最終更新日:2019年09月14日

キャッシングすると審査に不利になる?信用情報に傷がつく基準

結論:「キャッシングすると信用情報に傷がつく」は間違い

「キャッシングすると信用情報に悪影響があるのではないか」と心配される方が時々いらっしゃいますが、これは間違いです。
キャッシングしたからと言って信用情報に傷がつくことはなく、その後のローンやクレジットカード審査に不利になることはありません。

しかし、返済を延滞してしまった場合は別です。
延滞した場合は明確に信用情報機関に情報が残ってしまい、いわゆる「信用情報に傷がつく」といった状態になってしまいます。
そうならないよう、しっかりと計画を立ててキャッシングを利用しましょう。

3項目入力するだけ!自分が借入できるか確認

大手カードローン会社が提供している簡易審査サービスを使えば、自分が審査に通るかあらかじめ確認することができます。
中でもプロミスは手続きスピードを売りにしており、3項目入力するだけで即座に借入可能かどうか確認できます。
ちなみにプロミスは初めての方なら30日間利息0円なのでおすすめです。

プロミスがおすすめな理由

初めての方なら30日間利息0円
3項目で簡単診断!3秒で借入可能か分かる
即日融資も可能
大手で安心の金利設定
WEB完結なので郵便物なし・職場への在籍確認なし

信用情報とは

信用情報とはこれまでのローンやクレジットカードの利用記録になります。お金を借りたり、現金を使わずにカードで買い物をするためには、信用が必要となります。そのため、これらを信用取引といいます。信用情報は、貸金業者や金融機関が新たにお金を貸す際などに信用ができる人物かどうかを見極める審査基準になります。過去に返済を滞納するなどの記録があった場合には、返済能力が低いと判断され、信用が低下し、審査基準に引っかかり、審査に通らないことがあります。

「信用情報に傷がつく」の意味とは

信用情報に傷がつくとは事故情報が記録された状態信用情報に、事故情報が記録されていることを「傷がつく」と表現する場合が多いです。事故情報とは<延滞>クレジットカードやローンの支払いを延滞すると、金融機関を通じ信用情報に記録されます(携帯電話の機種代など延滞すると信用情報に記録されます)。タイミングは各金融機関にゆだねられているので一概にいえませんが、2~3ヶ月以上延滞すると記録されることが多いようで、記録が載ると、延滞を解消してからも最長1~5年間記録が残ります。<債務整理>債務整理は、合法的に借金を整理する手続きで、破産、任意整理、個人再生、特定調停などの種類があります。<強制解約>延滞が長期に渡った時など、金融機関から強制的に契約を打ち切られることがあります(これを強制解約と呼びます)。強制解約になったら、その情報は最長5年間、信用情報に残ります。

キャッシングを利用すると信用情報に傷がつくは「ウソ」

キャッシングをしただけで信用情報に傷がつくというウワサを耳にしたことはありませんか?それはウソになります。信用情報に傷がつくというのは、あくまでも「信用情報に事故情報が記録された状態」のこと。キャッシングを利用しただけで信用情報に傷がついてしまえば世のには信用情報に傷のついた人であふれてしまいます。キャッシングを利用すると、その内容が信用情報に記録されるので、その後のローン・クレジットカードの審査に影響がでる可能性が全くないとは言えませんが傷がつくのとは違います。

キャッシングを利用すると住宅ローンの審査に通らない?

キャッシングは非常に高金利のローンになるので、キャッシングの利用者は、「高い金利を支払ってでもお金を借りる必要がある人」と捉えられてしまいます。そのような方に貸すというのはとてもリスクとなります。また、クレジットカード会社・消費者金融から借入れがある人は、複数の借金を抱えている場合が多いので、審査前に断られることさえもあるのです。生活費のために日常的にキャッシングを利用しているような人もアウトとなります。

キャッシングを利用してもクレジットカード作成はできる?

