最終更新日:2019年12月29日

80万~90万円を即日融資で借りる方法は?キャッシングで今日中に即金する方法

80万円を今すぐに用意したい

今日中に80万円が必要だとなったら大変です。

すぐに現金を工面する方法としては、クレジットカードのキャッシング機能が最初に頭に浮かびますが、80万円となると難しいです。
クレジットカードのキャッシングは意外と融資額が厳しく、年収800万円以上ないと80万円を受け取ることはできません。

日本で年収500万円を超えている人間が3割いないのが現状ですから、クレジットカードだけで80万円かりるのは現実的とは言えないでしょう。

80万円もの高額な融資を受けられる手段としてよく知られているのは、「カードローン」です。

最短即日融資も可能なカードローン

金融機関からお金を借りる手段は複数ありますが、申し込んだその日に融資を受けたいならカードローンが第一候補になります。

業者によっては、最短60分で現金を手に入ります。
審査も30分から1時間で終わるものがありますから、借りれない場合は即次の手段に移れます。

即日融資を希望する場合、何より時間が惜しいですから対応が早いのは助かるでしょう。

また、最近はインターネットを活用して利便性が高くなっています。
24時間受け付けは当たり前ですし、コンビニATMと連携しているなら全国どこでも現金を受け取れます。

さらに、無人契約機なら21時まで審査受け付けが可能ですから、即日融資の自由度は高いです。

即日融資を希望するならカードローン以上の選択肢は見当たりませんが、80万円を借りるとなると、それなりに注意が必要になります。

80万円の融資の審査は厳しい

金融機関から融資を受ける場合、低額なほど審査が通りやすいと言われています。
逆を言えば、融資額が大きくなるほど、審査は厳しく時間がかかるということ。

数多くの口コミを検証した結果、50万円以下なら証明書も本人確認書類くらいで済み、審査も短時間で終わることが分かっています。

しかし、80万円となると、とたんに厳しくなります。

まず、返済能力に関する調査が50万円以下とは別物です。
所得を証明できる所得証明書などの書類が要求されます。

他にも、他社からの借り入れは無いか、借入総額は多すぎないかなどチェック項目が増えます。
必要な書類の準備や、融資審査に時間がかかるようになるので、借入の申し込みが遅れないよう注意してください。

消費者金融カードローンに申し込む際の注意―総量規制について

カードローンには、銀行消費者金融のものがあります。
なんとなく銀行の方が安全だと感じ、銀行ローンを優先する人が少なくありませんが、即日融資を希望するなら消費者金融がおすすめです。

消費者金融のカードローンは元々、即日融資を前提に作られているので、スムーズに融資を受けられます。

消費者金融を利用する上で注意するのは、総量規制に関してです。
総量規制とは、年収の3分の1を上回る融資を制限する法律で、消費者金融はこの法律に従った融資しかできません。

80万円借りるには、年収240万円以上が必要かと考えるでしょうが、実際は年収の3分の1の8割程度までです。
つまり、80万円借りるためには年収が少なくとも300万円は必要になります。

銀行のカードローンは、総量規制の対象外

銀行の融資は、総量規制の対象にはなりません。
消費者金融で高額融資する場合に必要な所得証明書の提出も、銀行なら必要ないケースもあります。

しかし、銀行も融資相手の支払い能力を見極めて無理な融資をしない義務を負っているのは変わりません。
ただ、支払い能力を見定める基準や方法について法律の縛りを受けないだけです。

ですから、銀行カードローンでも申請した融資額によっては、所得証明書を要求される場合があります。

そして何より重要なのは、銀行カードローンは年収の3分の1という融資額の制限が無いことです。
申し込み者の支払い能力さえ証明できれば、80万円借りられる可能性があります。

カードローンで90万円を借り入れることはできるのか?

90万円をカードローンを活用して借り入れできるかと聞かれれば、「可能性はある」としか答えられません。

カードローンには銀行系と消費者金融系がありますが、いずれの場合も申請者の支払い能力が審査対象になります。

支払い能力を判断するためにチェックする内容は多岐にわたりますが、主要なものは年収借入履歴です。

90万円という高額借り入れを望む場合、年収は350万円は最低でも必要でしょう。
すでに借り入れがある場合は、さらに多く必要になります。

少しでも早く借りたいなら、とにかく早く申し込む

いますぐ90万円を借りたいという時、少しでも早く借り入れするための対処法についてご紹介しましょう。

急いで90万円という時の対処法としては、申し込みをいち早くするということに尽きると言われます。

審査は申込み受付順に行われるので、申し込みが夜になってしまった時も先に申し込みをしておくことで、翌日に審査が早く進むのです。

したがって、現金引き出しまでの時間も短くなって、少しでも早く借り入れできます。

銀行系は高額融資におススメ

消費者金融系のカードローンは審査が通りやすいメリットがありますが、融資額が少ない傾向があります。
また、金利最大18%と高めに設定されているのも気になるところです。

