最終更新日:2020年03月07日

アコムの必要書類や借入の流れ

アコムの2種類の必要書類について徹底解説!

アコムのカードローンは担保がなく、保証人の必要ないローンです。このため必要書類も少なくなります。具体的には、本人確認書類と収入証明書類の2種類があればアコムのカードローンの申し込みを行うことができます。しかも収入証明書類に関しては、融資希望額が一定以上の場合にのみ提出を求められるため、提出の必要がない場合がほとんどということになります。とりあえず申し込み前に本人確認書類だけは必ず準備しておくようにしましょう。

すべての申込者が本人確認書類を提出必須

アコムのカードローンを申し込むにあたって、本人確認書類は必ず準備しておく必要があります。収入証明書類の提出は必要な場合と必要ではない場合とがありますが、本人確認書類に関しては必ず提出を求められることになります。ちなみに本人確認書類として利用することができるのは、運転免許証、パスポート、マイナンバーカードといったものです。本人確認書類には顔写真が必要となるので、健康保険証など顔写真が入っていないものは他の書類の提出を求められるでしょう。

補助書類が必要な場合とは

アコムのカードローンの申し込みの時にアコム側に提出する本人確認書類の記載事項で重要となる項目の一つに住所が挙げられます。ただ、本人確認書類が発行された時とは異なる住所に現在住んでいる場合には問題が生じます。このような場合には、補助的な書類の提出を求められるでしょう。現住所を証明するための補助書類としては、健康保険証、住民票、公共料金の領収書、納税証明書(領収日から6か月以内)といったものが利用することができます。

特定の条件下の申込者は収入証明書類の提出が求められる

アコムのカードローンを申し込む際に収入証明書類の提出は必要になる場合と不要な場合とがあります。どのような時に収入証明書類の提出を求められるのかというと希望する融資額が一定以上の場合に提出を求められます。具体的には、アコムの申し込みで50万円以上の融資を希望している場合、または他の金融機関での借入残高とアコムの申し込み融資額を合算した金額が100万円を超える場合に収入証明書類の提出を求められます。また、以前アコムに収入証明書類を提出してから3年以上経過している場合にも提出が求められます。

収入証明書類として提出できる書類

アコムのカードローンの申し込みの際に収入証明書類の提出を求められた場合には、以下のような書類が収入証明書類として利用することができます。
・源泉徴収票
・給与明細書
・地方税額決定通知
・所得証明書

ちなみに、給与明細書を収入証明書類としてアコムに提出する場合には直近2ヶ月分の給与明細書を提出する必要がありますので準備する際には注意しておきましょう。また、賞与がある場合には2回分の賞与の明細書も用意しておく必要があります。

自営業者・個人事業主の方は

自営業や個人事業主の方は誰かから給料をもらっているわけではないので、給与明細書や源泉徴収票を持っておらず、提出できる収入証明書類が制限されます。地方税額決定通知書も会社からもらうわけではないので、このような時に備えて保管しているとは限りません。そこで自営業や個人事業主の方がアコムに提出するための収入証明書類としておすすめなものを紹介します。それは以下のような書類です。
・確定申告書
・青色申告書
・収支内訳書
・所得証明書

50万円以下なら収入証明書は提出不要

アコムのカードローンの申し込みの際には必ず収入証明書類の提出を求められるというわけではありません。具体的には、アコムのカードローンの申し込みの際に希望融資額を50万円以上で申告した場合には収入証明書類の提出を求められます。ただし、他の金融機関からも融資を受けていて、借入残高が多い方はアコムでの融資希望額が50万円以下でも収入証明書類の提出を求められる場合があります。他社での借入残高とアコムでの融資希望額の合計金額が100万円を超える場合に収入証明書類を提出しなければならなくなります。

アコムへの5種類の書類提出方法とは?

