最終更新日:2020年02月18日

アコムの審査通過率は?落ちた人には共通の特徴があった

アコムで借入をするための申込条件

アコムの貸付対象者は「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社の基準を満たすもの」と明記されています。申込条件としては20歳以上であることと、安定した収入があることが必要になります。安定した収入があることとは毎月給与が支払われる、正社員、契約社員、派遣社員、パート、アルバイトなど雇用体系に関わらず申込条件を満たします。一方で、個人営業や自営業、農林水産業などの仕事に就かれているかたも条件を満たしますが、毎月の収入が安定しないため審査は厳しいものになります。

3秒診断を試してみる!

貸付可能か不安な方は「アコム」公式ページにある「3秒診断」を利用してみるとよいでしょう。「年齢」・「年収」・「カードローン他社借り入れ状況」の3点を入力するだけで3秒診断がなされます。

アコムの審査通過率はどのくらい?

アコムの審査は一般に甘いと言われていますが、利用する側から見ればそうでもない実情があります。審査通過率は45%から50%を推移しています。同業他社と比較するとやや高い傾向があります。他社との比較の上で、若干審査通過率が高いため「アコムの審査は甘い」と言われているのです。申し込みをした約半数以上の人が審査で落とされている現実からも誰でも簡単に審査を通過するのではないことが分かります。厳しい現実があるのは事実です。

アコムで行われる審査について

アコムのカードローンに申し込むと、アコム側で審査を行った上で融資できると判断された場合にのみ契約して融資が実行されます。その審査は何のために行われるのか簡単に一言で申し上げますと「返済能力の有無」をはかるために行われます。お金を貸しても返ってこない人だったらただ金融機関側が損をするだけです。そのようなことがないように、収入を得ていて、これからもその収入が続いていくだろうと信用できる人だけに融資が行われるようにしているのです。

スコアリングシステムを用いたスピード診断

アコムのカードローンの審査ではスコアリングシステムというものが導入されています。審査の前に申し込み段階で年収、勤務先、収入、居住タイプ、家族構成など様々な個人情報を申告するようになっていますが、これらが返済能力としてはどのように評価されるのかをスコアリングして、より客観的に融資するかどうかを判断することができるようになっているのです。ちなみにこれはコンピューターによって自動的に算出されるので、スピーディー、かつ客観的なものとなっています。

アコムの審査におけるさまざまな疑問!

「アコム」に申し込みをしようと思うけど、審査があると考えると不安になります。あれは大丈夫だろうか、これは問題ないだろうかと小さな疑問がいくつか浮かんできます。そもそも審査通らないのに申し込みをして、審査落ちのショックを受けたくないし、でも借りたいしと追い詰められた状態で不安が増すのは普通のことです。そんな状況にならないためにもよくある疑問を解決しておきましょう。何事も事前に確認しておくことは大切です。

パートやアルバイトの人も申し込みできる?

雇用形態は確かに正社員、契約社員といった形で働いている人の評価が高いのは事実です。派遣、パート、アルバイトといった形態で働いている人は大丈夫かと不安もあるでしょう。
「アコム」では「安定した収入」を重視しますので、アルバイトでもパートでもこの要件を満たせば問題なく申し込みができます。アルバイトでもパートでも同じ勤務先で複数年継続して勤務しているようならさらにプラス要素になります。公式ホームぺ時にもアルバイト、パートでも申し込めると記載してあります。 

水商売だと審査が通りづらい?

水商売の場合は審査は厳しい現状があります。その理由は、月の収入の変動が大きい業種という評価がされているためです。
「アコム」の申込書の職業選択の欄には「スナック」という選択肢もあるので近いと思われる業種を選択するのが良いでしょう。また、在籍確認の電話を夜してもらう必要がある場合などはそのことを「アコム」に事前に伝えておくといいでしょう。
水商売の審査は、厳しい現状がありますが、審査に通らないわけではありません。

アコムを利用するとマイカーローンや住宅ローンに影響する?

