人確認

勤務先への在籍確認の後、本人確認および申込み内容確認の電話があります。 ※希望の連絡先へ連絡があります。

STEP4 必要書類提出

登録のEメールアドレスに「必要書類アップロード用URL」が届くので、URLをクリックし必要書類のアップロードを行います。

※必要書類は本人確認書類、所得証明書

STEP5 カード発行

最終審査と必要書類の確認が終了したら、ローンカードが自宅に届きます。

※郵送物の送付先を「勤務先住所」に選択された場合でも、自宅に届きます。

土日審査 -
来店 不要
WEB完結 融資まで
融資スピード -
審査時間 -
即日借入の条件 -

金利

借入限度額別の年率
借入限度額 金利(実質年率)
100万円未満コース(100万円未満) 12.000〜17.800%
100万円コース(100万円) 6.000〜14.800%
150万円コース(100万円超150万円以下) 6.000〜14.800%
200万円コース(150万円超200万円以下) 5.000〜12.800%
300万円コース(200万円超300万円以下) 5.000〜12.800%
400万円コース(300万円超400万円以下) 4.500〜8.800%
500万円コース(400万円超500万円以下) 4.500〜8.800%
600万円コース(500万円超600万円以下) 3.500〜5.800%
700万円コース(600万円超700万円以下) 3.500〜5.800%
800万円コース(700万円超800万円以下) 1.700〜4.800%
  • 掲載情報は2016年12月20日の情報です。
金利体系 -
金利優遇とその条件 -
契約期間 12ヶ月
原則として審査のうえ自動更新
お金の借り方 口座振込、ATM(提携金融機関)、ネットキャッシング、コンビニエンスストアに設置のATM等
無利息期間 -
借入無利息期間の条件 -

返済

返済方式 残高スライドリボルビング方式
返済金額
月々3,000円からの返済も可能。※借入残高10万円以下の場合
借入残高 返済額
10万円以下 3,000円
10万円超30万円以下 6,000円
30万円超50万円以下 9,000円
50万円超100万円以下 15,000円
100万円超150万円以下 20,000円
150万円超200万円以下 25,000円
200万円超250万円以下 30,000円
250万円超300万円以下 35,000円
300万円超400万円以下 40,000円
400万円超500万円以下 50,000円
500万円超600万円以下 60,000円
600万円超 70,000円
  • 掲載情報は2020年3月24日の情報です。
  • ご返済は、ご利用残高に応じた額を、毎月ご返済いただく「残高スライドリボルビング方式」となります。
利息の計算方法 付利単位1円とし、1年を365日とする日割り計算とします。
お金の返し方 ATM(提携金融機関)、口座振込、口座自動引落、コンビニエンスストアに設置のATM等
返済日 毎月10日・月末のどちらかをお選びいただけます
繰上返済 無料
備考 毎月のご返済額はオリックス銀行所定の時点におけるお借入残高に応じて確定されます。
一部、口座引落しにご利用できない金融機関がございます。ご契約時にご確認ください。

手数料・その他付帯サービス

手数料・年会費等 不要
クレジットカード機能 -
その他の付帯機能・サービス -
会員特典等 -
WEB明細書 対応

店舗

店舗所在地 -
無人契約機設置場所 -

提携金融機関・利用ATM

提携金融機関 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、西日本シティ銀行、セブン銀行、ローソン銀行、イオン銀行などの全国100,000台以上(2019年3月末現在)提携ATMでご利用可能です。
借入できるコンビニエンスストア コンビニエンスストア、スーパーなどに設置してある下記金融機関のATMでご利用が可能です。
セブンイレブン、イトーヨーカドーなど、イオン、ミニストップなど、E-net(ファミリーマート、ポプラ、デイリーヤマザキ、コミュニティストアなど)。
※一部ご利用のできない店舗や、ATMを設置していない店舗もございます。
返済できるコンビニエンスストア コンビニエンスストア、スーパーなどに設置してある下記金融機関のATMでご利用が可能です。
セブンイレブン、イトーヨーカドーなど、イオン、ミニストップなど、E-net(ファミリーマート、ポプラ、デイリーヤマザキ、コミュニティストアなど)。
※一部ご利用のできない店舗や、ATMを設置していない店舗もございます。

