最終更新日:2019年05月06日

消費者金融で低金利はどこ?利息が安いカードローンを比較してみた

消費者金融でお金を借りようと考えたとき、「低金利で借りられるところが良い」と考える方は多いでしょう。

低金利のほうが返済時の利息は少なく済むので、低金利の消費者金融を選ぶのは当たり前と言えるでしょう。

しかし、どの消費者金融が低金利なのか?

これについては、分かりづらいと感じている方が多いのではないでしょうか?

消費者金融の金利は「○%~△%」と幅があるため、

『どの金利で比較すれば良いの?』
『実際、金利はいくらになるの?』

と、結局のところ低金利で借りることができず損してしまう方が多いです。

そこで今回は、

  • 低金利で借りられる消費者金融はどこなのか?
  • 金利を比較するときはどこに注目すれば良いのか?
  • 無利息サービスと低金利はどっちがお得なのか?

このあたりについて詳しく解説していきます。

消費者金融で低金利はどこなのか、お得に借りたいと考えている方はぜひ参考にしてください。

消費者金融で低金利はどこ?金利を比較してみた

消費者金融で低金利なのはどこなのか比較してみましょう。

消費者金融といってもかなりの数の業者があります。

そこで今回は、利便性を考えて「全国どこからでも申し込み・利用可能な消費者金融」だけをとりあげ比較しています。

消費者金融 金利
プロミス 4.5%~17.8%
アコム 3.0%~18.0%
アイフル 3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
レイクALSA 4.5%~18.0%
ジェイスコア 0.8%~12.0%
ノーローン 4.9%~18.0%

金利を比較するときは最高金利に注目

金利を比べるとき、注目するのは「最高金利」です。

たとえば、プロミスの金利は「4.5%~17.8%」ですが、この場合、

  • 最低金利:4.5%
  • 最高金利:17.8%

となります。

なぜ最高金利に注目するのか?
その理由は、ほとんどの人がはじめに設定される金利が最高金利だからです。

限度額が高くなるほど金利は低くなりますが、はじめから数百万円の限度額が設定されることはありません。

多くの場合、はじめの限度額は10万~50万円以下に設定されるので、適用される金利はその会社の最高金利となる可能性が高いです。

そのため、金利を比較するときは最高金利に注目しなければいけないのです。

たとえば、プロミスとアコムで金利を比較してみると、

  • プロミス:4.5%~17.8%
  • アコム:3.0%~18.0%

一見するとアコムのほうが低金利に思えますが、プロミスのほうが最高金利は低いです。

この場合、低金利で借りたいと思うならプロミスを選ぶべきです。

消費者金融で低金利はジェイスコア

金利を比較した結果、消費者金融で最も低金利なのはジェイスコアです。

ジェイスコアの金利は「0.8%~12.0%」と、最低金利だけでなく最高金利も低めです。

一般的に、カードローンは消費者金融よりも銀行のほうが低金利ですが、ジェイスコアの金利の低さは銀行カードローンにも引けを取りません。

カードローン 金利
ジェイスコア 0.8%~12.0%
りそなプレミアムカードローン 3.5%~12.475%
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%

このように、メガバンクの銀行カードローンはもちろんのこと、銀行カードローンの中でも低金利のりそなプレミアムカードローンやイオン銀行カードローンよりもジェイスコアは低金利です。

ジェイスコアは、消費者金融だけでなく銀行カードローンと比較しても低金利と言えます。

はじめは最高金利が適用される可能性が高いと説明しましたが、仮に最高金利が適用されても12.0%ですから、他の消費者金融より6.0%も金利が低いです。

消費者金融は「少額&短期利用」なら無利息サービスが低金利

消費者金融での借り入れが「少額かつ短期利用」であれば、無利息サービスがある消費者金融が低金利です。

消費者金融でお金を借りる人は、2年、3年と長期に渡って返済する人もいれば3ヶ月程度の短期間で返済する人もいます。

また、借り入れする金額も違うでしょう。

10万円以下の少額借り入れをする人もいれば、30万円、50万円とある程度まとまった借り入れする人もいます。

このように、返済期間や借入金額によって、金利の考え方は変わってきます。

ただ単に低金利の消費者金融を利用すればよいというわけではないのです。

少額&短期返済なら無利息サービスが一番の低金利

大手消費者金融では、ある一定期間利息0円になるサービスが利用可能です。

これを「無利息サービス」と言いますが、借入額が10万円以下で返済期間が1年程度であれば、低金利の消費者金融を利用するよりも利息を節約できます。

つまり、消費者金融で一番低金利とされるジェイスコアよりも、無利息サービスがある消費者金融のほうが払う利息が少なくて済むことがあるということです。

無利息サービスVS低金利!利息が少ないのはどっち?

