最終更新日:2020年07月02日

デンタルローンの審査の流れや基準を解説!お得に歯並びを良くしよう

保険が利かない歯科矯正の費用!デンタルローンを組みたい!

歯科クリニックには虫歯になってしまったときや歯周病に悩まされたときに行く人が多いですが、歯並びが悪いときに矯正しようと考えて行く人もいるでしょう。 
審美歯科のように美しい歯を作り上げるためにホワイトニングを実施しているクリニックもあります。

歯科では色々な対応をしていますが、必ずしも保険が適用されるわけではないので注意が必要です。 
特に歯科矯正では自由診療が多いのでデンタルローンを使いたいと考えるのはもっともなことです。

デンタルローンの利用を検討する人は少なくない

デンタルローンは本当に利用している人がいるのかと気になる人もいるでしょう。 
歯科矯正の治療には100万円くらいかかってしまうような高額なものもあり、数十万円単位のものならいくつもあります。

月収以上の金額を一度で払わなければならないのは大きな負担になるのは明らかで、できれば数回の分割で払いたいと考えるのは当然とも言えます。 
そのため、デンタルローンを利用して負担を軽減している人は多いというのが実態です。

代表的なデンタルローンはどんな特徴があるのか。比較と解説!

デンタルローンにも色々な仕組みのものがありますが、基本的には銀行が提供している目的ローンです。 
目的ローンとは特定の目的にだけ使用できるローンで、デンタルローンは歯科での利用に限定されています。

詳しくはローンを提供している銀行によって違いがありますが、利用するときには見積書などを歯科クリニックから発行してもらう必要があります。 
ここでは代表的なデンタルローンについて特徴を紹介していくので参考にして下さい。

イオン銀行のデンタルローン

イオン銀行のデンタルローンは利用者も多くて安心して使える商品です。

特徴的なのが限度額の高さで700万円まで借りることができます。
支払い期間は1年から8年で金利は3.8%から8.8%です。

どちらも平均的な水準なので比較的使いやすいデンタルローンと考えることができるでしょう。 
ただ、年期受給者や学生は利用できず、原則として200万円以上の税込年収がある人でないと利用できないとされているので注意しなければなりません。

【デントキュア】JACCSのデンタルローン

JACCSの提供するデンタルローンはデントキュアという名称になっています。

限度額が500万円で平均的な水準ですが、金利が4.5%と一律で明記されているので金利について不安を抱く必要がないのがメリットです。 
安定収入がある人なら申し込めるという形になっているので、年収額や雇用形態についての悩みを持っている人でも借りられる可能性があります。 
支払い回数も最大84回まで対応しているので長期借り入れも可能です。

アプラスのデンタルローン

アプラスのデンタルローンは10万円から300万円という限度額で借りることができ、安定収入がある人で20歳以上65歳未満なら審査を通れる可能性があります。 
金利は7.20%~14.40%なのでやや高めの水準になっていますが、アプラスではTポイントサービスをしているのでお得に利用できる面もあります。 
パートで働いている人でも審査が通ることがあるので、他で審査を通れなかったという人もアプラスのデンタルローンを使ってみましょう。

ちばぎんデンタルローン(多目的ローン)

ちばぎんデンタルローンは10万円から500万円の枠内で利用できるローン商品で、金利が5.00%~5.20%という低水準になっているのが魅力です。 
ただし、利用条件は厳しくなっていて、安定継続した収入があってパートやアルバイト、年金収入の人は利用することができません。

ただ、住まいか勤め先の所在地が対応していればインターネット経由で申し込めます。 
審査に時間がかかりやすいことが知られているので早めに申し込むのが肝心です。

オリコ「Webデンタルクレジット」

次に紹介するのはオリコが行っている「Webデンタルクレジット」です。

その情報は以下のようなものになります。

限度額:500万円 
利用条件:18歳以上であること、安定した収入があること

Webデンタルクレジットの詳細な情報についてはあまり公開されていません。 
ですがショッピングクレジットやメモリアルローンなどの様々なローン事業を行っているオリコが提供しているローンです。 
そのため安心して利用することができでしょう。

デンタルローンにはこんな注意点も!治療が始まってしまうと簡単に中途解約できない

デンタルローンはクリニック提携のローン契約ということで低金利で利用することができます。

しかしそのローン契約は見積りの段階、つまり歯の治療を受ける前に締結しなくてはいけません。
ローン契約が成立した時点で、信販会社からクリニックに治療費用の全額が立替えて支払われ、治療が始まるのです。

