最終更新日:2019年12月22日

借入審査に通る基準・落ちる原因

  1. 銀行カードローンの審査基準について徹底解説!
  2. 銀行でお金を借りる条件【住宅ローン編】
  3. 銀行でお金を借りる条件【その他のローン編】
  4. 銀行でお金を借りるときの必要書類
  5. 銀行の審査に落ちた場合の3つのチェックしておきたいポイント
  6. 銀行以外でお金を借り入れする方法
  7. 銀行ローンの審査の厳しさと金利の関係について
  8. 難しい条件の人が銀行でお金を借りるには
  9. 審査の基準となるクレジットスコアリング
  10. 自分の信用情報は調べることができる
  11. 審査に通りやすい銀行カードローンをご紹介します
  12. 消費者金融の借入審査は甘い?
  13. 消費者金融の審査基準
  14. 借入の審査での電話について
  15. 銀行のローン商品別での審査のポイント
  16. ローン審査で落ちる可能性が高くなる原因
  17. 主婦の借入審査はどうなる?
  18. 奨学金は借入れの審査に影響するのか
  19. 住宅ローンは借入れ審査に影響するのか
  20. 銀行は反社会的勢力とは取引しない
  21. 銀行カードローンの審査期間
  22. 総量規制以内なら審査に通過できる
  23. 他社借入のある人が審査に通過するためにチェックしておきたいポイント
  24. ゆうちょ銀行の目的別ローンには担保が必要
  25. プロパー融資について
  26. 生活福祉資金貸付制度
  27. 母子父子寡婦福祉資金貸付金
  28. その他の銀行以外からお金を借りる方法
  29. ブラックだからと言って闇金を利用してはいけない
  30. ヤミ金(闇金)から借りてしまった場合には

銀行カードローンの審査基準について徹底解説!

銀行カードローンには6つの審査基準があります。そこで、それらの銀行カードローンの審査基準についてご紹介してみたいと思います。銀行カードローンの審査で重要なポイントとして次の5つの項目が挙げられます。まず、勤続年数で、長い方が有利です。次に雇用形態で正社員が有利です。そして、家族構成で所帯持ちが有利です。さらに、居住形態で持ち家が有利になります。さらに、借入の有無についてで0が望ましいということなのです。

勤続年数は長い方が有利

勤続年数については長い方が有利となっています。つまり、長ければ長いほど審査ではメリットになるということです。勤続年数が長いということは、今後も安定的な収入を継続的に得られる可能性が高いということと言えますし、そうなると返済をしっかり続けてもらえる可能性が高いということになります。返済能力という点で有利になります。しかし、勤続年数が1年未満という人は1年が過ぎるまで申込を待つ方が審査には有利になるといわれています。

結婚しているとプラス

結婚している場合は結婚していないよりもプラス要因とみなされやすいです。つまり、家族構成は、未婚より既婚の方が審査には有利に働くということです。既婚というステイタスは配偶者や子どもがおり、家族の生活がかかっているので毎月の返済もきちんと行われやすいと判断されますし、返済が辛いからと言って大事な家族を残して逃げるといったリスクも低くなります。ただ、独身だからと言う理由でマイナスとなるのではありません。

公務員・正社員は審査に有利

公務員・正社員は審査に有利になっています。継続的な安定収入という点で最も有利なのが公務員、続いて正社員も審査では有利になるのです。雇用形態としては公務員、正社員、契約社員、派遣社員、自営業、パート・アルバイトのような部類があります。収入の安定性という軸で見た場合、契約社員や派遣社員は公務員や正社員ほど高いというわけでは無く、自営業やパート・アルバイトは、それだけであれば審査において不利と考えられていると言えます。

他社借入の件数・金額は少ないほうがいい

他社から借入をしているという数字である他社借り入れ件数や金額は0が望ましいです。他社借入は金額よりも数が重要で、この数は少ないほど良いと言われています。そして、他社借り入れが4件を超えるとかなり不利となると言われていますので、新たな借入は難しくなります。最近は銀行カードローン審査も厳しく、2件以上の他社借入件数であっても借り入れできないことも少なくないですし、可能なら1件までにしておく方がおすすめです。

収入額よりも安定が大事

収入額よりも安定性が重視されています。つまり、年収が多いから必ず審査に通るとも限らず、金額は高くなくても毎月安定収入がある方が審査には有利です。収入が月ごとに変動したり、収入がない月が発生する場合は審査で不利と言えます。こうした理由から公務員や会社員が審査では有利で、収入がない自営業者等は審査で不利になるのです。つまり、収入額もそうと言えますが、それよりも収入の安定性が大切だと考えられているのです。

延滞や異動がないこと

延滞や異動がないことが最重要視されています。というのは銀行でも信用が大切だと考えられているからです。そして、その人の信用に関する情報が紹介されるようになっています。信用情報はその人のカードローンやクレジットカードなど利用歴などを言い、銀行は信用情報を照会して他社への返済歴や借入状況を調べられます。信用情報に全く問題がなければ、少々他の属性が十分満足できなかったり悪かったりしても審査通過は十分に可能とされます。

銀行でお金を借りる条件【住宅ローン編】

銀行でお金を借りる条件【住宅ローン編】についてご紹介したいと思います。いくつか種類があるローンの中でも最も高い金額になるのが住宅ローンです。カードローンは最高限度額が800万円くらいですが、住宅ローンは何千万円です。金額は大きいですが、最も金利が低いのも住宅ローンで、他のローンとは違う提出書類や審査内容となっています。住宅ローンで借り入れする場合のみ必要とされる基準が何であるのかを見ていきましょう。

完済時の年齢

住宅ローンでは審査基準として完済時の年齢が見られます。というのは、住宅ローン金額も大きい分、長い間返済するローンになります。したがって、完済は何歳までに行うということが条件になります。完済年齢は銀行ごとで異なっているのですが、一般的には75~80歳で区切られていると言われています。50歳の人が35年ローンを組むとして申し込んでも完済時には85歳です。その年には収入面がどうなっているのかもチェックされます。

年収によって借りられる上限額が変わる

年収によって借りられる上限額は変わります。この点もカードローンなどと比較した時の大きな違いです。消費者金融は総量規制という法律で年収の3分の1までしか借入できません。しかし、銀行は総量規制の対象外ですが、年収によって借り入れできる上限額が変わるということでもあります。年収が多くなってくると、それだけ返済額も大きくできる事が期待されますので、銀行から借り入れできる上限額については高くなる傾向があるといえます。

上限額はどうやって計算されているの?

