イオン銀行カードローン(金利、審査基準、限度額)

イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローン

いざ、というときに便利で安心な「イオン銀行カードローン」

イオン銀行口座の開設、さらに、書類のご郵送・ご来店なども、一切不要!ご返済は月々1,000円からでOK。イオン銀行ATM、コンビニATM(イーネット、ローソン銀行ATM)なら手数料0円。

金利(実質年率) 3.800%〜13.800% 審査時間 -
借入限度額 最高800万円 融資スピード -
無利息期間 - WEB完結 融資まで
人気ランキングから他のカードローンを探す

特徴

年会費・入会金・手数料が無料!

お借入・ご返済は、24時間365日、イオン銀行ATM、ローソンなどコンビニATMなら手数料無料

手続きはWEB完結!口座開設も不要

審査完了後、最短5日程度でローンカードをお届けします。口座開設や書類の郵送が不要なので、スムーズにご契約までのやり取りが可能です。イオン銀行普通預金口座をお持ちの方は、ローンカードのお受取り前に新規お申込時の1回のみ振込融資をご利用いただけます。

原則資金の使い道は自由なので、さまざまなシーンで利用可能!

生活費や趣味、自分磨き、急な出費への対応など、原則資金の使い道は自由です。ご自身の生活に合わせてご利用いただけます。※事業性資金にはご利用いただけません。

口コミ・レビュー・評判

レビューを投稿する

レビューはまだ投稿されていません。

最初のレビューを投稿しませんか?

レビューを投稿する
イオン銀行カードローン
イオン銀行カードローン
金利(実質年利)
3.800%〜13.800%
お申し込みできない商品です

審査基準

契約時年齢 満20歳〜満64歳
申込資格 以下のすべての条件を満たす個人のお客さま
(1)日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方
(2)ご契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満の方
(3)ご本人に安定かつ継続した収入の見込める方
※学生の方はお申込みいただけません。
(4)保証会社であるイオンクレジットサービス(株)またはオリックス・クレジット(株)の保証を受けられる方
資金使途 原則自由(事業性資金にはご利用いただけません)
必要書類 1.本人確認書類(以下のうち2点)
・運転免許証
・個人番号カード(通知カード除く)
・パスポート(公印、写真並びに所持人記入欄のページ)
・健康保険証
※外国籍の方は在留カードもしくは特別永住者証明書が必要です。
2.収入証明書(個人事業主・法人代表の方)
以下のいずれかの年収(収入)を確認できる書類
・源泉徴収票(前年度)
・直近3カ月以内に発行された給与明細2カ月分
・住民税の課税決定通知書
※個人事業主、法人代表者の方は借入れ金額にかかわらず、必要になります。
担保 不要
保証人 不要
保証料 不要
対象地域 -
備考 -

申し込み

申込方法 インターネット(パソコン、スマートフォン)、店舗
申し込みから借入(融資)までの流れ
STEP1 申し込み

インターネットでお申込み

STEP2 本人確認書類ご提出

本人確認書類や収入証明書を専用マイページよりアップロード

STEP3 審査結果のご連絡

メールで審査結果をご連絡

STEP4 カードのお受取り

ご本人さまのみカードをお受取りいただけます。

STEP5 手続き完了

カード受け取り後、お近くの提携金融機関・提携コンビニATMで借り入れができます。

土日審査 対応
来店 不要
WEB完結 融資まで
融資スピード -
審査時間 -
即日借入の条件 -

金利

借入限度額別の年率
借入限度額 金利(実質年率)
10万円〜90万円 11.800〜13.800%
100万円〜190万円 8.800〜13.800%
200万円〜290万円 5.800〜11.800%
300万円〜390万円 4.800〜8.800%
400万円〜490万円 3.800〜8.800%
500万円〜590万円 3.800〜7.800%
600万円〜790万円 3.800〜5.800%
800万円 3.800%
  • 掲載情報は2019年4月1日の情報です。
  • お借入限度額は銀行が決定いたします。
  • イオン銀行およびイオン銀行指定の保証会社の審査がございます。審査の結果、ご希望にそえない場合がございます。
  • ご本人に収入がなく、配偶者に収入のある方は50万円まで申込可能です。
金利体系 お借入れ利率は変動金利です。金融情勢により都度見直しをさせていただきます。
金利優遇とその条件 -
契約期間 12ヶ月
お取引期間:1年(ローンカード発行日から1年後の応当月約定返済日まで)ごとの自動更新
お金の借り方 口座振込、ATM(自社)、ATM(提携金融機関)、コンビニエンスストアに設置のATM等
無利息期間 -
借入無利息期間の条件 -