つまり既にクリニックへ支払い済みの費用を、治療を受けながら分割して信販会社に返済することが原則となりますので、簡単に途中で解約するという訳にはいきません。

特定商取引法の規制対象外となる歯科矯正を目的としたデンタルローン契約

デンタルローンは、歯の治療を目的としたローンですが治療結果が必ずあなたの希望通りになると確約されている訳ではありません。
クリニックに治療結果への責任義務はない準委任契約となりますし、医療サービスにあたるためエステなどとは異なり目的の実現が確実ではないという特徴を持つ、特定継続的役務提供の規制からも対象外(ホワイトニングを除く)となっています。

特定継続的役務提供の対象であれば契約が完了していても8日以内であればクーリングオフ制度を利用することができますが、歯科矯正などの治療は対象外のため一度契約をすると中途解約は困難なのです。

医療サービスでのトラブルが原因でで訴訟問題に発展することも

実は、医療美容のサービスに関するトラブルは少なくありません。
国民生活センターには、年間1,500~2,000件ものトラブルに関する相談が寄せられているんですよ。

では、相談例をいくつかみてみましょう。

・非抜歯専門歯科で1年以上治療を受けたあげく抜歯しなくては希望通りにならないと言われた。やり直さなくてはならず返金してほしい。
・ホワイトニングのローンを組んだが、治療により歯がしみるなどの説明が不十分だった。強引なので解約したい。
・セラミック治療のデンタルローンを契約したがなかなか予約も取れず、かかりつけの歯医者で杜撰な治療が判明。今も支払い続けているが解約したい。

しかし訴訟問題に発展してもクリニックとしては十分な説明を行い施術にも問題はないと主張することでしょう。
カルテなどの証拠も相手側に有るため、立証が難しく泣き寝入りするケースも少なくないのが現状です。

審査に通らなければデンタルローンを利用できない

デンタルローンを利用するためには審査を通過しなければならないということは念頭に置いておきましょう。
使いたいと言ってすぐにお金を出してくれるわけではなく、審査を通って必要な書類を提出することで融資が確定されます。

そのため、時間的に余裕を持って申し込みをする必要があります。
また、収入などの状況によっては審査落ちをしてしまうこともあります。

すぐにお金が手に入るわけではないということは念頭に置いておきましょう。

審査が行われる理由は貸し倒れを防ぐため

審査とは一体何なのかと思う人もいるかもしれません。
平たく言ってしまえば貸したお金が返ってこないと金融機関としては困ってしまうので、返済能力がある人かどうかを判断しているのです。

貸し倒れになったら金融機関にとっては大きな損失になってしまうのが明らかで、本来は収益性のある事業のはずが赤字になる原因を作ってしまうことになります。
そのため、リスク低減の目的できちんと審査を行って貸せるかどうかを決めています。

金利は低く設定されているものの、審査に落ちてしまうことはある

デンタルローンのような目的ローンはカードローンなどの目的が定められていないローンに比べると金利が低めになっているのが特徴です。

しかし、金利が低かったとしても返済できるかどうかはケースバイケースで、返済できていない人もいます。 
そのため、慎重に審査が行われているので、審査落ちをしてしまっている人も少なくありません。

どのようなときにデンタルローンを利用できない可能性が高いのかについて確認しておきましょう。

デンタルローンはアルバイトやパートの収入だけでは組めない

一般的な傾向としてはアルバイトやパートの場合にはデンタルローンを組めません。

イオン銀行のように年収200万円以上という制約があったり、パートやアルバイトではそもそも利用条件を満たさないという形になっていたりします。
10万円だけ借りたいという場合には数十万円の年収がある人ならアルバイトやパートでも借りられる可能性はありますが、銀行が大きなリスクを抱えないように少額にする場合が多いので高額な歯科治療には利用できないでしょう。

学生がデンタルローンを組むにはどうすれば良いのか

学生もせいぜいアルバイトをするのが限界なのでデンタルローンを組むのは難しいと考えられるでしょう。

ただ、未成年の学生なら親の名義でデンタルローンを借りてもらうことができます。
デンタルローンは20歳以上でないと申し込めないので、未成年で保護者がいる人の場合には親が代わりに払うというやり方ができるのです。

