ソニー銀行のカードローン(金利、審査基準、限度額)

ソニー銀行のカードローン

ソニー銀行のカードローン

ご返済は月々2,000円から。カードの受取り前に借入れすることも可能

申込みは24時間可能、スマホ・PCで契約まで完結します。お急ぎの方はカードの受取り前に借入れ可能。借り入れ・返済は提携コンビニATMでできます。

金利(実質年率) 2.500%〜13.800% 審査時間 -
借入限度額 最高800万円 融資スピード -
無利息期間 - WEB完結 -
人気ランキングから他のカードローンを探す

特徴

スマホやPCで申し込みが完結

申込みは24時間受付。PC・スマホがあれば、必要書類の送付までできて、契約まで完結できます。申込みはソニー銀行の口座がなくても可能です。

カード受け取り前に借入できる「初回振込サービス」

カードローンを申し込んだ時点で、ソニー銀行口座を持っていない方は、カードの受取り前に本人名義の指定口座に借入れ金を振込むことが可能です。

月々の返済額は2,000円から

10万円〜800万円から借入れ限度額が設定されます。返済日が選べて月々の返済額は2,000円からです。借入れ・返済はコンビニの提携ATMで可能です。

口コミ・レビュー・評判

レビューを投稿する

レビュー募集中!

最初のレビューを投稿しませんか?

レビューを投稿する
ソニー銀行のカードローン
ソニー銀行のカードローン
金利(実質年利)
2.500%〜13.800%
お申し込みできない商品です

審査基準

契約時年齢 満20歳〜満64歳
申込資格 ・ソニー銀行に円普通預金口座をお持ちの方(同時申込可)
・申し込み時の年齢が満20歳以上満65歳未満の方
※詳しくはソニー銀行のサービスサイトをご確認ください。
資金使途 原則自由(事業資金には利用できません)
必要書類 1.本人確認資料(有効期限内のもの)
・運転免許証
・各種健康保険証
※外国籍の方は上記に加え、在留カード、または特別永住者証明書が必要です。
2.年収確認書類
50万円を超える利用限度額を希望の方は、いずれか1点(直近のもの)が必要です。
・源泉徴収票
・住民税課税決定通知書
・課税証明書
・確定申告書
・納税証明書(その1・その2)
3.振込先口座の確認資料
初回振込サービス利用を選択の方は、振込指定口座の普通預金通帳、またはキャッシュカード券面が必要です。
担保 不要
保証人 不要
保証料 不要
対象地域 全国
備考 -

申し込み

申込方法 インターネット(パソコン、スマートフォン)から24時間お申し込みいただけます。
申し込みから借入(融資)までの流れ
STEP1 申し込み

ソニー銀行の口座をお持ちの方は、インターネットからサービスサイトへログイン後、「仮審査申込」へ進み、必要事項を入力します。

※ソニー銀行の口座をお持ちでない方は、「カードローン申込み」画面へ進み、必要事項を入力します。

STEP2 仮審査結果

メールにて仮審査結果の連絡があります。メールに記載されたURLから本審査手続きを進めます。

※審査状況等により、審査の回答が翌営業日以降になる場合があります。

STEP3 必要書類の提出

利用限度額が50万円超の方のみ(原則)、年収証明書をFAXまたは郵送で提出します。

※必要書類はソニー銀行のHPでお確かめください。

STEP4 本審査回答

ソニー銀行に書類が到着後、登録したメールアドレス宛てに本審査の連絡があります。

※審査状況等により、審査の回答が翌営業日以降になる場合があります。

STEP5 契約手続き完了

契約手続き完了後、パソコン・スマホのサービスサイトから借入ができます。 簡易書留でカードローン専用カードが届きます。

※ソニー銀行の口座をお持ちでない方は、本人名義の指定口座への「初回振込サービス」が利用できます。

土日審査 -
来店 不要
WEB完結 -
融資スピード -
審査時間 -
即日借入の条件 -

金利

借入限度額別の年率
借入限度額 金利(実質年率)
10万円以上〜100万円以下 9.800〜13.800%
100万円超〜200万円以下 8.000〜9.000%
200万円超〜300万円以下 6.000%
300万円超〜500万円以下 4.000〜5.000%
500万円超〜800万円以下 2.500〜3.500%
  • 掲載情報は2015年7月13日の情報です。
金利体系 変動金利
※原則として、毎月1日に市場金利の動向に応じて決定し、サービスサイトに表示する金利を適用します。
適用金利の変更は、当該金利変更日当日からの適用となります。
金利優遇とその条件 -
契約期間 12ヶ月
1年ごとの自動更新
満70歳を超えての更新はできません。
お金の借り方 口座振込、ATM(提携金融機関)、ネットキャッシング、コンビニエンスストアに設置のATM等
無利息期間 -
借入無利息期間の条件 -