90万円もの金額を融資してもらいたい場合には、消費者金融系より銀行系カードローンがオススメです。
融資額の上限が高く設定されていますし、金利も14%と低くなっています。

多額の融資を長期間借入し続ける場合は、金利1%の違いでも利息に大きな差が生まれますから、返済の負担は銀行系の方が圧倒的に軽いです。

審査が厳しいですが、銀行は優先して試したい金融機関です。

借入目的に応じて、ローンの種類が複数ある

銀行のカードローンは消費者金融系とは違い、様々な種類があります。

例えば、お子さんの教育費に関連した費用を工面するために用意された「教育ローン」などです。
これらは特定の目的にしか融資を受けられないローンなので、「目的別ローン」と呼ばれています。

目的ローンのメリットは、金利が低い点です。

みずほ銀行の教育ローンなら、何と年利が3.475%と、一般的な消費者金融のカードローンのより15%近く低くなっています。

ただ使い勝手は悪いです。
一度借入して返済しても、すぐには借入できないので注意してください。

カードローンで90万円を借りた際の利息はいくら?

90万円借りる場合、利息も当然大きな額になるでしょうから、事前に知っておきたいですよね。
知らずに借りて生活が破綻したり、受けているサービスを削ることになっては困ります。

利息の負担が大きい場合は、借入額を下げるか、他の支出を抑えるか、判断する必要があるでしょう。

利息の計算は次の式でできます。

「利息 = 借入額 × 金利 × 借りている日数 / 365」

365は1年の日数です、つまりこの式は1日あたりの利息を求めて、借りている日数をかけたものになります。

在籍確認に注意!

90万円を金融機関のカードローンで工面する場合、借入を申し込む際に様々な審査を受けることになります。

実際は審査の結果を待つだけで、借入を申し込んだ人間が何かをする必要は無いのですが、在籍確認にだけは気を付ける必要があります。

本人確認が金融機関から申込者に対して行われるものなのに対して、在籍確認は金融機関から申込者が所属する会社に対して行われます。

基本的に会社の業務を邪魔するものではないので、会社に面倒はかけませんが、審査をスムーズに進めるためには知っておくべきことがあるのです。

在籍確認とは何か?

在籍確認とは、借入の申込者が、申込用紙等に書いた勤め先に所属しているか確認する作業のことです。

確認は、金融機関が勤め先に直接電話をすることで確認します。
会社に金融機関から電話がかかってくると聞くと何か心配になりますが、その内容は「○○さんはご在席ですか?」といった感じのありきたりな質問をするだけですから問題ありません。

なお、金融機関の社名を名乗ることもありませんから、同僚や上司に消費者金融を利用していることはバレません。

会社の営業時間に注意し、在籍確認が取れる時間に申し込む

在籍確認に関してもう一つ注意したいのは、会社の営業時間です。

金融機関が在籍確認の電話したときに、会社が営業時間外で誰も電話に出られなかった場合、在籍確認が取れなかったことを理由に審査を落とされる可能性が非常に高いです。

会社の休業日であれば最初から電話対応は無理だと分かりますが、会社の都合で急遽営業時間が短くなった場合などは対応が難しいでしょう。

念のため、借入の申込は会社が営業中であることを確認した後がおすすめです。

90万円の返済

消費者金融等で90万円借り入れした場合は、返済についてもしっかり知っておくことが重要です。

初めて利用する方は90万円が手に入ったことで舞い上がりますが、継続してカードローンを利用する場合は返済が何より大切になります。

融資を受けた金融機関ではどのような返済システムを採用されているのか、期限はいつか、返済額の決め方など、知らないと借入残高がほとんど減らないような状況に陥る危険性だってあります。

安全にカードローンを利用するためにも、返済について深く知ってください。

口座引落

口座引き落としは、毎月決まった日に融資を受けた金融機関から返済額が引き落とされる返済方法です。
返済を忘れて延滞となりペナルティを受ける心配が無いので、手軽な返済方法として認識されていますが、問題もあります。

