最終更新日:2020年05月15日

銀行からお金を借りる基礎知識|即日融資の条件や審査通過のコツ

銀行ローンの種類を解説

銀行からお金を借りるには、自分に最適なローン商品を選ぶ必要があります。

銀行で利用できるローン商品には、以下のようなものがあります。

住宅ローン
リフォームローン 
事業者ローン 
自動車ローン 
教育ローン 
ブライダルローン  
フリーローン 
カードローン

住宅ローンや自動車ローンなどは、審査時間が長くなることがよくあります。

利用目的が決まっているローンの場合、借入額が高額になることが多いため、申込者の返済能力をじっくりと確認する必要があるからです。

住宅ローン

マイホームの購入を希望するなら、銀行の住宅ローンを利用するのが最適です。

住宅ローンというのは、購入する住宅を担保にすることでお金を借りることができる仕組みで、住宅という担保があることにより、貸倒れのリスクが低く、ローン商品のなかでもよく使用される金融商品となっています。

住宅ローンには「公的住宅ローン(公的融資)」と「民間住宅ローン(民間融資)」がありますが、現在は民間住宅ローンが一般的となっています。

おすすめの銀行住宅ローンは?

ネット銀行の中では、auじぶん銀行の住宅ローンも人気です。

ネット申し込みが可能で、最短10日で契約を完了させることもできるのが魅力です。

この住宅ローンでは保証の料金がかかりません。

また、返済も手数料無料で1円から1円単位で繰り上げ返済をすることもできます。

そして最大の特徴は「一般団信」と「がん50%保証団信」です。

住宅ローンを契約していて、万が一死亡もしくは所定の高度障害になった場合には、auじぶん銀行が住宅ローンの残高を完済します。

さらに、契約者ががんと診断された時点で住宅ローンの残高が半分となる保証もついてきます。

リフォームローン

中古の住宅や実家のリフォームを希望する人は、銀行のリフォームローンが最適です。

リフォームローンというのは、住宅のリフォームや増改築などの資金に利用できるローン商品です。

大手銀行や地方銀行で利用できます。

長年暮らしているうちに、キッチンやお風呂場などは、老朽化が進み、リフォームが必要になります。

そんな時に、銀行のリフォームローンを契約すれば、改修費用に使う融資してもらうことができます。

リフォームローンは住宅ローンと異なり、担保が必要ありません(保証人は必要な場合あり)。

そして、リフォームローンは、住宅ローンに比べると、契約手続きに必要な書類が少ないめ、借入までにかかる時間が短いというメリットがあります。

事業者ローン

事業資金を用意したいという時には、銀行の事業者ローンを利用すると良いでしょう。

事業者ローンというのは、法人経営者や個人事業主(自営業者)など、事業者を対象にしたローン商品のことで、ビジネスローンとも呼ばれるものです。

銀行の事業者ローンは、「開業資金」「運転資金」「つなぎ資金」「仕入れ資金」「設備資金」「税金納付用資金」「取引先の支払い資金」「従業員の給料支払資金」など、事業に必要なさまざまな資金を借りることができます。

また、カードローンやフリーローンは事業資金として利用することができないので、法人経営者や個人事業主が事業に関するお金を借りるには、事業者ローンを利用する必要があります。

自動車ローン

マイカーを購入する時には、銀行の自動車ローンを利用すると良いでしょう。

自動車ローンというのは、自動車の購入を目的としたローン商品のことで、マイカーローンやオートローンとも呼ばれます。

自動車ローンは、自動車メーカーやディーラーでも利用できるのですが、銀行の自動車ローンのほうが金利が低いことが多いです。

そのため、利息を抑えたいなら、銀行の自動車ローンを利用しましょう。

自動車ローンは、新車や中古車を購入するときだけではなく、子供や同居家族名義の自動車購入にも利用できます。

おすすめの銀行マイカーローンは?

人気のマイカーローンのひとつには、三菱UFJ銀行の「ネットDEマイカーローン」があります。

事前審査なら最短で即日の回答が可能で、WEBで全て手続きができ原則として来店不要で完結します。

申し込みの際に手間はかからないのがメリットです。

使い道は新車購入だけでなく、中古車、バイクの購入にも利用が可能です。

WEBから申し込めば印紙代はかかりません。

その他保証料も不要です。

借り入れ後にインターネットから繰り上げ返済をすれば、手数料がかからないのも、うれしいポイントです。

教育ローン

子どもの学費を工面したいという時には、銀行の教育ローンが最適です。

教育ローンというのは、教育を目的とした資金に使えるローン商品のことであり、「世帯主・家庭状況などの条件をもとに国が運営するもの」と「独自の審査基準で金融機関が運営するもの」の2種類があります。

銀行の教育ローンは「受験料・入学金」「予備校・塾」「授業料・教科書代」「通学時の交通費」「部活動の遠征・合宿費」「海外留学・海外実習の費用」「英会話や資格取得の費用など、教育に関するせまざまな費用に使うことができ、低い金利で借りることができます。

おすすめの銀行教育ローンは?