遅延損害金・注意事項

遅延損害金 借入残高に対し借入利率+2.1%(年率)
その他注意事項 -

企業情報

社名 オリックス銀行株式会社
社名(英文名) ORIXBankCorporation
本社所在地 東京都港区芝3-22-8オリックス乾ビル
電話番号 0120-89-0693
URL http://www.orixbank.co.jp/
設立 1993年
資本金 45,000,000千円
主要株主 オリックス株式会社
事業内容 銀行業
登録番号 関東財務局長(登金)第11号
加盟団体 -
個人信用情報機関 -
お問い合わせ先 0120-89-0693
オリックス銀行カードローン
オリックス銀行カードローン
金利(実質年利)
1.700%〜17.800%
お申し込みできない商品です

オリックス銀行カードローンの基礎知識

  1. オリックス銀行について解説!
  2. どんなローン?オリックス銀行カードローンについて紹介!
  3. オリックスVIPローンカードとはどのような違いがある?
  4. オリックス銀行カードローンの強みや弱みを徹底的に比較!
  5. 利用するのはどんな人に向いている?
  6. 大手銀行カードローンとはどのような違いがあるのか徹底比較
  7. 2016年にオリックス銀行カードローンの金利は引き下げされた
  8. オリックス銀行の口コミについて
  9. オリックス銀行カードローンで即日での融資をすることはできるのか
  10. 30日無利息サービスは、オリックス銀行カードローンにもある?
  11. 【Q&A】オリックス銀行カードローンの気になる疑問を解決しよう!
  12. カードローン利用時に便利?「メンバーズナビ」について紹介
  13. オリックス銀行カードローンではどのような流れで融資を受けるのか
  14. オリックス銀行カードローンではどんな必要書類がある?
  15. オリックス銀行カードローンの審査についてを解説!
  16. オリックス銀行カードローンの審査は他と比べると特殊になっている
  17. オリックス銀行の審査に通過しやすくするコツはある?
  18. オリックス銀行カードローンで10万円を借りた場合のシミュレーションをしてみよう!
  19. オリックス銀行カードローンの返済方法について紹介
  20. オリックス銀行カードローンの限度額を増額方法を解説!
  21. オリックス銀行カードローンはどのような方法で解約するのか

そもそもオリックス銀行とはどのような銀行なのでしょうか? 
オリックスと言えば大手総合リースの会社として非常に有名な会社であり、かつてプロ野球球団のオリックスにあの伝説の野球選手イチローが所属したことを覚えていらっしゃる方も少なくないでしょう。

さらには最近オリックスレンタカーなども有名になってますし、テレビコマーシャルなどでもよく聞く会社の名前でもあります。 
オリックス銀行とはそんなオリックスが運営している銀行のことです。

基本情報について

オリックス銀行の基本情報について確認しましょう。 
オリックス銀行の正式名称はオリックス銀行株式会社、業務形態は銀行業になります。

オリックス銀行は1993年、もともとは山一信託銀行株式会社としてその産声をあげました。 
預金残高は2019年9月期のデーターとして、2兆832億円

オリックス銀行の本店は東京都港区のオリックス乾ビルにあります。 
オリックスの預金量ランキングでチェックすると、全国123銀行の中85行程度の位置にあります。

会社の歴史・沿革

オリックス銀行の歴史や沿革について紹介します。 
オリックス銀行の前身である山一信託銀行株式会社は1993年あの有名な山一証券グループの1つとしてオープンしました。

1998年山一証券の自主廃業の後オリックスが営業譲渡を受け、オリックス信託銀行と名前が変わります。 
翌年1999年には全国銀行協会に加入し、無店舗販売方式によるダイレクト預金と言うサービスを開始します。

2011年にオリックス銀行株式会社家と会社の名前を変更し、2012年にオリックス銀行カードローンの取り扱いを開始しました。

そんなオリックス銀行が取り扱う金融商品の1つが、オリックス銀行カードローンです。 
オリックス銀行はインターネット専用の銀行であるため、実際の店舗を持っていません。

