親和銀行カードローン(金利、審査基準、限度額)

親和銀行カードローン

親和銀行カードローン

口座不要・来店不要

WEB、郵送申込に対応しているため、来店は不要です。また50万円以下の申込みの場合であれば、WEB完結します。口座不要で申込みするには、融資される際に直接入金型にすれば可能です。

金利(実質年率) 3.000%〜14.500% 審査時間 -
借入限度額 最高1000万円 融資スピード -
無利息期間 - WEB完結 契約まで
人気ランキングから他のカードローンを探す

特徴

申込みの際に周囲に気づかれない

郵送物にローンに関連する文言は記載されないため、ローンカードの送付時に周りに申し込みを知られることなく安心してご利用いただけます。

口コミ・レビュー・評判

レビューを投稿する

レビュー募集中!

最初のレビューを投稿しませんか?

レビューを投稿する
親和銀行カードローン
親和銀行カードローン
金利(実質年利)
3.000%〜14.500%
お申し込みできない商品です

審査基準

契約時年齢 満20歳〜満69歳
申込資格 ・20歳以上69歳以下で、収入がある方(アルバイト・パート・年金受給者の方もお申込みいただけます)
・保証会社の保証が受けられる方
・居住地および勤務先が九州・山口の方、または親和銀行の普通預金口座をお持ちの方
資金使途 自由(事業性資金は除く)
必要書類 本人の名前・住所・生年月日を確認できる書類が必要です。
(原則、運転免許証・パスポート・マイナンバーカード(個人番号カード)のいずれか)
※2020年3月1日以降、郵送での契約の場合は複数の本人確認書類の提出が必要です。
利用限度額が50万円を超える場合は、収入を確認する資料として以下のいずれかの書類が必要です。
・給与所得者の方:所得証明書・源泉徴収票、給与明細
・自営業者の方:納税証明<その2>、確定申告書
※外国人の方は別途、永住者の記載のある「在留カード」または「特別永住者証明書」が必要です。
担保 不要
保証人 不要
保証料 不要
対象地域 居住地、または勤務地が九州、山口の方
備考 -

申し込み

申込方法 インターネット(PC、スマートフォン)、電話、郵送、FAX、窓口
申し込みから借入(融資)までの流れ
STEP1 申し込み

インターネット(パソコン・スマホ)から申込み画面へ進み必要事項を入力します。

※口座をお持ちでない場合、親和銀行への届出の住所が異なる場合は、WEB完結での申込みはできません。電話・郵送・FAX窓口から申込みをします。

STEP2 仮審査

電話・郵送にて審査結果の連絡があります。 ※勤務先または自宅に、申込みの確認の電話連絡があります。

STEP3 契約

正式契約書が自宅へ届くので、必要事項を入力し必要書類と同封して返送します。

※親和銀行の口座をお持ちの方は、契約書類等の提出は不要です。

STEP4 カード発行

電話で契約内容の確認後に、カードが届きます。

土日審査 -
来店 不要
WEB完結 契約まで
※親和銀行に口座がある場合に限ります。
融資スピード -
審査時間 -
即日借入の条件 -

金利

借入限度額別の年率
借入限度額 金利(実質年率)
10万円〜100万円 14.500%
100万円超〜200万円 12.000%
200万円超〜300万円 10.000%
300万円超〜400万円 8.000%
400万円超〜500万円 7.000%
500万円超〜600万円 6.000%
600万円超〜700万円 5.000%
700万円超〜800万円 4.000%
800万円超〜1,000万円 3.000%
  • 掲載情報は2016年1月5日の情報です。
金利体系 固定金利
金利優遇とその条件 -
契約期間 12ヶ月
1年(自動更新)
お金の借り方 ATM(自社)、ATM(提携金融機関)、コンビニエンスストアに設置のATM等
無利息期間 -
借入無利息期間の条件 -

返済

返済方式 -
返済金額
返済方法は「口座引落型」と「直接入金型」の2つあり、それぞれ約定返済額が異なります。くわしくは親和銀行のHPをご確認ください。
利息の計算方法 付利単位100円とし、毎月の返済日(銀行休業日の場合は翌営業日)に親和銀行所定の利率、方法により計算のうえ貸越元金に組み入れます。
お金の返し方 ATM(提携金融機関)、口座振込、コンビニエンスストアに設置のATM等
返済日 【口座引落型】1日〜26日(銀行休業日の場合は、翌営業日)の任意の日。但し、Web完結申込の返済日は、14日のみ。【直接入金型】毎月14日(銀行休業日の場合は翌営業日)
繰上返済 -
備考 -

手数料・その他付帯サービス

手数料・年会費等 不要
クレジットカード機能 -
その他の付帯機能・サービス -
会員特典等 -
WEB明細書 -

店舗

店舗所在地 長崎県、福岡県、佐賀県、東京都
無人契約機設置場所 -

提携金融機関・利用ATM

提携金融機関 ・福岡銀行
・熊本銀行
・ゆうちょ銀行
・セブン銀行
借入できるコンビニエンスストア ・セブンイレブン(セブン銀行)
・ファミリーマート、デイリーヤマザキ、ポプラ、ミニストップ(E-net)
・ローソン(ローソンATM)
返済できるコンビニエンスストア ・セブンイレブン(セブン銀行)
・ファミリーマート、デイリーヤマザキ、ポプラ、ミニストップ(E-net)
・ローソン(ローソンATM)