有名な教育ローンのひとつには、イオン銀行の教育ローンがあります。金利は変動金利で2.80%~3.80%となっています。

学費としての使い道だけではなく、授業料やアパートの敷金など、教育に関する使い道であれば利用することが可能となっています。

イオン銀行でカードローンの契約をしている人ならば、年1.0%の金利の優遇を受けることもできます。

イオン銀行は知名度が高く、イオンの中にも窓口があることが多いため利用しやすいでしょう。

ブライダルローン

結婚資金を工面したいという時には、銀行のブライダルローンが最適です。

ブライダルローンというのは、結婚式や新婚旅行など、結婚にかかわる資金を用意するためのローン商品のことで、ウェディングローンとも呼ばれることもあります。

たとえば、銀行のブライダルローンを契約することで「挙式・披露宴」「婚礼衣装」「結婚指輪」「新婚旅行」「家具・家電」「住宅の入居」など、結婚に必要なさまざまな費用を低金利で借りることができます。

また、ブライダルローンは結婚する本人のみでなく、親名義でも借入をすることができます。

そして、銀行のブライダルローンは担保・保証人なしで融資を受けられるのが特徴です。

フリーローン

借入の目的が決まっていなかったり、借入の目的がいろいろあるという場合には、銀行のフリーローンがおすすめです。

フリーローンというのは、銀行が取り扱っている個人向けローンのことで、その名のとおり資金の使い道は原則として自由です(ギャンブルと事業資金は利用不可)。

金利については借入先の金融機関によって異なり、担保・保証人についても必要な場合と不要な場合があります。

また、使い道が原則として自由なので、カードローンと似ているようにも思われますが、フリーローンで借入できるのは初回契約時のみとなっています。

おすすめの銀行フリーローン

メガバンクとして知られているみずほ銀行には「多目的ローン」というものがあり、フリーローンに当たります。

こちらに関しては使い道は自由で、車の購入、免許取得、インテリア用品の購入、医療費など、様々な目的で利用することが可能です。返済は最長7年、300万円までの借り入れが可能です。

金利は変動金利年5.875%、定額金利年6.700%から選ぶことが可能です。

(2018年11月の借入の場合)長い期間をかけて少しずつ返済していきたい人にも適しています。

カードローン

生活費を工面したいという時には、銀行のカードローンがおすすめです。

カードローンというのは、金融機関から無担保・保証人なしで借入・返済ができるローン商品のことで、審査に通過してから発行されるローン専用のカード(通称:ローンカード)を使うことからそう呼ばれています。

カードローンは契約後に決められる利用限度額であれば、借入・返済を自由に行えるというメリットがあり、使い道も原則として自由となっています(ギャンブルと事業資金は利用不可)。

そのため、生活費や娯楽費に使う目的で、数万程度のお金を借りたいという人に適しています。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンの特徴

・来店不要でWEBからの申込が可能  
・毎月の返済額は2,000円からと負担が少ない  
・必要書類はWEBから提出可能

三井住友銀行カードローンの基本情報 
実質年率 年4.0%~14.5%
契約極度額 10万円?800万円 
審査時間 個人による
受付時間 24時間365日

申込から手続きまでがWEB上で完結するため、忙しくて店頭に行く時間がなかなかない人、近くに窓口がないという人でも利用しやすいといメリットがあります。

銀行からお金を借りるときの金利はどれくらいになる?

銀行からお金を借りるときにかかる金利は、利用するローン商品によって変わります。

まずは、各ローン商品の金利相場について確認しておきましょう。

【各ローン商品の金利相場】 
住宅ローン0.4%~3.0%
リフォームローン2.0%~4.0% 
自動車ローン2.0%~4.5%
ブライダルローン3.0%?10.0%
教育ローン2.0%~3.0% 
カードローン2.0%~14.0%
フリーローン4.0%~15.0% 
事業者ローン5.0%~15.0%

