最終更新日:2020年05月15日

200万円借りる方法|カードローン審査や即日融資のポイント

銀行で200万円借りる方法は3通りある!

銀行で200万円を借りる際に利用することができるローンの種類は以下の3種類です。

・目的別ローン 
・フリーローン 
・カードローン

目的別ローンはマイカーローンや教育ローンなど目的がしっかりと定まっている場合に利用されるローンです。

フリーローンはその名の通り、用途を制限されることがないローンです。

カードローンはカードを利用してATMなどから融資を受けることができるローンのことを指します。

この中で最も売れているのはカードローンです。

利便性の高いカードローンが利用されている。

カードローンの何が魅力的なのかというとその利便性です。

まずWEB申し込みができるカードローンもあって、この場合来店なしで申し込みから融資までを完結させることができます。

また、返済に関してもコンビニのATMなどの提携ATMからの返済も可能であり、なかなか店舗への来店が難しいと感じている方にとってはありがたいものとなっています。

もちろんカードを一度もらえば、融資に関してもコンビニATMなどの提携ATMから行うことができます。

カードローンで100万円・200万円を借りたときの金利はどれくらい?

カードローンで100万円・200万円を借りた際の金利はどれくらいになるのでしょうか?

そこで、これから銀行カードローン6社、消費者金融カードローン4社を選択して、100万円・200万円の金利についてご紹介していきましょう。

例えば、銀行系のカードローンの三菱UFJ銀行バンクイックで借り入れた時には、100万円が年13.6%~14.6%で、200万円が年10.6%~13.6%です。

消費者金融系のアコムであれば100万円が年7.7%~15.0%で200蔓延が年7.7%~15.0%です。

200万円・100万円借りるなら銀行カードローンがお得である

銀行カードローン6社、消費者金融カードローン4社を比較した結果からも明らかですが、200万円・100万円借りるなら銀行カードローンがお得です。

ただ、それぞれのカードローン公式WEBサイトでは、100万円借り入れる時の利子はどのくらいなのかというはっきりとした値は示されてはいないということです。

したがって、一覧表で紹介されていた金利の数値については、目安でありあくまで参考として理解しておくようにしましょう。

適用される金利は審査内容によって異なる?

適用金利については審査の内容によって異なるということです。

こうした金利は利息制限法を守った上、申込を行った人の個人信用情報や属性といったそれぞれの状況によって決められるといわれています。

つまり、先ほどの一覧表と同じ金利適用がなされるというわけではないのです。

ただ、消費者金融系カードローンの金利は、銀行系カードローンの金利より高いということははっきりとしていますので、逆になるということはほぼありません。

消費者金融カードローンで200万円借入することは避けた方が無難である話

消費者金融カードローンで200万円を借り入れすることは避ける方が無難といわれています。

この点については、消費者金融のカードローンも高額融資を実施しているのですが、200万円くらいの金額を借り入れすることは避けるようにしましょう。

というのは、100万円を借り入れる時の金利とあまり変わりがないということが理由です。

消費者金融系カードローンで200万借り入れて返済するときには、臨時返済を活用し、早めに返済しなければ返済は長引く可能性が高いです。

カードローンで100万円・200万円借りたときの返済額はどれくらい?

カードローンで100万円・200万円借りたときの返済額はどれくらいになるのでしょうか?

そこで、プロミス、アコム、アイフル、SMBCモビット、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、住信SBIネット銀行の返済額を確認してみましょう。

返済については、返済期間によって毎月の返済額は違ってきます。そこで、3年、5年、7年で算出したものが一覧的にまとめられました。

最大返済回数についてはカードローンによって違っています。

100万円借り入れた場合の返済額

100万円借り入れた場合についてご説明すると、例えば、銀行カードローンの三菱UFJ銀行のバンクイックは3年が33,501円で5年が22,548円、7年が19,863円となります。

消費者金融カードローンのアコムは3年が34,665円で5年が23,789円、7年が21,145円です。100万円借り入れた時の毎月返済額がそれぞれの会社で大きく違うことはないということです。

