最終更新日:2020年06月30日

短時間でお金を増やすおすすめの方法はこれ!注意点も紹介

お金を短期間で稼ぐおすすめの方法7選を紹介!

日常生活を送っていく中では様々な出費が発生していきます。

大した金額ではないものもあれば、自分の手持ちの資金だけではどうにもならないこともあったりします。 
手持ちの資金だけではどうにもならない場合にはなんとかして短期間でまとまったお金を手に入れてその場をやり過ごすことを考えなければなりません。

そこで、ここからはそのような方が短期間でまとまったお金を稼ぐためのおすすめの方法を紹介していきたいと思います。

ポイントサイトを利用する方法

まず、ポイントサイトを利用する方法でお金を稼ぐことができます。

ポイントサイトでは多くの広告が掲載されていて、その広告を経由してサービスを受けたり、商品を購入したりすることでポイントが付与され、そのポイントを現金と交換することができます。 
インターネットショッピングでは購入金額の1%程度なのですぐにお金を稼ぐことはできないのですが、例えば証券会社の口座開設やクレジットカードの新規申し込みの場合は付与されるポイントも多いので、まとまったお金を稼ぐチャンスがあります。

モニター調査に参加して報酬を得る

インターネットが普及しているこの世の中ではモニター調査に関してもインターネット上で募集が行われていたりします。

例えば、マクロミルのようなアンケートサイトでは商品モニターの募集が行われています。 
クラウドワークスなどのクラウドソーシング系サイトでは美容外科などの潜伏調査の案件があったりもします。

さらに、飲食店のモニター調査の求人もインターネット上で行われていたりします。 
こういったモニター案件は単価が高いものが多いのでおすすめです。

フリマアプリや専門店で私物を売却する方法

お金を手っ取り早く手に入れるために私物を売って現金化するという方法もあります。

もし、所有物の中にブランド品のバックや骨董品などの価値のあるものを持っている場合には売却してみてもいいかもしれません。 
売却先はリサイクルショップや専門店などがありますが、最近ではフリマアプリも普及していてそこで売却する方も多いです。

この場合、店舗で売るよりも高値で売ることができるチャンスも広がります。 
もちろんアプリでなくてもフリマに出店して対人で売るという方法もあります。

質屋で所有物を買い取ってもらう

質屋もまた自分の所有物を買い取ってくれます。

質屋の場合は様々な商品を扱っているので、品物のジャンルを考えることなく全て持っていくことができ、手間が省けます。 
また、質屋は買取だけけではなく、私物を担保にしたお金の融資も行っています。

もし、お金が必要だが思い入れのある商品なのでできれば売りたくないというのであれば、それを担保に質屋でお金を貸してもらうというのもいいのではないでしょうか。

しかし、このような場合、利息負担もあるので借りたら早めに返すようにしましょう。

イラストや写真販売

写真撮影やイラストに自信があるならば、自ら作成した作品を販売することによって高額の稼ぎも可能です。

写真やイラストの販売というと、展示会や写真集などをイメージして、個人で行うには少しハードルを高く感じるかもしれませんが、現在では写真やイラストの販売を扱うサイトも多くあるので、初心者や未経験者であっても自分の作品を出品することができます。

次からは、「ココナラ」というサイトを利用する方法について解説していきましょう。

自分のスキルをココナラで売る

ココナラとは、自分の技能や作品を販売することのできるサイトです。

主に写真撮影の代行や、イラストの作成、広告に掲載するための漫画制作などの仕事があります。 
技能を扱うだけに相場は専門性を必要としないような仕事より高めになっています。

ただし先に説明したクラウドソーシングと同じように相場はあくまで目安です。 
ここでは自分で自分に対して値段を設定できる点が利点と言えるでしょう。

ですが買い手がいなければ報酬にはならないので、適切な価格を見極める必要があります。

治験に参加する

新薬などの効果を検証し、データを集めるための臨床試験に参加することを治験と言います。 
基本的にはボランティアの形ですが、一日で5万円程度の稼ぎになります。

人体実験のような危険を感じるかもしれませんが、国の認可を受けて規則に基づいてきちんと行われるものなので、危険性は低く、人権などもきちんと守られます。 
新薬なので副作用の可能性が全くないとは言えませんが、そうしたことを前提とした場で行われるので、ケアに関しても心配はいりません。