ですからインターネットの中でのみ事業を行っています。 
オリックス銀行カードローンは、ビジネスマン向けのカードローンであり

・インターネット上で手続きを全て完結することができる 
・口座開設をする必要がなく申し込みから融資までスムーズである 
・限度額により金利が変わる 
・提携ATMの手数料が全て無料である

こんな特徴があります。

同様にオリックスグループが提供するカードローンとしては、オリックス銀行カードローンオリックスVIPローンカードの2種類が存在しています。 
両者の決定的な違いは、取り扱っている会社が違うことと金利です。

オリックス銀行カードローンはその名の通りオリックス銀行が直接取り扱っている金融商品であるのに対し、オリックスVIPローンカードは消費者金融業者であるオリックスクレジットが取り扱う商品です。
またオリックス銀行カードローンの金利が1.7%から17.8%なのに対し、オリックス杯ローンカードの金利は1.7%から16.8%です。

オリックス銀行のカードローンは私たちにとって非常に便利であり、ぜひ選択肢に入れたい1つの商品です。

しかしそれぞれの金融商品には強みと弱みがありますから、それぞれをきちんと把握してメリットを最大に生かす必要があるでしょう。 
昨今の金融業界の流れにより、2018年1月以降大手を含んだ銀行カードローンは即日の審査と融資が受けられなくなってしまいました。

このような現状を踏まえ、オリックス銀行カードローンの強みと弱みについて紹介します。

オリックス銀行カードローンの強みについて紹介

オリックス銀行カードローンの強みは、

・口座開設をすることなく利用が可能なので申し込みから融資までが極めてスムーズに完了すること 
・提携ATMの手数料が全て無料であり余計な出費を抑えることができること 
・提携しているATMがたくさんあること 
・インターネットの中だけで全てを完了することができること

あげることができるでしょう。 
取引がスムーズにできると言う事は、忙しいビジネスマンにとってとても魅力的なポイントです。

オリックス銀行カードローンの弱みを紹介

オリックス銀行カードローンの弱みは、

・融資までに時間がかかってしまう
・金利が安くない 
・ローンカードの受け取りは郵送だけである

といったことが挙げられます。

オリックス銀行カードローンの最大の弱みは、融資までに時間がかかってしまうと言うポイントです。 
そのためどうしても今すぐお金が必要と言う方にとって、オリックスカードローンは適切な選択肢ではなくなります。

また安くない金でもネックになってくることがあるでしょう。

ここまででオリックス銀行カードローンの長所と短所を紹介してきました。

下限金利が低いことが魅力的な一方で、上限金利が高いことや審査に時間がかかってしまうため申し込みから融資まで1日以上かかってしまうことがデメリットと言えます。
ただ、デメリットが存在していたとしてもオリックス銀行のカードローンのサービス内容がニーズに合う人も多くいらっしゃいます。

そこでここからどのような人がオリックス銀行カードローンに向いているのかについて紹介していきたいと思います。

ジャパンネット銀行の口座を既に開設している方

オリックス銀行カードローンの利用に向いている人としてジャパンネット銀行の銀行口座を開設している人が挙げられます。

ここまででも紹介しましたが、ジャパンネット銀行の銀行口座を持っていれば、オリックス銀行カードローンの契約を締結した直後から即時振込を利用することができます。
オリックス銀行カードローンは審査には時間がかかってしまうものの、この即時振込のサービスを利用することができる方はスピーディな融資を受けることができます。

受けたい融資の額が高額な方

オリックス銀行カードローンは高額融資を受けたいと考えている方にも向いているカードローンです。

オリックス銀行カードローンの借入上限額は800万円となっています。 
もちろん全ての利用者が800万円借りることができるわけではありません。

カードローンの審査を受けて、800万円の融資を受けるのに十分な収入、返済能力があると認められた方のみ800万円の融資を受けることができます。
ですから、収入がある程度多い高額融資を希望している方には最適のカードローンと言えます。

さてここからはオリックス銀行カードローンと大手銀行系のカードローンとの違いについて徹底的に比較していきます。 
比較を行うことで、あえてオリックス銀行カードローンを選ぶべき理由が見えてきます。

他の金融機関と比較してオリックス銀行カードローンの最大の魅力は、提携ATM利用手数料がすべて無料と言う点です。
オリックス銀行とはそもそもネット専用の銀行ですから、自社のATMはありません。

