住信SBIネット銀行カードローン(金利、審査基準、限度額)

住信SBIネット銀行カードローン

住信SBIネット銀行カードローン

WEB完結でお申込み〜借入・返済まで可能!かしこい大人のカードローン

WEBからお申込み可能!WEBやコンビニ提携ATMなら借入も返済はいつでも手数料無料。追加返済も何度でも手数料0円で、利息負担を軽くできるから、初めてのかたでも安心です。

金利(実質年率) 1.590%〜14.790% 審査時間 -
借入限度額 10万円〜1200万円 融資スピード -
無利息期間 - WEB完結 融資まで

特徴

条件によっては、基準金利からさらに最大<年0.6%>金利を引下げとなるかも!

【条件1】住信SBIネット銀行所定ミライノカード(JCB)を保有し住信SBIネット銀行の口座を引落口座に設定されている場合、【条件2】SBI証券口座保有登録済または、住信SBIネット銀行住宅ローン残高がある場合など、条件1,2の両方を満たした方は、基準金利から最大年0.6%引き下げとなります。

かんたん・安心の借入・返済!

借入も返済も、24時間365日コンビニ提携ATMやWEBから可能!手数料0円で追加返済もできるので利息負担を軽くできます。

すべてWEBで完結でお申込みからご契約まで可能!

郵送手続きやFAX送信などの煩わしい作業は不要。画像データにてスマホ・パソコンから必要書類を提出可能です。

口コミ・レビュー・評判

レビューを投稿する

レビュー募集中!

最初のレビューを投稿しませんか?

レビューを投稿する
住信SBIネット銀行カードローン
住信SBIネット銀行カードローン
金利(実質年利)
1.590%〜14.790%

審査基準

契約時年齢 満20歳〜満65歳
申込資格 次の条件をすべて満たす個人のお客さま
・申込時年齢が満20歳以上満65歳以下であること
・安定継続した収入のあること
・外国籍の場合、永住者であること
・保証会社の保証を受けられること
・住信SBIネット銀行の普通預金口座を保有していること(同時申込可)
資金使途 原則自由(ただし事業性資金はご利用いただけません)
必要書類 本人確認書類(写)
1.運転免許証
2.個人番号カード(マイナンバーカード)※通知カードは不可
3.住民基本台帳カード(写真付き)
4.在留カード特別永住者証明書
5.各種健康保険証
6.パスポート
収入確認書類(写)
以下の最新のもののいずれかの写しを、提出期限までに到着するよう送付。
給与所得者の場合
1.源泉徴収票
2.市区町村が発行する所得証明書(住民税課税決定通知書等)
3.確定申告書
・税務署への持参又は郵送により提出した場合:税務署の受付印のあるもの
・e-Tax(電子申告)を利用して提出した場合:申告書の写しおよび受信通知
4.給与明細直近1ヵ月分(勤続年数が1年未満で1〜3が取得できないとき)
個人事業主および法人代表者の場合
1.市区町村が発行する所得証明書(住民税課税決定通知書等)ただし納税証明書のときはその1、その2、その3すべてとする。
2.確定申告書(付表付)
担保 不要
保証人 不要
保証料 不要
対象地域 -
備考 審査条件により、別途審査書類の提出等のお願いをすることがあります。

申し込み

申込方法 インターネット(パソコン、スマートフォン)
申し込みから借入(融資)までの流れ
STEP1 申し込み

お申込みボタンから申込画面へ進み、必要事項を入力。 ※住信SBIネット銀行の口座をお持ちでない場合「口座開設とカードローンの同時申し込み」を選択

STEP2 仮審査

入力情報をもとに仮審査。終了後、登録メールアドレスに審査結果をご連絡。 ※勤務先、携帯電話などにご連絡がいく場合があります。申込内容、時間帯によってはお時間がかかる場合があります。

STEP3 収入確認書類(写)のご提出

ご希望借入額または審査結果に応じて、収入確認書類(写)のご提出が必要な場合がございます。仮審査承認後、PC・スマートフォン(WEBアップロード)、FAX、郵送のいずれかの方法でご提出ください。

※書類提出期限は、仮審査完了時のお知らせに記載。※「カードローン仮審査終了のお知らせ」の配信日から14日間を経過しても収入確認書類(写)が到着しない場合には、住信SBIネット銀行所定の方法で本審査を進めます。