デメリットとしては治験期間中は自由に外に出回ることができず、制約や検査なども多いので、精神的には厳しい部分もあるかもしれません。

カーシェアリング

車を所有しているにもかかわらず、週末など少ない時間しか乗ることができず維持費が負担になっている人には、カーシェアリングがおすすめです。 
カーシェアリングとは自分が使用しない時に車を貸し出して、その分のレンタル代を受け取る仕組みです。 
カーシェアリング専門のサイトがあり、簡単に登録ができるので、マッチングがうまく行けば数日車を貸すだけで3万円以上の稼ぎが可能です。

ただし他人に車を貸すことになるので、扱いの悪い相手に当たってしまうとある程度の傷などには目をつぶらないといけないなどのデメリットがあります。 
もちろん一目でわかるような大きな傷や汚れに関しては相手に請求することができますが、少しでも自分の車が傷つくことが気になるような方にはおすすめできません。

貯蓄でお金を増やす方法5選を紹介!!

ここでは貯蓄をしてお金を増やすというものを紹介します。
もし資産運用などをするという場合でも、元になる資金は必要です。

貯蓄を増やすことで資産運用の元手にすることもできます。

ですがお金が無いという人の中には貯金をしようとして使ってしまったという人もいることでしょう。 
今回紹介する方法はお金を引き出せなくする方法もあるので、そんな経験のある人でも確実にお金を貯めていくことができます。

そこでここからは、貯蓄でお金を増やすための5つの方法を紹介していきます。

【貯蓄でお金を増やす方法①】自動積立定期預金

貯蓄でお金を増やす一つ目の方法は、自動積立定期預金です。 
これはあらかじめ積み立て人任意の積立額を設定しておくことで、指定した口座から自動的にその金額を指定した日に引き落として積み立ててくれる商品です。

自分でいちいち預金をするために別口座に移したりする必要が無く、毎月必ず自動的に預金してくれるので、確実に預金が増えていきます。 
自分の意思に関係なく確実に貯金をしていってくれますが、利用する金額は生活に無理が出ないようにする必要があります。

【貯蓄でお金を増やす方法②】円定期預金

貯蓄でお金を増やす2つ目の方法は、円定期預金です。
銀行で普通預金を利用した場合、大手銀行であっても金利は年間0.001%程度です。

そのため金利はなかなか大きな金額にはなりません。 
ですが資産運用をするのは嫌という人もいるでしょう。 
この円定期預金はそんな人におすすめです。

円定期預金はあらかじめ預入機関や満期日を設定しておくことで、通常よりも高い金利を受け取ることができます。 
金利は預入期間が長くなるほど高くなりますが、その期間は預け続けておくことが前提となっているので、覚えておきましょう。

【貯蓄でお金を増やす方法③】ステップアップ定期預金

貯蓄でお金を増やす3つ目の方法は、ステップアップ定期預金です。 
これは自分銀行が取り扱っている商品で、しくみ預金の1つです。

しくみ預金は特約付きの預金で、満期まで解約できないなどの制約があるためリスクは高くなっていますが、通常よりも金利が高くなっています。そのため利用する場合はデメリットについても理解して納得した上で使うようにしましょう。

ですが現在は利用者を募集していないので、利用したい人は募集再開を待つ必要があります。

【貯蓄でお金を増やす方法④】財形貯蓄

貯蓄でお金を増やす方法の4つ目は、財形貯蓄です。

これは正式には勤労者財産形成貯蓄制度というもので、生命保険会社や損害保険会社などの財形貯蓄を扱っている金融機関と契約し、給料やボーナスから一定の金額を預金するものです。 
マイホームを買うための財形住宅貯蓄や老後の資金を貯める財形年金貯蓄、自由な目的で積立ができる一般財形貯蓄があります。