「アコム」を利用していてもマイカーローンや住宅ローンには大きな影響がありません。ただし、滞納をしてしまうとその限りではなくなります。滞納をすると個人情報機関にその情報が記録されます。マイカーローンや住宅ローンに申し込みを行うと審査時にこの情報が閲覧されるためです。
また、マイカーローンや住宅ローンを組む場合は「返済負担率」が審査対象になります。「アコム」返済も返済する金額に含まれるので審査上は不利になります。 

契約後に限度額増額や契約内容の変更は可能?

契約日から6カ月以上を経過していれば、利用限度額の増額を検討してもらえます。滞納がないこと、確実に元本が減額されていることなどが重要です。滞納があった場合は増額してもらえない可能性が高くなります。余裕のある時は、金額を上乗せして返済するなどしていれば、審査上も有利に働きます。
増額を希望する場合は、電話で相談するか、インターネットで増額の申込をすることになります。安易に増額をするのではなく、計画性をもって増額をすることをお勧めします。

30日間無利息期間とは?

「アコム」初めて利用する人に向けたサービスです。契約日の翌日から30日間は、金利なしでお金を借りれるサービスです。30日を経過するとそこから利息が生じます。ただし、「アコムACマスターカード」でのショッピング利用はこのサービスはありません。キャッシングのみのサービスです。30日無利息は20万円借りた場合は、3,000円得する計算になります。このようにこのサービスを利用すると意外と大きな金額得することになります。

アコムACマスターカードとは?

消費者金融では珍しいクレジットカードです。ただし、一般のクレジットカードなどの様にポイントがたまる、マイレージが貯まるなどといったサービスは付加されていません。
通常のクレジットカードの場合、ショッピング枠とキャッシング枠があり、ショッピング枠だけにすることもできますが、「アコムACマスターカード」はショッピング枠だけにすることができません。あくまでもキャッシングありきの珍しいクレジットカードなんです。

アコムで審査落ちする理由

審査に落ちるのには理由があります。審査落ちた理由を見てみると次のようなことが考えられます。

・過去に金融事故を起こしている。
・他社を含めた貸付残高が年収の3分の1を超えている。
・他社借入件数が3社〜4社以上ある。
・在籍確認が取れていない。
・短期間で複数の金融機関に申し込んでいる。
・本人確認書類や収入証明書類に不備がある。
・親や友人に借金を返済してもらった経験がある。
・詐欺や集団名義貸しで収入を得ている
・申込内容に虚偽申告・記入ミスがある。

主な理由は上記の9つの理由が中心です。一つでも当てはまれば審査に落ちる可能性が高くなります。複数当てはまるようであれば審査通過は望めないと言えます。

金融事故の経験がある

金融事故とは2カ月から3カ月の長期延滞、代位弁済、債務整理(自己破産・個人再生)、強制解約、貸付自粛依頼などのことを指します。過去5年以内にこのような金融事故を起こしている場合は審査には通りません。
金融事故を起こすとその情報は個人情報機関に記録されることいなっています。この情報は各金融機関で共有されているので「アコム」以外でも同様の結果になります。
この登録された情報は個人情報機関「シー・アイ・シー(CIC)」「日本信用情報機構(JICC)ともに開示請求を行うことで確認ができます。

年収の3分の1を超える他社借入残高がある

消費者金融からの借り入れは、貸金業法で定められた総量規制の対象となります。「借入金の合計が年収の3分の1を超えない。」ことが定められています。
「消費者金融」「クレジットカード会社」「信販会社」などは貸金業者といわれ、この総量規制内での融資しか認められていないのです。ちなみに「銀行」は含まれません。ですから、他社を含めた借り入れ額が年収の3分の1を超えていれば審査は通らなくなります。また、「アコム」を初めて利用する場合などは、年収の3分の1の金額が貸付限度額になります。

他社借入件数が3社以上ある場合

他社からの借り入れがすでに3社から4社ある場合はすでに総量規制の限度額を超えている可能性が考えられます。限度額を超えていれば、おのずと審査は通らなくなります。
また、複数の会社から借り入れを行っていることは、状況としてよいとは判断されず。「返済能力に疑問がある。」と判断されます。よって審査は通らなくなります。
中には4社以上の借り入れがあっても、収入が多く、返済能力があると判断される場合がない訳ではありません。しかし、これは稀な例だとの認識が正しいです。

