最終更新日:2019年03月04日

アイフルの審査基準は厳しい?審査の流れと落ちてしまう人の5つの共通点

アイフルなどのカードローンで借り入れをするためには、審査を避けて通ることはできません。
クレジットカードを発行するのにも審査はありますが、やはり、カードローンとなると審査基準が厳しそうで通るかどうかが不安ですよね。

そこで、この記事ではアイフルの審査基準と、審査の流れ、どのような場合に審査落ちしてしまうのかについて説明していきます。

はじめてカードローンを利用する人、他の消費者金融に申し込んだが審査に落ちてしまった人はどのようなポイントが見られているかを把握して、万全の準備をした上で申し込みをすると良いでしょう。

アイフルの審査に通過するための最低限の条件とは?

カードローンの審査では複数の項目から総合的に融資できるかどうかを判断されます
ですが、最低限の申し込み条件というものもあり、それを満たしていない場合には何度申し込みをしても審査に通過することはありません。

アイフルの申し込みで絶対にクリアしておくべき条件は以下の2つです。

アイフルの申込条件

  1. 年齢が満20歳以上69歳までであること
  2. 定期的な収入と返済能力があること

未成年のかた、70歳以上のかたは融資対象から外れるので、いくら収入が多くても審査に通ることはありません。
また、年齢が融資対象の範囲内でも、無職で収入がないのであれば審査に通過することはないのです。

最低限の申込条件を満たしているかは1秒診断でチェック

アイフルの審査に通るための最低限の条件を満たしていなければ、何度申し込みをしても意味がありません。

そこで便利なのが、本申込をする前に審査結果を診断できるアイフルの「1秒診断」というサービスです。
年齢、雇用形態、年収、他社借入金額の4項目を入力すれば、審査に通るかどうかの診断をしてくれます。
入力した内容をもとに自動的に診断結果を出すので、100%正確というわけではありませんが、「融資不可」の結果が出たのであれば申し込みをしても融資を受けられない可能性が高いでしょう。

反対に、「融資可能」という結果であれば、本審査にも通過できる可能性が十分にあります。
はじめてカードローンの申し込みをするのであれば、まずは1秒診断の結果を見てから手続きをすると良いでしょう。

ただ、実際の審査では1秒診断よりも多くの情報をもとに融資できるかを判断していきます。
そのため、「融資可能」という結果を得ていても、実際の審査で落ちてしまうこともあるのです。

次に、どのような場合にアイフルの審査に落ちてしまうのかを見ていきましょう。

アイフルの審査に落ちてしまう人の5つの共通点

アイフルの審査に通らない人の5つの共通点について説明していきます。

①無職で収入がない場合

アイフルなどのカードローンは保証人不要なので、申込者本人に返済する力があるかどうかがとても重要です。
そのため、無職で収入がまったくない場合にはアイフルの審査に通過することはできません。
1秒診断でも年収の項目を「0万円」で診断すると「融資不可」のメッセージが表示されます。

中には、働いていると嘘の申し込みをすることを考えてしまう人もいるかもしれませんが、審査の途中でバレてしまうでしょう。
カードローンの審査では安定した収入があることを確認するために、申告された職場に本当に勤めているかを電話連絡でチェック(在籍確認)をするのです。

②職場への在籍確認ができない

無職のかたとも関連しますが、本当に働いていても在籍確認によるチェックができないと審査には通りません。

例えば、夜の仕事や日雇い労働で収入を得ている場合には、勤務先に連絡をしても在籍確認ができないことがあります。

また、会社によっては仕事と無関係な従業員への電話は取り次がないということもあります。
この場合も、在籍確認ができずに、融資不可となる可能性が高いです。
もし、働いているのに在籍確認が難しいという状況なら、申し込み後にアイフルへ連絡して相談してみると良いでしょう。

働いていることが証明できる書類(給与明細書や社会保険証など)の提出で、電話での在籍確認の代わりとしてくれることもあります。

③信用情報に傷が付いている

1秒診断では信用情報のチェックは行いませんが、本申込になると必ず信用情報もチェックされます。
信用情報には、これまでのカードローンやクレジットカードの利用状況が記載されており、アイフルは申込者の他社での利用状況についても把握することが可能です。

例えば、ほかのカードローンを延滞していて、返済のためにアイフルに申し込みをしたとしましょう。
延滞があると、その情報は信用情報機関が保持しているデータに記載されます。
その情報は加盟しているほかの金融機関も確認できるので、アイフルに申し込みがあった場合には、延滞の記録が信用情報機関を通して共有されるのです。