九兆から自動的に天引きされるため、貯金ができないという人でも確実にお金を貯めていくことが可能です。

【貯蓄でお金を増やす方法⑤】定期預金

貯蓄でお金を増やす5つ目の方法は、定期預金です。 
これは普通よりも金利が高い代わりに、満期まではお金を引き出すことができない預金です。

満期まではお金を引き出せないので、途中で使ってしまうことを防ぐことができるので、確実にお金は貯まります。 
当然満期までの期間を長く設定すればその分満期になってから多くのお金を貯蓄にすることができます。

ですが途中解約をしてしまうと中途解約利率が適用されてしまい、金利が低くなってしまうので、無理のない範囲で利用するようにしましょう。

節約でお金を増やす方法5選を紹介!!

ここでは節約をしてお金を増やすという方法を紹介します。
こちらの場合はお金を増やすというよりも、支出を減らすことで、その分のお金を貯蓄や生活に回すというものになります。

1つ1つの節約で減らせる支出はわずかなものかもしれませんが、「塵も積もれば山となる」と言うように、日々の積み重ねがいずれ大きな成果になっていきます。

皆さんの中には節約をしたいけれども、節約の仕方がわからないという人もいることでしょう。 
そこでここからは節約でお金を増やす5つの方法を紹介していきます。

【節約でお金を増やす方法①】食費を見直す方法

施設や区でお金を増やす方法の1つ目は、食費の見直しです。

節約をする際の最もやりやすいのは食費だと言われています。 
週に何度も買い物に行っている場合は、その回数を減らし、献立を考えてから買い物をすることで無駄な食費を減らすことができます。

また最初に予算を決めておき、その予算内で買い物をするようにすれば、無駄を減らすことができます。 
日ごろから外食をしているという人は、それを家での自炊にすればさらに節約することができます。

【節約でお金を増やす方法②】水道光熱費を見直す方法

節約でお金を増やす方法の2つ目は、水道光熱費の見直しです。 
これらも実は家計を圧迫している要因の一つで、些細なことを気を付けるだけで節約することができます。

例えば、歯磨きをしているときに水を出しっぱなしにしていたり、給油機の温度設定は適切か、家電を使う時間は長すぎないかといったことを確認するようにしましょう。 
これらで節約できるのは数十円~数百円程度かもしれませんが、毎日積み重ねていくことで大きなものになっていきます。

またガスや電気の料金プランが生活に合っていない場合は見直してみるのも良いでしょう。

【節約でお金を増やす方法③】電子マネーやクレジットカードを利用する

節約でお金を増やす方法の3つ目は、クレジットカードや電子マネーを利用するというものです。

財布に現金が入っていると、気になる物や余計なものを買ってしまうという人もいます。 
ですがクレジットカードや電子マネーを利用すると、現金は使わないので無駄な出費を防ぐことができます。

これらは利用するとポイントがたまる物もあるので、買い物をするだけで現金の代わりに使うことができるポイントを貯めていくことができ、さらにお得になります。

【節約でお金を増やす方法④】通信プランを見直す方法

節約でお金を増やす方法の4つ目は、通信プランの見直しです。

携帯電話やインターネット回線を使っている人は多いでしょう。 
これらを特に気にせずに初期契約のママにしてしまっている場合、余計なお金を払っている可能性があります。

これらの契約プランは様々なものがあるため、人によって適したプランや利用するオプションは違います。 
そのため見直してみると、より安く利用できるプランが合ったり、不要なオプションを契約しているということも多いです。

【節約でお金を増やす方法その5】ふるさと納税を活用する

節約でお金を増やす方法の5つ目は、ふるさと納税の活用です。

CMなどでもおなじみのふるさと納税ですが、これは寄付することで特産品や名産品が貰えるだけのものではありません。 
支払った金額に応じて所得税や住民税が控除されます。

そのため食費などを節約することができるのはもちろん、支払う税金もその分安くなります。 
返礼品も通常の価格よりもお得になっているものもあるので、お得に物を手に入れることができます。

返礼品の種類も様々なので、自分に必要な返礼品のある自治体に寄付しましょう。

お金を資産運用で増やす方法13選を紹介!