在籍確認が取れない場合

在籍確認とは「アコム」に申し込みをした際に記入をした「勤務先情報」に誤りがないかを担当者が調査をすることです。通常は勤務先に「アコム」の担当者が個人名で電話を入れることで確認を行います。
そのため、「勤務先が実在しない。」「実際に勤務していない。」「病気や事故などで休職中である。」などが発覚した場合には審査は通りません。
嘘の情報を記入をしても、しっかりと確認を取りますので、結果として嘘はばれてしまいます。

複数の金融機関に短期間に申し込みしている

金融機関に借入の申込をすると個人信用機関に申し込みの記録が残ります。その為、短期間に複数の金融機関に申し込みをしている事実は、「アコム」をはじめ他の金融機関でもすぐに把握ができるようになっています。1か月のの間に4社〜5社の申込をすると「申し込みブラック」と呼ばれる状態になります。
短期間に複数の金融機関に申し込みをしているので「危ない」と判断され審査は非常に厳しくなります。
なお、申し込み情報は個人信用機関に約6カ月残ります。

収入証明書類・本人確認書類の不備

一般に収入証明は、「直近1カ月の給与明細書」「源泉徴収票」「住民税税額決定通知書」「所得証明書」「確定申告書」を指します。「アコム」では「50万円を超える利用限度額の申込」「他社を含めた借入総額が100万を超える」などの場合にこれらの収入証明の提出を求められます。
また、個人事業主や自営の方は「30万を超える利用限度額の申込」で同様に収入証明書類の提出を求められます。
本人確認書類とは、「運転免許証」「健康保険証」「パスポート」「マイナンバーカード」などになります。外国籍の方は「在留カード」「特別永住者証明書」が必要です。
運転免許証記載の住所と現住所が違うなどは、審査落ちの可能性が生じてしまいます。本人確認書類なので顔写真が必要ですが、顔写真がない場合も同様の可能性が生じます。

親、友人に借金の返済をしてもらったことがある

消費者金融などでお金を借り、返済日に返済ができず滞納を繰り返し、その返済を親や兄弟、友人などの第三者が本人に代わってすることを代位弁済と言います。
過去に「アコム」を利用して代位弁済を行った過去がある場合は「アコム」に代位弁済との記録が残っています。そのためこのような過去がある場合には「アコム」の審査は通りません。この記録は社内の記録のため半永久的に消去されることがありません。
また、代位弁済の記録は個人信用機関にも5年間記録が残ります。その為、5年以上経過していないと他社での申し込みも通らないことになります。

詐欺や集団名義貸しなどで収入がある

暴力団などの反社会的勢力などに所属をしている人に「アコム」は融資をしません。同様に「詐欺」「集団名義貸し」などの犯罪行為で収入を得ている人には融資を行いません。
申し込みの際に確認が行われ、「アコム」が融資することが犯罪の助けになることを防ぐ目的があります。当然、暴力団組員などの情報は警察などから得られるようになっています。
反社会的勢力の撲滅、犯罪の撲滅に向けての金融機関が一体となって取り組んでいますので不法行為で収入を得ているような場合の融資は望めません。

申込内容に虚偽や記入ミスが多い

「どうしても借りたい。」と必要に迫られ、審査に通りたい一心で虚偽申告をする人がいます。虚偽申告は詐欺罪にも問われる可能性がある行為です。審査中に「アコム」で発覚した場合は、当然審査は通りません。
また、運良く審査を通って融資を得られたとしても、虚偽申告が発覚した時点で、残高の一括返済が明示されます。同時に詐欺として告訴される可能性があります。
記入ミスのある場合は「アコム」担当者から確認が入ります。事実確認ができれば問題がありませんが、あまりにもミスが多いと虚偽申告を疑われることになりかねません。
申込書は正確にミスなく記入する必要があります。

アコムの審査に落ちたが、お金が必要な場合

どうしてもお金が必要なのに「アコム」の審査に残念ながら落ちてしまった場合はどうすればいいのでしょう。打開策はいくつかあります。例えば、

・他の大手消費者金融カードローンに申し込む。
・銀行カードローンに申し込む。
・中小消費者金融に申し込む。
・再度アコムの審査を受ける。
・キャッシング以外の方法でお金を作る。

などが考えられます。打開策についても少し詳しく見ていって、自分に合った解決方法を探ることにしましょう。

他の大手消費者金融カードローンを利用する

「アコム」の審査に落ちてしまった場合はまずは、同業他社の大手消費者金融の申し込みを検討しましょう。審査の基準は会社によってそれぞれ異なります。そのため「アコム」がダメだったからもう借りれないというわけではありません。あきらめずに安心できる大手消費者金融をもう一社当たってみる事をお勧めします。
それでも短期間で複数の申込をするとマイナスになります。そのため1社程度にしぼって申し込みをすることをお勧めします。

成約率を公開している大手消費者金融もある!

