最終更新日:2020年06月05日

すぐにお金を借りたいなら即日融資対応のカードローン!

  1. お金借りたい時どうすればいい?
  2. どんな方法が選べるかを紹介!お金を借りたいときどうする?
  3. お金を銀行で借りたい場合
  4. お金を消費者金融で借りたい場合
  5. 【5万円】5万円借りる方法を紹介
  6. 【10万円】10万円借りる方法を紹介!
  7. 【500万円】500万円借りる方法を紹介!
  8. 【1000万】1000万以上借りる方法を紹介!
  9. お金借りたいけど無職の場合はどうしたらいい?
  10. お金借りたいけど専業主婦(主夫)の場合はどうしたらいい?
  11. お金を借りたいけど高齢者や年金受給者の場合はどうしたらいい?
  12. 市役所(区役所)からお金を借りたい場合はどうしたらいい?
  13. 国からお金を借りたい場合はどうしたらいい?
  14. 学生だけどお金借りたい場合はどうしたらいい?
  15. お金借りたいけど未成年の場合はどうしたらいい?
  16. お金借りたいけどフリーターの場合はどうしたらいい?
  17. お金借りたいけどブラックの場合はどうしたらいい?
  18. お金を今日中に借りる方法ってある?
  19. 土日でもお金を借りる方法ってある?
  20. お金をコンビニATMで借りる方法はある?
  21. どうにかして家族に内緒でお金借りる方法はある?
  22. お金を借りる際に知っておくべきことを解説
  23. お金を借りる理由ってどのようなものがある?
  24. 絶対ダメ!お金をすぐに借りたくても手を出してはいけない方法がある!!
  25. お金を借りる事が目的なのに審査が通らないという方はどうしてなのか?解決策は?

お金借りたい時どうすればいい?

お金がなくて困ってしまったときには何とかして借りたいと思うでしょう。

お金を借りたいときにはさまざまな方法があるので、どの方法がベストなのかをよく考えて選ぶことが大切です。 

どの方法も一長一短なので、自分が置かれている状況に合わせて選ぶのが重要になります。

借りられる金額や返済の方法など、比較してみると良い点はたくさんあります。 
お金が必要になったときのためにできるだけ広く詳しく借り方を理解しておきましょう。

どんな方法が選べるかを紹介!お金を借りたいときどうする?

お金を借りたいときにはどんな選択肢があるのかがわからない人もいるでしょう。

まずは多くの人が利用している代表的な方法について概要をまとめたので参考にして下さい。 
クレジットカード、消費者金融、銀行、市役所、国、生命保険の六種類は状況に応じてうまく使い分けることにより、満足できる形でお金を借りられる可能性があります。

それぞれの特徴について知っておくことで選べるようになるので、簡単に確認していきましょう。

クレジットカード

クレジットカードはお金の支払いに利用するものという印象を持っているかもしれませんが、買い物で使用するのに使うショッピング枠の他に、希望すればキャッシング枠を設けてもらうことができます。

キャッシング枠は対応しているATMなどで現金を借りられる金額枠で、通常はショッピング枠の一部を使う形で利用できる仕組みになっています。 
金額はあまり大きくないものの、気軽に借りられるという点で魅力があるお金の借り方です。

消費者金融

消費者金融はお金に困った人がよく契約を申し込んでいるカードローンのサービスを提供しています。

申し込みをしてから審査を受け、審査を通ることができたら融資を受けられるという仕組みになっています。

審査を通ると借入限度額と金利が設定され、限度額以内であれば自由に借り入れをすることが可能です。 
審査にかかる期間が短い消費者金融が多く、即日で審査が終わるどころか、その日のうちに融資を受けられることも少なくありません。

銀行

銀行では色々なタイプのローン商品を提供しています。 
消費者金融と同じようなカードローンもありますが、目的別ローンが豊富なのが特徴です。

住宅の購入に使える住宅ローンや自動車の購入に使える自動車ローン、リフォーム用のリフォームローンや養育費のために使える学資ローンなどが代表的なおものです。 
銀行では慎重な審査を行うため、即日融資をしてくれることはまずありませんが、低めの金利で借りられることが多いのが魅力です。

市役所

市役所でもお金を借りられることがあるというのを知っているでしょうか。

生活に苦しむほどお金に困っている人たちを支援するための貸付制度があるのです。 
低所得世帯、障害者世帯、高齢者世帯といった特別な状況になっていないと対象にはなりませんが、貸付に際して利子がかからないか低利子になっている魅力があります。

