最終更新日:2020年06月14日

お金がないときにパチンコやギャンブルをすべきでない理由!金欠時の解決方法は?

  1. パチンコで金策に走る人の数について紹介!
  2. どうしてパチンコで増やそうと思うのか
  3. 金策してまでパチンコをする人にはどのような特徴があるのか
  4. 周囲の人は本当に勝っている?
  5. 楽に稼げるのは本当なのか?
  6. 負けた記憶はないのか?
  7. パチンコ店の立場に立って考えてみる
  8. ギャンブルではそもそも勝てないものと認識する
  9. お金がない段階で勝てない
  10. すぐにお金を増やしたいという発想は危険だから捨てよう!
  11. 金策してどうにかお金を作る方法はあるのか
  12. お金が無いのであれば稼ごう!
  13. 友人と乗り打ちをする方法
  14. お金を借りるという方法をとるのもあり
  15. 「お金がないのにパチンコをしたい」その発想自体がそもそも危ないのかも
  16. 自分はそもそもギャンブル中毒なのか?
  17. パチンコ・スロットは依存性になりやすいように作られている!
  18. なぜ自分はギャンブルをするのだろうか
  19. ギャンブルをすることで借金の連鎖を生む
  20. どのようにしてギャンブルはやめられる?
  21. ギャンブルをやめれば貯金することも可能!
  22. 必ず運の要素があるギャンブル
  23. お金を使えなくして克服していこう!
  24. ギャンブル以外の別の楽しみを見つけて克服する方法も!
  25. ギャンブル依存症を克服するために抑止力を利用する方法
  26. ギャンブル依存症だと自覚して克服する方法
  27. 生活習慣を改善して克服する
  28. 最初からパチンコ・スロット店に近づかない方法
  29. 身の回りのパチンコ・スロットの情報を遮断する
  30. 人間関係を見直すことで克服する
  31. 内観療法を行う方法
  32. 借金してパチンコ… そんな悪循環を抜け出すためには
  33. パチンコ・スロットで出来てしまった借金をどのように解決すれば良いか
  34. お金がないときにどのように乗り切れば良いか
  35. 「お金がない」から「お金がある」にステップアップするにはどのような方法を取れば良いのか
  36. お金がないときにどのような公的支援が使える?
  37. お金がない状態をどう乗り切るかを覚えておこう

パチンコで金策に走る人の数について紹介!

パチンコで金策に走る人の数についてご紹介します。 
レジャー白書によると、ピーク時の平成7年には2,900万人いたパチンコ人口は、現在ではその三分の一の940万人程度まで減っています。

ただ、パチンコ人口は昔に比べて減ってきたとはいえ、940万人という数字は東京都の人口とほぼ同じですから、依然多数のパチンコ人口である事がわかります。 
一方、厚生労働省のデータによると、パチンコにのめりこむ人を含む「ギャンブル依存症」の数は、全国で280万人と相当な人数のギャンブル依存症がいることになります。

どうしてパチンコで増やそうと思うのか

なぜパチンコでお金を増やそうと思うのでしょうか? 
そもそも、お金が無いのになぜパチンコでお金を増やそうと思うのでしょうか?

パチンコもギャンブルのひとつであるからには、確実にお金が増やせるという保証はなく逆にお金が減ってしまう可能性もあります。 
パチンコでお金を増やそうと思っている人は、次のような考え方の人が多いと言われています。

ここからはパチンコでお金を増やそうとしている人の心情についてご紹介していきます。

自分も勝っている周りの人のようになる

パチンコでお金を増やそうと思っている人の心情は、「周りの人がパチンコで勝っているから自分も勝つだろうと思っている」ということです。 
例えば周りの友人から「今月パチンコでめっちゃ勝ってる」「今日だけで30k浮いた」などという話を聞けば、自分もそれぐらい勝てるのではないか、錯覚をしてしまうのも無理はありません。 
パチンコをどうしようかどうか悩んでいる時にその友人から、「お前も〇〇で打って来いよ!今なら〇〇の台設定がめっちゃ緩いから勝てる可能性がある!」なんて背中を押されればすぐにでもパチンコに行ってしまいますよね。

