最終更新日:2019年11月07日

銀行からお金を借りる方法|消費者金融と比較して金利や審査はどうか

銀行でお金を借りることの利点とは?

家や車を購入するときにお金が必要な場合に「銀行でお金を借りよう」と考える方はたくさんいますよね。消費者金融でお金を借りるより、銀行の方が安心できるイメージがあります。しかし、銀行でお金を借りるとしてもローンの種類や、お金を借りられる条件、いくら借りられるのかなどの他に、銀行でお金を借りる際に必要となる審査の内容や、方法また必要な書類など詳しく知りたいですよね。ここでは、銀行でお金を借りる際に知っておきたい大切な知識をご紹介いたします!

銀行と消費者金融のカードローンを徹底比較!

ところで、銀行でお金を借りるのと消費者金融でお金を借りる際の違いを知っていますか?
銀行の方が安心で安全そうと感じますよね、しかしそれだけでは決して銀行の方が得といったこともないのです。

実際申し込みをして、銀行よりも消費者金融の方が良かったなどと言った公開をしないように特徴の比較をしていきましょう。
 ここでは「銀行系と消費者金融のカードローン特徴の違い」をご紹介いたしますので、あなたにあったカードローンを選ぶ参考にしてください。

金利の違い

銀行と消費者金融で金利が違うという点にポイントがあります。銀行の方が消費者金融より金利が低く、平均的な金利は、銀行が年4.0〜14.0%、消費者金融が年4.5〜18.0%と異なります。しかし、消費者金融のほうがキャンペーンで30日間利息0円という場合もあるので、返済期間などの借り方によっては銀行よりも消費者金融の方がお得にお金を借りる事も出来ます。
キャンペーン期間に申し込みをすればお得ですが、キャンペーン対象外の時に借りる場合なら金利の低い銀行のほうがお得の場合もあります。

限度額の違い

お金を借りる際には必ず申し込み人それぞれに応じて審査が行われその審査により、限度額は決定されます。銀行では一度審査を行い、限度額が決められると、そこから限度額が減るということがありません。しかし、消費者金融では、限度額の枠内で再度お金を借りるときにその都度審査が必要になり、場合によれ限度額が減らされる場合もあります。
以上の事から銀行系のカードローンは限度額内で自由にお金を借りやすいということになります。

審査スピード、審査通過率の違い

銀行と消費者金融のローンには審査のスピードと審査通過率の違いがあります。 審査スピード、審査通過率ともに消費者金融の方が銀行よりも高く、消費者金融の審査スピードは最短30分となっています。
 また銀行系では審査通過率は、ほぼ公表されていませんが、審査に落ちやすいという意見も聞きます。 公表されている消費者金融では、プロミス:43.5%、アコム:50.2%、アイフル:46.4%となりだいたい2分の1の確率で受かるようですね。

即日融資の可否の違い

残念ながら 銀行では、申し込み日当日の融資はできず、すぐにお金を手に入れることはできません。一方で、消費者金融はすばやい審査が売りなので、申し込み日当日にお金を借りることが可能です。
即日お金が必要な場合は消費者金融でしか現金を手に入れることが出来ないので、消費者金融はいざという時に使いやすいカードローンとなっています。支払期限までにお金が欲しくてローンの申し込みをしても、融資がすぐに下りずに支払期限までにお金が手に入らないということもあります。

目的別と多目的別の違い

カードローンには目的別カードローンと多目的別カードローンの二種類があります。消費者金融では多目的ローンのみの取り扱いで、銀行ではローンに多くの種類があります。 銀行のローンでも、消費者金融同様の多目的ローンの取り扱いや、そのほかに住宅ローンやマイカーローンなどのローンの使い道が決まった目的別ローンの種類が様々にあります。
では銀行にある目的ローンの種類は主に何種類あるのか詳しくご紹介していきます。

消費者金融カードローンで借りるか、銀行カードローンで借りるか?