ここでは、資産運用でお金を増やすことについて紹介します。 
資産運用は今持っているお金を元手にして、それを増やしていくことになります。

上手くいけば大きなリターンを受けることができるので、金欠などの場合はその生活を改善することができる可能性があります。 
ですがこれまでに紹介してきた方法とは異なり、元手が減ってしまうリスクもあります。

特に高いリターンを得ようとするとその分リスクも高くなるので、自分の資産状況や資産運用に使える資金に合わせて、どの程度のリスクなら大丈夫かを判断しましょう。

【資産運用でお金を増やす方法①】ソーシャルレンディング

資産運用でお金を増やす方法の1つ目は、ソーシャルレンディングです。

これは投資型クラウドファンディングのことを意味しています。 
ボロワーと呼ばれるお金を借りたい人とレンダーと呼ばれるお金を貸したい人をネット上で仲介してくれます。

通常お金を借りる場合は消費者金融などの金融機関を利用します。

ですがソーシャルレンディングでは希望金額や利子、返済期間などの希望をネットに投稿し、その条件でお金を貸しても良いという業者が連絡をくれ、融資をしてくれます。 
すべてをインターネット上でできるため仲介費が少なく、低金利でお金を借りることができます。

この方法でお金を貸すことで、お金を増やすことができます。

【資産運用でお金を増やす方法②】投信積立

資産運用でお金を増やす方法の2つ目は、投信積立です。

これは毎月一定の金額を積み立てながら、株式や債券などを購入してお金を増やしながら運用するものです。 
この方法ならば毎月の積立を利用して投資を行っていくので初期費用が少なくても始めることができます。

サービスによっては100円や1000円程度から積立ができるものもあるので、少額しか準備ができないという人や初めて投資を行うので少額から試したいという人にもおすすめです。

【資産運用でお金を増やす方法③】純金積立

資産運用でお金を増やす方法の3つ目は、純金積立です。

これは毎月少しずつ金を購入していき、お金を増やすというものです。 
金は毎日価格が変わっています。
そのため買うタイミングによっては高い価格になってしまうこともあります。

ですが金の価格は株価などが急落してもあまり変化しないので、確実に一定の価値がある物を持っておくことができます。

純金積立では毎月一定の積立を行い、その金額に見合った量の金を購入するドルコスト平均法を使うことが多いです。

【資産運用でお金を増やす方法③】株式累積投資

資産運用でお金を増やす方法の4つ目は、株式累積投資です。
これは自分が選んだ銘柄を毎月一定額ずつ購入してお金を増やすというものです。

こちらでも純金積立と同じドルコスト平均法を使っているので、毎月積み立てた金額で株価に合わせて株式の数を増減してくれ、一度に多額の資金を使う必要がありません。 
金銭的な負担が少ないので投資初心者にもおすすめの方法です。

ですがこの方法を使えるのは大和証券などの大手証券会社のみで、利用できる銘柄も限られています。

【資産運用でお金を増やす方法⑤】個人向け国債

資産運用でお金を増やす方法の5つ目は個人向け国債です。

国債は皆さんも知っての通り国が資金調達のために発行した借用証書で、いわゆる国の借金です。 
この国籍を保有した状態で満期を迎えると、元金だけでなく利子も受け取ることができます。

この仕組みを利用することでお金を増やすことができます。

個人向け国債は1万円単位で購入することができ、日本政府が発行しているのでリスクも非常に低いです。
発行後1年経過すれば中途解約をしても元金が保障されているので安心して利用することもできます。

【資産運用でお金を増やす方法⑥】iDeCo(個人型確定拠出年金)

資産運用でお金を増やす方法の6つ目は、iDeCo(個人型確定拠出年金)です。

これは年金の1種で、銀行の定期預金と併せて国内外の投資信託を積み立てるものになります。
利益を得ることができる可能性もありますが、その分元金が減ってしまう可能性もあります。