上限額についてはどうやって計算されるのでしょうか?上限額の算出方法は、返済負担利率によって決められますので、事前に計算を行い、希望している金額は上限額に見合うを知る事が可能です。まず、返済負担利率は、年間の返済金額÷年収×100で求められます。年収によって返済負担率の数字は違い、年収が300万円未満なら25%以下、年収が300万円~400万円未満なら30%以下、そして年収が400万円~700万円未満なら35%以下です。

担保評価額と申込金額に相違はないか

担保評価額と申込金額に違いはないかどうかということは大切なポイントで、銀行は申込人だけの情報だけでなく、この家に融資するだけの価値があるのかという点も担保融資額の点から確認しています。住宅ローンを銀行から借り入れると、抵当権は銀行側につくのです。抵当権はもしも支払いが滞って担保物件が競売等にかけられても、物件を売却したお金は銀行に優先的に回るという仕組みになっています。したがって、担保評価額と申込金額に違いがないかチェックします。

銀行でお金を借りる条件【その他のローン編】

銀行で借り入れを行うる条件【その他のローン編】をご紹介しましょう。銀行で借り入れを行うのは企業や自営業などの事業をしている人だけなのかというとそうでもなく、申し込みしたい銀行の口座を持っていない時でも個人で借り入れすることは可能になっています。ではどのような種類のローンが銀行には用意されているのかということで、住宅ローン以外のさまざまなローン商品についてこれから具体的にご紹介してみたいと思います。

カードローン

銀行では住宅ローン以外のローン商品としてカードローンという金融商品があります。カードローンは消費者金融をイメージすることも多いかもしれません。しかし、銀行でもカードローン商品の取り扱いがあるのです。カードローンは、審査時に決められた借入限度額内なら何度でも借入れや返済を行うことができる便利なローン商品になります。そのため、その都度借り入れのための借り入れ審査を受ける必要がないという特徴があります

教育ローン

銀行には教育ローンという金融商品もあります。教育ローンはお子さんの入学金や授業料などの教育費用を支払うために借り入れを行うローンになります。銀行によっては、お子さんが学校に通うための一人暮らしで住む家を借りるお金として利用することができるものなどがあります。しかし、教育ローンはお子さんの学費関連の費用以外の目的で利用することはできず、一度借り入れ設楽追加で借り入れはできません。また、金利は2%~4%くらいです。

リフォームローン

銀行にはリフォームを行う時のローン、リフォームローンも取り扱われていたりします。銀行のリフォームローンは、住宅ローンとは違っており、リフォーム費用に特化したローン商品になります。住宅ローンほどの高額の借入れはできないのですが、金利が2~3%という低金利での借り入れが可能です。ただ、大規模リフォームを検討している時には。リフォームローンではすべての費用を賄いきれないこともありその点は注意ポイントです。

フリーローン

銀行にはフリーローンも取り扱われていたりします。フリーローンは、比較的使い道が自由で、特定の目的などに限定されずに利用できるローンのことです。資金使途が柔軟ですがカードローンのような追加借入れシステムはありません。一度借りたら返済するのみですが、カードローンよりも低金利で利用できるので、借り換えに活用可能であったり、おまとめローンとして用いることができたりと、銀行によっていろいろな内容のものがあります

車のローン

銀行には車のローンの取り扱いなども在ります。銀行の自動車ローンは、車の購入費用などの目的で利用可能なローン商品です。車検や車関連の品物などに用いられる場合もあります。ディーラーがすすめているディーラーローンはかなり高金利で、完済するまで自分ではなくディーラーに所有権がありますが、銀行の自動車ローンであればディーラーローンよりも低金利かつ車の所有権についてははじめから自身になるといった利点もあります。

ブライダルローン

ブライダルローンは結婚式の費用に利用可能なローンです。結婚する時には何かと費用が必要です。結婚式の費用や披露宴のための費用、新居を整えるための費用などいろいろ必要です。ブライダルローンは、銀行によっては結婚式や披露宴費用だけに限定されず、新婚旅行や新居を借りる時の費用としても利用できるものもあります。ブライダルローンは金利が5~8%くらいで、低金利で利用でき、結婚するための式などの費用を用意したいという方に用いられています。

銀行でお金を借りるときの必要書類

銀行でお金を借り入れするときに必要な書類にはどのようなものが挙げられるのでしょうか?そこで、銀行で借り入れする時に必要とされる書類についてご紹介してみたいと思います。銀行で借入申込を行う時には、必要書類を提出する必要があります。どのローンに申し込むのかによって提出する書類は違ってきます。審査が複雑なローンほど必要な書類が増えます。そのため、必要書類についてはスムーズに審査してもらえるように事前に確認しておくことをおすすめします。

フリーローンやカードローンで必要となる共通の書類

フリーローンやカードローンで必要とされる共通の書類についてご紹介します。まず、本人用の確認証明書が挙げられます。これらは免許証などです。また、銀行取引印鑑も必要になります。そして、収入証明証として、 源泉徴収票・所得証明書・確定申告書の控えなどを用意します。これらの3種類の書類がフリーローンやカードローンで必要とされる共通の書類として挙げられますので、事前にこれらの書類を用意しておくようにしましょう。

教育ローンや自動車ローンの審査

教育ローンや自動車ローン審査には別の書類が必要とされています。別の書類とは見積書・請求書です。銀行では比較的使途が自由なカードローン以外の目的別のローンでは、本当にその資金に借り入れ金が使用されるのかどうかを確認することになります。こうした時にはインターネット広告の印刷は受け付けてもらえず、借入申込者の名前宛ての見積書や請求書が必要とされることが多いと言われていますので、これらを準備しておきましょう。

住宅ローンの審査書類

住宅ローンの審査書類は最も複雑と言われています。この新審査で必要な書類についてご紹介しましょう。まず、売買契約書、工事請負契約書が挙げられます。そして、土地の登記簿謄本や公図・建図・評価証明があります。住宅ローンやリフォームローンの場合にはその土地や建物情報が分かる書類が必要とされてきます。さらに、納税証明書や実印も必要で、印鑑証明書や住民票も用意する必要があります。種類が多いので早めに準備スタートしましょう。

銀行の審査に落ちた場合の3つのチェックしておきたいポイント

銀行のローンに申し込んだけれども、審査に通過しなかったという場合には3つの対処法がありますのでご紹介してみたいと思います。まず、対処法として挙げられている点として、使っていないキャッシング枠は減枠したり解約するという方法が挙げられます。そして、信用情報機関の事故歴が消えてから再度申し込むということ、さらに申し込む銀行や保証会社を変えてみるということが挙げられています。まずはこれらの点を対処しましょう。

①使っていないキャッシング枠は減枠する

まず、使用していないキャッシング枠は減枠したり解約しましょう。カードローンやクレジット会社のキャッシング枠を持っていると、それらを全然利用していないのに、お金を借りていると仮定されて審査されてしまうということになります。その理由はシンプルで、使用したい時にいつでも使える状態になっているからです。そうなると、借り入れが過剰との判断をされやすいですし、逆に解約すると審査に通過する可能性があると言われています。

②信用情報機関の事故歴が消えてから再度申し込む

信用情報機関の事故歴が消えてから再度申し込むという方法も対処法として挙げられます。例えば、個人信用情報事故歴があった場合も、それはこの先ずっと残されるというわけではありません。事故歴についてはどこも一定の期間残されますが、その期間が経過するとなくなります。ただし、信用情報機関ごとに事故歴が消える期間については違っています。この情報が消えてから申し込みを行うという方が審査には通過しやすくなるのです。