消費者金融カードローンで借りるのか、銀行カードローンで借りるのか、どちらがいいのでしょうか?例えば、銀行カードローンは安心だからと考えて、知らずに変に申し込むと、急いでいるのにすぐにお金を借りられなくて失敗・・、収入証明書類がすぐ用意できないなどの声もあります。したがって、消費者金融のカードローンと銀行のカードローンのメリットとデメリットをよく理解してから借り入れに申し込むようにすることがおすすめです。

当サイトでの申込みおすすめランキングTOP4からお金を借りる

当サイト申し込みランキングTOP4からお金を借りるという場合、プロミスとアコム、SMBCモビット、アイフルが注目です。どの消費者金融もそれぞれ特徴がありますが、どの消費者金融も今すぐに借り入れを行いたいという時には即日対応も含めてスピーディなサービスが提供されていますので、その日のうち中に借り入れを行うこともかの王になっているのです。そのため、これらのカードローンサービスをチェックしてみましょう。

初めてお金を借りるならここがおすすめ!

初めてお金を借りるならどこがいいのでしょうか?この点については、初心者の方はすぐお金を何とかしなければという状況になった時には、なんとか工面しなくてはいけないと焦ってしまうこともあるでしょう。そして、申し込み方法や審査内容、金利なども含めて、いろいろ不安なこともあり、家族や会社に知られないかと思われる方も多いのではないでしょうか。そんな初心者の方に、借り入れ可能な業者を選ぶ時に重要な4つのポイントをご紹介します。

大手の消費者金融業者・銀行

今すぐ現金が必要と言った場合は、消費者金融がおすすめです。銀行系カードローンは消費者金融と比較すると金利が低いという利点があります。しかし、審査内容が消費者金融より厳しく、審査に申込みしてから融資を受ける時間が消費者金融よりも長くかかってしまうのです。それに対して大手消費者金融業者は、平日14時までに申し込みすれば即日対応でスピーディな融資を受けることができ、数時間後にATMで借り入れすることが可能になります。

家族や勤務先に知られないために

家族や勤務先に知られないで借り入れしたいという人もいます。大手消費者金融業者は審査の一環として行われる勤務先への在籍確認を、消費者金融業者と特定されない方法で実施してくれるのです。勤務先などにできるだけ知られない方法で在籍確認を行ってもらえます。さらに、在籍確認をしてほしくないという時は申し込み時や申し込みから30分内に業者に伝えることで、在籍確認を柔軟な方法で行ってもらうことができる可能性もあります。

審査になかなか通らない場合

お金を借りたいけれども審査に通過しない場合はどうしたらいいのでしょうか?また、はじめての借入の時に、借り入れしたいけれども審査が不安と悩むこともあるといえます。すでに何度か借り入れしているけれども、同じ主婦の友人は審査に通過したのに私は通過しないということもあると言えます。審査に通過しない理由は問い合わせても教えてもらえませんが、金融機関では審査に厳密な基準が設けられていますので、審査に通過しない時にはいくつかの理由があると言えます。

審査に落ちてしまう主な理由とは?

審査に通過しない理由は何なのでしょうか?この点については、カードローンは安定収入があることが融資を行う前提となっています。したがって、収入の安定性が弱い学生や主婦の方の場合は審査に通過しにくいということなのです。またおなじ学生でも年齢や収入状況で審査結果は異なっています。申し込み時にきちんと記載していない時も書類不備とされてしまい審査に通過しませんので、これらの点については注意が必要になっています。

おすすめは情報開示

情報開示という方法で信用情報を開示することができます。そして、過去の借入れについての個人情報はJICCといわれる第三者機関で共有されています。金融業者は審査を行う際にこの情報を照会して審査を行っているのです。このような情報は信用機関に1,000円くらいの手数料を支払うと請求でき、自身の情報を入手することができます。借入れが不安があるという場合や同士なのか審査に通過しないという時には開示請求はおすすめです。

銀行ローンの種類について徹底解説!

銀行では、色々な種類のローンを取り扱っています。自動車やブライダルや住宅や事業用ローンなど色々ありますが、それぞれ融資限度額や審査の所要時間も異なるのです。
使い道が限定されているローンは、審査時間は若干長くなる傾向があります。例えばフリーローンは使い道は自由ですが、住宅ローンは住宅資金にしか使えません。後者のような目的限定型の商品は、審査時間も長くなる訳です。
今回は銀行が取り扱っている主なローンを解説していきますので、一緒に見ていきましょう。