その代わりに三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のみならず、大手コンビニのATMなども利用することが可能です。

オリックス銀行カードローンの適用金利についてしっかり比べてみると、利率の引き下げ後の上限金利が、一番大きなところで、3.0%引き下げられていることがわかるでしょう。 
これは非常に大きな改良といえます。

一例として800万円コースの場合、金利引き下げ前が3.0%から4.8%だったのに対し、引き下げ後には1.7%から4.8%となっています。 
また100万円コースでは、引き下げ前の金利が9.0%から14.8%だったのに対し、引き下げ後では6.0%から14.8%になっています。

2016年12月に引き下げされた

利用者にとって、利用金利が大きく引き下げられると言うのは非常に大きなメリットです。 
金利と言うのは返さなければいけない借金の1つですから、それを抑えられると言う事はそう返済額がぐっと抑えられると言うことに直結します。

非常に魅力的ですが、しかしこの最低金利が優遇されるのは100万円コース以上を利用している優良顧客だけに限られています。 
基本的に初めて利用する場合はこれは適用されませんから注意しましょう。

さてここからは実際にオリックス銀行カードローンを利用した方からの口コミについて見ていきましょう。

まずは年収5,000,000円の男性の口コミです。 
審査・融資までは大体三日間ほどかかりました、借り入れた金額は500,000円です。

私の場合借り入れ金額が少なかったため、少し利子が高いと感じました。 
同様に年収6,000,000円の方からの口コミです。 

審査、入金までは同じく三日間ほどかかったようです。  
この方は2,000,000円を借り入れていますが、やはり金利は高いと感じたようです。

評判

オリックス銀行カードローンを実際に利用している方の口コミは、以下の点に集約することができます。

・金利10%を下回る金利を設定された人が多い。 
・外国人でも借りることができた。

オリックス銀行カードローンの上限金利は17.8%と消費者金融とほぼ同じレベルです。

一般的な銀行のローンの上限金利が14%台が多いので、銀行の中では少し高めの金利と言えるでしょう。
ただし実際の評判を見てみると、もう少し安い金利で借りている方が多いようです。

今すぐお金が必要になってしまった場合、オリックス銀行カードローンを頼っても即日融資をしてくれるのでしょうか。 
残念ながらオリックス銀行カードローンでは、即日融資には対応していません。

これは2018年の1月より法律が変更になり、大手銀行を含む銀行系のカードローンでは即日審査と即日融資が受けられないようになってしまったからです。 
よってこれはオリックス銀行だけの問題ではなく、すべての銀行系カードローンが即日融資ができないと言うことです。

最近テレビCMでは、最初の30日間は無利息でお金を借りることができると言うサービスを大々的にやっている消費者金融が少なくありませんね。 
オリックス銀行カードローンにはそういったサービスはあるのでしょうか?

非常に残念なことですが、現時点でオリックス銀行カードローンでは30日無利息キャンペーンと言うものはやっておりません。 
から、30日間の無利息キャンペーンを利用したいのであればオリックス銀行カードローンは選択肢から外れることになります。

それではオリックス銀行カードローンの気になる疑問を見ていきましょう。 
やはり実際に借りようと思っている人にとって非常に気になるポイントばかりです。

・オリックス銀行カードローンの審査は甘いの? 
オリックス銀行カードローンの審査が甘いと言う評判はあるようですが、実際はそのような事はありません。 
年齢や勤め先年収等はシビアにチェックされますし、過去の信用情報も紹介されます。

・土曜日日曜日でも借りることができるの? 
残念ながらオリックス銀行では土曜日日曜日は審査業務を行っていないため、審査は平日のみになります。

さてここからは実際にオリックス銀行カードローンを利用した場合、使える便利なサービスについて紹介していきたいと思います。 
オリックス銀行ではカードローンを利用するときに大変便利な、メンバーズナビと言うサービスを提供しています。

この会員限定のサイトでは、オリックス銀行カードローンを利用している人たちが利用することのできる様々なサービスが提供されています。 
ここからはそのメンバーの波の特徴や使い方について紹介しています。

メンバーズナビってなに?