③申し込む銀行や保証会社を変えてみる

銀行のローンが借りられないという場合、申し込む銀行や保証会社を変えてみるという対処法もあります。個人信用情報に届けられた事故歴は一定期間で消えるようになっているのですが、自社情報は永遠に残されるようになっているのです。もしも銀行内部や関連会社にそうした事故情報の記録が残されていると、審査は通過しませんので、申込をする銀行を変えてみるという方法も対処法としてお薦めになります。新たなところで借りれをしてみましょう。

銀行以外でお金を借り入れする方法

銀行のローンの審査は厳しめになっていると言われています。お金を借りられるのは銀行だけではありません。借り入れするというと銀行や消費者金融をイメージする方も多いと言えます。けれども、お金を借りることができるのは何も銀行や消費者金融だけではないのです。一般の人も借入を行うことができる金融機関は他にもあり、日本政策金融公庫などが挙げられますので、これから銀行以外の金融機関についてもご紹介してみたいと思います。

消費者金融や信販会社などの民間金融機関

借り入れができるところに、消費者金融や信販会社などの民間金融機関があります。民間の金融機関は営利を目的とする企業であるため、公的金融機関よりも金利が高めという特徴がありますが、担当スタッフのアドバイスや紹介などの付加価値を期待することができます。信用金庫・信用組合は営業区域が限られていますが金利は高です。消費者金融はアコムやプロミスなどで、個人の消費資金をメインに融資を行っている貸金企業になります。

国の金融機関

日本政策金融公庫などの国の金融機関なども借り入れを行うことが可能です。国の機関ですが、手続きは銀行や信用金庫、信用組合の窓口で行います。民間金融機関よりも金利やコストが低くなる傾向があると言われます。住宅金融支援機構は住宅ローンとしてよく知られているフラット35を取り扱っている機関になります。日本政策金融公庫は事業性資金や教育ローンの取り扱いがあり、金利は低いと言われていますが、審査には時間が掛かります。

闇金などの非合法金融業者

闇金などの非合法金融業者は悪徳業者で、これまで述べてきた正規金融機関で審査に通過しない人も借り入れできるかも知れません。けれども、金利や手数料が膨大で、びっくりするような金額に借り入れ金が膨れ上がるのです。法律を無視した取扱いが行われており、取り立ても法律を無視して行われています。こうした業者で借り入れをしてしまうと、その後大変なことになりますので、絶対にヤミ金などからの借り入れは行わないようにしてください。

生命保険の契約者貸付制度

銀行から借り入れできないという時には生命保険の契約者貸付制度という方法もあります。これは生命保険の契約をしており、契約者貸付を利用できる場合に用いることができる方法です。積立て型生命保険に加入している場合には、契約者貸付と言われ、解約したときもらえるお金の7~9割までの金額を自由に借入れすることが可能です。金利については1.0%弱とカードローンより低く、審査なしお金を振り込みしてもらえるというメリットがあります。

銀行ローンの審査の厳しさと金利の関係について

銀行から借り入れする際に気になるのは金利です。どこの銀行から借り入れを行おうかと言った時に最低金利で判断して決めてしまう人がいます。しかし、初めてその銀行で借り入れを行うという場合は最低金利が適用されることはまずありませんので、知っておきましょう。銀行に限ったことではないですが、どの金融機関の商品も貸付金額が高くなると金利は低くなります。最低金利を適用するためには最高融資額を借入れしなければならないのです。

難しい条件の人が銀行でお金を借りるには

難しい条件の人が銀行で借り入れをする場合はどうしたらいいのでしょうか。学生だけど銀行からお金を借りたいという方や、アルバイトや派遣社員だけど銀行からお金を借りたい、年金受給者だけど銀行からお金を借りたいというケースもあります。銀行でも返済能力は重視されます。アルバイトはしているけれどもなかなか安定収入が得られにくいという場合などには返済能力が低いと判断されやすく、借り入れが難しくなりやすいのです。

学生

学生だけれども銀行からお金を借りたいという場合にはどうすればいいのでしょうか?20歳過ぎており、金利が安い銀行に借り入れ申込をしたいという学生さんなどがいます。アルバイトはしているということであっても、学生のアルバイトならどんなに高くても10万円くらいが一般的と言えます。そのような時、メガバンクと言われる三菱UFJ銀行や三井住友銀行、みずほ銀行に申し込んでみましょう。申し込み条件を満たし、審査に通過すると借り入れが可能です。

アルバイトや派遣社員

アルバイトや派遣社員だけど銀行からお金を借りたいという方もいらっしゃるのです。確かに、アルバイトや派遣社員、フリーターの方は収入は不安定と考えられて正社員よりも審査に通過しにくいと言われます。自営業者などのように毎月の収入が大きく変動する場合もフリかもしれません。しかし、正社員以外の方も勤続年数が長かったり、他社借入件数が少なかったり、信用情報に問題がない場合、十分に審査に通過することは可能です。

年金受給者

年金受給者だけど銀行からお金を借りたいということもあります。年金受給者の方が消費者金融や銀行からお金を借りられるのでしょうか?この点については、他に収入があれば話は別と言われますが、年金のみ収入がある方が銀行カードローンで借り入れを行うという場合借り入れ可能と言われています。全ての銀行で年金受給者が借入可能と言うわけではないですが、借入可能な銀行とそうでない銀行があり、借り入れ可能な銀行にまずは申し込んでみましょう。

無職

無職だけれども銀行から借り入れを行いたいという方もいらっしゃるでしょう。この点については、残念ながら無職の場合は基本的に銀行も消費者金融も借り入れはできないのです。けれども、無職であっても家賃収入があるといった場合であれば収入ありとして審査に通過する可能性はあると言われています。不動産を担保とすることで銀行でも借りいできると考えられがちですが、不動産担保融資も安定収入が条件で、銀行では審査に通過しない可能性が高いのです。

外国人

日本に住んでいるのは必ずしも日本人だけはなく、外国人だけれども銀行から借り入れしたいということもあると言えます。外国籍の方でも借り入れできるのでしょうか?この点については、外国籍の方も条件を満たせば借り入れ可能と言われています。例えば、特別永住証明書や在留カードなどの書類で一定期間以上の滞在を示せる場合や、書類契約が交わせる日本語を用いられるということなどがあります。こうした点を満たしていくことで借り入れ可能と言えます。

審査の基準となるクレジットスコアリング

カードローン審査はスコアリング方式で実施されます。スコアリングは一定則に基づいて、申込者情報を点数化してから申込者のリスクを判定していくという審査になります。そして、この方式ではリスクが一定以下なら審査通過ができます。クレジットスコアリングの要点は一定の法則という点で、だれが審査しても同じ結果となるので審査の公平性が保たれます。そして、コンピューターが瞬時に審査を行うことができるようになっているのです。