遅延損害金・注意事項

遅延損害金 -
その他注意事項 -

企業情報

社名 株式会社親和銀行
社名(英文名) THESHINWABANK,LTD.
本社所在地 長崎県佐世保市島瀬町10番12号
電話番号 0120-34-3456
URL http://www.shinwabank.co.jp/
設立 1939年
資本金 36,800,000千円
主要株主 -
事業内容 銀行業
登録番号 福岡財務支局長(登金)第3号
加盟団体 日本証券業協会
個人信用情報機関 -
お問い合わせ先 ダイレクトコンサルティングプラザ
0120-34-3456
親和銀行カードローン
親和銀行カードローン
金利(実質年利)
3.000%〜14.500%
お申し込みできない商品です

親和銀行カードローンの基礎知識

親和銀行は長崎県に拠点を置いている地方銀行です。
親和銀行は他の多くの銀行と同じようにカードローンサービスを提供しています。

親和銀行のカードローンの特徴は融資限度額の上限が高額であることです。
融資限度額は最大1,000万円となっていて、これは大手の銀行のカードローンの融資限度額の上限と比較しても高額です。

また、利用することができる条件が緩く、配偶者に安定収入のある専業主婦の方でも利用することができるカードローンとなっています。

親和銀行のカードローンを利用したいのであれば、いかに紹介する条件を満たしている必要があります。

・勤務先や住んでいる住所が九州や山口であること
・親和銀行の普通預金口座を持っていること

残念ながらこちらの条件をどちらも満たしていない場合には親和銀行のカードローンを利用することは不可能です。
なかなか狭い条件ですから、満たしていないと言う人は多いのではないでしょうか。

九州地方にお住まいであるならチャンスと言えるでしょう

オススメしたいのはこんな人

親和銀行をお勧めしたい方は次のような方々です。

・気軽に借り入れや返済を行いたいと考えている方
・銀行口座を1つも持っていないと言う方
・年収の3分の1以上のお金を融資してもらいたいと考えている方
・わざわざ銀行の窓口に出向きたくないと考えている方
・所得証明書の提出をしたくないと考えている方

このような考えを持っている方にとって親和銀行のカードローンはオススメといえます。
ただし専業主婦が利用することはできませんから注意しましょう。

ここまでに親和銀行の長所や短所について紹介してきました。
ではこれらを踏まえた上で、新生銀行カードローンはどのような人に向いていると言えるのでしょうか。

中にはなんとなくやネームバリューでカードローンを選んでしまう人もいますが、よりお得に利用するためには、自分が何を求めているのかをはっきりとし、その目的に合ったカードローンを利用するのが一番です。
そこでここからは、長所や短所を踏まえて親和銀行カードローンはどんな人に向いているのかを紹介します。

契約までを来店不要で完結させたい方

まずは銀行への来店不要でカードローンの契約まで完了させたいという人です。
ここまでにも紹介してきたように、親和銀行のカードローンでは親和銀行の窓口に来店することなく申し込みから契約までをすべて完了させることができます。

そのため平日は仕事などで銀行に行く時間を作るのが難しいという人でも気軽に利用することができます。 
特に親和銀行の口座を持っている人ならば、契約完了から2営業日で融資を受けることができます。

返済方法をご自身の都合に合わせて選択したい方

続いては、自分の都合に合わせて返済方法を決めたいという人です。 
親和銀行カードローンでは口座引き落としと直接振り込みの2種類の方法で返済をすることができ、好きな方を選ぶことができます。

特に直接振り込みならば親和銀行の口座が無くても利用できるので、口座を持っていないという人でも気軽に利用できます。 
どちらでも返済額などに違いはないため、自分に合った方法を選ぶことで、返済の際の手間や負担を減らしていくことができます。

親和銀行のカードローンは他の金融機関の融資と比べてその適用金利はお得と言っても良いのでしょうか。
やはりお金を借りたいと考えている人は借りた金額に対してどれだけの金利が必要になるのかと言う事は非常に気になるポイントだと思います。 
なお親和銀行カードローンの適用金利は、利用限度額100万円ごとに設定されています。

一般的な金融機関と同様に利用限度額が上がれば上がるほど適用金利は安く設定されております。 
それではここから詳しい金利を見ていきます。

利用限度額ごとの金利を確認しよう

親和銀行のカードローンの金利が限度額毎にどれぐらいに設定しているのか以下に示します。

・10万円から100万円:14.5%
・100万円から200万円:12.0% 
・200万円から300万円:10.0% 
・300万円から400万円:8.0% 
・400万円から500万円:7.0%
・500万円から600万円:6.0% 
・600万円から700万円:5.0%

このようにここから限度額が100万円上がる毎におよそ1%ずつ金利が下がっていきます。

他社と金利の比較をしてみよう

親和銀行の利用限度ごとの金利がどんどん安くなると言う事はよくわかりましたね。 
それではここからは他の金融機関における金利と親和銀行の金利がどれほど差があるのか、その点についてみていきましょう 
親和銀行カードローンでは実質年利金利は3.0%から14.5%となっています。