お金を楽に稼ぎたい

パチンコでお金を増やそうと思っている人の心情は、「楽にお金を稼ぎたいと思っている」ということです。 
お金を稼ぐためには本来は労働をしてお金を稼ぐのですが、パチンコは働かなくてもパチンコで遊んでいるだけでお金が稼げる可能性があります。

働いて大変な思いをして得るお金も空調の効いたホールでパチンコを打ちながら得るお金も、どちらも同じお金なので、そうであれば極力楽な方法でお金を稼ぎたいと思うこと自体は自然なことです。

過去に勝ったことがあり、その記憶があるから

パチンコでお金を増やそうと思っている人の心情は、「勝った記憶があるから」ということです。 
過去に同じ状況でパチンコをして時に勝ったこと 
あるからという理由で「今回もきっと勝てるだろう」と思い込みパチンコをするというものです。

「つい先日もお金がピンチで1,000円しかない時に1000円が5万円に化けたしな」なんて過去の成功パターンを常に頭に思い浮かべてしまいがちです。 
今回もその過去の栄光の時と同じように、いやもしかしてそれ以上に勝てるかもしれないと何も疑わぬままパチンコ店まで足を運びます。

金策してまでパチンコをする人にはどのような特徴があるのか

金策してまでパチンコする人の特徴はどのような人でしょうか? 
これまでご紹介してきたようなギャンブル依存症の方々が、パチンコやパチスロでお金を費やし、さらにはお金がなくなり借金をしてまでパチンコにのめりこむには、どのような心理が働いているのでしょうか?

ここでは、そんなパチンコやパチスロにお金を費やしのめりこんでしまう人の心情について詳しく説明していきます。 
自分に思い当たる節がないか是非チェックしてみてください。

負けた事を全て忘れる習性にある

金策してまでパチンコする人の特徴は「負けた事は全て忘れる習性」の人です。 
最近では新基準機のパチンコやパチスロの導入が進めらているため、大勝ちは出来ないようになっていますが、以前までは一回の遊戯で10万円~20万円の利益を出す事も、珍しい話ではありませんでした。

そして、そんなパチンコにのめり込む人には、一回大勝ちした経験をしてしまったら、一度の勝ちで過去の負けを一瞬で全て忘れてしまう傾向があります。 
その結果、いつまで経ってもパチンコがやめられないのです。

何かと都合のいい言い訳をする

金策してまでパチンコをする人の特徴は「都合のいい言い訳をする」人です。 
例えば「パチンコはストレス発散になるから体にもいい」、「パチンコは手を動かすからボケ防止になる」、「パチンコは他のレジャーよりも楽しいから」などという都合のいい言い訳をする人が多いのです。

しかし、それらの言い分は単なるパチンコを人の言い訳にすぎず、ただ単に「お金を稼ぎたい」という思いがあるだけで、パチンコから抜け出せないだけです。

借金をしたけれど、大勝ちした経験がある

金策してまでパチンコする人の特徴は「借金をして大勝ちした経験がある」人です。 
中には「パチンコでお金がなくなったら借金してお金を借りればいい」という安易な気持ちでパチンコをするために借金をしている人もいます。

また、先ほどご紹介したとおり、パチンコ依存症の人は、過去に1回でも借金をしたお金でパチンコで勝つ経験をしてしまうと、いつまでもその快感が忘れられず何度借金を繰り返してしまいます。
そのうち借金に対する罪悪感も麻痺してしまい、借金だけが増えていきます。

周囲の人は本当に勝っている?

本当に周囲の人はパチンコで勝っているのでしょうか? 
本当に周りの人は勝てているのでしょうかと聞くと「だって友人がこの前勝った話してたし、実際に出玉の写メも見せてもらったし間違いない!」と反論されるかもしれませんが、おそらくその友人が「その日」勝ったのは事実なのでしょう。

しかし、あなたはその友人がパチンコに行くたびの勝敗について聞いているのでしょうか。 
おそらくその友人があなたにパチンコの話をするのは、「勝った日」だけのはずです。 
もしかして他に日はほとんど負けているのかもしれません。

楽に稼げるのは本当なのか?

