最終更新日:2020年06月24日

審査の甘い消費者金融特集!落ちた人でも借入できる?

【結論】実際に審査が甘いカードローンは存在しない

一度カードローンの審査で落ちてしまうと、どこか審査の甘いカードローンはないかを考えてしまうものです。

しかし、結論として審査が甘いカードローンは存在しません。 
たとえネットでここの審査は甘かったと書いてあったとしても、それはその人がたまたま一発で通っただけのことです。

審査基準は公開されないため、どこが緩くてどこが厳しいかなどわかるわけもないのです。 
つまり、審査の甘いところを探すことは時間のロスになります。

審査に通るかどうかは申し込み者の信用情報や属性情報で変わる

審査に通るかどうかを左右するのは、申込者の属性情報や信頼情報、生活情報です。

金融機関がどうのこうのと動くことはなく、あくまで申込者にきちんとした返済能力があるかどうかが問題となります。 
よって、働きに出ていてもその年収にそぐわない額を借りようとしていたり、安定していない収入であり、年収はあっても月収で見ると落差がありすぎる人はなかなか審査に通らないと言えます。

以下で属性情報や信用情報についてより詳しく見ていきます。

【属性情報とは】勤続年数や年収で「返済能力」を見る?

属性情報と言われるとなんだかわかりにくいものですが、要は借りたお金を期限内にきちんと返せるかという「返済能力」のことを言います。

収入が安定している職業なら借り入れがしやすいので、カードローンの審査に通りやすいのは公務員と言われています。 
会社員でも大手に勤めていれば安定した収入をもらえることからも、やはり審査に困らないと言える職です。

逆に、アルバイトや専業主婦など、収入が安定しない人やない人は審査に落ちやすいです。

【生活状況とは】ローンの有無や家族構成で「返済余力」を見る?

返済能力があっても、「返済余力」がなければこの場合も審査に落ちる可能性があります。

いくら高い収入を得ていても、それをパーッと使ってしまうような人であれば返済余力はないとされます。 
家族構成を見て、教育費がかかりそうなお子さんがたくさんいるなら公務員でも返済余力は低く見積もられます。

他に住宅ローンやカーローン、教育ローンなどを持っていれば、これも審査に落ちやすくなる要因となってしまいます。 
このように返済余力も大切です。

【信用情報とは】過去の返済履歴や借入残高で「個人の信用」を見る?

最後に、カードローンで借り入れを申し込む際には、「個人の信用」を見られます。

これはいかにお金に対してシビアに生きているかということで、たとえば過去にスマホ料金の延滞をしてしまったり、支払えなかったものがあればそれは個人の信用を落としてしまいます。 
これらの情報があるほどに審査には通りにくくなり、逆に今までこのような金融事故を起こしていなければ審査に通りやすくなります。 
今までの実績がものを言うのです。

カードローンの審査に関する実態はどうなっているのか

カードローンで借り入れをしたい時、まずはネットで情報収集を行うという方も多いでしょう。

たくさんの情報が出てきて、ここなら安心して借りられるかも、審査が緩くて大丈夫そうかも、と思えるところもあるかもしれません。

しかし、実際には確かなことなんて載っていません。 
なぜなら、金融機関はカードローンの審査基準をどこにも漏らしていないからです。

体験談は読めても、審査に通りやすいかどうかはどうやってもわからないのです。

銀行より消費者金融の方が審査が甘いという根拠はない

よく聞くのが、銀行より消費者金融の方が審査が甘いという情報です。

確かにイメージとして銀行はお堅いというものがあるかもしれませんが、実際のところはそのようなことはありません。 
消費者金融だって、年収や勤務先の情報、信用情報をしっかりと精査した上で審査の合否を決定しています。

他にも銀行の方が審査が厳しいと思われる要因はあるのですが、やはりそれらをもってしても消費者金融だから審査が甘いなんてことはありません。

審査が甘いからスピード融資できているわけではない

消費者金融の方が銀行よりも審査が甘いと思われる理由の一つに、審査のスピードが速いことが挙げられます。 
プロミス、アイフルなどの大手消費者金融では最短30分という驚異のスピード審査を強みにしていますから、これらのイメージが強いのでしょう。

しかし、このように審査が早いのは申し込み情報を点数化するスコアリングシステムのおかげです。 
このシステムが自動で申し込み者を点数化しているだけのことであり、審査が甘いわけではないのです。

属性情報の1つである年収は絶対に必要な条件ではない

確かにカードローンで借り入れを行う場合には年収は大切な審査基準です。 
これを第一に考える人も多いのではないでしょうか。

しかし、年収は属性情報の一つではあるものの、絶対に必要な条件ではありません。 
もし年収が低いのであれば、それ以外の審査に通りやすい条件を満たすことで借り入れが可能になる場合もあります。