STEP4 本審査

本人確認の為、勤務先、携帯電話などに電話でご連絡。

※勤務先への在籍確認がとれない場合は、お申し込みが取り下げとなる場合があります。

STEP5 手続き完了

カードローン口座が開設され、メールとメッセージボックスにてお知らせ。 WEBサイト、提携ATMから借入可能となります。 ※WEBサイト、利用可能ATMからお借入ができます。

土日審査 -
来店 不要
WEB完結 融資まで
融資スピード -
審査時間 -
即日借入の条件 -

金利

借入限度額別の年率
借入限度額 金利(実質年率)
10万円以上〜100万円以下 7.990〜14.790%
100万円超〜200万円以下 6.390〜11.990%
200万円超〜300万円以下 5.290〜8.990%
300万円超〜500万円以下 4.990%
500万円超〜700万円以下 3.990%
700万円超〜900万円以下 2.990%
900万円超〜1,000万円以下 2.490%
1,000万円超〜1,100万円以下 2.390%
1,100万円超〜1,200万円以下 1.590%
  • 掲載情報は2020年4月1日の情報です。
  • 金利はご利用限度額に応じて決定されます。
  • 審査の結果によってはご希望に添えない場合があります。
金利体系 変動金利です。金利は金融情勢等により見直すことがあります。基準金利はWEBサイト内「金利のご案内」に表示します。
金利優遇とその条件 条件1:住信SBIネット銀行所定のミライノカード(JCB)を保有し、かつ住信SBIネット銀行の口座を引落口座に設定されている場合は0.1%引下げ
条件2:SBI証券口座保有登録済または、住信SBIネット銀行住宅ローン※残高がある場合は0.5%引下げ
※条件1と条件2の両方を満たしている場合は0.6%引下げ
契約期間 12ヶ月
契約成立日の1年後の応当日の属する月の末日とし、自動更新とします。ただし、契約更新審査により更新をお断りさせていただく場合があります。
お金の借り方 口座振込、ATM(提携金融機関)、ネットキャッシング、コンビニエンスストアに設置のATM等
無利息期間 -
借入無利息期間の条件 -

返済

返済方式 残高スライド方式
返済金額
残高スライドリボルビング返済とし、返済額は前月末の借入残高に応じます。
借入残高 返済額
残高2,000円以下 前月末時点の貸越残高
残高2,000円越10万円以下 2,000円
残高10万円越20万円以下 4,000円
残高20万円越40万円以下 6,000円
残高40万円越60万円以下 8,000円
残高60万円越80万円以下 11,000円
残高80万円越100万円以下 15,000円
残高100万円越200万円以下 20,000円
残高200万円越300万円以下 25,000円
残高300万円越400万円以下 30,000円
残高400万円越500万円以下 40,000円
残高500万円越600万円以下 50,000円
残高600万円越700万円以下 60,000円
残高700万円越800万円以下 70,000円
残高800万円越900万円以下 75,000円
残高900万円越 80,000円
  • 掲載情報は2019年9月24日の情報です。
  • 残高スライドリボルビング返済。毎月の約定返済日に、代表口座の円普通預金より自動引落しします。随時返済をされた場合にも約定返済は別途必要ですのでご注意ください。
利息の計算方法 毎日の最終借入残高について付利単位を1円とし、1年を365日とする日割計算とします。
お金の返し方 ATM(提携金融機関)、口座振込、口座自動引落、コンビニエンスストアに設置のATM等
返済日 毎月5日(銀行休業日の場合は、翌営業日)
繰上返済 無料
金額指定返済
・WEBサイトにて任意の金額を代表口座円普通預金から振替えることにより返済
・利用可能ATM等からの返済(ただしキャッシュカードをお持ちでないお客さまはATMでも返済はできません)
備考 ※毎月1日から末日までの利息を約定返済日に借入残高に組み入れます。
※約定返済は引落としのみです。随時返済をされた場合にも約定返済は別途必要ですのでご注意ください。

手数料・その他付帯サービス

手数料・年会費等 無料
クレジットカード機能 -
その他の付帯機能・サービス -
会員特典等 -
WEB明細書 対応

店舗

店舗所在地 -
無人契約機設置場所 -

提携金融機関・利用ATM

提携金融機関 イオン銀行、セブン銀行、ローソン銀行
借入できるコンビニエンスストア コンビニエンスストアに設置してある下記ATMでご利用が可能です。
イオン銀行、セブン銀行、E-net(ファミリーマート、スリーエフ等に設置)、ローソン銀行
※一部ATMを設置していない店舗等があります。
返済できるコンビニエンスストア コンビニエンスストアに設置してある下記ATMでご利用が可能です。
イオン銀行、セブン銀行、E-net(ファミリーマート、スリーエフ等に設置)、ローソン銀行
※一部ATMを設置していない店舗等があります。

