最終更新日:2020年01月29日

千葉銀行カードローンの審査時間は?審査結果までの時間

千葉銀行カードローンは、使い道が自由な個人向けの無担保ローンです。
限度額の範囲内であれば繰り返し使うことができるもので、他社からの借り換えに使うことも可能です。
借り入れをしなければ利息や手数料なども発生しません。
そのため困ったときのために作っておくのも良いでしょう。以下は簡単な商品スペックです。
[千葉銀行カードローン]
金利(変動金利):年1.7%~14.8%
限度額:10万円~800万円
返済方式:高スライドリボルビング方式
対象年齢:契約時の年齢が満20歳以上満65歳未満の方
保証会社:エム・ユー信用保証株式会社
申し込み条件:
1.安定した収入のある方 
2.住まい、またはお勤め先の所在地が千葉銀行本支店の営業地域内にある方(一部の地域を除く)
3.エム・ユー信用保証(株)の保障が受けられる方
4.他にクイックパワー、クイックパワー「アドバンス」のカードローンを持っていない方

千葉銀行カードローンに申し込みできる人

千葉銀行カードローンに申し込みできる人についても見ていきましょう。
利用条件は以下の通りです。
[千葉銀行カードローン利用条件]
1.契約時の年齢が満20歳以上満65歳未満の方
2.住まい、またはお勤め先の所在地が千葉銀行本支店の営業地域内にある方
3.エム・ユー信用保証(株)の保障が受けられる方
4.他にクイックパワー、クイックパワー「アドバンス」のカードローンを持っていない方
上記の条件を満たせば正社員以外のかたでも申し込みが可能です。インターネット支店での取引を希望する場合は、
・千葉県全域
・東京都全域
・茨城県全域
・埼玉県全域
・神奈川県(横浜市、川崎市)
に住所か勤務先があれば利用することができます。

千葉銀行カードローンの利点とは?

「住所または勤務先が千葉銀行本支店の営業地域内にある方」にとっては、とても便利なのが千葉銀行カードローンです。
そこで、この千葉銀行カードローンについてさらに詳しく見ていきましょう。まずは千葉銀行カードローンを選ぶことで得られるメリットです。
カードローンを選ぶうえで「どんなメリットがあるのか」を知るのはとても大切なことですよね。
では千葉銀行カードローンを使うことのメリットには、何があるのでしょうか。

千葉銀行の口座を持っていなくても申し込み可能

千葉銀行カードローンのメリット1つめは「千葉銀行の口座を持っていなくても申し込み可能」であることです。
「今は千葉銀行の口座を持っていないから申し込みができないかも」と考える人もいるかもしれません。
しかし現在千葉銀行の口座を持っていなくても千葉銀行カードローンへの申し込みは可能なのです。
ただし返済方法は口座からの自動引き落としとなります。そのためカードローンを申し込むときは千葉銀行普通預金口座の開設を同時に行うことが条件となります。

カードローン入金サービス

千葉銀行カードローンのメリット2つめは「カードローン入金サービス」です。
これは、カードローンの契約が完了後すぐに借り入れを希望するかたに対して、限度額の範囲内で指定口座に入金してくれる、というものです。
審査結果の連絡が正午までに完了したかたの場合当日中の借り入れも可能です。
審査は土日を含む7時~23時の対応となっています。
そのため、急いで融資を受けたいというかたの場合は、可能な限り早めに申し込みをしておくことをおすすめします。

月々2,000からという返済額

千葉銀行カードローンのメリット3つめは、10万円までの借り入れであれば返済額が月々2000円からとなることです。
40万円超50万円以下の借り入れの場合でも月々の返済額は1万円で良く、繰り上げ返済も可能であるため、返済の負担が大きくありません。
また返済は自動引き落としとなるため、口座に入金さえしておけば返済を忘れるということもありません。
最低返済額が低いうえに返済忘れの可能性が防げるのは大きなメリットですよね。