他社への支払いが遅れているなど信用情報に傷がついていると、アイフルの審査に通ることはないでしょう。

④他社借入があり総量規制に該当する

返済に遅れはなく、信用情報に傷が付いていない場合でも、法律によって貸し付けが制限されてしまうケースもあるので注意しましょう。
消費者金融は、貸金業法という法律に則って業務を行なっています。
その中には総量規制というルールがあり、年収の1/3を超えるような貸し付けを行なってはいけないとされているのです。
もし、この法律に違反した場合には、貸した側である金融機関が処分の対象となります。

そのため、消費者金融は貸し付けするかどうかや、貸し付けする金額を決定する前に申込者の年収だけでなく、他社から借りている金額も把握しなくていはいけません。
信用情報には他社との契約内容も記載されているので、申込者が借りることのできる限度額を計算した上で、今回の契約で総量規制に該当しそうな場合には、審査に通さないのです。

⑤短期間で複数社に申し込みをしている

さらに、信用情報を見れば過去半年間に申し込みをしたカードローンの件数も分かります。
そのため、短期間に何社にも申し込みをしていると「どこでも良いから借りたいと思うほど、お金に困っている」という印象を金融機関に与え、審査にマイナスの影響がでることがあるのです。
カードローンの審査に落ちてしまうのには何かしらの理由があるはずなので、1社目に落ちた場合に立て続けに申し込みをするのは逆効果だと言えます。

申し込みの情報は、6ヶ月後には信用情報から削除されるので、その期間が経過するのを待ってから再申し込みをするようにしましょう。

アイフルの審査でチェックされる3つのポイント

ここまでの内容を踏まえて、一度、アイフルの審査に通過するための条件をまとめていきます。
アイフルの審査でチェックされるのは、大きくは以下の3つのポイントです。

3つのポイント

信用情報
他社借入金額
年収などの属性

信用情報に問題がある場合にはアイフルに限らず、ほかのカードローンの審査に通過することもできないでしょう。
また、消費者金融からの借り入れは総量規制の対象なので、年収の1/3を超えるような場合にも融資は不可です。
そして、「働いていて収入があること」というのが最低限の条件にはなりますが、働いていれば誰でも借りられるというわけでもないので注意してください。

これらの条件を満たした上で、アイフルは融資できるのか、限度額はいくらまでかを審査によって決定していくのです。

年収だけじゃない?アイフルの審査でチェックされる属性情報とは?

属性とは、申し込みの際に申告する年齢、収入、職業、住居、家族などの情報を言います。
カードローンの審査には収入が一番重要だと思うかもしれませんが、収入に限らず、複数の項目をもとに総合的に審査結果を判断しています。

具体的な審査基準に関しては非公開ですが、収入であれば少ないよりは多い方が有利であることは間違いありません。

様々な項目がある属性の中でも、収入と勤務先(職業)が重要だと言われています。

収入は安定しているかが最優先

収入は大きさよりも、安定しているかどうかが大切です。利用した金額を一括で引き落としするクレジットカードとは違い、カードローンは毎月の返済金額を小さくする分、完済までに数ヶ月、数年かかることもあります。

そのため、月給はそこまで大きくなくても、安定して毎月給料を貰っていることの方が重要なのです。

離職のリスクが低い方が審査では有利

また、職業は解雇のリスクが小さい公務員の方が有利で、その次に上場しているような大企業、中小企業と続いていきます。

雇用形態もアルバイトやパートなどの非正規労働者ではなく、正規雇用されている方が好ましいです。

ただ、どのような場合でも共通するのが勤続年数が短いと審査に落ちる可能性が上がるということです。

特に離職率が高いアルバイト勤務などの場合には、「今は働いていても、すぐに辞めて返済ができなくなるのでは?」と判断される危険性があります。

一般的には、最低でも半年間、できれば1年以上の勤務実績があった方がカードローンの審査では有利になると言われています。

自由にできるお金は収入以外からでも分かる

カードローンを申し込むときには、持ち家か賃貸か、一緒に住んでいる家族は何人いるのかなども申告します。

なぜ、このようなことも申し込みに必要なのかというと、場合によっては収入が多くても、自由にできる金額は少ない可能性があるためです。

1)賃貸よりも持ち家の方が有利

賃貸マンションやアパートで生活をしていると家賃を払わなくてはいけません。そのため、収入は一緒でも、持ち家で暮らしている方が自由にできるお金が多い可能性があるのです。

2)同一生計の家族は少ない方が有利

独身で一人暮らしをしている場合には、働いて得たお金は自分のためだけに使えますよね。ですが、結婚していて配偶者や子供がいる場合には、全額を自分のためだけに使うことはできません。養う家族が多いと、その分、自由にできるお金は少なくなるのです。
また、両親と一緒に実家に暮らしているという場合には、同一生計ではないので影響はありません。

3)定年が近い場合は審査で不利

カードローンの審査で年齢は融資対象の範囲内であれば、大きな影響はありません。ただ、定年が近いと考えられる年齢の場合には審査で不利になるケースもあるのです。
アイフルは69歳までであれば申込条件を満たしていますが、70歳になった段階で追加借入はできなくなります。そのため、年齢によっては、契約はできても限度額は小さいという可能性もあるので覚えておきましょう。

アイフルの審査に通過するための安定した年収っていくら?