一方大手消費者金融系のアイフルや、三菱UFJフィナンシャル・グループアコム、SMBCコンシューマーファイナンスプロミスでは、およそ上限金利は18%ほどとなっています。

親和銀行のカードローンがどれほど金利が安かったとしても、借り入れや返済のしやすさがいまいちだった場合ではあまり使い勝手が良いカードローンと言う事はできないでしょう。 
やはり簡単に借りることができて確実に返済ができると言う条件を満たしたカードローンが、こちらにとってもきちんとニーズを満たした利用価値のある金融機関と言えるでしょう

そこで親和銀行カードローンの借り入れのしやすさや返済方法についてみていきたいと思います。

①借入のしやすさ

親和銀行の借り入れの方法は、親和銀行、福岡銀行、熊本銀行、ゆうちょ銀行ATM、コンビニのATMで行うことができます。 
これらの中には24時間対応しているATM少なからず存在しますから、お金が借りたいと思った時にいつでも借りることができそうです。

ただし口座振込の用紙や当日振り込み可能時間に関しては、当日の振り込みは不可能とされていて、今すぐにお金が借りたいと言う方にとってはあまり便利なサービスと言う事はできないかもしれません。

②返済方法、返済額、返済日

返済方法や返済額、そして返済日についての情報を紹介していきたいと思います。 
親和銀行の返済方法は、自動引き落としもしくはATMの振り込みによって行われます。

返済日は自分で変更することができ、自動引き落としであれば毎月1日から26日までの好きな日を選択することができます。 
ATMで振り込む場合には、毎月14日までを期限として確実に振り込む方法があります。

返済残高が2000円未満の場合には最低返済額は全額、10万円以下であれば2000円、20万円以下なら4000円と、借り入れている金額によって最低返済額は変化していきます。

親和銀行カードローンの利用ができるATMには、以下の金融機関があります。 
福岡銀行、熊本銀行、西日本シティ銀行、佐賀銀行、大分銀行、十八銀行、肥後銀行、宮崎銀行、鹿児島銀行、セブン銀行、イーネット、ローソンATMなどです。

なお返済ができるのは親和銀行のATM、福岡銀行のATM、熊本銀行のATM、コンビニのATM、そしてゆうちょ銀行のATMだけです。 
提携しているATMを利用する際には100円から200円の手数料が発生しますから、注意しましょう。

親和銀行のカードローンは比較的審査が通りやすいと言う噂もあるようですが、実際のところはどうなのでしょうか。 
結論から言ってしまうと親和銀行カードローンの審査基準は他の銀行系カードローンの中では平均的と言えるでしょう。

と言うことで消費者金融系の審査と比較すると銀行系カードローンである以上、ある程度の厳しさは求められると思われます。 
なぜ銀行系カードローンでは審査が厳しくなるのか、それはリスクを負うのは保証会社であると言うのが大きな理由です。

保証会社が審査をする

実際に親和銀行の融資の審査をするのは、銀行本体ではなく保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンスと言う会社が行っています。 
このSM BCコンシューマーファイナンスは親和銀行カードローンを利用している人の返済が遅延してしまった場合、親和銀行に対して融資した金額を保証する義務があります。

SM BCコンシューマーファイナンスと言えば大手金融会社のプロミスを運用している会社として有名ですが、どうしてもプロミスの審査よりも厳しくなります。

親和銀行のカードローンがどれほど金利が安くて私たちにとって利便性が高かったとしても、実際に利用しようと思った際の審査がなかなか通らなければそれは全く無意味です。 
親和銀行カードローンではどのような基準で審査を行っているのかその情報が明らかになる事はありませんが、その商品のスペックからある程度審査の取りやすさを想像する事はできそうです。

親和銀行カードローンのスペックから考えた審査の通りやすさをみてみると、一般的な地方銀行のカードローンと比べて同等と言えそうです。

それでは親和銀行カードローンの審査に無事に通過するための覚えておきたい3つの事について紹介していきたいと思います。 
まず最も大切な事は安定した収入があることです。

次に重視されるポイントは他の金融機関からの借り入れがない事です 
そして最後に覚えておきたいポイントは、希望の借り入れ金額をできるだけ少なく申請しておくことです。

これらのコツをしっかりと覚えていれば、親和銀行カードローンの審査はそれほど恐れる事は無いかもしれません。

①収入が安定している

一般的に金融機関で融資を受ける際に最も重視される点は収入です。 
一言で収入といっても多いか少ないかと言うことではなく、安定した収入を受けていることが証明できるかどうかです。

安定した収入を今後もずっと受けることができるならば、返済も滞りなくやってくれるであろうと期待されるのです。
そのため勤続年数は一定の期間あった方が審査は非常に有利になります。

今後もこのまま勤め続ける可能性が高いと考えてもらえるからです。

②他社からの借入がない

他社からの借り入れがどうなっているかと言うことも借り入れの審査においては重点的に調査されるポイントです。 
やはりたくさんの会社からお金を借りていると言う事は「お金に困っている人」にみなされ、返済能力に?がついてしまうからです。

