最終更新日:2019年11月02日

「アイフルはやばい」を口コミを元に検証!サラ金・消費者金融の危険性

消費者金融というとあまり良いイメージを持っていない方が多いことでしょう。
ですが、消費者金融でお金を借りるとやばいというのは古い考えだと言えます。

確かに、サラ金と呼ばれていた時代は、高すぎる金利や強引な取り立てなどが問題になっていました。
しかし、貸金業法が改正されたことによって、上限金利や取り立て方法が厳しく法律で制限されるようになり、現在の消費者金融は法律に従って営業するクリーンな金融機関になっています。

「アイフルはやばい」という噂はチワワのCMが原因?

それではなぜ「アイフルはやばい」という噂がたっているのでしょうか。
その原因について、かなり昔に放送されていたチワワのCMが原因ではないかと一部で言われています。
つまり「チワワの可愛さを使って良いイメージを獲得しようとしている」という点について批判があったということですが、そもそもCMとはイメージアップのために行うもので、別に何の問題もありません。

初めての方は30日間利息0円!サービス内容は良心的

以上のように一時期色々な噂が広まったようですが、アイフルは非常に良心的なサービスです。

例えば、アイフルなら初めての方は30日間利息0円になります。
つまり、一度試してみて30日以内に返してしまえば実質無料でお金を借りることができるのです。

また、アイフルの簡易審査はたったの1秒で完了します。
この機会に自分が借入可能か確かめてみましょう。

アイフルの特徴

簡易診断は1秒で完了
即日融資も可能
初めての方は30日間利息0円

消費者金融でお金を借りるのはやばいの?

アコムはヤバい?

アコム三菱UFJフィナンシャル・グループの消費者金融です。

三菱UFJフィナンシャル・グループといえば、三菱UFJ銀行や三菱UFJ証券などが名を連ねる一流企業グループです。

アコムはメガバンクが後ろについている銀行系の消費者金融なのです。

そんなアコムでお金を借りるのがやばいということはあり得ません。

消費者金融は総量規制によって年収の3分の1までしか貸し付けができないので、無計画な貸し付けを行う心配もありません。 

プロミスはヤバい?

プロミスSMBCグループの消費者金融です。

SMBCグループとは三井住友フィナンシャルグループのことで、三井住友銀行やSMBC日興証券などが属しています。

プロミスも、アコムと同じようにメガバンクが後ろについている銀行系の消費者金融なのです。

なので、当然、プロミスでお金借りるとやばいなんてことはありません。

銀行は企業などの大口の顧客への融資を得意としていますが、逆に不得手な個人向けや小口の融資を消費者金融に担ってもらっているのです。 

アイフルだけ銀行の傘下にないからヤバい?

確かにアイフルは、アコムやプロミスと違って銀行の傘下にはなく、大手の消費者金融では唯一、単体で営業しています。

しかし、そんなアイフルが大手銀行の後ろ盾があるアコムやアイフルと並んで、大手消費者金融の一角に存在し続けているのは、2社と同じくらい利用者から評価を受けていることの証であります。

ですので、アイフルがやばいという噂は嘘であり。真実ではありません。

アイフル、アコム、プロミスのいずれも安心してお金を借りられる消費者金融です。 

昔のアイフルの取り立ては怖かった?

現在のアイフルは、利用したとしても、やばいほど怖い思いをすることはありません。

ただ、貸金業法改正前に、アイフルが債務者に対して強引な取り立てや督促を行っていたのは事実です。

まず、貸付自体が現在より高い金利で行われていました。
これはグレーゾーン金利と言われて、法律に明確に違反してはいないもののその高さが問題になっていました。

取りたても強引で、利用者が身の危険を感じるほどの乱暴さ、暴力団とのつながりをほのめかして脅す、勤務先や子供の学校まで督促の電話をする、利用者が取り立てを苦にして自殺するなどの悪質な行為がありました。