低金利で借り入れが可能

千葉銀行カードローンのメリット4つめは、金利の低さです。
千葉銀行カードローンの金利は1.7~14.8%となっていて、低金利で融資を受けることが可能です。
消費者金融の場合、利用限度額100万円未満なら金利は18%。
少額を短期間借り入れるだけなら、それほど大きな差はありません。
しかし借り入れ額が大きくなるにつれて金利の影響は大きくなります。
そのため金利を抑えたいかたは、銀行のカードローンがおすすめなのです。

Webで手続きによって来店不要、郵送手続きも不要

千葉銀行カードローンのメリット5つめは、Webで手続きが完結し、来店不要や郵送手続きも不要な点です。
すでに千葉銀行の普通預金口座とキャッシュカードを持っている場合、申し込みから契約までの手続きが全てWebで完結するのです。
さらに面倒な書類の提出もありません、
ただし、キャッシュカードを持っていない場合はWeb完結を利用できないため、それ以外の方法で申し込む必要があります。
なお毎週日曜日の19時~月曜日の8時はWeb完結申込の受付時間外となるため注意してください。

自動返済

千葉銀行カードローンのメリット6つめは、口座からの自動返済となるため、返済忘れの心配がないことです。
毎月1日に、決められた金額が自動で口座から引き落としになる仕組みとなっています、
そのため、あらかじめ口座に必要な金額を入金さえしておけば、わざわざ返済のためにATMに行ったり、手数料をかけて振り込みをしたりする必要がありません。これは大きなメリットですよね。もちろん事前に入金しておくことは忘れないようにしてくださいね。

他社からのおまとめ・借り換えに利用OK

千葉銀行カードローンのメリット7つめは、金利が低いことから、複数の借り入れのおまとめや、他社からの借り換えにも適しているという点です。
もちろん、月々の返済額や利息の支払い総額を増やさないために、借り換えなどは慎重に検討する必要はあります。
しかし利用している他社の平均金利が、千葉銀行カードローンの金利よりも高い場合は借り換えのほうがおとくになる可能性があります。
複数の借り換えをしていて管理が大変という場合は、借り換えも考えてみると良いかもしれません。

千葉銀行カードローンのデメリットとは?

千葉銀行に限らず、カードローンを契約・利用する場合にはデメリットについてもあらかじめ把握しておく必要があります。
なぜならメリットのみを見て契約してしまうことにはリスクがあるからです。あとから「これは事前に思っていたのと違う」とならないようにしなくてはなりません。そこで、ここからは千葉銀行カードローンのデメリットについてもしっかり紹介します。
メリットだけでなくデメリットについてもきちんとチェックしてくださいね。

即日融資に対応していない

千葉銀行カードローンのデメリット1つめは、即日融資ができないということです。
消費者金融などでは即日融資を行っていますよね。
しかし2018年から銀行カードローンは即日融資ができなくなったのです。
これは逮捕歴や犯罪歴などを確認するために警視庁のデータベースと照合しなくてはならないというルールになったためです。
そのため受付の時間や混雑状況などにより、申し込みから借り入れまで最短でも3営業日前後が必要となります。
ここに休日が入るとさらに完了までの日付は伸びてしまいます。
どうしても急いで融資を受けたいという場合は、銀行カードローン以外の利用を検討しましょう。

千葉銀行の講座開設が必要

千葉銀行カードローンのデメリット2つめは、カードローン申し込み時に、口座開設の必要があるということです。
現在口座を持っていなくても申し込みをすることはできます。
ただし返済用の口座は千葉銀行の口座となっています。
そのため、新しく口座を開設しなくてはならないのです。
「カードローンの契約や返済のためだけに口座を増やしたくない」という人にとっては、これはデメリットですよね。
もちろん現在千葉銀行の口座を持っているかたは新たに作る必要はありません。