特に銀行系のカードローンであれば、他社からの借り入れがあると審査にとって相当不利に働く事は間違いありません。 
ですから他社からの借り入れが一件もないと言うのは審査にプラスに働くのです。

③借入希望金額を高めに設定しすぎていないか

親和銀行カードローンは、とりあえず申し込みたいと考えているのであればまずは50万円以下の申し込みをしておいた方が良いでしょう。 
と言うのもそれ以上の借り入れを希望した場合には、収入証明書の書類を提出してほしいと言われるからです。

50万円以下の融資であれば信用情報を下にした審査により審査を受けることができるため、もし収入が少なかったとしても無事に審査をクリアできる可能性がぐっと上がります。

収入に自信がない人は注意しておきましょう。

残念ながら親和銀行のカードローンの審査に落ちてしまったと言う形の中には、次に紹介する5つの原因のうちのどれかが当てはまる可能性が高いと思われます。 
その原因とは、

・収入が安定していない
・申し込む際に虚偽の内容を記載している 
・携帯電話の機器の分割代金の支払いを遅れたことがある人 
・複数のローン会社への申し込みをしたと言う履歴が残っている人 
・信用情報に何かしらの傷が付いている人

カードローンの審査を実施する場合には該当しているかどうかを事前に確認しましょう。

①安定した収入がない

ローンの審査において収入が安定しているかどうかというのは非常に重視してチェックされるポイントです。 
収入が安定していないと言う事は、これからも今の収入がずっと続く保証はないと判断されてしまうため、きちんとこの先返済を続けていくことができるかと言う点で不安が残ります。

具体的には勤続年数が1年未満の人、正社員ではなくパートやアルバイトで生計をしている人、はたまた自営業者等も該当してしまうのです。 
これらの人は信用情報がよほどクリアでないと審査は難しいでしょう。

②申し込みで虚偽の内容が発覚した

融資を申し込む際の書類に虚偽の申し込み内容を記載した場合、もしそれがばれてしまうと審査に通る事は絶対にあり得ません。 
もし仮に虚偽に記載した内容がバレずに無事にお金を借りることができたとしても、もしそれが何かのきっかけで発覚してしまった場合、最悪の状況になると今すぐ貸しているお金を全額返済してくださいと言う状況になりかねません。

審査を有利に進めるために虚偽の内容を書きたくなることがあるかもしれませんが、それは絶対にしてはいけないことです

③携帯の機器代金などの支払いを滞納している

最近の若い方の中には、スマートフォンの携帯機種端末の代金の支払いを分割の支払いにして月々の利用料金を抑えている方も少なくないはずです。 
たかが携帯電話の分割代金と軽く考えてしまいがちですが、これらの機器の分割契約は必ず信用情報に記録されている深刻な情報です。

ですから携帯機種の代金の支払いが滞納してしまった場合には、間違いなく信用情報に傷がつきます。 
1度や2度なら問題にならないかもしれませんがそれがあまりに悪質だった場合には、神さんにとって非常に不利に働くことでしょう。

④短い期間に複数申し込みをしている

短い間に複数の金融機関にローンの申し込みをしている場合も審査に対して非常に不利な条件に働きます。 
銀行が紹介する信用情報の中には、あなたがその短い期間の間にどれだけのローンを申し込みをしたのかと言う情報がバッチリと残ってしまいます。

たくさんの金融機関に同時に融資の申し込みをしたと言う事はお金に困っている人とみなされるわけですから、そのような人にお金を貸してくれる金融機関は非常に少ないでしょう 
これらの人は申し込みブラックと言う状況になっています。

⑤信用情報に傷がある場合

親和銀行のカードローンではCICとJICCとKSCと呼ばれる3つの信用情報機関への情報紹介を行っています。

この3つの照会機関において

・自己破産の記録がある 
・個人再生の記録がある 
・61日または3ヶ月を超える長期延滞がある 
・保証会社による代理返済が行われている 
・クレジットカードや携帯電話契約等の強制解約の履歴が残っている

このように信用情報に傷が残っていた場合、新しい融資の審査にはかなりマイナスの影響を与えます。

親和銀行カードローンの審査はここまででも紹介してきた通り、時間がかかってしまいます。

消費者金融系カードローンの場合は申し込んだその日に融資を受けることができますが、親和銀行カードローンの審査には少なくとも1日は必要となります。
もし親和銀行の普通預金口座を開設していない人がカードローンを申し込んだ場合には、融資を受けることができるようになるまで1か月程度かかってしまいます。

最短で融資を受けるためには親和銀行の普通預金口座を持っていることと、WEBから申し込みを行うことが必要です。

親和銀行カードローンの最短で融資を受ける流れ

親和銀行カードローンの融資を最短で受けるためには、まず普通預金口座を持っていない場合には普通預金口座を窓口で開設します。

口座を開設できたら、今度はインターネットからカードローンの申し込みを行います。 
するとカードローンの審査が行われるので、その結果を待ちます。

審査を無事に通過した場合、2営業日程度で親和銀行の普通預金口座に希望した融資金額が振込という形で入金されます。 
この流れが最短で融資を受け取る流れです。

申し込みで必要な情報や項目について

親和銀行のカードローンを申し込む際には申込者に関するいくつかの情報を申告しなければなりません。

WEBでの申し込みの場合には入力フォームに必要事項を入力する形になるためそれ程難しいことではありません。 
その入力が必要になることがらは以下のようなものです。

・申込者自身の情報:名前(フリガナ)、生年月日、現住所、電話番号、携帯番号など 
・勤務先の情報:勤務先名、所属部課、役職、勤務先住所、勤務先電話番号、年収、職種、業種、資本金、従業員数、入社年月(開業年月)、仕事内容など 
・他社借入情報:親和銀行以外の他社の借入の件数と金額