また、生活の再建や教育費の確保などのように明確な目的がなければ借りられないものが多いので注意しましょう。

国にもお金を借りることができるケースがあります。

市役所と同様に生活に苦しんでいる人たちを支援する目的で融資制度を定めているからです。 
生活福祉資金貸付制度が代表例で、低所得世帯や障害者世帯などに限られてしまうものの、やはり無利息や低利息で借りることができます。

また、母子父子寡婦福祉資金貸付金のように母子家庭や父子家庭等を支援するための貸付制度もあるなど、状況に応じて利用できる制度が生まれてきています。

生命保険

生命保険は今まで加入してきているのであればお金を借りるのに使える場合があります。

これから加入しても意味がありませんが、既に加入している場合には生命保険を担保にして保険会社からお金を借りることが可能です。

今まで積み立ててきたお金を担保扱いにするのが特徴で、その金額や保険の内容によって借りられる金額には違いがあります。 
返済すれば生命保険がなくなるわけではないので、確実に返せるときなら気軽に活用できるでしょう。

質屋

もしブランド品など、価値のあるものを所有しているなら質屋でお金を借りることも出来ます。

質屋の場合は品物を預ける代わりにお金を受け取ります。 
現金の返済が不可能だった場合、そのまま質に入れた商品を失うということになります。

金利は低いものの、高値が付くかは商品の状態によります。 
なおインターネットを経由した質入れには時間がかかるため、急ぐ場合は質屋かブランド買取店を利用しましょう。

希望通りの金額が手に入る保証はありませんが、お金を作ることは可能です。

お金を銀行で借りたい場合

銀行でお金を借りたいというのはよく生まれてくる考え方ですが、銀行を使うなら目的を明確にするのが大切です。 
銀行では目的別ローンの数が多く、目的に合っていないとローンの契約ができないのが原則だからです。

どんな目的でも利用できるカードローンもありますが、目的別ローンに比べると金利が高く、借りられる上限額も低めになっています。  
まずは目的別ローンで適切なものがあるかを確認してみるのがお得に借りるためのコツです。

お金を消費者金融で借りたい場合

消費者金融でお金を借りる人も多くなっていますが、この場合には銀行のカードローンと同じで目的を問わずにお金を借りられます。

ただし、気を付けなければならないのが銀行と違って消費者金融は貸金業法による制約を受けることです。 
消費者金融では総量規制の対象になることから、年収の三分の一までしか借りることができません。 
複数の消費者金融から借りる場合にも、合計額が年収の三分の一以下にならなければならないので注意しましょう。

【5万円】5万円借りる方法を紹介

ここではモデルケースとして5万円を借りたいというときにどういう方法があるかを紹介します。

5万円という金額は比較的身近にあるもので、結婚式のご祝儀を用意したいけれどお金がない、後半月の生活費を何とかしたいなどといったシーンを想像できるでしょう。 
一人暮らしなら家賃の支払いや光熱費、通信費の支払いという場合もあるかもしれません。このようなときにどんな人にお金を貸して欲しいと頼んでみると良いのでしょうか。

友達

まず候補として挙げられるのが身近にいる友達です。

学生同士では五万円も借りるのは難しいかもしれないですが、社会人になっていれば比較的切り出しやすい金額でしょう。 
アルバイトをしている学生でも五万円くらいなら貸してくれることもあります。 

友達なら気軽に声をかけることができるという人も多く、このくらいの金額であればまず友達を頼るという人も少なくありません。 
ただし、お金の貸し借りなので借用書は用意するようにしましょう。

彼氏や彼女

彼氏や彼女に頼んで五万円を借りようとするのもよくあるパターンです。

友達よりも近しい間柄だから思い切って借金の話を切り出せるという人もいます。 
しかし、それが原因で別れてしまっているカップルもいるので気を付けましょう。

お金の管理ができない人だと思われてしまうと、結婚相手としては本当に良いのかと悩まれるようになってしまうのです。 
貸してもらえるかもしれませんが、その後の付き合いがどうなるかはかなり判断が難しくなります。