主婦でも学生でも融資を受けられるというところがありますが、その場合はこのような年収以外の条件をそろえているからです。

どのような方法で審査に通りやすい消費者金融・金融機関を見つけるのか

審査に通りやすい消費者金融や金融機関を見つけようとしても、そのようなところはないと書きました。

ですが、こちらが調べる術としてはどれだけの申込者が消費者金融と成約することができたか、ここを知ればヒントにはなるかもしれません。 
各消費者金融が株主向けに公開している情報ならあるので、ここから想像を膨らませることはできます。

しかし、あくまで確固たる情報ではありませんので目安として考えておいた方が良いでしょう。

各会社の公式ホームページで「契約率」を確認する

各消費者金融は、株主向けにIR情報というものを出しています。

ここで「成約率」、または「新規貸付率」という情報を公開しているのですが、ここを見れば多少の情報は掴めます。 
それぞれ呼び名は違うのですが、どちらも新規申込者の何人と契約したのかを表しています。

これを見て成約率・新規貸付率が高い消費者金融を選べば、審査に通過できる可能性が上がるのではないかと判断することもできるでしょう。 
やはりあくまで参考程度に考えてください。

大手消費者金融の成約率の推移について

では、より具体的に大手消費者金融の成約率の推移を見てみましょう。

最新の2020年2月の比較では、アイフルの成約率は45.8%となっています。 
アコムやプロミスといった大手の消費者金融の成約率についても大きな差はなく、安定しているようなグラフになります。

これだとあまり情報はありませんが、今後は成約率が大幅に動くこともあるので、申し込みをする時に、最新の投資家向けIR情報を確認することをオススメします。

会員数が多い金融機関・消費者金融を選ぼう

審査が甘いかどうかを考える基準の一つとなるのが、会員数が伸びているかどうかです。

会員数が多くなっているということは、それだけ審査に通過した人が多いことを意味していますから。 
そのためか、成約率の高さと会員数の伸びはマッチしている結果になります。

2019年と2018年の比較を考えると、会員数・増加割合ともに伸びているのがプロミスです。 
成約率・会員数の伸び率、この2つのデータを検証してみると良いでしょう。

大手消費者金融3社の会員数の推移について

大手消費者金融3社の会員数の推移を見てみると、プロミスが2018年に約1,322,000人だったのが2019年に約1,454,000人、同じようにアコムは約1,517,000人から約1,577,000人、アイフルが約843,000人から約910,000人となっており、最も増加しているのがプロミスとなります。

+132,000人で(+9.9%)となっており、少しでも審査に通る確率を高くしたいならオススメします。

審査落ちになりやすい人にはどのような特徴があるのか

せっかくお金を借りようと思ったのに審査落ちしてしまう人の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

まずは、信用情報に傷があるとなかなか審査には通過できません。 
また、他社での借り入れ件数や額が多いとそちらに返済する力も必要となるので避けられやすいです。

虚偽の内容で申し込みをしている人は言わずもがな、収入が安定していないことは消費者金融も銀行も嫌いますし、在籍確認ができないと更に印象は悪くなってしまいます。

信用情報に傷がある場合

信用情報に傷があると、それがたとえ小さいものでも審査落ちしてしまう原因になりかねません。

今まで普通に、真面目にお金と向き合ってきた人なら心配はいりませんが、しかしこれまで何かしらお金に関してルーズなところがあったり、返済しなければならない期限を過ぎてしまっていたりすると審査に通るのは厳しくなります。 
一度ブラックリストといって信用ができない人の仲間入りをしてしまうと抜け出すことが困難になってしまいます。

他社での借り入れ件数や額が多い場合

他社での借り入れ件数や額が多いことも審査落ちしてしまう原因になります。

お金を借りたいと言われた側の立場に立ってみると、他でも借りていると言われたらうちが貸した分を返してくれるのだろうかと不安になりませんか? 
銀行も消費者金融もそうなのです。

返済能力があるかを問う時、他からもいくつかお金を借りていると言われたら警戒します。 
たとえ借りている先が1つだけだったとしても、その額が大きければ考えてしまうでしょう。

申し込み時に虚偽の内容で申請をしている場合

審査に通りたいからと、年収をかさまししたり、審査に有利になりそうなことを書いて虚偽の内容で申し込みをした場合には当然審査に落ちます。 
信用情報は消費者金融側で簡単に調べられるため、虚偽の申告がまかり通ることはないのです。