それではここからは親和銀行カードローンに置いて融資の増額を申し込むための流れについて紹介していきたいと思います。 
金融機関の中にはインターネットにある会員専用ページから増額の申請を受け付けている会社も少なくありませんが、残念ながら親和銀行ではこのようなサービスに対応しておりません。

そのため増額申し込みは直接親和銀行カードローンプラザと言うコールセンターに電話をする必要があるのです。 
土曜日曜祝日等を除き朝9時から夜8時まで受け付けています。

銀行側からの増額案内は来ない

多くの金融機関では、これまでカードローンを利用してきちんと返済をし続けてきたお客さんに対して、「ローンの増額をしてみませんか?」と言う案内が来ることが珍しくありません。 
しかし残念ながら親和銀行では、銀行から増額案内を行うと言う事はありません。

待っていてもオファーはないのです。 
もしあなたが増額してほしいと考えているのであれば、こちらからアクションを起こす必要があります。

銀行の窓口やコールセンターに電話をし増額の申請をしましょう。

増額にはある程度の時間がかかる

親和銀行カードローンでは新規契約の際であっても審査がスピーディーと言う事はなくそれなりの時間がかかってしまいます。 
そして残念なことに増額の審査は新規申し込みの時よりもさらに時間がかかると言われています。 
増額申請の場合新規でお金を借りたいと言う人よりも急ぎではない人が多いこと、また新規の契約のお客様よりもリスクが発生する可能性が高いため慎重に審査を行っているというのが審査が伸びてしまう理由です。

1週間以上は必要です。

親和銀行カードローンの増額審査は非常に厳しいと言われています。
もちろん増額を申し込んだからといって全ての方が増額融資が認められると言うわけではありません。 
それではここからは増額の審査を行うに関して、限度額を増やしてもらうためにはどうしたら良いのかそのポイントについて詳しく紹介していきたいと思います。

なお親和銀行カードローンでは、増額を含めた審査の基準は公開されていないため、想像してみるしかありません。 
あくまで参考程度に捉えてください

審査は新規契約よりも厳しくなる

先ほども簡単に述べましたが親和銀行のカードローンでは新規契約よりも増額の審査の方がより厳しくなる事は分かっています。 
と言うのも増額と言うのは新規契約よりもさらに多くのお金を借りることとイコールだからです。

たくさんお金が貸して欲しいと言う人はその分お金が不足していると言う人ですから、審査する方としても本当にお金を貸しても大丈夫なのかどうかしっかり審査しないといけない事は理解ができるでしょう。 
信用が増加していない限り難しいかもしれません

利用実績が6ヶ月以上必要

親和銀行カードローンの増額を申請する場合にはまず新規登録して融資を受けてから6ヶ月以上の利用実績があることが必要になります。 
申し込んですぐに増額の申請をしてもあなたが本当にこれからもお金をきちんと返し続けてくれるのかどうかと言う事はなかなか判断することが難しいものであり、やはり利用実績がしっかりしている人が優先的に審査を通やすくなると考えて間違いないでしょう。

およその目安として六花月以上の利用は最低でも必要になるでしょう。

返済の実績も重要となる

親和銀行カードローンで増額の審査を受ける場合には年収や属性だけではなく、既に契約を行っているカードローンのこれまでの返済実績も大変重視されるポイントです。 
実際にどれだけのお金を借り入れしていて、その後決められた返済を契約に違反することなくコンスタントにできているのかと言う取引内容をしっかりとチェックされるわけです。

お金を借りた実績はあっても、その後の返済がコンスタントに行われていないなど取引の内容に問題があると同額を認められる可能性は非常に低くなるといえます。

個人の信用情報が重要となる

増額を認めてもらう場合には個人信用情報が重要になってくる事は言うまでもありません。 
個人の信用情報を確認した結果、新規借り入れの時と比べて他社からの借り入れ額が増加していた場合だったり、他の金融機関への返済が遅れている場合には信用がなくなりますから増額はほぼ認められる事はないでしょう。

金融機関において返済の遅延や債務整理等の履歴を金融事故と呼んでいて、これはその人の信用を大きく減少させるファクターです。

増額が認められやすいのはどんな時期

カードローンの増額の審査において、増額が認められやすい時期というのも存在するようです。 
カードローンの借り入れ限度額を決定するための重要なファクターとして、年収と他社からの借り入れ金額を挙げることができますが、もし新規借り入れを行った時よりもあなたの年収が増えていた場合には増額は認められやすくなるでしょう。