返済

返済方式 残高スライドリボルビング方式
返済金額
融資残高に応じて返済額が確定します。
借入残高 返済額
10万円以下 2,000円
10万円超20万円以下 4,000円
20万円超40万円以下 6,000円
40万円超60万円以下 8,000円
60万円超80万円以下 10,000円
80万円超100万円以下 12,000円
100万円超150万円以下 15,000円
150万円超200万円以下 20,000円
200万円超300万円以下 30,000円
300万円超400万円以下 35,000円
400万円超500万円以下 40,000円
500万円超600万円以下 50,000円
600万円超700万円以下 60,000円
700万円超 70,000円
  • 掲載情報は2015年12月25日の情報です。
  • 月々の返済額は、前月のローン返済日の利用残高で決定します。利用状況により利息金額が月々の返済額を超過する場合、超過する金額については、利用残高に加算となります。この場合、利用残高が利用限度額を超過することがあります。
利息の計算方法 付利単位を1円とし、1年を365日とする日割計算。
お金の返し方 ATM(提携金融機関)、口座自動引落、コンビニエンスストアに設置のATM等
返済日 月々の返済は2、7、12、17、22、27の6つの日のいずれかから選ぶことができます。
繰上返済 無料
毎月の返済のほかに、随時に任意の金額を返済することが可能です。
詳しくはソニー銀行サービスサイトをご確認ください。
備考 ※約定返済日が土、日、祝日、その他法令で定められた銀行の休日にあたる場合は、ソニー銀行の翌営業日が返済日となります。

手数料・その他付帯サービス

手数料・年会費等 無料
クレジットカード機能 -
その他の付帯機能・サービス -
会員特典等 -
WEB明細書 -

店舗

店舗所在地 -
無人契約機設置場所 -

提携金融機関・利用ATM

提携金融機関 セブン銀行、イオン銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行
借入できるコンビニエンスストア セブンイレブン、ミニストップ、ローソン、ファミリーマート、ポプラ
返済できるコンビニエンスストア セブンイレブン、ミニストップ、ローソン、ファミリーマート、ポプラ

遅延損害金・注意事項

遅延損害金 年率14.6%
その他注意事項 -

企業情報

社名 ソニー銀行株式会社
社名(英文名) SonyBankIncorporated
本社所在地 東京都千代田区内幸町二丁目1番6号
電話番号 0120-365-386
URL https://moneykit.net/
設立 2001年
資本金 31,000,000千円
主要株主 ソニーフィナンシャルホールディングス株式会社
事業内容 銀行業
登録番号 関東財務局長(登金)第578号
加盟団体 全国銀行協会、日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会
個人信用情報機関 全国銀行個人信用情報センター
株式会社日本信用情報機構
お問い合わせ先 ローン専用ダイヤル
0120-365-866(フリーダイヤル)/03-6730-0100(有料)
受付:9:00〜17:00(土日祝日を含む)※12月31日〜1月3日は休業
ソニー銀行のカードローン
ソニー銀行のカードローン
金利(実質年利)
2.500%〜13.800%
お申し込みできない商品です

ソニー銀行のカードローンの基礎知識

ソニー銀行のカードローンを利用しようと思う方はソニー銀行の強みと弱みをしっかりと把握して、自分のニーズに関してソニー銀行の強みが活かされるかどうかを考えた上で利用していくと後悔がなくて済みます。

まずはソニー銀行カードローンの強みについて紹介します。

ソニー銀行カードローンにはどんな強みがあるのか

ソニー銀行カードローンの強みに関してですが、ここまでも紹介してきたように以下の特徴が強みと考えられます。

ソニー銀行カードローンの強み
  • 上限金利が13.8%と低いため、低所得の方は利息が節約しやすい
  • 毎月の最低返済額が2,000円からと少ないため、ゆとりをもった返済計画を立てやすい

