最終更新日:2019年08月06日

オートローンの審査に落ちる理由5つ!自動車購入で借入を利用したい方へ

車購入の時の自動車ローン(オートローン)に通りやすくなるポイント・落ちてしまう原因

車をローンで購入したいという場合、とても気になるのがローン審査です。車の購入で自動車ローンを組みたいならローン審査に通過することが必要ですが、一度で通過する人もいれば何度も受けても審査に通過しない人もいて違いがあります。車購入時のローン審査を申し込む際にチェックされるポイントがあるといわれます。車をローンで購入するために、ローン審査に通過しない原因や通りやすくするための作戦についてポイントを確認しておきましょう。

クルマ購入ガイド

車を購入する際にはまとまったお金が必要です。車は欲しいけれど、まとまったお金が用意できないと言う場合に利用されるのが自動車ローンです。自動車ローンを使えば、毎月一定額を返済することで少ない初期費用で車に乗り始めることができます。自動車ローンを利用する場合は、ローンのシステムを知った上で無理なく返済可能かどうかをきちんと見極めてから申し込むようにしましょう。カードローンを利用する場合もどのカードローンがお得かよく比較して決めましょう。

車が急ぎで必要な状況とは

都心部ならいざ知らず、少し離れると車の必要な状況って意外とよくありますよね。例えば、車がないと通えない場所に就職・転勤したり、仕事でマイカーを使わなければいけなくなるという事もありえない話ではありません。また、そもそも車が無ければ買い物に行くこともできない場所にお住まいの方もいらっしゃいますし、子供ができたり、家族の高齢化に伴い車が必要になるという事もあります。そして、頻繁に車が必要となるとレンタルという訳にもいきませんよね。

自動車ローン(オートローン)の仕組み

中古車なら多少安くなるとはいえ、車が高額なものであることには違いありません。即金で購入出来るという人はやはり少ないですよね。また、車に詳しい人ならある程度の目利きもきくと思いますが、素人が値段だけであまりに安い中古車に飛び付いてしまうと故障などのトラブルにより、維持費が高く付いてしまったり、最悪、即廃車という可能性もあります。そうなると、ある程度の車を手に入れたいと考えますよね。
そんな時に頼りになるのが、自動車ローンです。

自動車ローンは信販会社や銀行のが一般的

車を買う時には、ディーラーや中古車販売店を利用しますよね。そうすると購入時には各社が提携している自動車ローンを勧められることでしょう。中でも、信販系や銀行系の自動車ローンはよく勧められます。金利は販売店やローン商品によっても異なりますが、カードローンとは違い数%程度とかなり低く設定されていますし手続きも販売店が購入手続きと同時に進めてくれますので、ローンを組むのが初めてという方でも安心ですね。

自動車ローンの利用を考えている人にアドバイス

せっかく自動車ローンを使って車を買うのであれば、新車の購入がオススメです。先ほどもお伝えした通り、中古車を購入すると高額なメンテナンス費用がかかってしまう可能性や、支払いが完了する前に廃車になってしまう可能性もあります。それならば、多少車のグレードを落としたり、車種を変更してでも新車のほうが安心ですよね。ただし新車購入となると販売店の推しもありますし、ついついより贅沢なものへと目が行きがちです。あくまで無理のない返済額で購入出来る車をきちんと選んで下さいね。

車の購入費用の相場はどのくらい?

車の相場を考えるなら、まずどのような車が必要なのかを考える必要があります。通勤のため1人で乗るのであれば軽自動車で十分ですが、子供を含め家族全員で移動するとなれば、荷物も増えますしミニバンなど少し広めの車が欲しいですよね。そして、もし足の悪い両親などを乗せるのであれば乗り降りしやすい高さの車が良いですよね。車種が変われば、当然ながら相場も大きく変わってきます。