親からお金を借りるのは最も身近な存在だからこそやりやすいという人が多いのは確かです。

理由が友達や恋人にはなかなか言えないものだったとしても親なら言えるということもあるでしょう。 
親としても自分のかわいい息子や娘のためなら少しくらいお金を貸してあげようと思ってくれることがよくあります。

5万円であれば理由によっては気前よく貸してくれることもあるので、はっきりと理由を伝えて納得してもらうようにしましょう。

クレカ

キャッシング枠のあるクレジットカードを使えば5万円なら簡単に借りることができるでしょう。

一般的には最低枠が10万円なのでキャッシング枠さえできていればATMですぐに調達することが可能です。 
ただ、クレジットカードのキャンピング枠は金利が高いので注意しましょう。 
18%以上の金利になっていることが多いので、一ヶ月借りるだけでもかなりの負担になります。

ただ、誰にも気づかれずに借りられる点では優れているでしょう。

【10万円】10万円借りる方法を紹介!

次に考えてみるのは10万円を借りたいというケースです。

桁が一つ増えてしまうとさすがに貸せないという人も増えてきてしまうのは容易に想像できるでしょう。 
5万円にくらべるとかなりはーどるが高くなるのは確かです。

しかし、お葬式に行かなければならなくなった、運転免許をすぐに取らなければならないなどといったときには10万円くらい必要になることもあります。 
このときにはどんなお金の借り方をしたら良いのでしょうか。

10万円借りたいというときでも親は魅力的な候補になります。

やはり明確な理由さえあれば我が子のためなら10万円くらいなら貸してあげようと思ってくれることは多いのです。 
ただ、金額がかなり大きいので、それ相応の理由があるのかをきちんと説明するように言われることが多いでしょう。

結婚式を挙げる、生活費が足りない、転職活動の資金が欲しいなどといった例が典型的です。

親から借りるときにも借用書を書くなど、返済する意思を示すのが大切です。

クレカ

クレジットカードのキャッシング枠も10万円かりるのに有効活用できます。

前述のように一般的にはキャッシング枠の最小枠は10万円なので、増枠手続きなどをしなくても借りることが可能です。 
ただし、気を付けなければならないのがやはり金利で、さらに金額が増える影響で返済期間が長くなる場合もあります。

どのような返済計画になるかを確認して、負担がない方法で返せるクレジットカードでキャッシングをするようにしましょう。

カードローン

カードローンも10万円を借りるのに適している方法の一つです。

消費者金融や銀行で申し込んで審査を通ることができればいつえも簡単にお金を借りられるようになります。 
ローンカードを使用してATMで借りる方法と、インターネット経由で申し込んで銀行口座に振り込んでもらう方法が主流です。

銀行では時間がかかりがちですが、消費者金融なら即日審査、即日融資をしてくれることもあるので急ぎのときには消費者金融を利用しましょう。

【500万円】500万円借りる方法を紹介!

500万円を借りたいという状況もあるでしょう。

数万円から数十万円なら借りられそうだと思っていた人も、500万円ともなると不可能ではないかと思うかもしれません。 
しかし、人生をこのくらいの金額の支払いをしなければならないシーンも何度かあるでしょう。

このようなときにはどこでお金を借りたら良いのでしょうか。 
現実的に可能性がある候補を順を追って紹介していくので、状況に応じて使えるものがどれかを考えてみましょう。

自動車ローン

まず代表的な候補として挙げられるのが自動車ローンです。 
500万円の自動車を買いたいというのは現実的にあり得ることでしょう。

自動車ローンはマイカーローンと呼ばれていることもあるローン商品で、自動車やその周辺機器などを購入するときやメンテナンスなどをするときに使うことができるのが特徴です。 
購入した車を担保にする仕組みになっているため、高額の借り入れが可能になっています。

銀行やディーラーが主な相談先になるでしょう。

目的別ローン

目的別ローンも500万円の借り入れに利用できる可能性があるローンです。

目的別ローンには色々な種類があり、ローンの種類ごとに定められた目的に沿って利用することが求められるのが特徴です。 
例えばリフォームローンであれば、500万円のリフォームをするのに使いたいから借りたいという形で申し込み、審査を通れればそのリフォーム料金の支払いにのみ使える500万円を借りられます。 
銀行で提供している金融商品なので、銀行で相談してみましょう。