では、実際に無利息サービスと低金利の消費者金融ではどっちが利息が少なくて済むのか比較してみましょう。

比較する消費者金融は次の3社です。

消費者金融 金利 無利息サービス
アコム 3.0~18.0% 30日間無利息
レイクALSA 4.5~18.0% 5万円まで180日間無利息
ジェイスコア 0.8~12.0% なし

アコムは30日間の無利息サービスがあり、レイクALSAは5万円まで180日間無利息があります。

比較する金額は「10万円」「30万円」「50万円」とします。

10万円を借り入れする場合の利息総額

None 3ヶ月 6ヶ月 1年
アコム 1,419円 3,542円 7,306円
レイクALSA 971円 1,448円 4,061円
ジェイスコア 1,977円 3,365円 6,438円

10万円以下の借り入れの場合、レイクALSAが最もお得です。

少額借り入れの場合、5万円まで180日間無利息サービスは効果的と言えます。

返済期間が3ヶ月程度なら、アコムの30日間無利息サービスもジェイスコアよりお得です。

30万円を借り入れする場合の利息総額

None 3ヶ月 6ヶ月
アコム 4,347円 10,860円
レイクALSA 6,665円 11,088円
ジェイスコア 5,935円 10,399円

借入額が30万円の場合、返済期間が3ヶ月以下ならアコムの30日間無利息サービスが最もお得です。

返済期間が6ヶ月以上になると、低金利のジェイスコアがお得になります。

借入額30万円を短期で返すとなると月々の返済負担が大きくなるため、恐らく多くの人が6ヶ月以上の期間をかけて返済することになるでしょう。

そのため、消費者金融で30万円以上借りようと考えている場合はジェイスコアで借りるのが良いでしょう。

50万円を借り入れする場合の利息総額

None 3ヶ月 6ヶ月
アコム 7,231円 18,176円
レイクALSA 12,597円 21,530円
ジェイスコア 9,893円 17,284円

50万円を借りる場合は、返済期間が3ヶ月以下ならアコムの30日間無利息サービスが最もお得です。

一方で、返済期間が6ヶ月以上になると低金利のジェイスコアが最もお得になります。

やはり、借入額が大きい場合、消費者金融で借りるのはジェイスコアが最も利息が少なくて済みます。

どの消費者金融を利用すればいいの?ケーススタディ

比較した結果をもとに、どの消費者金融を利用すればいいのかご紹介します。

10万円以下の借り入れはレイクALSA

10万円以下の少額借り入れの場合は、5万円まで180日間無利息があるレイクALSAが最もお得です。

借入額が10万円程度だと適用金利は、

  • レイクALSA:18.0%
  • ジェイスコア:12.0%

このように金利差が大きいですが、それでも180日間無利息を使うことでジェイスコアの低金利を凌駕してしまいます。

ただし、返済期間が1年以上かかってしまうと、ジェイスコアのほうが利息は少なくて済みますので、その点は注意してください。

借入額30万円以上はジェイスコア

借入額が30万円以上の場合は、低金利のジェイスコアが最もお得です。

返済期間が3ヶ月以下なら、無利息サービスを使用するほうが利息は少なくて済みますが、借入額30万円以上の場合、一月の返済負担が大きくなります。

そのため、返済期間は長期にわたる可能性が高いので、ジェイスコアで借りるほうがお得になるでしょう。

無利息サービスがある消費者金融

無利息サービスのある消費者金融と無利息が適用される期間は以下のとおりです。

消費者金融 金利 無利息期間 利用条件
プロミス 4.5~17.8% 初回借入日の翌日から30日間 ・メール登録・Web明細の設定
アコム 3.0~18.0% 契約日の翌日から30日間 返済日を「35日毎」に設定
アイフル 3.0~18.0% 契約日の翌日から30日間 特になし
レイクALSA 4.5~18.0% 契約日の翌日から30日間
レイクALSA 4.5~18.0% 契約日の翌日から180日間 借入額5万円までに適用
ノーローン 4.9~18.0% 借入日の翌日から7日間 完済した月の翌月から利用可能

ほとんどの消費者金融が「契約日の翌日」から無利息期間が自動的に開始されますが、プロミスとノーローンは借り入れした日の翌日から開始となります。

借り入れしない限り無利息期間が開始にならないので、自分のタイミングで無利息サービスを利用することができます。

無利息サービスは原則初回のみ利用可能ですが、ノーローンだけ完済すれば繰り返し利用可能となっています。

【要注意】低金利の消費者金融でも返済期間が長いと利息は高くなる!