銀行からお金を借りるときの利息を計算しよう

銀行からお金を借りる時に「利息額の計算方法が分からない」という声をよく耳にします。

銀行からお金を借りるときの利息額については、下記の方法によって計算することができます。

【利息計算の方法】 
借入残高(元金)×金利(実質年率)÷365×借入日数=利息額

金利は利用する銀行のローン商品によっても異なるので、計算方法もそれぞれのケースによって違います。

また、利息額や利息計算の方法に関しては、銀行からお金を借りるときに担当者からの説明があるでしょう。

銀行からお金を借りた時には、借入額に利息額を上乗せした金額返済しなければなりません。

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンの特徴 
・楽天会員ランクに応じて審査が優遇される 
・最短翌日審査・融資が可能 
・利用限度額は最大800万円 
・新規入会で1000円分のポイントが貰える

楽天銀行カードローンの基本情報 
実質年率 年1.9%~14.5% 
借入限度額 最大800万円 
審査時間 最短翌営業日 
融資速度 最短翌営業日

楽天のサービスを普段から利用する機会の多い人には、メリットが多いです。

楽天で使えるポイントがもらえるのもお得です。

銀行からお金を借りるにはローン審査必須!

銀行からお金を借りるためには、どの金融商品であっても、ローン審査に通らなければなりません。

銀行側は返済能力のない人にお金を貸すと、貸倒れのリスクが高くなるので、ローン審査により、お金を返済できる人なのかをどうかを見極める必要があるのです。

銀行のローン審査においては、以下の項目が確認されます。

・個人情報
・他社借入
・信用情報

申込者の「個人情報」「他社借入」「信用情報」に問題があると、どの金融商品の場合でも、銀行からお金を借りることは不可能です。

個人情報

銀行のローン審査では、申込者の個人情報を確認することが必須とされています。個人情報にあてはまる項目は、下記の通りです。

・雇用形態  正社員>契約社員>派遣社員>パート・アルバイト>自営業者・個人事業主
・勤続年数 年数が長い>年数が短い
・業種・職種 離職率が低い>離職率が高い
・会社規模 社員数が多い>社員数が少ない
・年収総額 年収が高い>年収が低い

銀行のローン審査においては、「雇用形態」「勤続年数」「業種/職種」「会社規模」「年収総額」などの項目について総合的に判断されます。

他社借入

銀行のローン審査では、必ず申込者に他社での借入がないかを確認されることになります。

他社からの借入件数や他社での借入残高の多い場合は、審査担当者から貸倒れのリスクが高いと判断されることになり、銀行のローン審査を通りづらくなります。

他社借入というのは、銀行や消費者金融会社、信販会社、クレジットカード会社などの金融機関だけではなく、日本学生支援機構の奨学金や大学独自の奨学金、民間育英団体の奨学金も含まれることになります。

他社からの借入が複数ある場合には、まず「他社借入が年収の3分の1を超えていないか」を確認しておきましょう。

銀行のローン審査に通る基準としては、他社借入が年収の3分の1を超えていないことが重要です。

信用情報

銀行のローン審査の際には、申込者の信用情報の確認が必須です。

そのため、申込者の信用情報に問題があると、銀行のローン審査を通ることができません。

信用情報には、「申込履歴」「契約内容」「借入・返済状況」「金融事故の有無」といった金融履歴があり、個人信用情報機関で管理されていて、各金融機関で共有されているのです。

クレジットカードやカードローンを利用した時に、長期の延滞などのトラブルを起こした人は、個人信用情報機関に金融事故としての記録があるため、各銀行にその情報が共有されて審査で不利になります。

銀行からお金を借りるのに必要な書類ってなに?

銀行からお金を借りるときには、いくつかの書類を提出しなければなりません。

提出が必要な書類は、申し込む銀行ローンの種類により異なるものの、たいていの場合で必要となるのが、本人確認書類と収入証明書類です。

【本人確認書類】
運転免許証運転経歴証明書
旅券(パスポート)乗員手帳
住民基本台帳カード(顔写真付き)各種健康保険証(+NHKや公共料金の領収書など)
各種福祉手帳個人番号カード(マイナンバーカード)

【収入証明書類】
源泉徴収票(最新のもの)給与明細書(直近2か月分のもの)
住民税決定通知書(最新のもの)納税通知書(最新のもの)
確定申告書(最新のもの)青色申告決算書(最新のもの)
収支内訳書(最新のもの)支払調書(最新のもの)
所得証明書(最新のもの)年金証書(最新のもの)
年金通知書(最新のもの)課税証明書

銀行からお金を借りるときの申込条件とは

銀行からお金を借りるときには、どのローン商品を利用する場合でも、申込条件を満たしていなければなりません。

銀行からお金を借りることを希望しているなら、まずは以下の申込条件に当てはまるか確認してみましょう。

・日本国内に在住している満20歳~65歳までの方
・安定継続的な収入のある方(目安:毎月1回以上の収入が連続2か月以上ある方)
・銀行が指定する保証会社の保証を受けられる方

「日本国内に在住している満20歳~65歳までの方」「安定継続的な収入のある方」「銀行が指定する保証会社の保証を受けられる方」という申込条件はどのローン商品でも共通していることが多いので、満たしていない場合には、お金を借りることは難しいでしょう。

保証会社の保証を受けられる方とはどんな人?

