最終更新日:2020年01月28日

千葉銀行でキャッシングする方法!審査や金利も解説

千葉銀行のキャッシングについて【ちばぎんスーパーカード】

千葉銀行の【ちばぎんスーパーカード】をご存じでしょうか。

このちばぎんスーパーカードは
・千葉銀行のキャッシュカード
・JCBブランド、またはDCブランドのクレジットカード

の2つが一体になっている便利なカードです。クレジットカードにはキャッシング機能も付帯しています。初年度の年会費は無料、2年目以降は1350円の年会費が発生します。しかし利用条件を満たしていれば2年目以降の年会費も無料です。このカードは千葉銀行の窓口、またはメールオーダーサービスから申し込むことができます。なおJCBの単体型クレジットカードにかぎりインターネットの申し込みも可能ですがその場合はキャッシュカードとしては使えませんので申込時には注意しましょう。

クレジットカード一体型のキャッシュカード

「お財布の中には、あまり多くのカードを入れたくない」というかたもいますよね。
このちばぎんスーパーカードなら、1枚でキャッシュカード・クレジットカード両方の機能を利用できることから、大変便利です。
さらにクレジットカードではキャッシング機能も使えることから、急な出費にも対応できます。
1枚のカードでいろいろ便利に使うことができるカードですが、紛失すると手続きが面倒になるため持ち歩く際には気を付けましょう。

ちばぎんカードローンのキャッシングについて徹底解説!

ちばぎんスーパーカードに申し込みが可能なのは「満20歳以上で安定した収入がある方」となります。
申し込み型カードローンの利用条件は、「正社員で満20歳以上満65歳未満」と決められています。

個人事業主の場合に申し込みが可能となるのは
・申込型カードローン(利用可能枠50万円/融資利率年15.0%)
・自動付帯型カードローン
の2つです。また年金受給者やパート、アルバイト、専業主婦のかたが申し込めるのは「自動付帯型カードローンのみ」です。
いずれも申し込むと所定の審査を受けることとなります。ちばぎんスーパーカードのキャッシングリボ払いには、
・申込型カードローン
・自動付帯型カードローン
の2種類があります。それでは、それぞれの貸し付け条件について見てみましょう。

申込型カードローンの貸付条件

まずは、申込型カードローンの貸付条件です。

[申込型カードローンの貸付条件]
利用可能枠:50万円、100万円、200万円
融資利率:年9.0~15.0%
返済方法:毎月10日に1万円と利息を合計した金額を代金決済口座から自動引き落とし
担保、保証人:不要

適用金利は利用限度額により変わってきます。
低い金利で利用したいという場合、利用限度額が一番高い200万円で申し込まなくてはなりません。
その場合、収入によって審査落ちする可能性や、利用金額が大きくなった場合返済リスクなどもあります。
利用限度額を決める場合はしっかり検討しましょう。

自動付帯型カードローンの貸付条件

つぎに、自動付帯型カードローンの貸付条件です。

[自動付帯型カードローンの貸付条件]
利用可能枠:JCB一般およびゴールド…10~90万円、DC一般…5~70万円、DCゴールド…20~90万円
融資利率:JCB年15.0%、DC年14.95%
返済方法:毎月10日に1万円と利息を合計した金額を代金決済口座から自動引き落とし
担保、保証人:不要

上記の通り、自動付帯型カードローンの場合は、JCBとDCのどちらを選ぶかや、一般カードかゴールドカードかによって限度額が違ってきます。
利率はDCのほうが若干安めです。
とはいえ、どちらも安い金利とはいえないため利用する場合はしっかり計画を立ててからにしましょう。

ちばぎんスーパーカードの即時振込キャッシング

状況によっては「急いで振込融資を受けたい」ということもありますよね。
ちばぎんスーパーカードでは、そんな方のために即時振込キャッシングのサービスを行っています。
それぞれのサービス名は、
・JCB…キャッシング振り込みサービス
・DC…借リスマくん
となっています。そこでこの即時振込サービスについてもちばぎんスーパーカードでは、キャッシングの即時振込みサービスを提供しています。JCBでは「キャッシング振り込みサービス」、DCでは「借リスマくん」というサービス名になります。
では、それぞれの即時振込みキャッシングについてサービス内容を見ていきましょう。

JCB限定のキャッシングサービス

まずはJCB限定の「キャッシング振り込みサービス」です。
JCBブランドのカードではインターネットまたは電話の申し込みにより、代金支払い用の口座に最短数十秒で振込をしてくれます。
対応時間は以下のようになっています。