フリーローン

フリーローンは銀行で提供しているローン商品で、目的別ローンに該当するものがないときに、自分なりに目的を決めて利用できるのが特徴です。 
旅行のために500万円を使いたいから貸して欲しいという形で申し込み、審査を通過できれば借りることができる仕組みになっています。

旅行に使うということを示さなければならないので、例えばツアープランの申込控え、自由旅行なら旅行計画書と日程表などを用意して申し込むことが必要です。

カードローン

カードローンは消費者金融では総量規制を受けるので年収1500万円以上の人でないと500万円を借りることはできません。

あくまで年収1500万円というのは前提条件で、他に借り入れもなくて長期延滞もしたことがないなどの条件も満たしていることも必要です。 
一方、銀行カードローンの場合には総量規制の影響がないので、いくら以上とは言えないものの、年収が高ければ500万円以上の借入上限額を設定してもらえる可能性があります。

【1000万】1000万以上借りる方法を紹介!

1000万円以上借りるというようなシーンを想像することができるでしょうか。

1000万円以上もの支払いは人によっては一生に一度も経験しないかもしれませんが、人によっては何度も経験することになる場合もあります。 
典型的なのがマイホームの購入料金ですが、他にも事業をしている人の場合には調達や支払いが必要になることがあるでしょう。

このようなときにもお金を借りることができるのでどのような方法があるかを理解しておきましょう。

親からお金を借りる方法は1000万円以上になった場合でも比較的よく選ばれています。

よくあるのがマイホームを購入するためのお金を親から借りるという方法です。 
金額が大きいからこそ銀行などから借りるよりも親から借りられた方が良いと考えることが多いのです。

また、親と同居する予定でバリアフリーの家を建てたいから協力して欲しいという形にする場合もあります。 
親としても大きな出費になるので十分に協議をして互いに納得する形を作るのが重要です。

住宅金融支援機構を利用する方法

住宅金融支援機構の住宅ローンはマイホームを購入する人の多くが利用しています。

フラット35のように低金利で最長35年も固定金利で借りられるローンは他にはなく、毎月の支払いを最小限に抑えながら計画的に返済している家庭がたくさんあります。 
繰り上げ返済をすることもできることに加え、繰り上げ返済の手数料が無料というのも魅力です。

ただし、購入できる住宅に条件があるなど気を付けるべき点も多いので注意しましょう。

銀行

銀行でも住宅ローンを利用することができるのでマイホームを買いたいときには相談してみましょう。

銀行ごとにかなり異なる内容の住宅ローンを用意しているので、内容をよく比較してどこに申し込むかを決めるのが大切です。 
なお、銀行絵は住宅金融支援機構の住宅ローンと提携している住宅ローンもあります。

相談に行くとそれぞれのメリットやデメリットを詳しく説明してくれる他、シミュレーションでどんな返済計画になるかを示してくれます。

融資(事業資金)

事業資金を獲得したいというときには融資を受けるのが基本です。

銀行で借りるのが最も単純な方法で、事業計画書や決算書などを準備して申し込むと一ヶ月前後で審査結果が通知されます。

事業資金の融資は創業時には日本政策金融公庫から操業融資を受けるケースも多く、中小企業の場合には専用の融資制度も用意されています。 
金額や金利だけでなく資金の用途にも違いがあるので、状況に応じて適切な融資に申し込むのが重要になります。

お金借りたいけど無職の場合はどうしたらいい?

無職の人がお金を借りたいときにはかなり大変です。 
銀行や消費者金融のローンは基本的に安定した収入を得ている人を対象にしているので、無職で収入がない人はお金を借りられません。

このような民間サービスは使えないので、親や友達を頼りにするか、低所得世帯等であれば国や市役所の貸付制度を利用することを検討しましょう。 
ただ、返せる見込みがないとなかなか貸してもらえないのは確かなので、親や友達から借りるのも難航しがちです。

お金借りたいけど専業主婦(主夫)の場合はどうしたらいい?

専業主婦や専業主夫の場合には無職と同じ扱いになってしまい、収入がないからお金を借りるのが困難になりがちです。 
消費者金融でも銀行でも状況はあまり違いはありませんが、配偶者貸付をしているところからは借りられる可能性があります。

妻や夫が働いていて安定した収入があれば、その収入に基づいて貸してくれるというのが特徴です。 
銀行は総量規制の対象ではないですが、貸し倒れのリスクがあるので同様に配偶者の収入を参考にしている場合が多くなっています。

お金を借りたいけど高齢者や年金受給者の場合はどうしたらいい?