遅延損害金・注意事項

遅延損害金 年率20%
その他注意事項 詳しくは、住信SBIネット銀行WEBサイトをご確認ください。

企業情報

社名 住信SBIネット銀行株式会社
社名(英文名) SBISumishinNetBank,Ltd.
本社所在地 東京都港区六本木1-6-1泉ガーデンタワー18階
電話番号 0120-974-646
URL https://www.netbk.co.jp/
設立 2007年
資本金 31,000,000千円
主要株主 住友信託銀行株式会社50%
SBIホールディングス株式会社50%
事業内容 銀行業
登録番号 関東財務局長(登金)第636号
加盟団体 全国銀行業協会
個人信用情報機関 全国銀行個人信用情報センター、(株)日本信用情報機構
お問い合わせ先 0120-974-646
受付時間:月〜金9:00〜18:00土、日、祝日9:00〜17:00
※5月3〜5日・12月31日〜1月3日を除く
住信SBIネット銀行カードローン
住信SBIネット銀行カードローン
金利(実質年利)
1.590%〜14.790%

住信SBIネット銀行カードローンの基礎知識

住信SBIネット銀行カードローンは住信SBIネット銀行が提供している銀行系のカードローンです。 
住信SBIネット銀行とは、SBIホールディングスの三井住友信託銀行が共同で出資して作られたネット専業の銀行です。

SBIグループのSBI証券との連携を重視している点が特徴で、銀行と証券間での運用を共有しやすいシステムを多く取り入れています。 
そうしたことも踏まえ、実店舗がないネット銀行ということもあり、一般的な大手銀行とは異なった特徴を多く持っています。

住信SBIネット銀行カードローンの特徴について

住信SBIネット銀行カードローンは銀行系のカードローンであり、金利や最低返済額、手続き方法など基本的な部分では他の銀行と似たところを多く持っていますが、SBI証券との連携からくる特色や、多くの独自のサービスを行っているため多少複雑な面があります。 
また公式ホームページでも専門用語が非常に多く用いられているので初めての方には少しわかりにくいかもしれません。

以下からは、少しずつかみ砕いて説明していきましょう。

(1)2つのコースがあり、審査結果に応じて決定される

住信SBIネット銀行カードローンは金利の点で二つの用意されている点が特徴的です。 
「プレミアコース(年1.59%~7.99%)」と「スタンダードコース(年8.99%~14.79%)」の二つで、見てもわかるように金利に大きな差があり、プレミアコースは非常にお得です。

ただしこれらのコースは利用者側から任意に選ぶことはできず、審査を受けた後に審査側の判断で適用されることになります。 
当然審査の評価が高いほうがプレミアコースを選択できる可能性は高いわけですが、しかしスタンダードコースのほうも他の銀行に比べて決して条件が悪いわけではなく、むしろ標準に近い金利になっています。

(2)金利の引き下げ特典を条件に該当すれば受けることができる

また住信SBIネット銀行カードローンでは、利用者が一定の条件を満たした場合に、金利を所定よりさらに引き下げることのできるサービスも行われています。 
これもグループ企業との連携による独特のサービスで、関連会社の多い住信SBIネット銀行カードローンならではの特典と言えるでしょう。

やや複雑な側面もありますが、条件さえ満たすことができればかなりお得になるので、きちんと条件をチェックして積極的に利用していくようにしましょう。

住信SBIネット銀行カードローンの金利引き下げの条件はどうなっている?

金利を引き下げることのできる条件はまず、SBI証券の口座を登録している場合、そして住信SBIネット銀行での住宅ローンの残高がある場合があります。 
これらに該当すると基準金利より金利年0.5%の金利引き下げが可能です。

また、JCBミライノカードを所持しており、引き落とし口座に設定されている場合には金利年0.1%が引き下げられます。 
仮に上述した二つを同時に満たしている場合には、合わせて0.6%、金利を引き下げることができます。

(3)審査結果が回答されるまでは数日程度かかる

住信SBIネット銀行カードローンは銀行系のカードローンであるため、即日の融資を受けることはできません。 
これは他の銀行系カードローンでもすべて同じことが言えます。