住宅ローンについて

住宅ローンは、住宅物件を担保に入れてお金を借りるローンになります。担保に入れる都合上、貸し倒れのリスクは比較的低いです。住宅ローンは、厳密には公的融資と民間融資の2種類があります。しかし色々な制度の変更などに伴い、現在では民間のローン商品が主流になっています。利用者の年齢層は、30代や40代が多いです。
「家を買いたいものの、自己資金だけでは厳しい」時などは、まず銀行に相談してみると良いでしょう。限度額や毎月返済額などは、銀行の担当者に気軽に質問する事ができます。

リフォームローン

マイホームは、たまに増築や改築などが検討される事があります。住宅に長く住んでいると、浴室や台所などを改修したくなる事もあるでしょう。改修工事を行う為には費用も必要ですが、リフォームローンならその資金を借りる事ができます。
ちなみにリフォームローンは、住宅ローンとは異なります。住宅ローンは担保物件が必要ですが、リフォーム用ローンは担保不要でお金を借りる事ができます。住宅ローンと比べると必要書類の数も少ないですし、審査結果が出るのも比較的スピーディです。

事業者ローン

事業を営んでいると、下記のような資金が必要な事もあります。
・開業資金
・運転資金
・設備投資の資金
・税金に関する資金
・人件費
事業用ローンは、上述のような事業に関するお金を借りるためのローン商品になります。ビジネスローンと呼ばれることもあります。
ちなみに後述のカードローンやフリーローンなどは、事業資金を確保するために利用する事はできません。法人や事業者がお金を借りたい時は、事業用ローンで申し込みをする必要があります。

自動車ローン

自動車ローンとは、主に自動車を買うためのローン商品になります。オートローンやマイカーローンと表現される事もありますが、主に自動車のディーラー店やメーカーが取り扱っています。銀行も自動車ローンを取り扱っていて、ディーラー提携のローンよりは金利も低めです。
自動車ローンは新車の購入や車の買い替えで活用される事が多いですが、家族名義の車を購入する時にも利用する事ができます。自動車だけでなく、オートバイを買う時にも利用できます。

教育ローン

教育ローンは子供の学費を借りたい時に活用されるローンであり、国が運営するものと金融機関が運営するものがあります。後者の銀行によるローンで借りるお金は、下記のような資金に使う事ができます。
・受験費用
・塾や予備校の費用
・授業料
・部活費
・留学の費用
・通学交通費
担保や保証人は不要です。ローンによってサービスの内容も異なり、「在学中は金利分のみ」支払っていれば問題ないローンもありますし、「進学先が決まる前の段階」でも申し込み可能なローンもあります。

ブライダルローン

ブライダルローンは結婚資金を借りるために活用され、ウェディングローンと表現される事もあります。金利も低めで、下記のようなお金に使う事ができます。
・新婚旅行
・挙式
・新居に住む時の家具や家電の購入費用
・住宅の入居に関する費用
・結婚指輪
・婚礼衣装の費用
ちなみに本人名義だけでなく、両親名義でお金を借りることも可能です。担保や保証人は必要ありません。「結婚するつもりはあるけど、費用が気になるので踏み切れない」時には、銀行で相談してみましょう。

フリーローン

フリーローンは、他の使い道は限定されません。上述の住宅ローンやブライダルローンなどと違い、資金使途は自由な個人向けローンになります。フリーローンの特徴は、下記の通りです。
・保証人が求められる事もあれば、不要なローンもある
・担保も同様
・追加融資を受ける事はできない
・金融機関によって金利は異なる
上記の3点目ですが、借りている最中に新たに融資を受ける事はできません。例えば金融機関から60万円を借りて、残債は20万円になったとします。
その際に、追加借入れできる訳ではありません。追加でお金を借りたいなら、改めてフリーローンを新規で申し込む必要があります。

カードローン

カードローンは、無担保保証人無しで利用できる融資商品であり、ローン専用のカードも発行されます。申し込みをする時には限度額も決められ、その範囲内で借りる事ができます。
カードローンは資金用途は自由であり、生活費や趣味などに使っても問題ありません。ただし他のローンと比べると、金利は若干高めになります。
ATMでも借り入れや返済できますから、利便性も優れています。ひとまず契約だけ済ませておいて、必要な時のみカードでお金を借りている方も多いです。

カードローンとフリーローンの違い

ではカードローンとフリーローンは何が違うのでしょうか? 住宅ローンやマイカーローンのように目的が決まっていないので、多目的に利用でき便利ですが、分ける理由はあるのでしょうか?