メンバーズナビとは、オリックス銀行カードローンを利用した道だけが利用できる専用の会員サイトです。 
メンバーズナビを利用することで、借り入れしている残高の紹介や、次の返済日の変更、暗証番号の変更、振り込み融資などの様々な手続きをスマートフォンやパソコンだけで行うことが可能になります。 
このサービスを利用するとわざわざコールセンターに電話をかけずとも、上記に紹介したようなサービスを受けることができるため非常に便利なサービスなのです。

メンバーズナビへのログイン方法について紹介

それではメンバーズナビへのログインの方法について見ていきたいと思います。 
メンバーズナビへログインするためには、スマートフォン、パソコン、携帯電話を使います。

専用のサイトにアクセスし、申し込みしたときに設定したログインIDもしくはカードの番号を入力します。 
次にパスワードを求められますので、自分が決めたパスワードを入力しログインは完了します。

ログイン自体は非常に簡単であり、使いたいときにいつでも使うことができるはずです。

メンバーズナビではどのようなサービスを利用できるの?

メンバーズナビではほぼ全てのサービスが、パソコン、スマートフォン、携帯電話から利用することが可能です。 
しかし取引明細照会など1部のサービスに限っては、パソコンだけの利用となります。

・残高照会 
・返済予定表確認
・返済専用口座案内 
・振り込み融資 
・増額返済申し込み 
・パスワードの変更 
・登録口座情報の変更 
・お振込専用口座情報登録・変更 
・お届け内容の変更(住所や電話番号などを含む) 
・一括返済のためのシュミレーション

携帯電話(フィーチャーフォン)専用サイトは既に終了しているので注意しよう

2018年7月5日まではいわゆるガラパゴスケータイと呼ばれるフューチャーフォンの専用カードローンサイトがありましたが、残念ながら携帯電話の利用率の低下に伴い終了となってしまいました。 
ですから携帯電話専用のサイトは現在終了しているため注意が必要です。

カードローン会員サイトメンバーズナビの利用は携帯電話からアクセスすることができなくなりました。 
しかしパソコンやスマートフォンからの利用は今でも可能となっています。

さてここからはオリックス銀行カードローンで実際に融資を受ける際の流れについて紹介していきたいと思います。

公式ホームページから審査の申し込みを行う
審査を実施する
審査結果の回答がある
インターネット上で必要な書類をアップロードする
本審査が完了する
ローンカードが発行されて自宅に郵送されてくる
ローンカードを受け取り、提携しているATMから現金を引き出す

実際にはこのような流れになっています。 
非常に簡単であることがわかりますね。

オリックス銀行カードローンの融資条件はどうなっているのか

オリックス銀行カードローンの融資の条件について確認しておきましょう。 
オリックス銀行カードローンの申し込み条件は、

・申し込み時の年齢が満20歳以上であり69歳未満であること 
・原則毎月安定した収入が見込まれると言う事
・日本国内に住んでいること 
・オリックスクレジットまたは新生ファイナンシャルグループの保証が受けられること

資金の使い道は事業資金に使うことが禁止されていること以外は自由です。 
融資額は最大800万円まで、10万円単位です。

オリックス銀行カードローンを利用する場合、必要な書類は以下の通りです。 
オリックス銀行カードローンの利用を考えているのであれば、事前にどんな書類が必要なのかをしっかり確認して取引がスムーズに行くようにすることをお勧めします。

必要書類

・運転免許証もしくは運転経歴証明書 
・各種健康保険証 
・マイナンバーカード 
・日本政府発行のパスポート

これらの書類が本人確認書類です。 
他に収入を証明するものとして、所得証明書等、返済方法を口座引き落としにしたい場合は預金口座振り替え依頼書が必要です。

オリックス銀行カードローンを利用したいと思っている人が気になるポイントがやはり審査ではないでしょうか。
どれだけ利用を希望してもこの審査に通らなければオリックス銀行カードローンを利用することはできません。

それではここからはオリックス銀行カードローンの審査について詳しく見ていきたいと思います。 
どのような審査が行われ融資になるのでしょうか?