上限金利が低く、毎月の最低返済額が低いという特徴はまさに低所得者にとって有利な条件がそろっていると言えます。また、他行の銀行口座に振り込み融資をすることが可能であることも強みと言えます。

ソニー銀行カードローンにはどんな弱みがあるのか

続いてソニー銀行カードローンの弱みについてですが、以下のようなことが挙げられます。

ソニー銀行カードローンの弱み
  • 審査に時間がかかるため即日融資は不可で早くても翌日以降の融資となる
  • ソニー銀行普通預金口座の開設が必須となっている
  • ローンカードの受け取りが郵送のみ

ソニー銀行に限らず、全ての銀行系カードローンでは即日融資を受けることができません。

しかし消費者金融系カードローンの場合は即日融資が可能です。 
もし急ぎでお金が必要なのであれば消費者金融系カードローンに申し込むことをおすすめします。

ソニー銀行カードローンは「お得に」「無理なく」利用できるカードローンです。

どのようなところがお得なのかというと金利面です。 
ソニー銀行カードローンの金利は年率年2.5%~13.8%となっています。

ソニー銀行はネット専用銀行ということもあって、銀行カードローンの中でも金利が低い方に分類されます。

またどのようなところが無理なく利用できるのかというと返済に関してです。 
最低返済額が2,000円と毎月の返済額が少ないです。 
このためゆとりをもって返済を進めていくことができます。

銀行カードローン並に低金利なカードローンをお探しの方の最有力候補!

ソニー銀行カードローンの最も優れている部分は金利面です。 
年率2.5%~13.8%の範囲で金利設定が行われます。 
これは銀行カードローンの中でも低い水準の金利と言えます。

金利が低くなると当然利息負担は軽減されます。

1か月ぐらいでは大きな影響はないように見えますが、長期間の返済を考えると非常に大きな影響があります。 
利息負担を抑えた借り入れを目指している方にとっては最適と言ってもいいぐらいのカードローンでしょう。

限度額が上がればどんどん低金利に!借り換え・おまとめローンにも◎

ソニー銀行カードローンは上限金利であっても13.8%と非常に低金利ですが、融資限度額が高額になるにつれてさらに金利が低くなっていく仕組みとなっています。

ここで融資限度額100万円で契約している場合のソニー銀行カードローンとみずほ銀行カードローンの金利を比較してみましょう。 
両者の金利は以下のようになります。

・ソニー銀行カードローン:9.80% 
・みずほ銀行カードローン:12.0%

このように同じ融資限度額で比較してもソニー銀行の金利は低いです。

返済額は毎月2000円から!無理のない返済をサポート!

ソニー銀行カードローンの毎月の返済額は借入残高によって変動することになっているのですが、10万円借入をしても毎月の返済額は2,000円です。 
このように返済額が抑えられていることによって、返済のプレッシャーを感じることなくマイペースに返済を進めていくことができます。

ただ返済額が少ないということはそれだけ返済期間が長くなって、利息負担が多くなる恐れがあるということです。 
必要に応じて随時返済をして返済期間を短くするように努力しましょう。

ソニー銀行の口座をお持ちであれば、書類なしで即日での融資OK!

ソニー銀行の普通預金口座を既に開設している場合には即日融資を受けることが可能です。 
銀行カードローンで即日融資を受けることができるものが少ないのでとても貴重な存在です。

また、ソニー銀行の普通預金口座を開設していると他にもメリットがあります。

例えば、カードローン申し込みの際の本人確認書類の提出が不要になります。

これは口座を開設している時点で本人確認が完了しているからです。 
もし融資希望額が300万円未満であれば収入証明書類の提出も不要なので、書類提出の手間は一切なくなります。

それではこれまで紹介してきた長所と短所をもとに、ソニー銀行のカードローンがどんな人に向いているのかについて考えていきましょう。

ソニー銀行のカードローンを利用するのに向いていない人が無理にソニー銀行のカードローンを利用する必要はありませんし、もしソニー銀行を利用するのに向いているのであれば他の金融機関を差し置いても積極的にソニー銀行を選択して使用すべきです。

果たしてどんな人がソニー銀行のカードローンの利用に向いているのでしょうか?