[キャッシング振り込みサービス対応時間]
平日の深夜0:00~8:59申し込み…当日9:00以降に20分以内で振込
平日9:00~14:30申し込み…申し込みから数分後(最低数十秒後)に振込
平日14:31~23:59、土日祝日の申し込…翌営業日の9:00以降に20分以内で振込

JCBの場合は、1回払いのキャッシングにも対応しています。1回払いの場合の貸し付け条件も見てみましょう。

[1回払いの貸し付け条件]
利用可能枠:10万円
融資利率:年15.0%
返済方法:毎月15日締めで翌月10日に手数料との合計を自動引き落とし

DC限定のキャッシングサービス

つぎにDCブランド限定の「借リスマくん」です。
「借リスマくん」では電話やパソコン、スマートフォンで申し込み後、最短数十秒で振込をしてもらうことができます。

[借リスマくん対応時間]
平日0:45~8:59申し込み…当日9:00以降に振込
平日9:00~14:30申し込み…申し込みから数十秒で振込
平日14:31~23:45および金融機関休業日に申し込み…翌営業日9:00以降の振り込み

こちらも、かなり迅速に対応してもらうことが可能となっています。

キャッシングのときのATMを利用する方法とは?

ではキャッシングの際のATM利用方法も確認してみましょう。
ちばぎんスーパーカードのキャッシングでは
・千葉銀行ATM
・提携ATM
が利用できます。

まずはATMの画面で「クレジットカード」を選択します。
ここでクレジットカードを選ばない場合、キャッシュカードとして認識されるため注意しましょう。
利用手数料は借り入れ金額に応じて決まります。
・1万円以下の借り入れ…税込み108円
・2万円以上の借り入れ…税込み216円
この利用手数料は利用時の支払いではなく、毎月15日までの利用手数料が翌月の支払日に合算で請求されることになります。

千葉銀行カードローンのフリーローン商品 クイックパワーアドバンス

千葉銀行には、【クイックパワーアドバンス】というフリーローン商品もあります。
こちらはフリーローンとなり事業性資金を除き自由な用途に使うことができるものです。
他社からの借り換えにも利用できるため、他に複数借り入れがあるというかたは、おまとめにも便利です。
この商品についても内容を見てみましょう。

[クイックパワーアドバンス]
利用限度額:10万円~800万円
実質年率:年1.7%~年14.8%
最低返済額:2,000円
保証人:エム・ユー信用保証
担保:不要

では、この商品の詳細についても詳しく見ていきましょう。

派遣やパート・アルバイトでも利用OK

【クイックパワーアドバンス】は、雇用形態が正社員である必要がなく、派遣社員やパート、アルバイトのかたでも利用が可能な商品となっています。
申し込み条件には、
・契約時に満20歳以上満65歳未満で、安定した収入があること
・住所や勤務先住所が千葉県、東京都、埼玉県、茨城県、神奈川県にあること
などが定められています。
この利用条件を満たしていれば申し込みをすることが可能です。
正社員でなくても申し込みができるのは便利ですよね。

金利は年1.7%~14.8%

【クイックパワーアドバンス】の金利は、年1.7%~年14.8%となっています。
これの金利は消費者金融などと比較すると、かなり低めの金利となっていますよね。
もちろん実際に適用となる金利は審査で決められます。
さらに最大利用限度額は800万円となっているため、他社からの借り換えにも適しています。
最低返済額は2000円からで、それほど負担が大きくないというのも、この【クイックパワーアドバンス】の魅力といえます。

借り換えローンとしても使える

前述の通り、【クイックパワーアドバンス】は借り換えローンとしても使えるローンです。
他社から複数の借り入れをしているという場合は、【クイックパワーアドバンス】を利用して借り入れを一本化することが可能です。
複数の借り入れがあると管理が大変なものですよね。
うっかり返済日を忘れて滞納すると信用情報に記録されてしまいます。
そのようなことにならないように【クイックパワーアドバンス】を利用して1本化するのも良いでしょう。

来店不要のWEB完結申し込みが便利!