本当にパチンコは楽に稼げるのでしょうか? 
楽に稼げるからパチンコを打つという考え方の人も多いです。

もちろん、たまたま座った台がたまたまものすごくいい設定になっていて楽に稼ぐこともできるかもしれません。

しかし、そんな幸運なことはめったになくほとんどの場合は外れの台を引かされることになります。 
特定の台の設定が緩くなっているということが事前に分かっていればその台を狙うことも可能ですが、事前に情報がわかっている台の情報は自分以外のところにも漏れているケースがほとんどなので、強烈な台争いに巻き込まれることになるでしょう。

偶然可能になることがあるかもしれない

偶然であれば稼ぐことは可能かもしれない。 
ただし世の中には、なんの事前情報も何もないのに、たまたま自分が選んだ台が緩い設定になっているというようなラッキーな人もいます。

そういった人は何の苦労も使わずにフラッとパチンコ屋に立ち寄り、ものの数時間で大金を稼いで出てくるのです。
実際に私の友人にも、座る台座る台で大当たりを出まくりホールの店員から目を付けられていた経験がある友人がいます。

そんなラッキーな人であれば、「楽をして稼ぐ」ということももしかして可能なのかもしれませんが、自分には運がないということを自覚している人はパチンコで楽して稼ぐ方法は諦めるほうが無難でしょう。

負けた記憶はないのか?

パチンコにのめりこむ人は負けた記憶はないのでしょうか?

自分の勝った記憶だけがフラッシュバックし、「今回もおそらく勝てるだろう」と思う考え方に関してです。 
賭け事に限らず誰しも良かった時の記憶ははっきり覚えているものですが、悪かった時の記憶は脳が意図的に隠そうとしているのか、あまり思い出せない人が多いです。

ですから「前回勝ったから」という理由でパチンコを打ちにいくのはその前提からしてすでに疑わしい可能性もあるのです。

パチンコ店の立場に立って考えてみる

次にパチンコ店の立場から「パチンコでお金を増やす」ことについて考えてみましょう。 
これまではパチンコにのめりこむ人の立場で心情や特徴についてご紹介してきました。

ここからは、少し視点を変えて、パチンコにのめりこむ人の立場ではなく、パチンコ店の立場から「パチンコでお金を増やす」という考え方がいかに危ないかということを説明していきましょう。 
パチンコにのめりこんで困っているという人は、是非違う目線での意見を参考にしてみてください。

パチンコ店は客全員を勝たせていたら破綻してしまう

「パチンコは全ての客を勝たせていたら破綻する」 
当然ながら、パチンコ店にとって客側の「勝った」という事実は店側にとっては「負けた」とういことを意味します。

パチンコが賭博行為である以上は、一方的にどちらかが勝つということは起こり得ないため、店側が損をする場合ももちろんあります。 
ただし、パチンコ店は店舗経営を生業として行っている以上は、一定の収益を上げなければなりません。

商売をしている人であればお分かりいただけると思いますが、来店する客全員が勝ってしまうとパチンコ店の経営は成立しません。

一定の客が勝つことはは仕方のないこと

「一定の客が勝つのは仕方ないことです」 
ただし、パチンコ台に「当たり」という設定がある以上、その当たりを引いた客がパチンコ店の立場からすれば「負債」になるのは仕方がありません。

当たりの設定はパチンコ店で自由に変えることができます。 
ですので、利益を上げなければならない月などは当たり設定が少なくなっているということもよくあります。

しかしそのように利益を上げないといけない月は確率が低くなっているけれども、当たる確率が「ゼロ」ではない以上、誰かは勝っているというわけです。

パチンコでおいしい思いをしてもらうことも必要

「パチンコはおいしい思いをしてもらうことも必要です」 
パチンコ店にとっては一定の客に勝っておいしい思いをして帰ってもらうことは長い目で見れば必要なことなのです。

勝った客はその記憶をバネにして何度もパチンコ店にきてお金を落としていってくれます。 
また、勝った話を周囲にすることが宣伝効果にもなり何人ものカモをお店に呼び込んでもくれます。

