最終更新日:2020年06月29日

楽天カードのキャッシングの審査の基準や落ちた際の解決策を徹底解説!

楽天カードの審査基準はどうなっている?

ポイントがザクザク溜まり、提携しているお店が多いことから大変人気の楽天カード。 
比較的審査が緩くて作りやすいことでも有名です。

でもクレジットカードである以上、誰しも必ず審査に通るわけではありません。 
そこで今回は楽天カードの審査基準について紹介していきたいと思います。

特に

・楽天カードの申し込み資格について 
・楽天カードの系統 
・楽天カードの収入審査について

と言った内容にフォーカスを当てて、詳しく紹介していきます。

満18歳以上が楽天カードの申し込み資格

楽天カードは比較的申し込みやすいカードとして知られていますが、年齢制限があります。 
それは満18歳以上であることです。

ただし18歳以上であっても、高校生は申し込むことはできません。

・夫に安定した収入がある主婦 
・アルバイト 
・パート 
・親に収入がある高校生以外の大学生
・年金受給者

こう言った方でも申し込むことが可能です。 
高校生は絶対に申し込むことができないので、高校を卒業するまでは我慢するようにしましょう。

流通系カードの楽天カードは作りやすい

クレジットカードには4つの系統があります。

・銀行系カード 
・独立系カード 
・交通系カード 
・信販系カード

です。

このうち楽天カードの分類は、比較的作りやすい「流通系カード」に分類されます。 
なおこの中で一番審査が厳しいものが、銀行系カードです。

流通系カードは信販系カードと同等、もしくはそれよりも作りやすいカードに分類されるため、この中でも最も作りやすいカードということになります。
審査が厳しくなく、申し込み基準も緩いということですね。

無収入でなければ楽天カードは審査対象になる

クレジットカードを申し込むためには安定した収入が必須ですが、楽天カードの場合には無収入でなければ審査の対象としてもらえるという特徴があります。 
主婦やアルバイトをしていない学生さんは安定した収入があるとみなされないので、審査基準を満たしていませんね。

ただし、同居している家族に安定した収入があった場合、収入があるとみなされて審査の対象にしてもらえます。 
年金受給者も安定した秋んひゅうとみなされるため、楽天カードの審査対象です。

楽天カード入手までどのような流れなのか

それでは、楽天カードが手元に届くまでの流れについて大まかにみていきたいと思います。 
大まかな流れがわかれば、どうすれば良いのかわかるので安心ですよね。

・まず楽天カードのホームページにアクセスし、インターネットのホームページからカードの申し込みを行う(必要事項を全て埋めてオンラインで提出する) 
・審査結果がくるまでひたすら待つ 
・審査に合格すれば、無事手元にカードが郵送されるので受け取って終了

たったこれだけです。

まず、web上から申し込みをしよう

楽天カードを作るためには、まず初めにインターネットで楽天カードのサイトへアクセスし申し込みます。 
検索サイトで「楽天カード」と入れれば、すぐにアクセスすることができます。

サイトでは、「新規申し込み」と書かれたタブをクリックし、展開するページに申し込みに必要な情報を全て埋めていきます。 
それではここからは、インターネットで申しこむ時に知っておきたい3つのポイントについて、それぞれ詳しく紹介していきたいと思います。

審査で必要な情報とは?

それでは、審査するにあたり必要な情報についてみていきましょう。

・名前、性別、生年月日 
・電話番号(携帯電話でもOK)
・メールアドレス 
・住所 
・配偶者の有無や世帯人数 
・住宅ローンの有無、家賃をどのくらい支払っているか 
・年収や世帯年収 
・預貯金の金額 
・リボ払い、キャッシング枠の設定について 
・他社から借り入れている金額
・家族カードの申し込み、ETCカードを申し込むか? 
・インターネット口座の手続き(これは後からでもOK)
・勤務先の情報

これらの情報が必要になります。

名刺や免許証が申し込み時にあれば便利になる

楽天カードを申し込む場合には、手元に名刺や運転免許証を用意しておくとスムーズに手続きを進めることができます。 
なぜなら、カードを申し込むページには、勤務先の情報や個人情報を入力しなければいけないところがあるからです。

手元に名刺や運転免許証がないと、その都度確認するために取りに行かなければならなくなってしまいます。 
一度申し込みを始めたら、そのまま最後まで一気に進めてしまいたいものですよね。

入力する箇所は意外とたくさんありますから、少しでも楽をしましょう。

審査通過の基本は申し込みフォームに事実を正しく入力すること

楽天カードの申し込みフォームに情報を入力する場合には、全ての情報を事実に基づいて正しく入力することが大切です。 
カード申し込みでミスしやすい箇所には、

・楽天会員に登録してある氏名と申し込みフォームの名前が異なる 
・パスポートに記載されたローマ字と入力した氏名が異なる 
・住所の「丁目」が重複している 
・住所が間違っている 
・電話番号の記載間違い

というものがあります。 
もし申し込みフォームで名前や住所、生年月日を入力し間違えた場合には、後からコンタクトセンターに申し出ることで訂正してもらえます。

自動リボの項目に注意しよう!