成人している学生についてはアルバイトで十分に稼げている場合にはデンタルローンを通れる可能性もあるでしょう。

金融事故などのお金のトラブルがある人も審査落ちの対象となる

お金のトラブルがある人は基本的には審査落ちになってしまう可能性が高いので気を付けましょう。

お金のトラブルといっても友達同士でちょっとしたいざこざがあったという程度であれば問題になりません。
金融事故を起こして個人信用情報に記録が残っているとローンの審査はほとんど通らなくなります。

クレジットカードや家賃などの滞納をしたり、カードローンなどで複数社から借り入れをしていたり、債務整理を最近したりした場合には審査は落ちてしまうでしょう。

デンタルローンの審査には時間がかかることもある

デンタルローンを申し込むときに重要なのが余裕を持って申し込むことです。
長い場合には数週間という単位で審査に時間がかかってしまい、一般的にも3営業日から5営業日くらいはかかります。

歯科クリニックで予約を取って見積書を出してもらったけれど、デンタルローンの審査が通らなくてキャンセルしたという事例は決して少なくありません。
早く審査を通りたいと考えるのはもっともなことですが、慎重な審査が行われているので不可避なのです。

デンタルローンで実際に審査落ちしてしまう人もいる

デンタルローンの審査に申し込んでみればきっと通るのではないかと思う人もいるでしょう。
審査が厳しいと言われていても、歯科矯正をしたいという人を見捨てることはないだろうと考えるかもしれません。

しかし、実際にはデンタルローンに申し込んでみて審査を通れないで困っている人もいます。
デンタルローンで利用できる自由診療は保険適用外のもので美容目的の治療も多いことから、診療を受ける余力がある人なのかを厳しく審査しているのです。

どのようなことが原因でデンタルローンの審査に落ちてしまうのか?

前述したようにデンタルローンを利用するためには、安定した収入が無ければいけません。
ですがそれさえあれば必ず審査に通るというわけではありません。
実際に収入は安定しているものの、審査には落ちてしまったという人もいます。

そのような人の場合、過去にトラブルを起こしているなどの理由があります。
その理由に関してはすぐには解決することが難しく、また他のローンを利用する際にも審査落ちの原因になってしまう可能性が高いです。

いくつかローンをすでに利用している場合

審査に落ちてしまう原因の1つ目は、すでに他のローンを利用しているという場合です。
デンタルローンの審査では返済するための収入があるかどうかを見ています。他のローンを利用している場合、そちらの返済もある為、本当に毎月安定して返済をしていくことができるのかと思われてしまいます。

そのため返済できないリスクもあると判断されてしまうため、審査に落とされてしまいます。

例え他のローンを完済していたとしても、解約していなければ利用中と判断されてしまうので注意しましょう。

利用したローンで過去に滞納をした経験がある

過去にローンを利用していた人の場合、その時に滞納した経験があると審査に落ちてしまいます。

これはデンタルローンだけの話ではありませんが、融資を行う際には必ず信用情報を照会しています。
返済の滞納などの金融事故の情報は全て信用情報として記録されているため、ローン会社は必ず延滞の事実を確認します。

延滞の経験があるということは融資をしても延滞する可能性があると判断されるため、融資にはリスクがあり、審査に落ちてしまいます。

ローンの他にも信用情報のキズの原因になる

前述したようにデンタルローンの審査の際には信用情報を確認します。

その際にはローンの延滞などの情報だけでなく、クレジットカードや家賃、スマホの支払いの滞納などの情報もすべて確認することができます
そのためそれらの支払いの滞納があった場合には、ローンの滞納の時と同じ理由で審査に落とされてしまう可能性が高くなります。

これらは数日の延滞ならばあまり問題はありませんが、長期化してしまったり、回数が多くなってしまうと信用情報の傷として扱われてしまいます。

信用情報をチェック!身に覚えが無い場合は確認しよう

これまでに返済の延滞などの金融事故を起こした記憶はないけれども審査に落ちてしまったという人もいます。

そのような時には、収入などが低いため融資を受けられなかったということもありますが、自分の知らないうちに信用情報に傷がついてしまっていたという可能性も十分にあります。
そのため審査に通るか不安な場合は、事前に自分の信用情報をチェックしておくことをおすすめします。

信用情報は本人ならばインターネットや窓口、郵送で確認することができます。

歯科矯正をどうしてもしておきたい、そんな方はどうする?

