最終更新日:2020年05月23日

アイフルのおまとめローンの特徴や審査基準を解説!注意点は?

アイフルユーザーなら「おまとめMAX」、そうでないなら「かりかえMAX」

大手消費者金融「アイフル」は、カードローンのイメージが強くなっていますが、実は2社以上でお金を借りている方だけを対象とした「おまとめローン」も同時に取り扱っているのです。 
今回は、アイフル「おまとめMAX」「かりかえMAX」について、基本情報や、他社との比較、申し込み・契約方法に至るまでの流れなどを詳しく解説していきます。

まずは、「おまとめMAX」「かりかえMAX」の内容と、それぞれの違いについて説明します。

借り換えとおまとめの違いって?

一般的に、2つのローンの違いは以下になります。

・おまとめローン
2社以上でお金を借りている方が、借り入れ先を1社にまとめることにより、月々の返済額を減らすために利用する。

・かりかえローン
借り入れ件数に関係なく、より金利が低く、条件の良いものに乗り換えるために利用する。

ただし、アイフルの場合は少し異なり、アイフルをはじめて利用するという人は「かりかえMAX」、アイフルをこれまで利用したことのある場合は「おまとめMAX」を選ぶことになります。

「かりかえMAX」「おまとめMAX」の基本データを紹介!

・おまとめMAX(アイフルをこれまでに利用したことのある方が対象) 
金利 12.0%~15.0% 
限度額
500万円 保証料 なし
申し込み条件 
20歳以上
定期的収入と返済能力がある
借り入れのおまとめのためのみに利用できる

・かりかえMAX 
金利 12.0% ~17.5% 
限度額 50万円 
保証料 なし
申し込み条件 
20歳以上 
定期的収入と返済能力がある 
アイフルを初めて利用する

即日おまとめも有人店舗に向かえる方であれば可能!

全国25の場所にあるアイフルの店舗窓口に直接足を運ぶことができる場合には、即日のおまとめが可能となっています。 
アイフルの場合は、同じ大手消費者金融として有名なプロミスのように、無人店舗(アイフルの場合契約ルーム)で申し込みや契約を行うことはできないので、その点には注意が必要です。

追加借り入れはカードローンでないのでできない

カードローンのイメージがあるアイフルではありますが、「おまとめMAX」「かりかえMAX」のどちらも、カードローンとは異なります。 
ローンカードが発行されることはなく、自分の現在の借入先に、一括返済するためのお金だけを借りられる、というサービスを利用していることになるので、追加の借り入れをすることは不可となっています。

このことから、カードローンをもう使用したくない、と思っている人には大変おすすめなローンといえるでしょう。

おまとめを利用せずに済む?既存のローンの限度額を引き上げよう!

アイフルでおまとめをした場合には、適用されるのはたいていは法定上限金利となるでしょう。(15%~18%)
そのため、金利だけで考えてるとアイフルでおまとめを行うメリットはないともいえるでしょう。

おまとめの金額にもよるのですが、まずはおまとめをする前に、今利用している金融機関に増額の相談をしてみるのがおすすめです。 
ちなみに、おまとめ先をアイフルに選ぶメリットは、やはり審査通過率が良いことや、最短即日という融資スピードでしょう。

返済方法は口座引き落としのみ!!

「おまとめMAX」「かりかえMAX」の返済に関しては、口座引き落としのみで行わなければいけません。 
通常のカードローンのように、ATMを利用して返済することは不可となっています。 

また、カードローンと違う点として、まずはじめに返済期間を決めてから分割払いを行うという方法が取られているので、契約時にどのくらいの返済期間を選択するのかということが、大変重要なポイントになるでしょう。(ただし相談次第で変更可)

アイフルは向いているのはどんな方?

ここからは、おまとめローンのメリットを紹介していくので、自分との相性をよく考えてみてください。 
一見便利そうなサービスでも、自分とまったく合わないものだと、予想外の不便さに戸惑うことがあります。

失敗を避けるなら、できるだけ相性の良いものを選ぶようにしましょう。 
おまとめローンの場合は、下記のような目的がある人におすすめです。

おまとめローンをおすすめする人
  • 少しでも早く融資を受けたい
  • 誰にも知られずに利用したい

これらの条件が重要な人は、おまとめローンのメリットをチェックしてみてください。

とても早い融資スピード

他の金融機関に比べると、とても早く融資を受けられることが、アイフルおまとめローンの大きな特徴です。 
適当に選んだところを利用すると、遅くてイライラしてしまうこともありますが、アイフルなら心配は無用です。