このような取り立ては、武富士、アコム、プロミスなど、さまざまな貸金業者によって行われていました。

しかし、アイフルの取り立てについてが強調されて問題となりました。

そして、問題のある取り立てを行った営業所だけでなく、アイフル全体の営業所に業務停止命令が下ったのです。

アイフルが批判されたのはチワワのCMが原因⁈

「アイフルは、それほど必要がない人にも強引に貸し付けた」
「連帯保証人の不動産を強引に処分した」

というイメージを今も持っている人はいます。

そして、そういう事実があったこと自体は否定しません。

長期間にわたって業務停止処分を受けたのは、大手消費者金融ではアイフルが初でした。

2005年には弁護士や司法書士が中心となってアイフル被害者の会を結成。
その後、過払い金返還請求の訴訟も相次ぎ、アイフルは業績不振に陥ったのです。

これは大きな騒ぎとなり、アイフルは株価も暴落しました。

アイフルだけが攻撃対象になったのは、チワワをCMのキャラクターに使ったことが原因だという説もあります。
可愛らしいチワワのイメージが、現実の営業実態と大きくかけはなれていたからです。

業務停止命令を受けたあと、アイフルでは、法令順守と企業改革を行い、大きく変わりました。
当時と現在では、アイフルは大きく変わっているのです。

現在のアイフルは評判も良く、危険性はない

過去にアイフルによって怖い思いをした人がいたのは事実です。

しかし、現在のアイフルでは、そのような取り立ては行っていません。
柔軟性を持った審査を行い、確実に会員数を増やしています。

現在、アイフルは大手消費者金融の中でも業界第三位となっています。
本当に怖い会社なら、それほど会員数が伸びるはずもありませんよね。

アイフルの商品には、通常のカードローンのほか、

・女性向けのレディースローン「SuLaLi」
・不動産を担保とした事業サポートローン
おまとめローン

などがあり、多くの人に利用されています。

決して、怖いということはありません。

アコム・プロミス・アイフルの比較

代表的な消費者金融のアコム・プロミス・アイフルについて金利(年)、融資スピード、無利息サービスの各スペックを比較してみました。

融資スピードと無利息サービスは3社とも同様で、金利にわずかな違いがあるのみでした。 

アコム・プロミス・アイフルのスペック比較

アコム...金利:3.0~18.0%、融資:最短1時間、初回最大30日間の無利息サービスあり。
プロミス...金利:4.5%~17.8%、融資:最短1時間、初回最大30日間の無利息サービスあり。
アイフル...金利:3.0~18.0%、融資:最短1時間、初回最大30日間の無利息サービスあり。

アイフルへの誤解

過去に業務停止命令を受けたことから、アイフルに対して、
「怖い」
というイメージを持っている人は、おそらく、まだいることでしょう。

実際に怖い取り立てを受けてしまった人は、特に、そのイメージが残っているはずです。
そして、一度ついたイメージというのは、なかなかぬぐえないものです。

そこで「現在のアイフルは怖くない」ということについて具体的に説明し、誤解を1つずつ解いていきます。

もしも、アイフルは怖いと考えているなら、ぜひチェックしてください。

アイフルは闇金ではない

「アイフルは闇金だから危ない」といっている人がいるなら、それは大間違いです。
なぜならアイフルは闇金ではないからです。

闇金とは、金融庁に届け出を出さずに融資を行う業者のことです。
しかし、アイフルでは、もちろん、きちんと届け出をしています。

漫画などでは「お金を借りること自体がヤバイ」という印象を与えがちな作品が多くなっています。

お金の借り入れによって身を滅ぼすというような内容です。
その代表例といえるのが「闇金ウシジマくん」でしょう。
このような漫画が描いているのは、闇金業者が行う融資です。

しかしアイフルは、金融庁に届け出をしている正規の消費者金融です。

貸金業法という法律に基づいた範囲で営業をしています。

そのため、よほどのことがなければ、アイフルでの融資で身を亡ぼすということはありません。

金利は利息制限法の範囲内で適用される

融資を受ける際に返済負担に大きく関わってくる要素として「金利」が挙げられますが、アイフルで適用される金利は、利息制限法という法律で制限されている範囲内の金利となっています。

「トイチ(10日で1割の金利がつく)」
「カラス金(カラスがカアと鳴くと、1割の金利が付く)