アコムのカードローンで本人確認書類の提出を求められるのは申し込みの時だけです。一方、収入証明書類の提出は申し込みの時以外に増額申請をする際にも求められる場合があります。いずれにせよ、書類提出を早く済ませなければ審査が進んでいかず、希望する契約を交わすことができないので早くするようにしましょう。そこでここからはアコムのカードローンを利用する上で書類提出を求められた際に書類提出をする方法を紹介したいと思います。

オンラインでアップロード提出

アコムのカードローンの利用に関する書類提出を求められた際に、提出する方法の一つとしてオンラインでアップロードする方法があります。持っているスマートフォンや携帯電話で必要書類の写真を撮り、それをオンラインでアップロードするだけで書類提出が完結します。ただ、カメラの解像度が高すぎて、データ量が大きくなってしまうとアップロードされなくなってしまうトラブルが起こるので、解像度を低くした上で写真を撮るようにしましょう。

ファックス

アコムのカードローンの利用に関して書類提出を求められた時の提出方法にはFAXで送信するという方法もあります。ファックス番号は0120-32-2345でフリーダイアルになっているので通信費用がかかる心配はありません。自宅にFAXを持っている方はFAXで送るという選択肢も検討してみて下さい。また、自宅にFAXを所有していない場合にもコンビニからFAXを送ることもできるので、どうしてもFAXで送りたい方はコンビニを利用してもいいのではないでしょうか。

店頭窓口・無人契約機

アコムのカードローンの書類提出の手段として、有人店舗や無人契約機のむじんくんを利用するという方法もあります。有人店舗の窓口で書類提出するのは確実で安心な方法ではあるのですが、アコムの有人店舗は全国で22店舗しかなく、住んでいる地域に必ず店舗があるわけではないのです。ただ、無人契約機のむじんくんは全国に数多く設置されているので利便性は高いです。無人では不安という方もいらっしゃるでしょうが、電話機がついていて、そこからオペレーターに相談しながら操作をすることができます。

郵便で必要書類を提出

アコムのカードローンに関して、書類提出を求められた際に、アコムに郵送するという方法をとることもできます。パソコンやスマートフォンから書類を提出することに難しさを感じる方、アコムの有人店舗や無人契約機のむじんくんが近くにない方におすすめの提出方法です。ただ、郵送で書類を提出した場合にはアコムに書類が届くまでに時間がかかってしまうことが欠点です。書類提出が遅くなってしまうことによって審査にも時間がかかってしまうことになります。

スマホアプリ「アコムナビ」

アコムはスマートフォン用アプリの「アコムナビ」というものを提供しています。このアプリを利用することによって簡単に書類の提出を済ませることができます。その方法ですが、あらかじめスマートフォンに「アコムナビ」をインストールしておいて、スマートフォンのカメラ機能を用いて必要書類を写真撮影するだけです。オンラインでアップロードする方法に似ているようですが、この方法の場合はアップロードの必要がないため、画像のデータ量が大きすぎてアップロードできないといった失敗が起こりにくいことが特徴といえます。

アコムの申し込みから借入までの具体的な流れとは

アコムの申し込みから借り入れまでの流れは以下の順に行われます。

1.申し込み
2.審査
3.契約
4.借り入れ

ちなみに審査に要する時間は最短30分です。申し込みから借り入れまでに必要な時間は最短1時間です。ただ、借り入れまでにかかる時間は申し込み方法によっても変わってきて、なるべく早く借り入れまで進めていきたいという方はインターネットで申し込みを行って、審査中に自動契約機のむじんくんのあるところまで移動し、審査が終わり次第むじんくんで契約、ローンカードの受け取りを行い、むじんくんのそばにあるアコムATMから借り入れするという流れで手続きを進めていくといいでしょう。

インターネットからの申し込みの方法とは?

アコムのカードローンをインターネットから申し込む手順についてですが、まずアコムの公式サイトにアクセスして「今すぐお申し込み」をクリックします。すると申し込みフォームが現れるのでそれに沿って必要事項を入力していきます。申し込みを送信するとアコムの担当者から本人確認のための電話がかかってきていくつか質問されます。その後本人確認書類を提出し審査結果が出るのを待ちます。審査に無事通れば契約をしてローンカードを受け取り、融資を受け取ることができる状態になります。

「今すぐお申し込み」を選択する

アコムの公式サイトには分かりやすく大きな字で「今すぐお申し込み」というバナーが表示されます。これをクリックすると申し込み専用ページに遷移します。契約の際の確認事項をまず確認することになるのですが、重要なのは審査の合否に関係なく、アコムのカードローンに申し込んだことが信用情報として6か月間信用情報機関に保管されることになるということです。これは別に一般人に見られるような情報ではないので身内(家族や会社)にバレる心配はありません。

具体的な入力内容

その後申し込みフォームに必要事項を入力していくことになるのですが、必要事項は以下のような項目です。

・氏名、生年月日、性別、電話番号・メールアドレスなどの基本情報
・住居の形態
・勤務先情報と勤続年数
・他社からの借入残高
・希望借り入れ額
・連絡先
・振込口座