返済

返済方式 残高スライド方式
返済金額
前月末日のお借入残高に応じてご返済額が確定します。
借入残高 返済額
3万円以下 1,000円(ただし、1,000円未満の場合は全額)
3万円超〜5万円以下 2,000円
5万円超〜10万円以下 3,000円
10万円超〜20万円以下 5,000円
20万円超〜50万円以下 10,000円
50万円超〜100万円以下 15,000円
100万円超〜150万円以下 25,000円
150万円超〜200万円以下 30,000円
200万円超〜300万円以下 35,000円
300万円超〜500万円以下 40,000円
500万円超〜600万円以下 50,000円
600万円超〜700万円以下 60,000円
700万円超 70,000円
  • 掲載情報は2019年4月1日の情報です。
  • ご利用状況によっては、利息額が約定返済額を上回る場合がございます。
  • 約定返済を遅延された場合は、延滞分をご返済いただくまで追加のお借入れはできません。
利息の計算方法 毎日の最終残高について、付利単位を100円とし、1年を365日とする日割り計算とします。
お金の返し方 ATM(自社)、ATM(提携金融機関)、口座自動引落、コンビニエンスストアに設置のATM等
返済日 毎月20日(土・日・祝日、年末年始の場合は、翌日)
繰上返済 無料
インターネットバンキングまたはATMでいつでも任意返済が可能です。
備考 ※提携金融機関のATM等をご利用いただく場合は、提携金融機関所定の利用手数料・時間外手数料がかかる場合がございます。

手数料・その他付帯サービス

手数料・年会費等 不要です。※但しご利用のATMによっては各種手数料がかかる場合があります。
クレジットカード機能 -
その他の付帯機能・サービス ご返済方法がイオン銀行普通預金口座からの引き落としの方は、イオン銀行ATM、イーネットATM、ローソン銀行ATMにおいてカードローン取引ができます。
会員特典等 -
WEB明細書 対応

店舗

店舗所在地 ※詳しくはイオン銀行ホームページにてご確認ください。
無人契約機設置場所 -

提携金融機関・利用ATM

提携金融機関 <手数料無料の提携金融機関ATM>
みずほ銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行
※提携金融機関毎に手数料無料の時間帯等、提携内容は異なります。
<その他の提携金融機関ATM>
三井住友銀行、りそな銀行、信用金庫、信用組合、ろうきん
※提携金融機関について詳しくはイオン銀行ホームページにてご確認ください。
借入できるコンビニエンスストア コンビニエンスストアに設置してある下記ATMでご利用が可能です。
イオン銀行、E-net(ファミリーマート、スリーエフ等に設置)、ローソン銀行ATM
※一部ATMを設置していない店舗等があります。
返済できるコンビニエンスストア コンビニエンスストアに設置してある下記ATMでご利用が可能です。
イオン銀行、E-net(ファミリーマート、スリーエフ等に設置)、ローソン銀行ATM
※一部ATMを設置していない店舗等があります。

遅延損害金・注意事項

遅延損害金 年14.5%
その他注意事項 ◆イオン銀行の普通預金口座を返済用口座に指定しているお客様は、カードローンの返済用普通預金口座が、口座振替請求等による自動支払について残高が不足するとき、お借入限度額内において不足額を自動的に融資いたします。
ただし、残高不足が以下の事由等に該当する場合は自動融資の対象にはなりません。
・積立式定期預金・投信自動積立への自動振替
・イオン銀行のローンの元金返済および利息支払
・WAON(電子マネー)へのオートチャージ
・イオンクレジットサービス(株)の引落し
※自動融資はご希望によりお申込みいただけます。
◆通帳は発行いたしません。お取引きの明細はATMもしくはお取引明細書
(別途お申込み必要、発行手数料220円/月(税込))にてお確かめください。
また、カード再発行時は発行手数料1,100円(税込)を頂戴いたします。