まずは融資前に行われる本審査と仮審査の違いについて紹介していきます。

本審査と仮審査の違いについて

オリックス銀行カードローンの審査には、仮審査と本審査の2つの審査があります。 
それぞれの審査の段階においてどのようなことが調べられるのか、それはオリックス銀行の企業内秘密であり第三者が知り得る事はできません。

しかし多くの場合では仮審査は銀行内での基準を満たすかどうかの審査、本審査は保証外車を利用した信用情報紹介による審査と言うふうに分けられていますので、オリックス銀行内でもそのような審査が行われると考えるのが妥当でしょう。

審査時の在籍確認・本人確認はどのような方法で行われるのか

ローンの申し込みをした後は、審査が実施されますが、審査の最終段階になると在籍確認、本人確認が実施されるのが一般的です。 
この確認が無事に通過できた方だけ融資が実行されるのです。

在籍確認とは利用者が申請した勤務先に本当に勤務しているのかを確認するために行われるものであり、一般的に申請書に書かれた勤務先に電話連絡によって行われます。 
オリックス銀行でも勤務先に連絡を行い、「〇〇さんはいらっしゃいますか?」といった電話が職場にかかってきます。

オリックス銀行カードローンの審査にはどのような人が通るのか

それではどのような人がオリックス銀行カードローンの審査に無事に通過するのでしょうか?

審査に通過する人の特徴がわかれば、自分が審査に通るかどうかがある程度わかるようになるでしょう。

・安定継続した収入があること 
・他社の借り入れがないこと、あっても少ないこと
・信用情報に延滞情報等の傷がないこと 
・これまでオリックス系のクレジットカードの支払いに遅延がないこと

オリックス銀行のカードローンだからといって特別な事は何もなく、基本的な事は他の金融機関でお金を借りる時と全く同じです。

オリックス銀行カードローンの審査に落ちるのはこんな人!

一方オリックス銀行カードローンでは、残念ながら審査に落ちてしまう方も少なからず存在します。 
審査に落ちてしまった方の特徴を確認し、自分がそれに当てはまらないかどうかを確認しておきましょう。

審査に落ちてしまった人の特徴として

・安定した収入がない 
・他社からの借り入れが多い、または借り入れ件数自体が多い 
・信用情報に遅滞などの傷がある 
・オリックス系クレジットカードの支払いが遅れてしまったことがある 
・レイクALSAの借り入れで返済遅滞したことがある

オリックス銀行カードローンの審査は少し他の金融機関と比べて特殊であると言われています。 
なぜそのように言われるのかと言うと、保証外車が2社あるからです。

エックス銀行カードローンを申し込みすると、まずオリックスクレジット株式会社と言う保証外車の審査が行われます。
そして万が一このオリックスクレジット株式会社の審査に落ちてしまった場合には、新生ファイナンシャル株式会社審査を受ける必要が出てきます。

オリックス銀行カードローンでは、審査のチャンスが2回設けられているというのがポイントなのです。

どうしたら、家族や会社に内緒で利用できる?

オリックス銀行カードローンを利用したいと思っている人の中には、家族や職場に内緒で利用したいと思っている方も少なくないでしょう。 
実際家族や会社にばれてしまう事はあり得るのでしょうか?

金融機関でお金を借りる以上、絶対にバレないという保証はありません。

しかし金融機関も個人情報の管理は徹底していますから、金融機関からのミスによってばれてしまうと言う事は絶対にありません。 
利用がばれる時はいつもこちらが原因です。

ただし、契約をした後にバレてしまう可能性はあります!

家族や会社にバレないように最新の注意を払ってくれるオリックス銀行のカードローンですが、契約後にばれてしまう可能性がなきにしもあらずです。

それは 

・カードが見つかってしまった 
・利用明細を見られてしまった

このようなものを見つけられてしまうと、あなたがカードローンを利用していることを隠す事はできないでしょう。 
ですからカードや利用明細の保管には最新の注意を払い、他人から見られることがないように注意しましょう。

審査時にはどんな方法で在籍確認が行われるのか

カードローンを申し込んだ時には審査時に在籍確認が行われるのが一般的です。

在籍確認とは、申し込んだ人が申請書に記載した勤務先に本当に勤務しているかどうかをチェックするための確認の電話のことです。
ローンとは申込者が返済能力があるかどうかによって融資するかどうかを決定します。

そのため、継続した安定的な収入があることが必要最低条件になりますので、きちんと申し込み用紙に記載された金属先に勤めているかどうかは非常に大切なことになります。

どうして保証会社が2社あるのか。理由は?