千葉銀行カードローンと他社を比較

次に千葉銀行カードローンと他社を比較してみましょう。
金利は金融機関により違いがありますが、千葉銀行カードローンは大手の都市銀行と比較しても大きな差はありません。
[千葉銀行カードローンと他社の金利]

千葉銀行カードローン…金利(1.7~14.8%)、借り入れ限度額(10~800万円)
みずほ銀行カードローン…金利(2.0~14.0%)、借り入れ限度額(10~800万円)
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック…金利(1.8~14.6%)、借り入れ限度額(10~500万円)
三井住友銀行カードローン…金利(4.0~14.5%)、借り入れ限度額(10~800万円)

ちばぎんカードローンの審査にかかる時間とは?

カードローンの申し込みで気になるのが審査時間です。
審査が長時間かかるようなら、早めに申し込んでおかないと借入できるようになるまで時間がかかります。
ちばぎんカードローンの審査時間は厳密には決まっていませんが、審査結果が分かるのは申し込んだ翌日です。
ただし季節によっては申し込みが殺到し処理するのに時間がかかるので審査結果の通知が遅れるケースも少なからずあります。
しかし、いくら時間がかかっても2営業日よりも遅れることは滅多にありません。

審査結果通知の時間は20時半まで可能性あり

ちばぎんにカードローンを申し込む際には審査時間以外にも審査受付時間にも注意が必要です。
それは審査を受付ている時間は電話の受付時間や営業時間とは異なるためです。
審査時間が終わっていれば申し込みの受付時間以内であっても、その日のうちに審査してもらうことはできません。
カードローンは公式サイトや広告で「申し込み24時間365日いつでもOK!」などと宣伝していますが、審査は24時間対応ではないのです。
ちばぎんのカードローンの審査受付時間は20時半までとなっています。
24時間対応ではないものの一般的な銀行カードローンより長めの審査時間です

審査結果が届かない場合は担当者へ連絡してみる

通常、カードローンに申し込めば2営業日以内に審査結果がメール等で通知されます。
しかし、人間が手作業で行うものですから、どうしてもヒューマンエラーが起きて、審査の処理がどこで止まってしまう場合もあります。
3日過ぎても何の連絡も無い場合は何か問題が起きている可能性がありますから、千葉銀行のカードローン受付窓口に審査について問い合わせてみましょう。
千葉銀行のカードローンに関する問い合わせ先情報は次のとおりです。
電話番号:0120-71-7860
受付時間:平日9:00~20:00、土日祝日10:00~17:00
定休日:年中無休

信用情報に注意していれば審査通過できる可能性がある

審査が厳しいと言われる銀行系カードローンですが、ちばぎんカードローンは信用情報に不備さえなければ審査を通過できるとされています。
消費者金融に頼るしかないような専業主婦でも場合によってはチャンスがあるのです。ちばぎんで審査される信用情報の内容については一切公開されていないので断定はできませんが、落ちた方の口コミ等などからある程度内容の特定ができます。注意すべき信用情報は次のとおりです。

・現時点において、返済が滞っている借入がある
・クレジットカードの支払いを滞納している
・過去にクレジットカードや携帯電話を強制的に解約されたことがある
・奨学金の返済が長期間遅れたことがある

上記の内容に当てはまるものが無ければ審査をパスできる確率は上がります。

審査で重要となる項目は?

個人の信用情報以外にも審査で注目される重要項目があります。
カードローンの審査で最も重要視される項目は「支払い能力」です。
厚生労働省が各金融機関に融資の際は申込者の支払い能力を厳密に審査するよう指導しているほどです。
しかし支払い能力とは何でしょうか?ローンサービスの識者は支払い能力の中身を次のように定めています。