アイフルでは、年収が高額でなくても、安定していれば借り入れできる可能性がありますが、具体的には毎月どのくらいの収入があれば基準を満たしているのでしょうか?

この疑問はみなさんが気になる部分だと思いますが、残念ながら「○○万円」という具体的な数字が公開されているわけではありません。

総量規制の影響を受けるので、今の年収の1/3までの融資は法律上はできますが、実際に総量規制のラインぎりぎりまで借りられるケースは少ないので注意しましょう。

ただ、アイフルはアルバイトによる安定収入があれば学生でも申し込みができます。

学生の場合だと両親の扶養から外れない範囲でバイトをしていることがほとんどだと思うので、年収が100万円くらいでも融資を受けられる可能性はあります。

もちろん、年収が低いと審査に通過しても限度額は小さい可能性が高いですが、収入が低いからとアイフルへの申し込みを諦める必要はないのです。

アイフルの審査で収入に含まれるものと含まれないもの

アイフルに申し込みをする際には年収を申告しますが、その中には仕送りや年金などの労働以外で得たお金は含まれないので注意しましょう。

ほかにも、株式やFXなどの投資で得た一時的なお金もカードローン審査における年収には含まれません。

1)給与所得者の場合には源泉徴収票を確認

会社から給料をもらっている給与所得者の場合には、源泉徴収票に記載されている支払い金額が年収にあたると考えてください。

もし、アルバイトを掛け持ちしていて複数の会社から給料をもらっているなら、それらを合算した金額が年収になります。

2)自営業者の場合には確定申告書を確認

また、自営業者の場合には毎年確定申告をしているはずなので、税務署に提出した確定申告書の写しで年収を確認しましょう。

年収は1万円単位で申告する場合がほとんどなので、1万円未満は切り捨てます。

収入証明書類は提出しなくても大丈夫な場合もありますが、正確な数字で申し込みをした方が良いでしょう。

簡単に職業や雇用形態でアイフルから融資を受けられるかどうかをまとめると、以下のようになります。

アイフルの審査に通る可能性がある人・ない人
職業・雇用形態 審査通過の見込み
正社員
公務員
自営業者
アルバイト・パート
契約社員
派遣社員
学生
年金受給者 ×
専業主婦(主夫) ×

※アルバイトなどで収入がある場合には大学生のかたでも申し込み可能です。また、年金のみのかたは申し込みはできません。

アイフルの審査の流れ|申し込みから借り入れまで

アイフルでの申し込みから、審査を経て、借り入れできるまでの流れについて説明していきます。

アイフルに限らず、多くのカードローンの審査は以下のような流れで進んでいきます。

アイフルの審査の流れ

  1. 申し込み
  2. 必要書類の提出
  3. 審査
    1. 在籍確認
    2. 信用情報の確認
  4. 審査結果の連絡
  5. 契約手続き
  6. 借り入れ

この流れの中で、審査と審査結果の連絡はアイフル側の手続きが、それ以外は申込者が行うことになります。

それでは、それぞれの項目についてより詳しく見ていきましょう。

1.申し込み

アイフルでは自動契約機や店舗で申し込みを行うこともできますが、インターネットから申し込みをするのが一番スムーズで簡単でしょう。

24時間いつでも申し込みができますし、この後の必要書類の提出もネットで行うことができます。

2.必要書類の提出

アイフルの申し込みには、本人確認書類と収入証明書類の2つが必要です。

本人確認書類は、運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどの顔写真付きの書類であれば1枚で大丈夫です。もし、健康保険証などの顔写真がない書類しかない場合には、別途、住民票などの別の書類も必要になります。収入証明書類は、次のケースに該当すると提出が必須です。