銀行からお金を借りるときには、ローン商品の申込条件に「保証会社の保証を受けられる方」と記載されていることがあります。

保証会社というのは、銀行と個人が安心して取引できるようサポートしてくれる会社のことです。

たとえば、みずほ銀行のカードローン商品(以下、みずほ銀行カードローン)には、以下のような申込条件があります。

・ご契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
・安定かつ継続した収入の見込める方
・保証会社の保証を受けられる方

銀行員は銀行からお金を借りることができるのか?

銀行からお金を借りたいと希望する人はたくさんいますが、中には銀行員もいるでしょう。

実は、自分が務めている銀行で住宅ローンや自動車ローンを組んでいる銀行員も少なくありません。

しかし、自分が務めている銀行から融資を受けることに抵抗を感じる人もいます。

たとえば、「個人情報を上司や同僚に知られたくない」や「生活費に苦労していることを周りに知られたくない」など、お金を借りる事情を社内の人に知られたくない人は多いものです。

今すぐお金借りるための選択肢を解説!審査なしで一番早く借りれるのはどこ?

今すぐにお金を借りるためには、いろんな方法があります。

例えば、消費者金融や銀行のカードローン、国、生命保険など様々な方法で借りることができます。

ではどれを選んだら良いのでしょうか。

それは、融資までの時間や審査の有無、担保の有無など基準にして選ぶと良いでしょう。

多くの人は、お金を借りる時には無担保でいち早く借りたいという意見が多いです。

また、審査があるところは審査に時間がかかってしまうので、なるべく早く借りたいという人や、無審査で借りれるところを選びましょう。

即日融資が可能なのは消費者金融系のカードローンだけ!!

