最終更新日:2019年05月16日

バンクイックの審査に落ちる原因は何?審査の流れから審査基準まで解説!

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は数少ない契約機(テレビ窓口)からの申し込みができる銀行カードローンの一つです。

メガバンクである三菱UFJ銀行という安心感もありますし、テレビ窓口でカード発行ができるため、カードが郵送されてくるのを待つ必要がないというのも大きなメリットだと言えます。

ただ、バンクイックに限らず、銀行カードローンの審査は消費者金融よりも厳しいと言われているため、簡単に借りられるわけではありません。

過剰に身構える必要はないですが、しっかりと融資対象者としての条件を満たしているかを確認してから申し込みをしましょう。

残念ながら「年収は〜万円以上が必要」などといった明確な審査基準は非公開となっていますが、バンクイックの審査に落ちてしまう人には必ず原因があります。

この記事では、バンクイックの審査の流れ、どのような基準で融資の可否が判断されるのか、もし審査に落ちたらどうすれば良いのかについて説明していきます。

カードローンの申し込みは信用情報機関に6ヶ月間は残るため、一社落ちてしまうと他の会社の審査にも影響が出ないとは言えません。

慎重にバンクイックの申し込みを検討するようにしてください。

バンクイックの審査は遅い?審査結果の連絡までの流れ


バンクイックは銀行カードローンなので即日融資には対応していません。

銀行カードローンは、申し込みがあった場合に警察庁のデータベースに照会をして反社会的勢力との繋がりがないかを確認することが義務付けられています。

この照会結果が出るまでには1営業日以上を要するため、バンクイックに限らず銀行カードローンで即日融資を受けることはできないのです。

ただし、バンクイックにはテレビ窓口と呼ばれるカードローンの申し込みやカード発行ができる契約機があります。

即日融資はできませんが、テレビ窓口を利用してカード受け取りをすれば比較的早い借り入れが可能です。

まずは、バンクイックに申し込みをするとどのような流れで審査が進んでいくのかを見ていきましょう。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査の流れ

バンクイックの申し込みには三菱UFJ銀行の口座は不要であり、以下の3つの申込方法が用意されています。

【バンクイックの申込方法】
・インターネット
・テレビ窓口
・電話

今回は利用者の多いインターネットからの申し込みを前提に審査の流れを説明します。

ちなみに、ネット申し込みでも、カードの受け取りはテレビ窓口で行うことが可能です。

お急ぎの方も、外での待ち時間が少ないネット申し込みを利用しましょう。

【バンクイックの審査の流れ】

手続き 概要
ネット申し込み ネット申し込みは、パソコン、スマホで公式サイトにアクセスするか、公式アプリ経由でも行えます。 三菱UFJ銀行に自分名義の口座を持っている場合には、口座情報を利用することで少ない項目での申込手続きが可能です。
必要書類の提出 必要書類はスマホのカメラで撮影をすれば、そのままアップロードすることができます。 本人確認書類(運転免許証など)と、必要に応じて収入証明書も必要です。
審査開始 申し込み、必要書類の提出が完了すると審査が進んでいきます。 ネット申し込みは24時間可能ですが、審査対応は平日9時〜21時まで、土日・祝日9時〜17時までです。 審査対応の時間外の申し込みは、翌営業日に審査が開始されます。
審査結果の連絡 結果が出ると審査対応の時間内にメール、もしくは電話にて連絡があります。 契約限度額、適用金利も決まるので、問題がなければ契約手続き、カード発行に進んでください。
契約・カード受け取り カードの受け取りは、郵送、もしくはテレビ窓口での発行となります。 郵送の場合にはネット上で契約を済ませ、テレビ窓口の場合には来店して契約手続きとカード発行をしましょう。