また新規契約時よりも他社からの借り入れが少なくなっていた場合、これも審査にプラスに働く事は間違いありません。

融資金額の限度額の増額を行った場合には、たくさんのお金が借りられると言うメリットがありますが、利点はそれだけでは無いのです。 
ではここからは、融資金額の上限額の増額を行った際に私たちにとってどんなメリットがあるのかと言う事について詳しく紹介していきたいと思います。 
そのメリットとは大きく紹介すると

・適応金利が下がること 
・多重債務になる可能性が低くなることです。

明日これは一体どういうことなのか、次の解説をご覧ください。

適用される金利が低下する可能性がある

融資金額の上限額を上げると、適用金利の低下を期待することができます。 
親和銀行カードローンでは借入限度額が大きくなればなるほど実際に借り入れする際の適用金利額が低下する傾向があります。

例えば10万円から100万円の場合には適応金利の上限は14.5%ですが、800万円以上1000万円の場合には3.0%にまで低下します。 
金利は大きくなればなるほど最終的に私たちの返済額の負担になりますから、これほど上限金利が下がると言うのは非常に魅力的なことと言って間違いないでしょう。

他社から借入する必要がないので、多重債務にならない

カードローンをたくさんの会社から借りている人のことを多重債務者といいます。 
多重債務者は非常に信用情報にとって不利なものであり、金融事故が記録している人と同じ位審査に関して不利に働くことがあります。

というのもたくさんのところからお金を借りていると言う人は本当にお金に困っていると言う印象があり、借金の返済ができなくなってしまうリスクを抱えていると考えられるためです。 
増額をすると新しい会社でカードローンを組む必要はなくなりますから、借入先を減らすことが可能になります。

結果として多重債務を避けることができるのです。

困ったときに頼ることができると言う安心感に繋がる

もし借り入れできる限度額が大きくなればなるほど、困ったときに頼ることができると言う安心感が出ます。 
今の世の中何時何時まとまったお金が必要になるか分かりませんから、いざと言う時に頼れる場所があるというのは本当に心強いでしょう。

増額申請であれば新しく契約を結ぶ必要もありませんし借り入れ用のカードを新規に作る必要もありません。 
これまでお世話になった金融機関で引き続きお世話になることができるわけですから、非常な安心感があります。

しかし融資金額の上限額を増額することに関しては、メリットだけではなくデメリットも存在します。 
もちろん金利を下げることができたり多重債務を防ぐことができる、そして困ったときの安心感につながると言うのは非常に心強いものですが、増額を申し込むの時点においてもそれなりのリスクをはらんでいるのです。

ここからは増額のデメリットについても詳しく説明していきたいと思います。 
知っておいても絶対に損は無いはずですから把握しておきましょう。

減額や利用停止となってしまうリスクあり

カードローンの増額申し込みを行った場合には、必ず新しく審査が入ります。

もし新しく審査が入った際に、年収が減っていたり勤続年数が減っていたりした場合、増額が認められないと言うだけではなく利用額の減額もしくはひどい場合には利用停止と言う処分を受けることもあるのです。 
このように増額の審査は諸刃の剣であり、もし新規契約後に何かトラブルがあった場合はそれが発覚することにつながります。

必要がないのであればあれば増額申請は行わない方がいいかもしれません。

たくさん借り入れる分、返済額が増える

言うまでもなく当たり前のことですが、たくさんお金を借りると言う事はそれだけ毎月の返済額が増えるということです。 
カードローンでは借り入れている金額に応じて毎月最低限返済しなければいけない金額は定められています。

たくさん借りた場合は返済期間を伸ばすだけではなく、返済額もアップさせる必要があるのです。 
増額後には返済額がいくらになるのかしっかりと把握した上で、無理なく返済できる金額を想定して利用することが大切です。

さてここからは総額の審査にどのようにしたら取りやすくなるのかといったちょっとしたことについて説明していきたいと思います。
何より重視されるのは、これまで親和銀行のカードローンを利用した上で、きちんと信用実績を重ねてきたのか?ということです。

また新規申し込みの時よりも年収や勤務年数などの属性がアップしているか?というてんも重視されます。 
簡単に言えば、新規契約時よりも高い信頼を獲得していれば、増額審査は遠りやすくなるでしょう。

年収が新規の時よりも増えている場合

カードローンは年収の3分の1以内までしか融資を行わないと言うことが総量規制によって決められていますが、これは銀行系カードローンでも同様の流れになっています。 
と言う事はすなわち、あなたの年収が新規契約した時よりも増えていれば、その分だけお金を借りれる量が増えていると言うことです。

年収が増えていると言う事は借りる金額が増えたということで、審査に有利に働くことは間違いありません。 
年収が増えたのであれば増額申請にチャレンジできます。

ボーナスが増えたタイミングで申込をする

もし年収が下がってしまったという方でも、ボーナスが増えたタイミングで増額の申請を行うのは非常に良いことです。 
基本給が下がってしまったとしても、ボーナスを合算した情報を提示すれば、年収が下がったとみなされずに良い結果になることも少なくありません。

また年収が減ってしまったとしても、契約社員から正社員になったというポジティブな変化があれば、増額審査には有利に働くこともあります。 
そうしたタイミングを見計らって審査をしてみましょう。