ここで勤務先の電話番号を入力することとなるのですが、この電話番号に在籍確認の電話がかかってくることになるので、ここで入力する電話番号は在籍確認を取りやすい電話番号を入力するようにしましょう。

アコム審査で重要になる項目

申し込みフォームに入力する内容について紹介しましたが、申込者が返済能力があるのかどうかをはかるために重要視される項目は以下のものです。
・勤務形態
・勤続年数
・収入形態
・年収
・健康保険証の種類(国保か社保か)

つまり、重要視されているのはどれぐらいの収入がどれぐらい安定して入ってくる見込みがあるのか、つまり返済能力がどれぐらいあるのかということです。会社がどれぐらいの規模でどのような事業を展開しているのかも重要な材料となってきます。

希望限度額(利用限度額)は年収の3分の1まで

申し込みフォームには希望する利用限度額を入力する項目もあるのですが、ここでは申込者の収入に応じた適切な金額が入力される必要があります。収入から考えて返済が不可能だろうと考えられる水準の利用限度額を申請してしまったら審査に通る確率が極めて低くなってしまいます。ちなみに貸金業法の総量規制という決まりで消費者金融から受けることができる融資額の上限が規定されており、具体的には年収の3分の1までの金額しか消費者金融から融資を受けることができないこととなっています。ですから多くても年収の3分の1以下に抑えるようにしましょう。

銀行口座への振込を依頼したい場合

カードローンとはその名の通りローンカードを利用してATMから融資を受ける方法が一般的ではありますが、振込で融資を受けることができるサービスもあります。もし振込で融資を受け取ることを希望するのであれば、銀行の口座番号を入力して申請しておくようにしましょう。振込で融資を受ける方法では一歩も外に出ていくことなく融資を受けることができるので、海外旅行、入院時などに銀行口座にお金を補充するために役立つ方法といえます。

必要書類の提出、契約までの具体的な流れとは

アコムの公式サイトから申し込みを行うと、「書類提出のお願い」というタイトルのメールが届きます。書類提出の方法としては、インターネット、FAX、自動契約機、郵送が挙げられ。この中から自由に選択することができます。インターネットから書類を提出する方法を選ぶのであれば審査中に書類を提出しておくとその後の手続きがスムーズです。自動契約機やFAX、郵送を書類提出方法に選んだ場合には、仮審査通過後に書類提出を行っておくといいでしょう。

提出した必要書類の何をチェックしているのか

ここまでアコムのカードローンで必要となる書類やその提出方法を紹介してきましたが、なぜここまで紹介してきた書類が必要となるのでしょうか。その答えは、提出された書類に記載されていることを審査の材料にするためです。提出するように求められる書類には申し込み者の客観的なデータが記載されているので審査で融資をすべきか判断材料として最適なのです。そこでここでは必要書類のどのような記載事項が審査の材料となるのか紹介していきます。

申告内容の整合性

まず、アコムのカードローンを申し込む際に申込者から申告のあった自分自身の情報に相違点がないかどうかを本人確認書類を使ってチェックします。申込者が申告してきた情報は本当の情報なのかどうかはそれだけでは判断することができません。もしかしたらうっかり間違った情報を入力している可能性もありますし、わざと偽りの情報を記載して審査に通りやすくしようとしているかもしれません。ですから、申請内容が間違っていないか本人確認書類を使って調べる必要があるのです。

勤務先と年収

融資希望額が高額な場合などに収入証明書類の提出をアコム側から求められるかもしれないということを紹介しましたが、収入証明書類では、収入や勤務先の確認が行われます。アコムのカードローン申し込み時に収入、勤務先、勤続年数を申告するようになっていますが、これももしかしたら誤った情報が記載されているかもしれません。特に高額の融資を希望している場合にはより返済能力について慎重に調べておく必要があります。収入、勤務先の申請内容が間違いではないということを確実にするために収入証明書類による確認が必要なのです。

アコムの基本情報と具体的な特徴について徹底解説!