カードローンの特徴
 ・金利が高いが、借入限度額が高い
 ・審査基準が高く、審査時間が短い
 ・追加融資を受けやすい

フリーローンの特徴
 ・金利が低いが、借入限度額も低い
 ・審査基準が低いが、審査時間が長い
 ・追加融資が受けにくい

自分にあったお金の借り方を考えて、必要な金額や期限などの状況を検討して二種類をうまく使い分けて損の内容にお金を借りたいですね。

フリーローンはこんな方におすすめ

フリーローンは、少ない金額を低い金利で借りたいと言う方におすすめです。しかしカードローンとはちがい、何度も借入が出来ないので、追加融資を受けたいときは再度申し込みをする必要があります。また利用目の証明のための書類などが必要な場合もあるので注意が必要です。主な銀行のフリーローンの金利
・三菱UFJ銀行「ネットDE多目的ローン」変動5.475%
・みずほ銀行「みずほ銀行多目的ローン」変動5.875%
・固定6.55%
・三井住友銀行「フリーローン 無担保型」変動5.975%
・りそな銀行「プライベートローンJ」固定6.5%~14.0%

カードローンはこんな方におすすめ

カードローンは早めに現金が必要な時や、何度も追加で借り入れが必要な場合に利用をおすすめします。

しかし、消費者金融系では即日融資が可能ですが、銀行系では即日融資が不可ですので、即日現金が欲しいという方は消費者金融で契約したほうが早くお金を借りることができます。

主な銀行系カードローンの金利
・三菱UFJ銀行カードローン4.6%~14.6%
・みずほ銀行カードローン4.0%~14.0%
・三井住友銀行カードローン4.0%~14.5%
・りそな銀行カードローン3.5%~12.475%

審査基準と必要な提出書類、融資までの流れはこちらで紹介

銀行からお金を借りる際に必ず必要なのは審査を通る事です。ローンを申請する際に一番の難関となる審査とは何か詳しく説明していきます。銀行が行う審査により、借りる人それぞれの借りれる金額や金利が決められます。ここではお金を借りるための一般的な審査基準と、審査の際に必要な書類について紹介します。お金の借りる目的や借りる人によって審査基準や必要書類は変化してきますので、一般的に必要なものをしっかり押さえて焦ることなくローンの申請が出来るようにしましょう。

一般的に言われている審査に通る基準

審査基準はローンを組む会社によって様々ですが、一般的に言われる審査基準をまとめると
・過去に銀行や消費者金融で借入の経歴があるか
・過去の借り入れにおいて、返済の滞納が無いか
・クレジットカードの返済において、遅延や滞納がないか
・安定した収入があり、定職についているか
・20歳を超えているか
20歳以下の方がローンの申請をする際には、親の同意等が必要になってくる場合があります
一般的な審査基準を最低限満たしてローンの申請をしたいですね。

必要書類

申し込み書類は申し込みをする会社によって枚数が変わったりはしますので、どこの銀行でも必要な書類を紹介します。
・本人確認書類:運転免許証、健康保険証、パスポート等
 本人のものか確認をするために、顔つきの本人確認書類でない場合2つの本人確認書類がいるといった場合もあります。
・収入証明書:給与明細、源泉徴収票等
 ローンを借りた後にきちんと返済が出来るかどうかを見極めるためにも、定期的に安定したお金を稼いでいるかなどを証明しなくてはなりません。

申請後の流れ

ローンの申し込み申請をした後の流れは、一般的に以下の流れになります。
流れを確認して申し込みをしましょう。
申し込み者について申し込みが出来るか審査

必要書類の提出

契約

口座に借入したお金が入金される
といった流れになります。必要書類の提出の後に会社に本当に働いているかの在籍確認があります。在先確認時、銀行名かあらかじめ伝えた個人名でかけてくれる場合もありますので、会社にローンの申し込みをばれないようになっています。