新車購入が予算的に厳しいという場合は、中古車の購入を検討してみて下さいね。中古の軽自動車であれば、50~60万円程度で手にいれることが出来るはずです。

オートローン審査を申請時にチェックされるポイント

車を購入するためのローンに申し込みした時にどんな点がチェックされるのでしょうか?チェックポイントについては過去の返済トラブルがあったかどうかや、他にローンに申し込んでいてその数が多くないかどうかなどがチェックされると言われます。これはクレジットカードのキャッシングを利用しているか否かも含まれており、借りた人がお金をきちんと返済してくれそうかどうか、についていろいろな点からチェックされているということです。

クレジットカードキャッシングに注意

クレジットカードキャッシングがローン審査に影響を与えることも考えられます。返済比率計算ではキャッシング支払い分も返済額に加えて計算されています。そのためクレジットカード分割払いやリボ払い、さらに携帯機種代金を分割支払いしている場合に加えて、奨学金も返済額に入れて計算するようになります。つまりローン以外の支払いについても事前に確認しておくことも必要だということなのです。

過去の信用情報に傷がないか

ローンの審査では過去の信用情報も確認されます。信用情報には過去のローンやクレジット契約内容や支払い状況の記録が残されており、ローン返済が遅れたりしているとその記録が残されていますので、ローン審査に通りにくくなるのです。この点については短期的な支払の遅れも信用情報に記録が残されると言われています。債務整理や自己破産歴なども一定期間記録に残るため審査に通過しないと言われます。このように、過去の金融事故の有無がチェックされます。

他社で利用しているローン

他に抱えているローンが多くないかということもチェックポイントになっています。これまでローンの支払延滞がない場合でもローンの返済額が多いということだけで審査に通過しないことがあると言われます。借り入れが可能額は、返済比率と呼ばれる年収に対する割合で判断され、全体の年収に対する1年間の返済額が多くなっていれば返済してくれるか貸す側も不安になるということなのです。この比率が40%以上になると審査通過が難しくなる可能性があります。

フリーターのローン審査は通りにくい

フリーターをしている場合のローン審査はハードルが高いとされ、一般的な正社員と比べて収入が低いフリーターやアルバイトの場合はローン審査は通りにくいケースがあるようです。収入が低いと返済比率に対する借り入れ額が相対的に高くなります。このことは正社員よいも収入の点でより多くを得ているフリーターの方にも当てはまることがあり、フリーターということで収入に安定性がないと判断されて、収入が高くても審査に通過しにくくなるようです。

自営業者はかなり通りにくい

自営業者のローンの審査はさらに厳しいとされ、正社員で給料を受け取っている人と比較すると収入が安定していないと判断されやすいためと言われます。自営業者は税金対策などで所得も少なくなっているぶんローンの借り入れ可能額も低めとなって、高額カーローン審査に通過しにくくなっているでしょう。そのため、自営業者の車購入のためのカードローン審査はフリーターやアルバイトの人と比較すると審査通過がさらに厳しいといわれています。

年収額や勤続年数も見られる

ローン審査では年収額と同様勤続年数も確認され、自営業者は事業年数が審査対象になります。勤続年数が少ない場合には収入が安定していると認められにくいため、車購入のためのローン審査に通過しにくくなるといわれるのです。審査については非公開で明確な基準はないため、目安的なものと言えますが、勤続年数が3年以上あるとローン審査も通過しやすいとされます。逆に勤続年数が1年未満であれば、ローン審査に通過しにくいようです。

嘘の情報を申告するのはNG

ローン審査時に必要な情報をきちんと伝えていない時には不利になってしまいます。中でも勤務先の情報についてはローン会社はその人がきちんと返済を行ってくれるかどうかを確認するために電話の在籍確認などが行われます。在籍確認の際にはローン会社のスタッフが電話をかけて勤務していることを確認します。スタッフも個人名で確認してくれると言われており、ローン会社の在籍確認ということを知られる心配はないと言えますので情報をきちんと伝えておきましょう。

その他のローン審査を不利にする条件

他にもローン審査を不利にする条件があり反社会勢力に関係していたり、税金滞納により預金口座が差し押さえられたり、所得が高くても安定しない職業であると判断されると審査で不利とされます。また、クレジットカードやローンを使ったことがなく、信用情報に記録がない場合も審査で不利と考えられています。ローン審査を不利にする条件にはこのような点が挙げられていて、これらを基に車の購入でローン審査を通りやすくするよう考えていくようになります。

オートローン審査を確実に通すために抑えておきたい点

車の購入でローン審査に申し込んだけれども審査に通過しなかったという場合も、状況によってはローンを組めるようになることもあります。どんなことに注意すれば車購入でローン審査に通過しやすくなるのでしょうか?

