最終更新日:2020年07月01日

急にお金が必要になった時のお金の調達方法を紹介!

徹底解説!どうしてもお金が必要!急な出費でお金に困った時の対処方法

急な出費が重なりお金に困ってしまった時。どのように対処するのが最も良い結果をもたらすでしょうか。
いざそうなってしまってから慌てて色々と頭をひねってみても、なかなか妙案は浮かんでこないものです。

そこでここでは、急な出費に見舞われた際の対処法をいくつかご紹介しながら、その出費ごとの違った対処法や、困っていたとしても絶対にしてはいけないことなども含めて説明していきましょう。 
少しでも参考にしていただけたらと思います。

主な対処法はどんなものがある?急な出費で困ったときはどうしたらいい?

例えば数万円程度の出費ならば、貯金などからやりくりしてなんとかなることも多いと思います。
ですがある程度まとまったお金が必要になってしまった場合には、何らかの対処法を考えなければなりません。

ベストな対処法はそのお金が必要になった原因や金額によっても異なります。 
何よりも日頃からいざという時に備えて貯金しておくに越したことはありませんが、必ずしもそうした生活を続けられるとは限らないことも多いでしょう。

今からでも対処法を知っておくことは無駄ではないと思います。

友人や家族から借りる方法

まずは、家族や友人からお金を借りる方法について検討してみましょう。 
高額の場合は難しいかもしれませんが、ある程度、数万円ほどの金額ならば貸してもらえる可能性があります。

ただし親しい間柄でのお金の貸し借りは、その後に人間関係にヒビが入ってしまう可能性もあります。
よほどお金に困っているのでなければ、なるべくなら避けたい方法ではありますが、もしも頼る際には、なるべく慎重に問題が起こらないよう、あらかじめ準備して話を進めるべきでしょう。

日払いバイトで働いて稼ぐ方法

アルバイト情報誌やサイトを見ていれば、毎日多くの日払いバイトが捕集されていることがわかります。 
日払いのアルバイトを見つけることは比較的難しいことではないでしょう。

人員を募集している企業に直接応募するのも良いですが、いくつかの派遣会社にあらかじめ登録をしておいて仕事を紹介してもらう形のほうが、自ら仕事を探す手間を省くことができます。 
ただし派遣会社を利用する場合には31日以上の雇用契約を結ぶことが労働者派遣法によって定められているので、基本的には30日以内での雇用契約は結べないことになっています。

注意しましょう。

カードローンを利用して借りる方法

次はカードローンを利用するという方法です。 
カードローンには大きく分けて信販系、消費者金融系、銀行系の三つの種類があり、特徴もこれまではそれぞれで異なっている部分も多くありましたが、近年では関連会社による資本の吸収合併などの関係もあって、あまり差はなくなってきています。

よって系統の違いにそこまでこだわる必要はなく、最終的にはそれぞれの会社ごとのサービス内容や条件などを比較検討して、会社ごとに判断を下すのが良いでしょう。

クレジットカードのキャッシングを利用して借りる方法

クレジットカードにはキャッシングという機能がついており、この機能を利用することで一時的にお金を借り入れすることができます。 
ただしキャッシング機能はクレジットカード本体の申し込みとは別にあらかじめ申し込んでおく必要があります。

キャッシングを申し込んだ際には、またあらためて審査を通過しなければなりません。
クレジットカードのキャッシングは一般的に金利は高めに設定されており、返済はショッピング枠とは別になるので注意してください。

ブランド買取りを活用してお金を作る方法も!