銀行でお金を借りやすい人・借りにくい人の違いとは

では銀行でお金を借りる際に、職業や収入によって様々な人がいますが、お金を借りやすい人と借りにくい人の違いはどのような点なのでしょうか?
サラリーマンで安定的に毎月お金を稼ぐ人と、自営業で毎月違う金額を稼いでいる人では銀行で、ローンを借りる際に必要な審査基準「安定な収入があるかどうか」が変わってきます。ここでは、会社勤めのサラリーマンと自営業の場合に分けて、銀行でお金を借りやすい人・借りにくい人の比較について紹介していきます。

自営業よりも会社勤めの方の方が借りやすい

上記に記載しましたが、ローンを借りる事で大切なポイントは「安定な収入」です。
サラリーマンとして毎月決まったお金を稼いでいる人は安定しているとみなされやすいですが、自営業の人はどうでしょうか?
残念ながら同じ金額を稼いでいても、自営業の方はサラリーマンよりも収入が安定していないとみなされやすくなっています。自営業の方は、会社の業績が悪くないかなど見るために、過去数年間に一定額以上の所得条件などが厳しく決められている場合があります。

銀行との取引の有無

銀行でお金を借りる際に、お金を借りようとしている銀行で「今まで取引があるか」がポイントとなります。
すでにローンの申し込みや借入をしたことがある、口座を開設しているなど、長期での取引があれば、ローンの借り入れがしやすくなります。銀行では、自分の銀行内にある口座の預金残高がわかりますので、預金残高があり、頻繁に利用しているお客さんは、優良顧客としてローンの申請が通りやすくなります。たとえば、銀行でマイカーローンを利用している人が、同じ銀行で住宅ローンや他のローンを借りる場合に金利や条件が優遇されるサービスもあります。もしすでに借り入れしている銀行があるなら、同じ銀行を選ぶ方が審査に通過しやすいでしょう。

借入経験の有無

過去に借入経験のない方よりも、すでに借り入れ実績があり、きちんと返済している方の方がローンの申請が通りやすくなります。
借入経験のない人がカードローンを申し込んでも、過去に実績が無く返済がきちんとされるかわからないので、最初は最低限の利用限度に設定されることがあります。
また他社でカードローンの利用実績があり、優良顧客であれば銀行系のカードローンでも優遇される場合があり、審査に通りやすくなるところもポイントです。

学生や無職の主婦でもお金を借りることができるの?条件は?

銀行系のカードローンでしたら、条件を満たせば学生でも無職でもローンの申し込みは可能です。しかし、返済能力があるか確かめるために、学生でもアルバイトで収入があるかや、年齢が20歳を超えていないと借りることが出来ないなどの条件があります。また無職や専業主婦の場合は、銀行系のカードローンのみでお金が借りられ、消費者金融では借り入れが不可です。また配偶者の安定した収入の証明が必要なので、配偶者の収入証明書などが必要になる場合があり、条件の確認や比較が必須となります。また高齢になるほど大きなお金を借りるには、条件が厳しくなり審査が通りにくくなります。

できるだけ早くお金を借りたいなら『即日融資』

申し込んだその日中に融資を受けることが可能なサービスのことを即日融資といいます。さまざまな理由で急にお金が必要になったという時に多くの人が利用しています。このサービスは、24時間コンビニATMなどで借り入れすることができるのでとても便利です。即日融資はその日の13時くらいまでに申し込みを行い、14時までに審査を完了させることができれば対応可能な消費者金融などもあり、スピーディな対応を受けることができます。

契約が済んでからやっと借り入れへ

申し込みや契約が完了していないなら借り入れすることはできません。カードローンを利用して借り入れを行うためには、融資サービスを提供している金融機関のカードを発行してもらうことが必要となります。そして、そのカードの発行を行うために審査が行われています。審査に通過することによって利用限度額や金利、返済日などが決められます。そうして初めてカード発行がなされるようになっているということなのです。したがって、申し込み・契約が済まないと借り入れできません。

即日融資でオススメの申し込み方法は?