楽天カードに申し込む際には注意しなければいけないポイントがあります。 
それは「自動リボ」の項目です。

リボ払いによって発生する手数料を避けたい場合には「申し込まない」にチェックを必ずつけます。 
もし万が一「自動リボ」に申し込んでしまった場合、利用金額が指定以上になってしまうと勝手にリボ払いになってしまい、無駄な手数料を支払うことになります。

リボ払いの手数料は高いので、どうしても利用する時以外は絶対に利用したくないものです。

つぎに、審査結果の連絡を待とう!

楽天カードをホームページから申し込んだら、とりあえずそのまま終了です。 
楽天カードの会社から審査結果がお知らせされるまでとりあえず待ちましょう。

申し込み自体は24時間365日いつでも可能ですから、「楽天カードを申し込みたい!」と思った時には「明日でいいや」と思わずにすぐに申し込むことをお勧めします。 
忘れてしまったり、めんどくさくなってしまうからです。

何より早く申し込めばその分、審査結果も早くやってきます。

早ければ1日、遅くとも1週間の審査期間

楽天カードの審査に必要な時間について気になる人も多いことでしょう。 
他のカードと比べて審査が弱いとはいえ、結果が出るまではドキドキしますよね。

楽天カードの審査期間はとてもスピーディで、早ければ1日、遅くても最長1週間で結果が出ます。 
遅いからと言って落ちたということではありませんから、2、3日待ってこないからと言って諦める必要はありません。

楽天カードは基本的に機械による審査を利用しているため、一定の基準をある程度満たしていればすぐに審査を通過するでしょう。

web上で審査状況は確認できる

楽天カードの審査は基本的に申し込んでそのまま待つスタンスが一番ですが、どうしても気になるのであればその進捗状況はインターネット上で確認することができます。 
ステップは5つにわかれており、

・Web申し込み 
・審査中 
・ご本人様確認 
・可否判定 
・カードの発行

となっています。

最短で申し込んだその日のうちに本人確認の連絡がやってきて、すぐに可否の判定となります。 
ここまで詳細にオープンになっていれば、安心して待つことができます

最後にカードが送られてくる

無事に審査に合格すると、メールで通知が来るわけでも電話連絡があるわけでもなく、手元に楽天カードが郵送されます。 
郵送されたカードは必ず本人が、自宅で受け取る必要があります。

もし不在の時に配送されてしまった場合には、不在票の連絡先に連絡して再度配達してもらいましょう。 
カードが手元に届くまでの目安はおよそ1週間。

もし不在票に記載された保管期間が過ぎてしまった場合、楽天カードはカード会社に返送されてしまいます。 
これを避けるために、早めに配送してもらうようにしましょう。

楽天カードのキャッシング枠について

楽天カードのキャッシング枠はどのような内容担ているのでしょうか。

利用可能額は審査によって決定する1万円から90万円の枠内で、返済期間は一回払いなら60日以内、リボ払いの場合には30万円以下なら最長3年、100万円以下なら最長5年です。 
実質年率は18.00%なので一般的なクレジットカードのキャッシングの相場と同等になっています。

遅延損害金が20.00%というのも他のカードキャッシングと同じ水準になっています。

楽天e-NAVIの利用でネットキャッシング可能

楽天カードのキャッシングは振込に対応しています。

楽天カードのサービスである楽天e-naviにログインすると、キャッシング枠がある場合には手続きをするとすぐに銀行口座に振り込んでもらうことができます。

楽天銀行の口座があれば土日祝日でも関係なく最短数分で現金を振り込んでもらえるので便利です。 
他行宛の場合には振込先の銀行が対応している時間帯でなければならず、平日の15時までというのがすぐに振り込んでもらえるタイミングです。

キャッシングはATMでもできる

楽天カードのキャッシングはネットキャッシングのみの対応ではありません。

ATMでキャッシングをして出勤することも可能です。 
銀行やコンビニなどに設置されているATMを使うことで、ATMが稼働している時間帯であればいつでも現金を手に入れられます。

ATMの場合には利用手数料がかかってしまいますが、セブン銀行とは提携しているのでセブンイレブンやイトーヨーカドーなどに設置されているセブン銀行ATMなら手数料がかかりません。

キャッシング機能は海外でも使える!