テレビ窓口からの申し込みならカードの即日発行が可能


バンクイックをネットではなく、テレビ窓口から申し込みをするとその場でカード発行ができます。

ただし、前述した通り銀行カードローンであるバンクイックは即日融資に対応していないため、実際にお金を借りられるのはカード発行の翌営業日以降です。

少しややこしいですが、申し込みをしてカードを受け取るのは即日でも、借り入れができるのは審査結果が出る翌営業日以降になります。

提出する本人確認書類が運転免許証以外のパスポート、マイナンバーカード、健康保険証の場合には、テレビ窓口でのカード受け取りはできません。

自宅への郵送受取となるので覚えておきましょう。

バンクイックの申し込みに必要な書類


バンクイックの申し込みにあたっては本人確認書類収入証明書が必要になります。

本人確認書類は必ず提出しなくてはいけませんが、収入証明書は必要に応じて準備を進めてください。

本人確認書類としては、次のようなものが利用可能です。

【バンクイックの本人確認書類】
・運転免許証
・パスポート
・マイナンバーカード
・健康保険証

先ほどもふれましたが、運転免許証以外ではテレビ窓口でのカード発行はできません。

免許を持っていない方は郵送でカードを受け取ってください。

また、バンクイックは、希望する限度額が50万円超の場合に収入証明書が必須となります。

バンクイックで利用可能な収入証明書は以下の通りです。

【バンクイックの収入証明書】
・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・納税証明書その1、その2
・確定申告書第1表、第2表

上記書類のいずれかの写しを用意しましょう。

ただし、カメラで撮影しデータを提出する場合には写しではなく原本を使用するようにしてください。

バンクイックは土日でも審査をしてくれる

銀行カードローンの多くは土日の審査対応をしていないのですが、三菱UFJ銀行では平日よりも時間は短いものの審査を進めてくれます。

また、ネット申し込みは24時間いつでもできますが、その他の方法でも土日に申し込みが可能です。

バンクイックの申し込み・審査受付時間

平日 土・祝日 日曜日
審査の受付時間 9:00〜21:00 9:00〜17:00 9:00〜17:00
ネット申し込み 0:00〜24:00 0:00〜24:00 0:00〜24:00
テレビ窓口 9:00〜20:00 10:00〜18:00 10:00〜17:00
電話申込 9:00〜21:00 9:00〜17:00 9:00〜17:00

テレビ窓口での申し込みは、土曜日・祝日と日曜日でも利用可能時間が異なるので注意が必要です。

他の銀行カードローンでは金曜日の審査受付時間の終了後に申し込みをしてしまうと、審査が開始される翌週の月曜日以降まで連絡が来るのを待たなくてはいけません。

ただし、バンクイックではたとえ土日でも審査を開始してくれるため、即日融資はできないにしても、比較的スピーディに借り入れを行うことができるのです。

バンクイックの審査結果のタイミングはいつ?


カードローンで融資を受けるためには在籍確認を通過しなくてはいけません。

在籍確認とは申込者が申告のあった職場で働いているという事実を確認するために、金融機関から勤め先に対して行う電話連絡のことです。

電話連絡といっても「〜さんはいますでしょうか?」という申込者への取り次ぎを求める内容なので周りにバレる心配もなく、もし本人が不在でも「〜は席を外しております。」などの在籍の確認さえできれば問題はありません。

ただ、いつ電話が来るか分からないとドキドキしますよね?

在籍確認が行われるタイミングには決まりはないものの、審査結果の連絡の前に行う金融機関と、審査結果の連絡の後で行う金融機関の2つがあります。

バンクイックの場合には、審査結果の連絡の前に行うというケースが多いようで、申込者へ審査回答があったときにはすでに在籍確認が完了しています。

もちろん、審査時間外と在籍確認も行いませんが、申し込みをすると割と早い段階で職場への電話連絡があると思った方が良いでしょう。

バンクイックの審査結果が遅いのは落ちたから?

バンクイックの審査は特別遅いわけではありませんが、中には申し込みをしたのに数日経っても連絡が来ないというケースもあります。

もしなかなか連絡が来ないという場合には次のような原因が考えられます。

【バンクイックの審査が遅い時の原因】
・審査状況が混み合っている
・申込内容に不備があり確認に時間がかかっている
・在籍確認が取れていない
・郵送手続きが必要な申込方法を選択した
・借入希望金額が高額で審査が慎重に行われている

「審査が遅い=審査落ち」を考えるかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。

むしろ決定的な問題があって融資を受けられないケースではすぐに否決の連絡が来るでしょう。

時間がかかっている場合には、借りようとしている金額が大きかったり、他社借入があったりするためにより慎重に融資の可否が判断されている可能性もあるのです。

また、出すべき書類を提出していない、書類は出したものの不備があった、会社が休みで在籍確認が完了していないなどのケースでは審査がそこでストップしてしまうので結果が出るまでに時間がかかります。