審査の対象となる項目は

審査の対象となる項目は何なのでしょうか?この項目は金融機関ごとに異なりますし、配点も様々です。一般的には次の項目が審査され、最初の方が重要度が高いと考えられています。まず、金融事故情報、そしてクレカや借入金などの支払履歴、他社借入、申込情報、年収、勤務先、勤続年数、居住形態、そして家族構成等です。これらの情報をスコアリングよって数値化して、審査に通過するかどうかが決められていくということなのです。

自分の信用情報は調べることができる

カードローン審査では自身の信用情報が確認されるようになっています。そして、その内容が原因で審査に通過しないということもあります。そうなると、自分の信用情報が不安ということにもなると言えます。そんな場合、心配するのではなく、自身の信用情報は自分で調べられるようになっていますので不安な場合は確認することが可能です。審査で最も重視されるのが信用情報になりますので、信用情報に不安があるという場合には調べてみましょう。

審査に通りやすい銀行カードローンをご紹介します

借入審査に通りやすい銀行カードローンはあるのでしょうか?この点については、借入審査に通過しやすいカードローンを一概に言うのは難しいと言えますが、基本的に金利が低かったり、審査を行う保証会社が消費者金融の方が通過しやすい傾向があると考えられています。これらの2点を満たす主要なカードローンがありますので、これからご紹介してみたいと思います。これらの銀行カードローンは無人契約機などで対面せず発行可能です。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

メガバンクの三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックは最高金利が14.6%で、メガバンクカードローンでは最も高いです。そのため、金利ではメガバンクで最も審査が厳しくないカードローンと言えます。保証会社が大手消費者金融のアコムで、信販会社などが審査をしているカードローンより審査に通過しやすいとも考えられるのです。さらに、家族にカードローンの借入を知られたくないという場合にもそうしたニーズに対応しやすいという特徴もあります。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは保証会社が大手消費者金融プロミスを運営しているSMBCコンシューマーファイナンスです。最高金利については銀行カードローンでは平均的な14.5%で、金利という点からも審査はそれほど厳しいというわけでもないといえます。三井住友銀行カードローンは銀行カードローンで最も無人契約機でのカード受取が便利とも言われており、無人契約機設置台数も多く、22時までカードを受け取れるのでローンカードの受取が非常に簡単です。

消費者金融の借入審査は甘い?

消費者金融の借入審査は甘いのでしょうか?というのは、消費者金融と比べると銀行系のカードローンのほうが審査がより厳しく行われる傾向があると言われているため、消費者金融の借り入れ審査は甘いと考える方もいらっしゃると言えます。この点については、消費者金融の借り入れ審査でも必要な審査が行われています。しかし、もし銀行カードローンの審査に通過しないという場合には消費者金融も候補に入れてみると状況が変わるかもしれません。

金利が高いが審査が甘い消費者金融

金利は高いですが審査は甘めと言われる消費者金融ですが、銀行の借入審査に通過しなかった人も、消費者金融なら借入できるという場合は多いといわれています。銀行カードローンは金利が年率14%くらいで、消費者金融は18%に設定されているカードローン商品は多いのです。金利が低めの銀行の方は金利を低くしているために、確実に返済を行ってもらわなければ立ち行かなくなってしまいます。したがって、審査を厳しくしてきちんと返してもらえそうな人に貸すということなのです。

ブラックでも審査通過の可能性がある中小消費者金融

ブラックでも審査通過の可能性があるのが中小消費者金融と言われています。中小消費者金融は消費者金融のうちでもさらに審査に通過しやすいと言われ、ブラック状態でも審査通過の可能性があると言われているのです。金利が大手消費者金融と同じように高いのもその理由の一つと言えるでしょう。それにプラスして、中小消費者金融の申込者がほとんどが大手消費者金の審査に通過しなかった人というのは大きな要因として挙げられているようです。

消費者金融の審査基準

消費者金融の審査基準の基準についてはどのようになっているのでしょうか?消費者金融カードローンは銀行カードローンと同じように、同じ項目について審査がなされるようになっており、審査の厳しさの度合いは違っていると言えますが、有利となる条件は銀行カードローンと同滋養になると言われているのです。そこで、消費者金融の審査ではどのような基準が設けられているのかという点について、これからご紹介してみたいと思います。

消費者金融カードローンは総量規制に注意

消費者金融カードローンの審査基準において注目のポイントが総量規制です。消費者金融のカードローンに申し込む場合には総量規制には注意が必要です。総量規制は、貸金法の条文で定められているルールで年収の3分の1以上を消費者金融は融資をしてはいけないというルールになります。例えば年収が300万円の方の場合は、100万円が総量規制の範囲内とされます。既に他の消費者金融などから100万円借り入れしていると、申し込んでも審査は通過しません。

借入の審査での電話について

消費者金融で借り入れを申し込んだ時には借り入れの審査で電話がかかってきます。まず、自身が申し込む時に記載した連絡先に電話がかかり、借り入れに申し込んだことについて、確認などが行われるようになっています。連絡先に携帯電話番号を書いた場合にはその携帯電話番号に電話が掛けられ、本人かどうかが確認されるようになっています。そのため、電話がかかってきた場合には借り入れを行うためにもきちんと対応するようにしましょう。

在籍確認の電話とは

消費者金融で借り入れを申し込むと、借入の審査で続いて他のも電話が今度は職場にかかってくるようになっています。これは在籍確認という目的のためになされる審査の一環で、申し込んだ人が実際にその会社で勤務を行っているのかどうかや在籍しているかどうかの事実が確かめられるようになっています。本人がこの電話に対応せずとも、周りの同僚が今外出中ということを伝えるだけでも在籍確認は完了というようになっていると言われます。

三菱UFJのケース

三菱UFJの借入審査のケースはどうなっているのでしょうか?三菱UFJ銀行のカードローンのバンクイックは、テレビ窓口という自動契約機が設置されており、土日祝であっても新規申し込みが受付けられています。審査回答は最短2営業日くらいかかりますが、銀行系のカードローンの中ではスピーディと言えます。けれども、勤務先が休業日等で在籍確認が取れないと、休日開けに再度電話確認がなされるため、さらに時間がかかります。

ゆうちょ銀行のケース

ゆうちょ銀行の借入審査については、ゆうちょ銀行のカードローンしたくは、電話で申し込んだ場合の仮審査が行われていました。そして、結果が出るまで時間がかかるという特徴がありました。平日に限り行われており、本審査は在籍確認の電話が必要であるため、勤務先が休業日なら審査の回答は後日となっていたのです。けれどもこのしたくのカードローンは様々な理由で現在はゆうちょ銀行ではこうした審査が行われていないようです。

銀行のローン商品別での審査のポイント

住宅ローン

住宅ローンは自宅を手に入れるために借り入れするための金融商品です。家は人生で一番大きな買い物といわれ、それを購入する時に利用するのが住宅ローンです。住宅ローンは借入金額が大きく。返済期間が長いです。個人が利用するローンの中でも担保が必要とされています。審査は申し込みした人本人の審査と、担保に入れる物件の審査をクリアしなければなりません。また、返済負担率が30%以内になっていればよいと言われています。