まずは高齢者の方や年金受給者の方がお金を借りる方法です。 
一般的には、お金を借りるには年齢制限があります。

契約時の年齢が70歳前後、または完済時の年齢が80歳まで、というところが多いです。 
とはいえ借り入れする方法がないわけではありません。

高齢者の方がお金を借りる方法

・高齢者向けのノンバンクのカードローン
・高齢者向けの銀行カードローン 
・生活福祉資金貸付制度 
・年金担保貸付制度 
・リバースモーゲージ 
・信用金庫の「シニアライフローン」など

リバースモーゲージとは自宅を担保に貸付を受けるというものです。 
さまざまなものがありますので、検討してみると良いでしょう。

市役所(区役所)からお金を借りたい場合はどうしたらいい?

市役所からお金を借りるためには厳しい条件を満たしていることに加え、お金を使う目的も明確になっていて生活をしていくために最低限のものになっていなければなりません。

生活福祉資金貸付制度は市役所で申し込める貸付制度で、低所得世帯や障害者世帯、高齢者世帯で生活に困窮しているときにのみ利用可能です。 
市役所に相談窓口が設けられていることが多いので、まずは借りられる条件を満たしているかどうかを相談してみると良いでしょう。

国からお金を借りたい場合はどうしたらいい?

国からお金を借りるときには各地の社会福祉協議会を窓口にして申し込める融資制度を使える条件を満たしているかを確認しましょう。

基本的には市役所の生活福祉資金貸付制度と同じで低所得世帯や障害者世帯、高齢者世帯が該当していますが、使用用途については生活の再建を目指すために必要な色々な項目が挙げられています。 
無条件で無利子または連帯保証人がいれば無利子というものがほとんどなので、金銭的な負担が少ないのが魅力です。

学生だけどお金借りたい場合はどうしたらいい?

学生がお金を借りたいときには20歳以上で収入があるなら銀行や消費者金融を利用することができます。

未成年の場合には利用できないのが原則ですが、学生ローンを申し込めることもあります。 
この場合には大学生や短大生などであれば18歳、19歳でも収入があるという条件付きで借り入れが可能です。

このような方法で借りるのが難しい場合には親やアルバイトをしている友達、サークルの先輩などに借りることを検討するのが無難でしょう。

お金借りたいけど未成年の場合はどうしたらいい?

未成年の人がお金を借りたい場合には年齢制限が大きな影響を及ぼすので銀行や消費者金融ではお金を借りられないのが一般的です。

親や先輩などからお金を借りるのが基本になるでしょう。 
ただ、学生であれば学生ローンを使用できる可能性があります。

また、クレジットカードについても18歳以上から申し込めるものもあるので、キャッシング枠を付けられればお金を借りられます。 
ただ、返済に苦労することになるリスクを考慮して親から検討した方が無難でしょう。

お金借りたいけどフリーターの場合はどうしたらいい?

フリーターの人はアルバイトで収入を得ているのでカードローンを申し込んで銀行や消費者金融でお金を借りることが可能です。

銀行では目的別ローンやフリーローンに申し込んでも審査を通れる可能性があります。
ただ、正社員に比べると収入が安定していないことから返済能力が低く見積もられ、さらに年収が低めという点で借りられる金額は低くなりがちです。

消費者金融では年収の三分の一まで借りられないこともあるという点には留意しておきましょう。

お金借りたいけどブラックの場合はどうしたらいい?

金融ブラックになって個人信用情報機関に金融事故の記録が残ってしまっている人は銀行や消費者金融からお金を借りたり、クレジットカードを発行してもらったりするのは困難です。

延滞や債務整理などの記録はずっと残されているわけではないので、きれいに消えたのを信用情報の照会をして確認してから申し込むようにしましょう。 
それまでは親や友達などを頼りにするしかありませんが、毎回借用書を書いてきちんと返済するのが大切です。

お金を今日中に借りる方法ってある?

どうしても今日中にお金が欲しいというときもあるでしょう。

今すぐお金を借りたいというときには親か友達に頼まなければならなないのではないかと思うかもしれませんが、他にも方法があります。

クレジットカードやローンカードを持っているならすぐにATMで引き出すことができます。 
まだカードローンを契約していないという場合にも消費者金融であれば即日融資に対応しているところがあります。

無人契約機を使うかインターネット上での手続きで銀行口座に振り込んでもらうかの二通りがあるので、便利に使える方を選んで審査に申し込んでみましょう。

土日でもお金を借りる方法ってある?