既にソニー銀行の口座を持っている方

もしあなたがソニー銀行の口座を既に持っているのであれば、ソニー銀行のカードローンは積極的に利用したいサービスの1つになります。 
即日融資が可能であり限度額300万円まで収入の証明書と本人確認書類が不要と言うことですから、これほど融通のきく金融サービスは他にありません。

ソニー銀行の口座を持っていないと即日融資をしてもらう事は不可能ですが、もし既にソニー銀行の口座を持っているなら積極的にそのメリットを活かしましょう。

なるべく手数料を支払いたくない方

ソニー銀行のカードローンはローソンのATMや三菱UFJ銀行、三井住友銀行などの大手銀行のATMを利用することが可能ですか、この場合には手数料無料で利用することが可能です。 
利用するたびに手数料を支払っているとそれは積もり積もって大きなダメージになりますが、ソニー銀行カードローンでは多くの金融ATMが無料で利用できるようになっているため、非常にありがたいサービスです。

無駄な手数料をできるだけ支払いたくない!という人は積極的に利用すべきでしょう。

ソニー銀行のカードローンに申し込む際にはインターネット経由でWEB申し込みをすることをおすすめします。

WEB申し込みであればインターネット接続環境さえあればパソコンやスマートフォンから申し込むことができます。 
つまり外出先や職場などからでも気軽に申し込むことができるのです。

また、インターネットからの申し込みの場合24時間いつでも申し込みを受け付けているので、時間にとらわれることなく申し込みをすることができます。

「口座のアリ・ナシ」で異なる、ソニー銀行カードローン借り入れの流れ

ソニー銀行カードローンを申し込む人を大きく2つに分類することができます。

それはソニー銀行の普通預金口座を開設している人と開設していない人です。 
ソニー銀行の普通預金口座を開設している場合にはそのキャッシュカードをそのままローンカードとして利用することができます。

そのため審査に通りさえすればすぐにでも融資を受けることができます。 
一方でソニー銀行の普通預金口座を開設していない場合にはカードローンの申し込みとともに普通預金口座の開設手続きもしなければなりません。

ソニー銀行の口座をお持ちの方であるならば、最短で即日での利用OK!

ここまででも紹介した通りソニー銀行の普通預金口座を既に持っている場合には最短で即日融資を受けることができます。 
なぜ即日融資が可能なのかというとソニー銀行の取引の際に利用しているキャッシュカードをそのままローンカードとして利用することができるので、契約さえ結んでしまえばすぐにでも融資を受けることが可能なのです。

また、会員メニューから振込融資の指示を出せばソニー銀行の口座に振り込みという形でお金を受け取ることも可能です。

ソニー銀行の口座がない方は最短で翌営業日の借り入れとなる

ソニー銀行の普通預金口座を開設していない場合は、ソニー銀行カードローンの申し込みと普通預金口座の開設手続きを同時並行で行うことができます。 
また、初回振込サービスといって、初回の借入に関しては現在保有している銀行口座に希望した融資金額を振込という形で融資してくれるサービスがあります。

ただし、この手続きをしたとしても最短で申込翌日の融資となります。 
やはりソニー銀行の口座を元々保有している人と比べると融資のタイミングは遅くなってしまいます。

どんな人がソニー銀行カードローンに申し込める?

ソニー銀行カードローンは誰でも申し込むことができるというわけではありません。 
ソニー銀行の公式サイトにソニー銀行のカードローンに申し込むための条件が紹介されています。

それは以下の条件です。

・申込時の年齢が満20歳以上65歳未満 
・原則として、安定した収入がある方

安定した収入がある人という条件に関してはアルバイトやパートで安定収入を得ている場合も申し込むことができます。 
また、専業主婦であっても配偶者が働いて稼いでいる場合には申し込むことができます。

ソニー銀行の申し込みの際には書類の提出、記載漏れに注意しなければなりません。

もし提出、記載漏れが発生してしまうと審査が前に進まなくなってしまいます。 
それゆえに審査を通過するのに時間がかかってしまったり、最悪審査を通過できないという事態も想定されます。