ただ、銀行系のカードローンの方がやや低めの返済額となっているようです。

200万円借り入れた場合の返済額

200万円借り入れた場合については、銀行カードローンでは三菱UFJ銀行のバンクイックは3年が64,159円で5年が42,101円、7年が36,649円です。

消費者金融カードローンのアコムは3年が69,330円、5年が47,579円、7年が42,290円です。

200万円借り入れた時の返済額は、銀行系と消費者金融系は5,000円から6,000円くらいの差があり、銀行で借り入れた方がお得ということがわかります。

年収400万で200万借りるなら銀行しかない話について

年収400万円で200万円の融資を受けようと思うのであれば銀行のローンで借りるしかありません。

ここまででも紹介してきましたが消費者金融系のカードローンでは年収の3分の1までしか借り入れをすることができません。

なぞそうなるのかというと、消費者金融の業務を規制する貸金業法という法律で、総量規制という決まり事が定められていて、それによって年収の3分の1までの金額しか消費者金融から借り入れすることができないことと定められているからです。

ちなみに銀行は貸金業法の規制を受けないので、年収600万円以下でも200万円を借りることは可能です。

楽天銀行

楽天銀行は銀行系カードローンの中でも特におすすめのカードローンです。

何がおすすめなのかというと金利の低さです。

金利は1.9%~14.5%と定められており、銀行系カードローンの中でも低水準の金利となっています。

特に金利の下限が低水準となっているのが特徴的です。

また利用限度額の上限が800万円となっているので、200万円まではだいぶゆとりがあります。

そして、楽天銀行のカードローンに入会するだけで楽天スーパーポイントが1000ポイントもらえるので楽天ユーザーの方には非常にお得です。

ブラックだと借りれないの?

200万円を借りる場合には過去の借り入れ、返済の履歴も重要になります。

もし過去に借り入れしていた時に返済が滞った履歴がある場合には信用情報機関にブラックに指定されている可能性があります。

その場合は信用情報機関からその情報が申込先に伝わってしまうので審査では不利に働き、借り入れは難しくなります。

もし過去に返済が滞った金融機関に申し込んでいたとしても信用情報は共有されるので、どこに申し込んでも審査では不利に働きます。

100万円以上借りたい時に必要となる書類について

100万円以上借り入れを行いたい場合に必要となる書類は何でしょうか?

カードローンを利用する場合は申込み時には本人用の確認書が必須で、この必要書類はどのカードローンでも同じです。

そして、100万円以上借り入れたい時には、収入証明書類が必要とされることもあります。

基本的に銀行カードローンは100万円くらいであれば収入証明書類不要で申し込めるといわれます。

ただ、審査状況次第で追加で提出する必要があるといわれます。

100万円以上の高額借入の審査とは

カードローンで100万円以上の借り入れを行う時には、当たり前のことですが審査が厳しくなります。

その理由は、カードローンが無担保の金融商品であるためです。担保がないため、消費者金融系や信販系カードローンで100万円を借り入れたい時の審査はかなり厳しくなるのです。

そして、この背景には、消費者金融には銀行カードローンのような保証会社が付かないということが挙げられているのです。万が一の貸し倒れリスクを懸念して審査が厳しいのです。

【今からでも間に合う!】カードローンの審査対策

ここまで紹介してきたような審査で注意すべき点にいくつか引っかかってしまった方もいらっしゃるかもしれません。

しかしそのような場合でも今から対策すればなんとかなるとこともあります。

少しでも有利な状況にして審査を迎えたいところです。

そこでここではカードローンの選定方法や申し込み方法で今からでも気を付けることができる対策について紹介していきたいと思います。

これを読んで万全な状態でカードローンの申し込みを行いましょう。

【審査対策1】1社に絞って申し込む

まず、カードローンの申し込みは1社に絞って行うようにしましょう。

たまに審査に落ちてしまうことを不安に思って一度に多くのカードローン会社に申し込む方がいらっしゃいます。

しかし、あくまでその情報は信用情報機関で1つに集約されます。

つまり複数のカードローンに申し込んでいることはすぐにばれます。

複数社に申し込みしている人は、銀行側にお金に困っているイメージを与えてしまいます。

ですからきちんと選定して1社に絞るようにしましょう。

【審査対策2】虚偽の申し込みをしない

まれに年収や勤務先を偽って申し込む方もいらっしゃいます。

このような行為はすぐにばれてしまいます。

まず勤務先には必ず在籍確認の電話がいきます。

そこで申請した勤務先に申込者がいないことはすぐにばれてしまいます。

もちろん嘘をつくということはマイナス材料でしかありません。

信用でお金を貸してくれるわけなので信用してもらえるような行動をとるようにしましょう。

また年収の虚偽に関しては融資を受ける金額が多くなればなるほど所得証明の提出を求められてばれてしまいます。

【審査対策3】希望金額は少しでも抑える

カードローンの申し込みの際には希望金額を申請することになりますが、この希望金額は少しでも抑えるようにしましょう。

融資の金額が多いということはそれだけ金融機関側にはリスクがあるということを意味します。

つまり融資の希望金額が多ければ多い程審査には慎重になります。

当然審査に落ちるリスクも多くなってしまいます。

後で増額申請もできるので、たちまちは必要となる金額分だけ希望金額として申請するようにしておきましょう。

100万円以上の高額な借入は銀行系カードローンが最適なのか

100万円以上の高額な借り入れは銀行系カードローンが最適なのでしょうか?