ですがiDeCoは所得税控除の対象で、運用によって得た利益は非課税になります。 
また満期を迎えて年金や一時金として受け取る場合には控除の対象になる為、税の面で優遇されている部分が多いです。

ですが一度加入すると原則60歳を過ぎなければ引き出しができないので途中でお金が必要になっても使うことはできません。

【資産運用でお金を増やす方法⑦】投資信託

資産運用でお金を増やす方法の7つ目は投資信託です。

投資信託は資金をプロに預け、それをプロが国内外の株式や債券、不動産などに投資し、それにより得た利益が還元されるというものになります。 
月々1万円程度からでも投資が可能なので初心者でも始めやすいですし、投資に慣れていない人にとっては代わりにプロが行ってくれるので安心できるでしょう。

ですがプロだからといって投資をすれば必ず利益が得られるというわけではありません。 
経験があっても元金が減ってしまうというリスクは常にあります。そのためリスクを知ったうえで利用しましょう。

【資産運用でお金を増やす方法⑧】株式投資

資産運用でお金を増やす方法の8つ目は、株式投資です。 
投資と聞くとこの方法をイメージする人も多いでしょう。

企業が発行する株式を安く購入し、それを株価が上がったタイミングで売ることで利益を生む方法です。 
企業が好調ならば株価もどんどんと上がっていくので利益が大きくなることもありますし、株式を一定数以上保有していると株主優待として商品券やギフト券が送られてくることもあるのでそちらもお得に利用することができます。

ですが売るタイミングを間違えると利益を得るどころか損失を出してしまうこともあります。

【資産運用でお金を増やす方法⑨】FX

資産運用でお金を増やす方法の9つ目は、FXです。
名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

FXはForeignexchange(外国為替証拠金取引)の略で、外国の通過を売買するものになります。

外国為替は常に変動しているので、それを利用してお金を稼ぎます。

FXの大きな特徴はレバレッジです。 
これは自分の資金を担保にして何倍もの資金で取引ができるという仕組みです。

これを利用することで得られる利益は非常に大きなものになります。
ですがその分損失が合った時も大きくなってしまうのでハイリスクハイリターンの方法になります。

【資産運用でお金を増やす方法⑩】バイナリーオプション

資産運用でお金を増やす方法の10個目は、バイナリーオプションです。

これはFXの一種です。 
前述したようにFXの為替チャートは常に変動しています。

それを見ながら数分後から数十分後に価格が今よりも上がるか下がるかを選ぶ方法です。 
予想が当たった場合には掛金に配当率を加えたものが返ってきます。

この方法では最低金額が50円から可能な取引会社もあるので、少ない費用からでも始めることができます。 
ですがギャンブル性が高い部分もあるため、調子に乗って大きな勝負に出て失敗してしまうという人もいます。

【資産運用でお金を増やす方法⑪】保険

資産運用でお金を増やす方法の11個目は、保険です。 
加入する保険商品によってはそれを利用してお金を増やすことができます。 
そのための方法としては、満期金を受け取る物と解約払戻金を受け取る物があります。

お金を増やすことができる保険には、学資保険や終身保険、養老保険、個人年金があります。 
これらは支払った金額よりも多くの金額を受け取ることができるので、一定期間はお金を支払わなければいけませんが、それが終わればそれ以上のお金が返ってくるのでお金が増えるのです。

特に終身保険の場合は元金の140%のお金が返ってくる可能性もあります。

【資産運用でお金を増やす方法⑫】社債

資産運用でお金を増やす方法の12個目は社債です。

これは企業が発行した債券です。 
これを利用することで個人向け国債の時と同じようにお金を増やすことができます。

社債の場合は株式への転換ができる転換社債や株式も購入できるワラント債、利息が高い分企業が破綻した時のリスクも高い劣後債など様々なものがあります。 
ただ社債といった場合にはこの中でも返済期限や利息が最初から提示されている普通社債のことを指します。