企業情報

社名 株式会社イオン銀行
社名(英文名) AEONBank,Ltd.
本社所在地 東京都江東区枝川1-9-6
電話番号 0120-13-1089
URL http://www.aeonbank.co.jp/
設立 2006年
資本金 -
主要株主 -
事業内容 銀行業
登録番号 関東財務局長(登金)第633号
加盟団体 -
個人信用情報機関 -
お問い合わせ先 コールセンターローン専用ダイヤル
0120-48-1258
イオン銀行カードローン
イオン銀行カードローン
金利(実質年利)
3.800%〜13.800%
お申し込みできない商品です

イオン銀行カードローンの基礎知識

イオン銀行カードローンの申込み資格や限度額、金利を解説!

日本の2代流通グループの1つであるイオングループが運営している銀行であるイオン銀行を利用したことがある人も多いのではないでしょうか。 
そんなイオン銀行では、お金を借りることができる「イオン銀行カードローン」というサービスも行っています。

イオン銀行は地方銀行などとは違い全国に展開しているグループなので、住んでいるエリアなどに関係なくどこにいても申し込むことができます。 
ここからはそんなイオン銀行カードローンについて解説していきます。

イオン銀行カードローンの商品の概要を解説

イオン銀行カードローンの商品概要は以下のようになります。

申込資格:20歳以上65歳未満で安定した継続的な収入があること
融資限度額:10万円~800万円で10万円単位
融資金利:3.80~13.80%の変動金利
保証会社:イオンクレジットサービス(株)、オリックス・クレジット 
契約期間:1年の自動更新
融資方式:専用ローンカードでATMから借り入れる

イオン銀行は特定の店舗を持っていないので、借入れはイオン銀行のATMか提携ATMから行うことになります。

どのような人に申込み資格があるのか

イオン銀行カードローンに申し込みたい場合には、20歳以上65歳未満であり、かつ安定した継続的な収入が無ければいけません。 
そのため未成年は学生であろうと借りることはできませんし、同様に65歳以上の方は仕事などをしていて収入があったとしても利用することができません。

またパートやアルバイトなどの正社員ではない方でも、安定した収入があることさえ認められれば、イオン銀行のカードローンを利用することができます。 
ですが収入が安定していない場合は利用することができません。

融資限度額はどれくらい?

イオン銀行カードローンの融資限度額は800万円と設定されています。 
この金額は特別低いということもなく、カードローンを商品展開している他のメガバンクの限度額とほとんど変わりません。

そのため普通にお金を借りる際に使うことができるのはもちろん、おまとめローンとして利用しようと考えている人でも満足することができる限度額となっています。
ですが必ず限度額まで借りることができるというわけではなく、審査によって限度額が変わってくるので注意しましょう。

融資金利の詳細について

イオン銀行カードローンの融資金利は、融資限度額によって変動します。
そのため決まった金利があるわけではなく、どれだけの融資を受けられるのかによって範囲内で変わってきます。

融資金利は以下のようになっています。

10万円~90万円:11.8%~13.8%
100万円~190万円:8.8%~13.8%
200万円~290万円:5.8%~11.8%
300万円~390万円:4.8%~8.8% 
400万円~490万円:3.8%~8.8% 
500万円~590万円:3.8%~7.8% 
600万円~790万円:3.8%~5.8%
800万円:3.8%

保証会社はどこ?