教育ローン

教育ローンはお子さんの大学の進学費用や在学費用のために利用するローンになります。このローンは親名義のローンで、審査対象は親です。このローンは大学進学だけでなく、私立高校や専門学校に入学したり在学している時にも利用可能で、入学資金や授業料のほかにも、部活動や生活費に使えるローンなどもあります。教育ローンは、きちんとその用途に利用したかどうかが確認されるので、合格通知書や学費の請求書等を用いた厳密なチェックがあります。

自動車ローン

自動車ローンは新車購入のみならず、中古車購入や自動車部品を購入するほかにも、自動車ローンの借換えにも利用できます。銀行の自動車ローンの中には、自動車学校や車庫建築費用としても利用できるものもあるのです。自動車ローン審査は業者の見積書が必要で、自動車ローンを銀行で申込む場合にはネット広告の印刷物などの決まりを守って提出書類を集める必要があります。このローンは返済負担率を基に無理なく返済が可能な範囲で借り入れします。

フリーローン・カードローン

フリーローン・カードローンはカードローンの一種で、一度借入枠を作成するとその範囲内で反復的にお金を出し入れ可能なローンです。このローンは使途が限定されないため、生活資金や嗜好品購入にも利用できます。カードローン審査では、借入可能な上限金額は収入に比例し、借入できる上限金額が大きくなると金利は低くなる傾向があります。審査は個人信用情報と収支バランスとなり、日頃から返済の管理に気をつけていることがポイントです。

年金担保貸付

年金担保貸付は将来的に受け取る年金を担保として借入を行います。定年退職後の年金以外に収入がない方も申し込み可能です。基本的に年金を担保として借り入れを行うことは法律で禁止されています。しかし、年金担保貸付はそうした例外的な唯一の方法とされています。この貸し付けを受けるためには、自身の年金証書を用意する必要があります。また、審査もありますので審査のポイントを押さえて申し込むことが審査通過の上で大切になります。

年金担保貸付の審査のポイント

年金担保貸付の審査では、年金を本当に受け取っているのかという事実を確認するための年金証書が用意できれば審査は通過する可能性があるといわれます。年金の種類は問われませんが、申込者が受け取る年金である必要があります。また、配偶者や両親の年金では申し込みを行うことができませんので注意しましょう。このように、年金を担保として貸付を受けるためには審査があります。ポイントを押さえて申し込むと通過しやすいです。

ローン審査で落ちる可能性が高くなる原因

ローンの審査で銀行はお金を貸す相手にリスクがあるかどうかを見極めます。当然貸す側は、少しでもリスクの低い方にお金を貸したいと考えています。このリスクが高いと審査に通らない可能性が高くなっていくわけです。一つだけでは大きなリスクでない場合でも、そのリスクがいくつか重なると、大きなリスクとなり、審査に通らない事もあります。信用情報機関(CIC)の「異動」記載が無くても審査に落ちる場合には、ほとんどがそのようなケースです。

個人信用情報に関係するもの

個人信用情報に記載されている事項で、審査に落ちやすい原因は主に2つあります。1つは、過去に借り入れ(消費者金融)があり、返済が遅れたことがたびたびある場合です。そしてもう一つが、今現在、消費者金融から借り入れをしている場合です。銀行によってはリスクの考え方に多少の違いはありますが、この2つは基本的に大きなリスクとなり得ますので、審査に落ちる可能性が高くなります。どちらも個人信用情報機関(CIC)等に情報が記載されているので、隠す事が出来ません。

①返済が遅れたことがたびたびある

過去に借り入れの返済が遅れたことがたびたびあった場合は非常に厳しくなります。当然これからお金を貸す相手が、過去にたびたび返済が遅れていたら、また返済が遅れるかもしれないと考えるのが普通です。当然リスクが高いと判断されます。消費者金融からの借り入れについても、過去の借入ならOKの場合や、借り入れ自体がNGの銀行も有ります。これは、消費者金融からお金を借りると言う事は、余裕資金が無いので借り入れをしていると判断されてしまうからです。

②消費者金融に借り入れがある

今現在、消費者金融から借り入れがある場合も通らない可能性が高まります。特に都市銀行は、消費者金融から借り入れがあるだけでNGとなる場合がほとんどです。現在お金を借りていると言う事は、余裕がないと判断されてしまうからです。地方銀行の中には、消費者金融から借り入れがあっても審査に影響しない所も有ります。実際に借り入れが無くても、クレジットカードのキャッシング枠を設定しているだけでも、借りているのと同様に判断されるケースもありますので、事前に申告しておくと良いです。

借り入れ希望額の上限に関係しているもの

借り入れ額が限度額の上限に達している場合も審査に落ちる可能性があります。主に2つが考えられます。
・返済負担率目いっぱいの申し込みをした場合
・すでに他にも借り入れ(ローン)がある場合
銀行は返済の能力を判断して、借り入れ可能額を設定します。当然この可能額ぎりぎりでの借り入れは、何かあった場合に返済できなくなるリスクが高まる事になります。上限に対して余裕があれば、その分リスクが低くなるので、安心して貸すことが出来るというわけです。

返済負担率ぎりぎりの申込み

返済負担率目いっぱいの申し込みをすると、審査に落ちる可能性が高まります。銀行は年収などから返済可能な金額を逆算していく事で、借り入れ可能額を設定します。この年収に対して返済できる金額の割合が返済負担率です。審査の過程で他にマイナスの情報等が出てくると、この返済が困難だと判断されてしまい、審査に落ちる事があります。返済負担率に余裕があると、その他のマイナス情報があっても支払い可能と判断されれば、審査に通る事も有りますので、負担率目いっぱいだとリスクが高いです。

すでに他社からも借り入れを利用している

申込は返済負担率に余裕があっても、その他にローンを組んでいると審査に落ちる事があります。返済負担率はその他のローンも合算して判断されますので、ローンの合計残高が返済負担率を超えると審査に落ちる事になります。このその他のローンには、車のローンやクレジットカードのリボ払い等が含まれます。クレジットカードの1回払いは含まれませんが、リボ払いは、金銭的に余裕が無いので分割で支払っていると判断されてしまうからです。

銀行の融資条件を満たしていないもの

銀行が融資を行うには、いくつかの条件があります。この条件を満たしていないと審査が厳しくなります。信用情報が良くても、この条件を満たしていないとリスクがあると判断されてしまいますので、こちらにも注意が必要です。この条件はおもに5つあります。

・勤続年数が短い

・申し込み可能な雇用形態に合っていない

・源泉徴収票に歩合給の表記がある

・銀行が定める最低年収を満たしていない

・物件が銀行の融資条件をみたしていない

勤続年数が短い

原則勤続年数は3年以上としている所が多い様です。勤続年数が長いとそれだけ安定した収入が今後も見込めるので、リスクが低いと判断されます。逆に勤続年数が短いと、安定した返済が見込めないかもしれないと判断されるので、リスクが高まる要因となってしまいます。勤続年数は3年未満は絶対にダメと言った事は無いですが、長く勤めている人に比べると審査に落ちる可能性が高くなります。健康保険証等で入社年月日も調べられますので、偽って申告も出来ません。