まず、返済額が少ないので借入残高がなかなか減っていきません。
借入残高が残っていると、それだけ利息が増えますから返済の負担は軽くなりません。

また、口座に十分な残高が無く、引き落としが実行されずに延滞となってしまうケースもあります。
毎月の返済日の5日ほど前には口座残高を確認して、少ないようなら振り込んでおきましょう。

ATMからの返済

コンビニ銀行などの提携ATMおよび金融機関の専用ATMから返済する方法です。
いつでも好きな時間に、使い慣れた最寄りのコンビニで返済できるので、非常に使い勝手が良い返済方法です。

ただし、返済をうっかり忘れてしまう危険性が高いデメリットもあります。
スマホの通知機能などを利用して返済を忘れないよう気を付けましょう。

また、この返済方法を続けていると、手数料がかさむ欠点にも注意が必要です。
ATM返済は、随時返済などに限定して利用するのが理想的でしょう。

銀行振込みによる返済

銀行振込を使って金融機関の支払い口座に直接振り込むことで返済します。
スマホアプリやインターネットを使った返済方法として一般的なので、馴染みのある方が増えています。

利点は家から一歩も出ずに返済できること、または場所を選ばず返済できることです。

欠点は、相手の口座に振り込まれるのが遅れることです。

銀行間送金になるので振り込みが翌営業日になることが多く、支払いが延滞しないよう注意が必要です。
当日中に振り込むためには、平日の13時までには振り込みを申し込んでください。

一番安全な口座振替

返済が期日までに行われないと延滞となり、最悪の場合には将来の住宅ローンの利用に障害となる可能性もあります。

絶対に返済が遅れないようにするには、自動で支払いが実行される口座振替がおすすめです。
給料が振り込まれる口座を支払い口座としておけば、残高不足で返済が実行されないことも無くなります。

ただし、口座振替では返済額が少ないために、完済までに長い時間を必要とします。
その分多くの利息を支払うことになるので、積極的な返済をするのが重要です。

徹底解説!アイフルで90万円を借りる際のポイント

アイフルのカードローンは即日融資を受けることができるため、急にまとまったお金が必要になった時には便利です。

また、土日祝日でも即日融資を受けることができます。
土日祝日はまとまったお金が必要になることも多いので、とても助かるサービスです。

アイフルで借りるお金は、10万円前後とかそこまで大きな金額のイメージがありますが、90万円という大きな金額を借りることもできます。

ここからは、90万円という大きな金額をアイフルで借りる時のポイントや返済額について紹介していきます。

アイフルで90万円を借りるための条件

アイフルは、どのような方にでもお金を貸してくれるわけではありません。
貸すからには、それが返ってくる見込みがある人でなければ、お金を貸すことはできません。

アイフルでお金を借りるためには、以下の条件を満たす必要があります。

・年齢が満20歳以上69歳まで
仕事をしている

仕事に関してはアルバイト、パート、派遣社員でも構いません。
安定した収入を得ていれば、雇用形態は何でも問題ありません。

あとは90万円借りるためには、それ相応の収入がある必要があります。

90万円を借りたい時、年収はいくら必要?

10万円ぐらいなら、どのような仕事をしている人でも時間をかければ十分返済できるでしょうが、90万円という大金となると、それなりの収入を得ている人でなければ完済することはむずかしいでしょう。

ですから、「年齢が満20歳以上69歳まで」、「仕事をしている」という条件に加え、一定以上の収入を得ていることが条件となってきます。

少なくとも、借り入れ希望額の3倍以上の年収がなければ審査には通りません。

つまり、270万円以上の年収が必要になります。

総量規制により、借り入れ額には年収の3分の1までの制限がある

借り入れ希望額の3倍以上の年収がなければ審査に通らないというのは、総量規制という決まりによって定められています。

アイフルなどの消費者金融では、過去に計画性のない融資や無茶な取り立て、金利が問題となって、貸金業法という法律でその業務の規制がより強化されることとなりました。

その貸金業法の中に、総量規制についても定められています。

年収が借り入れ額の3倍以上ないといけないとすることによって、返済不能になることがないようにしているのです。

50万円を超える借入には、「収入証明書類」が必要

アイフルでは、50万円以下の借り入れであれば本人確認書類の提出だけで申し込みすることが可能です。

しかし、それを超える金額になると、一定以上の収入があることを確認しておかなければそれが返ってこない時のリスクが大きいので、申込者は収入証明書類の提出が必要となります。