イオン銀行カードローンは、担保や保証人の必要ない無担保無保証人のカードローンとなっています。
ですがその代わりに、保証会社による保証が必要になるため、利用するためには保証会社による審査にも通過しなければいけません。

保証会社はイオングループの会社であるイオンクレジットサービスとオリックスグループのクレジットカード会社であるオリックス・クレジットの2社です。 
これらは利用者が連絡する必要はなく、全てのやり取りはイオン銀行側が行ってくれます。

イオン銀行カードローンを利用するとどんなメリットがあるのかを紹介

ここまではイオン銀行カードローンとはそもそもどんなものかということを紹介してきました。 
そんなイオン銀行カードローンは、お金にお困りの多くの方から選ばれているカードローンでもあります。

イオン銀行カードローンが選ばれているのは、3つの大きなメリットがあるためです。 
そのメリットを非常に魅力的に感じるため、イオン銀行カードローンを利用したいと考えている人も多いのです。

そこでここからは、イオン銀行カードローンを利用することによるメリットを紹介していきます。

申し込みは全国どこからでもOK

全国には様々なカードローンがありますが、地方銀行が行っているカードローンの場合、その銀行の営業地域でないと利用することができないことが多いです。

ですがイオン銀行は店舗を持っているわけではなく、全国に展開しているイオングループが運営しています。 
そのため特定のエリアなどは決められておらず、全国どこからでも申し込みや利用することができます。

また、イオン銀行に口座を持っていなくても利用することができることも大きな特徴です。

最高金利が13.8%という低金利が魅力

イオン銀行カードローンは最高金利が13.8%となっています。 
これだけを聞いても高いのか低いのかが分からないかもしれませんが、他の銀行の行ているカードローンと比較してみると、かなりの低金利であることがわかります。

3大メガバンクのカードローンの最高金利と比較すると、以下のようになります。

イオン銀行カードローン:13.8% 
三井住友銀行カードローン:14.5% 
みずほ銀行カードローン:14.0% 
三菱UFJ銀行カードローン:14.6%

このように3大メガバンクと比較しても最も低いことがわかります。

融資可能額は最大で800万円まで

イオン銀行カードローンの融資限度額は800万円と他のカードローンと比較した場合でも高い額となっています。 
3大メガバンクと比較すると以下のようになります。

イオン銀行カードローン:800万円 
三井住友銀行カードローン:800万円 
みずほ銀行カードローン:800万円 
三菱UFJ銀行カードローン:500万円

このように3大メガバンクと比較しても、遜色ない融資限度額となっています。 
そのため大金が必要な場合でも利用することができるカードローンであると言えます。

イオン銀行カードローンにはどのようなデメリットがあるのかを紹介

ここまでに紹介してきたように、イオン銀行カードローンには魅力ともいえる大きなメリットがあります。

ですが良い部分ばかりではなく、デメリットとなってしまう部分もいくつかあります。 
利用を考える場合にはメリットばかりを意識してしまうかもしれませんが、デメリットの部分も知っておかなければ、利用してみて不便に感じてしまったり、申し込みをしようとしてから利用できないことがわかってしまうこともあります。

ここからはそんなデメリットを紹介します。

学生だと申込みができない点

イオン銀行カードローンは学生を利用対象外としています。 
そのため、20歳以上という条件を満たしていても、アルバイトなどで収入を得ていたとしても、イオン銀行のカードローンは利用することができません。

学生の方がお金を借りたいという場合は、イオン銀行カードローンではなく、別の方法を選ばなければいけないので注意しましょう。 
学生の場合は学生ローンを利用したり、カードローンの中でも学生も利用対象としているものを選ぶようにしましょう。

カード受け取る時に、運転免許証がないと時間がかかる

イオン銀行カードローンは審査に通過することで利用することができるようになります。 
ですが店舗が無いのでローンカードを受け取るのは郵送でなければいけません。 
この時に受取人確認サポートの手続きが必要となります。

受取人確認サポートの手続きでは、運転免許証が必要となります。 
運転免許証が無いとイオン銀行にローンカードが一度返送され、改めて受取人確認サポートで発送されることになってしまいます。

そのため運転免許証が無いと受け取りまでに時間がかかってしまいます。

「無利息」期間はイオン銀行にもある?