通常であっても3日程度は審査結果の回答までに必要ですが、もし1週間経っても連絡が来ないという方は一度、三菱UFJ銀行に問い合わせをすると良いでしょう。

ここで避けたいのは「審査に落ちた!」と判断して他の銀行カードローンや消費者金融に申し込みをしてしまうことです。

信用情報にはカードローンの申込履歴も6ヶ月間は登録されますので、もし2社とも否決されてしまうとその情報が半年も残ることになります。

そうすると、前の2社での審査落ちの記録が3社目の審査に影響する可能性も否定できません。

俗にいう「申し込みブラック」の状態になってしまうので、慌てずに三菱UFJ銀行に審査状況を確認した上で、次の行動を検討してください。

バンクイックの審査に落ちてしまう原因と申込条件

バンクイックの審査に落ちないためには、まずは申込条件を確認しましょう。

【バンクイックの申込条件】
・満20歳以上65歳未満であること
・日本国内に居住している個人の方(法人は不可)
※国内に居住する外国人の方は永住許可が必要になります。
・原則安定した収入があること
・保証会社であるアコム株式会社の保証を受けられる

バンクイックは20歳以上であれば融資対象となりますが、原則として安定した収入がないと融資を受けることはできません。

バンクイックには保証会社がついており、融資の可否については保証会社であるアコムが判断をします。

つまり、アコムが行う審査に通過できるかどうかがとても重要だということです。

保証会社は審査業務だけでなく、利用者が支払いできなくなった場合に銀行に対して代わりに返済をする代位弁済も行います。

返済能力が不十分な人を審査に通してしまい貸し倒れが多くなると、保証会社であるアコムに損害が出てしまいます。

そのため、しっかりと申込者の返済能力を見定めた上で融資をしても良いかを判断しているのです。

安定した収入があれば正社員でなくても融資対象になります。

学生や主婦の方でもアルバイト・パートで安定収入を得ているのであれば審査の結果次第で借り入れが可能です。

ただ、次のような場合には審査に落ちてしまう可能性が高いでしょう。

収入が少なく希望金額との釣り合いが取れない

バンクイックの限度額は10万円以上〜500万円以下の範囲で審査によって決定されます。

バンクイックの限度額と適用金利

利用限度額 適用金利
400万円超〜500万円以下 年1.8%~年6.1%
300万円超〜400万円以下 年6.1%~年7.6%
200万円超〜300万円以下 年7.6%~年10.6%
100万円超〜200万円以下 年10.6%~年13.6%
10万円以上〜100万円以下 年13.6%〜年14.6%

上記の表の通り、利用限度額が高額だとそれに応じて適用金利は低くなります。

しかし、希望する金額が高ければ審査基準も高くなるため、審査に通過するのは難しくなるのです。

カードローンの審査は様々な項目から総合的に判断されますが、いくらまで借りられるのかを大きく左右するのは年収でしょう。

年収に対して借りたい金額が大きすぎるなど釣り合いが取れない場合には審査落ちとなる可能性が高いです。

勤続年数が短く収入の安定性に不安がある

バンクイックの審査では「安定した収入」が必須ですが、安定しているかどうかはどうやって判断するのでしょうか?

安定性を見る上で重要になるのは、雇用形態・就業形態、勤続年数の2点だと考えられます。

正社員・公務員は安定性が高く、自営業者は安定性が低い

カードローンの返済はある程度の期間に渡るため、借りた時点だけではなく、その後も同じだけの収入を得ていける見込みがないといけません。

そのため、正社員、公務員の方は収入の安定性が高いと見られる一方で、経済状況によっては解雇されやすいアルバイト・パート、派遣社員、契約社員の方の安定性は低くなります。

そして、自営業者の方も安定性が低いと見なされる傾向があり、申し込みをする際には金融機関の判断で収入証明書、事業の概要、実態が分かる書類の提出が必須となることもあるのです。