大手消費者金融の中には成約率、つまりどれぐらいの割合で審査に通るのか情報公開しているところもあります。例えば、テレビCMでおなじみのプロミスのカードローンの場合、成約率は46.4%となっています。つまり申し込んだ人の半数近くは審査を通過しているということです。審査落ちを経験した人の場合は、大手消費者金融の中でどこの消費者金融が成約率が高い、つまり審査を通過し融資を受けることができる可能性が高いのかを自己分析してみるといいでしょう。

プロミス

「アコム」に次いでお勧めできる大手消費者者金融は「プロミス」です。「プロミス」にも「お借入れシュミレーション」というのがあり簡単に簡易審査を受けることができます。「生年月日」「年収」「他社での借り入れ金額」を記入するだけです。
インターネットで申し込みが完結できますし、30日間無利息キャンペーンもやっています。大手であることも安心感があります。審査時間も最短で30分とはやく、すぐに結果が分かるのも魅力です。 

アコムの審査内容と他の大手消費者金融の審査内容は同じなのか?

「アコム」の審査基準と他の大手消費者金融の審査基準は異なります。もし、どの会社も全く同じ審査基準なら、同じ審査通過率になるはずです。審査の通過率が会社ごとに違うということは、審査基準が会社ごとに違っていて、会社ごとに違う結果が出るということを証明しています。
審査基準が違うということは「アコム」「プロミス」「レイクALSA」「アイフル」「モビット」といった大手の消費者金融ごとにヒットゾーンが違うということを意味しています。

アコムで審査に落ちた場合、その他の大手3社でも同じ結果になる?

審査基準が各会社で違うことから「アコム」の審査に落ちたから他の大手3社でも同じように審査落ちの結果になるとは限りません。その為、アコムの審査に落ちてしまったからあきらめるというのは少し早計な判断と言えます。
各会社で審査基準は微妙に異なります。「プロミス」は落ちたけど「アコム」は通った人もいれば。「アコム」は通ったけど「プロミス」は落ちたという人もいるのが実情です。ですから、申し込みをしてみないとわからないのです。 

どの消費者金融から借りるべきかは人によって異なる

消費者金融と言っても沢山の会社があります。大手、中堅などの分類もできますが、どの消費者金融を選択するかは、借りる人の判断一つで決まります。
多くの人は良く知られた大手消費者金融を最初に選びます。よく知られていることで安心感があるのは事実です。そして、大手消費者金融がダメだったら中堅へといった具合です。でも、最初に中堅の消費者金融を選択することもできます。中堅の方が大手よりも審査基準が甘いので、場合によっては賢明な判断にもなりうるのです。

銀行カードローンに目を向ける

「アコム」の審査に落ちた場合は、視点を変えて銀行カードローンに申し込むのも一つの方法です。その理由は、消費者金融と銀行カードローンでは審査基準が異なるからです。一般に消費者金融とくらべると銀行カードローンは審査が厳しいと言われがちですが、審査基準が異なればあなたの評価が変わる可能性があります。
ただし、「アコム」が保証会社となっている「三菱UFJバンクイック」「auじぶん銀行」「セブン銀行カードローン」「ソニー銀行カードローン」などは避けるようにしましょう。 

みずほ銀行カードローン

銀行カードローンでのおすすめは、「みずほ銀行カードローン」です。その理由は第1に金利が比較的低いという点です。実質年利は最大で14.00%ですから魅力があります。また、消費者金融と同じようにインターネットで申し込みができ、WEB上で完結できるからです。審査には少し時間がかかりますがお勧めできる銀行カードローンです。コンビニのATMで手数料なしに利用でき利便性も高いのでお勧めします。消費者金融と違う審査基準を試す価値はあるはずです。 