では即日融資が可能なところは、消費者金融系のカードローンだけです。

消費者金融系のカードローンは、担保や連帯保証人が不要です。

また、業者によっては即日融資に対応しているところもあります。

審査はありますが、最短で30分で審査が完了するので一番早くお金を借りることができます。

さらに、申込はスマホでもできるのでわざわざ店舗まで出向かなくても良いというのもメリットです。

消費者金融系のカードローンはたくさんありますが、その中で融資スピードが速いのはレイクALSAやアコム、プロミス、SMBCモビット、アイフルです。

どれも一度はCMで耳にしたことがありますよね。

これらの会社は、ほとんどが最短60分以内の融資を行っています。

土日でもOK!融資まで最短60分のレイクALSAについて

では、ここからおすすめのレイクALSAのサービスを紹介します。

レイクALSAはWEBで申し込みが可能で最短60分で借りることができます。

また土日でも借りることができるので、週末に急にお金が必要になったという場合でも安心です。

なぜこんなに早いのかというと審査スピードが早いからです。

審査時間は最短でなんと15秒という驚異的な早さです。

しかもWEB申込なので、煩わしい郵送物が自宅に届いたりしないので安心です。

さらにレイクALSAは無利息期間サービスがあり、一定期間内であれば利息がかからないという嬉しいサービスがあります。

レイクALSAの場合、その無利息期間が60日間と180日間の2パターンあり、どちらかを選ぶことができます。

ただし、180日間を選べるのは5万円以下という条件があります。

即日で借りられるうえに審査で有利!通過率48.0%のアコムについて

一方でアコムはどうでしょうか。

アコムもレイクALSAと同様に即日融資を実施しており、他社より審査が通りやすいというのが特徴です。

実はアコムの審査通過率は48%という驚異的な数値であり業界トップ水準です。

言い換えれば2人に1人が審査に通過しているといくことです。

また、アコムは審査時間が最短30分と早く、融資までの時間も最短で60分ととても早いです。

また、アコムは平日であれば21時までに契約が完了すれば即日融資が可能です。

即日での融資で低金利を狙うなら最高年率17.8%のプロミスについて

ではプロミスはどうでしょうか。

プロミスの最大の特徴は金利が低いことです。

即日融資をしている消費者金融のなかでトップレベルです。

融資を受ける際、初回契約者は最高金利をつけられることが多いです。

ですので、各社の最高金利を比較して最高金利がなるべく低い会社で借りることがおすすめです。

プロミスにも他社と同様、無利息期間サービスがあります。

プロミスでは、無利息期間サービスが30日間ですが、最大の特徴は無利息期間サービスのカウント開始日が借入した日からのスタートとなります。

一方で他社は初回契約の翌日からカウントされるケースがほとんどなので、プロミスは無駄なくお金を借りることができます。

勤務先への電話での在籍確認は一切なし!プライバシー遵守のSMBCモビット

つぎにSMBCモビットのサービスを紹介します。

SMBCモビットは、WEBで契約が完結するので勤務先への在籍確認がありません。

お金を借りる際に、周囲の人にバレたくないという心情を持っている人が多く、特に職場への在籍確認の電話に悩む人は多くいます。

SMBCモビットでは、WEB申込をした後に、オペレーターの人に在籍確認をしないでほしい旨伝えることで回避できます。

この場合は、会社で在籍していることを証明する保険証などが必要になりますので注意してください。

Webサービスが充実!初めての借り入れでも安心なアイフル

アイフルのサービスはどうでしょうか。

アイフルは24時間いつでもWEBで申し込みすることが可能です。

審査通過後は、スマホで振込依頼をして融資が受けれるのでどこにいても融資が可能です。

WEB申込のメリットは、審査時間が短いということです。

最短で15秒で審査が完了し最短で60分で融資を受けることができます。

いますぐにお金が必要という人には、とても便利です。

また、アイフルは最低金利が他社と比べて低いということも特徴です。

例えば、長期間利用していると金利が徐々に低くなってくるので長期間借入をしたいという人に向いています。

銀行カードローンで低金利にお金を借りる

お金を借りる方法として、もう一つ利用しやすい方法は銀行カードローンです。

銀行カードローンは、消費者金融と異なり使用用途が制限されているということです。

例えば、結婚費用として借りるブライダルローンや、車の購入費用として借りる自動車ローン、住宅の購入費用として借りる住宅ローンなどたくさんの商品があります。

銀行カードローンは、低金利で借りれることが最大のメリットです。

消費者金融では、平均15~18%の金利に対して、銀行カードローンは1.59~15%とかなり低い金利となっており、使用用途が決まっている人は断然銀行カードローンの方がお得です。

ネットバンキングを利用してお金を借りれば楽々&低金利

ネットバンキングも便利です。

ネッバンキングは、銀行カードローンのWEB取引なので安心感があるのと、銀行カードローンならではの金利の安さが特徴です。

また、ネットバンキングなら店頭に出向かなくてもいいので、自宅にいながら融資を受けれるのでとても便利です。

例えば、楽天銀行カードローンは入会金無料で1000円相当のポイントがもらえるのでお得です。

また、楽天銀行カードローンは、入力項目が少なく名前や職業を入力するたけで簡単に申込ができます。

クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りる方法もある

クレジットカードをお持ちの人は、キャッシング枠を利用するとATMから簡単にお金を借りることができます。

クレジットカードには、ショッピング枠をキャッシング枠の2つがありますが、

キャッシング枠は利用設定をしている人に限ります。

キャッシングの利用設定する際には、別途申込をして審査を受ける必要があります。

キャッシングには審査時に限度額が設けられ、ショッピング枠利用の支払い状況や利用者の勤務先などの属性をもとに決まります。

クレジットカードの利用限度額が100万円の場合は?

ショッピング枠とキャッシング枠は表裏一体で、例えばショッピング枠が100万円の場合、ショッピング枠が60万円の場合はキャッシング枠が40万円になります。

つまり、ショッピング枠の金額によって、キャッシング枠の金額が変動します。

注意すべきことは、上記の場合ショッピング枠で100万円使ってしまうとキャッシング枠は使えなくなります。

クレジットカードのキャッシングの金利は会社によって異なりますのでなるべく低い金利のクレジットカードで契約することをおすすめします。

クレジットカードでお金を借りる「キャッシング」の利用方法とリスクについて

クレジットカードでお金を借りる「キャッシング」の方法がいくつかあるのでここで説明します。

まず一つめは、ATMで操作して借りる方法です。この方法は自分の口座から現金をおろすのとほぼ一緒なので、特に難しい手続はありません。

もう一つの方法は、WEBで申し込む方法です。会社によってはWEB申込の場合最短数十秒で振り込んでくれる会社もあるのでとてもスピーディにお金を手にすることができます。