申込者が出した書類を鵜呑みにするところはありません。 
必ずきっちり調べるため、そこでボロを出してしまうと一切信用されなくなってしまいます。

これからお金を借りられなくなって困るのは自分自身でしょう。

収入が安定していない場合

お金を借りる時、消費者金融も銀行も一番注目しているのが安定した収入です。

たとえたくさんの収入を稼いでいたとしても、それが安定しないものだとしたら将来貸したお金が返ってくるかを考えて審査に落とす可能性もあるのです。 
ここは収入が安定しており、倒産もない公務員はかなり得をします。

職業そのものが収入の安定を表しているため有利になります。
それ以外の職業の場合は、収入がどれだけ安定しているかをアピールしなければなりません。

在籍確認ができない場合

在籍確認とは、カードローンの審査の際に申し込みフォームに記載した会社に連絡して所属を確かめることを言います。

この時、そもそもその電話番号が存在していなかったり、偽の電話番号だった場合には審査で嘘をついたことになります。 
会社へカードローンに申し込みをした事実を知られたくない場合もあると思いますが、会社で申し込み者以外の誰かが出ればそれでOKなので事情を詳しく話されることはありません。

心配は無用です。

大手3社の成約率を比較!成約率が高いアイフル!

成約率の面からみてみると、大手カードローン会社の中でもアイフルが審査に通過しやすいと読み取ることができます。 
実際に大手カードローン会社の中でも成約率を公開しているプロミスとレイクALSAと比較してみると、以下のようになります。

アイフル:45.8% 
プロミス:44.9% 
レイクALSA:29.4%

これらは2020年2月に確認できたデータになりますが、アイフルはこの3社の中では最も高い成約率を誇っています。

金融機関を選ぶ時は、安全かつ利用者の多いところを選ぶのが正解

もしこれからお金を借りるのであれば、無難に安全かつ利用者の多い金融機関を利用するのが正解です。

ブラックリストに載っていても借りられる、審査が甘いから誰でも借りられる、そんな甘い言葉にのってしまうことが一番危ないです。 
とにかく安心できるところから借りたいのであれば、たとえ審査に落ちてしまうかもしれないと思っていても、誰もが知っている大手から借りましょう。

こうすることによって安全は確保されたも同然です。

おすすめの消費者金融1【アイフル】

おすすめの消費者金融のうちでも、アイフルは審査が早くて信頼が置けます。

直近での成約率がもっとも高いですし、2018年から2019年にかけての会員数の伸び率でもプロミスに続く2位につけています。 
アイフルが持つ個性としては、申し込み後にフリーダイヤルに電話することで優先的に審査してもらえるサービスがあるので、特に急いでお金を借りたい人には向いているサービスと言えるでしょう。

早急にお金が欲しい場合に利用しやすいです。

おすすめの消費者金融2【プロミス】

同じく消費者金融でおすすめしたいもう一つの会社がプロミスです。

成約率でもアイフルに次ぐ高さをキープしていますし、2018年から2019年会員数の増加率は大手の中でもトップです。 
プロミスには、初回の利用日の翌日から30日間無利息のサービスがあるため、短期間だけお金を借りるなら30日間以内に返済できる場合余計なお金はかかりません。

アイフルやプロミスにも初回30日間無利息サービスがあるのですが、契約の翌日から30日となっているため、無利息サービスはプロミスがもっとも有利な条件です。

中小も検討?大手消費者金融で審査に通らない場合の対処法!

カードローンなどでお金を借りたいという場合には、大手消費者金融を利用したいという人も多いでしょう。

ですが大手消費者金融は柔軟な対応はしてくれますが、審査が特別甘いということはありません。 
そのため信用情報に傷があったりすると、審査に通らない可能性が高くなります。

そんな人でも中小の消費者金融からならば融資を受けることができる場合も多いです。 
中にはブラックの方相手でも融資をしているようなところもあります。

フクホー

審査が甘い中小の消費者金融として有名な会社に、フクホーがあります。

フクホーは実際に大手消費者金融の審査に落ちてしまったけれども、フクホーならば審査に通過することができたという口コミも多い会社です。 
そのため大手では借りられなかったという人でも融資を受けることができる可能性は十分にあります。

フクホーは金利が7.3%~18%と最低金利は高めに設定されていますが、最大金利は大手と特に差はありません。 
そのため金利の問題もそれほど影響しません。

来店で即日融資にも対応!?