ここまででアコムの申し込みの際に必要となる書類、その提出方法と活用方法について紹介してきました。ここまで紹介してきた内容はアコムに限った話ではなくアコム以外の消費者金融系カードローンでも同じようなことが言えます。ただ、それでは一体アコムはどのようないい点があって、なぜアコムに申し込みをするのかという特徴、理由がはっきりしません。そこでここからはアコムの基本情報と特徴について詳しく紹介していきたいと思います。

アコムの基本情報まとめ

まず金利についてですが、年率3.0%~18.0%となっています。最低金利の3.0%というのは低いですが最高金利の18.0%というのは他の消費者金融と同じぐらいです。また、融資限度額は最高800万円までとなっています。これは、プロミスやレイクALSAに比べれば高い金額ですが、アイフルやSMBCモビットとは同じ融資限度額となっています。そして、申し込み条件は20歳から69歳の方で安定した収入を得ている方です。これも他の消費者金融と同じ条件です。

最短30分で審査が終わる

アコムのカードローンの特徴についてですが、まず最短30分で審査が終わるということです。それ以外の手続きもスムーズに終えることができれば、申し込みから融資までは最短1時間で完結させることができます。なるべく審査を早く終わらせるようにしたいと思うのであれば申し込みをインターネットか電話から行うといいでしょう。ちなみに、審査時間が最短30分で終わるというのは大手消費者金融には共通していることでアコムに特別優位性があるというわけではありません。

30日間の無利息期間について

アコムのカードローンの2つ目の特徴として、30日間の無利息期間があるということが挙げられます。アコムと初めて契約する方に限られますが、契約の日の翌日から30日間は利息負担なしで融資を受けることができます。つまりこの期間内に返してしまえば、全く損をすることがないのです。なんとか給料日までの生活費を融資を受けてつなぎたいという方にはおすすめのサービスです。ただ、この無利息期間のサービスも他の大手消費者金融でも行われています。

アコムに社会保険証を提出するメリットとは

アコムのカードローンの申し込みの際に自身の健康保険証を自主的に提出することもできます。アコムのカードローンでは原則として職場への在籍確認が電話で行われることになるのですが、申し込みが土日祝日で職場に誰もいないなどどうしても在籍確認が取れない場合もあります。このような時に会社名の記載されている健康保険証を書類として提出して、在籍確認についてコールセンターに相談すると電話での在籍確認なしに融資を受けることができる場合があります。

在籍確認の電話を回避

アコムのカードローンの申し込みで在籍確認の電話を回避できるものなら回避できるに越したことはありません。アコムからの在籍確認の電話ではアコムであることは担当者の口から話されることはないとはいいますが、それでももしアコムからの電話だとばれてしまったら職場内でうわさになってしまって、職場に居づらい雰囲気ができてしまいかねません。ですから、必要のない健康保険証の提出をわざわざ行ってでも在籍確認を回避できるものなら回避しましょう。

アコムの必要書類は早めに準備する必要がある

アコムの申し込みで必要となる書類の提出はなるべく早く終わらせてしまうことをおすすめします。なぜなら、そうしないと審査が進まず結果として融資を受けるまでに時間がかかってしまうからです。必要書類は申し込み時に分かるもので、まず本人確認書類の提出は必須になるので必ず申し込み前に準備しておきましょう。あと、希望融資額が50万円以上、もしくは他社の借入残高とアコムでの希望融資額の合計が100万円以上の場合には収入証明書類の提出が必要になるので、自分の申し込む希望額から考えて必要であれば収入証明書類の準備もしておきましょう。

10万円をアコムから借りる最短の方法とは

アコムから10万円を最速で借りようとする場合は、スマートフォンを利用して申し込みをするのが早いです。すべてネットで完結をします。
同じようにパソコンからも申し込みが可能ですが、本人確認などの書類の送付はスマートフォンを利用するとスマートフォンのカメラで撮影をすることで、即送付ができるので利便性が高いです。近くに「アコム」の無人契約機があるようでしたら、必要書類を準備して、無人契約機にいくのも早く借りることができます。

アコムで10万円借りるための具体的な手続きとは

まず、スマートフォンで「アコム」のホームページにアクセスし、「今すぐお申し込み」をクリックし、申し込みのための必要事項を入力します。本人確認等の書類はスマートフォンで撮影して画像を送付します。その後「アコム」担当者から確認の電話があり審査が開始されます。審査の結果はメールまたは電話で知らせてくれます。審査に通過している場合は、利用限度額などの連絡も併せて行われ、契約書を交わせば融資が可能になります。最短で30分、通常1時間程度で完結します。