お金が増やしやすいと感じるかもしれませんが、経営状況によっては利息が払われなかったり、返金されないというリスクもあります。

【資産運用でお金を増やす方法⑬】不動産投資

資産運用でお金を増やす方法の13個目は、不動産投資です。 
これはアパートやマンション、駐車場などを購入して家賃収入を継続的に得たり、土地価格が上がったタイミングで売ることでお金を増やす方法です。

家賃収入の場合は毎月一定の収入が期待できますし、購入時に家賃収入を返済額に充てることで初期費用を少なく抑えることができます。 
土地や物件を売る場合は、将来的に価格が急上昇する可能性もあるので、利益は大きなものになります。

ですがどちらも入居者や購入者がいないと利益が得られないので、リスクもあることを覚えておきましょう。

【資産運用でお金を増やす方法⑭】仮想通貨投資

資産運用でお金を増やす方法の14個目は、仮想通貨投資です。 
数年前のビットコインを覚えている人もいるのではないでしょうか。

2017年にはビットコインが5月から12月の間に30万円から120万円にまで上昇しました。 
そのため大きく利益を出すことができる可能性があります。

ですが価格は下がることももちろんありますし、これまでに紹介してきた方法の中でも特に価格の上下幅が大きいため、急激な冒頭や暴落を繰り返してしまうので、難易度は高いです。

【資産運用でお金を増やす方法⑮】つみたてNISA

資産運用でお金を増やす方法の15個目は、つみたてNISAです。

NISAは少額投資非課税制度のことで、長期的な資産形成を目的とした投資をサポートしてくれます。 
つみたてNISAでは年間40万円の投資までなら非課税となり、積み立てた収益に関しては最長で20年非課税になります。

ですが良い点ばかりではなく、対象になる金融商品には制限があるというデメリットもあります。 
少額投資でゆっくりとお金が戻ってくるので、ゆっくりと運用していきたい人にはおすすめです。

【番外編】お金を確実に稼ぎたい。そんな方には「副業」がおすすめ!!

最初にも述べましたが、お金を増やすと聞いた時に収入を増やすということを考えた人も多いでしょう。

ここまでの方法では収入を増やさずにお金を増やしてきましたが、収入を増やす方法もあります。 
それは副業です。 
アルバイトなどをすることで本来の給料に加えてアルバイトの給料ももらえるため、収入は増えていきます。

まとまった時間が取れないという人は、隙間時間を使って内職などをするというともあります。 
ですが副業は企業によっては禁止していることもあるので、副業が認められているかどうかを確認しておきましょう。

30万円・50万円以上を稼ぐ方法はある?

お金が必要な人の中には、30万円や50万円といった高額な金額を本来の給料に加えて稼ぎたいという人もいるでしょう。 
それほどの金額を稼ごうと思うと、人によっては本来の収入以上にお金を稼がなければいけません。

この金額を稼ごうとすると、投資などのテクニックが必要になってきますし、その分リスクも高くなってしまうので失敗してしまった時に大きな損失が出てしまいます。

ですがこれまでに紹介した方法以外でも、30万円や50万円といった大金を稼ぐことは可能です。

車を売ることで大金を作る

短期間で30万円や50万円を稼ごうとした場合にできる手段としては、車を所有している人はそれを売るというものがあります。 
車は元々の金額が高いので、売る際に安くなってしまったとしてもある程度の金額になります。

そのため車種や年式によっては30万円や50万円どころかそれ以上の金額を稼げる可能性もあります。 
また車を売ることにより、ガソリン代などの費用も支払う必要が無くなります。

それにより支出が減り、生活が楽になるという人もいます。

絶対にやってはダメ!違法・グレーな方法!!