銀行の定める最低年収を満たしていない

銀行が定める最低年収を満たしていない場合も審査は困難です。これは、各銀行によって金額はまちまちですが、最低年収が設定されています。年収から生活に必要なお金等を差引いて、返済可能な金額を割り出す際に、年収が少なすぎると、そもそもの返済額を確保出来ない可能性がある為です。そういった最低ラインの年収が各銀行によって定められています。150万円~300万円と金額は銀行によって様々ですので、申し込む金融機関に事前に確認が必要です。

銀行の申込み可能な雇用形態に合ってない

契約社員・派遣社員・パート・アルバイトと言った雇用形態で勤務されている方も審査は非常に厳しくなります。これは、正社員でない場合、雇用が不安定なので、将来にわたって安定的に収入を得られない可能性があると判断されてしまうからです。結果的に返済が厳しくなるリスクが高まるというわけです。正社員で無くても審査可能としている所も有りますが、実際には年収が低い事が多いので、審査は非常に通り辛くなってしまいます。

源泉徴収票に歩合給の記載がある

源泉徴収票に歩合給との記載がある場合もリスクと判断されてしまう事があります。「歩合給」とは、その年度によって大きく変動する可能性があるので、同時に年収も年度によって大きく変動する可能性があるかもしれないと見られます。当然将来にわたって、安定的な返済が困難になるかも知れないと判断されるので、審査が厳しくなるというわけです。たまたま歩合給が多く年収が増えた年に申し込みをしたとしても、直近2年間の給与の平均値を算出して、審査されるので、その年だけ年収が多くてもリスクは減りません。

物件が銀行の融資条件を満たしていない

物件が融資条件を満たしていない場合は審査は通りません。主に下記のような場合が考えられます。

・建築基準法に違反している

・都市計画整備法に抵触している

・土地が狭すぎる

・担保としての価値が低すぎる

さまざまな条件はありますが、基本的に返済が困難になった時に、売却がすぐに出来るかどうかも重要なポイントになってきます。そうした点からも法律違反は当然だめですし、資産価値のない物件の場合は融資が難しくなってきます。

主婦の借入審査はどうなる?

主婦の方の借入審査はどのようになるのでしょうか?主婦には収入のある主婦と、収入のない主婦である専業主婦の方がいます。主婦の借り入れ審査は審査基準が大きく異なっていますので、この点についてご紹介してみたいと思います。基本的に主婦方がカードローンに申し込む場合には消費者金融のカードローンと銀行系カードローンがあります。それぞれ取り扱いが異なっており、専業主婦の方は消費者金融では申し込みできないので借り入れができません。

専業主婦の借り入れ審査とは

専業主婦の借り入れ審査とはどのようなものなのでしょうか?カードローンには主に消費者金融と銀行カードローンがあります。消費者金融は総量規制という法律が適用になり、収入がない専業主婦の方については申し込み自体の受付けがなされていないのです。したがって、専業主婦の方がカードローンに申し込む場合には、銀行カードローンということになるのです。借り入れするためには配偶者に安定収入があることが条件になっています。

奨学金は借入れの審査に影響するのか

奨学金は借入れ審査に影響するのでしょうか?この点については、他の会社などから借り入れ金があると、借り入れに不利になるかもしれないと不安になる方もいらっしゃるかもしれませんが、カードローンの申し込み時の他社借入れには、奨学金は含みません。奨学金の借入自体は審査に全然関係がないのです。しかし、その返済を滞納してしまうと、その情報がその方の信用情報に記録されますので審査に対してマイナスに作用してしまいます。

住宅ローンは借入れ審査に影響するのか

住宅ローンは借入れ審査に影響するのでしょうか?銀行のカードローン申し込み時は住宅ローンの枠への記入があります。しかし、住宅ローンは金額は大きいですが、それ自体は総量規制の対象とはなりませんし、カードローンよりも厳しい審査を通過している人が住宅ローンに申込みできているものと言われています。住宅ローンは不動産が担保とされているローンである住宅ローンがカードローンの借入には影響しないということなのです。

銀行は反社会的勢力とは取引しない

銀行は反社会的勢力には貸し付けは行いません。反社会勢力とはシンプルには暴力団で、銀行で普通預金を作成する際には反社会勢力ではありませんという書類にサインした人も多いでしょう。マネーロンダリングといわれる資金洗浄に対する規制が厳しくなっており、こうしたこともあり、銀行では取引前に必ずその点を確かめるということが義務付けられているのです。このように銀行は反社会的な勢力にはお金は貸さないようになっているのです。

銀行カードローンの審査期間

銀行カードローンの審査期間についてはどのようになっているのでしょうか?この点については、銀行カードローンは在籍確認の電話を必ず行って審査を行うようになっています。2018年から銀行カードローン融資前に、警察庁の反社会的勢力データベースへ照会をおこなうことが必須とされています。そして、この確認プロセスは早くても1営業日はかかるのです。さらに、個人の属性という点でも審査時間は異なってきますので、即日対応はできません

総量規制以内なら審査に通過できる

他社からの借り入れがある場合、他社からの借入額と新規の借入額の合計は総量規制の上限額内でならなくてはなりません。総量規制とは、借入額の上限は年収の3分の1までと定めた法律で、貸金業法の中に規定されています。これは他社からの借り入れのあるなしに関わらず、利用者全員が従わなければなりません。年収の1/3-他社からの借入額=新規で借り入れを行える上限額ということになり、この範囲内であれば審査を通過することは可能ですが、この上限額を超えて利用することはできません。

総量規制の対象になる借入れ、ならない借入れ

お金を借りる場合、どこから借りても適用される法律などは同じように思えますが、実は、総量規制が対象となる借入と対象とならない借り入れがあります。総量規制の対象となるのは、「消費者金融」「信販会社」「クレジットカードのキャッシング枠」です。銀行は、貸金業法ではなく銀行法に基き運営されていますので対象外ですし、有担保の貸付や、高額療養費の貸付、不動産の売買により返済可能となる貸付などは対象外となります。

3秒診断を試す

他社から借り入れがあり心配な場合は、各社の公式サイトに用意されているシミュレーターで借入診断をしてみるのがおすすめです。3秒から30秒ほどで結果が出るので、すぐに申し込み利用したい場合でも時間はかかりません。内容も生年月日と年数、他社からの借り入れ額や件数だけですので、身バレを気にすることなく試してみることができます。審査に通るかどうかの目安もなく申し込むよりは借り入れ診断でチェックしてから申し込んだほうが少しでも安心できますよね。