・年齢
・職業
・雇用形態
・勤務先
・勤続年数
・年収
・居住年数
・居住形態
・家族構成
・健康保険の種類

上記の項目の中に信用を失うような内容があれば審査をパスするのは難しいでしょう。

審査前にチェックしておきたいポイントとは

カードローンの審査となると年収や勤務先ばかりに気がいってしまいますが、思わぬところで足をすくわれるケースもあります。
というのも一部のカードローンは特定のエリアでしかサービスを提供していません。また、審査ができる時間帯も限られています。
そういった制限がある場合、どれだけ年収が高くとも、誰もが羨む大企業の正社員として働いていても審査に落ちる可能性があります。
ちばぎんカードローンを申し込む際に注意すべきポイントは次の3つです。
・審査を受け付けている時間帯
・ローンサービスを受けられるエリア
・利用可能な銀行口座
それぞれ詳しく見ていきましょう。

土日祝日は審査を受け付けてもらえない

ちばぎんカードローンを申し込む際の1つ目の注意点は「夜と土日祝日は審査してもらえない」点です。
申し込み自体は24時間可能ですが、審査は平日20時30分までで、土日祝日は受け付けていません。
審査の受け付け処理だけでなく審査も完了しないとカードローンは利用できませんから大問題です。
現金需要が激増する週末のショッピングを前にカードローンの申し込みを急いで済ませても、審査受け付け時間が残り少ない状態であれば、借入できるのは翌営業日以降に遅れるでしょう。 

利用可能な地域は5県

前述したとおり、銀行は利用できるエリアが決まっているケースがあります。
ローカル銀行なので地域密着型になっています。
ちばぎんカードローンもそのタイプで、利用できるエリアは次の5県に制限されています。
・千葉
・東京都
・埼玉県
・茨城健
・神奈川県
このうち神奈川県だけは横浜市と川崎市限定で、他の神奈川県下の市町村では利用できません。
気を付けてほしいのは本籍ではなく現住所が上記のエリア内にないと使えない点です。
千葉県で生まれ育った方でも関東圏以外に住んでいる場合は他のローンサービスを探しましょう。

口座を持っている人の審査について

千葉銀行の口座を持っていれば、ちばぎんカードローンの申し込みは簡単です。
既に個人情報が千葉銀行に渡していますから色々と事務処理が簡潔に済みます。
千葉銀行の口座を持っている場合のカードローンの申し込み手順は次になります。

1.インターネットを介してスマホなどで申し込む
2.仮審査の結果が通知されてくるので確認する
3.最初の審査に受かっていれば必要書類をスマホなどを使いアップロードする
4.本検査の結果を受け取る

これらの手続きは全てネットで行うことが可能で、名称は「WEB完結」とされています。

在籍確認で会社に電話連絡が来る

ちばぎんカードローンの審査では本人確認と支払い能力の確認の目的で在籍確認が実施されます。
在籍確認の目的は、カードローンの申込者が申請書に書かれた勤務先に間違いなく在籍しているか確認するためです。
正しく確認できなかった場合、即座に審査が打ち切られ融資対象として不適切とされるので注意が必要です。確認の仕方は、ちばぎんカードローンのスタッフが申請書に書かれた勤務先に電話連絡して確認して行います。ここで心配なのは仕事の同僚に借金しようとしていることがバレることですが、申込者が会社にいるか確認するだけですからバレる可能性は非常に低いです。

口座を持っていない人の審査について

千葉銀行に口座を持っていない者が、ちばぎんカードローンで借入するためには口座を持っている者に比べて多くの手順を踏む必要があります。
口座を開設するために行う本人確認などの手続きを済ませていないのが最大の原因ですが、それ以外にもいくつか手続きが必要です。
カードローンの申請となると色々とやることがありますから、手順を完結にしたいなら千葉銀行の口座を事前に用意しておくことをおすすめします。
それでは口座を持っていない場合の、ちばぎんカードローン申し込み方法について解説しましょう。

身分証明書の郵送が必要

簡単に申し込みを済ませることが可能なWEB完結でも千葉銀行の口座を持っていないと必要な手続きが増えます。
まずは本人確認のための身分証明書の送付が欠かせません。
一般的なカードローンサービスなら公式サイトに本人確認用の書類をアップロードするサービスが提供されているのですが、千葉銀行のカードローンにはありません。
そのため書類の写しは全て郵送することになります。
ネットでアップロードするのに比べて何倍もの時間がかかる点に注意してください。