【クイックパワーアドバンス】は、すでに千葉銀行の普通預金口座を持っている人ならば、WEB完結申し込みを使って来店不要で申し込みが可能です。
「忙しくて銀行が営業している時間に行くことができない」というかたでも、これなら利用しやすいですよね。
Webからの申し込みは、土日を含む毎日7時から23時までの受付となっています。※12/31~1/3は除く
忙しいけれどフリーローンに申し込みたい、というかたは利用を検討してみましょう。

千葉銀行キャッシングカードローンの審査は厳正

千葉銀行キャッシングカードローンの審査は厳正です。
この審査に通るために必要となるのは、
・申込者に安定した収入があること
・申込者の信用情報に問題がないこと
となります。千葉銀行では、カードローンのほかに、年収600万円以上のかたを対象にしたローンなどさまざまな商品を扱っています。
ただし個人向けで小口のカードローンにはあまり積極的でない可能性もあります。
そのため、収入が安定していなかったり信用情報に問題があると審査が厳しくなります。

審査で具体的に気をつけたいポイントとは?

審査で最も重視されるのは「信用情報」です。信用情報の確認では、
・ブラックではないこと
・他社借り入れが多くないこと
・延滞がないこと
などがチェックされます。
こういった情報は「クレジットヒストリー」と呼ばれており、どこの金融機関でもローン契約の際には厳しくチェックします。
過去に金融事故を起こしているかたなどは注意が必要です。
延滞などが多い場合も「返済能力が低い」として審査に通過できない可能性があります。

キャッシングの利用には安定した収入が必須

では、千葉銀行キャッシングの利用に求められる安定した収入とはどんなものになるのでしょうか。
「安定した収入があるか」の判断には
・年収
・雇用形態
・勤続年数
がチェックされます。
このとき年収が高いかたや正社員、公務員、勤続年数が長いかたは高く評価されます。
とはいえ千葉銀行のキャッシングではパートやアルバイトでも申し込み可能であるため、必ずしも年収が高くなくても構いません。
ただし、不安定な雇用形態や、転職直後などは収入が不安定と判断されてしまうことがあります。

千葉銀行キャッシングの審査で見られる信用

千葉銀行キャッシングの審査で見られる信用とは、どういうものなのでしょうか。
これは、信用情報機関にて確認する「信用情報」のことです。
キャッシングの申し込みがあると、まず信用力を調べるために、千葉銀行では信用情報機関に照会をします。
信用情報機関に登録されているクレジットやローンの支払情報がチェックされるというわけです。
債務整理をしたり、支払いの遅延があったりすると信用力が低いと判断されます。
審査に通りづらくなるため、日ごろから支払いに関するトラブルには気を付けましょう。

借入可能かを診断できる10秒クイック診断とは

千葉銀行カードローンの公式サイトにある10秒クイック診断を利用すれば、わずか4つの質問に回答するだけで借入可能かどうかの判断を簡易的に行うことが出来ます。実際には本審査段階でしっかり過去の返済実績を確認した上で判断することになりますが、少なくとも門前払いとなるかどうかの判断を10秒クイック診断により行えるわけです。千葉銀行カードローンが顧客として考えている審査基準を探るためにも、簡易的な10秒クイック診断を利用しない手はありません。

千葉銀行カードローンで実際にキャッシングするには?

ここまで千葉銀行カードローンの
・内容
・審査から申込の流れ
・仮審査と本審査
・10秒クイック診断による事前チェック
などについて紹介してきました。そこで次に、審査に通過して実際にカードローンが利用できるようになってからの「キャッシング方法」について解説します。千葉銀行カードローンのキャッシング方法はいくつか用意されています。
内容を確認したうえで自分に合った便利でお得なキャッシング方法を利用しましょう。

カードローン入金サービス

まず、ちばぎんカードローンには契約時に利用できる「カードローン入金サービス」があります。
これは契約と同時に普通預金口座に入金してもらえるというものです。カードローンを利用するとき、一般的にはローンカードが必要となります。
しかしローンカードが届くまでは何日か掛かるため「それまで待てない」という場合は、「カードローン入金サービス」を利用しましょう。
ローンカード到着前でも融資が受けられるのは便利ですね。

借入方法は3種類ある

ちばぎんカードローンには、「カードローン入金サービス」のほかに、3つの借り入れ方法が用意されています。

1.提携ATM
2.ネットバンキング、モバイルバンキング
3.テレフォンバンキング

ネットバンキングやモバイルバンキングは「ちばぎんマイアクセス」を利用すると24時間いつでも利用できるというものです。
自宅にネット環境がない場合は電話を使ったテレフォンバンキングも便利です。
とはいえ、もっとも手軽なのは提携ATMの利用です。

キャッシング可能な時間

ちばぎんカードローンのキャッシング可能な時間も見てみましょう。
キャッシング可能な時間は、方法ごとに違いがあります。

[キャッシング可能な時間]
・ネットバンキング、モバイルバンキング…24時間
・テレフォンバンキング:9:00~21:00(銀行の休業日を除く月~金)