中小消費者金融に申し込む

3番目の選択肢と考えるといいかもしれませんが、大手消費者金融の下に位置する中小消費者金融に申し込むのも一つの方法です。多くの人が大手消費者金融での融資を最初に検討するはずです。そのため中小消費者金融は大手消費者金融で審査に通らなかった人たちを拾うような営業をしています。当然ですが大手とは異なる審査基準を持っていますから、大手消費者金融がダメでも審査に通る可能性は残っています。前向きに検討してみる事をお勧めします。 

アルコシステム

中小消費者金融でお勧めできるのは「アルコシステム」です。
金利は10万円未満は年利20%、100万未満は18%とやや高めですが、審査力には評判があります。公式ページでも「現在の返済能力で審査を実施」と明記している通り、大手とは異なった視点で審査を行ってくれます。申し込みも大手消費者金融と同様にインターネットを利用して行うことができます。
また審査も最短で30分で完了しますから大手と大差がありません。
創業は1983年で中堅消費者金融として営業を続けている会社です。 

アコムに再度申し込んでみる

再度「アコム」の審査を受けるのも一つの方法ですが、一つだけ問題があります。
先の申込から6カ月以上経過していないと「申し込みブラック」との認識を持たれ、申し込みをしたことがマイナスに働くことがあることは十分に理解をしておく必要があります。
また、前回審査落ちした要因を改善出来ていなければ、審査に通らない可能性が残ります。
再度「アコム」に申し込む場合は、前回の審査落ちの要因を探り改善をした上で、6カ月以上経過してから行うようにしてください。 

キャッシング以外でお金を作る方法とは?

キャッシング以外の方法でお金を作るにはいくつかの方法があります。一つ目は親や兄弟、友人などからお金を借りる方法です。キャッシングを検討している人の多くは、親や兄弟、友人からお金を借りることを避けたいからキャッシングを検討しているのだと思いますが、まずは相談してみるのも一つの方法です。
その次に家にある持ち物を売る方法です。身の周りにある不用品を思い切って売ってみると意外な金額で売れるかもしれません。また、日払いのアルバイトを検討するのも一つの方法です。急場しのぎにしかならないかもしれませんが、キャッシングを考えるより良い方法とも言えます。

アコムの審査ポイントとは?

「アコム」での審査ではどのような点を重視しているのか気になります。重視している部分が分かれば対策がとれるかもしれません。「アコム」が審査で見ているポイントは二つあると言われています。
一つは「申込者の属性」で、もう一つは「申込者の信用情報」と言われています。このような言葉を言われてもなんだかピンときませんね。これら2年を重視して融資するかしないかの判断をするのですからもう少し詳しき見ていきましょう。 

申込者の属性

申込者の属性とは、「勤務先」「年収」「家族構成」などの個人情報のことを指す言葉です。「アコム」の場合はこれらの情報をコンピューターに入力しています。
このコンピューターは「自動スコアリングシステム」と呼ばれていて、入力された情報を点数化し、テンス化された情報の総合点から「返済能力」「信用度」をはかり、融資をするかしないかの判断をしています。当然点数が高いほど審査に通りやすく、利用限度額も高めに設定されれます。

年収

「年収」は当然のことですが高いほどスコアは高くなります。
「アコム」では、単に年収が高いか低いかだけではなく、安定度を重視しています。この辺りが他社との比較で審査基準が異なる点になっています。乱高下している年収300万よりも、安定している年収200万の方が高い評価を得られるといった感じです。安定しているか、安定していないかは別の要素から判断することが可能です。
それは一体どんなようなのか次の項目で見ていくことにします。

勤務先・雇用形態

勤務先や雇用形態からも様々な情報を読み解くことができます。まずは、勤務する会社の規模が大きければ安定、小さければ不安定と判断できます。上場、非上場との見方もできます。こちらも年収と同じようにスコア化されます。また、業種によってもスコアが異なります。医者や公務員などは高く評価されることになります。
さらに雇用形態ですが、これは正社員、契約社員、パート、アルバイトとスコア化されます。安定の正社員、アルバイトは不安定要素があります。