審査を長引かせないために

「アコム」の公式ページでも審査時間は30分と記されていますが、これはあくまでもスムーズに審査まですすんだ場合です。意外と時間がかるのは申込書への入力と、書類の送付です。入力はミスなく行わなければなりませんし、提出する書類は事前に準備をしておかなければなりません。入力ミスなどがあれば「アコム」の担当者がその確認のために連絡をしてきて口頭で確認をしてきたりと無駄な時間を要してしまうことになります。スムーズに進めるために事前に確認と準備をしておく必要があります。

書類の撮影・提出の際の注意点とは

本人確認書類や収入証明書などの提出はスマートフォンのカメラで撮影をして送付します。

撮影をした時にピントが合っていなかったり、一部が画面から外れた画像を送付してしまうと「アコム」でも確認が行えません。また、再送付の連絡が来て審査の進行を妨げてしまう要因にもなります。送付前にピントが合っているか、しっかりと書類が画像内に収まっているかなどを確認した上で送付するようにしましょう。特に免許証の裏に新しい住所が記載されている場合など忘れずに裏面の画像も送付してください。

10万円の借り入れのメリットとは?

「アコム」で10万円を借りた場合、毎月の返済額は最低3,000円からとなっています。早く返済したければ3,000円に上乗せして返済をすれば早く返済が完了しますし、利子も減らすことができます。毎月3000円の返済であれば無理なく返済が行えるのではないでしょうか。もし10回で返済が完了すれば、利子として支払う金額は約7,700円になります。計画的な利用をすれば毎月の返済額も大きくなることはありません。計画的な利用はとても大切な要素です。 

毎月の返済は3,000円から

「アコム」10万円を借りた場合、毎月の返済最低額は3,000円になります。10万円を借りて毎月3000円ずつ返済をすると、返済回数は49回になります。返済にかかる期間は約5年です。5年間で利息は約46,000円になります。このようにみると返済額を低く抑えると、5年間と長期の返済が必要になり、利子も大きくなることが分かります。無理なく返済も可能ですが、余裕のある時は上乗せして返済することをお勧めします。 

無利息期間内に返せば利息はゼロ

新規で「アコム」に申し込みをして利用した人の特典です。契約日翌日から30日間は利息が付きません。つまり、30日以内に返済をすれば利息を支払うことなしにお金を借りることができます。「アコム」を利用する人にとっては、有益なサービスです。30日以内に返済できなくとも10万円借りた場合で約3,000円得をする計算です。残念ながら30日を過ぎると通常通り利子が付きます。いずれにせよ返済計画をしっかりと立て利用することは大切です。 

実際にアコムで10万円程度借りた方の体験談をご紹介!

実際に「アコム」で10万円程度を借りた人は「アコム」にどのような印象を持ったのでしょうか。借りてよかったと思った人もいれば、借りなきゃよかったと思った人もいるはずです。実際に「アコム」で借り入れを行った先人たちの率直な感想や思いを口コミや評価を通じてみていきながら、今後「アコム」の利用を考える時の参考にしたいと思います。これから「アコム」を利用してみようと考えている人には大いに参考になるはずです。 

アコムの良かったところ

利用してよかった点として多くの意見が挙げられていたのは利便性でした。申し込みもインターネットでできる点、借り入れもコンビニのATMから行うことができ、返済も同様であることから、便利だったとの意見が数多く見られます。その他には知名度があり安心して利用ができた。店舗数が多くて、旅先や出張先でも何かあった時にすぐに利用できるとの安心感があった。などの意見も見られました。コンビニのATMの利用が出来、店舗も多い、借り入れも返済もすぐにできるといった点は大きく評価をされています。 

アコムの悪かったところ

「アコム」を利用して悪かった点としては18.00%の金利が高いという意見が最も多いです。契約する前にこの金利で借りることを理解していたはずなんですが多くの人が個々に不満を持つということから、意外と利用する前よりも金利の負担を感じたということでしょうか。面白い意見ではカードを持っていると「アコム」の利用がばれるという意見もありました。これは致し方ないかと思います。金利負担の意見が多く、ここからも計画的な利用が必要であることがわかります。 

おすすめカードローンランキング

全てのランキングはこちら
注意事項
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • プロミスのサービス表記に係る補足事項
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビットのサービス表記に係る補足事項
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSAの貸付条件
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万以上の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 千葉銀行カードローンのサービス表記に係る補足事項
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)