即日融資でおすすめの申し込み方法は何なのでしょうか?即日融資で借り入れしたい時の申し込み方法として、店頭窓口や電話、無人契約機やインターネットなどがあります。しかし、この中で実際の融資までにあまり時間や手間がかからないのがネット申し込みです。カードローン審査ではその日にカードを受け取れないこともありますが、午後14時くらいまでに審査が始まることでその日のうちに融資を受けられるところが多くなっていると言われます。

あらかじめ契約は済ませおくことも考えておこう

急いでお金を借りるくらいなら、あらかじめ契約は済ませておきましょう。借り入れするためには申し込み、審査、そして契約といった流れに沿って手続きを行う必要があります。そのため、時間はそれに応じてかかります。急な出費でキャッシングするためにはあらかじめカードを作っておくことが必要です。そう言っても、急な出費がいつなのか事前に知る事ができないこともありますし、すぐに必要になって困るということがないようにしておきましょう。

即日にお金を貸してもらえないこともある?

即日融資でお金を貸してもらえないこともあるのでしょうか?というのは、その日中に借り入れ可能なカードローンを提供しているから必ず融資を受けることができるとは限らないのです。カードローンでも銀行系のものは営業時間外や土日祝日に審査を受けることはできません。土日融資に柔軟な対応を行っている消費者金融も銀行振込みでその日のうちに融資を希望するという時は金融機関の営業時間や休業日が関わっているのです。そのため、実は借りられないこともあります。

即日融資を考える際に注意したい条件やポイントとは?

当日中に借り入れをすることを目的とするならば、まずは消費者金融か銀行カードローンのどちらかを選ぶ必要があります。この点は即日融資のための注意したいポイントです。申し込んだその日に借り入れ可能な金融機関も多くありますが、実際に申し込んでみるまでそれが可能かどうかは分からず、申し込み時間や必要な書類提出なども関係しているとも言われますので、こうした点には十分に注意して即日融資に申し込む必要があります。

その他のお金を借りる方法とは?

カードローンはとても便利ですが、借り入れを行うことができないこともあります。そこで、その他のお金を借りる方法にはどのような方法があるのかをご紹介してみたいと思います。借り入れを行うなら消費者金融や銀行カードローン以外にも多くの方法があり、いくつかの方法をご紹介してたいと思います。例えば、クレジットカードでお金を借りる方法や銀行のローンを活用して借り入れを行う方法などがあります。そこで具体的にご説明します。

クレジットカードでお金を借りる方法

クレジットカードで借り入れする方法があります。保有しているクレジットカードにはキャッシング枠がショッピング枠と同じようにつけられていることもあります。このカードのキャッシング枠を利用すると、コンビニや銀行ATMなどの身近な場所ですぐ借り入れできる可能性が高いです。そのため、クレジットカードを保有している時にはカード会社にキャッシングを行うことができるかどうかについて一度確認してみることはおすすめです。

銀行のローンでお金を借りる方法

銀行ローンでお金を借りる方法もあります。つまり、銀行の目的別ローンを利用するという方法です。この目的別ローンとカードローンとの違いは目的に合わせてローンが組めるかどうかという点です。例えば、マイカーローンやリフォームローン、教育ローンなど、目的に応じたローンが各銀行などでは提供されています。ただし、審査はとても時間がかかりますし、カードローンのように使途が自由ではなく、目的に合わない時は借入れできない可能性があるということです。

「生活福祉資金貸付制度」を利用する

国から借り入れを行いたいという時は生活福祉資金貸付制度を活用するという方法があります。生活福祉資金貸付制度は、失業などで生活に困った人のための国の貸付や貸し出し制度になります。例えば、生活に必要なお金を他から借り入れできない低所得者世帯の方、障がい者手帳を持っている障がい者世帯の方、仕事に就くことが難しい65歳以上の高齢者世帯の方などが借り入れをできる制度で、世帯を基準として申し込む制度になります。

親・親族(配偶者)からお金を借りる方法

親や親族(配偶者)からお金を借りる方法もあります。親や親族(配偶者)から借り入れができるのであればそれが一番いいといえます。高校生や学生にとってはこの方法しかない場合も多いのではないでしょうか。そうした場合には何のために借り入れるのかを伝える必要があるでしょうから、あまりおかしなことには使わないことでしょう。金利もなしで貸してもらえることも多いですし、お金を返すときにお礼くらいは必要かもしれないと言えます。

サラ金でお金を借りる方法

サラ金というのは、現在の消費者金融のことをいいます。この言い方は昔、サラリーマン金融と言われていたことが影響しており、街金などども呼ばれていたのです。昔のサラ金というと、イメージが取り立てている人であったり、怖いなどのイメージが強いと言えますが、現在の消費者金融は銀行と業務提携を行っていたり、総量規制の法律によって規制されており、無理な貸付が減ってとても利用しやすくなったとも言われ、イメージが変わってきています。