どうしても歯科矯正をしたいけれどデンタルローンを使えるのかどうかと悩み、さらには申し込んでも落ちてしまった人もいるでしょう。

それでもやはり歯科矯正をしたいという場合にはどうしたら良いのでしょうか。
デンタルローンは確かに歯科矯正をするための資金調達方法として優れていますが、たとえ審査落ちをしたとしても手段がないわけではありません。

どのような可能性があるのかについて説明するのでより良い方法を選びましょう。

まずは他商品の申し込みも検討してみよう!

まず考えてみると良いのが他商品への申し込みです。
ある銀行のデンタルローンに申し込んだ結果として審査落ちとなったとしても、別の銀行で申し込んだら審査が通るということもあります。

金融機関によって審査基準は違うからです。

ただ、虱潰しに審査を申し込めばよいという分けではありません。
短期間の間に繰り返し申し込むと信用情報に記録が残ってしまい、信用情報の問題で審査を通れないことになってしまうので注意しましょう。

用途自由ローンの利用も検討しよう

用途自由のローンで借り入れをしたお金は矯正歯科での支払いにも使用することができます。
デンタルローンは用途が歯科治療という風に限定されているのでついデンタルローンを使わなければならないと思ってしまいがちです。

しかし、用途自由のローンなら借りられることもしばしばあります。
例えば、フリーローンのように目的を自由に決められるローンを使えば、デンタルローンがない銀行からでもお金を借りられる可能性もあるでしょう。

カードローンという選択肢を検討することもできる

用途自由のローンとして典型的なのはカードローンです。
用途はほとんど制限されることはないので歯科矯正をするときに利用している人もいます。

カードローンは融資限度額を設定してもらい、カードを使ってATMなどでお金を借りられる簡便な金融商品です。
上限額以下であれば必要な金額を希望するタイミングで借りられるのが特徴で、返済も少額ずつ長期間で行うことができます。

審査が必要なのは同じですが、カードローンも候補にしてみましょう。

注意:比較的に金利は高くなっている

カードローンを利用してみようかと思ったときに気を付けた方が良いのが金利の高さです。

デンタルローンはほとんどが9%以下の金利になっていて、5%前後で利用できることすらあります。

しかし、カードローンでは最初は18%くらいの高金利のことが多いのです。
利用限度額が大きいと金利も低くなる仕組みになっていて、何百万円も借りられる人の場合にはデンタルローンと同じくらいになる場合もありますが、基本的には高金利と覚えておきましょう。

審査基準の異なるデンタルローンとカードローンについて

デンタルローンでもカードローンでも貸し倒れにならないように審査をしていますが、基準については全く同じというわけではありません。
同じ銀行でも利用条件の時点で詳細が異なっていることもあるでしょう。

一般的な傾向としてはデンタルローンの方が年収や勤務形態についての審査は厳しくなっています。
カードローンの場合にはパートやアルバイトでも収入を得ている人なら借りられることが多いからです。

ただ、金融事故を起こしてしまった、他社借入がたくさんあるといった人の場合にはカードローンの場合にも審査落ちするのが普通です。

早ければ今日中にお金を用意できることも!

カードローンは即日審査をしている金融機関も多くなっています。

銀行では早くても翌営業日の対応になりますが、消費者金融では30分くらいで審査が終わることも少なくありません。
即日でATMから現金を引き出すにはカードをすぐに受け取れるように店頭で手続きをしたり、自動発行機を利用したりすることが必要です。

あるいはカード不要のインターネット完結型のカードローンを利用して振込でお金を借りるという方法もあります。

スムーズにカードローンを利用できるように、必要書類を確認しておこう

スムーズにカードローンを利用できるようにするには必要書類を用意しておくことが大切です。

申し込みの時点か、申込書を金融機関が受領して内容を確認した時点で本人確認書類の提出が求められます。
運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどが使用できます。

また、借入希望額が大きい場合には収入証明書の提出も必要になることがあるので用意しておきましょう。
源泉徴収票や確定申告書、数ヶ月分の給与明細書などが有効な書類です。

ローンの審査に落ちた方の口コミを紹介!