収入証明書類として利用することができる書類には、以下のものが挙げられます。

収入証明書類として使用できる書類一覧

源泉徴収票
住民税決定通知書
給与明細書(直近2ヶ月分+1年以内の賞与分)
確定申告書
所得証明書

アイフルで60万円借りた場合の返済額、利息

アイフルのカードローンの返済方式は、「借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式」というものです。

この返済方式では、最後に借り入れをしたタイミングの借り入れ残高によって、返済金額が決定する返済方式です。

もし、借り入れ残高がまだある状態で追加の借り入れを行った場合には、その時点での借り入れ残高から返済額を算出することになります。

追加で借り入れを行わない場合には、完済までは同じ金額を返済し続けることとなります。

返済方法によって、返済額も変わる

60万円を借りた場合の返済金額、利息等は以下の通りになります。

【約定日制】

返済金額:16000円
返済回数:56回
支払総額:887875円
利息総額:287875円

【サイクル制】

返済金額:18000円
返済回数:51回
支払総額:900407円
利息総額:300407円


このように、返済日が約定日制なのかサイクル制なのかによって、1回の返済額、返済回数、利息が変わってきます。

サイクル制の方が、リスク負担が12000円程多くなってしまいます。
ただサイクル制の方が返済回数は少なくなり、手間はかかりません。

70万、80万、90万円のケース別シミュレーション

続いて、70、80、90万円を借入した場合を比較します。

「借り入れ金額70万円の場合」
【約定日制】
・返済金額:18000円
・返済回数:59回
・支払総額:1057780円
・利息総額:357780円

【サイクル制】
・返済金額:21000円
・返済回数:51回
・支払総額:1050472円
・利息総額:350472円

「借り入れ金額80万円の場合」
【約定日制】
・返済金額:21000円
・返済回数:57回
・支払総額:1194375円
・利息総額:394375円

【サイクル制】
・返済金額:24000円
・返済回数:51回
・支払総額:1200546円
・利息総額:400546円

「借り入れ金額90万円の場合」
【約定日制】
・返済金額:23000円
・返済回数:60回
・支払総額:1365118円
・利息総額:465118円

【サイクル制】
・返済金額:27000円
・返済回数:51回
・支払総額:1350621円
・利息総額:450621円

初回最大30日間利息0円サービスを活用しよう

アイフルは、初回利用時には30日間の無利息期間がつきます。

特に高額の借り入れの場合には利息負担も大きくなるので、この制度をぜひ活用するようにしましょう。

30日以内に返済できる方は無利息で借りることもできるので、短期間の借り入れであれば、金利が安いと言われている銀行系カードローンよりも圧倒的に利息負担は少なくて済みます。

ただし、契約の日から30日間利息がつくわけで、お金の受け取りが後日になったとしても無利息期間は契約の日から消費されていくので注意しましょう。

高額借入もアイフルならスピーディーに済む!

アイフルのカードローンでの借り入れは申し込みから融資までのスピードが魅力的で、最短30分で審査が終わり、最短1時間で融資を受けることができます。

それを目的にして、カードローンを申し込む人も多いかと思います。

しかし、必要書類の準備をしていなければ、アイフル側は早く準備をしようにもできない状況になります。
もし融資をなるべく早く受けたいと考えているのであれば、なるべく必要書類は準備しておくようにしましょう。

50万円以上の借り入れの場合は、本人確認書類のほかに収入証明書も必要となるので、その準備も忘れないようにしましょう。

カードローン以外で90万円を借りる方法

総量規制や年収が低いなどの理由で、カードローンで90万円を借入できないケースもあります。

90万円ほどの金額になると、カードローン以外の方法を利用した方がスムーズな場合も考えられますから、いくつか利用できる融資方法を紹介しましょう。

いずれも90万円以上の大口融資が可能な方法ですから、条件さえ満たしているなら是非利用を検討してください。
金利も消費者金融に比べて大幅に低いですし、審査にパスできれば返済の負担を大幅に減らせます。

国のローン

90万円の使い道によっては、国が提供している目的ローンを利用できます。

自宅の修繕・リフォームや子供の教育費などは、突然やってくる大きな出費の代表格でしょう。

こういった費用に90万円が必要な場合は、自治体に足を運んで、目的ローンを組めないか相談して下さい。
目的が明確で、条件を満たすものであれば、意外とすんなり審査をパスできるケースもあります。