勤続年数

勤続年数は長い方が良い評価をされます。その理由は「これからも同じ仕事を続ける可能性が高いだろう。」「年次で給与額があがり安定しているだろう。」との評価をされます。
一方、勤続年数が短い場合は「やめる可能性もある。」との評価から安定性に不安要素がのこります。その為スコアリングをすると低い評価がされることになるのです。これは業種を問わず同じように評価をされるので、長く自営業を続けている人も高い評価を得られます。 

家族構成

家族構成は一人暮らしよりも家族と同居している方が高く評価をされます。その理由は同居している方が生活費の無駄が抑えられるとの視点からです。また、小さい子供が同居している場合は支出が多くなると考えられるため低く評価をされます。教育費は大きな負担になる場合が多いとの理由ですが、シビアに評価しているのがわかります。家族と同居していて全員が成人し仕事をしているような家族構成が高く評価をされ、小さい子供のいる家庭や、一人暮らしは低く評価をされるわけです。 

年齢

一般に20歳代から50歳代まではスコアは変わらないと言われています。自ずと年収に差がつくのでここでも差をつけると公平性を欠く結果が出てきてしまいます。また、60歳以降は年収が大きく減じる傾向があるため低い評価を受けてしまいます。健康面も含め返済力に疑問が残る形になるとの判断から60歳以降の方は「アコム」への申込をした場合に審査落ちする可能性が生じてしまうこともあるようです。
年齢スコアは60歳を過ぎるとグンと低く評価される実情があります。 

居住形態・居住年数

持ち家は資産としても価値も含め高い評価を得られます。では賃貸が低いかと言えば必ずしもそうではありません。家賃や物件を含め様々な要素が含まれるからです。しかし、公営住宅はスコアが低くなる傾向にあります。また、居住年数も長いほど評価をされます。公営住宅に住んでいるから審査に通らないということはありません。それは沢山の視点から見た一部のスコアにしかならないためです。最終判断は総合スコアでなされますからその点は安心をしてください。

固定電話

今や固定電話の無い家庭が増えてきましたが、固定電話はあるだけでスコアがアップします。固定電話がある場合は申し込みの際は必ず記載しておくべき項目です。
「家族に知られたくないからな」とあえて記載しない人が多いようですが。記載をしないと損をすることになります。それでも「アコム」から固定電話に連絡が入ることがないわけではありません。秘密を取るかスコアを取るかの選択といったところでしょうか。携帯電話と固定電話の両方を書いた場合は、通常なら携帯に電話があります。よほどのことがない限り固定電話に連絡はないと思います。 

申込者の信用情報

申込者の信用情報とは「個人のローンやクレジットカードの申込履歴」「契約情報」「借入状況」「返済状況」といった情報のことを指します。
これらの情報は個人情報機関の「シー・アイ・シー」(CIC)や「日本信用情報機構」(JICC)で管理されています。これらの情報機関から得た情報から「他社借り入れ件数」・「他社借り入れ残高」・「金融事故の有無」(延滞がないか)・「利用実績があるか」などの情報を確認することができます。 

他社からの借入があるか

借り入れ件数は少ない方が良い評価になります。借り入れ総額が同じ場合は、複数の金融機関から借りているより、一つの金融機関から借りている方が評価が高くなります。
「アコム」では、これらの情報は先の項目で触れた個人情報機関で管理されている情報から簡単に入手でき、把握することができます。だから、申し込みの際に少なめに金額を記入してもばれてしまうことになります。申込時に少なめに申告したい気持ちはわかりますが、正確に実情を記載する必要があります。

他社からの借入残高

複数の消費者金融から借り入れをしている場合は、利用する消費者金融の数を減らすようにします。数万円を複数の消費者金融で借り入れているような場合は、1社にまとめて他の消費者金融は完済してしまうことです。
金額が減らなくとも件数が減るだけで審査上はプラスになります。合わせて金額も減らせれば、なおプラスの結果となりますから積極的に行う方が賢明です。総量規制を意識してゆとりを作って置ければ何かの時に役立ちます。