土日にお金を借りたいという場合にもやはり親や友達にしか頼れないのではないかと思うかもしれませんが、クレジットカードやローンカードによる借り入れは土日も行えるのが一般的です。

消費者金融の場合には土日にもカードローンを申し込み可能なところがあるので、在籍確認が可能な職場ならさらに即日融資に対応しているところを選んで申し込んでみましょう。 
どこでも土日も審査しているとは限らないので注意して選ぶ必要があります。

お金をコンビニATMで借りる方法はある?

コンビニATMでお金を気軽に借りられるようにしたいというときには方法が二つあります。

一つはクレジットカードを手に入れる方法で、ショッピング枠だけでなくキャッシング枠も申請すればお金を引き出せるようになります。 
ATMにクレジットカードを入れれば操作を始められ、金額と暗証番号を入れればお金を借りられます。

もう一つの方法はカードローンを契約するやり方です。 
借り方もほとんど同じで簡単に手続きできるのが魅力です。

どうにかして家族に内緒でお金借りる方法はある?

お金を借りたいけれど家族に走られたくないという人もいるでしょう。 
親はおろか友達からも借りるのは避けたいと考えるのがもっともなことで、金融機関から借りるのが無難です。

郵便物が届くタイプのカードローンでは郵便物のせいで家族に気づかれてしまうリスクがあります。 
インターネット完結型のカードローンを選ぶとカードの発行がないので安心でしょう。

対策しなければならないのが在籍確認くらいになると覚えておきましょう。

お金を借りる際に知っておくべきことを解説

お金を借りるときには基本的なルールを知っておくことが重要です。 
特に金融機関を利用するときには審査が実施されることになりますが、その詳細が何かを理解できていない人もいるでしょう。

審査以外にも保証人や担保、年収や在籍確認など、色々なキーワードがお金を借りるときには登場してきます。 
代表的なキーワードについてどんな意味を持っているのかを紹介するので、きちんと理解した上でお金の借り方を検討するようにしましょう。

審査について知っておく

審査とはお金を借りたいといって申し込んできた人に返済能力があるかどうかを見極めるプロセスを指します。

年収や勤め先、在籍年数に加え、他社からの借入件数がどのくらいあるかや信用情報の現況を考慮して審査が行われる仕組みになっています。 
基本的には借り入れをしても継続的に返済を続けられるかどうかを判断するのが目的で、安定して収入を得ていてお金の管理能力があるということがわかれば審査を通過することが可能です。

保証人の事について知っておく

ローンを組むときには保証人が必要になることがよくあります。

厳密に言えば連帯保証人が求められるのが普通で、お金を返せなかったときに債務者が連帯保証人に支払いを請求することができるのが特徴です。 
保証人を立てることで金融機関が大きな損失を生まないようにしています。

その代わりに保証会社を利用することも多く、保証人不要のカードローンはその代表例です。 
この場合には審査の際に保証会社による審査も行われています。

担保のことについて知っておく

ローンを組むときには担保が必要なものと無担保で借りられるものがあります。

住宅ローンや不動産投資ローン、自動車ローンなどは担保があるローンで、もし返済できなかった場合には担保にした住宅や自動車が没収されて競売にかけられることになるというのが基本的な仕組みです。 
担保価値に応じた借り入れをすることができるのが特徴です。

無担保の場合には保証人を立てるか保証会社を利用することが必要になる場合が多くなっています。

年収のことについて知っておく

年収は前年度の一年間に得た収入額の総額を示すのが一般的です。

お金を借りるときに年収が重要になるのは、銀行や信用金庫を除くとほとんどの金融機関が貸金業法の影響を受けるからです。

消費者金融では貸金業法の総量規制によって、年収の三分の一までしか貸し付けをしてはならない仕組みになっています。 
おまとめローンのように例外はありますが、基本的には年収によってどのくらいまで借りられるかが決まってしまうということは覚えておきましょう。

必要書類のことについて知っておく

お金を借りるときには金融機関を利用するなら本人確認書類が必要になります。

それに加えて50万円を超えて借り入れをする場合には収入証明書が必要で、他社での借り入れも含めて100万円を超える場合にも提出を求められます。 
それ以下のときにも金融機関によっては収入証明書を要求することもあるので注意しましょう。