オリックス銀行のカードローンでは、保証会社が2社あるのが他の金融機関と異なり特徴的なポイントです。
どうしてあえてオリックス銀行カードローンでは2社の保証会社を利用しているのでしょうか?

それは融資を希望している人たちがより確実に融資を受けることができるようにするためのオリックス銀行からの粋な計らいです。 
第一次段階の審査であるオリックスクレジットで審査に合格しなかったとしても、次のチャンスとして新生ファイナンシャルで審査に通ることができれば、オリックス銀行カードローンでの融資を受けることができるからです。

審査に落ちた場合はもう一度チャンレンジすることはできる?

もしあなたがオリックス銀行カードローンの審査に残念ながら落ちてしまった場合には、もう一度チャレンジすることができるのでしょうか。 
オリックス銀行カードローンの利用規約によると、保証会社による審査はグループ会社であるオリックスクレジット会社が最初に行い、次に新生ファイナンシャルグループによる審査が行われる、となっていて、すべての人がこの審査のパターンに当てはまります。 

そのため、いちど審査に落ちてしまった場合は両方の保証会社による審査に落ちてしまったものであるため、再度チャレンジしても結果が変わることはないでしょう。

ですから審査に落ちた場合はまたチャレンジしてもあまり意味がありません。

申し込みをしたのに、オリックス銀行からメールが届かない場合は?理由はなぜ?

明日銀行カードローンの申し込み手続きが完了すると、Eメールアドレス確認用URLが送信されますが、これをクリックして受信確認を実行しないと審査結果の案内を受け取る事はできません。 
もしあなたがオリックス銀行カードローンの申し込みをしたにもかかわらず、オリックス銀行からメールが届かない場合にはどうしたらよいでしょうか。

まずメール受信のタイムラグを考えたとしても、操作を行ってから10分以内には必ずメールは届くはずです。 
そのため何らかのトラブルが発生していると考えても良いでしょう。

もしメールが届かない場合は、オリックス銀行カードデスクに問い合わせを行いましょう。

ここまででオリックス銀行カードローンの審査で通過しない理由について紹介してきました。

では、どのようにすればオリックス銀行カードローンの審査に通りやすくなるのかというとその原因となっている問題点を解決することが理にかなっています。 
具体的にどのような対策をとればいいのかというと以下のような対策を推奨します。

・収入を安定させる 
・申し込み時に誤記をしない 
・他社借入がある場合は借入残高を減らしておく 
・在籍確認を確実にする

ここからこれらについて詳しく紹介していきたいと思います。

安定した収入を確保しておく

オリックス銀行カードローンの申し込み要件には、「継続的、かつ安定した収入を得ている」ということが記載されています。 
ですからこの「収入が安定している」というのはオリックス銀行カードローンを利用する上ではこの要件を満たす人間になる必要があるのです。

ただ、転職をしてしまうのはあまりいいこととは言えません。

転職をすると継続的に働くことができない人という風に認識されてしまう恐れがあります。 
正社員としてその会社で継続して働くことが最もよい解決方法です。

申し込みをする時に入力ミスをしない

オリックス銀行カードローンの申し込みの際には自分自身の沢山の情報を申告する必要があります。

意図的に嘘をつく人は論外ですが、意図していないのに入力ミスをしてしまうこともあります。 
ただ、これを金融機関側は意図的なものと意図的ではないものに分類することはできません。

悪意のない入力ミスも審査落ちの要因となってしまうので、申し込みを行う際には間違いのないように慎重に入力していくようにしましょう。 
また、入力後に入力内容を再度確認するようにしましょう。

既に他社からの借入がある場合は返済をして減らしておく

他社で借り入れがある場合にはそれは審査ではマイナス材料となってしまいます。

ですから、もし資金に余裕があるのであれば他社の返済にその資金をあてて、借入残高を減らしておくとオリックス銀行カードローンの審査に通りやすくなります。 
もし複数の借入先がある場合にはおまとめローンを利用して、借入先を1つに絞り込んでおくと、借入残高は減らなくても審査ではプラスに働きます。

消費者金融系カードローンのように総量規制はありませんが、銀行系カードローンでも年収の3分の1の借入は一つの目安となるのでこのラインは特に注意するようにしましょう。

在籍確認の対策を行っておこう!