パチンコをする人は短期的な視点で勝ち負けなどの結果を見がちですが、パチンコ店の経営者はより高い視点から長期的に物事を見ないと経営が成り立ちません。

ギャンブルではそもそも勝てないものと認識する

「そもそもギャンブルは勝てないもの」 
そもそもギャンブルは勝てないものであると自覚する必要があります。

ギャンブルというのは胴元が勝つようにできています。 
そうでないと、世の中にあるパチスロ店やカジノなどは経営がもたずすべて潰れています。

パチンコ店にとっては、客が勝つ金額よりも負ける金額が大きいため、利益を出すことができ、商売として成り立っているのです。 
パチスロの場合、90%以上の人は負けていて、勝っている人は実は一割にも満たないのです。

お金がない段階で勝てない

「パチンコはお金がない時点で勝てません」 
パチンコはお金がない時点で勝てないということを知っておく必要があります。

ギャンブルで勝っている人のほとんどが、多額の資金を賭けて少さな勝ちをコツコツ積み上げていくパターンです。

このような手法をとっている場合、1度の勝ちは少額ですが、掛金が大きいため、積み重なるとおおきな額になるため稼ぎとしては大きくなるのです。 
しかし、掛金が少ないと、小さな勝ちだけでは積み上げても大した額にならないため、大きく稼ぐためにはどうしてもハイリスクハイリターンにならざるを得ません。

すぐにお金を増やしたいという発想は危険だから捨てよう!

パチンコですぐにお金増やしたいという発想は危険です。 
「今すぐお金を増やしたいからギャンブル」という発想でギャンブルを行う人もなかにはいます。

確かに、競馬であれば1レースは長くても3分前後で結果が出ますので、およそ10分程度で数万円単位のお金稼ぐのは不可能ではありません。 

しかし、それはあくまでも「運がよかった場合」の話であって、毎回毎回当たるわけではありません。むしろ外れることのほうが多いのがほとんどですので、当たった時の記憶というのは脳に残りやすいものです。

カードローン等を利用してお金を借りるほうがマシ

もしお金が必要であればカードローン等を利用するほうがマシです。 
今すぐにお金が欲しい時に「ギャンブル」という方法をとってしまうのは、仕方がないかもしれません。 
ただ支払い期限が迫っているなど「確実に」お金を用意しなければならない場合には、ギャンブルを選択せず他の選択肢を選ぶべきです。

すぐにしかも確実にお金を手にできる方法となると、消費者金融や銀行カードローンが最も賢明な選択肢となるでしょう。 
例えば、消費者金融等を利用するのであれば、借入後に返済しなければなりませんが、確実にお金を得ることができますのでおすすめです。

金策してどうにかお金を作る方法はあるのか

金策してお金を作る方法についてご紹介します。 
先ほどお伝えしたとおり、小遣いの範囲内で趣味としてパチンコを楽しむ人がいる一方で、残念ながら「パチンコでお金を使いすぎて家賃が払えない…」とか、「食費が足りない」という方も多く、パチンコが原因で「金策」をする人も多いようです。

ただ、金策の方法にも2種類あり「安全な金策」と「危険な金策」があります。 
ここではそれぞれの金策の特徴や、緊急時の金策方法についてご紹介していきたいと思います。

安全な金策について

最もスピードが早く、安全にお金を用意するためには「大手消費者金融のカードローン」を利用する事をおすすめします。 
プロミスやアコムなどのカードローンでは、初めての利用者であれば30日間の無利息キャッシングのサービスが提供されていますので、一時的なピンチを凌ぐ金策方法としては有力です。

ただ、これらのカードローンを利用する場合は、一時的に足りなくなった生活費を補うための緊急手段として利用するようにしましょう。 
決してパチンコの遊戯をする為の資金として利用してはいけません。

危険な金策について

ネット上や街中では「ブラックの人でもOKで、即日5万円融資します」などと書かれた広告をよく見かけます。

しかし、これらの謳い文句は全て「闇金」あるいは「ソフト闇金」からの勧誘である可能性が非常に高いです。 
闇金の場合、ほとんど審査も行わず少額の融資をしてくれますが、10日で1割などの高い金利を請求され、さらに返済しようとしても返済をさせてもらえず「気がつけば高い金利で借りたお金の何倍もの借金になっている」というケースがほとんどです。

いくら生活費に困っている場合でもし絶対にこのよう勧誘には乗らないようにしましょう。

お金が無いのであれば稼ごう!