この点についてはいくつかポイントが挙げられていて、例えば、金融事故の情報が白紙になるまで待つという方法などがあります。そこで、車購入のためのローン審査を通過しやすくするためのポイントを確認しておきましょう。

自動車ローンと他のローンを同時に申請しない

自動車購入のためにローンに申し込む時には、自動車ローン以外のローンに同時期に申し込まないようにすることがポイントです。短期間のうちに複数ローンの審査に申し込むとお金に困っていると判断されることがありますし、審査に通過しなかったという情報も記録として残ってしまいます。何らかの問題があると判断されてしまい、他のローン審査ももっと通りにくい状況となると言われます。そのため、自動車ローン以外のローンに同時期に申し込まないようにしましょう。

金融事故の情報がリセットされるまで待つ

ローンの支払延滞があったり債務整理で金融事故の情報の届け出があった場合、一定期間を経過するとこれらの情報がリセットされます。そのため、金融事故の情報がリセットされるまで待つのも一つの手で、そうすることでローン審査に通過できる可能性が出てきます。その目安は5年~10年とされ、信用情報を自身で確認することも可能です。心配なときは500円から1000円くらいの手数料で信用情報機関に開示請求をしてみることができます。

他のローンなどをある程度支払っておく

他社ローンやキャッシングの支払いがある時には、先にこれらの支払いをある程度すませておくことも借りやすくするためのポイントです。ローンやクレジットのキャッシング等で、審査通過後に使用していない借り入れ枠があれば解約しておきましょう。これは、使っていないのに利用可能枠があるとそれだけでローン審査は不利になるからです。必要のない借入枠を持つ他のローンなどはない方がローン審査に通過しやすく、車の購入もしやすいでしょう。

保証人を立てる

自身の申請状況でローン審査に通過しない時には保証人を立てることで借りやすくなるでしょう。この方法は信用情報に記録がなく、ローン審査に通過しないという場合や、未成年でローンを組むことができないなどの場合に有効な方法です。その場合には保証人の信用情報もチェックされますので、保証人の信用情報に不利な要素がある時は審査通過も難しくなるため注意が必要です。しかし、家族や親戚で保証人になってもよいという人がいるなら相談してみるのも一つです。

頭金を見直す

頭金を見直してみるのも審査に通過しやすくなるためのポイントです。頭金の金額を見直すことによってローン審査に通ることがあるからです。これは、頭金の金額を増やすことによって、ローンの借り入れ額を減らすことができます。やはり高額の借り入れを申し込むローンよりも、より少ない金額のローンの方が審査にも通過しやすいです。したがって、返済比率がオーバーしているという場合なら頭金の支払額を見直すのも有効な方法です。

審査が有利な時期を狙って申し込む

車購入のためのローン審査に通過しやすくなるポイントとして、他にも挙げられるのが審査が有利な時期を狙って申し込むことです。例えば、銀行のローン審査の通りやすいといわれている時期に申し込むというのも一つで、3月と9月は銀行の決算時期になるため、行員もその前に少しでも融資を増やしたいと考える傾向があると考えられています。したがって、車購入のためのローンの申し込み審査も他の月に比べて通りやすい時期といえるでしょう。

ローン審査中に転職をしない

ローン審査中に職業を変えないということも車のためのローンに通過しやすくなるポイントと言えます。ローンの審査中に職業を変えてしまうと、仕事が新しくなることで勤続年数が変わってきます。基本的には勤続年数は長いほど有利と言われていますので、1年未満となると審査に通過し難くなるリスクも高まります。また、最悪のケースであれば、申し込み時に伝えていた勤務先と違う情報を提供したと判断されてしまうケースもありますので注意しましょう。