郵送ではさすがに限界がありますが、きちんと店頭まで行ってから契約する方法なら、最短ルートをたどることが可能になります。 
急ぐ事情があり、できるだけ早いサービスを利用したい人は、アイフルを見逃さないようにしましょう。

他人や家族にローンについて知られるリスクを下げることが可能

アイフルでも、誰かに利用がばれるパターンは2つほどありますが、どちらも対策が可能です。

店舗での契約を選んでおけば、契約書類が送られてきてばれる心配はありません。 
在籍確認が心配な場合も、事前に相談しておけば、柔軟に対応してくれることがあるのです。

在籍確認は絶対に希望通りになるとは限りませんが、きちんと事情を話せばわかってくれることが多いので、まずは諦めずに試してみましょう。 
こうしたメリットを把握してから利用すれば、余計なストレスを防ぐことができます。

消費者金融のおまとめローンのオススメはこちら!

他におすすめのおまとめローンを利用できるのは、下記のような消費者金融です。

おまとめローンを利用できるおすすめの消費者金融
  • プロミス
  • アコム
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱UFJ銀行バンクイック
  • じぶん銀行カードローン

これらのおまとめローンもかなり便利なので、自分に合ったサービスを慎重に選びたいときは、候補に加えてみてください。 
ただし、それぞれの違いは確実にチェックし、間違えないようにしておくことをおすすめします。 
金利や限度額などが異なるので、よく考えずに雑な選び方をするのはよくありません。

特徴と自分の重視するポイントを照らし合わせ、メリットの大きいところを選びましょう。

「かりかえMAX」「おまとめMAX」の審査難易度は?

最短で即日審査も可能なアイフルではありますが、実際に利用を考えたときに気になるのが、審査に通りやすいかどうか、つまり審査の難易度についてでしょう。 
アイフルの「おまとめMAX」「かりかえMAX」の審査の難易度については、そこまで高いというわけではなく、むしろ他社のおまとめローンの審査と比べると、低めであるとも言われています。 
アイフルのおまとめローンの審査は、他社の審査と比べるとどのような特徴があるのかを確認してみましょう。

審査難易度は金利や審査時間から考えると、それほど高くない

金利の高いローンほど、審査難易度は低いことが多いです。

低金利のカードローンだと、一人当たりから得られる金融機関の利益は少なくなってしまいます。 
だからこそ、審査を厳しめに行うことで、自己破産などで金融機関が損失を受けるリスクをを防いでいるということになります。

また、審査の難易度が高いローンほど、審査に時間を要することが多いです。 
審査に数日必要なおまとめローンは多いではしが、アイフルは最短即日審査が可能です。

このことからも、アイフルの審査難易度はそこまで高くないと考えることができます。

「かりかえMAX」「おまとめMAX」の審査に通過した実例を紹介

年収が大体300万円、プロミス+アイフルで限度額計100万円となり、アイフルで可決が出ました。 
総量規制ギリギリだったので、ダメ元でしたが、通って良かったです。

クレジットカードのショッピング枠+キャッシング枠で計3社200万円のおまとめを希望したところ、アイフルでできました。 
ショッピング枠にも対応してくれたのが良かったです。

年収3分の1ちょうどの借り入れ(4社)で、オリックス銀行・SBI銀行・地元の信用金庫にも断られていましたが、アイフルで通ったので助かりました!

こんな人が審査に落ちてしまった!

年収450万円でしたが、4社合わせると年収以上の借り入れがありました。 
今ではこんなに借りられませんが、法律改正前に借金をしてしまいました。

この状況だったので、いくつか銀行系の審査を受けてみたもののだめでした。アイフルでも落ちてしまい、自己破産をすることになりました。

年収240万円で、限度額合計80万円(2社)でした。 
勤続年数が1年以下だったことや、年収が少ないこともあって、アイフルなどいくつかのところに相談しましたが、ダメでした。

ブラックの方は消費者金融とはいえ利用できない

アイフルだけではなく、大手消費者金融や銀行カードローンは、いわゆるブラックの方の利用は不可となっています。 
5年以内に3ヶ月以上の支払い延滞をしていたり、債務整理を行っている方は、中小金融機関におまとめの相談をするのがおすすめです。

その他には、多重申し込みが理由で、一定期間審査に通りにくくなる場合もあります。 
この状態のことを申し込みブラックと呼びますが、こちらは6ヶ月間で解消されますので、思い当たる方は半年後に申し込みをし直すのもあります。

アイフル「かりかえMAX」「おまとめMAX」契約まではどのような流れなのか

ここからは、アイフルの「おまとめMAX」「かりかえMAX」に申し込みを考えている人のために、実際の申し込みから契約までの流れについて詳しく紹介していきます。

・申し込みから契約の流れ 
・必要書類一覧 
・お急ぎの方は店舗窓口で申し込みをしよう

申し込みから契約までの流れの中で、重要となる上記の3つのポイントについて解説していきます。  
申し込みをする前にあらかじめ確認しておくと、契約までをスムーズに行うことができるはずです。

申し込みから契約の流れ

ここでは、アイフルの「おまとめMAX」「かりかえMAX」の申し込みから契約までの流れについて詳しく説明していきます。

・「おまとめMAX」「かりかえMAX」の 利用までの流れ 
・必要書類一覧 
・お急ぎの方は店舗窓口で申し込みをしよう!