レイクALSA

レイクALSAの公式サイトには「お借入れ診断」というシミュレーターが用意されています。生年月日、年収、他社からの借り入れ件数、借入残高を入力するだけで、融資が可能かどうか簡易的に判断してくれます。たとえ他社からの借り入れがある人でも「ご融資できる可能性がございます。」との審査結果がでれば、融資を受けられる可能性は高いといえるでしょう。レイクALSAは最短60分融資も可能な大手消費者金融です。

実質年率は4.5%~18.0%。1万円~500万円まで利用可能で、借入全額30日間は無利息のサービスあり。5万円までなら180日までの無利息サービスを利用することも可能です。

他社借入のある人が審査に通過するためにチェックしておきたいポイント

他社からの借り入れがあっても、もちろん新規利用ができないというわけではありません。審査を通過するためには、ちょっとしたコツが必要なだけなのです。例えば、同時申し込みは2社まで、既存の借り入れを解約し件数を減らす、おまとめローンを利用する、虚偽の申告をしないといったことが、審査を通過するためには大きな影響をあたえることとなります。それでは、ここからは他社からの借り入れがある方が審査を通過するためのコツを見ていきましょう。

申込みは同時に2社まで

同時申し込みの件数ですが、これは最大で2社までです。それ以上は絶対に同時に申し込んではいけません。金利の安い銀行系と、審査に柔軟な消費者金融に同時に申し込むというのは一般的によくあることですし、利用を急ぐ場合なども審査の早さを謳う2社に同時に申し込むというのそれほどまれなケースとは言えません。審査の基準は明確にはされていませんが、各社それぞれ独自の基準で審査していますので、一方がダメでも一方がOKということも十分にありえます。

借入額と件数を減らす

可能であれば、借入額や件数は減らしておきましょう。借入残高が少なく完済できそうなものは、たとえ1件でも件数が少なくなれば、審査に通る可能性は少しでも高まります。一度、他社からの借り入れを全て見直してみて完済できるものがないか確認してみてください。たとえば残高が数万円などというものは無いでしょうか?借入額もそうですが、できるだけ借り入れ件数を減らすというのは審査を通過するうえでもかなり重要となります。

おまとめローン

おまとめローンとはその名の通り、借り入れをまとめるためのローンです。通常では総量規制の対象となってしまうローンですが、こちらは例外貸し付けにあたるため、たとえ消費者金融でも一時的な借り入れが可能となります。借り入れたお金が他社への返済に充てることができるので、返済を一本化し月々の返済額を大幅に減らすことも可能なのです。もちろん銀行でも用意されている商品がありますので、利用を希望する場合は申込時に各金融機関の担当者へ相談してみてください。

他社借入は嘘無く正確に

先ほどもお伝えした通り、他社借り入れの記載欄でいくら虚偽の報告をしたとしても、審査時に個人信用情報機関から情報提供を受けることによりすぐにバレてしまいます。ここは虚偽なく正確に申告し、自らの人間性と誠実さを訴えましょう。総量規制以上の借入額があるとなると審査をパスすることはまずできませんが、そうでなければ通る可能性はあるのです。わざわざ自分から嘘つき認定を求めて審査を通りにくくしても仕方ないですよね。

各社の借入診断を試す

消費者金融でも銀行でも、ほとんどの公式サイトで借入診断を行うことができます。あくまで簡易的な診断とはなりますが、融資可否の目安となることはまちがいありません。先ほどお伝えした通り、同時に申し込みしていいのは最大2社までです。まとめて申し込みができない以上利用を考える際には、このようなシミュレーターを活用するのもひとつの手です。簡易診断で融資不可と判定された金融機関は潔くあきらめ、良い結果が出たところにのみ申し込んでみましょう。

ゆうちょ銀行の目的別ローンには担保が必要

ゆうちょでお金を借りるには担保が必要とされています。この点については、ゆうちょ銀行にはカードローンなどの取り扱いはないですが、担保が必要となる貸付があります。この貸し付けには財形形成貯金担保貸付け・貯金担保自動貸付け・国債等担保自動貸付けという3種類がり、例えば、財形形成貯金担保貸付は財形定額貯金や財形年金定額貯金や財形住宅定額貯金のどれかを担保として最長2年の間、貸付を受けられるようになっているのです。

プロパー融資について

プロパー融資を受けるにはどうしたらよいのでしょうか。プロパー融資というのは銀行から直接融資を受けるという方法になり、銀行の提供している融資サービスでは最も審査が厳しくなっており、中小企業や個人事業主の方などの場合、新規プロパー融資で借り入れは難しいと言われます。メインバンクとしている銀行などに相談してみると、プロパー融資で借り入れが可能なこともあるかもしれませんのでまずはメインで取引している銀行に相談してみましょう。

生活福祉資金貸付制度

銀行以外からお金を借りる方法があるのをご存知でしょうか。生活福祉資金貸付制度という制度を利用すると、銀行を利用せずに借り入れを行うことが可能です。この制度は、困窮しており毎日の生活がままならないという人などに国が支援する制度になります。どんなサポートを受けることができるのかというと、生活費の借入を行うことが可能です。けれども、働きたくても働けない状態の方でなければ融資を受けることはできないとされています。

生活福祉資金貸付制度とは

生活福祉資金貸付制度は、具体的には低所得者や高齢者、障害者の方の生活を経済的に支え、同時にその在宅福祉及び社会参加の促進を図ることを目的とした貸付制度になります。この貸付制度は、都道府県社会福祉協議会が実施主体となっており、申し込みは県内の市区町村社会福祉協議会が窓口となっています。低所得者や高齢者、障害者の方が世帯単位でそれぞれの世帯の状況と必要に合わせた資金的なサポートを貸し付けという形で受けられます。

生活保護受給者でも融資は受けられる

生活保護受給者でも融資は受けられます。生活保護の受給者はほとんどのケースでお金を借りることができないようになっていると言われています。その理由は、金融機関から借り入れを行うためには安定収入が前提になりますので、生活保護受給者はその前提条件を満たしていないということが挙げられます。しかし、生活保護の受給者が借り入れをできる方法があり、社会福祉協議会の生活福祉資金はこうした生活保護受給者の方が借り入れを行うことができます。

母子父子寡婦福祉資金貸付金

銀行以外からお金を借りる方法として挙げられているのが母子父子寡婦福祉資金貸付金です。この貸付制度は母親が一人で子供を育てている家庭におすすめの借り入れ方法と言われていて、銀行や消費者金融のカードローンよりも母子家庭専用の融資の方が利率が低くなっています。母子父子寡婦福祉資金貸付金は母親一人か父親一人でお子さんを育てている方を対象としており、都道府県や市などの自治体から受けられる融資システムになっています。

母子父子寡婦福祉資金貸付金とは

母子父子寡婦福祉資金貸付金は母親あるいは父親一人で子供を育てている方を対象としている融資制度になります。この融資は都道府県や市などの自治体から受けられ、例えば、就学資金は月額67,500円を無利子で融資してもらえますし、事業開始資金は2,830,000円が年1.0%、技能習得資金は月額68,000円で、年1.0%という利子で利用することができるようになっています。医療介護資金は500,000円で、年1.0%など、利率もかなり低いです。