最近では大手消費者金融機関において「30日間利息無料キャンペーン」ものを実施していて、テレビコマーシャルでもよく見かけます。 
今銀行のカードローンでもこのような無利息キャンペーンを実施しているのでしょうか?

残念ながらイオン銀行カードローンには無利息期間はありません。 
ですからそういった無利息キャンペーンを絶対に利用したいのであれば、イオン銀行のカードローンはお勧めできません。

しかしイオン銀行カードローンの通常金利は他の大手金融消費者金融よりも低く設定されていますから、長期的に見ればこちらの方がお得かもしれません。

【FPが教える】イオン銀行カードローンに向いている・向いていないのはどのような人?

お金のプロであるファイナンシャルプランナーはイオン銀行のカードローンについて何と言っているのでしょうか。 
これからはファイナンシャルプランナーが教えるイオン銀行カードローンが向いている人と向いてない人について説明したいと思います。

やはりお金についてのプロであるファイナンシャルプランナーが説明してくれるのであれば説得力が全然違いますね。 
果たしてどんな人が4銀行カードローンの利用に向いているのでしょうか?

向いている人について

ずばりイオン銀行のカードローンの利用が向いている人は次のような特徴があります。

向いている人
  • イオン銀行の普通預金口座を持っていること
  • 低金利で融資を受けたいと考えていること
  • 他の消費者金融機関からの借り換え、ローンのおまとめを考えていること

このような特徴に当てはまる人にとって、イオン銀行のカードローンはまさにベストな選択肢であると言えるでしょう。

上限金利が低いため、利息を節約してできるだけ出費を抑えたい人にとっては非常に心強い味方になります

向いていない人について

イオン銀行カードローンの利用が向いている人がいるのに対し、向いていない人も存在します。 
イオン銀行カードローンの利用がオススメできない方は以下のような人たちです。

向いていない人
  • 今すぐに融資を受けたいほどお金に困っている
  • 提携のATMから借り入れと返済を行いたい
  • 絶対にお金を借りていることを家族にバレたくない

この特徴の中で特に、絶対に家族にバレたくないと言う人はイオン銀行カードローンをお勧めすることができません。 
なら先ほど説明した通り申し込み後のローンカードの受け取りは自宅のみだからです。

イオン銀行カードローンの申込みとその手順についてを解説!

イオン銀行カードローンを利用する際には、スマホやパソコンなどを使ってインターネットからWEB上で申し込みを行うことができます。 
イオン銀行は店舗もないので、店舗に足を運ぶ必要も一切ありません。

そのためパソコンやスマホとインターネット環境さえあれば申し込みを始めることができます。 
必要書類のアップロードなどもすべてWEB上で完結することができるので、その場ですべてを完結することも可能です。

ここからはそんなイオン銀行カードローンの申し込みと手順について紹介します。

インターネットにて申込む    

イオン銀行カードローンはこれまでにも述べてきたように、店舗がありません。 
そのため申込みはインターネットから行わなければいけません。

インターネットの手続きだと申し込みが直接イオン銀行の審査担当部署に届くため、余計な時間や手間が無く、審査にかかる時間を短縮することができます。 
またインターネットなので店舗の営業時間なども気にする必要が無く、24時間365日いつでも好きなタイミングで好きな場所から申し込みをすることができます。

審査結果が出た後に契約手続きをする

イオン銀行カードローンに申し込む場合には、イオン銀行の公式ホームページから必要項目を入力して申し込みます。 
それが完了すると審査が行われます。 
審査結果はメールで連絡があり、審査に通過するとWEB上で契約手続きを進めていくことになります。

契約手続きの際にはイオン銀行の口座は必要ないため、口座を持っていないという人も新しく作る必要はありません。 
本人確認書類の提出もスマホのカメラなどで写真を撮り、それをアップロードすることで完了することができます。

契約が完了すると、ローンカードが発行され、郵送されてきます。

申込に際して必要書類は?