とても手間がかかるネット上での口座開設

千葉銀行に口座を開設する方法は「ネット申し込み」と「店舗申し込み」の2つが用意されています。
直前の項目で説明した口座開設手順は全てネット申し込みのものです。自宅に居ながら手続きを済ますことができるネット申し込みが一見便利そうに思えますが問題もあります。
ネット申し込みは店舗申し込みに比べて手続きに時間がかかるのです。
店頭ならすぐに終わる必要書類の確認作業も郵送されるので届くまで処理が進められません。
ネット申し込みをするなら借入できるまで1週間から10日ほどかかると考えてください。

口座番号は審査後に電話で連絡

千葉銀行に口座を持っていない状態で、ちばぎんカードローンに申し込んだ場合、審査に通った後でも口座番号を通知するまで借入ができません。
審査結果は最短で申し込みの翌営業日に知らされますが、口座は開設されるまでネット申し込みなら10日ほどかかります。
仮に、ちばぎんカードローンと千葉銀行の口座を同時に申し込んだとすると、口座が開設されるまでに10日かかり、それからローンカードが送られてくるまで1週間かかります。千葉銀行の口座をネット申し込みすると借入まで最大17日かかりますから、千葉銀行の店舗が最寄りにある場合は店舗申し込みがおすすめです。

審査結果のメールが「迷惑メールフォルダ」に入ってないか確認する

審査結果が実は出ているのにその通知に気づいていないという可能性もあります。特に多いのが審査結果の通知メールが迷惑メールのフォルダに振り分けられてしまって気づかないことです。ですから、前もって迷惑メールに振り分けられないようにメールの受信設定を見直しておく必要があります。もしくは最初から迷惑メールのフォルダに振り分けられることを想定して、カードローンの審査の前後だけ迷惑メールもこまめにチェックしておくといいでしょう。

審査結果の連絡が来ない人は「担当者に電話で確認してみる」

ここまででも紹介してきましたが、千葉銀行のカードローンの審査結果は最短で翌営業日に判明します。しかし、2営業日以上審査結果が出ない場合には何らかの問題が生じている可能性もあります。もし不安で仕方ないのであれば、担当者やコールセンターに電話で相談しておくといいでしょう。どの程度審査が進んでいるのかが分かれば改めてじっくりと待つことができるかもしれません。ただ何度も確認の電話をするのは迷惑なので一度状況を聞いたらじっくりと待つようにしましょう。

審査結果は「メール」「電話」「郵送」のいずれかの方法で通知される

千葉銀行カードローンの審査結果を知る方法としては、メール、電話、郵送の3種類の方法があります。もし急ぎで審査結果を知りたいのであればメールで通知してもらうことをおすすめします。電話での通知もうまくいけば、メールと同じぐらい早く審査結果を知ることができますが、電話に出ることができなかった場合には何も記録が残らないので再び聞き返す必要があります。一方でメールの場合はすぐにそのメールを見ることができない状況にあっても後で確認することができるので便利です。

審査時間の目安を知りたい人は「10秒クイック診断」

千葉銀行カードローンには「10秒クイック診断」というサービスがあるのですが、これを利用することでたちまち審査をどの程度の時間で通過することができるのかを推測することができます。具体的に時間が分かるわけではありませんが審査の難易度は分かるようになります。その難易度から考えて、審査にかかる時間を予測するわけです。もし、なるべく早く融資を受けたくて、審査にかかる時間をある程度知りたい場合にはぜひこの「10秒クイック診断」を利用してみてください。