そのため、審査時間についてはっきりとしたことは言えず、申し込みから融資までは数日程度かかると考えられます。 
また、申し込みの際に住信SBIネット銀行の口座を持っていなかった場合には口座開設も必要になるため、そのキャッシュカードが郵送されてくる一週間から十日程度の時間は必要になるでしょう。

(4)融資までがスムーズにしたいのであれば、住信SBIネット銀行の口座を持っておこう

また逆に、既に住信SBIネット銀行の口座を開設済みである場合にはカードローンの申し込みも比較的円滑に進めることができると言えるでしょう。 
手続きが済めば手元に持っているキャッシュカードにカードローンとしての機能が付与されるので、契約が終了した時点からすぐにキャッシュカードをローンカードとしても利用することができます。

ただしすぐとは言っても土日祝日は審査業務も休止となっているため、いつでもすぐというわけにはいきません。 
平日の営業日まで待つことになります。

(5)ネット上で全ての手続きを完結できる

住信SBIネット銀行はネットバンキングであるため実店舗というものが存在していません。 
しかしだからこそ、手続きはインターネット上で全て済ませることができ、カードローンにおいても同様にネット上で全て完結させられます。

条件に応じて収入を証明できる書類を提出する必要がある場合もありますが、他の点についてはわざわざ窓口へ出向いたりといった面倒もなく手続くを進めることができます。 
こうしたやり取りを面倒と感じる方には向いていると言えるでしょう。

(6)最低返済額は月々2,000円から

住信SBIネット銀行カードローンは最低返済額を月々2000円からに設定しています。 
この月々2000円という返済額は他のカードローンに比べてもかなり低い水準で、毎月の返済の負担が軽くて済むという点でかなり使いやすいと言えます。

返済額が少ないということはその分返済期間が長くなってしまう側面もありますが、当面のお金のやりくりに苦労しており、まずは低めから返済していきたいという状況などでは非常にありがたい設定です。

(7)最大1,200万円の融資限度額

住信SBIネット銀行カードローンではプレミアコースを選択した場合、最大利用限度額が1200万円と非常に高い設定になっています。 
これは日本の全カードローンの中でも非常に高い水準です。

ただし気を付けておきたいのは、この最大利用限度額いっぱいまで利用できるという人は基本的にあまり多くはありません。 
融資額は申込者の経済状況によって決められるので、1200万円を借り入れることができるのは1200万円の返済が難しくないと審査側に判断された方のみです。

ですので、カードローンの選択において一定以上の最大利用限度額はそこまで重視するポイントにはなりません。

(8)提携ATMの手数料は全て無料!

住信SBIネット銀行カードローンにおいては、提携しているATMの利用手数料すべてが無料になっています。 
提携しているコンビニのATMは24時間の利用に対応しており、これらがすべて利用手数料無料というのは一般的なカードローンの中でも珍しいです。 
これはかなり大きなメリットと言えるでしょう。

このように、住信SBIネット銀行カードローンはかなりお得な独自のサービスを提供していますが、他の大手銀行のカードローンと比べた場合にはどうでしょうか。 
以下からはそうした大手銀行のカードローンと比較していきます。

カードローンに利用を検討している場合にやはり気になるのは大手銀行が提供しているカードローンです。 
大手銀行はその名前だけでも信頼感がありますし、余裕のある体力で利便性の高いサービスを提供していることも多くあります。

ただここで気を付けておきたいのは、カードローンを比較する場合、ここまで説明してきた住信SBIネット銀行カードローン自体がそうであるように、独自のサービスによってそれぞれ条件が異なり、一概に数字だけで比較しがたいことも多くあるということです。 
カードローンを比較する際には単純な数値だけでなく、付帯するサービスについても同時に比較することが大事です。

住信SBIネット銀行カードローンは他にはない強みも多いカードローンですが、当然それだけではなく他と比べて使いにくい点もあります。 
強みとして挙げられるのはやはり他と比べても非常に低い金利のコースが存在している点です。

対して弱みと言えるのは、申し込み条件がやや厳しめであることと、申し込みから融資までにかかる時間です。 
住信SBIネット銀行カードローンでは、専業主婦や年金収入のみの方の申し込みは受け付けていません。 
また申し込みから融資までに数日間、特に口座を持っていない場合には一週間から十日の期間がかかります。この点は弱みと言えるでしょう。