クレジットカードを利用してキャッシングした場合は、1日あたりの引き出せる限度額が設定されているので注意しましょう。

生命保険を担保にお金を借りるのもアリ

生命保険を担保にしてお金を借りることもできます。

これは「契約者貸付」といい、生命保険の解約返戻金の範囲内の金額でお金を借りることができます。

つまり、契約者が積み立ててきたお金を担保にしてお金を借りるということです。

これは、すでに生命保険で契約されているものであれば、審査は不要です。

しかし、「契約者貸付」は連帯保証人が必要になりますので連帯保証人が手配できないという人は別の方法を検討した方がいいかもしれません。

国や市役所からお金を借りるなら無職でもOKな話

国や市役所で借りる方法もあります。

これは、「生活福祉資金貸付制度」と呼ばれています。

低収入の人や高齢者など生活困窮者が国からお金を借りれる制度のことです。

「生活福祉資金貸付制度」は4つの資金があります。

総合支援資金、福祉資金、教育支援資金、不動産担保型生活資金の4つです。

失業により無職になった人は総合支援資金に該当します。

生活福祉資金貸付制度は、国民の生活を守ることを目的としている制度なので超低金利です。

生活福祉資金貸付制度の緊急小口資金は制度は融資スピードが早い?

生活福祉資金貸制度の中の一つに「緊急小口資金」というものがあります。

なんらかの事情で一時的に生活費は払えなくなってしまった場合、少額のお金を借りることができます。

緊急小口資金は条件があり、世帯人数あたりの月収が一定範囲内でないと借りることができません。

例えば、世帯人数が2人の場合、月収が272,000円以内でないと緊急小口資金を借りることができません。

また、緊急小口資金は即日融資は行っておらず早くても5日ほどかかりますので、緊急性のある人には向いていません。

郵便局からお金を借りるなら審査なしOK?

郵便局には「自動貸付」制度があります。

これは、自分の口座に残高が不足していてもお金を下ろすことができる制度です。

例えば、残高が30万円しかなくてもそれ以上のお金を引き出すことができます。

また、自分の定期預金を担保にするため審査がありません。

郵便局の「自動貸付」は親の同意書があれば未成年でも利用することができます。

借入できる限度額は貸付の種類によって異なりますが、最大で300万円まで借入することができます。

JAバンク(農協)で低金利かつ多目的にお金を借りる方法について解説

JAバンクは、組合であれば低金利のローン商品を販売しています。

ただし、JAバンクは27都道府県のみにしか展開していないので、その27都道府県に居住している人で組合であれば借入することができます。

JAバンクのローン商品は低金利で借りるというメリットがありますが、一方で融資までの日数が1週間程度かかってしまいます。

ですので、いますぐお金が必要という人は、即日融資が可能なカードローンを利用することをおすすめします。

警察から数千円のお金を借りることもできる

「財布を落とした」など緊急事態の時には、警察で数千円を借りることができます。

これは「公衆接遇弁消費」というもので、何らかのトラブルによって帰宅できなくなった場合、1000円を上限に警察でお金を借りることができます。

ただし、借りたお金は必ず返しましょう。

1000円と少額ですが、返さないと逮捕されるケースもあるので必ず返しましょう。

「財布を落とした」など緊急事態には警察でも借りれるということを覚えておきましょう。

未成年者でもお金を借りれるろうきん

20歳未満の未成年でも借りることができるのは「ろうきん」です。

ろうきんは、未成年に貸付を行っている唯一の金融機関です。

ろうきんでお金を借りることができる条件は、「親の同意があること」、「同じ勤務先に1年以上勤務していること」、「前年度の年収が150万円以上」あるということです。

特に「前年度の年収が150万円以上」という条件はかなり難易度が高い条件にみえるかもしれませんが、同じバイト先に1年以上働いている場合は、クリアできる可能性は高いです。

未成年でお金を借りることができたAさんの収入例

例えば、年収150万円をクリアするには毎日5時間のアルバイトをすれば達成できます。

年収が150万円の場合、50万円までは借入することができます。

ろうきんも国と同様に利益を目的としていないため、銀行カードローンや消費者金融よりも低金利で融資してもらえます。

未成年は意外と金利を見込まずに借りる人が多く高金利で思った以上に利息がついてしまったというケースが多いです。

ですので年収150万円の条件をクリアできる未成年は金利の低いろうきんで借りることをおすすめします。

20歳以下は貸金業法によりお金を借りられない?