この点については、銀行系カードローンは、100万円以上のお金を借りる際には最適といえるのです。

銀行系カードローンが最適な理由をこれから5つ挙げてご説明してみたいと思います。

例えば、金利が低いということや消費者金融の場合には利用実績がなければ高額な借り入れを行いにくいといった点などがあるのです。

したがって高額借り入れは銀行系がおすすめです。

【理由その1】金利が低いから

100万円以上の高額な借入は銀行系カードローンが最適な理由として金利が低いということが挙げられます。

基本的に銀行系カードローンは消費者系のカードローンより低金利です。

例えば、三菱UFJ銀行のバンクイックは100万円超200万円以下の金利については年10.6%~13.6%で、200万円超300万以下の金利は年7.6%~10.6%になっています。

アコムの100万円以上300万円以下の金利は年7.7%~15.0%で、圧倒的に三菱UFJ銀行バンクイックが低金利です。

【理由その2】消費者金融は利用実績がないと高額借入しづらいから

消費者金融は利用実績がないと高額借り入れしにくいということも銀行系カードローンの方が100万円以上借りたい時におすすめの理由です。

消費者金融系カードローンは、保証会社をつける必要はなく、もしもの貸し倒れのリスクを軽くするための対策が講じられているのです。

例えば、高金利としたり、初回融資額は低めに設定されるといったことが行われています。

つまり、消費者記入で100万円以上の融資をいきなり受けることは困難です。

【理由その3】収入の安定性、雇用形態によっては高額借入が可能だから

銀行カードローンの場合は、収入の安定性や雇用形態によっては高額借り入れが可能で、初回から高額融資を受けやすいといわれます。

というのは、貸し倒れのリスクが低いと判断されるということが理由として挙げられています。

収入の安定性や返済能力を判断するために確認されているのは、主に勤続年数や雇用形態、他社借入件数や借入額とされており、これらをチェックした上で借り入れ可能と判断されると高額借り入れが可能になるのです。

【理由その4】収入証明書が不要なケースが多く申込みが簡単だから

収入証明書が必要ない場合が多く、申込みが簡単というのも銀行系カードローンが高額借り入れに最適な理由です。

銀行系カードローンは、200万円くらいの融資額なら原則として本人用の確認書類だけで申し込みを行うことが可能です。

したがって、申込みするためにいろんな書類を揃えるといった手間は必要とされないことが多いということです。

しかし、消費者金融系や信販系は100万円以上の借り入れの際には収入証明書が必須です。

【理由その5】銀行ローンや普通預金口座があると有利となることがあるから

銀行ローンや普通預金口座があると有利となることがあるという点も銀行系カードローンが高額借り入れに最適な理由です。

つまり借りやすくなっているということです。

銀行は、カードローンの他にもいろいろなローン商品などを取り扱っており、既にそうした金融商品を契約しており、利用状況が良好な時にはカードローン審査で有利となることがあり、高額融資が消費者金融のカードローンよりも容易になることがあるということなのです。

【状況別】100万円から200万円の借入をする方法について

100万円や200万円を借りることは正社員として働いている方でもなかなか難易度が高いものですが、学生、フリーター、主婦などの場合にはより難易度が高いものになります。