転職をせずに働き続けている

銀行系のカードローンにおいて、1つの職場でずっと働き続けていると言うのは審査にとって非常に優位に働きます。 
言うのもずっと同じ職場で安定して働いていると言う事は、収入も安定し続けると言うことであり返済が滞るリスクは少ないとみなしてもらうことができるからです。

新規契約をした時と同じ職場にずっと働き続けて転職をしていない人は、増額の審査においても有利に働く事は間違いありません。 
銀行は何よりも安定した給料をチェックするからです。

同じ職場での勤続年数が伸びている

同じ職場にずっと働き続けていると言う事は勤続年数が伸び続けていると言うことと同じ意味です。 
勤続年数が長くなればなるほど今後離職率も低くなるというデータがあるため、「これからも安定した収入を得ることが期待できる」とみなされ、銀行からは安心して融資を引き出すことができるでしょう。

新規契約時と同じ職場で働いていて勤続年数が伸びているというのは、非常に有利なポイントであり、増額の申請も上手くいく可能性が大きいでしょう。

雇用形態が以前よりも良化している

もし親和銀行カードローンに新規契約した場合にアルバイトやパートだったと言う方は、その後正社員に昇格したと言うことがあれば増額の審査にとって有利に働く事は間違いありません。
言うのもアルバイトやパートよりも正社員の方が安定した収入をずっと続けることができるから、と判断してもらうことができるからです。

またパートやアルバイトよりも正社員の方が離職率も低いため、これからも安定した収入を得ることができそうだ、という判断にもつながります。

自宅の居住年数が伸びている場合

審査の時にチェックされるのは勤続年数や年収、雇用形態だけではありません。 
同じところにずっと住み続けているかどうかと言う点もしっかりとチェックされるポイントです。

居住年数が長ければ長いほど返済に困ったときに逃げてしまうリスクが低いと考えられているからです。 
ただし賃貸物件から分譲物件に引っ越した場合ではその限りではありません。

持ち家の場合は賃貸物件よりもさらに逃げにくくなるため、安心して督促できると考えられるからです。

家族構成が減少していない

さらに増額審査においてチェックされるポイントが他にもあります。 
それは一緒に生活している家族構成が減っていないかどうかと言うポイントです。 
もし家族と一緒に住んでいるのであれば、借金の返済を延滞した場合それを家族にバレたくないと思うのが普通ですから、きちんと毎月コンスタントに返してもらえる可能性がグッと上がることでしょう。

またいざというときに家族の援助も期待できますから、銀行にとって安心してお金を貸すことができるのです。

きちんと会員情報変更届を提出しているか

もしお金を借りている場合には住所や勤務先、電話番号が変更になった場合にはその事実を親和銀行にすぐに報告する義務があります。 
この情報を会員情報と言います。

正しく最新の情報を把握していないと、銀行もその後の督促や情報を送ることができないからです。 
中には会員情報変更届をきちんと出さず、いい加減に過ごしている人も少なくありません。

もしあなたが会員情報の変更届を随時きちんと出しているのであれば、それは銀行にとって信頼できるお客さんと言うことになり増額の融資も受けやすくなるでしょう。

親和銀行のカードローンを利用しようと思っている場合に、その事実が職場や家族にバレないかどうかというのは非常に気にしている方も少なくないでしょう。 
カードローンを利用した場合誰かにばれてしまうリスクはあるのでしょうか。

もちろん可能性はゼロとは言えませんが、その事実がもしばれてしまうのは銀行からではありません。 
銀行では個人情報の管理を非常に徹底していて、最新の注意を払っています。

もしバレてしまうのであれば、それは利用者の不注意が圧倒的に多いのです。

カードと郵便物はしっかりと管理しておこう!

もしあなたがカードローンを利用していることが絶対にばれたくないのであれば、ローンカードや郵便物の管理は徹底して行いましょう。 
他人に利用がバレるほとんどのケースは、カードを誰かにみられてしまったり、利用明細や郵便物の管理がいまいちだったということだからです。

もし通帳を誰かに見られてしまうリスクがあるのであれば、返済方法は直接入金型をセレクトしましょう。 
口座引き落とし型を選択すると通帳に履歴が残ってしまいますから、ばれてしまうかもしれません。

親和銀行のカードローンではお金がすぐ借りたいと思ったときにすぐに借りることができるのでしょうか。 
残念ながら親和銀行カードローンでは即日の融資には対応していません。

一番早く融資を受けることができるのはウェブで完結する申し込みつまりインターネット経由の申し込み方法でありますが、この方法を選んだとしても口座に振り込んでもらうまでの時間は2日ほど必要になります。 
審査には時間がかかることもあるため、1週間以上は見ておいた方が無難でしょう。

最短での借入日数はどれくらい?方法は?

親和銀行カードローンを最短で利用するために必要なものやその条件について説明していきたいと思います。 
まず最短借り入れ日数はどんなに頑張っても2営業日ほどかかります。

最短で借り入れをしたいのであれば、親和銀行の口座を持っておくことが必要です。 
また50万円以内であれば収入証明は不要ですから、できれば50万円以下に抑えましょう。

自動契約機はありません。 
銀行口座への振り込みによって融資は行われますが、親和銀行のATMだけでなく、福岡銀行や熊本銀行、ゆうちょ銀行でも引き出すことが可能です。

早く借りられるのはどこ?