楽天カードのキャッシング機能は日本国内だけでなく海外でも利用することができるのも特徴です。

空港や各地の銀行に設置されているATMでのキャッシングが可能ですが、全てのATMで使えるとは限らないので注意しましょう。 
無難なのは空港のATMで、大抵の国であればキャッシングできます。

操作方法も日本でキャッシングするのと特に違いはなく、空港であれば日本語の表示に対応していることが多いので安心して借りられるでしょう。

3つの原因がある?楽天カードのキャッシングの審査に落ちる理由を解説!

楽天カードのキャッシング枠を作りたいと思って審査を申し込んでみたら、落ちてしまったという経験をしている人も少なくありません。

これだけ多くの人が利用しているカードのキャッシングなら審査を通りやすいのではないかと思っていた人もいるかもしれませんが、実はそうとも限らないのです。 
審査を受けて落ちてしてしまうのには原因があります。

代表的な三つの原因について紹介するので自分は大丈夫そうかを確認してみましょう。

【審査に落ちる原因1】年収の1/3ギリギリまで借りている場合

まず審査に落ちてしまうのは年収の1/3ギリギリまで別の方法で借りてしまっているときです。

銀行や消費者金融のカードローンを利用していたり、他のクレジットカードのキャッシング枠を使用していたりすると審査は通りにくくなります。 
貸金業法による総量規制で信販会社や消費者金融などは年収の1/3までしか貸すことができません。

他社の借り入れで既にギリギリまで借りてしまっている場合には新たに枠は作れないという判断になりがちです。

【審査に落ちる原因2】在籍確認の電話に誰も出なかった場合

在籍確認ができなかったために楽天カードのキャッシング枠が作れないこともあります。 
審査では返済能力が確かにあることを確認するために、申請された勤務先の電話番号に電話をかけて働いているかどうかを調査しています。

自分が電話に出られなくても問題はありませんが、誰も電話に出ないのが続いたり、申し込みをした人が在籍していないと答えたりしてしまうと在籍が確認できなかったという判断になって審査を落とされてしまいます。

【審査に落ちる原因3】信用情報が傷ついている場合

クレジットカードの審査と同様にキャッシングの審査でも個人信用情報を確認しています。

クレジットカードを発行してもらった時点では信用情報に問題がなかったけれど、その後に携帯電話の料金を延滞してしまったり、ローンの返済が遅れたりした場合には信用情報に事故が記録されています。 
基本的には一度延滞や債務整理などの事故を起こしてしまうと記録が消えるまではキャッシングの審査を通ることはできないので注意しましょう。

限度額の一時増額にも審査が必要になるって本当?

無事に楽天カードが作れたあなたは、「ちょっと大きな買い物をするために一時的に限度額をあげたいな」と思ったとしましょう。 
これまで使っていたカードなので、限度額の増額するのもすぐにできるだろうと思いがちですが、実はそれは間違いです。

限度額を一時的に増額するためには、もう一度カード会社による審査を受ける必要があるのです。 
審査の結果、利用上限を一時的に引きあげることができるのです。

なおキャッシング枠の一時増額はできませんので注意が必要です。

楽天カードのこれまでの利用状況で審査される

ショッピング枠の限度額を一時増額してもらうための審査は、これまでの楽天カードの利用状況をメインに審査されます。 
一般的に入会してから6ヶ月以上が経過していて、これまでの支払いが遅延したことがなければほとんどの場合無事に審査に合格すると言われています。

さらに、

・結婚式の資金 
・旅行 
・引越しの費用

など、増額する目的が明確であり、かつ、継続的に続くものではないとみなされれば比較的簡単に増額のための審査を通過することができます。

楽天カードではどのような方法で増枠申請するのか

それでは実際に楽天カードのキャッシング枠を増枠する手続きについても見ていきましょう。

一般的な流れは以下の通りとなります。

[楽天カードで増枠申請する方法]

公式サイトから増枠申請
必要書類の提出
増枠審査
メールで結果通知

見たところ非常に簡単な流れになっていますよね。 
実際手続きをしてみても、それほど面倒なことはありません。

ここからは、楽天カードで増枠申請する方法についてもう少し詳しく説明していきます。

お手持ちのスマホからでも申し込み可能!

まずはスマホからから申込しましょう。 
利用限度額の増枠申し込みは、「楽天e-NAVI」にて24時間手続きすることが出来ます。

[スマホでの増枠申し込み]

楽天e-NAVIサービスの「ご利用状況メニュー」にある「ご利用可能枠の変更」を選択
増枠の申込みフォームに入力をする
増枠を希望するサービスを選択し、理由を入力する

このとき申し込み情報に間違いがあると審査に通らない可能性があります。 
情報は正確に入力しましょう。

増枠申し込み後は審査結果を待つだけ!