そのため書類提出は慎重に注意深く行う必要があります。 
そこでここからはソニー銀行カードローンの申し込み、審査で必要となる書類と注意点について紹介していきます。

初回振込サービス(最短申込翌日での融資)を利用する方

ソニー銀行のカードローンの審査には時間がかかることはここまででも紹介してきていますが、やはり低金利が魅力で融資を急いでいる場合でもソニー銀行カードローンに申し込みを行う方は多いです。

ソニー銀行では審査に時間がかかるならかかるなりに審査が終わってから融資実行まで時間を最短で行うことができるように初回振込サービスというのを提供しています。 
この初回振込サービスを利用するためには以下の書類が必要となります。

・振込先口座の通帳、またはキャッシュカード券面のコピー 
・本人確認書類:運転免許証、健康保険証のいずれか

希望する限度額が300万円を超える方

ソニー銀行カードローンの申し込みで高額の融資を希望される場合には、収入証明書類の提出が必要になります。

ソニー銀行カードローンの申し込みで利用することができる収入証明書類は以下のものです。

・源泉徴収票 
・住民税課税決定通知書 
・課税証明書 
・確定申告書 
・納税証明書(その1、その2)

高額融資の場合、返済不能になった場合の痛手がより大きいものとなってしまいます。 
そこでこれらの書類を確認することによって返済する能力があるかどうかを正確に判断することができるようにしているのです。

外国籍の方

外国籍の方で日本に居住されている方はたくさんいらっしゃいます。

しかし、全ての外国籍の方がソニー銀行カードローンを利用することができるわけではありません。 
長年日本に居住することができるような信頼性のある外国籍の方のみソニー銀行のカードローンを利用することができます。

そこで、外国籍の方がソニー銀行カードローンに申し込む場合には永住許可を受けていることが確認できる書類を提出しなければなりません。 
その書類は以下のものが利用可能です。

・在留カード 
・特別永住者証明書

利用限度額300万円以内、かつ、初回振込サービスを利用しない場合

利用限度額300万円以内、かつ、初回振込サービスを利用しない場合、ソニー銀行の申し込み時に提出しなければならない書類はありません。

一般的に金融機関のカードローンの申し込みの際には本人確認書類の提出を求められることが多いのですが、ソニー銀行ではローンカードの郵送を本人限定受取郵便で郵送しており、これによって本人確認をおこなっているため本人確認書類の提出は不要となっています。

このように書類の提出の手間を一つ省くことができるのはソニー銀行カードローンのメリットの一つと言えるでしょう。

ソニー銀行カードローンの審査は昔は厳しいといううわさが流れていました。 
そもそも銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査が厳しいです。

しかし、最近はソニー銀行カードローンの体制も変化し、そこまで審査が厳しいというわけではなくなってきました。 
これは保証会社の雰囲気も反映されてのことなのかもしれません。

そこでここからはソニー銀行カードローンの審査が現在はどのような状況になっているのか紹介していきたいと思います。

アコムがソニー銀行の審査を担当!?気になる審査の厳しさは?

ソニー銀行カードローンの審査に関してですが、これはアコム株式会社が担当します。

アコム株式会社は名前の通り、消費者金融の最王手であるアコムを運営している会社です。 
なぜアコムがソニー銀行カードローンの審査をしているのかというと。

ソニー銀行カードローンの保証会社となっているからです。 
アコムはそこまで審査基準が厳しいわけではありませんが、消費者金融のアコムの審査基準よりはハードルを上げて少しだけ厳しくしているということが考えられます。

ソニー銀行の審査でどのようなポイントがチェックされるのか

ソニー銀行カードローンで審査されるのは一言でいえば、その申込者本人に返済能力があるのかどうかということです。

では返済能力はなにを持ってあるなしを判断するのかというと信用情報と他社借り入れ状況です。 
信用情報に傷がついているとなると過去に返済できなかったなどの問題行動があったことを意味するわけです。