イオン銀行カードローンに申し込む際には、本人確認書類が必要となります。  
また審査結果によってはさらに収入証明書類が必要になってきます。 

そのため、両方の書類を事前に準備しておくことで、スムーズに手続きを進めていくことができます。 
それぞれに使える書類は以下のものになります。

本人確認書類:運転免許証、パスポート
収入証明書類:前年度の源泉徴収票または直近3カ月以内の給与明細2ヶ月分、住民税課税決定通知書 

特に収入証明書類は準備が必要なので注意しましょう。

イオン銀行カードローンの審査についてを解説

イオン銀行カードローンは申し込めば誰でもすぐに利用することができるというわけではなく、他の銀行などのカードローンと同じように審査に通過しなければいけません。 
そのためどれだけ利用したいと思っていても、審査に通過することができないと利用することはできません。

ここからはイオン銀行カードローンに申し込んだ際に行われる審査について紹介していきます。 
イオン銀行カードローンを利用しようと考えている場合は特に、目を通しておきましょう。

イオン銀行カードローンでは審査にどれくらいの期間がかかる?

イオン銀行カードローンの審査は、申し込んですぐに完了することはなく、通常1~5日以内に結果が出ます。 
審査に通過すればすぐに借入ができるというわけでもなく、そこから契約手続きやローンカードの発行・郵送が行われることになるので、最短でも契約後5日程度はかかってしまいます。

またイオンカードを持っていなかったり、イオン銀行の口座を持っていない人の場合は審査に時間がかかってしまいますので、さらに期間が長くなってしまいます。 
そのため急いでお金を借りたい場合には向いていない面もあります。

審査ノウハウがない銀行カードローン

日本の銀行は元々企業に対する担保融資だけを行っていました。 
個人への無担保無保証人融資は近年になって始まったため、銀行には無担保無保証人で行うカードローン融資の審査のノウハウがありません。

一方で大手消費者金融の場合は個人に向けた融資の歴史があるため、莫大な個人融資の貸付や返済とそれに関連した個人属性情報などのデータがそろっています。  
それらのデータと経験を用いることでスコアリングによって審査を行うノウハウがあります。

イオン銀行カードローンではどのような審査内容なのか教えて

カードローンを展開している銀行では、それぞれが独自の審査基準を持っています。 
銀行によって審査が緩いか厳しいかということに違いはありますが、一般的には以下のような項目を審査しています。

・申し込み時に入力された社会属性の確認
・収入金額 
・勤務先規模や勤続年数、雇用形態が基準に達しているか 
・居住内容が基準に達しているか

これらの基準は銀行によって変わってくるため、この条件ならば絶対にどの銀行の審査にでも通るということはありません。 
中には別の銀行に申し込んだら審査に通過したということもあります。

審査基準は低い可能性があるイオン銀行

イオン銀行カードローンでも先に述べたような項目の審査が行われており、それぞれに基準が設けられています。 
そのため審査の際にはこの基準に則して情報などを確認され、それを満たしていればアルバイトやパートなどでも審査に通過する可能性はあります。

イオン銀行カードローンの審査では、以下のような形で行われています。

・勤務先への在籍確認調査 
・信用情報機関データベースでの信用情報の確認調査

これらを行うことで、その人が基準を満たしているかを確認しています。

イオン銀行カードローンで行われる信用情報審査は厳しい

カードローンの審査では、必ず信用情報の確認が行われています。 
これはイオン銀行カードローンでも変わりません。

信用情報とはローンやクレジットカードの利用履歴などを記録した情報で、信用情報機関が管理しています。

信用情報の審査では他社での借り入れや延滞の有無などについても細かくチェックされます。 
そのため返済が何度も遅れているような場合は審査に通るのが難しくなってしまいます。

イオン銀行をはじめとした銀行のカードローンの審査では、延滞に対する基準が大手消費者金融などに比べて厳しい事や、個人情報を取る信用情報機関の範囲が広いことから、より厳しいものとなっています。