お金が必要だけれども、どこからかお金を借りたり、初期費用が用意できないため投資もできないという人もいることでしょう。 
急にお金が必要な場合には、節約などの手段では間に合わないため、困ってしまうという人もいます。

そんな人の中には、違法な手段やグレーな方法を使ってお金を手にしようとしてしまうことがあります。 
ですがそれらを利用することで犯罪に関与してしまったり、さらなるトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。

クレジットカードを現金化する

注意してほしい方法の1つ目は、クレジットカードの現金化です。

現金が手元になくてもクレジットカードならあるという人もいることでしょう。 
そんな人は時に、自分の持っているクレジットカードが現金に出来たらと思うこともあります。

ですがクレジットカードはキャッシング以外の方法で現金化してはいけません。 
キャッシングはクレジットカード会社が行っている正式なサービスですが、現金化の業者を利用したりするのは規約違反になります。

クレジットカードは規約などで現金化することが禁止されています。 
そのため現金化をしてしまうと規約違反になり、利用停止や強制解約の危険もあります。

掲示板の利用や闇金からの借り入れ

お金に困っている人の中にはカードローンを利用しようとして審査を受けたものの落ちてしまったという人もいることでしょう。

そんな時には、審査不要でお金を借りることができると謳っているローンは非常に魅力的でしょう。 
ですがこれは闇金の広告
です。 
金融機関は融資を行う際に審査が義務付けられています。

それを行わないということは違法業者ということです。 
闇金の危険性は多くの人が知っているでしょうが、さらなる窮地に追い込まれることになってしまいます。

また最近では個人間融資の為の掲示板もあります。 
こちらについても危険が高いので利用しないようにしましょう。

個人掲示板での勧誘は闇金やソフト闇金の可能性大!

個人融資掲示板は実際に会ったりせずに全てのやりとりを掲示板上でできるので楽だと利用する人もいます。

ですが個人掲示板でお金を貸そうとしている人のほとんどは闇金やソフト闇金です。 
そのため最初は低い金利でお金を貸すと近づいてきますが、実際にお金を借りてみると急に高額な金利を突きつけられたり、違法な取り立てが行われる可能性があります。

これらは貸金業法などの対象外となっているため、それらで制限することもできません。 
また警察などに相談しても、それでも取り立てが行われることもあるのでリスクしかありません。

口座や名義を売ること

インターネットなどを見ていると、口座や名義を買い取ってくれるというものが見つかります。

自分の使わない口座を作って売るだけでお金になるということで楽にお金が手に入ると考える人もいるかもしれません。
ですがこれを利用するのも絶対にやめましょう。

口座や名義の売買は法律違反です。 
そしてそれを買い取るのはヤクザなどの反社会勢力です。 
つまり、あなたの情報がそれらの人に握られてしまうということです。

またそこで売買した口座や名義は犯罪行為に使われることも多いです。 
そのため知らないうちに犯罪行為の片棒を担いだことになってしまいます。

短期間にお金を稼ぐときはこんなことに気を付けよう!

短期間でお金を稼ぐ方法はいくつもありますが、人によっては利用することができないものもあります。

これは会社の規則や税金などが関係してきます。 
それらを無視してお金を稼ごうとしてしまうと、本業に支障が出てしまったり、税金などのトラブルが起きてしまう可能性があります。 
そのため自分の状況に合わせてお金の稼ぎ方を選んだりしなければいけません。

そこでここからは短期間にお金を稼ごうとした時に気を付けておくべきことを紹介していきます。

副業禁止の会社に勤めていないかどうか

会社によっては規則で副業を禁止していることがあります。

そのような会社に勤めている場合、当然ですが社内規則などに違反してしまうので副業をしてはいけません。 
それでも副業をしてしまうと解雇の可能性もあります。

そのため副業をする前には確実に確認しておきましょう。

副業が禁止されているかどうかに関しては、会社の就業規則から確認することができます。 
就業規則を見ても副業が禁止されているか分からない場合には、上司や総務部に聞いてみると答えてくれるでしょう。

税金を支払う必要がある

副業などでも新たに収入を得た場合には、その分の税金を支払う必要があります。

投資などの場合は税金が非課税になる物もありますが、副業の場合は基本的に税金がかかります。 
そのためその分は自分で確定申告を行い、追加で税金を支払わなければいけません。