収入証明書類が必要な2つのケース

1.アイフルと50万円を超える限度額で契約をする場合
2.他社借入を含めて100万円を超える借り入れになる場合

総量規制によって以上の場合には収入を確認できる書類の提出が義務付けられています。

ほかにも、アイフルが勤務先や年収を確認するのに必要だと判断した場合にも提出が求められるケースがあります。

3.審査

必要な書類の提出が済んだ段階で審査が開始されます。

申込内容をもとに審査を進めていきますが、審査の中では「在籍確認」と「信用情報の確認」の2つも行われるのです。

どのタイミングでこれらが行われるかは金融機関によっても異なりますが、申し込みが完了してから審査結果の連絡までの間というのは共通しています。

3-1.在籍確認

在籍確認では、申込情報に記載されている職場に電話連絡をして、本当に勤務しているかをチェックされます。

在籍確認は担当者の個人名で電話をするので、「アイフル」という名前を出したり、カードローンの在籍確認であることを申込者以外に伝えることはないので安心してください。

また、勤務していることの確認が取れれば良いので、「○○はただいま席を外しております。」などの返答でも問題ありません。

本人がいなくても在籍確認はできるので、職場に電話を受けられる人がいるのであれば大丈夫です。

3-2.信用情報の確認

カードローンの申し込みがあると、信用情報の照会をして延滞など問題を起こしていないかをチェックされます。

信用情報にはクレジットカード、スマホや家電の分割払い、住宅ローン、自動車ローンなどの利用状況も記載されているので、カードローン以外のことが原因でアイフルの審査に落ちてしまう可能性もあるのです。

4.審査結果の連絡

審査が完了するメールや電話で審査結果の連絡があります。

アイフルの審査はスピーディなので、早ければ申し込みから審査結果の連絡まで最短30分です。

審査状況によってはもっと時間がかかってしまいますが、ネットから申し込みをした後に、受付完了メールに記載されている電話番号に連絡をすると優先的に審査をしてくれます。

ネット申し込みは24時間可能ですが、審査回答時間は平日、土日・祝日ともに9:00〜21:00までです。

21:00を過ぎると、翌営業時間内の審査結果通知になるので、早めに審査結果を知りたい場合にはネット申し込みの後に電話を入れておくと良いでしょう。

5.契約手続き

無事に審査に通っていれば、契約手続きができます。

ネット申し込みをしても、すぐにローンカードを発行したいという場合には自動契約機へ行きましょう。

審査は済んでいるので、自動契約機では契約手続きとカード発行だけを行います。

ローンカードを利用せずにカードレスで借り入れ、返済をする場合には、そのままネット上で契約手続きをすることも可能です。

6.借り入れ

契約を完了すれば限度額の範囲で借り入れができます。

ローンカード、振り込み、スマホATMなど都合の良い方法で借り入れをしましょう。

以上がアイフルの審査の流れになります。

カードローンの申し込みでは色々な項目を入力しなくてはいけないので、初めは大変かもしれませんが、スムーズに進めば申し込みから借り入れまで1時間程度でできます。

もし、アイフルの審査に落ちてしまうと、新たな借入先を検討したり、また申込内容を入力したりと大変です。

審査である以上、絶対に通過できるということはありませんが、できるだけ審査通過率をあげるためのポイントというものは存在します。

アイフルの審査に落ちないためのポイントとは?

アイフルの審査に落ちないためには、次の3つのポイントを意識しましょう。

1.限度額は必要最低限にする

カードローンの審査は希望する限度額が大きくなればなるほど、審査基準は厳しくなります。

アイフルの商品自体の限度額は、最大800万円までと高額ですが、初回から限度額が100万円超で契約できる人というのはあまりいません。

多くの場合は、10万円〜30万円くらいで契約をして、返済実績ができると徐々に増額ができるのです。

遅れなく返済していれば増額できるチャンスは来るので、初めてカードローンを利用するなら特に必要最低限の希望限度額で申し込みをした方が良いでしょう。

2.申込内容は正確に入力する

当たり前のことですが、カードローンの申込内容は正確を期すようにしてください。

カードローンの審査では、年収などの情報も当然チェックされますが、滞りなく返済してくれると信頼できる人物かどうかも見られます。

そのため、故意でなくても、誤った情報で申し込みをしてしまうと、それが原因で審査に落ちることも十分に考えられるのです。

スマホやパソコンから手続きをすれば、スムーズに入力できますが、必ず入力した内容をよく確認して間違いがないかをチェックしてから申し込みを完了させましょう。

3.勤続年数は半年以上になってから申し込みをする

もし、アルバイトを始めたばかり、転職したばかりなら勤続年数が原因で審査に落ちてしまう可能性があります。

働き始めたばかりで勤続年数が1年未満の場合には、審査では不利になると言われています。

希望限度額を小さくするなどで対策をすることはできますが、少なくても半年以上は今の職場で勤務してからカードローンの申し込みをした方が安心でしょう。

アイフルの審査は別のカードローンの審査よりも厳しい?