デンタルローンの審査に落ちてカードローンを利用した人からの口コミを確認しておきましょう。

「何度も審査で落ちると当面は借りられないと聞いていたので心配でしたが、デンタルローンで落ちた私でも無事に通って良かったです。」「デンタルローンに落ちたと歯科で話をしたら来週までに始めないと一ヶ月待ちと言われてしましました。即日でお金が手に入るカードローンはとても助かりました。審査も無事に通れたので無事に開始できました。」

【Q&A】デンタルローンに関して

デンタルローンを使うときには色々な悩みが生まれてきてしまいがちです。

ちょっと聞いてみたいことがあるけれど、誰に聞いたらよいのかわからずに困っている人もいるでしょう。
不明なところがあるまま申し込んでしまって後悔している人もいないわけではありません。

デンタルローンに関してよくある質問について以下で紹介します。
どのような質問があるのかも合わせて確認して、納得してからデンタルローンの申し込み準備を始めましょう。

Q.デンタルローンを申し込む時に何か用意するものはある?

デンタルローンの申し込みをするときには書類の用意が必要になります。
金融機関によって何を持参するように求められるかが異なりますが、必ず用意しなければならないのが本人確認書類で、公的に認められているものであればほとんど使用できます。

また、金額が大きくなる場合には収入証明書についても用意することを求められます。
窓口で手続きをする場合には振込先の口座情報や印鑑が必要になることもあるので併せて用意しておきましょう。

Q.未成年や年金受給者ですが、利用可能ですか?

デンタルローンの年齢や収入に関する基準は金融機関によって異なります。

ただ、未成年の場合には利用できないのが一般的で、親権者が代わりに申し込むことは可能です。
年金受給者については年齢的な問題と収入の問題がありますが、年齢については65歳未満の場合が多くなっています。

年金だけでは収入が少ないので利用できないデンタルローンが多いと考えた方が良いでしょう。
金額が大きくても年金受給者は利用不可としていることもあります。

Q.本当にデンタルローンの審査はかなり厳しいのでしょうか?

デンタルローンの審査を通れるのかどうかは最も気にかかる点でしょう。

しかし、審査基準が明確に示されているわけではないので厳しいとも厳しくないとも言えません。
この人は返済できないかもしれないという懸念が少しでもあると審査を通れないことが多いというのが実態です。

審査にも時間を費やしているのでそのくらい慎重に吟味されていると考えた方が良いでしょう。
基準を満たしていれば借りられるので思い切って申し込んでみるのも一興です。

審美歯科治療を受けるとお金が戻ってくるって本当?医療費控除について紹介!

先ほど審美歯科治療は健康保険の適用外というお話をしましたが、治療の中には医療控除の対象となっているものもあります。
例えば、「大人のかみ合わせ治療の歯列矯正」や「歯のセラミック治療」は医療控除の対象ですので、確定申告することで還付金を受けとる事が出来るんですよ。

1/1~12/31までにかかった医療費の総額が10~200万円であれば控除の対象となりますので、確定申告を行いましょう。(ホワイトニングを除く)
医療費控除は所得税だけでなく住民税にも適用されますので、忘れないようにして下さいね。

ローンの手数料(利息)も医療費控除でカバーできる!

もし医療費控除の還付金や住民税の減税額がローンの返済利息より多ければ、ローンの利息は実質的にかかっていないようなものですよね。
例えば年収400万円の人が50万円を利率14.5%で借入れ、毎月18,000を支払って3年で完済するとします。

この場合の完済時点での利息総額は112,839円となります。
それに対して還付金は、80,000円。

住民税の医療費控除額が40,000円です。
つまり12万円節約できるということになります。

これならローンの手数料が十分カバーできますよね。

歯は一生もの、だからこそ審美歯科治療費の支払い方法が重要!!

歯は一生必要な大切なものです。
人間の印象を決めるひとつの要素でもありますし、毎日鏡を見るたびにため息をつきたくなんてありませんよね。

そんな大切な歯だからこそ、納得出来る治療を受けることと、支払い方法は重要です。
デンタルローン自体はお金が手元になくてもすぐに治療を始められる良いサービスですが、途中での治療変更や解約などが困難だという問題もあります。

その点カードローンなら都度払いできるため安心して治療を受けることができますよね。
審美歯科の治療は費用も高額です。

後悔することの無いよう、しっかり検討して選んで下さい。
もちろん医療費控除もぜひ活用しましょうね。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

特徴から探す

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

職業から探す

公務員に人気のカードローン
会社員(サラリーマン)に人気のカードローン
自営業(社長)に人気のカードローン
主婦に人気のカードローン
パート・アルバイトに人気のカードローン
学生に人気のカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  6. カードローンは計画的にご利用ください
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.