これらのポイントに分けて解説していきます。 
実際のおまとめローンの利用までの流れをフローチャートにまとめていますので、申し込みをする前に一通り目を通しておくのがおすすめです。

「かりかえMAX」「おまとめMAX」の 利用までの流れを紹介!

「おまとめMAX」「かりかえMAX」の利用までの流れについて説明します。

インターネットから申し込みをする
審査結果の連絡がくる (最短即日) ※ここで在籍確認が行われる
郵送か来店にて契約手続きを行う
アイフルがこれまでの借り入れ金融機関に対し 全額一括返済を行う
月々の支払いをアイフルに行う

契約方法について「おまとめMAX」と「かりかえMAX」に特に大きな違いはなく、同じ流れとなっています。

必要書類一覧

運転免許証、パスポート、健康保険証などの本人確認書類
源泉徴収票、所得証明書、確定申告書などの収入証明書類 
おまとめを行いたいローンの契約書類(応相談)

アイフルの「おまとめMAX」「かりかえMAX」に申し込み契約するまでの流れで、必要となる書類は基本的に3種類です。

ただしローンの契約内容によっては、2種類だけで済む場合もあります。 
必要となる書類については、事前によく確認しておき、すぐに提出できるようにしておきましょう。

お急ぎの方は店舗窓口で申し込みを!

できるだけ早くおまとめをしたい、と急いでいる人には、来店での契約が適しています。
郵送で契約を行うとなると、少なくとも1週間程度は時間がかかってしまい、スピードを求める人にはおすすめできません。

アイフルでは、契約ルームは利用して手続きを行うことはできないので、契約をするとなると必ず有人店舗へ足を運ぶ必要があります。 
アイフルの有人店舗は、都市部を中心に、全国に25か所設置されているので、近くの店舗を探してみましょう。

おまとめローンの審査はどのような流れなのか

おまとめローンの審査の流れは、通常のアイフルでのカードローンを申し込んだ際と大きく変わることはありません。

まずは申し込みをして、個人の情報を記入し、他社からの借り入れている金額を申告します。
そして必要書類の提出を終えれば、そこから審査がはじまります。

無事審査を通過することができれば、アイフルから借り入れている他社に対する返済が行われます。 
その後、利用者からアイフルへの返済が開始されます。

おまとめローンの申し込みでも、本人確認や収入を証明する書類の提出が求められるので準備しておきましょう。

審査に通る方法とは?おまとめローンの審査を解説!

おまとめローンにももちろん、他のカードローンと同じように審査があります。 
他社での借り入れをまとめるという特徴から審査内容は通常のカードローンなどとは多少変わる部分もありますが、根本はやはり利用者の返済能力と、信頼性ということになるでしょう。

おまとめローン特有の気をつけておきたい点としては、他社からの借り入れが前提としてあるということで、まずはこれがあまり多くないということは審査を通過する上で大きいポイントとなります。

そしてやはり、個人の信用情報にも傷が少ないことが求められるでしょう。

他者借入の金額と件数を少なくしてから申込もう!

おまとめローンというサービスは基本的には、複数の金融業者から多数の借り入れを抱えてしまった多重債務者の救済という側面がありますが、アイフルがそれら他社からの借り入れを一時的に全て受け負うという形でもあります。 
つまりアイフルは利用者の返済能力を信頼して一時的に多額の貸し付けをするということなので、当然審査も件数が少なく、少額であるほど審査を通る可能性は高くなります。

自力で可能であるならば、申し込みの前に出来るだけ件数も、金額も減らしておくようにしましょう。

信用情報に傷がない状態で申込もう!!