さて親和銀行カードローンではすぐにお金が借りられないということがわかりました。 
それではどうしてもすぐにお金が必要だと言う人はどの消費者金融を利用したら良いのでしょうか。 
参考までにその情報を掲載しておきたいと思います。

例えばアイフルや三菱UFJフィナンシャル・グループのアコム、SM BCコンシューマーファイナンスグループのプロミス、レイクALSAであれば即日融資に対応しています。 
押しても困った時はこちらを利用することをお勧めします

親和銀行カードローンは申し込みを始めてから利用するまでインターネットがATMを利用することでほとんどの処理を行うことが可能です。 
トラブルはほとんどありませんがもし何かしらトラブルが発生した場合直接問い合わせを行ういたいと思うこともあるかもしれません。

ここでここからは何かトラブルが起こった時や疑問点があるときにどこに問い合わせを行ったらいいのかその連絡先について説明していきたいと思います。 
連絡先はシチュエーションによって少し変わります。

申し込み時

今銀行カードローンを申し込みたいと思ったときには

・20歳以上69歳以下であること 
・決まった収入があること 
・保証会社の保証を受けることができること
・住んでいるところや勤務地が九州もしくは山口であることまたは親和銀行の普通預金口座を持っていること

このような条件を満たす必要があります。 
私あなたがこのような条件を満たしているのであれば、ウェブページからの申し込みと電話からの申し込みを行うことができるようになっています。 
電話での申し込みは親和銀行カードローンプラザです。

利用中に相談をしたくなった場合

私あなたが親和銀行のカードローンを今現在利用していて、その時に何か相談したいことが起こったと言うのであればここから説明する連絡先に相談することをお勧めします。 
ダイレクトコンサルティングプラザ店電話番号0120-34-3456です。

営業時間は銀行が営業している日の平日9時から夜の8時までとなっています。 
残高紹介に関してはテレホンバンキング0120-059-777の自動応答サービスでも良いでしょう。

ただしテレホンバンキングの利用には事前の登録が必要です。

ローンカードを紛失したり盗難された場合

もしあなたが親和銀行のカードローンを利用していて、ローンカードを紛失してしまったり万が一誰かに盗まれてしまった場合にはどうしたらよいのでしょうか。 
その場合にはただちに銀行の窓口に連絡する必要があります。

銀行の支店の電話番号については店舗ATM検索ページから目的の視点を探すと電話番号をすぐに見つけることができます。 
万が一窓口が閉まっている場合には、紛失届受付センター0120-66-5404に電話をしましょう。

ローンの返済に関する相談をしたい場合

もしあなたが心は銀行カードローンを借りていてローンの返済に関しての相談を受けて欲しいと思っている場合にはダイレクトコンサルティングプラザに連絡をして相談すると良いでしょう。 
またローン返済相談ダイヤル0120-22-3115に電話をかけてみるのも良いと思います。営業日は銀行の営業日である平日9時から5時までとなっています。

困ったときには1人で悩まずにすぐに相談すると良いでしょう。 
何か良い解決策を紹介してもらうことができるかもしれません。

もし親和銀行カードローンを申し込んで利用している場合時々親和銀行から電話がかかってくる場合もあることでしょう。 
突然銀行から電話がかかってくるといったい何があったんだろうと心配になるかもしれませんが、心配する必要は一切ありません。

ここからは親和銀行カードローンを申し込んでいるときに銀行からどんな場合に電話がかかってくるのかということについて説明していきたいと思います。 
しっかりと理由がわかっていれば落ち着いて対応することができそうです

審査の段階で在籍確認を行う場合

親和銀行カードローンの申し込みを行った後、審査に入ったときには申し込みするときに記載した勤務先に在籍確認の電話がかかってきます。 
これは申し込みしたときの申請内容がきちんと正しく記載されているか、そして収入がきちんとあることを確認するためのものですから、おそらく避ける事はできないでしょう。

ここで在籍確認が取れない場合には、最悪ここで審査がストップしてしまうことがあります。 
スムーズに審査をパスするためにも、確実にクリアしておきたいですね。

審査の結果を連絡する場合

審査が行われた後、審査に合格したかどうかその結果について電話連絡にて結果が通知されます。 
この電話に出て話をすることでその後の審査や手続きが行われることになりますから、確実にキャッチアップしたいものです。

この電話を落としてしまったばあい、これからの手続きに時間がかかってしまったり、最悪の場合にはそこで止まってしまう可能性もあります。 
ですから審査結果の電話もきちんと出ることができるように準備を進めておくと良いでしょう。

返済が遅れている場合の催促

カードローンを利用していた時、返済が遅れてしまうと電話連絡により確認が行われることになります。 
この電話に確実に出て、返済が遅れていることに気がつけば、傷を大きくすることなく対応することが可能です。

しかしその逆に電話を無視し続けていると、職場だったり自宅に催促の電話がかかってくるようになります。 
こうなると職場や家族にあなたが借金をしていることを隠しておくのは難しくなってしまいますよね。

ですから必ず電話には出るようにしましょう。

    カードローン人気ランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.