消費者金融同士で金利を比較した結果、ジェイスコアが最も低金利だということがわかりました。

また、ジェイスコア以外の消費者金融は最高金利が18.0%程度と高めでも、無利息サービスを使うことで、ジェイスコアよりもお得になる場合もあるということもわかりました。

しかし、どんなに低金利でも、無利息サービスを使っても返済期間が長いと利息は高くなるので注意してください。

消費者金融で借り入れする際、金利だけに注目してしまうと損するかもしれません。

同じ条件で返済期間が長くなると

ジェイスコアで金利12.0%で30万円借りた場合に、返済期間を12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月で返済シミュレーションしてみました。

返済期間 毎月の返済額 返済総額
12ヶ月 27,000円 319,325円
24ヶ月 15,000円 335,817円
36ヶ月 10,000円 357,431円

このように、返済期間が長くなるほど返済総額に大きな差が出ます。

もちろん、返済期間が短いと月々の返済額は多くなるので、無理のない範囲で返済していくようにしましょう。

低金利&長期返済と高金利&短期返済の場合

ジェイスコア(最高金利12.0%)とアコム(最高金利18.0%)では、多くの方がジェイスコアを選ぶはずです。

しかし、低金利で長期に渡って返済するのと、高金利で短期返済するのではどちらがお得になるのでしょうか。

  • 借入額50万円・金利12.0%・60回で返済
  • 借入額50万円・金利18.0%・30回で返済

以上の条件で比較してみました。

消費者金融 金利 返済期間 返済総額
ジェイスコア 12.0% 60回 647,069円
アコム 18.0% 30回 620,968円

このように、低金利でも返済期間が長くなることで利息を多く払うこととなり、結果として返済総額が高くなります。

消費者金融を選ぶ際は金利も大切ですが、返済期間を短くすることも同じように大切です。

特に、借入額が高額になるほど返済期間が長引くと利息は高く付きます。

消費者金融で高額借り入れを考えている方は、どのぐらいの期間で返済するのかきちんと計画を立てましょう。

返済期間を短くするなら繰り上げ返済が有効

返済期間が長いと利息を多く払うことになると説明しました。

しかし、返済期間が短いほど利息を節約することができますが、月々の返済負担が大きくなってしまいます。

毎月の返済額が大きすぎて返済日に返済できない、延滞してしまっては意味がありません。

そこでおすすめの返済方法が、繰り上げ返済です。

通常、消費者金融では「毎月○日に△円返済する」と決められています。
これを約定返済といい、決められた返済日を過ぎても返済しなかった場合は延滞となります。

つまり、必ず払わないといけない返済ということです。

約定返済に対し、自分の好きなタイミングで好きな金額だけ返済することを繰り上げ返済といいます。

中には繰り上げ返済できない消費者金融もありますが、大手ならどこも繰り上げ返済が可能です。

繰り上げ返済することで元金が早く減り、結果として返済期間を短くすることができます。

繰り上げ返済はすべて元金返済に充てられる

繰り上げ返済でなぜ返済期間を短くすることができるのか、その理由は繰り上げ返済で払った分はすべて元金返済に充てられるからです。

たとえば、約定返済で1万円の返済をするとまずは利息5,000円の返済に充てられ、残った5,000円が元金返済に充てられます。

これに対し、繰り上げ返済で1万円返済するとすべて元金返済に充てられます。

約定返済では10,000円払っても元金は5,000円しか減らないのに、繰り上げ返済では元金は10,000円減らすことができます。

同じ金額の返済でも、元金の減り具合に差が生じるのです。

利息は元金に対して発生するので、元金が減ればその分利息を減らすことができるというわけです。

臨時収入が入った、ボーナスが入ったなど、お金に余裕があるときは繰り上げ返済で返済期間を短くし、利息節約に努めましょう。

まとめ

今回の記事のポイントをまとめると・・・

最高金利を比較する
消費者金融で最も低金利はジェイスコア
少額の借入なら無利息サービスがお得
高額の借入ならジェイスコアがお得
返済期間が長引くと低金利でも利息が多くなる
高金利でも返済期間を短くすれば利息節約になる

消費者金融を初めて利用する場合、殆どの場合適用されるのは最高金利なので、比較するときは最高金利に注目するようにしましょう。

基本的にはジェイスコアで借りるのがお得ですが、10万円以下などちょっとだけお金を借りたい場合は、無利息サービスのある消費者金融を検討するのも良いでしょう。

すでに消費者金融を利用している方は、できるだけ繰り上げ返済をして元金を減らしましょう。

低金利じゃなくても返済期間が短くなれば支払う利息が違ってきます。