というような、暴利をあらわす言葉があります。

このような金利でお金を借りるのは、確かに、かなりヤバイ状況です。

しかしアイフルの金利は、「3.0%~18.0%」となっています。
これは、ほかの大手消費者金融と同じ金利となっています。

長期間借り入れをしていたり、借入額が大きければ、利息もそれなりの金額になります。
とはいえ普通に利用しているだけでは、破産に追い込まれるようなことはありません。

怖い取り立てにあうことはない

「貸金業者が家や職場まで取り立てに来る」
「家に張り紙を貼られる」
「無関係な家族にまで返済を迫る」

そんな描写が出てくる漫画やドラマがあります。

しかし、アイフルをはじめとする正規の貸金業者を利用して、そのような目に遭うことはありません。

仮に返済が滞ったとしても、それは同じです。

滞納すると、確かに利用者には連絡が入ります。

しかし、それは電話や郵送物のみです。

職場や家に来て脅す、ということはありません。

貸金業法では、取り立てについても、厳しい制限があります。

そのため漫画やドラマのような怖い取り立てにあうことも決してありません。

滞納し、長期間連絡を無視し続けていれば担当者の訪問を受ける可能性はあります。

それでも、普通に利用している範囲では、そのようなことは起こらないのです。

実際のアイフルの取り立て

「返済できない」と聞くと、自宅や実家に頻繁に電話がかかってくるというイメージを描いている方も多いです。
もしくは、暴力的な男性が自宅に取り立てに来ると思われている事もあります。

ところでアイフルから融資を受けた後に、人によっては返済できない状態になっている事があります。

いわゆる滞納ですが、その場合はアイフルはどうなるのでしょうか。

結論を申し上げれば、アイフルで滞納しても暴力沙汰になる事はありません。
基本的には裁判になります。

暴力沙汰にはならない

アイフルなどの大手の消費者金融は、必ず貸金業法の下で事業を営んでいます。

それだけに、違法な形で返済催促を行わないようにしているのです。

ちなみに消費者金融を利用している方によっては、踏み倒そうと考えている事もあります。

そのような返済する気が全く無い人物の場合、暴力ではなく裁判によって解決していくことになります。

消費者金融と聞くと、暴力をイメージしている方も多いです。

それだけに「やばい」と思っている方もいますが、それより裁判になってしまう方が遥かにやばいと言えます。

返済さえ遅れなければ問題ない

アイフルに対しては、色々な口コミも投稿されています。
それを確認すると、「返済遅延によって電話や自宅に電話が来た」という情報はあるものの、「暴力的な人物が自宅に来て、脅されてしまった」という事実はありません。

確かに返済に遅れてしまえば、催促情報としてハガキは届きますし、督促の電話もかかってきます。

場合によっては職場にも電話が行きますし、自宅訪問もあります。

ですが、きちんと対応していれば問題ありません。

訪問されたとしても、暴力的な状況になる事はありません。

基本的には話し合いになりますし、期日までにお金を返済していれば、裁判などの面倒な状況にはなりません。

アイフルでやばい経験をした人の口コミを紹介

では、アイフルから実際にお金を借りている方々のやばい体験や、口コミや評判をまとめていきましょう。

アイフルは、やばい状況になる可能性はあります。

給料差し押さえもその1つです。
アイフルに対する返済を怠ってしまいますと、書面が届くのです。

その上で、給料の一部が差し押さえになってしまう事があります。
状況によっては、裁判沙汰になってしまう事もあるのです。

上記のような事態は、実際起こり得るのです。
それも含めて、やばい体験をした方の口コミをチェックしておきましょう。

体験談①差し押さえ

支払いに関する催促を無視してしまいますと、いずれ電話が来るようになります。

・メール
・携帯
・自宅
・会社

このような順番で催促が来ますが、それでも無視し続けてしまいますと、支払い催促状が送られてくるのです。

財産を差し押さえると明記された書類ですが、それも無視すると給料などを差し押さえられてしまいます。

口コミにも、「アイフルから法的な予告書が来て、最初は何なのか分からなかったものの、給料は差し押さえられてしまう」という実例もあるのです。

差し押さえられるのは手取り収入の4分の1

給料差し押さえになると、生活できなくなると不安になっている方もいますが、そもそも差し押さえには上限があります。

手取りの25%までに限定されるのです。
給料以外の財産などが差し押さえられるケースは、ほぼありません。

アイフルから借りた方の口コミを見ますと、「いくらか給料が差し押さえられた」という声はあっても、「家具や車を差し押さえられてしまった」という実例はありません。

ここまで読むと、「給料の一部のみ差し押さえられるなら、大丈夫だろう」と思われるかもしれませんが、そもそもアイフルに差し押さえられている時点で「やばい」状態になっています。