千葉銀行カードローンの金利と限度額

千葉銀行カードローンの金利は借り入れ限度額に応じて決められます。

[千葉銀行カードローンの金利]
借り入れ限度額800万円…適用金利年1.7%
借り入れ限度額660万円~790万円以下…適用金利年3.5%
借り入れ限度額510万円~650万円以下…適用金利年4.0%
借り入れ限度額410万円~500万円以下…適用金利年4.3%
借り入れ限度額350万円~400万円以下…適用金利年5.5%
借り入れ限度額300万円~340万円以下…適用金利年6.0~年12.0%
借り入れ限度額100万円~290万円以下…適用金利年9.0~年12.0%
借り入れ限度額100万円未満…適用金利年14.8%
限度額とは融資の上限のことをいいます。カードローンでは限度額の範囲であれば何度でも自由に利用することができます。
限度額が高いほうが金利は下がりますが、安易に高額な限度額で申し込むと審査落ちする可能性もあるので注意が必要です。

千葉銀行カードローンの借り入れ

では千葉銀行カードローンの借り入れ方法についても確認してみましょう。

[千葉銀行カードローンの借り入れ方法]
・千葉銀行ATM
・提携ATM
・インターネットバンキング
・テレフォンバンキング

インターネットバンキングの場合は、「ちばぎんマイアクセス」にカードローン口座を登録します。
それによってパソコンやスマートフォンを使って銀行を利用することができるものです。テレフォンバンキングではオペレーターと話しながら取引を行います。
利用する場合は「テレフォンバンキングご契約カード」に事前申し込みしましょう。

提携ATM

提携ATMを利用する場合、手数料無料で使用できる時間帯が決まっていますので事前にチェックしておきましょう。

[提携ATMと手数料無料で使用できる時間]
千葉銀行…8時45分~18時
常陽銀行…8時45分~18時
筑波銀行…8時45分~18時
東京都民銀行…8時45分~18時
武蔵野銀行…8時45分~18時
山梨中央銀行…8時45分~18時
横浜銀行…8時45分~18時
東邦銀行…8時45分~18時

上記以外の時間では、108円または216円の手数料が発生します。

自動融資サービス

千葉銀行カードローンには「自動融資サービス」というサービスがあります。
この自動融資サービスとは、口座の残高が不足している状態で、
・クレジットカードの支払い
・公共料金の引き落とし
などがあったときに、不足分の残高を自動で融資してくれるというサービスのことです。
「忙しくてうっかり支払い分の入金を忘れていた!」というときでも、利用限度額の範囲内であれば自動的に融資してくれます。
とても便利なサービスですね。

増額

千葉銀行カードローンでは、借入枠を後から増額することができます。
希望する場合は、公式ホームページの「ネットでカンタンお申込み」にある「お借入枠の増額」から審査申し込みを行うことになります。
増額審査では
・返済が遅れることはないか
・最低返済額以上をきちんと返済しているか
なども含めて審査されます。このとき信用情報が悪化していたりすると利用限度額が減額になることもあるため、日ごろから注意しましょう。
なお、申し込みから6か月以内に審査申し込みをすると「お金に困っている」と判断されることがあるため気を付けましょう。

千葉銀行カードローンの返済について

次に千葉銀行カードローンの返済方法も見てみましょう。

[千葉銀行カードローンの返済方法]
・千葉銀行ATM
・提携ATM
・インターネットバンキング
・テレフォンバンキング
・店頭

返済日は、毎月1日となり、銀行が休みの場合は翌営業日となります。
基本的には借り入れ残高に応じて決められた金額が指定預金口座から自動引き落としとなります。ただし、自動引き落とし以外の方法で随時返済が可能です。
余裕があるときは、ATMなどを利用して返済をしていきましょう。