テレフォンバンキングは銀行の休業日は営業していませんので注意しましょう。
提携ATMに関しては営業時間や手数料などに違いがあるため、次の項目で詳しく紹介します。

利用可能なATM

ATMについて営業時間と手数料を紹介します。

[利用可能なATMの営業時間と手数料]
・ちばぎんATM…平日8時~21時、土日祝 8時~21時
手数料…平日8:45~18:00は無料、それ以外108円
・コンビニATM…月~土0時~24時
手数料…日曜0時~21時と平日8時45分~18時は108円、それ以外216円
・ゆうちょ銀行ATM…月~土0:00~23:30
手数料…日曜0時~21時と平日8時45分~18時は108円、それ以外216円
・VIEW ALTTE ATM…月~土0:00~23:55
手数料…日曜0時~21時と平日8時45分~18時は108円、それ以外216円
・イオン銀行…0時~21時
手数料…平日8時45分~18時は108円、それ以外216円
・常陽銀行、筑波銀行、きらぼし銀行、東邦銀行、武蔵野銀行、山梨中央銀行、横浜銀行…8時~21時
手数料…平日8時45分~18時は無料、それ以外は108円

申込日の即日キャッシングはできない

千葉銀行カードローンを申し込む場合に注意したいことがあります。
それは「申込日の即日キャッシングはできない」ということです。千葉銀行に限らず、2018年から銀行では即日融資が不可能となったのです。これには、
・申込者が多重債務に陥らないよう審査を行わなくてはならない
・申込者が反社会的組織に該当しないか警視庁のデータベースに紹介しなくてはならない
といった理由によるものです。そのため現在銀行では即日融資ができなくなっているのです。
どうしても即日融資を受けたいという場合は、対応している消費者金融などの利用も検討してみましょう。
大手の消費者金融では無利息期間なども用意されているため、上手に使えば金利の支払いをなしで利用することも可能です。

千葉銀行カードローンの返済方法

カードローンなどで借り入れをした場合、月々返済していく必要が生じます。
お金を借りたら返す、というのは当然のことですよね。それでは次に千葉銀行カードローンについて、
・返済方法
・返済金額
を見ていきましょう。
なお、余裕があるときは月々の支払いだけでなく繰り上げ返済を行って、支払う利息を抑えていくという工夫も非常に大事です。
借り入れも返済も、なるべく無駄を抑えて上手に利用していきましょう。

返済方法は4種類

まずは返済方法です。千葉銀行カードローンの返済方法には
・口座引落
・提携ATM
・インターネットバンキング
・テレフォンバンキング
の4つが用意されています。通常の返済は口座引き落としとなっており、あらかじめ決められた金額が口座から自動で返済されるという仕組みになっています。
繰り上げ返済を行う場合は、その他の方法で行います。
少額ずつでもなるべく繰り上げ返済を行うことで、金利を抑えることをおすすめします。

千葉銀行キャッシング返済時に支払う利息

「キャッシングをしたいけれど利息が気になる」というかたも多いことでしょう。
なぜなら金利が高ければ返済する金額も多くなってしまうからです。
そこで千葉銀行キャッシング返済時に支払う利息も見てみましょう。

千葉銀行のキャッシングの金利は年1.7%~年14.8%です。
利息は日割計算となるため、借入額×金利÷365日×返済日数で計算できます。

たとえば、金利14.8%で1年10万円借りると、利息は14,800円となります。

千葉銀行キャッシングの返済方法

次に返済方法も見ていきましょう。
[返済方法]
返済日…毎月1日(休業日の場合は翌営業日)
返済額…借入残高に応じて自動振替
※ATMなどで随時返済も可能

[毎月の最低返済額]※約定返済日前日の最終借入残高によって決定
残高10万円以下…返済額2,000円
残高10~20万円以下…返済額4,000円
残高20~30万円以下…返済額6,000円
残高30~40万円以下…返済額8,000円
残高40~50万円以下…返済額10,000円
残高50~100万円以下…返済額20,000円
残高100~200万円以下…返済額30,000円
残高200~300万円以下…返済額40,000円
残高300~400万円以下…返済額50,000円
残高400~500万円以下…返済額60,000円
残高500~600万円以下…返済額70,000円
残高600~700万円以下…返済額80,000円
残高700~800万円以下…返済額90,000円