各社の申込条件をよく調べる

ローンの審査基準はそれぞれのローン会社によって異なっていますので、申し込む前に申し込み可能な条件等について改めて確認をしておきましょう。例えば、収入や年齢などの点で条件制限があることで審査に通過しない場合もあると言われ、事前に申し込み条件を満たしているか否かについても自身で確認してから申し込みをするようにしましょう。申し込み条件をクリアしていないのに申し込んでも審査に通過しませんので、申し込み条件に合う会社に申し込むのが基本と言われます。

事前審査(仮審査)を利用する

ローンは申し込み件数が増えるだけでも審査に通過しにくくなります。しかし、だからと言って申し込まないことには審査に通過できないため悩みどころと言えます。そのような時にローンの事前審査となる仮審査を受ける方法があります。仮審査なら信用情報機関に記録も残らず、3日~7日くらいで結果もわかり申し込み件数が増えるというリスクも減らせます。ただ、記載情報に誤りがあったりすると本審査に通過しないので十分に確認して申し込みましょう。

審査が甘い自動車ローンは条件をよく確かめるべき

車ローンには審査の厳しいといわれる銀行系ローンと、審査が甘いといわれるディーラー系ローンがあり、銀行系ローン審査に通過しないとディーラー系ローンに目が行くと言えます。しかし、ディーラー系ローンは審査が甘いのですが総支払金額が高くなったり返済が完了するまで車の所有者がディーラーになっており、万が一返済できないという時に売却できません。ローンが通らないと借りられるローンが魅力的ですが、ローン条件を確かめてから納得できる方法で申し込みましょう。

なぜ自動車ローン審査落ちてしまうの?原因とリスクについて解説

自動車ローンを利用すれば、現金が用意出来なかったとしても車を手に入れる事ができるのでとても便利ですよね。でも当然ながら自動車ローンにも審査がありますので、もし通らなければ車を買うことは出来ません。そうなると、審査に落ちる原因が気になりますよね。まず虚偽の申請をすれば審査には通りません。そして安定した収入が無い人や、勤務先に在籍確認が取れない人も無理です。そして、信用情報に傷があるブラックの人も審査には通りません。まぁ当然と言えば当然の原因ですよね。

落ちてから半年間は同じローンに申し込みできない

もし、自動車ローンの審査に落ちてしまうと最低半年間は同じローンに申し込む事は出来ません。申し込むことは出来るが、通ることは無いと言うのが正しいかも知れませんね。審査に落ちると、その記録が残ってしまいます。この状態で仮に、申し込んだとしてもこの記録が邪魔となり、また審査に落ちてしまうのです。その為、半年間は同じローンに申し込んでも信用情報に傷が付いてしまうだけで車からは遠のいていくこととなるのです。

一度審査に落ちたらその記録は次の審査に影響する

もし、自動車ローンに申し込んで落ちてしまった場合には、次のローンを探そうと考えるのでは無いでしょうか。ただ、続けて申し込みを行ったとしても審査に通る可能性はかなり低いと言わざるを得ません。それどころか、何社も続けて申し込みを行っていると、申込ブラックと言われる状態に陥ってしまう可能性もあるのです。そうなると、どのようなローンにも通ることは困難となります。具体的には、1ヶ月に3社以上の申し込みを行うと危険です。続けて申請するのは絶対に止めておきましょう。

大型ローンの審査に落ちた人は最初にどのような対処をすべきか

もし、ローンに落ちてしまった場合は、まず自分の置かれている状況をしっかり見極めましょう。何より今は、これ以上状況を悪化させない事が重要です。慌てて何社にも申し込んだりしては、さらにマイカーは遠のいていってしまいます。どうしてもすぐに車を購入しなくてはいけないのか。
家族や親戚に相談してお金を貸してもらうことは出来ないのか。など、まずは計画を初めから見直してみましょう。
そうすればまた新たな選択肢も見えてくるかも知れませんよ。