そうなるとソニー銀行の審査を通過するのはかなり困難です。 
また、債務整理の履歴もあると審査には通りにくくなってしまいます。

ソニー銀行カードローンの審査の流れは「仮審査→在籍確認→本審査」となっている

ソニー銀行カードローンは以下のような順番に審査が進んでいきます。

1.仮審査
2.在籍確認
3.本審査

仮審査は主にソニー銀行と提携を結んでいる保証会社によって行われます。 
ここでお金を貸してもいいかどうかは判断されます。

在籍確認は申込者が本当に申告した勤務先で働いているのかを確認するために行われます。 
本審査はソニー銀行が行うのですが、ここでは提出書類の確認作業となるので返済能力のチェックなど厳しい審査は行われません。

①申し込み情報を仮審査でチェック

ソニー銀行カードローンの仮審査は保証会社であるアコム株式会社が行います。

ここでいきなり申込者はお金を貸しても大丈夫な人間なのかを審査します。 
どのように審査するのかというと申込者の返済能力について調べていくことになります。

年収、勤務先、勤続年数、他社借り入れ残高、借り入れ件数などの情報を参考にして、継続的に返済を続けていく能力があるのかどうかを判断します。 
大体審査には60分程度かかります。

仮審査が終われば本人確認のために申込者に電話がかかってきます。

②在籍確認で「本当に働いているかチェック」をする

在籍確認は申込者が申し込みの際に申し出た勤務先情報で本当に働いているのかどうかをチェックするためのものです。

なぜそのようなことをする必要があるのかというと、勤務先に所属していることを確認すれば、とりあえず働いて収入を得ていることが分かるので、最低限の返済能力を持っていることを確実に判断することができるからです。 
在籍確認の電話ではカードローンの申し込みのことはうまく気づかれないように対応してくれるので安心してください。

③必要書類を本審査でチェックする

本審査はソニー銀行側が行います。

この本審査に際して必要書類を提出することになるのですが、提出書類はソニー銀行の普通預金口座を開設しているかしていないかによって変わってきます。 
普通預金口座を開設していない場合には本人確認書類の提出が必須で、申込金額が300万円より多い場合には収入証明書類の提出が必要になります。 
一方でソニー銀行の普通預金口座を開設している場合には本人確認書類は不要で申込金額が300万円より多い場合に収入証明書類を提出するだけになります。

これらの書類を本審査ではチェックします。

ソニー銀行のカードローンは銀行系カードローンということで審査は消費者金融よりも厳しいです。

そのためソニー銀行カードローンの審査に落ちることはよくあることです。 
ただ審査を通りやすくすることもできます。

もし他社からも借入がある場合には他社の借入残高を少しでも減らしておくといいでしょう。 
なぜなら他社での借入残高が多ければ多い程将来的に返済不能に陥るリスクが高くなるからです。

また、複数の借入先があるのであればそれをおまとめローンで1つにまとめておくことでも審査に通りやすくなります。

ここまででソニー銀行カードローンの申し込み手続きと審査について紹介してきました。

ソニー銀行カードローンは低金利で、しかもソニー銀行の銀行口座を持っている場合には即日融資も可能なカードローンなので非常に魅力的に感じた方も多いと思います。 
ただ、ここまでで紹介した内容はソニー銀行カードローンのごく一部です。

ここからはQ&A方式で、ソニー銀行カードローンについて疑問に思いやすいところを紹介していきたいと思います。

Q1.ソニー銀行カードローンでは限度額を増額することはできる?

ソニー銀行カードローンで最初の契約時に設定される融資限度額は不変のものではありません。

契約以降の利用実績や返済実績が積み重なっていくと融資限度額の増額申請をすることができます。
ちなみに融資限度額の最高値は800万円となっています。

ただ急に増額申請が通るわけではないので最初のうちはコツコツと実績を積み重ねていってソニー銀行からの信頼を獲得することが大切です。 
ただし、専業主婦の方は最大で50万円、学生の方は最大で10万円までと決まっていますので注意が必要です。

Q2.ソニー銀行はどのような方法で返済するの?手数料はかかる?

ソニー銀行の返済方法は毎月指定日に口座引き落としが行われる約定返済と、定められた返済額以外に返済をいつでも行うことができる随時返済というものに分類することができます。

約定返済はソニー銀行の口座から自動引き落としとなり、毎月2日から5日間隔(2日、7日、12日、17日、22日、27日)で引き落とし日を選択することができるようになっています。 
随時返済はコンビニATMなどの提携ATMから返済を行います。この時に手数料は一切かかりません。

Q3.ソニー銀行カードローンでも一括返済をすることはできる?