おまとめローンでも他のカードローン等と同様に、申し込みの際には信用情報をチェックされます。
過去の滞納や、携帯電話やクレジットカードの強制解約、自己破産などの金融事故は信用機関に登録され、それをアイフルも見ることになります。

基本的に金融事故の情報は5年間管理され、自己破産などでは10年間は削除されることはありません。 
そうした場合、ほとんどは審査に落ちてしまうので、おまとめローンを望むような、借り入れの多い利用者の方には難しいところもあるかもしれませんが、できるだけ信用情報に傷がない状態で申し込むようにしましょう。

こんな時にオススメ!アイフルのおまとめローン

「おまとめMAX」「かりかえMAX」は、以下の場合におすすめです。

「おまとめMAX」「かりかえMAX」のおすすめのタイミング
  • カードローンをやめたいという時
  • できるだけ早くおまとめをしたい時(有人店舗に行くのが可能な場合)
  • 銀行系おまとめローンの審査に落ちた時

アイフルにしかない特別な利点というのは、特にありません。 
おすすめなのは、特に「とにかく確実におまとめをしたい」という時です。 
みずほ銀行などの審査で落ちた場合でも、アイフルから通ることができた、という話もあります。

【Q&A】アイフルのおまとめローンに関して

Q.WEB完結でローンのおまとめをしたいのですが、紙の契約書が発行されていません。アイフルでは契約書が必要なようですが、どうしたらいいでしょうか。
A.実際にアイフルに問い合わせてみた結果、SMBCモビットのWEB完結など、契約書の発行されないローンの場合は、契約書がなくても審査可能とのことです。

契約内容の確認は口頭で行うことになります。WEB完結タイプなら、会員サービスにログインすれば必要な情報はすべてわかるはずです。

Q.アイフルのおまとめローンにも落ちてしまった場合、どこを受ければよいのでしょうか。
A.おすすめは地方銀行です。都道府県の名前がついた銀行などです。

消費者金融の審査に落ちた後でも、ダメ元で申し込んだら審査に通ることができたというケースが多いです。
アイフルより金利も低いという利点もあるので、まずは近くの銀行に相談してみると良いでしょう。

おまとめローンの返済に関しての特徴を紹介!

アイフルのおまとめローンには借り入れ金額を一本化できるだけではなく、いくつかの特徴があります。

まずは一本化されることで、返済回数が月一回になります。 
これは毎月の返済の煩雑さがなくなり、メリットと言えるでしょう。

他には金利が低くなる場合と、毎月の返済額が減少する可能性があります。

またデメリットとしては、そうして返済期間が延びることによって、全体の返済額としては増えてしまう可能性があります。
アイフルのおまとめローンを利用する際には、こうした特徴をきちんと踏まえてから申し込みをするようにしましょう。

おまとめローンを使うことで金利を低くできる場合がある

アイフルのおまとめローンは17.5%が金利の上限となっているため、18.0%前後の金利が多い他の消費者金融に比べると低くなっています。 
そのため、おまとめローンで借り入れを一本化させることによって全体としては金利が下がる可能性があります。

ですが銀行のカードローンはこれより金利が低いことが多いので、金利が下がる可能性は低いかもしれません。 
他社での借り入れの金利と比較したうえでお得になるようであれば、アイフルのおまとめローンを検討するのは良いでしょう。

毎月の返済額を減少させることができる場合がある

返済期間を同じとした場合、おまとめローンのりようのほうが複数の他社からの借り入れをしているよりも総額として毎月の返済額は少なくなる可能性は高いです。 
仮に大手消費者金融三社からバラバラに合計で100万円を借り入れ、三年間で返済する場合と、アイフルおまとめローンに一本化して返済をした場合、毎月の返済額で約1,000円程度の差額が出ます。

借り入れが多くなるほど差額は大きくなっていきます。 
毎月の返済額が多くて苦労している方は、負担が減る可能性があります。

返済の回数が月1回になるで手間が減る

もし複数の金融機関に対して同時に返済をしている場合、毎月の返済をしなければいけない回数は当然その借り入れている会社の数だけ分しなければならないことになります。 
仮に返済日を同日に指定していたとしても、対応は会社によってそれぞれになるので、対応しているATMなどの使い分けはそれだけ手間がかかってしまいます。

しかしおまとめローンで一本化してしまえば返済の窓口も一つになるので、そうした手間は減り、毎月の返済の手間をかなり減らすことができるでしょう。

返済負担が返済期間が延びると増える場合があるので注意が必要

アイフルのおまとめローンでは、契約した際に新たに返済期間を指定しなおすことができます。
返済期間を延ばせばそのぶん毎月の返済額を抑えることができるので、それまで複数で借り入れていた時よりも毎月の負担は減らすことができます。

ただし、利息は毎月の返済額にかかるので、つまり返済期間が延びれば、それだけ多くの利息を払っていくことになります。 
ですので、負担が減るからといっていたずらに返済期間を多めにしてしまうと、総額としては返済額が増えてしまうことになるので気をつけましょう。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

アイフル
プロミス
SMBCモビット
レイクALSA

特徴からさがす

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.