借入限度額は350万円で、金利は1.8%です。
これほどの低利は、銀行や消費者金融では考えられません。

不動産担保ローン

自分名義の不動産があるなら、不動産担保ローンも魅力的な選択肢のひとつです。

不動産を担保に、3%~10%という低い金利で融資してもらえます。
最低の金利で融資が認められた場合、1年間の利息は何と消費者金融の5分の1以下です。

もうひとつ、不動産担保ローンには大きな魅力があります。
それは、担保によっては数千万円という巨額融資を受けられることです。

国の目的ローンと違い使用目的を制限されることはありませんし、担保となる不動産がある場合は利用したいローンです。

低所得でも90万円を借りることができる!公的機関から借りる方法

年収が300万円未満の場合、90万円の融資を金融機関から受けるのは難しいです。

それでも90万円なんとか工面したい場合は、国や地方自治体の特別な制度を活用してみましょう。
年収が国や自治体が定める基準より低い場合は、審査に通りやすくなります。

ここで紹介するのは、厚生労働省が管理する「生活福祉金貸付制度」です。
住宅や教育や冠婚葬祭など複数の目的で利用でき、90万円以上の融資にも対応しています。

年金を担保にして最大200万円まで融資を受けられる、独立行政法人福祉医療機構年金担保貸付事業も、年金受給者には助かります。

いずれも利用できる方は限定されますが、自分が条件を満たしていないか確認する価値のある資金調達方法です

カードローンや借入以外の方法

カードローンは総量規制の制限や、厳しい支払い能力の審査があるため、必ずしも80万円以上借りられるとは限りません。
50万円までしか認められなかったり、そもそも融資を受けられない可能性もあります。

そんな時でも現金を用意できる方法がいくつかあります。

・クレジットカードのキャッシング
・親を頼る
・貯金を使う
・私物を売却する

いずれもカードローンに比べると欠点が目立ちますが、不足分を補うのに役に立ちます。
やり方や注意点について、詳しく知る価値は十分あるでしょう。

クレジットカードのキャッシング枠

消費者金融や銀行カードローンと並ぶ手軽さのある現金調達方法といえば、クレジットカードのキャッシング機能です。
コンビニなどのATMで、すぐ現金を手にできます。
もちろん借り入れに際して審査もありません。

ただし、融資額は全体的に低めに設定されています。
ゴールドカード以下なら、30万円程度が相場です。

また、限度額一杯まで借りた後すぐに返済して、同じ月にまた借りるようなことはできません。
融資の柔軟性は低いです。

カードローンで80万まで借りらなかった時の保険として使うのがベストでしょう。

両親から借りる

80万円用意するのに、関係が良好であればからお金を借りるという手段もあります。

親から借りる最大のメリットは、利息が無いことと、返済期限が緩いことでしょう。
うっかり返済期限を忘れて、金融機関からペナルティを受けることはありません。
返済額が不十分で利息が積み重なり、生活が苦しくなる心配も無用です。

ただし、親の財布事情に大きく左右されますし、返すことを忘れてしまい親子関係を悪化させる可能性もあります。
親から借りる場合は、自分で返済期限を決めて、その日までにキッチリ返すようにしましょう。

貯金を崩す

80万円以上の貯金があれば、それを使って問題に対処することも可能です。
誰に面倒をかけることもなく、利子や返済に頭を悩まされることもありません。

ただ、80万円というと大金です。
いざという時のために貯めておいた資金を一気に放出してしまうのは痛いです。
銀行によっては、口座残高によってお得なサービスを受けられるものもあります。

そこで、カードローンやクレジットカードのキャッシングなどを併用して、なるべく貯金を切り崩す額を減らしてダメージを最小限に抑えましょう。

不用品を売る

私物のブランド品を売却することで、ある程度まとまったお金を入手することができます。
ただし、一度に80万円もの大金を稼ぐことは難しいです。

少しでも高く売るためには、購入して間もない品物を選んで売却しましょう。
車でさえ時間が経てば、購入時の半値以下の買取価格になります。
購入から数年経過した物は、値段が付かないことも十分あるでしょう。

そして、売る場所も重要です。
街のリサイクルショップで売るより、メルカリやヤフーオークションを活用してください。

おすすめカードローンランキング

全てのランキングはこちら
注意事項
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • プロミスのサービス表記に係る補足事項
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビットのサービス表記に係る補足事項
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSAの貸付条件
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万以上の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 千葉銀行カードローンのサービス表記に係る補足事項
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)