カードローンを選択する際には、公表されている条件を検討することも大事ですが、実際に利用した人たちによる声というものも重要です。 
口コミには公表されている数字だけでは見えてこない実感を伴った参考になる意見も多くあります。 
そこで住信SBIネット銀行カードローンの口コミについても少し触れておきましょう。

住信SBIネット銀行カードローンの口コミで多い評判はやはり、金利の低さです。 
ただし金利コースは自分で選べないこともあり、そこには不満もあるようです。 
また悪い評判はやはり審査時間の長さ。少なくとも急ぎの融資を求めている人にとっては向いていないようです。

それではあらためてここで、住信SBIネット銀行カードローンを利用するのに向いている人と向いていない人についてもまとめておきましょう。 
向いている人を簡潔に言うならば、まず安定した比較的高い収入があり、その上で低金利を求めている人です。

金利の低いプレミアコースはその分条件も高くなります。

その条件に適う人は向いていると言えるでしょう。 
逆に向いていない人は、こうした審査で高い評価を受ける自信がない人と、融資をなるべく早く受けたい人ということになります。

住信SBIネット銀行カードローンでは、利用限度額とコースによって金利が決められています。 
また、コースは先ほど説明したように審査側によって決められますが、利用限度額に関しても審査担当者が申込者の返済能力を検討した結果、決定されることになります。

つまりその点で申込者が関与できる部分は基本的にありません。 
そして初回契約者はまだ取り引き実績がなく信用がわからないので金利は上限に設定される傾向が強く、結果、申込者の選択の幅はあまりないかもしれません。

最大年0.6%の金利優遇も条件を満たせば受けられる

住信SBIネット銀行カードローンでは金利引き下げサービスがいくつか用意されており、その条件を満たすことで最大で年-0.6%の金利優遇を受けることができます。 
金利優遇のコースは二つあり、一つめはSBI証券の口座保有登録をしているか、住信SBIネット銀行の住宅ローンの残高があることで、このどちらかを満たしていれば-0.5%の優遇が受けられます。

もう一つはJCBミライノカードを保有しており、引き落とし口座を住信SBIネット銀行に設定していることで、これを満たしていると-0.1%の優遇があります。 
二つは併用可能なので、両方を満たしていれば合計で金利が年-0.6%の優遇を受けることができるのです。

住信SBIネット銀行カードローンはこのように、かなりお得な部分も多いですが、それだけ多少、申し込み条件についてきっちりとしている側面もあります。 
たとえば「安定継続した収入」で、これは多くのカードローンでも実質同じものですが、前提条件としてはっきり公表していることで、やや厳しさを示しているとは言えます。

他には年齢が満20歳~満65歳であること、住信SBIネット銀行の口座を保有していることなどです。 
口座に関しては先も説明した通り、カードローンと同時の申し込みで構いません。

安定していて継続した収入がない人は申し込めない

住信SBIネット銀行カードローンでは、安定継続した収入がない人に対しては、申し込みを認めていません。 
具体的には収入が毎月一回以上、それが二か月以上は継続していることが必要です。

ただしこれさえ満たしていれば、雇用形態が正社員ではなく、パートやアルバイトでも申し込みが可能です。 
ですが仮にアルバイトなど安定継続した収入があったとしても、学生からの申し込みは受け付けていないと公式サイトにも明記されているので、学生の方は注意してください。

住信SBIネット銀行カードローンでは、「申し込み」から「仮審査」「必要書類の提出」「本審査」「契約」という流れで手続きが進んでいきます。 
審査の結果は最短で申し込んだ日の翌営業日に出ます。

あくまで最短なので参考ですが、この流れの中でも例えば必要書類の提出など、申し込み側がするべきところで何か不備など手間取るところがあると審査結果もそれだけ遅れてしまうので、なるべく早く借り入れたいと考えている場合には書類の準備など万全にしておきましょう。

公式サイトから申し込もう!