もしも有名ブランド品などを多く所有しているならば、高額で買い取ってもらえる可能性があります。 
もう使わなくなっているものならば、処分と同時にすぐに現金を手にすることができます。

ただし同じ有名ブランドでも保存状態がよくなかったり、買い手の人気が低い商品ではかなり低い査定額になることもあるので注意が必要です。
また、お店によっては査定そのものや買い取りに手数料がかかることもあり、見積もりをしてもらうだけでも料金が発生することがあるので、事前に確認しておきましょう。

ヤフオクやフリマアプリなどを活用してお金を作る方法もある

不用品を売るという点では、インターネットを利用したネットオークションやフリマアプリを利用するといった方法もあります。 
ネットには様々な目的を持った人がいるので、通常のリサイクルショップでは引き取ってもらえなかったようなものでも意外な値が付くことがあります。

自分の判断で売れるわけがないと思っても、一度は需要について調べてみることをおすすめします。
商品の相場については、そうしたものを専門に調べることのできるサイトもあるので、積極的に活用してみるといいでしょう。

クラウドソーシングを使ってでお金を稼ぐ方法

クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい人と仕事を受けたい人をネットを介して、いわばマッチングしているようなサイトです。
日本でも近年普及し始め、大手のクラウドソーシングサービスがいくつか存在しています。

募集は多岐に渡り、初心者OKといった仕事も多く存在しているので、未経験であっても比較的容易に仕事を始めることができます。 
一方で専門的で高額の案件もあるので、仕事に慣れてくればそうした案件に応募してみるのも良いでしょう。

ポイントサイトを活用してポイントを現金に換える方法も!

ポイントサイトとは、ゲームをしたり、指定の広告を見ることなどでポイントを貯めていくシステムを扱っているサイトです。
ポイントをある程度貯めると現金に換えることもできます。

やることは比較的簡単でとっつきやすく見えますが、無料で簡単にできる範囲では実際にはポイントの貯まりがあまりよくなく、たくさんのポイントを貯めるには有料サイトなどへの登録も必要になってしまいます。
ただしタイミングによっては無料でかなり条件のよい案件が見つかることもあり、そうしたものを根気よく待ちながら、仕事の合間を利用した小遣い稼ぎくらいに思っておけば案外割の良いサイトかもしれません。

どうしてお金が必要となったのか、その原因によって対処法は異なる?

このようにお金を調刷する方法にも様々な種類がありますが、実際に行動に移す際にどれを中心にやればよいかというと、それは元々のお金が必要となった理由によっても変わってきます。

また、場合によってはそもそものその原因が実はそんなにお金が必要では無かったり、それほど高額ではなかったというケースもあります。 
実際に行動に移す前に元のお金が必要となった原因についてあらためて確認しなおしてみるのも良いかもしれません。

もしかすると、最初から悩む必要などなかったこともありえるのです。

やってはいけない対処法とはどのようなもの?

急にお金が必要になってしまった場合、気持ちは焦り、お金をどう調達してくるかについてばかり考えてしまい冷静になれなくなってしまうこともあります。 
ですがそんな時こそ気をつけなければいけません。

正常な判断が下せなくなっている時にこそ、一見甘く見えて非常に危険な罠が潜んでいます。 
冷静になれなくなってから気をつけることも難しいので、あらかじめ選択してはいけない危険な対処法について学んでおき、準備しておくことが大切です。

カードローンと消費者金融ではどちらが急な出費に向いている?

様々な対処法について検討した結果、カードローンの利用が一番適切だと判断した場合には、カードローンと消費者金融のどちらの選択が適当でしょうか。 
先に言ってしまえば、カードローンとは個人向けの無担保型小口融資のことであり、消費者金融の商品の一部です。

つまりカードローンと消費者金融は比較するようなものではなく、カードローンの中で比較するならば消費者金融系か、信販系か、銀行系かといった比較になります。 
これらにはそれぞれに長所と短所があり、一概にどれが良いとは決められないので、特徴をよく把握してから自分の状況に合ったものを選択するのが良いでしょう。

急な出費で困った!主な対処法とは?どうしたらいい?