どうしてもオートローンが使えない方へ!対処法を解説

どうしても車が必要なのに、自動車ローンが使えなかった場合はどうすれば良いのでしょう。他のローンに申し込んでも期待薄ですし、かといって落ち込んでいても何の解決にもなりません。そんな時は、どうすれば車を手に入れることが出来る可能性が高まるのかを考えていきましょう。ひとつの方法にこだわり過ぎると視野が狭くなり、目的を見失ってしまいがちです。とにかくどうにかして車を手に入れるための方法を色々考えてみるのはとても大切な事です。

新車ではなく中古車を選ぶ

自動車ローンが利用出来ない以上、新車の購入は難しいかも知れませんね。それなら、中古車というのも選択肢に入れてみて下さい。中古車を選ぶ時のポイントとしては走行距離や、年式、事故歴などがあります。走行距離は当然少ない方が良いですよね。年式は新しい方が良いですし、事故歴(修復歴)は無いに越したことはありません。また、ワンオーナー(過去の所有者が1人だけ)のものや、きちんと点検の記録があるものがよいとされています。そして、購入するときはディーラーの販売店を選ぶと安心ですね。実際に選ぶ時には車に詳しい人に付き添ってもらうのもオススメです。

預金や保険解約などでお金を用意

自動車ローンを利用出来なかったとしても、自分でお金を用意することが出来れば何の問題もありませんよね。

もちろん銀行口座にそんなお金があれば、そもそも悩む事もありませんのでそんな方はいらっしゃらないのではないかと思いますが、もしかすると給料の天引きなどで自然と貯まっている定期預金、財形貯蓄などはありませんか?また生命保険や個人年金などに加入している場合、解約することで解約返戻金が戻ってくることもあります。この際、利用出来るものは何でも利用してみましょう。

家族やパートナーに申し込んでもらう

自分が審査には通らなくても家族やパートナーなら審査に通る可能性もありますよね。

ただしローンの名義人と車の所有者は同一となりますので、この場合厳密にはマイカーとは言えないかも知れません。そしてこのローンの支払いが滞れば、ローンを組んだ家族やパートナーの信用情報に傷が付くこととなってしまいます。きちんと誠実な対応を怠れば大きな迷惑をかけるだけでなく、家族やパートナーといった大切な人たちを裏切る事になるということを忘れてはいけません。

カードローンを利用する

高額な自動車ローンがダメでも、カードローンなら利用出来る可能性もあります。こちらなら中古の軽自動車程度であれば、初めて利用する人でも購入出来るかも知れません。しかも、最速一時間で融資を受けることも可能ですし、使用用途の制限もないため、車の購入費用に使ったとしても何の問題もありませんので、選択肢としてはかなり有効です。どうしても車は必要だけど自動車ローンが組めなかったという人は、カードローンの利用を検討してみても良いですね。

成約率を公開している消費者金融を利用する

プロミスなど一部の消費者金融では成約率が公開されています。例えばプロミスから2019年3月期のデータとして公表された過去一年間の無担保ローンの月別成約率は、42.0%~47.3%です。この数字を見て多いと感じるか、少ないと感じるかは人それぞれだと思いますが、審査落ちしている人の中には常連さんもいますので、現実的な成約率としてはもう少し高くなるのではないでしょうか。申し込み先を選ぶときにはこのようなデータを参考にするのも良いですね。

おすすめは第1位「プロミス」

プロミスはテレビでもCMを見ない日が無いほどメジャーな存在ですよね。130万人以上もの利用者が居ることからも安心して利用出来るカードローンと言えます。平日の14時迄に契約が完了すれば、最速1時間で口座に入金してもらうことが出来ますし、無人契約機を利用すれば、土日祝日でも専用のカードを発行してもらい、そのまま即日融資を受けることも可能です。これなら、車を購入しに行くついでに立ち寄り利用することも出来て良いですよね。