勤続年数1年未満での申し込みは注意が必要


また、雇用形態・就業形態と同様に、勤続年数も非常に重要です。

勤続年数は今の職場に勤めている年数となるため、社会人になってからの年数ではありません。

そのため、転職したばかりのタイミングだと注意が必要です。

加えて、勤続年数が1年未満だと申告する収入は実際の数値ではなく見込み年収となるため、審査では不利になりやすいでしょう。

勤続年数の短さは正社員、公務員の方よりも、非正規雇用、自営業の方への影響が大きいと考えられます。

例えば、今年から公務員になった方がすぐに仕事を辞めてしまうことはそこまで多くないでしょう。

しかし、アルバイトを始めたばかりの方、派遣会社に登録したばかりの方だと離職率が高いのではないかと見なされてしまうのです。

正社員でなくてもカードローンの契約はできますが、審査のことを考慮すると勤続年数が1年以上になってからの方が安心だと言えます。

他社借入が多く、返済能力が低い

返済能力の評価は収入だけでなく、他に支払いをしなくてはいけないような借り入れがあるかもポイントになります。

とくに他の消費者金融、銀行カードローンでの借り入れは信用情報機関で共有されているため、バンクイックに申し込みをしたときには必ずチェックされるのです。

たとえ人並みに収入を得ていたとしても、毎月他社への返済がたくさんある場合には、その分返済能力は低く評価されてしまいます。

また、他社借入以外にも、家賃の支払い、各種ローンの返済(自動車ローン、住宅ローンなど)、扶養している家族の人数なども返済能力の評価に関連するのです。

バンクイックは三菱UFJ銀行のカードローンなので、貸金業法の総量規制対象にはなりません。

そのため、年収の3分の1超であっても法律上は借り入れできますが、やはりすでに借りている金額が多額の場合だと審査通過は難しいでしょう。

延滞歴など信用情報に傷がついている

信用情報機関では、他社での長期延滞、債務整理の記録なども載っています。

だから、バンクイック以外での返済トラブルが過去にあった、現在もあるという場合には審査通過はできません。

これはバンクイックに限ったことはなく、他社のカードローンでも同様です。

今現在、返済トラブルを抱えているという方は、まずはその問題を解決することを優先してください。

今は延滞などはないものの、過去に返済トラブルを起こしてしまったという方は信用情報の登録期間が終了するまで待つことをおすすめします。

登録情報によって保有される期間が決まっており、債務整理などのネガティブな情報であっても5年〜10年間ほどで信用情報からは削除されるのです。

心当たりがある人は自身の信用情報の開示を行い、どのような登録がされているかをチェックしてみると良いでしょう。

信用情報機関にはJICC、CIC、KSCの3社がありますが、金融機関によって加盟している会社が違います。

少額ですが、開示には1社ごとに費用がかかるため、返済トラブルのあった金融機関がどこに加盟しているのかを調べてみると良いでしょう。

バンクイックの審査通過率を上げるコツ!審査落ちしないためのポイントとは?

バンクイックの審査に不安を感じている方におすすめしたいのが「お借入診断」です。

消費者金融には多いですが、銀行カードローンで事前診断ツールを用意しているところは多くありません。

バンクイックの場合、年齢、性別・独身既婚、他社借入状況(件数・金額)を入力すると、瞬時に診断結果を表示してくれます。

あくまでも診断結果なので、実際の審査結果と異なる可能性もありますが、審査に通過できるか不安に思っているなら試してみる価値はあるでしょう。

ただ、診断で入力する項目は限定的なので、以下の点も押さえておけばカードローンの審査通過率を上げられます。

借入希望金額は必要最低限で申し込みをする

バンクイックは100万円以下の利用限度額だと金利は年13.6%〜年14.6%ですが、希望する借入金額が10万円なのか、100万円なのかでは審査のハードルがまったく違います。

契約限度額が高い方が万が一のときでも安心だと思うかもしれませんが、不必要に高い金額を希望してしまうと、それが原因で審査に落ちる可能性もあるのです。

本当に必要なのであれば良いですが、審査通過を考えるとできるだけ低い金額での申し込みをおすすめします。

必要最低限の金額で申し込みをして、後で必要になったときには限度額の増額を検討すると良いでしょう。

勤続年数が1年未満での申し込みは避ける

借りたい金額など他の要素とも関係しますが、勤続年数が1年未満だと審査で不利になることは否めません。

どうしてもすぐに借りたいという状況では仕方がありませんが、あと1ヶ月、2ヶ月で1年を迎えるという方は、少し申込時期を遅らせるというのも有効です。

繰り返しになりますが、カードローンの審査は色々な項目から総合的に判断をするため、勤続年数が1年未満だと絶対に審査に落ちるわけではありません。

ただ、収入が少ない、雇用形態が安定していない、他社借入があるなどと同様に審査では不利になる要素の1つであることを覚えておきましょう。

金融機関側が正確な勤続年数を調査することはありませんが、虚偽の情報での申し込みは規約違反となり、たとえ審査に通過した後でも契約解除、一括返済請求などのリスクがあります。

他社借入状況の見直しを行う

他社借入もカードローン審査では重要な項目になるため、すでに消費者金融との契約があり、より低金利なバンクイックを検討しているという場合には、今ある借り入れをできるだけ減らしておくと良いでしょう。