ソニー銀行カードローンは一括返済をすることができます。

まず一括返済とはその名の通り、借入残高全てを一度に返済してしまうことをいいます。 
ただ一括返済は通常の随時返済のようにATMから返済をすることができません。

一括返済ではインターネットを利用して返済をすることになります。 
インターネットから手続きをするとソニー銀行の口座から送金という形で一括返済が行われます。

この時ソニー銀行の口座残高が一括返済するのに十分な金額以上である必要があるので注意が必要です。

Q4.ソニー銀行カードローンで返済が遅れてしまった場合はどうなる?

ソニー銀行カードローンの返済日にソニー銀行の口座が残高不足であった場合には口座引き落としが当然行うことはできません。 
返済の遅延という状態になってしまい、遅延損害金というものが利息のように発生します。

遅延損害金は設定されている金利に関係なく以下の計算式で計算されます。

借り入れ金額×遅延損害利率(14.6%)×遅延日数÷365

普段の金利よりも高い利率で遅延損害金が発生してしまうことになります。
日割り計算になるのでなるべく早めに返済するようにしましょう。

ソニー銀行カードローンの審査を通り融資を受け取ったらそれで終わりというわけではありません。

何より返済をすることが重要です。

返済が滞ることがあると将来的に住宅ローンやマイカーローンも組めなくなってしまう恐れもあり、きちんと決められた期日に毎月返済していくことが重要です。 
そこでここからはソニー銀行カードローンの返済を問題なく行っていくために、返済方法、返済期日、その他返済に関わる注意事項を紹介していきます。

返済方法と返済期日について

ソニー銀行カードローンの返済方法には2つの返済方法があります。

それは以下の2つです。

・定例返済:毎月指定の日付に決められた返済額を返済すること 
・臨時返済:毎月決められた金額を返済する定例返済とは別に自分の懐事情と相談しながら任意の金額を自主的に返済していくこと

定例返済に関しては、ソニー銀行の銀行口座から毎月同じ日に引き落としが行われます。

引き落とし日は2.7.12.17.22.27日の中から都合がいい日を指定することができます。 
臨時返済は引き落としではなくATMから返済を行います。

返済する際に利用可能なATMと返済受付時間を紹介

ここまでで返済方法には定例返済と臨時返済があることについて紹介してきましたが、手続きに困るのは自主的に返済していく臨時返済の方です。

ソニー銀行はネット銀行であるため、提携ATMは多くあり利便性は高いですが、営業時間内ならいつでも返済を受け付けているATMと、決められた時間帯のみ返済を受け付けているATMとがあるので、特に後者の場合には対応している時間帯に返済手続きをすることに注意をしなければなりません。

ここからは具体的にどのATMがどのような時間帯に対応しているのかについて紹介していきます。

営業時間内であれば終日利用可能なATM

まずはソニー銀行カードローンの返済を営業時間内終日利用することができるATMについてですが、まずコンビニATMがこれに該当します。

コンビニATMは24時間いつでも利用することができるので、24時間返済することが可能ということになります。 
ソニー銀行と提携していてカードローンの返済に利用することができるコンビニATMには以下のものがあります。

・セブン銀行ATM 
・ローソン銀行ATM 
・EnetATM

その他、イオン銀行ATMと三井住友銀行ATMも営業時間内であればソニー銀行の返済をいつでも行うことができるATMです。

利用可能時間帯に指定があるATMについて

続いてソニー銀行カードローンの返済手続きを行うことができる時間帯に制限がある提携ATMについてですが、これには2つの金融機関のATMが該当します。

まず1つ目はゆうちょ銀行ATMです。 
ゆうちょ銀行ATMからソニー銀行カードローンの返済をしたい場合には9:00~20:00の時間帯に手続きを行う必要があります。

もう1つは三菱UFJ銀行のATMです。 
三菱UFJ銀行のATMからソニー銀行カードローンの返済をしたい場合には0:10~23:50の時間帯に手続きを行う必要があります。

ちなみにどの提携ATMから返済を行ってもATMの利用手数料は無料です。

    カードローン人気ランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.