児童扶養手当

児童扶養手当は借り入れではなく支給という形で受け取れる手当です。児童扶養手当は両親が一人しかいない家庭に対し毎月支給されるようになっています。支給額は親の所得に応じて変わってきます。例えば、千葉県を例として見てみると、子供の数に応じて支給額が変わっています。そして、全額受給できる所得上限も設定されています。例えば、1人であれば月額42,330円~9,990円で、所得上限は570,000円となっています。

その他の銀行以外からお金を借りる方法

その他の銀行以外からお金を借りる方法についてご紹介してみましょう。学資保険は解約せずにお金が借りられます。お子さんの教育費用のために学資保険に加入しているという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。学資保険の加入中にまとまったお金が必要になった時、銀行や消費者金融から借り入れする方法もありますが、これまで支払ってきた学資保険を思い出してみてください。学資保険からお金を借りることが可能なのです。

学資保険は解約せずにお金が借りられる

学資保険は解約せずに借り入れできます。学資保険が満期になったり、途中で解約した場合にはこれまで積み立てた金額に応じてお金が返ってくると言えますが、そうしなくても学資保険の貸付制度を利用するとこの返戻金の一部、80%くらいが借り入れ可能です。借入利率も3%くらいなので、金融機関のローンを利用するよりも金利も低いです。保険会社に連絡してその旨を伝えると、書類が送られてきますので、必要事項を記入して送り返せばOKです。

同僚にお金を借りるなら借用書が必須

同僚にお金を借りるということもあるかもしれません。そのような場合には借用書が必須です。というのは、同僚からお金を借りる際に深く考えずに借り入れしてしまうと後々必ずトラブルになってしまうものなのです。お金を貸してほしいと言われることに対してマイナスに捉えてしまう方もいます。人様にお金を借りる際、きちんと礼を尽くして話をし、借用書を作成するようにしましょう。そうすれば貸してくれるという人がいることもあります。

学費は教育ローンや奨学金で借りる

学費は教育ローンや奨学金で借りるようにしましょう。銀行や信用金庫などの金融機関などでは学費という目的で借りられる貸し付けが行われています。学費のために借り入れを考えているなら専用サービスを利用したほうが金利面でお得です。学費専用の借り入れは学生が卒業するまでは利息分支払いだけで良いものも多いです。目的が学費という場合には、他の目的で借り入れできるローンやカードローンなどよりも教育ローンや奨学金がおすすめです。

ブラックだからと言って闇金を利用してはいけない

長期の延滞や債務整理を行ってブラック状態だからといって、闇金へ手を出すことだけは絶対に避けなければなりません。何社も消費者金融へ申し込みを行って諦めてしまう人もいますが、闇金はそもそも貸金業法を守らずに営業している違法業者です。闇金に手を出すと正規の貸金業者では考えられないあらゆる被害を被る可能性が高まります。また、闇金に手を出したことが原因で債務整理に着手しようとしても法律上の保護が制限されてしまうことすらあります。

法外な金利を請求される

闇金からお金を借りられても、トイチ・トサン・トゴといった年率に換算すると1,000%を超える法外な金利に基づく利息を請求されてしまい、あっという間に返済不能に陥ります。最初から完済出来る前提で闇金はお金を貸し付けるわけでは無いために、本来ならば支払わなくて済む利息まで膨大な金額を闇金へ搾取され続けて破綻することになるわけです。確かに完済できる人も中にはいますが、あくまでも一部の例外であって大半は返済不能に陥り酷い取り立てを受けることになります。

過剰な取り立て

闇金から借入を行うと、金利の高さから利息が負担となりすぐに返済不能に陥ります。闇金へ滞納を行うと、正規の貸金業者では法律上禁止されている取り立て行為であっても闇金は当たり前のように行います。自宅へ時間を問わずに押し掛けるだけでなく、近所へ借金の事実を触れ回ったり勝手に出前を注文したりという精神的に追い詰めることにより優先的に闇金へお金を振り込ませるよう仕向けるわけです。毎日脅迫に満ちた状態で生活することになるので、精神的に疲弊してしまいかねません。

消費者金融と闇金の見分け方

正規の消費者金融と闇金を見分けることは、大手消費者金融とは異なり知名度が低い中小消費者金融では闇金側が類似した名前を使っているために見分けが難しいという問題はあります。しかし、貸金業法に基づき正規の貸金業者として営業している中小消費者金融は、見分け方さえ正確に知っていれば闇金との区別がつくようになります。正規の貸金業者と闇金の見分け方を覚えておくことが、闇金から身を守る確実な手段として有効となるわけです。

金融庁公式サイト

正規の消費者金融は、全て金融庁公式サイトに貸金業者として登録されています。消費者金融の公式サイトだけでなく、契約書面についても貸金業登録番号が必ず記載されているので、金融庁公式サイトで登録情報が完全一致することを確認すると良いです。貸金業者の登録屋号・連絡先・本店住所といった基本的な内容が金融庁公式サイトへ掲載されている内容と完全に一致していれば、正規の消費者金融だとすぐに確認出来ます。僅かなひと手間ですが、自分を守るために必要な手段として覚えておくと良いです。

闇金は甘い言葉で勧誘するので一見便利に見える

ブラック状態にあると認識している利用者にとって、甘い言葉で勧誘する闇金は魅力的に映ってしまうことは確かです。しかし、貸金業法で定められているように、消費者金融は審査を必ず行わなければならないことになっているので、100%誰でも借入可能という状況は有り得ません。無審査による融資を行うこと自体が貸金業法違反となるわけですから、ブラックOKといった文言や誰でも借入可能といった広告が記載されていたら闇金だと判断出来ます。

スマホに勧誘の電話をしてくるのは闇金

スマホに見ず知らずの電話番号から融資の勧誘電話を受けたことがある人は、その勧誘電話が闇金だと気づく必要があります。正規の消費者金融は、利用者が自ら連絡をしない限り消費者金融側から勝手に勧誘電話をかけてくることは無いです。いくらお金に困っている状況であっても、一般常識の範囲内として問い合わせや申し込みをしていない消費者金融から電話連絡が個人のスマホへ入ることは有り得ません。電話番号入手経路がそもそも不自然であって、最初から犯罪の疑いが濃いです。

ヤミ金(闇金)から借りてしまった場合には

既に闇金から借りてしまっていることが判明したら、自分で対処しようと考えずに弁護士または司法書士へ相談することが望ましいです。闇金対応に詳しい弁護士や司法書士に依頼すれば、闇金への支払いは一切する必要が無く、過去に闇金へ返済した分についても返済を求めてくれます。闇金にとって法律の専門家が間に入った時点で、違法な取り立てそのものを即座に停止して逃げの姿勢に入ることが一般的です。闇金からの借入に対する返済が無ければ他の借入返済が出来るという状況にまずは持って行くことが大切です。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

アイフル
プロミス
SMBCモビット
レイクALSA

特徴からさがす

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング

  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.