ここからは急な出費の対処法について、一つ一つ具体的に解説していきますが、その前に一つ案内しておきたいものがあります。
それは国による貸付制度です。

国の援助としてはいわゆる生活保護がよく知られていますが、そこまで困窮しているわけではない人に向けての貸付制度というものが存在しています。 
各自治体の生活保護担当や社会福祉協議会に相談するといくつかの制度を紹介してもらうことができます。

たとえば「生活福祉資金」であれば、単身世帯で最大月15万円、二人以上ならば最大月20万円までの融資が可能とされています。 
利用するための条件もあるので誰でもというわけにはいかないですが、制度によっても条件が異なっているので、興味のある方はまずは相談してみましょう。

友人や家族から借りる方法について

身内や親しい相手にお金の相談をするのは、互いの関係性にもよりますが、持ち掛けること自体は比較的簡単かもしれません。
しかしその時は快く応じてもらえたとしても、いざ返済の時になると互いの些細な態度や言葉から心がさささくれ立ち、それをきっかけとして人間関係に修復しようのない亀裂が入ってしまうこともあるのがお金の貸し借りです。

借りるほうは無意識にプライドが傷つきへりくだってしまう部分があるでしょうし、貸すほうもいくら気を使ってもやはりどこか、貸してあげているという意識が出てしまうものです。 
そうしたことによる無用のトラブルを避けるためにも、事前にきっちりと決めごとをしておくことも大切です。

金利について決めておこう

まずは金利について決めておきましょう。 
たとえ身内であってもただで貸してもらうのはよくありません。それは相手に対する礼儀でもあります。

一般的に個人間の貸し借りでは、何も話し合いがなければ5%という金利が自動的に掛けられます。 
個人間の問題ですので、話し合いで金利を設定しないことも可能です。

また5%以上に金利にする場合は利息制限法により上限が決まっており、例えば10万円未満であれば年20%まで、100万円以上であれば年15%までなどと定められています。 
もしトラブルがあって裁判などになった場合、争点にもなるところなのできちんと取り決めをしておきましょう。

借用書はきちんと作ろう

借用書も作っておきましょう。
相手が借用書はいらないと申し出たとしても、借りる側としてきちんと提案していくべきです。

きちんと書類として明記しておくことで、のちの曖昧な記憶からのトラブルも避けることができるので、双方にメリットがあります。 
借用書にも様々な種類がありますが、基本的には金銭の貸し借りと、返済の約束を明記するものなので、最低限記載するべき項目を守っていれば問題ありません。

以下にそのことを示しておきます。

借用書に最低限記載する項目を紹介

借用書として最低限記載しておくべき項目は「作成した日付」「貸し借りをした日」「金額」「返済期限」「返済方法」「返済の開始期限・見通しなど」等です。 
それに貸主の署名捺印と、借主の署名捺印をします。

なお、この時に金利や返済が遅延した際の解決方法なども貸主と話し合って決めておいた方が良いでしょう。 
書式についてより詳しく知りたい方は、インターネット上でも無料のテンプレートなどが配布されているので、よく確認した上で利用するのも良いと思います。

日払いバイトで働いて稼ぐ方法について

インターネットサイトや雑誌などでアルバイトの情報を探すと、一日のみの日雇いバイトも多く存在していることがわかります。
ただし気をつけておきたいのは、日雇いであっても日払いではない場合です。

支払いは数日後にあらためてという仕事も多いので、即日でお金が必要な場合には事前に確認しておくことをおすすめします。 
「日払い」と書いてあっても実際には当日ではないケースもあるので注意が必要です。

そして派遣会社を経由して日雇いアルバイトをする場合には、一定の条件が必要となるので、以下のことを確認してください。

日雇い派遣で働くことができるのはどんな方?

派遣会社を経由して日雇いのアルバイトをすることができるのは「60歳以上」「学生」「年収500万円以上の人の副業」「世帯収入が500万円以上ある家庭の主たる生計者ではない者」などです。 
これは派遣会社が契約者に対して不当な雇用などをしないために定められているもので、派遣会社によってはこれらに対しても様々な対策をしているのが実情ですが、もしもこちらから派遣会社を通して日雇いのアルバイトを希望する場合にはあらかじめ相談してみるといいでしょう。

また、派遣会社を通してではうまくいかないようであれば、現場で直接契約できれば問題ありません。

カードローンを利用する方法について解説!