また、他社借入は借入残高ではなく、契約額で判断されるため、借りていなくても契約が残っていれば借りているものとして審査が進みます。

だから、使っていないカードローンがあれば、解約までした方が審査では有利になるのです。

加えて、他社借入にはクレジットカードのキャッシング枠も含まれます。

とくに深く考えずにキャッシング枠を付けてしまったという方は、クレジットカードのキャッシングの利用枠だけを0円に変更してください。

ショッピング枠は他社借入にはならないため、減額したり、カード自体を解約したりする必要はありません。

少額でもキャッシング枠ありのクレジットカードを複数枚持っているという方は、それが実質的な他社借入に該当するため審査に通過できないということも考えられます。

今現在契約をしているカードローン、クレジットカードを洗い出した上で、どのくらいの他社借入金額、他社借入件数になっているかを整理してみましょう。

バンクイックの審査に落ちてしまったらどうすれば良い?

一般的には、消費者金融よりも銀行カードローンの審査の方が厳しいと言われています。

銀行カードローンであるバンクイックの審査に落ちてしまった場合でも、消費者金融の審査であれば通過できる可能性はあるでしょう。

もしくは、自身の評価を上げることができるなら、時間をおいて再度、バンクイックにチャレンジするということも可能です。

銀行ではなく消費者金融に申し込む

カードローンの審査基準は1社ごとに違いますが、やはり銀行全体の傾向としては審査が厳しいと言えます。

そのため、三菱UFJ銀行の「バンクイック」の審査に落ちてしまったら、同じメガバンクのカードローンはもちろん、ネットバンク、地方銀行のカードローンの審査にも通らない可能性が高いです。

どうしても低い金利で借りたいのであれば銀行が良いですが、少額融資を希望する場合、金利にはあまりこだわらない場合には借入先を消費者金融に変更しましょう。

消費者金融の審査は甘いわけではないですが、銀行が駄目だった人でも、借りられる見込みがあります。

より慎重になるのであれば、バンクイックの保証会社であるアコムへの申し込みは避けても良いと思います。

審査する会社は同じでも、アコムとバンクイックの審査基準は別です。

ただ、まったく影響がないとは言えないため、大手であればアイフル、プロミスあたりが選択肢となるでしょう。

6ヶ月の期間をあけてバンクイックに再申し込みする

バンクイックに申し込みをすると、三菱UFJ銀行が加盟をしている信用情報機関に申込記録が登録されます。

信用情報機関では6ヶ月間はその申込情報を登録しておく決まりとなっており、その期間が経過すれば情報が自動的に削除されます。

ここで注意したいのは、信用情報では申し込みだけでなく、契約の有無も分かるということです。

通常であれば、審査に通過したのに契約をしないということは少ないでしょう。

そのため、「申し込みをしたのに契約に至っていない=審査に落ちた」と取られる可能性が高いのです。

加えて、申込内容に変更がなければ結局、審査結果も同じでしょう。

再申し込みをするなら、他社借入を減らす、前回よりも希望借入金額を下げる、勤続年数が1年を超えるのを待つなど審査にプラスになる変化を加えることをおすすめします。

そして、金融機関によっては前回から6ヶ月間は申し込みの受け付けをしないことも多いため、原則としては信用情報から申込記録が削除されるまでは待つようにしてください。

【まとめ】バンクイックの審査が不安なら借入診断!申込条件も確認しておこう

最後にバンクイックの融資条件をもう一度確認しておきましょう。

【バンクイックの申込条件】
・満20歳以上65歳未満であること
・日本国内に居住している個人の方(法人は不可)

※国内に居住する外国人の方は永住許可が必要になります。
・原則安定した収入があること
・保証会社であるアコム株式会社の保証を受けられる

多くの方が気にするのは「安定した収入」があると認めてもらえるのかどうか、という部分だと思います。

保証会社であるアコムが安定した収入があって、返済能力にも問題がないと認めたなら借り入れが可能ですが、審査基準は非公開なので申し込みをしてみないことには結果は分かりません。

ただ見込みがないのに申し込みをして審査に落ちてしまうと信用情報を悪くするだけなので、審査が不安な方は借入診断でもチェックをしておきましょう。

申込条件をクリアしていて、借入診断もパスできたのであれば融資が受けられる可能性は十分にあります。

それでも、信用情報に問題があると審査落ちになるので、もし過去に返済トラブルがあった方は開示手続きをして情報が消えているかも見ておくと良いでしょう。

先に確認できる部分はしっかりとチェックした上で、バンクイックに申し込みをしてください。

「銀行カードローンの審査が難しそう」、「結局、バンクイックの審査に落ちてしまった」という方は消費者金融も選択肢に入れてみると良いと思います。