社会福祉協議会で緊急小口融資の利用

社会福祉協議会とは社会福祉協会が各都道府県ごとに設けられている地域福祉推進を目的としている民間団体で、低所得世帯に対して生活福祉資金貸付制度といわれる貸付が行われています。この貸し付けは低金利、あるいは条件によって無利息で1万円から最大580万円まで貸し付けされています。ではそうした社会福祉協議会で緊急小口融資が受けられるのでしょうか?この点については、ある一定の収入基準や条件があり、審査を経てから融資を受けられるのです。

ゆうちょ銀行でお金を借りられる?

ゆうちょ銀行で借り入れが可能なのでしょうか?ゆうちょ銀行は、財形定額貯金や財形年金、財形住宅定額貯金を行っている場合や総合口座を保有していいて定額や定期貯金を行っている人なら低金利での借り入れ可能です。つまり、総合口座を持っているか総合口座で定額・定期預金をしていて残高があるという2つの点を満たしていると、定額や定期預金が担保になってとても良い条件で融資を受けることができるようになっているのです。

融資を希望する人の主な理由とは

お金を借りる理由は人それぞれと言えますが、どれも生活に密接した内容で融資を受けている人が多いと話入れています。ではどのような理由で借り入れを行っているのでしょうか?そこで、お金を借り入れる理由のトップ6をご紹介してみたいと思います。例えば、生活費でお金を借りる、 学費・教育費・養育費でお金借りる、 冠婚葬祭でお金を借りるなどが挙げられています。そこで、これからお金を借り入れする理由トップ6についてご説明してみたいと思います。

生活費でお金を借りたい

生活費でお金を借りるという場合、こまめに家計チェックを行ったり、節約していたとしても生活費が足りなくなってしまうことはよくあると言えます。借り入れを行う理由としてよく挙げられているのが、独身男性や主婦などをはじめとして、生活費が数万円足りなくなってしまったからという理由で、この理由が最も多くなっています。普段からコンスタントに貯金していたとしても、急な出費などで急にお金が必要となることもあり、生活費で借り入れるということが最も多いです。

学費・教育費・養育費でお金借りる

学費・教育費・養育費で借りるという理由も多いです。子供一人を大学まで行かせて卒業させるということになると、2千万円~3千万円かかると言われています。食費などを含む最低限の生活費は子供1人について月に約3万円くらいで、それにプラスして学費や習い事などを併せると月に6~8万円くらい、年間約70~100万円かかるのです。進学時は入学金や授業料などもあり、すぐに数百万円くらいかかりますので、そうした時に学費や教育費で借り入れるということです。

引っ越し費用・賃貸の更新にお金が必要

引っ越し費用・賃貸の更新にお金が必要となって借り入れを行うこともあります。引っ越し時には新しい住居に入居するための敷金・礼金・仲介手数料・引っ越し費用などが掛かります。これらを合わせると数十万円くらい必要になります。また、賃貸に入居していると、2年に1度更新となり、更新料が必要になってくることもあります。更新料は家賃の1か月分くらいかかり、そうした費用を用意するために借り入れを行うということもあります。

冠婚葬祭でお金を借りる

冠婚葬祭でお金を借りるということも借り入れる理由では多いです。結婚式や披露宴を行うという場合に必要な費用が、300~400万円と言われています。これまではとは異なったスタイルの結婚式などもあり、結婚セレモニーに対するサービスも多様化しています。結婚式などで必要なお金を借り入れするという理由で借金を行う人もいます。また、結婚式に参加するために、お金が必要になったという理由で借り入れを行う人もいるのです。

事業資金でお金を借りたい場合

事業資金でお金を借りたい場合も借り入れの理由として挙げられています。事業資金用に使うお金を借り入れたいという時は、無担保キャッシング・カードローンでなく、必ずビジネスローンで申し込みをして下さい。消費者金融や銀行のカードローンは、個人的な使途で利用することはできますが、事業のために使用することは禁止されています。そのため、事業用として借り入れを行いたい時には事業用ローンを利用するようにしましょう。