カードローンには大きく信販系、消費者金融系、銀行系の三つの系統が存在しています。 
それぞれ会社の従来の業務から派生しているものなので、系統によって特徴は異なっています。

ただし近頃では業界内での資本の組み変わりなども多くされた結果、どこもあまり変わらなくなってきている側面もあります。 
つまり最終的には系統に寄らず各会社ごとのサービス内容によって判断することになりますが、以下ではまず、その系統ごとの基本的な特徴について解説していきましょう。

銀行系の特徴を紹介!

銀行系のカードローンでは、基本的に金利の上限が15%程度と低いことと、保証会社による保証が必要になるという点が特徴です。 
知名度の高い銀行による金融商品なので、信頼の高さで人気を集めています。

事実、2010年の貸金業法の改定により、消費者金融系のカードローンの貸付残高は下がり、銀行系は上昇する傾向にあります。 
これはそれまでグレーゾーンの多かった消費者金融系よりも、銀行系のほうが信頼を集めている結果だと見ることができます。

そのぶん審査は厳しめと言われますが、金利の低さと信頼性の高さが銀行系の魅力です。

銀行カードローンの金利相場はどれくらい?

銀行系と言われるカードローンの利用限度額は基本的にどこも10万円程度からになっています。 
一部新生銀行など、1万円からを明記しているところもあります。
上限は500万円から1000万円程度となっています。

金利面は、相場で言うと最低で1%台から15%の間に収めている業者が多く、やはり他のカードローンに比べて低めに抑えられている傾向があります。 
金利の最低値は基本的に高額融資者に限られていると思われるので、急な一時の借り入れを考えている人はあまり参考にしないほうが良いかもしれません。

消費者金融系の特徴を紹介!

このように一見した数字で言うと銀行系はかなり条件がよく、消費者金融系はあまり選択肢に入らないようにも思えますが、短期間で返済が可能 
である場合には消費者金融のほうががおすすめになる場合があります。

それは消費者金融系のほうが銀行系に比べて審査が通りやすいという点で、先ほども述べたように銀行系は条件が良く信頼性もある分、申し込みの審査に関しては厳しめの傾向があります。 
もしも短期間で返済が可能であるならば金利による差はほとんど出ることがなく、むしろ審査を通りやすい消費者金融系のほうが有効に活用できるとも考えられます。

また、大手消費者金融では初回に限り30日間の無利息期間を設けているところもあり、その期間内に返済すれば利息は一切発生しません。

徹底比較!無利息サービスを提供しているカードローンについて

無利息期間をサービスとして提供しているのは現在のところ、ジャパンネット銀行・レイクALSA・ノーローン・アイフル・アコム・プロミスといった金融業者になります。 
期間に関しては一部を除き30日間のところが最も多くなっています。 
銀行系で同じように無利息期間サービスを提供しているのは先に挙げた中でもジャパンネット銀行などごく一部に限られています。

先ほども述べたように、短期間で返済が可能だとした場合、消費者金融系であるならば金利の上限は18%程度、銀行系は15%程度なので、例えば5万円の借り入れで次の月にすぐ返済した場合には、123円しか金利の差が出ません。 
そう考えた場合には、比較的審査を通りやすい消費者金融系カードローンのほうが利用しやすいかもしれません。

大手消費者金融の審査や融資時間について解説!

消費者金融系カードローンでは審査に保証会社による保証が必要ないため、審査が比較的通りやすいだけでなく、非常に早く審査が終わるといった特徴もあります。 
アイフル、プロミス、アコムといった大手では大体審査時間を最短で30分、融資までは申し込みから最短で1時間程度を謳っています。

なお消費者金融では銀行系と異なり貸金業法の規制を受けるので、年収の三分の一を超える貸付と、未収入の人の利用は受け付けられないので、その点は注意が必要です。

信販系の特徴を紹介!