アイフルの審査基準は、同じ消費者金融のカードローンと比較すると特別厳しいものでも、甘いものでもありません。

多くの消費者金融は株主などへ向けた情報(IR)の中で、どのくらいの申し込みがあり、どの程度の割合が契約に至ったのかなどを公開しています。

アイフルの2018年4月から2018年9月までの半年間の新規申込者と新規契約者数の割合は以下のようになっています。

アイフルの新規成約率
年月 新規申込件数 新規契約者数 成約率
2018年4月 40,402 18,155 44.90%
2018年5月 43,090 20,779 48.20%
2018年6月 32,585 15,059 46.20%
2018年7月 33,217 15,037 45.30%
2018年8月 38,646 17,776 46.00%
2018年9月 41,314 19,127 46.30%

引用元:アイフル月次推移(2018/4〜2019/3より)

2018年上半期の平均成約率は46.2%なので、2人に1人くらいは審査に落ちてしまっていることが分かります。

アイフルに限らず、そのほかの大手消費者金融についても概ね同じような成約率になっており、誰でも審査に通るわけではないと言えるのです。

ただし、この中には審査に通っていても契約しなかった人や、そもそも申し込み条件を満たしていなかったような人も含まれます。

記事の前半でも説明をしましたが、まずは最低限の申込条件を満たしているかを「1秒診断」で確認することをおすすめします。

銀行カードローンの審査はアイフルよりも厳しい?

大手消費者金融とアイフルの審査基準を比較すると、大きな差はないでしょう。

ですが、カードローンのサービスを提供しているのは消費者金融だけではなく、銀行カードローンなども存在します。

銀行カードローンでも、見られるポイントはアイフルなどの消費者金融と一緒ですが、融資を受けられる基準はより高いと言われています。

そのため、消費者金融の審査に通った人でも、銀行のカードローンの審査には通らないということも良くあるのです。

銀行のカードローンは消費者金融よりも金利が低い傾向にありますが、その分、審査のハードルは高いと考えてください。

銀行カードローンの多くは、アイフルの1秒診断などのような事前診断のサービスもないので、初めてお金を借りるかたは消費者金融を選ぶと良いでしょう。

アイフルの審査に落ちたら中小カードローンを選ぶべき?

一般的には、アイフルなどの大手消費者金融よりも規模の小さな消費者金融の方が審査が甘いと言われています。

ただ、信用情報に問題があったり、そもそも収入がなかったりする場合には金融機関の規模に関係なく審査には通らないでしょう。

中小カードローンなら審査基準が大幅に甘いというわけではないので、もしアイフルの審査に落ちてしまったら、まずは、なぜ審査に通らなかったのか原因を把握すべきです。

改善の余地があれば、審査に落ちてしまった原因を解消した上で、アイフル、もしくは別の大手消費者金融への申し込みを検討してください。

アイフルの審査に一度落ちても、今後申し込みができないわけではないので、闇雲に申し込みをするよりも良いでしょう。

アイフルの審査は収入と信用情報が重要!1秒診断で最低限の条件を満たしているかチェック

アイフルの申し込みには、①年齢満20歳以上69歳まで、②定期的な収入と返済能力があることという2つの最低条件があります。

収入は絶対に必要なので、働いていないかたの場合には審査に通ることはありません。

ただ、高収入であることを求められたり、正社員でなくては審査に通らなかったりというわけではないのです。

重要なのは収入が安定していることなので、アルバイトやパート勤務のかたでも問題なく申し込みができます。

また、ほかのカードローンやクレジットカードを延滞していると信用情報に傷がついているためアイフルの審査には通りません。

信用情報には、スマホの端末代金の分割払いなどの情報も記載されているので、引き落としができていない月がある場合には要注意です。

もし、信用情報がどのように記載されているかを知りたいという場合には、自分の情報であれば開示請求をすることができます。

支払いが問題なく行われていれば「$」マークが記載されているはずです。

「信用情報に問題がなさそうだけど、やっぱり審査に通るか不安。」

という人は、アイフルの1秒診断をしてみましょう。

年齢、雇用形態、年収、他社借入状況の4項目を入力するだけで、審査に通るかを診断してくれます。

審査が不安なら1秒診断の結果を見てから、申し込みをすると良いでしょう。

初めてのカードローン申し込みだったり、一度審査落ちしていたりすると不安なことは多いでしょうが、どのようなポイントが見られるのか把握しておくことで審査落ちのリスクを小さくすることはできます。

1秒診断などで審査に通過する見込みがあるかをチェックできたら、あとは入力内容に間違いがないかをよく確認した上で申し込みをしましょう。