このように申込者の職業や年収などのバックグラウンドによって100万円や200万円を借り入れする難易度や適した方法というのは異なってきます。

そこでここでは職業などのバックグラウンド別でどのようにして100万円、200万円といった大きな金額の借り入れを行うのかについて紹介していきます。

【ケース1】フリーター、フリーランスで100万円から200万円を借りたい

フリーター、フリーランスの方が100万円から200万円の高額の融資を受けたいのであれば消費者金融系のカードローンが向いています。

ただ、消費者金融系のカードローンはここまででも紹介してきた通り、正社員として働いている方でも100万円を超える金額の融資を受けるのは難しいです。

フリーター、フリーランスとなるとさらに難易度が高くなります。

フリーランスの方の場合は事業ローンが利用できる場合があります。

例えば大手消費者金融のアイフルでは「事業サポートプラン」という商品があり、これなら総量規制の範囲を超える金額の融資も可能となる場合があります。

ただ、以下の書類を提出しなければなりません。

・確定申告書
・事業内容確認書
・本人確認書類

【ケース2】学生だけど100万円200万円を借りたい

学生の場合、まず成人していなければカードローンを利用することができません。

学費のために融資を受けたいのであれば、まずは奨学金の検討をおすすめします。

家庭の経済状況がよくなかったり、学業成績が優秀であったりすれば返済不要、または無利子の奨学金を得ることができるかもしれません。

また、親が借り入れをするという形にはなりますが、銀行の教育ローンも利用することができます。

また、親に安定収入があるのであればカードローンの審査に通る可能性もあります。

【ケース3】専業主婦だけど100万円から200万円を借りたい

専業主婦の方が100万円から200万円の融資を受けたい場合には基本的には銀行のカードローンからの融資が有望です。

消費者金融系のカードローンでも配偶者に安定収入があれば専業主婦でも借り入れをすることは制度上不可能ではありませんが、ほぼ審査に通らないのが現実です。

ただ、銀行系のカードローンであれば配偶者に安定収入があればそれをしっかりと考慮に入れてくれるので、収入のない専業主婦の方でも借り入れできる可能性が消費者金融系のカードローンよりは高いです。

【ケース4】無職だけど生活費のために100万円から200万円を借りたい

無職で100万円から200万円の融資を受けるというのが最も難易度が高いと言えます。

学生や専業主婦も無収入ではあるものの、自らのやるべきことをやっていて、しかも収入のある親や配偶者の後ろ盾があります。

一方で無職の場合は社会的信用が学生や専業主婦よりもさらに落ちてしまうのでローンの審査にも落ちやすいのです。

周りの家族、親族に安定収入のある方がいるのであれば、その方と相談の上でローンの申し込みを行うともしかしたら審査に通ることもあるかもしれません。

100万円以上の高額の借入で気をつけておきたい5つの注意点について

銀行系カードローンが高額借り入れに最適な理由がありました。

銀行系や消費者金融系などで100万円以上の高額借り入れを行う場合に気をつけたい注意点もあります。

これらの注意点として、即日で借り入れサービスを利用することは難しかったり、総量規制によって借り入れできないこともあるなどの点が荒れられます。

そこで、100万円以上の高額借り入れで気をつけておきたい5つの注意点をこれからご紹介してみることにしましょう。

即日での融資は難しい?