お金が無いなら稼げばいいのです。 
まずは、お金に困っているときにパチンコを打つための方法を紹介していきます。

1つ目の方法はとてもシンプルです。 
お金が無い人は、お金を稼いでその稼いだお金でパチンコを打てばいいだけの話です。 
お金を稼ぐ方法には色々ありますが、できるだけ早くお金を手に入れてすぐにでもパチンコを打ちたいはずでしょうから、極力すぐにお金が稼げる方法を選びましょう。

一番有力な方法は日雇いのバイトです。

私物を売るという方法で働く代わりにもなる

働く代わりに私物を売るという方法もあります。 
都合のいいタイミングで日雇いバイトが募集していない可能性もありますし、本業の都合上日雇いのような副業ができない人もいるでしょう。

そんな場合には、私物をフリマアプリやリサイクルショップなどで売って手っ取り早くお金を手にしてしまいましょう。 
パチンコ代と稼ぐとなればそれなりの金額は必要でしょうが、ブランドバックなど高値で売れるような商品があれば大きく稼ぐチャンスです。

友人と乗り打ちをする方法

他には友人と乗り打ちをするという方法もあります。 
乗り打ちとは2人で財布を共有してパチンコなどのギャンブルを行うことです。

最初に自分がどれだけのお金を出したかにもよりますが、勝った時の金額も負けた時の金額も2人で折半する形になります。 
つまり、自分にお金が無い場合でも相手が許可してくれれば乗り打ちすることができます。

ただし、乗り打ちは通常はお互いにある程度のお金を出し合って行うのが一般的ですから、自分がお金がないのに「乗り打ちしよう」と声をかけても応じてくれる友人は少ないでしょう。

お金を借りるという方法をとるのもあり

これまでご紹介してきた金策方法をとったり、稼いだり、私物を売ったり、友人と乗り打ちをしたりしてもパチンコをするお金を用意できないという人も多いでしょう。

そういった人は、他の手段をとってパチンコをすることは方法はないのでしょうか。 
ここでは、これまで紹介した方法でもお金を用意できないという人のためにお金を借りる有力な方法をご紹介しますので、どうしてもパチンコをするお金を用意できず困っているという人は参考にしてください。

友人から借りる

お金がないという時にお金を借りる対象として選ぶのはまずは友人です。 
あなたの懐事情やパチンコへのハマり具合を知っているような仲のいい友人であれば「あんまり使いすぎるなよ。そして絶対返せよ」と念押ししながらお金を貸してくれるかもしれません。
ただしこれはかなり楽観的に考えたパターンです。

普通パチンコをするお金を貸してくれと頼まれた場合に、すんなり貸してくれる友人はほぼいません。 
嘘をついて友人に借りるという方法もありますが、もし嘘がバレてしまった時はあなたと友人の関係性が壊れる可能性があるのでおすすめしません。

キャッシングを利用

キャッシングを利用するという方法もあります。

友人からお金を借りれなかった場合や、そもそもお金を友人から借りたくないという人は消費者金融や銀行カードローンといったところのキャッシングサービスを利用するのがいいでしょう。 
消費者金融は、即日で融資を受けられるところも多いため、今すぐパチンコを打ちたい!という人には最適と言えます。

ただし、借り入れられる金額は審査によって決まるため、希望金額が借り入れられない場合もあります。 
そもそも審査に通過できなければ借り入れができないことも念頭に置いておかなければなりません。

「お金がないのにパチンコをしたい」その発想自体がそもそも危ないのかも

そもそもお金がないのにパチンコをしたいというその発想自体が危ないのかもしれません。 
ここまでは、お金が無い状態でも何とかしてパチンコを打つための方法についてご紹介

してきましたが、そもそもお金が無いのに何かをしたいという考え自体が少しずれているのかも?と考えてみる必要があるかもしれません。 
一度自分を客観的にみて、なぜお金がそんなに必要なのか、お金を借りてでもパチンコをする必要があるのかを冷静になって考えてみましょう。