民法によって未成年が一人でローン契約を行うことは禁止されています。

つまり親権者の同意書がないとローン契約はできないということになります。

もし親権者の同意なしで契約をしてしまうと、民法5条により契約は取りされてしまいます。

その場合は、貸付業者が損害を被ってしまいます。

ですので、ローンを契約しようと思っている未成年は、親権者の同意書が必要になるため、まずは親権者の同意を求めてから契約するようにしましょう。

【年金担保貸付制度】年金受給者でもお金が借りられる

「年金担保貸付制度」は仕事を持っていない年金受給者の人でも利用することができます。

「年金担保貸付制度」は将来受け取る年金を担保に借入する制度です。

しかし、この制度は借入金の使用用途が制限されており、介護用品や医療費の支払い、冠婚葬祭費用、住宅の改修費、債務の一括整理費などの利用に限られています。

「年金担保貸付制度」は2.8%という低金利で借りることができるので、年金受給者にとってはとてもメリットのある制度です。

生活サポート基金は自己破産者でもお金を借りることが可能

東京に拠点をおく「生活サポート基金」は金銭的にトラブルを抱えた人のために融資相談を行っている機関です。

例えば、金融機関のブラックリストにのってしまった人や、自己破産をした人も対象です。

注意すべきことは、貸付対象者であっても、生活を立て直したいと思っている人しか融資は受けれません。

しかし、生活サポート基金は、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県と関東圏の人に限られています。

また、定期的に市民向けに「家計セミナー」を実施するなど、生活を立て直したい人をサポートしています。

高齢者or高額借りるなら不動産担保融資と不動産担保型生活資金

お金を借りる方法は、不動産を担保にする方法もあります。

それは、国か金融機関どちらもで利用することができます。

国から融資から借りる「不動産担保型生活資金」と金融機関から借りる「不動産担保融資」があります。

両方に共通しているのは、どちらも家や土地などの不動産を担保にしているという点です。

「不動産担保型生活資金」は不動産評価額の7割までとなっていて月に30万円まで借入することができます。

一方で金融機関から借りる「不動産担保融資」は1か月あたりの上限なく借りることができます。

ただし、借入金額が高額になる場合は、最低でも5日ほどかかってしまいます。

コンビニでお金を借りるならセブン銀行ATM

お金を借りる時「銀行の窓口までいくのが面倒」とか「自治体にいくのに時間がない」といった人もいると思います。

そんな人は、コンビニでお金を借りる方法があります。

コンビニでお金を借りる方法は、「消費者金融ローンカード」「銀行カードローン」「コンビニ銀行カードローン」の3つがあります。

コンビニでお金を借りるなら、設置数が一番多いセブンイレブンが便利です。

セブンイレブンは同業他社と比較しても圧倒的なATMの台数を誇っており、ATMを探す手間が省けます。

消費者金融のカードローンは独自のアプリを作っており、コンビニATMで借入したち返済したりできるのでとても便利です。

【ビジネスローン】個人事業主や中小企業が借りやすい

個人事業主や会社経営者が事業のためにお金を融資してほしい場合は、ビジネスローンを利用することをおすすめします。

カードローンの審査に通らなかった人でも比較的借りやすいのがビジネスローンです。

ビジネスローンの特徴は年収の3分の1以上でも借入ができることです。

例えば、アイフルのビジネスローンは、個人法人問わず500万円まで借りることができます。

ビジネスローンは即日融資も可能なので、家賃や従業員の給料など目前に迫ったお金を支払うために急いでいる人にも便利です。

公務員なら共済組合で低金利にお金を借りられる?

「共催組合」は学校の教員や市町村職員などの地方公務員であれば貸付が利用できます。

共催組合で貸付を行う場合、すでに組合員であるので職業や年収の情報があり、審査に通りやすいというのが特徴です。

貸付の種類は、「普通貸付」や「教育貸付」、「住宅貸付」、「結婚貸付」など多岐にわたります。

なお、いずれも貸付制度もギャンブルには利用できません。

さらに、使用用途が合致している場合は比較的低金利でお金を借りることができます。

親や友人に頼んでお金を借りる方法

お金を借りる方法として、親や友人に頼み込むことも一つの方法です。

お金に困っていることは周囲にバレたくないと思う人が多いと思いますが、親や友人にお金を借りることができたら、利息がつくことがなく安心して借りることができます。

どうしても借りる理由を言うのが恥ずかしいという人は

「お財布を落とした」や「盗難にあってしまった」などといったこと理由にして借りれば、信用される可能性が高いです。

頼み方も工夫してみましょう。

学生ローンは未成年でもお金を借りることができる

学生しか使えないローンとして、「学生ローン」があります。

通常であれば未成年はローンを組むことができませんが、学生ローンなら未成年でもお金を借りることができます。

例えば、「フレンド田」や「アミーゴ」、「カレッジ」が代表する会社です。

上記の会社のカードローンは18歳以上かつ大学生・短大生・専門学生・予備校生が対象となります。

利用する際には、年齢や学生であることを証明できる学生証などの提出が求められます。

質屋なら最短30分でお金を受け取れるかも?