銀行審査が厳しい理由と業界ごとの信用情報機関について

個人借入情報を登録・取得することができる指定信用情報機関は業界ごとにあります。 
指定信用情報機関はKSC、CIC、JICCの3つがあります。

大手消費者金融の場合はJICCに、クレジットカード会社はJICCに加盟するのに対し、イオン銀行ではKSCとJICCに加盟しています。 
そのため銀行はJICCとCICに加えてKSCの信用情報も参照することができるため、非常に広い範囲の信用情報を確認することができます。その結果銀行の審査は厳しくなるのです。

延滞情報においてどのような判断をするかの違い

銀行のカードローンの審査では、延滞日数や延滞の回数、その理由はあまり考慮されていません。 
ですがだからといって延滞しても審査に通ることができるというわけではありません。

1度でも延滞の記録がある場合には、審査に通ることが難しくなってしまいます。

そのためイオン銀行カードローンの審査に確実に通りたい場合は、延滞が一切ない状態でいなければいけません。
この基準は他業種に比べると非常に厳しいものとなっています。

イオン銀行カードローンの審査でも在籍確認はある

イオン銀行カードローンでは他の金融機関のカードローンと同じように、職場への在籍確認が行われます。

在籍確認はカードローン審査において収入を確認するために非常に重要な要素です。 
この情報により、申込者に安定して継続した収入があることを確認しています。

イオン銀行の在籍確認では、申告した勤務先に個人名で申込者が在籍しているかを確認します。 
そのため職場などにイオン銀行カードローンを利用していることがばれる心配もありません。

ATMからイオン銀行カードローンの借り入れを行おう

イオン銀行はこれまでに述べてきたように店舗がありません。
そのため借入れを行う際には送られてきたローンカードを使ってイオン銀行か提携先のATMからお金を引き出すことになります。

イオン銀行の口座を持っていて、かつWEB完結申込で契約時に希望した場合には1回だけ振込融資を受けることができますが、それ以外ではATMを使うことになります。 
ATMではカードを差し込むとメニューが表示され、画面の指示に従っていくことで借入れをすることができます。

イオン銀行カードローンはどのATMと提携している?

イオン銀行カードローンで借入れをする場合には、イオン銀行のATMだけでなく提携先のATMも利用することができます。

提携ATMは以下になります。

銀行:ゆうちょ銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行のATM 
その他金融機関:ろうきん、信用金庫、信用組合の設置ATM 
コンビニ:ローソン銀行、ファミリーマートのイーネット

これらのATMならば手数料無料で利用することができます。 
自行のATMだけでなく提携ATMも手数料無料なのは銀行カードローンの中でも珍しいです。

イオン銀行カードローンの返済方法についてを解説

イオン銀行カードローンで返済する場合には、以下の3つの方法で行うことができます。

返済方法
  • イオン銀行普通預金口座から自動引き落とし
  • イオン銀行以外の金融機関の普通預金口座から自動引き落とし
  • ATMでの入金

これらの中から契約時に選ぶことになります。 
約定返済日は毎月20日で、返済額は前月末の借入残高にスライドして定期返済額が決まる残高スライド方式です。

イオン銀行に普通預金口座がある場合は、キャッシュカード一体型にすることも可能で、その場合は引き落としに対して残高が不足する場合は限度額内で自動借越の引き落としもすることができます。

随時の任意返済もATMで可能

イオン銀行カードローンの返済では、毎月の定期的な返済以外にもイオン銀行のATMから任意返済をすることもできます。

なお任意返済を行った場合でも毎月の定期返済は行われます。 
ATMでの返済を選んでいる場合には、定期返済額以上を入金すると定期返済額分を超える部分が任意返済として扱われます。

ですが1つ注意が必要なのは、小銭に関してです。 
小銭に対応していないATMの場合は端数の生産ができなくなってしまうので、そのような場合にはコールセンターに電話して、返済方法を変えてもらいましょう。

毎月20日が約定返済日

毎月の最低返済額を返済することを約定返済と言いますが、この約定返済が行われる日はイオン銀行カードローンの場合は毎月20日と定められています。

他の金融機関のカードローンの中には返済日を選択することができる場合もありますが、イオン銀行カードローンではそれができないので注意しておきましょう。 
ちなみにもし20日が土日祝日だった場合には翌営業日が約定返済日となります。