これを怠ってしまうと、脱税で摘発される可能性もあります。 
ですが買取でお金を手に入れた場合は売却価格が購入価格よりも低額の場合、副業の収入が20万円以下の場合は申告は必要ありません。

楽な仕事についてくるリスクについて

副業の中には楽にお金を稼げるように感じられるものもあります。 
ですがそれらには必ずリスクがあります。 
リスクなしにお金を稼げるような都合の良いものはありません。

例えば治験です。 
治験はその期間は病院で過ごさなければいけないので拘束時間が長く、精神的な負担があります。 
また薬による副作用が出る可能性もゼロではありません。

パパ活やレンタルフレンドといったものの場合は、男性から性的なことを強要される可能性もあります。
そのため副業をする時には、デメリットやリスクを理解した上で行うようにしましょう。

借りる方法も検討!お金を稼ぐ余裕のない人がお金を用意するには?

お金が無いけれども、副業などの方法でお金を稼ぐのは難しいという人もいることでしょう。 
そんな時には自分で稼ぐことにこだわらず、お金を借りることも検討する必要があります

お金を借りる先としては親や家族、友人といった身近な人や金融機関のカードローン、公的支援など様々なものがあります。 
それぞれメリットや気を付けなければいけない点が異なり、どれを利用するべきかは違います。

そこでここからはお金を借りることについて触れていきます。

きちんと借用書を書いて親に借りる方法

お金を借りる先の1つ目は親や家族に借りるというものです。
金融機関などに比べると大金を融資してもらうことは難しいですが、親身に相談に乗ってもらえる可能性は高いです。

ですが身近な人からお金を借りる場合でも、きちんと借用書を作るようにしましょう。 
借用書を作っておくことでお互いの情報の擦れ違いによるトラブルを避けることができたり、返済についてもめることが無くなります。 
借用書を書いたことが無いという人も多いでしょうが、以下のようなことを書いておきましょう。

・書類作成日
・借主の氏名、住所、押印 
・貸主の氏名、住所、押印 
・借入金額 
・借入日 
・返済日
・返済方法

友人からお金を借りるときは慎重に借りるようにしよう!

身近な人からお金を借りる時には、親や家族ではなく友人を頼るということもあります。

ですが友人からお金を借りる場合は特に注意するようにしましょう。 
正直に言うと、友達からお金を借りるのはおすすめできません。

これは金銭的なトラブルに発展してしまう可能性が高いからです。 
お金を借りるということだけで信用は下がってしまいますし、返済などが遅れたりしてしまうと、それが原因で関係が壊れてしまう可能性もあります。

そのため可能な限りは他の方法で借りるようにしましょう。

キャッシングやカードローンを利用する

すぐにお金が必要という場合は、カードローンやキャッシングを利用するのがおすすめです。
特に大手消費者金融が行っているカードローンなら、即日融資が可能なので申し込んだその日のうちに借りられる可能性があります。

利用限度額は年収の三分の一を超えない金額と決められているためその人の収入によってどれだけ借りられるかは変わってきますが、100万円などの融資を受けることもできます。

銀行のカードローンの場合は金利は低くなっていますが即日融資はできません。
そのため自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

条件は厳しいが、公的支援もある

お金を借りる方法としては、国や地方公共団体が行っている貸付制度もあります。 
ですがこれは利用できる人が少ないです。 
条件が厳しいため、それを満たすことができない人は利用することができません。

公的支援は生活に困窮している人を支えることを前提としているので、それほど困窮していないという人は審査の時点で落とされてしまいます。 
ですが利益を求めているものではないので金利などは低くなっています。

そのため急な離職や災害被害などの場合は利用できるものを探してみることをおすすめします。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

特徴から探す

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

職業から探す

公務員に人気のカードローン
会社員(サラリーマン)に人気のカードローン
自営業(社長)に人気のカードローン
主婦に人気のカードローン
パート・アルバイトに人気のカードローン
学生に人気のカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  6. カードローンは計画的にご利用ください
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.