親や友達などから借りる場合には特に本人確認書類は必要がありませんが、借用書を作るのが無難なので忘れないようにしましょう。

在籍確認のことについて知っておく

在籍確認は仕事をしているのかどうかを確認するための手続きを指します。 
金融機関が審査の過程で勤め先の電話番号に連絡をしてみて、本人が在籍しているかを確認するというのが一般的です。

平たく言えば、本当にその職場で働いているのかを確認する作業で、虚偽の情報あるいは過去のことではないということを調査しています。 
本人が電話に出ても、同僚や上司が電話に出ても問題はないですが、そんな人は在籍していないと言われると審査落ちになるのが通例です。

お金を借りる理由ってどのようなものがある?

他の人がお金を借りる理由にはどんなものがあるのかと疑問に思う人もいるでしょう。

お金を借りる事情は人によって大きく異なりますが、典型的なパターンはいくつかに絞りこむことができます。 
どうしてもお金が必要だという状況は限られているからです。世の中の人がどのような理由でお金を借りているのかを項目別に端的に説明します。 
どんな借り方をすると良いのかも合わせて紹介するので、お金を借りるときの参考にしてみて下さい。

生活費の調達のため

現実的な問題としてかなり生活が苦しくなっているからお金を借りたいというのはよくあることで、生活費の調達を目的とした借り入れは多くなっています。

このときにおすすめなのはカードローンで、必要な金額だけ上限額までの範囲内でいつでも自由に借りることができるのが魅力です。 
頻度が低い場合にはクレジットカードのキャッシング枠を設けておくだけでも良いですが、金額が大きくなると利子負担が厳しくなるので注意しましょう。

事業資金を調達するため

個人事業主として働いている人や中小企業の経営者として活躍している人は事業資金を調達するためにお金を借りることがよくあります。

日本政策金融公庫による融資は金利が低いので魅力が大きいでしょう。 
創業時などの特定のタイミングであれば使途も限られないので柔軟に運用できます。

また、銀行の事業ローンや融資もよく用いられているもので、事業内容と目的に応じて適切なものを選んで審査を申し込んでみるのが重要になるでしょう。

教育費・学費を工面するため

学費や養育費を工面するためにお金を借りたいというのは子育てをしている家庭では特に多いものです。

教育ローンや学資ローンといった銀行が行っているローンが学費や養育費として使う目的では適しているでしょう。 
数百万円の借り入れをできる点で魅力があり、入学金や授業料を一通りカバーすることができます。

また、学生本人が自分の学費を調達したいという場合なら日本学生支援機構奨学金を利用するという選択肢も選ぶことが可能です。

引越し費用を工面するため

引越し費用を工面できないというときにお金を借りる人もかなりいます。 
数十万円くらいはお金が必要になるので、急に引っ越さなければならなくなるとお金が足りない状況に陥りやすいからです。

この場合には高額借り入れになることが多いため、フリーローンが最適な選択肢です。 
少額のカバーで済むのであればクレジットカードのキャッシング枠を使うか、カードローンを利用しても良いでしょう。

ただ、フリーローンの方が金利負担は少なくて済みます。

車の購入のため

車の購入のときにローンを利用する人は大勢います。

現金の方がトータルでは安いのは確かですが、数百万円も調達するのは難しいことが多いからです。 
銀行の自動車ローンを利用することができますが、ディーラーが用意しているローンも候補にすることができます。

どちらの場合にも車を担保にすることになるものの、金利が低めに設定されるので返済しやすいのがメリットで、カードローンなどで不足分を補うよりも合理的な借り方です。

住宅購入のため

住宅の購入をするときにもお金を借りるのが一般的です。

住宅金融支援機構か銀行の住宅ローンを利用して多額の借り入れをしてマイホームを購入するというのがむしろ標準的になっています。

低金利で長期ローンにすることができるのは住宅ローンに共通する特徴で、購入する住宅が担保になります。 
住宅ローン以外の方法として親から借りるというケースもありますが、住宅ローンを使えない事情がある場合などに限らるようになってきているのが実態です。

嘘の理由を言っても大丈夫?