キャッシングによるクレジットカードの審査への影響はクレジットカード会社によって違いがある。主にショッピング枠とキャッシング枠がありますが、影響を受けるのはキャッシング枠のほうですとなりやすい(ショッピング枠に影響することはない場合が多い)。また他の貸金業者で設定されている利用限度額と、申込むクレジットカードのキャッシング希望額を足して年収の1/3を超える場合などはカード発行不可となる場合が多いようだ。

金融機関と信用情報機関の関係

金融機関と信用情報機関はクレジットカードやローンを契約する際には、金融機関に提携する信用情報機関に利用者の情報が登録されます。その後、利用者がキャッシングをした情報などが蓄積されていきます。また金融機関からローンの返済をしたタイミングや金額等の詳細な情報も信用情報機関に随時登録されていくことになります。金融機関の信用情報の活用の流れをカードの新規申し込みがあったときで説明します。金融機関は信用情報機関に問い合わせ、過去の利用者の信用情報を照会し、利用者と契約してもいいかを判断する流れになります。

信用情報は残り続けるのか

信用情報はケースによって比較的すぐに消去されるものとそうでないものがあります。例えば、金融機関の申し込み関連情報は、問題がなければ半年程度で消去されます。契約関連情報は解約日から5年程度保存されます。借り入れ、返済情報は完済日を起算として同様に保存されます。その他、延滞関連情報の保存は延滞解消日から1年から5年間程度です。また、裁判所を介して返済額を減額する方法である債務整理の場合は、任意整理、特定調停、個人再生で少なくとも5年前後は信用情報機関に情報が保存されます。最も情報保管の期間が長いものは自己破産で10年以上にもなります。あくまでこれらを目安であり、信用情報機関によっては、債務整理などを重く見る場合もあります。

キャッシング履歴は信用情報に悪影響を及ぼさない

キャッシング自体は違法行為ではないので、滞納等を起こさず、ルールを守って利用していれば、基本的には特にマイナス評価はされないと思われます。しかし、信用情報機関に信用情報として記録をされることにはなりますので、金融機関はそれを確認することができます。信用機関の審査基準は明らかにされていませんのでわかりませんが、審査基準がかなり厳しく設定されている場合は、信用情報が基準に抵触する場合があるかもしれません。

ローン審査の際は、キャッシング履歴が支障になる場合もある

キャッシングは違法行為ではないのですが、キャッシングに関わって金融機関が、ポジティブな印象をもたれず、ローンの審査等に影響が出る可能性があるケースを紹介します。一つめはキャッシングを利用中の場合です。まだ返済が終わっていないため、支払い能力等を問われる可能性があり、金融機関からのポジティブな印象は受けないと思われます。次に、返済遅延や不能に陥ったことがある場合は、ブラックリストに載ってしまうため、違反の程度にもよりますが、長期の間、信用情報機関に信用情報に保存されます。それらが審査に影響する可能性があります。さらに、頻繁にキャッシングをしている人も支払い能力や計画性の面で不安があると判断される場合があります。最後に、ローンの完済をした後もキャッシングの解約をしていない場合は、まだ大きな買い物をするのではないかと疑われる場合もあります。そのため、完済した後には、解約をすることをお勧めします。

信用情報の開示請求制度で自分の信用をチェック

ローン審査を申し込む際にはあらかじめ、自身の信用情報について情報開示の請求をした方が望ましいです。理由は、知らず知らずのうちに信用情報に傷がついている可能性があるためです。万が一、傷がついていた場合に、それらを理由にローン審査が通らない場合があります。その上、新たにローン審査に落ちたことも利用者の信用情報に追加されるので、今後の消費活動において不利になる場合があります。知らなかったとは言え、自らの信用情報に対して近くをしていないこと自体がネガティブな要因となるので気をつける必要があります。そのため、信用情報機関に開示請求を行い、自らの情報を確かめましょう。請求をすれば、1000円程度の手数料で1週間程度で郵送されます。慣れていないとわかりにくい情報にもなりますのでじっくり読んで理解していきましょう。