金融事故の有無

金融事故は「長期延滞」「代位弁済」「債務整理(自己破産・個人再生)」「強制解約」「貸付自粛依頼」のことです。このような事が生じた場合は個人情報機関に「金融事故」としての記録が残ります。記録は5年以上削除されずに残り、審査に通ることはできなくなります。
いわゆる「ブラックリスト」といわれるものです。
「アコム」の社内ではこの記録は半永久的に残るため、「アコム」で金融事故を起こした場合は、以降「アコム」の利用は一切できなくなります。 

キャッシングの利用実績の有無(スーパーホワイトか否か)

これまでにキャッシングをしたことがない人やローンやクレジットカードの利用の無い人は個人情報機関に何の情報もありません。また、金融事故を起こした人も5年以上の期間を経過すると情報が削除されるため記録がなくなります。
金融機関では情報がないためこの人がこれまでにキャッシングなどを経験したことがない人なのか金融事故から数年が経過した人なのかの見分けがつかない状態になります。
このように個人情報機関に情報がない人を「スーパーホワイト」いいます。30歳以上でスーパーホワイトの人は金融事故経験者かもしれないという疑念を持たれ審査に通りにくい傾向にあります。 

アコムの審査に落ちないための対策

「アコム」に申し込みをして審査落ちしないために事前の対策はないものでしょうか。緊急で時間がなく猶予がない場合は、対策を行うことも出ないかもしれませんが、少し猶予があるならばできる対策もあります。審査落ちをしないためにも事前にできることはしっかりしておいた方が賢明です。また、もしかしたら借りることになるかもしれないので、日ごろから審査落ちしないための対策を取っておくほうが色々な意味で利があります。

他社借入を減らす

複数の消費者金融から借り入れをしている場合は、利用する消費者金融の数を減らすようにします。数万円を複数の消費者金融で借り入れているような場合は、1社にまとめて他の消費者金融は完済してしまうことです。
金額が減らなくとも件数が減るだけで審査上はプラスになります。合わせて金額も減らせれば、なおプラスの結果となりますから積極的に行う方が賢明です。総量規制を意識してゆとりを作って置ければ何かの時に役立ちます。

虚偽申告をしない

申し込み書に嘘の記載をすれば、その嘘はいずれ発覚します。そもそも、嘘の記載をして融資の申し込みをすると、場合によっては「詐欺」となります。刑事告訴され逮捕なんてこともありうるのです。また、契約し融資を受けた後にうそが発覚すれば「一括返済」を求められう可能性もあります。嘘を記載すると相応のリスクがあります。貸す側は当然確認しますので、嘘はいずればれます。借入金額、契約数などは個人情報機関に情報がありますからすぐに発覚します。申込書は嘘偽りなく事実を記載し、ミスをしないことが大切です。

勤続1年以上を目指す

同じ会社で長く働いていれば働いているほど審査上はプラスの評価になります。逆に1年未満の場合はマイナス評価になりかねません。その理由は、「長く勤めている」場合は、これからも同じ会社で働くであろうとの予測が優先され、「勤続年数1年未満」の場合は、やめる可能性もあるとの予測が優先されるからです。安定した収入が継続するかしないかの判断の基準の一つとしてみられるので一つの目安として「勤続1年以上」を目指しておきましょう。 

アコムで審査落ちした人の体験談

「アコム」に申し込みをした人たちの中で審査落ちした人たちの状況から学んでみます。アルバイトでも融資可能と聞いたので申し込んだAさんは残念ながら審査落ちしました。
「アコム」では、アルバイトでも安定した収入があれば融資可能です。Aさんは年収200万でしたので、これまでの借り入れがなければ60万まで融資が可能なはずです。それでも審査落ちした理由は、他にあるはずです。
年収400万のBさんは自営業ですが、審査落ちをしました。「アコム」は自営業の方でも融資は可能です。30万円を超えると確定申告書などの収入を明記する書類が必要です。不備がなかったのか再度確認してみる必要がありそうです。
過去の体験談からも自身が借りれる状態なのかある程度は予測が立てられます。審査に通りために必要な情報を正確に記載できていたか、証明する書類を準備していたかといったことが重要なようです。 

おすすめカードローンランキング

全てのランキングはこちら
注意事項
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • プロミスのサービス表記に係る補足事項
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビットのサービス表記に係る補足事項
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSAの貸付条件
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万以上の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 千葉銀行カードローンのサービス表記に係る補足事項
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)