差し押さえは自分の信用に関わる

アイフルに給料を差し押さえられると、人間関係を築くのも難しくなってしまいかねません。

というのも、多くの企業の経理や総務の担当者の方々は、色々とチェックを行っています。

アイフルから差し押さえられたという事実も、簡単に発覚してしまうのです。

一旦その事実が発覚すれば、家族や同僚からの信用も失われてしまいかねません。

多くの方は、「借金している人物とは付き合いたくない」と考えていますし、社会的地位を回復するのも難しくなってしまいます。

体験談②アイフルとの裁判事例

アイフルに対する返済を怠ってしまうと、差し押さえや裁判になる可能性があります。

差し押さえの強制執行を受けてしまうと、執行官が自宅に訪問してきます。

給料以外の物も、色々値段を付けてきて差し押さえになってしまうのです。

給料を差し押さえられている時点で十分やばいですが、裁判になれば状況はエスカレートしてしまいます。

ちなみにアイフルは、よほどの事がない限り差し押さえにありません。

ですが、万が一差し押さえになった時には、大変やばい状態になっているのです。

返済遅延は本当にヤバい

現在のアイフルは、決して、ヤバい会社ではありません。

もしもアイフルを利用していて「ヤバい」となるとすれば、それは、

「返済を遅延しすぎて、支払額が大きくなり、支払えない」

ということくらいでしょう。

普通に契約をして、きちんと毎月返済をしているなら、決してヤバい事態に陥ることはありません。

そのため、絶対に返済は遅延するべきではありません。

返済遅延すると、負担が大きくなる

アイフルを含む消費者金融では、指定期日までに返済をしないと日数に応じて、
「遅延損害金」
というものが生じます。

この遅延損害金も、利息のように元金に一定の金利をかけて計算します。

ただし、通常の金利よりも高くなっているのが特徴です。
それにより、遅延損害金が発生すると、返済の負担が大きくなってしまいます。

返済が遅延してしまうと、余計な利息まで払わなくてはならない、というわけですね。

とはいえ、この遅延損害金も、利息制限法の範囲内です。

きちんと返済していれば、何もヤバいことにはなりません。

ヤバい状態になるかどうかは、利用者自身が決めること、ともいえます。

信用情報に記録が残ると、他のローンに悪影響が出る

「収入が下がってしまい、返済が遅れがちになってしまった」

という人もいるかもしれません。

しかし、どのような理由であっても、返済を延滞するのは、おすすめできません。

なぜなら、延滞してしまうと、それが信用情報機関に登録されてしまうからです。

この信用情報とは、クレジットやローンの申し込みに大きく影響します。

延滞の情報が登録されると、その情報がしばらくの間、信用情報機関に残ることになります。

すると、新しいローンが組めなくなったり、利用限度額が引き下げられたりすることがあるのです。

仮に延滞せざるを得ない状況に陥っても、なるべく短期で解消できるようにしなくてはなりません。

督促されて最後は裁判沙汰に

銀行や、貸金業者は、信頼関係に基づいて契約を結び、融資をします。

この融資を受けるためには審査を受ける必要があります。
しかし審査に通れば、誰でも気軽にカードローンが利用できます。

このとき借りたお金を、返済せず放置するのは大変危険です。

なぜなら、消費者金融は、まったく返済しない債権者に対して、支払いの督促をしたり、民事訴訟を起こしたりすることがあるからです。

訴訟を起こされると、新たな借り入れができなくなるどころか、財産や給与が差し押さえられる可能性があります。

これは、住宅ローンや教育ローン、車のローンでも同様です。

アイフルで返済が遅れそうなときは

それでは、アイフルで返済が遅れそうな場合は、どうするのが正解なのでしょうか。

大抵の場合、事情があって返済が遅れるときというのは、あらかじめ、返済日までに返せないことが分かっていることでしょう。

そんなときは、事前に、アイフルの担当者に電話で連絡し、対応を相談するのがベストです。

「普段はきちんと返済していて、突発的に何か事情があって返済日に返せないが、入金があったらすぐに返済する」

ということであれば、カードローンが利用停止にされる可能性も低くなります。

このとき、返済期日を過ぎてからではなく、事前に自分から連絡をしましょう。

アイフルでやばい経験をしないためにできること

上述の通り、アイフルでは暴力的な取り立ては行っていません。
まして暴力的が人物が訪問してくる事はなく、基本的には話し合いになるのです。