また、ATMから返済する場合には毎月1日から20日の間に返済をしておく必要があります。

任意返済で残高以上の返済をすると預け金扱いになる

任意返済をする際にイオン銀行カードローンの借入残高を上回る金額を返済してしまうこともあるでしょう。

このような場合、借り入れ残高を上回った部分のお金に関しては預り金という扱いになります。 
このはみ出た預り金は消えてしまうという訳ではなく、次回融資を受ける際にそれを引き出すことができます。

ですから、余分な金額を返済してしまったとしても決して損をするということはありませんので、安心して利用していってください。

一括返済したい場合はイオン銀行に電話しよう!

一括返済とは、イオン銀行カードローンの借入残高全てを一度に完済してしまうことを意味します。 
ただ、この一括返済をする際にはイオン銀行カードローンのコールセンターへ連絡をしておく必要があります。

なぜコールセンターへの連絡が必要になるのかというと、利息の計算が日割り計算となっているため、最後の返済の際には利息の再計算をしておく必要があるからです。 
またその電話で一括返済の手続きの手順について教えてもらうことができます。

毎月の約定返済額について

イオン銀行カードローンの返済方式は残高スライド方式という方法です。 
この残高スライド方式では毎月の最低返済額は借入残高によって決定されます。

具体的に最低返済額は以下のように決められています。

・3万円以下:1,000円 
・3万円~5万円以下:2,000円
・5万円~10万円以下:3,000円
・10万円~20万円以下:5,000円 
・20万円~50万円以下:10,000円 
・50万円~100万円以下:15,000円 
・100万円~150万円以下:25,000円 
・150万円~200万円以下:30,000円 
・200万円~300万円以下:35,000円 
・300万円~500万円以下:40,000円 
・500万円~600万円以下:50,000円 
・600万円~700万円以下:60,000円 
・700万円超:70,000円

もし10万円を借りて借入残高が5万円を切った場合、その翌月から返済額が1,000円にスライドします。

イオン銀行カードローンの返済シミュレーションをしてみよう!

イオン銀行カードローンで任意返済を一切せず約定返済のみで返済していった場合の返済シミュレーションは以下のようになります。

借入額5万円、金利13.80%:返済回数49回、利息総額12,737円 
借入額10万円、金利13.80%:返済回数72回、利息総額33,468円 
借入額50万円、金利13.80%:返済回数152回、利息総額297,544円 
借入額100万円、金利11.80%:返済回数209回、利息総額736,345円 
借入額200万円、金利8.80%:返済回数243回、利息総額1,096,376円 
借入額300万円、金利5.80%:返済回数258回、利息総額1,127,186円

当然これに任意返済を組み込めば利息総額は大幅に低減されますので、お金に余裕のある時には任意返済も行うようにしましょう。

以前契約したカードローンから切り替える方法は?

以前イオン銀行はカードローンBIG、カードローンユトリプランなどといったカードローンのサービスを提供していました。 
それを現在提供されているイオン銀行カードローンのサービスに切り替える手続きをすれば返済口座にイオン銀行以外の普通預金口座を指定できたり、利用限度額や金利条件の優遇を受けることができる可能性があります。

切り替え方法は以下の通りです。

インターネットバンキング、もしくはイオン銀行公式サイトから切り替えの申し込みをする
切り替え申し込み画面に必要事項を入力
メールで審査結果が届く

カードローンの融資限度額の増枠(増額)の方法

イオン銀行カードローンではカードローンの限度額の増額を受け付けてもらうことができます。 
もし今の限度額では余裕がないと言うのであれば、限度額の増額を交渉してみるのも1つの手でしょう。

銀行カードローンはカードローン専用のマイページから簡単に増額の申し込みをすることができます。 
もちろん増額するためには審査がありますが、簡単に申し込むことができるためとりあえず申し込んでみるのも良いでしょう。

増額する金額によっては適用される金利が下がる場合もあり、お得に利用することができることもあります。

    カードローン人気ランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.