増枠申し込み後は楽天カードから届く審査結果を待つだけです。 
ネットでの申込なので手続きは簡単です。

しかし「申請した=増額される」という保証はありません。 

なぜならキャッシングの利用限度額を増枠するには、再度審査を受ける必要があるからです。

この審査を通過できなかった場合、希望金額まで増枠してもらうことは出来ません。 
申し込んだからと言って必ず審査に通るわけではないというのは頭に入れておくことをおすすめします。

楽天カードのキャッシング枠を増枠する際はどのような点に注意するべき?

さて、増枠審査を申し込む際に注意するのは「審査が難しいこと」「時間が掛かること」だけではありません。 
増枠を希望している人の多くはメリットだけを考えがちです。

しかし実際のところ増枠審査にはリスクがあるということも把握しておく必要があります。
増枠を申請するリスクをきちんと把握しておき「本当に申請するべきか」を考える必要があります。

ここからは楽天カードのキャッシング枠を増枠する際の注意点を紹介しますので、しっかりチェックしてください。

【注意点1】利用停止・減額になる恐れがある

楽天カードで増枠申請するとき必ず把握しておきたいリスクがあります。

増額審査を受けるリスク

・増額審査を通過できずに限度額が減少する可能性がある 
・審査落ち後にカードの利用が停止される可能性がある

増枠どころか限度額が減らされたり、カードが停止されたりする可能性があるのです。 
これは利用実績が非常に悪い人に見られることです。 

日頃から返済は遅れがち、という場合は増額申請を見送ったほうが良いかもしれません。

【注意点2】審査が終わるまでは追加借入できない

注意点はまだあります。 
これは審査が終わるまで追加借り入れが出来ないということです。

「増額審査」とは厳密に言うと、限度額の見直しを行う手続きになります。
契約内容に問題がないか、現在の限度額で問題がないかをチェックされるわけです。

審査の結果によっては前述の通り減額や利用停止になる可能性があります。 
そのため、増額申請後は審査結果が出るまで借入は一切できません。 
借入をする予定があるタイミングでの申請をしないよう注意が必要です。

Q.増額審査中になぜ借入できない?

増額は、利用限度額の見直しという契約内容の変更に該当します。 
初回審査で決定された利用限度額を引き上げる行為で、「初回審査時よりも信用力が高まっている必要」があります。

これまでの取引実績や信用力を審査した結果、減額や利用停止になることも十分考えられます。 
そのため増額申請に基づく審査中は利用できないケースが多くなっているのです。

利用したいタイミングに使えないということにならないよう、気を付けなくてはなりません。

お金がどうしても必要。そんな人は…

楽天カードのキャッシングの審査を受けて落ちてしまったときにそれでもやはりお金が必要だから何とかしなければならない場合もあるでしょう。 
その際にもしまだ借金に追われている状況ではないのなら、カードローンを利用するのも良い方法です。

銀行や消費者金融が提供しているカードローンも審査を通ればネットキャッシングやATMからの出金によって現金を手に入れられます。 
楽天カードのキャッシングとは何か違うのでしょうか。

楽天カードと変わらない大手カードローンの金利について

結論から言えば楽天カードのキャッシングとカードローンにはあまり大きな違いはありません。

気になりがちなのが金利ですが、大手カードローンと比較してみると少額の借り入れなら楽天カードのキャッシングの金利とほとんど同じ水準です。 
むしろカードローンの場合には借入上限額が大きくなれば金利が下がり、楽天カードのキャッシングよりも負担が少なくなります。

つまり、大きな借り入れをしたいならカードローンを選んだ方が良いのです。

Q.どのようにして金利は決まるの?

大手に限らず消費者金融や銀行が提供しているカードローンは金利が審査結果によって決まる仕組みになっていて表示上は数%から十数%というのが一般的です。

借入上限額に応じて金利が定まる仕組みになっているのが普通で、最初は特別に年収が高いような人でない場合には10万円や50万円といった上限額から始まる場合がほとんどです。 
この場合には最も高い金利が適用されることが多いため、金利は上限値から始まると考えておきましょう。

大手カードローンにはどのようなメリットがあるのか

大手カードローンには楽天カードのキャッシングにはないメリットがあります。

大手の場合には大抵は即日審査に対応していて、カードの発行までなら即日で終わらせることが可能です。 
時間さえ間に合えば即日で現金を借り入れすることすらできます。

また、取引先の消費者金融によっては初回に限り30日分くらいの期間は金利をゼロにする対応をしていることもあります。 
無利息期間を活用すればかなり負担を軽くすることができるでしょう。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

アイフル
プロミス
SMBCモビット
レイクALSA

特徴からさがす

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.