オリックス銀行カードローンの審査に限らず、どこの金融機関のカードローンの審査でも在籍確認は行われます。

在籍確認を行うことによって、申込者が働いていることを確認し、返済能力があるかどうかを確かめることができるからです。 
この在籍確認がとれないと審査を通過することはできません。 
職場に人がいて、在籍確認に対応している時間を狙って電話をかけてもらったり、在籍確認の取れそうな時間帯を申告するなどして在籍確認が確実に行われるように対策しておきましょう。

それではオリックス銀行カードローンで10万円を借り入れた場合、総返済額がいくらになり月々の返済がどのぐらいになるのかシミュレーションを行ってみましょう。
借り入れる額は10万円とは限りませんが、おおよその予測として10万円と言うまとまった金額を借りた場合どのようなプランになるのか知っておくと、これを基準としてどのような流れになっていくのかある程度把握しておくことができるでしょう。

それでは実際の流れについて見ていきます。

借りた金額と利率について

まず借り入れを10万円に設定し、返済期間を47ヶ月としましょう。
試算する金利は17.8%です。 
この場合には返済総額は138,978円となり、内支払い利息は38,978円です。

オリックス銀行の上限金利は17.8%であり、銀行系のカードローンにしては少し高めに設定されています。 
しかし必ずしもこの上限金利が適用されるわけではないので、実際の返済額はもう少し抑えることができる可能性もあります。

また提携ATMからいつでも追加返済をすることができます。

オリックス銀行カードローンでは返済方法がいくつか用意されています。

・口座引き落とし
・銀行振り込み 
・提携ATMからの入金

口座引き落としでは、オリックス銀行だけではなく他の金融機関からの口座からも行うことができます。 
提携先のATMによっては手数料が必要になってしまうこともありますが、無料で利用できるATMも少なからず存在します。

例えば三菱UFJ銀行のカードローンバンクイックや三井住友銀行カードローンの提携ATMであれば原則無料で利用することができますし、その他のATMでも110円から220円程度の手数料となっています。

どんな方法で残高の確認するか

自分が今どれだけ借り入れをしているのかその残高を確認する方法には以下の2つの方法があります。

・提携ATMを利用した際に発行される利用明細に記載されている額を確認する 
・会員専用サイトであるメンバーズナビにログインし、メニューから残高照会を選択して確認する

いずれにせよ銀行の口座引き落としにて返済した場合には、正式な残高に反映されるまでおよそ2 、3日を必要とします。
もし正確な金額を把握したいのであれば、それを把握した上で確認を行います。

オリックス銀行カードローンで利用限度額の増額を希望する場合には、「カードデスク(0120-890-699)」に電話をかけて申し込みます。 
ただし増額についてはあまり簡単にできると期待しないほうが良いでしょう。

まずは新規契約後、半年の期間は必要と考えておいたほうが良いです。

そして増額には再び審査が行われます。この審査は新規契約時よりも高額になるため審査基準が上がるということと、またその間に延滞などをしていれば審査を通過できないだけでなく、現在の契約も見直されてしまう可能性があるので、申し込む前にきちんと増額に十分な状態であるか確認しておくようにしましょう。

最後にオリックス銀行カードローンの解約を行う方法について説明したいと思います。
オリックス銀行カードローンを解約するためには、まずは借り入れ残高を全て一括で返済しなければいけません。 
当たり前の事ですが借り入れ残高が少しでも残っている場合には、解約することは不可能です。

一括返済には

・オリックス銀行が指定する口座へ振り込む 
・口座からの引き落とし(手続き実施後) 
・セブン銀行、ローソン、イオン銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行ATMで行う

これらの方法で一括返済を行い、借り入れ残高がなくなったの確認しカードデスクに電話を行い解約届を請求します。

必要事項を記入し解約届を演奏し受理されれば、解約が終了します。

    カードローン人気ランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.