信販系のカードローンは、金利の面は消費者金融系と大きな差がありませんが、特典サービスなどが充実している点が特徴です。
基本がクレジットカードを扱う会社なので、エステや宿泊施設の割引きなど、使い方によっては金利よりもお得なサービスを受けることができます。

また、もしその会社のクレジットカード利用者であるならば、既に利用実績が会社に蓄積されているため、他社への申し込みよりも審査がすんなり通る可能性があります。

このように日頃からクレジットカードを利用しており、特典などのサービスを使い慣れている人には利用しやすいというのが信販系の特徴と言えるでしょう。

即日融資を受ける際の注意点を解説!

通常であれば即日の融資は十分に可能ですが、場合によって手続きが進まなくなってしまう場合があります。
例えば書類の記入ミスや、希望限度額を叩くしすぎた場合、信用情報に問題があった場合、勤務先の在籍確認ができない場合などです。

信用情報に問題がある場合は、残念ながら少なくとも即日融資は難しくなりますが、書類のミスや希望限度額については事前に対応することが可能です。
書類の不備については、必要書類を減らすことでミスの可能性を減らすこともできます。 
例えば希望限度額を50万円以下にすると、収入証明書の提出が必要なくなる場合があります。

希望限度額に関しては高くするほど審査が厳しくなるという側面があるので、それも含めて希望限度額はなるべく低めに申請したほうが早めの融資が可能になるでしょう。 
そして在籍確認についてはまず勤務先が連絡を受けられる状態であることが必要なので、事前に準備しておきましょう。

未成年や学生、フリーターでもすぐに借りれる?

アルバイトでも融資を受けたい場合には、まずはアルバイトへの融資可能であることを謳っている金融機関があるので、そこから選べば確実です。

基本的に学生やアルバイトは返済能力が低いので、金融機関にとってあまり優良な顧客とは考えられませんが、将来も考えれば若いうちから良い関係を築いておきたいというのもあちらの本音です。 

そこで近年では若い人に向けたローン商品も増えてきています。
ただし正社員に比べればやはり厳しいのは事実なので、その点は理解が必要です。

学生は学生専用のローンを扱っている業者もあるので、そうしたものを利用してみるのも良いでしょう。 
未成年については残念ながら、利用が難しいところがほとんどというのが現状です。

未成年でもどうしてもお金が必要な場合には、クレジットカードの利用を検討してみましょう。 
また未成年であっても結婚している場合には法的に成人の扱いとなるため、融資が可能な場合もあります。

初回でどれぐらいの融資金額を借りられる?

カードローンを新規契約した場合、初回の利用限度額は一般的に10万円~50万円が相場とされます。
ただし銀行と消費者金融でも相場は多少異なっているので、その点は事前に調べておくと良いでしょう。 
一般的に銀行のほうが上限は高めであることが多いですが、そのぶん審査は厳しめになると考えておいてください。

また金融機関の広告などでは最大限度額を800万円など大きめに書いていることが多いですが、それらは利用者全体を見渡した場合に考えうる最高の額なので、初回利用者が現実にその限度額まで利用できることは現実的には無いと言っていいでしょう。 
まだ利用情報が少ない初回利用者は、限度額を低めに抑えられるのが通常です。

どうすれば最速で借入できるのか、流れを押さえて申し込もう

このように急にお金が必要になった場合に便利な消費者金融のカードローンですが、より円滑に手続きをして早くキャッシングを可能にするには、全体の流れを把握しておくことも大事でしょう。
そうした流れを事前に理解しておけば、いざという時でも心の余裕をもって対応することができるはずです。

最短の流れとしては、具体的にはまずネットを利用して、 

公式サイトから申し込み
入会審査
契約の確認
書類の提出
カード発行
ATMからキャッシング

という流れになります。

必要書類を事前に準備しておこう

消費者金融カードローンを申し込む際、個人を確認するために必要な書類として身分証明書を提示することが求められます。 
身分証明書の具体的な例としては「個人番号カード」「パスポート」「健康保険証」「運転免許証」などが挙げられます。 
これらのうちどれかをあらかじめ準備しておけば、申し込みの際にも円滑に手続きを進めることができるでしょう。