銀行系のカードローンでも消費者金融系のカードローンでも、100万円以上の高額融資を希望する場合即日融資は難しいです。

100万円以上の融資では審査は慎重に行われます。

少額融資の審査と違い、さらに返済能力を厳しくチェックする必要があるからです。

したがって、スピーディな対応でよく知られている消費者金融でもこうした場合には即日融資はほぼ行われていないといわれています。

この点が気を付けたい注意点として挙げられます。

総量規制により借入できないこともある

消費者金融系や信販系のカードローンの場合には総量規制というルールが適用され、100万円以上の借り入れ自体がどうしてもできないことがあるのです。

というのは、年収が300万円の方は総量規制によって年収の3分の1にあたる100万円までしか借りられません。

ところが、クレジットカードを利用しておりキャッシングを行っていたり、他社でカードローンを利用している時は100万円を借り入れることができないのです。

そのため、総量規制に注意しましょう。

他社の借入の件数、借入の金額は減らしておきたい

他社の借入件数、借入金額は減らしておくように注意をしましょう。

というのは、他社借り入れは、件数や借入金額が少ない方が審査に通過しやすくなるといわれています。

一般的に、カードローン会社は借入金額より借入件数を重視する傾向があるといわれます。

その理由は、借入件数が多いほど多重債務になりやすいということが多いからなのです。

特に200万を借りて返済することを検討している場合は他社借入には気をつけるようにしましょう。

臨時返済をしないと元金が減少しづらくなる話

臨時返済をしなければ元金が減少しづらくなるため、この点は注意点です。

カードローンは最低返済額が設けられており、この金額さえ最低限返済していると問題ないというラインといえます。

ところが、そうした返済はほぼ利息だけ返済している状況になっており、元金がなかなか返済できないということになるのです。

こうしたことを防ぐための方法として臨時返済が挙げられています。

随時返済を行うと元金を早く減らすことができます。

追加での借入をすると完済までに時間がかかる

追加借入をすると完済までに時間がかかるという点にも注意が必要です。

カードローンは限度額の範囲内であれば何度でも借り入れができます。

けれども、100万円以上の高額融資では何度も追加借り入れを行ってしまうと完済が遠のくのです。

したがって、一度借り入れた金額はまずはきちんと全額返済を行った後に、新たに借り入れを行うくらいでいる方が関西という点ではよりメリットが高いということなのです。

この点が注意点です。

はじめての方も安心!初心者向けカードローンを解説!

はじめての方も安心の初心者向けカードローンをご紹介しましょう。

初めて借り入れを行うという場合、いろいろと不安があるといえます。

例えば、金利が高くないかどうか、返済できるだろうか等、色々と考えることが多くあるといえます。

そんな時、住信SBIネット銀行のカードローンは最大限度額が1,200万円となっており、金利は1.59%~14.79%で、毎月の返済額が2,000円からなので返済しやすいカードローンです。

プロミスなら最短30分の審査・最短1時間で融資可能!!

プロミスは最短30分の即日審査と最短1時間で融資といった特徴がある消費者金融のカードローンです。

プロミスでは急いで借り入れを行いたいという方もうれしい即日で対応してもらえるサービスが提供されています。

急な出費でどうしても本日中に借り入れを行いたいといった場合にその日のうちに借り入れが可能なシステムが整えられています。

さらに、30日間金利0円で借り入れができるサービスなどもあるのも特徴的なローンです。

プロミスのここがオススメ!

プロミスのここがオススメという点として挙げられるのが、最短30分の即日審査と最短1時間という素早い融資対応です。

即日の対応が実施されていますので、急いでいる場合も安心です。

さらに、条件を満たすことで30日間が金利0円で借り入れできるサービスも利用可能です。

この点については、メールアドレスとWeb明細利用登録が前提とされていますが、よりお得に借りられるという点がメリットで、郵送物なしでカードレスのWeb完結サービスがあります。

住信SBIネット銀行は最大限度額1,200万円!!

住信SBIネット銀行のカードローンは最大限度額が1,200万円とかなりの高額融資が可能になっています。

さらに、金利が1.59%~14.79%となっており、ほかのカードローンよりもさらに低めに設定されているという点なども注目です。

限度額が1,200万円ですが、毎月の返済額が2,000円からなので、ちゃんと返済できるか不安という方なども返済についてはより安心感があるカードローンといえるでしょう。

さらにWeb完結なので申し込みやすいです。

住信SBIネット銀行カードローンのここがオススメ!

住信SBIネット銀行のカードローンはWEB完結が可能で、借入の最大金額も1,200万円と、かなりの高額融資が可能になっているローンです。

このカードローンのここがお勧めの点として挙げられるのがまず金利です。

このカードローンの金利は全カードローンの中で最安金利なのです。

さらに、明細書をウェブ上で確認できるので自宅に明細書が郵送されないといったメリットがあり、家族に知られずに借り入れたい場合もより安心です。

アコム最短30分の審査!土日祝日も即日融資!!

アコムは最短30分の審査で土日祝日も即日融資が受けられるサービスが提供されている消費者金融系のカードローンです。

アコムは金利が3.0%~18.0%、限度額が800万円になっており、審査時間がとても短く、最短30分で融資時間が最短1時間という素早い融資を受けることが可能です。

アコムも30日間の利息0円サービスなどが提供されており、初めての借り入れをよりお得に行いたいといった方などに注目されています。

アコムのここがオススメ!

アコムのここがオススメという点として挙げられるのが、来店不要で申し込みすることができ、審査回答は最短30分という素早い対応が可能で便利に借り入れができるという点です。

さらに、アコムは30日間金利0円で借り入れが可能なサービスも提供されており、さらに限度額50万円以下の場合には収入証明書が原則不要になっているのでより手軽です。

そして、3項目の入力だけで借入可能か3秒で診断されるというシステムもあってより便利です。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

特徴から探す

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

職業から探す

公務員に人気のカードローン
会社員(サラリーマン)に人気のカードローン
自営業(社長)に人気のカードローン
主婦に人気のカードローン
パート・アルバイトに人気のカードローン
学生に人気のカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  6. カードローンは計画的にご利用ください
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.