その反面、給料が差し押さえられる可能性はあります。また裁判にまで発展する可能性がある点も、ご理解頂けたと思います。

では、そのような体験をするのを避けるには、どうすれば良いのでしょうか。

ここでは、アイフルのやばい体験を回避するポイントを解説していますので、参考にして下さい。

しっかりと返済計画を立てる

面倒な状況になってしまうのを避けたいなら、まず計画を立てましょう。

返済計画を立てておけば、トラブルになってしまうのを避ける事ができます。

ちなみにアイフルの公式サイトには、返済シミュレーションというサービスがあります。

今後の返済計画を立てるためのサービスですが、それも活用して遅延になってしまう事だけは避けましょう。

逆に、無計画に何となくアイフルを利用していると、面倒な状況になってしまう可能性がありますから、気をつけましょう。

銀行カードローンの難点

実際のところ、現在は消費者金融よりも銀行カードローンの方が人気があります。

銀行から借りているという安心感がその大きな理由です。

しかし、銀行カードローンは規制が厳しくなったことにより、審査基準も厳格されてきていて以前より審査に通過しにくくなりました。

また、反社会勢力への融資を防ぐため、申し込み者を警察庁のデータベースで紹介しなければならなくなり、即日融資が不可能になってしまいました。

そのため、即日融資を受けたい方や銀行カードローンの審査に通れない方にとって、消費者金融は魅力的になっています。 

金融業者の呼び方

一般の利用者がお金を借りることができる金融業者には、いろいろな呼び方があります。

この記事で使ってきた「消費者金融」や「サラ金」という呼び名の他にも、「街金」、「闇金(ヤミ金)」といった呼び名があります。

最後に「消費者金融」は「サラ金」、「街金」、「闇金(ヤミ金)」とは違ったクリーンな金融業者であることを確認するために、「消費者金融」、「サラ金」、「街金」、「闇金(ヤミ金)」の意味をそれぞれ解説します。 

サラ金

「サラ金」「サラリーマン金融」の略で、その名の通りサラリーマンが主な利用者であったことからこう呼ばれるようになりました。

昔は「消費者金融」という呼び名はなかったため、消費者金融の始まりがサラ金であると言えます。

しかし、かつてのサラ金と現在の消費者金融は全くの別物になっています。

最も大きな違いは金利で、過去のようなグレーゾーン金利はなくなり、明確に法律で上限金利が規制されるようになりました。 

消費者金融

「サラ金」が法律によって厳しく管理されるようになったのが「消費者金融」です。

かつてのようにサラリーマンが主な顧客ではなく、自営業や主婦など融資のターゲットが幅広くなったことから、サラリーマンに代わって消費者という言葉が使われるようになりました。

消費者金融業者は、行政に届け出して正式に認可されているので安心して利用できます。

アコム・プロミス・アイフルなどが、代表的な消費者金融として一般に広く認知されています。

街金

「街金」「街金融」「街角金融」の略です。

消費者に身近な金融機関であることから、こう呼ばれるようになりました。

街金も消費者金融ですが、比較的中小規模の業者が街金と呼ばれます。

街金も行政に届け出して正式に認可されている業者がほとんどですが、中には悪質な業者や法律のグレーな部分を利用している業者もいます。

大手の消費者金融の審査に落ちてしまった人でも借りることができると言っている街金もありますが、利用する際には注意が必要です。

闇金(ヤミ金)

「闇金」「闇金融」の略で「ヤミ金」とも呼ばれます。

名前の通り法律を守っていない金融機関で、犯罪グループであるとも言えます。

中には暴力団とのつながりがある業者も存在します。
金利は違法に高く、取りたても強引で、かつての「サラ金」に近いです。

消費者金融や街金でお金を借りられなかったからといって、闇金に手を出すのは危険です。

前述のようにアコムやアイフルがやばいという噂がありましたが、本当にやばいのは闇金です。

アイフルは安心で健全な大手消費者金融です

かつて問題が生じたこと自体は否定しません。

ADR企業再生によって、アイフルは大きく生まれ変わりました。

現在、アイフルは、東証一部上場企業です。
本当にヤバイ会社なら、上場することはできませんし、株価が上がることもないでしょう。

貸付残高の伸びも良く、会員数も順調に増加しているアイフル。
これらの状況から、アイフルの人気が高まっている、と考えることができます。

アイフルを利用して怖い目に遭うということはありません。
これから消費者金融への申し込みを考えているなら、アイフルの利用を検討してみてはいかがでしょうか。