なお、身分証明書に健康保険証を利用する場合は、その他に住民票や、住所の記載された公共料金の領収書も同時に求められる場合があるので気をつけてください。

参考記事

カードローンの利用に際して、手続きが早く、審査が簡易であるというメリットについてここまでも解説してきましたが、身分の確認が簡単であるというのもそのメリットのうちの一つです。 
身分を証明する書類は基本的に運転免許証などが一つあれば十分で、例えば住宅ローンや車のローンのように、保証人や土地の担保なども必要ありません。

申込者が本人であることが一つの信頼になるのです。
もちろん、本人であることを証明できた後に貸し付け可能であるかについての審査は行われますが、基本必要な書類が免許証程度で十分であるというのも、カードローン利用のメリットの一つと言えるでしょう。

ネットで申し込みをしよう!

さて、必要な書類が準備できたら、あとはネットで申し込むだけです。 
ネットでは24時間365日申し込みを受け付けており、必要な時にいつでも対応できるようになっています。

またスマートフォンからの申し込みもできるようになっているので、出先からの契約も可能です。 
ただし、審査担当者側の作業量には限りがあるので、曜日や時間帯によっては申し込みが集中して混み合う場合があり、そうなると審査には遅れが出ます。

最短時間はあくまで目安なので、急いでいる場合にはなるべく早く申し込むようにしましょう。

自動契約機でローンカードを発行する

そうして申し込みをして審査も無事通過できたならば、最後に借り入れの際に必要となるローンカードを発行してもらいましょう。 
ローンカードは自宅に郵送してもらうという方法もありますが、郵送だともちろんそれだけの時間がかかります。

自動契約機であれば当日の営業時間内であれば発行可能なので、自動契約機からの発行がおすすめです。 
自動契約機は全国の主要駅にはまず設置されているので、ネットで検索すれば最寄りの自動契約機の場所もすぐにわかるでしょう。

カードが発行されれば、あとはコンビニの提携ATMを利用してお金を引き出すことができます。

クレジットカードのキャッシング利用方法を解説!

急なお金が必要でクレジットカードのキャッシング枠を利用した場合、返済方法は一括払いかリボ払いということになります。 
もしも返済額を軽減したいと考えているならば、リボ払いを選択するのが良いでしょう。

それで当面の返済による負担は減らすことができます。
その上で、ある程度余裕ができたら臨時返済によって元金を減らしていくこともできます。

また、クレジットカードのキャッシング枠を利用する場合では、それほど多くを借り入れることはできないということは覚えておきましょう。
ショッピング枠で既に多くを利用している場合にもキャッシング枠はその分狭められているので、あまり多くキャッシングすることはできません。

ブランド買取りを活用してお金を作る方法について

有名ブランド品が家で眠ったままになっている場合、それを売却することである程度のお金にすることができるでしょう。 
もしもそれらを売却しても構わないと思った際には、時間の余裕があれば、売るお店についてもじっくりと検討することをおすすめします。

店によって査定や買い取りにかかる手数料に違いがある他、物によっては買取価格に大きな差が出ることがあります。
ブランド品であれば、できればそれを専門に扱うお店に見てもらったほうが良いでしょう。

また似たような店でも複数から見積もりを取り、一番高い値段を付けた店に売るようにすることでよりお得に売却することができます。

ヤフオクやフリマアプリを活用して不用品を売り、お金を作る方法

ネットオークションを利用する際、気を付けておきたいのは出品にも利用料がとられるという点と、入札者とのやり取りや落札された際の発送など、意外と手間がかかるという点です。 
個人では最初のうちはそれなりに負担になるかもしれないので気をつけましょう。

フリマアプリでは登録や出品手数料などを無料と謡っているところが多くあり、より利用者が入りやすいように工夫されている傾向があります。 
ただしやはり出品したものが売れた際には手数料に細かな規定があり、事前の確認が必要です。