毎月の返済額

千葉銀行カードローンでは、約定返済日前日の最終借り入れ残高に応じて毎月の返済額が決まります。
以下が約定返済額となります。
[千葉銀行カードローンの約定返済額]
残高10万円以下…返済額2,000円
残高110万円超~20万円以下…返済額4,000円
残高120万円超~30万円以下…返済額6,000円
残高130万円超~40万円以下…返済額8,000円
残高140万円超~50万円以下…返済額1万円
残高150万円超~100万円以下…返済額2万円
残高1100万円超~200万円以下…返済額3万円
残高1200万円超~300万円以下…返済額4万円
残高1300万円超~400万円以下…返済額5万円
残高1400万円超~500万円以下…返済額6万円
残高1500万円超~600万円以下…返済額7万円
残高1600万円超~700万円以下…返済額8万円
残高1700万円超~800万円以下…返済額9万円

返済が遅れたら

千葉銀行カードローンでは、毎月1日に自動引き落としで返済することになります。
では、この返済を延滞してしまったらどうなるのでしょうか。結論からいうと、新規の借り入れが停止されることになります。
もし延滞してしまった場合は、約定返済額と遅延損害金を全額返済すると、また借り入れができるようになります。
返済すれば解除されるとはいえ、やはり延滞は避けたいものです。引き落とし日前にきちんと入金をしておきましょう。

千葉銀行カードローンの必要書類とは

千葉銀行カードローンの必要書類についても紹介します。
現在すでに千葉銀行の口座とキャッシュカードがあるかたの場合はWeb完結申し込みが利用できるため、書類を提出する必要はありません。
もし現在口座を持っていない場合は、本人確認書類の写しが必要となります。
[千葉銀行カードローンの必要書類]
・運転免許証
・パスポート
・住民基本台帳カード
・在留カード など
※状況によっては、上記以外の書類が必要となる場合もあります

千葉銀行カードローンの申し込みについて

千葉銀行カードローンの申し込み方法は以下から選ぶことができます。
[千葉銀行カードローンの申し込み方法]
・パソコン
・スマートフォン
・電話
・FAX
・郵送
・モバイル
操作に慣れている方であればもっとも簡単なのはパソコンかスマートフォンになるでしょう。
しかし「パソコンやスマートフォンの操作は苦手」というかたでも、他の方法を利用すれば問題ありません。
なお郵送の場合は他の方法より時間がかかるため、日数に余裕を持って申し込みをしてくださいね。

審査と申し込みの流れ

それでは、インターネットからの審査と申し込みの流れについて紹介します。

[千葉銀行カードローンの審査と申し込みの流れ]
1.公式ホームページにアクセスし、「ネットでカンタンお申込み」をクリックする
2.必要事項を入力する
3.審査を受ける
4.審査結果を受け取る(最短で翌日~2営業日以上)
5.審査に通過したら利用申込書や本人確認書類を送付する※千葉銀行の普通預金口座があれば書類の送付は不要
6.借り入れをする
7.ICローンカードを受け取る

勤務先への在籍確認について

千葉銀行カードローンでは、審査において原則として勤務先への在籍確認が必要となります。
この電話は審査担当者の個人名でかかってきます。
在籍確認は「本当にその会社に在籍しているのか」を確認するために必要なものとなっています。
そのため避けることはできないものなのですが例外もあります。
職場では電話の対応をしていないなどの特別な事情がある場合は事前に千葉銀行に相談してみましょう。
書類によって確認するなどの方法が可能な場合もあります。

自宅への郵送物

手続きが完了するとカードローン専用のカードが簡易書留郵便で送られてきます。
このカードが届くまでの期間は約3~7日程度となります。もしカード到着前に融資を受けたい場合は「カードローン入金サービス」を利用しましょう。「ローンカードが届いたら家族に知られるかも」と思うかたもいるかもしれません。しかし封筒は銀行からとなるため、外側からはカードローン用のカードだとは分かりません。郵送は必須となりますが、どうしても自分で受け取りたいなどの事情がある場合は、あらかじめ千葉銀行に相談してみましょう。

おすすめカードローンランキング

全てのランキングはこちら
注意事項
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • プロミスのサービス表記に係る補足事項
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビットのサービス表記に係る補足事項
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSAの貸付条件
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万以上の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 千葉銀行カードローンのサービス表記に係る補足事項
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)