利息を減らすには随時返済を

千葉銀行に限らず、借り入れをすると必ず利息が生じます。この利息は、借入期間が長くなればなるほど大きくなっていきます。
そのため支払う利息を抑えたいなら、まず借り入れ金額を減らさなくてはなりません。
月々の返済のほかに随時返済をしたほうがいいのは、このためです。随時返済をすれば元金を減らすことができるため利息の軽減につながります。
臨時収入があったときなどは積極的に随時返済をして、利息の金額を抑えましょう。

一括返済するには

「ボーナスなどの臨時収入があったので、利用残高が一括で返済できそうだ」
という場合は、一括返済してしまうのが一番です。なぜなら、月々返済していくよりも大幅に利息をカットできるためです。
月々の返済を考える必要もなくなりますのでメリットが非常に大きくなっています。ただし一括返済をする場合はあらかじめ銀行に確認をしましょう。
これは返済までの利息が日割りで発生するためです。正確な金額を把握したうえで一括返済を行ってください。

残高照会はマイワレットが便利

月々の返済金額は、借り入れ残高に応じて決められます。
そのため借り入れ残高を把握しておくことはとても大事です。
そんな借り入れ残高の把握に便利なのが「マイワレット」です。マイワレットとは、千葉銀行の会員サイトから手続きできるというサービスで借り入れ残高なども簡単に確認することが可能です。普段からよくインターネットを利用しているというかたには、この「マイワレット」が非常に便利なので、ぜひ使ってみてくださいね。

すぐにでもキャッシングが必要な場合は消費者金融の利用も検討しよう

前述の通り、千葉銀行カードローンでは即日融資を利用することはできません。しかし「どうしても今日中にお金が必要!」というかたもいるかもしれませんよね。そのような場合は銀行のカードローンではなく、消費者金融の利用を検討してみましょう。
残念ながら消費者金融は銀行よりも利息が高くなっています。
ただしサービスは充実しているため、うまく利用すれば銀行のカードローンよりも利息を抑えることが出来る場合もあります。

消費者金融のメリット

消費者金融には「審査が早く、即日融資ができる」という大きなメリットがあります。
また大手の消費者金融では「無利息サービス」なども提供しています。
この無利息サービス期間内に借り入れた金額を全額返済してしまえば、利息を0円に抑えることが可能です。
これなら銀行よりもおとくになりますよね。
さらに消費者金融は成約率が高いという特徴があります。
そのため銀行のカードローンよりも申し込みしやすいと考えることができます。

急いでお金を用意できるカードローン

「特に急いでいないけれど申し込みをしておきたい」というかたの場合は、千葉銀行カードローンはおすすめのサービスです。
しかし、どうしても即日キャッシングしたい、急いでお金を用意したいという方には不便です。
そこで、即日キャッシングできるカードローンについても紹介します。
・申し込みから融資までの時間がなるべく早いほうが良い
・成約率が高いほうが良い
という場合は、以下の3社を利用することも検討してみましょう。

アコム

まずは大手消費者金融のアコムです。

[アコムの概要]
限度額…最大800万円
金利…年3.0~18.0%
審査…最短30分
融資…最短1時間

アコムでは審査は最短30分、融資までの時間も最短で1時間となっています。
スピーディーに対応してくれるため、どうしても急いで契約して借り入れをしたいという場合におすすめです。
また大手であるため、初めて消費者金融を利用するというかたでも安心して利用することが可能となっています。

プロミス

つぎに紹介するのはプロミスです。こちらも大手消費者金融となります。

[プロミスの概要]
限度額…最大500万円
金利…年4.5~17.8%
審査…最短30分
融資…最短1時間

消費者金融は金利が18%となっているところが多い中、プロミスは17.8%と少し安く設定されています。
そのため利息を少しでも抑えたいという場合におすすめなのがプロミスです。
プロミスの場合も融資まで最短1時間と、かなりスピーディーに対応しています。

アイフル

最後に紹介するのはアイフルです。
こちらもアコムやプロミスと同じように大手消費者金融となります。
[アイフルの概要]
限度額…最大800万円
金利…年3.0~18.0%
審査…最短30分
融資…最短1時間

アイフルは家族や周囲には内緒で借りたいというかたにおすすめの消費者金融です。
アイフルも、審査は最短30分、融資まで最短1時間と、スピーディーに対応しています。
家族に内緒にしたいというかたはアイフルの利用を検討してみましょう。

おすすめカードローンランキング

全てのランキングはこちら
注意事項
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • SMBCモビットのサービス表記に係る補足事項
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSAの貸付条件
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • 千葉銀行カードローンのサービス表記に係る補足事項
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)