またネットを介した売買はトラブルを避けるために振り込みには一定の期間を設けているところが多くあります。 
即日でお金を必要とする場合には向かないので注意してください。

クラウドソーシングでお金を稼ぐ方法について

仕事の依頼と受注をマッチングするクラウドソーシングには大手のサイトが複数存在していますが、サイトによって募集案件にいくらか傾向の違いがあるので、自分に合った仕事の依頼が多くあるサイトを選ぶことが肝心です。

基本的にどこも共通して依頼が多いのは、アンケートやブログ記事作成、調べもの、テープ起こしなどです。 
依頼を完遂し報酬が発生すると、そこからサイト側に手数料を差し引かれた分が受注者に振り込まれます。

ただし振り込みはすぐではなく、大抵の場合一か月か半月ごとに締め日と支払日が決まっています。 
これも急にお金が必要な場合には注意しましょう。

ポイントサイトなどでポイントを現金に換える方法について

ポイントサイトは基本的に、簡単である代わりにあまり多くの収入は望めず、継続的に安定した収入を得ることにもあまり向いていませんが、ある程度の割り切りと、一定のコツを掴むことで気楽にお小遣い稼ぎをするには有効です。

例えば様々なキャンペーンが定期的に開催されているので、慣れればお得なキャンペーンを効率よく回ることも可能です。 
また高単価ですが一回のみという案件が多いので、継続的とは考えず一回のみの利用で一気に2~3万円程度を稼ぐという割り切りかたをすれば、むしろ簡単にお得に稼ぐことができるという見方もできるかもしれません。

対処法はお金が必要となった原因によって異なるって本当?

ここまでお金が急に必要になった場合の様々な対処法について解説してきましたが、ご覧になったように方法は多岐に渡り、手段も金額にもかなりの違いがあります。
これらの方法を有効に使い分けていくには、急にお金が必要になったという自らの状況と、そのお金が必要となった原因について、改めて見直すことが重要になります。

場合によってはそのそもそもの原因が考えていたほどお金が必要ではない場合もありえます。 
以下からは、考えられるお金が必要ないくつかのケースについて具体的に取り上げ、検証していきたいと思います。

冠婚葬祭

急な冠婚葬祭では、慣れていないとかなりのお金が必要になると考えてしまうかもしれません。 
地域の風習や相手によっても金額が変わるので一概には言えませんが、例えば結婚式でも近年では会費制の結婚式も多くあり、その場合では祝儀が必要ありません。

そうした場合には最低でも会費と洋服代くらいで足りるので、15000円程度で済んでしまいます。

服を誰かから借りることができれば、わざわざ借金をせずともなんとかなります。 
ご祝儀が必要な場合は、友人ならば2~3万円、家族ならば3~5万円が相場になります。

葬儀の場合は友人で3~5千円。会社関係者ならば5千円~1万円。兄弟は3万円程度、親ならば10万円ほどが相場になっています。

相手にもよりますが、レンタルなどをうまく活用すれば10万円以内に抑えることは可能でしょう。

事故や病気のとき

事故や病気などで多額の医療費がかかる場合、仮に生命保険に加入していたとしても、保険金が入るのはだいぶ先のことになってしまいます。
当面はまず病院での入院費や治療費ですが、病院では急な患者も多いため、分割払いの相談などにも乗ってもらえることがほとんどです。

また国では「高額医療費貸付制度」というものがあるので、こうしたものの利用も考えましょう。
「高額医療費貸付制度」とは保険金や払い戻しなどがあるにしても当面の支払いが難しい場合に見込み額の8割まで貸し付けをしてもらえる制度です。

他にも保険組合などに加入している場合には手当金の制度を利用できるので、相談してみましょう。

家賃や光熱費など

家賃や光熱費が滞ると生活に関わることなので焦ってしまいますが、生活に関わるだけに比較的対処はしやすくなっているので、まずは落ち着きましょう。 
基本的には一か月程度の滞納ならば待ってもらえるケースが多いです。 
ガス・電気は二か月以上で止められることが多いですが、水道に関しては最長で半年は止められることはありません。

しばらく待ってもらっても支払いの目途が立たない場合には国に頼ってみましょう。 
「総合支援資金の一時生活再建費」という貸付制度があり、家賃や公共料金など固定費の支払いに利用することができます。

また家賃などに関しては「住宅手当」という、こちらは返済の必要がない制度もあるので、困った時には地元の自治体の担当課に相談してみましょう。

対処法を考える上で、やってはいけないものとは?