住信SBIネット銀行カードローンの申し込み方法は、公式ホームページからに限られています。 
住信SBIネット銀行は実店舗のないネットバンキングであるため手続きはほとんどがインターネット上に集約されており、その代わり24時間手続きが可能など、インターネット特有の恩恵にも預かっています。

ただし申し込みは土日祝24時間いつでも可能ですが、審査は平日の営業日に限られているため、手続きの進行はそれからということになります。 
土日祝に申し込んでも、結果が出るのは翌営業日以降ということを理解しておきましょう。

申込手順が住信SBIネット銀行の口座の有無によって異なる

住信SBIネット銀行カードローンの申し込みでは口座の開設が必須となるため、事前に口座を保有しているか否かでも手順が多少変わってきます。
申し込みは公式ホームページの専用ボタンから開始されますが、まず初めに口座の有無を聞かれるので、自分の状況に従ってそれぞれを選択しましょう。

口座を開設するという手続き以外の部分では、基本的にはどちらも同じ流れになっています。 
あらかじめ口座を保有している方が、手続きは簡易に済ませることができます。

仮審査では信用情報を確認される

申し込み手続きが終わると、入力された情報によってまず仮審査が行われます。 
仮審査では信用情報への照会があり、申込者の履歴が確認されます。

信用情報とは利用者のこれまでのクレジットカードや他社でのカードローンの利用について記録されているものです。 
返済の延滞や過去の金融事故などについても記録されており、もし申込者にそういった金融事故があれば審査を通過できることはまずありません。

心配な人は信用情報機関に開示請求を行い、自分の記録について確認すると良いでしょう。

仮審査に通過した後は必要書類の提出が求められる

仮審査を通過すると、次は必要書類の提出になります。 
住信SBIネット銀行カードローンでは本人確認書類と収入証明書類が必要書類となっています。

本人確認書類は具体的には運転免許証やマイナンバーカード、パスポート、健康保険証など。

外国籍の方は在留カードや特別永住者証明書などです。 
収入証明書類は源泉徴収票や所得証明書、確定申告書などです。

書類の不備は審査の遅れにもつながるので、間違いがないかあらかじめ確認しておくとよいでしょう。

本審査の際には、在籍確認が行われる

必要書類を提出すると次は本審査になり、同時に在籍確認も行われます。 
在籍確認とは、申込者が申請した勤務先にきちんと在籍しているかどうかを確認するものです。

勤務しているかどうかは返済能力に関わる重要なことなので、これは必ず行われます。 
在籍確認は審査担当者が勤務先に電話することで行われます。

在籍を確認するだけの簡単なものなので難しくはありませんが、もし電話口に出た相手が一切の質問に答えないなどあると在籍確認できなかったとして審査に落ちてしまう場合もあるので、本人が出るようにするとか、あらかじめ相手に話を通しておくなど、スムーズに話が進むようにしておくとより良いでしょう。

カードローンはお金が支給されるものではなく、あくまで借りているものです。 
そのため借入れたお金は必ず返済しなければいけません。

この返済方法についてもカードローン会社によって利用できる方法が異なります。 
そのため自分が利用したい返済方法があるという場合には、使用しようとしているカードローンがその返済方法に対応しているかどうかを確認しておかなければいけません。 
そこでここからは、住信SBIネット銀行カードローンの返済について紹介していきます。

毎月口座引き落としによる返済を行う

毎月の返済は約定返済と呼ばれています。 
住信SBIネット銀行カードローンではこの約定返済は毎月5日(銀行休業日の場合は翌営業日)に普通預金口座から自動的に引き落としされます。

そのため口座にお金さえ入れておけば、返済の際に特別な手続きなどは必要ありません。 
毎月の返済額は前月末における借入残高によって変動するので、毎月変わってしまうこともあります。

そのため約定返済の返済日の前にはある程度余裕をもって口座にお金を入れておきましょう。

繰り上げ返済はできる?方法は?

カードローンの返済をする人の中には、お金に余裕があるなどの理由で、約定返済とは別に繰り上げで返済したいという人もいるでしょう。
住信SBIネット銀行カードローンではそんな時には、パソコンや提携ATMから繰り上げ返済を行うことができます。 

繰り上げ返済の場合は借入残高の一部あるいは全部を1円単位で返済することができます。 
そのため自分の都合の付く金額だけを繰り上げ返済することができます。

繰り上げ返済をすると金利を支払う期間も短くなります。

返済が遅れてしまったときに発生する「遅延損害金」は?

カードローンはお金を借りるものなので、必ず返済しなければいけません。 
その返済に関しても、必ず返済日を守らなければいけません。ですが中には口座にお金を入れ忘れていたなどの理由で返済が遅れてしまう人もいます。  

返済が遅れてしまった時には、遅延損害金が請求されます。 
これは通常の金利とは異なり、年20.00%以下の利率で計算された金額が請求されることになります。

そのため本来の返済よりも多くの金額を支払うことになるので注意しましょう。

    カードローン人気ランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.