このように色々な理由があるのは確かですが、あまり人には言いたくない理由を持っていることもあるでしょう。

そのようなときに嘘の理由を言って借りても良いのかと疑問に思う人もいるかもしれません。 
嘘がバレなければ大丈夫と考えてしまいがちですが、もしバレたら詐欺と捉えられてしまうリスクがあるので注意しましょう。

信用も失うことになってしまうため、理由を隠すことはできても嘘はついてはならないと考えるようにしましょう。

お金を借りることは悪いこと?

最後に理解しておきたいのがお金を借りることの是非です。

お金を借りるのは悪いことだと思い込んでいる人も多いですが、決してそんなことはありません。
うまく今の生活を大切にしながら将来的にも良い暮らしをできるようにするための手段として活用している人は大勢います。

住宅ローンは社会的にも欠かせないものになっているのは明らかでしょう。 
返済できるように借りるのは重要ですが、お金を借りること自体はポジティブに捉えて上手に使うのが大切です。

絶対ダメ!お金をすぐに借りたくても手を出してはいけない方法がある!!

今すぐにお金が必要なのに、どの方法でもお金を借りることができない…そんな状態になってしまうと危ない方法に手を出してしまう場合もありますよね。

しかしどんなにお金が必要でも、闇金からの借入やクレジットカードの現金化、給料ファクタリングなどには手を出さないように注意しましょう。 
これらの方法には、絶対に手を出してはいけない理由があります。

なぜ手を出してはいけないのか、理由を知って危険な方法から身を守りましょう。

人生が破綻する闇金の利用

闇金は貸金業法という融資に関する法律を守らずに営業している違法業者です。

一般的な消費者金融の金利と比較すると10倍以上の超高金利で違法に利息を請求されてしまいます。 
さらに一度闇金でお金を借り入れてしまうと、個人情報が知られてしまい利用者本人や家族、職場などに悪質な取り立てが行われます。

「審査不要で融資します」「他の業者よりも審査が甘い」などの魅力的な言葉を記載しているサイトがありますが、多くが闇金の広告です。 
騙されないように注意しましょう。

クレジットカードの現金化はカード会社が禁止されている行為

クレジットカードの現金化は、クレジットカード会社で禁止されている行為です。

もしもクレジットカードを現金化したことがクレジットカード会社にバレてしまうと、強制退会させられてしまいます。 
クレジットカード現金化を手伝ってくれる業者がたくさんありますが、基本的にはクレジットカードの現金化は禁止されている行為なのです。

クレジットカード会社から利用している金額分を一括請求されてしまう場合があるのでご注意ください。

多額の利息額を請求される給料ファクタリングの利用

勤務先から給料を受け取る権利を譲ることで専門の業者からお金を借り入れる資金調達方法が給料ファクタリングです。

貸金業の一環として、貸金業法で年20.0%以内の金利が上限金利として定められています。 
貸金業法でも認められている資金調達方法なのですが、業者の中には法律を守らずに違法な金利で多額の利息を請求してくる業者もいます。

給料ファクタリングと名乗っておきながら闇金融の広告という可能性もあるので、手を出さないようにしましょう。

お金を借りる事が目的なのに審査が通らないという方はどうしてなのか?解決策は?

「お金を借りたいが、どうやっても審査に通らない」という人がいるかもしれません。 
そんなときは、信用情報に問題がある場合があります。

・長期の延滞をしている 
・債務整理をしている 
・短期間で複数のカードローンに申し込んだ 
・収入に対して借り入れ額が多い

審査では様々な要素で利用者をチェックし、融資するかどうかを決めます。 
収入に問題はないがどうしても審査に通らないという場合は、一度自分の信用情報を開示し、状況の確認をしてみましょう。

お金を借りないという選択肢も検討すべき

最後になりますが「お金を借りない」という選択肢も検討すべきであることを忘れてはいけません。 
お金を借りると必ず返済しなくてはなりません。

その返済が将来的に自分を苦しめる可能性があることを忘れないようにしましょう。 
お金を借りて解決しても、あとから「借りなくて良かったお金だったかもしれない」ということはあるものです。

しかしそのお金の返済によって、将来苦しく感じるかもしれないというわけです。 
お金を借りるときには「本当に必要なのか」「ベストな方法なのか」を改めて考えてから利用するように心がけましょう。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

アイフル
プロミス
SMBCモビット
レイクALSA

特徴からさがす

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.