このように国の制度など、お金が急に必要になった場合でも活用できる手段はたくさんあります。 
まずはその中から自分の状況に合った方法がないか検討してみましょう。

そしてこんな時に絶対してはならない対処法があります。
急にお金が必要になれば不安になるのは当たり前で、あまり冷静に物事を考えることは難しくなってしまうかもしれません。

ですがそこで慌てて、おかしなことに足を踏み入れてしまうと、取り返しのつかないことになってしまうことがあります。 
以下に解説することはよく覚えておいてください。

闇金を利用すること

闇金とは、正式な制度に則らずに、隠れて人にお金を貸し付けている金融業者です。 
ネット広告や街頭のチラシなどでお金に困っている人を誘ってきます。 
そうした広告は大抵優しく安全なことを謳っていますが、絶対に信用してはいけません。

彼らは法に縛られる必要がないため、あらゆる手段を使って利用者を破滅に追い込んでいきます。 
一度借りてしまえば、まず完済はできないと思っておいたほうが良いでしょう。

完済させないことが彼らの目的でもあるので、すぐに返せると思うような金額でも、あえて連絡を取れないようにするといった手段も普通に使ってきます。
どんなに甘い言葉で誘われても、まず近寄らないようにするのが無難です。

1つの方法だけで稼ごうとせず、リスク分散しよう!

お金を稼ぐ場合には、あまり一つの手段に限定させないほうが良いでしょう。 
一つのほうが気持ちとしても一見集中してできるようにも思えますが、思うように稼げなかった場合には、他の手段が取れなくなってしまいます。

これまで紹介してきた対処法の中でも、あまりたくさんは稼げなくても簡単にできる方法がありました。 
一つ一つでは大きく稼げないものもありますが、そうしたものを複数で同時にやっていくことで隙間の時間をうまく埋め合わせ、有効に時間を利用することができます。 
リスク分散にもなりますし、常にいくつかの手段を複数持っている方がなにかと融通が利きやすいのでおすすめです。

お金を定期的に貯めておくことも大切!!

そしてもちろん、そもそも貯蓄があればこうした急の出費にも慌てずに対処できたことでしょう。 
突然お金を用意するには、やはり方法がある程度限られてしまいます。

いざそうなった時に慌ててしまわないためにも、すぐに用意できるある程度まとまったお金を普段から準備しておくことは大切です。
日頃から定期的な貯金を心がけましょう。

月に万単位の貯金は難しいということであれば、貯金箱などを利用して少しでもいいので、何かの助けになる貯金を今からしておくのもよいと思います。

積み立てしておくといざという時に役立つのでおすすめ

目の前に使えるお金があるとつい使ってしまう、自らの意思で貯金を続けるのが苦手、という方もいるかもしれません。
そうした方には積み立てがおすすめです。

積み立てであれば気軽に下ろすことはできませんし、保険会社や銀行の積み立てプランならば一か月で5000円程度と、毎月の支払いが比較的少なめの積み立てを利用できます。 
そして商品にもよりますが、いざお金が必要な時には途中解約をしてお金を使うという手段も可能なので、貯金が苦手という方には一度利用してみることをおすすめします。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

特徴から探す

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

職業から探す

公務員に人気のカードローン
会社員(サラリーマン)に人気のカードローン
自営業(社長)に人気のカードローン
主婦に人気のカードローン
パート・アルバイトに人気のカードローン
学生に人気のカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  6. カードローンは計画的にご利用ください
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.