中小の消費者金融の場合、WEB申し込みには対応しておらず、申し込みや契約のためには来店が必要ということも多いです。

ですがフクホーでは来店不要で申し込みを完了することができます。 
そのためフクホーのある大阪周辺に住んでいる人でなくても利用しやすくなっています。

ですが契約を進めるためには必要書類を郵送でやり取りすることになるので、WEB申し込みを利用した場合は融資までそれなりに時間がかかってしまいます。
そのため即日でお金を借りたいという場合には向いていない部分もあります。

アロー

アローも審査が甘いといわれている中小の消費者金融の1つです。

アローではフリープランと借換ローンの2種類のローンが用意されているので、自分の目的に応じて選ぶことができます。
フリーローンは最短45分で審査が完了し、無担保で用途自由となっているので利用しやすくなっています。

ですが金利は15%~19.94%とかなり高めに設定されています。 
特に最低金利に関しては大手消費者金融の最大金利に近い数値となっているので注意しましょう。

キャッシングスペース

審査が甘いとされている中小の消費者金融に、キャッシングスペースがあります。 
キャッシングスペースは少し金利が高めに設定されていますが、審査自体は甘くなっています。

実際に利用者からも、ブラックだったり大手の消費者金融の審査に落ちてしまったけれども借りることができたというものも多いです。 
そのため大手では借りられなかったけれどもお金が必要という場合にはキャッシングスペースを利用するというのもおすすめです。

高金利なカードローンほど審査が甘いって本当?

カードローンなどで融資を受ける場合、一般的に金利が高いほど審査自体は甘くなる傾向があります。

金利が高いと、毎月の利息もその分高くなるので、カードローン会社はより多くの利益を得ることができます。 
そのため多少審査を甘くしてでも多くの人に融資したほうが回収できる利息の金額も大きくなるので、より多くの利益を得ることができます。

そのため金利が高いところほど、審査は甘くなっているのです。 
実際に比較してみると、審査が厳しい銀行系の場合は最大金利が14~15%程度ですが、消費者金融の場合は18%程度となっています。

たとえ審査通過率が高くても必ず借りれるとは限らない

ここまでは審査に通りやすい消費者金融について紹介してきました。

ですが審査に甘いからといって必ずしも融資が受けられるというわけではありません。 
そこには総量規制というものが関係しています。

総量規制はその人の年収の三分の一を超える金額の融資はできないというものになります。

そのためすでに他社で総量規制の範囲分の借り入れを行っている場合には、どれだけ審査が甘い消費者金融であったとしても融資を受けることはできません。

総量規制を超える他社借入があって審査の甘いカードローンを探している場合は?

すでに他社での借り入れがあるため、総量規制を超えてしまっているけれどもお金を借りたいという人もいることでしょう。 
ですが多重債務の状態や総量規制の範囲を超えてしまっている場合には、審査で非常に不利になってしまいます。

そんな状態でもお金を借りたいというときには、おまとめローンを利用するという手もあります。
おまとめローンは複数の借入先を1つにまとめることができるので、その分利息を抑えることができ、返済の負担が小さくなります。

おすすめのおまとめは中央リテール

おまとめローンをメインに取り扱っている中小の消費者金融に、中央リテールがあります。 
そのためすでに複数の消費者金融から融資を受けているという人にはおすすめです。

中央リテールはおまとめローンをメインとしていることから金利も10.95~13%と中小の消費者金融の中でも低く設定されているので、返済時に支払う利息も少ないです。 
特に複数の会社から融資を受けている場合には利息もかなり大きなものとなってしまうので、それだけでも返済の負担は小さくなります。

複数社からの借入を完済したい方向け

複数の会社から融資を受けている場合、それぞれ返済日が異なるので頻繁に返済をしなければならず、管理が大変で心理的な負担も大きくなります。

ですが中央リテールのおまとめローンを利用すると、借入先を1か所にまとめることができるので、返済日は1つにまとまり、管理も楽になります。 
また金利も低く抑えられるので非常に楽になります。

ですがあくまでおまとめローンをメインとしているため、新しくお金を借りたいという人ではなく複数の会社からの借入を完済したいという人に向いています。

利息0円サービスのあるカードローンが初めて借入する方におすすめ

お金が必要で初めてカードローンを利用するという人ならば、無利息期間を設けている消費者金融のカードローンがおすすめです。

大手消費者金融の多くではそれぞれが独自の無利息期間を設けています。 
実際にアイフルやプロミス、アコムといった大手消費者金融では初めての利用ならば無利息期間があります。

無利息期間を上手く利用すれば、借りた金額をそのまま返せばよくなるので、余分なお金を払う必要もなくなります。 
そのためすぐに返済ができるという人には特におすすめです。

中小消費者金融で決まり!審査に不安がある人の借入について

お金を借りたいという人の中には、様々な理由から大手消費者金融や銀行系のカードローンの審査に通過するのが難しいという人もいることでしょう。

そのような不安がある人は、ぜひ中小消費者金融を利用するようにしてください。 
大手などの審査に通過できなかった人でも融資を受けることができる可能性は十分にあります。

カードローンの審査に通るか不安な人は、審査が甘いことが多い傾向にある中小消費者金融の利用を検討してみてください。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

アイフル
プロミス
SMBCモビット
レイクALSA

特徴からさがす

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.