質屋でお金を借りることもできます。

質屋でお金を借りる場合、審査が不要なのでお金を一番早く借りれる方法です。

その方法は、ブランドバックなどの担保になる物を持ち込み、その査定金額内でお金を借りることができるという制度です。

実はこの方法はお金が返せなくても良いのです。

例えば査定金額が50万円のブランドバックを持ち込み、48万円のお金を借りた場合、返済できなければそのブランドバックは質屋に所有権が渡ります。

この方法は返済の督促もないので、返済しなければ自動的にブランドバックを失ってしまうということになります。

【従業員貸付制度】会社からお金を借りられる

働いている会社からお金を借りるという方法もあります。

この方法は「従業員貸付制度」と呼ばれるもので、会社によって使用用途が異なります。

また、限度額も会社によって異なります。

「従業員貸付制度」は社内審査があるため、即日融資は行っていません。

融資までの時間は平均で1週間~1か月ほどかかるので急いでお金が必要な人には向いていない制度です。

「従業員貸付制度」は会社によってないところもありますので、一度人事部や総務部に確認してみましょう。

誰でも今すぐお金を借りることができる?属性別の借り入れ方法について

名前を聞いたことがない金融会社や「主婦でもOK」とうたった業者は悪徳業者の可能性があるので注意しましょう。

なぜならば、2006年から賃金行法が改正され、収入がない専業主婦や無職の人がお金を借りることができなくなったので、それを弱みにつけている業者があるからです。

そうはいっても、家賃や社会保険料など毎月支払わないといけないがありお金に困った専業主婦や無職の人でも借りれるところは必要ですよね。

ここから属性別にお金を借りれる方法を紹介しますので、参考にしてください。

ブラックで審査に落ちた人がお金を借りられる4つの方法を解説

金融機関でブラックリストにのってしまって審査に落ちてしまったという人はいませんか?

そういう人は、「中小消費者金融」や「契約者貸付制度」「生活サポート基金」「従業員貸付制度」が比較的お金を借りやすい制度です。

特にブラックリストにのってしまった人は「中小消費者金融」がおすすめです。

「中小消費者金融」は現時点でカードローンなど滞納してなければ審査に通る可能性は高いです。

これらの業者は、「ライフティ」や「フクホー」、「フタバ」が代表的な業者です。

無職でもお金を借りられる3つの方法を解説

無職でもお金を借りる方法は、「契約者貸付」「担保自動貸付」「質屋でお金を借りる」という方法です。

これらの制度の大きな特徴は、担保にするものがあるので審査が必要ないということです。

この方法であれば、専業主婦や無職であってもお金を借りることができます。

このなかで最もスピーディにお金を借りれるのは、質屋です。

高級なブランドバックや宝石品をお持ちの人はこの方法が一番効率よくスピーディーにお金を借りることができます。

専業主婦でお金を借りたいなら配偶者貸付対応の金融機関!

専業主婦でお金を借りたいならば、「配偶者貸付対応」の金融機関を利用することです。

この方法は、夫婦合わせた収入をもとに借入金額を決めるという方法で、配偶者に一定の収入があれば借りることが可能です。

この場合、申込する際に配偶者である夫の同意が必要になります。

また、融資限度額は10万円~50万円が限度になります。

配偶者貸付制度は対応していない金融機関もありますので、利用する際は金融機関に確認してみてください。

就職内定者がお金を借りたいなら?

就職内定者がお金を借りたいという場合はどうなるでしょう。

就職内定者であってもアルバイトをしていれば、お金を借りることができます。

アコムやレイクALSAは、毎月のアルバイト代が5万円程度あれば審査に通る可能性が高く、就職内定者でもお金を借りることができます。

就職内定者が消費者金融で審査を通過するためには、一度のたくさんの金融で申し込まないこと、直近3か月分の収入がわかるものを準備しておくこと、アルバイト先に6か月以上在籍していることがポイントです。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

特徴から探す

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

職業から探す

公務員に人気のカードローン
会社員(サラリーマン)に人気のカードローン
自営業(社長)に人気のカードローン
主婦に人気のカードローン
パート・アルバイトに人気のカードローン
学生に人気のカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  6. カードローンは計画的にご利用ください
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.