ギャンブル依存症の可能性がある

「もしかしてギャンブル依存症の可能性が」
本来であればパチンコをするお金がなければパチンコを諦めるべきであり、諦めて当然のことを諦めきれないのは、そのものに対する依存症である可能性があります。

パチンコは娯楽の一種ではあるものの賭博行為には変わらないので、パチンコにはまりすぎている人の場合はギャンブル依存症になってしまっている可能性があります。 
ここでは、ギャンブル依存症の症状についてご紹介しますので、自分が当てはまらないか一度チェックしてみてください。

ギャンブル依存症という自覚症状が無い場合が多い

「ギャンブル依存症の人は自覚症状が無い場合が多い」 
お金が無いのにパチンコをしたい思うほどパチンコにハマっている人に、「あなたはギャンブル依存症かもしれない」と忠告しても、ほとんどの場合は「何をバカなことを言っているの?」と鼻で笑われるだけでしょう。

ギャンブルに限らず依存症の恐ろしい点は、「自分が依存症に陥っている」という自覚症状が無い場合がほとんどなのです。 
自覚症状がない状態であれば、どれだけお金がない状況でも何とかしてお金を工面してパチンコに行こうとするという姿勢は変わることはないでしょう。

専門家・専門医などに相談することも検討しよう

専門家・専門医に相談も検討してみましょう。

パチンコにハマっている人の中には自分がもしかしてギャンブル依存症かもしれないと何となく思っている人や、周囲から「お前はギャンブル依存症だ」という指摘を受けたことがある人もいると思います。 
そういった自覚や忠告を、あなたはどのように捉えるでしょうか。

「俺は依存症ではなく俺の意思でパチンコを楽しんでいるんだ」と抵抗するのもいいですが、一度専門家や専門医の方に相談してみることをおすすめします。 
もしかしたら今があなたの人生の分岐点になるかもしれませんよ。

自分はそもそもギャンブル中毒なのか?

「そもそも自分はギャンブル中毒なのでしょうか?」 
そもそも自分がギャンブル中毒かどうかを客観的に判断するのは意外と難しいものです。

自分では楽しくギャンブルをしているつもりなのに、周囲から見ればどう考えても度を越したギャンブル依存症に映っていることは少なくありません。 
こういった状況が起こる理由は、ギャンブル依存が引き起こす「症状」がハッキリしないからでしょう。

ギャンブル依存を引き起こす「症状」というのは人によって様々で、そのボーダーラインも難しいので自分がギャンブル依存であるということを自覚するのが難しいのです。

パチンコ・スロットは依存性になりやすいように作られている!

パチンコ・スロットは依存性になりやすいようにできています。
ギャンブルの中でも、パチンコやスロットは特に依存性になりやすい娯楽なのです。

パチンコやスロットは依存性になりやすい理由は3つあり、「近所など身近にある」「短時間でも勝負できる」「夜遅くまで営業している」という点です。 
パチンコやスロット店は駅近にあったり幹線道路沿いにあったりと非常に身近なところにあります。 
また、機種によっては短時間でも勝負することができますし、深夜まで営業しているところもありますので、長時間遊戯することもできます。

なぜ自分はギャンブルをするのだろうか

では、自分はなぜギャンブルをするのでしょうか。 
先ほど説明したように、ギャンブル依存症の人は自覚症状がないため、自分がギャンブルに依存しているのかということはなかなか気づくことはできません。

ではどのようにすれば自分がギャンブル依存症なのか気付くことができるのでしょうか?
それは、自分がなぜギャンブルをするのかその理由に関して自問自答してみることで、自分がギャンブル中毒であるかどうかをなんとなく判断することができます。

パチンコで勝つと楽しいしお金が増えるから

「パチンコで勝つと楽しいしお金が増えるから」 
パチンコをする最も大きな理由が、ギャンブルに勝てばお金が増えるしその楽しさが目当てだという理由の人も多いでしょう。

競馬にせよ、競艇にせよ、パチンコにせよ、ギャンブルはすべてお金が絡むのは当然で、お金目当てでギャンブルを行っているという人が多いのは当然です。 
例えば100円しか投資する資金が無かったとしても、それが数百万円に化ける可能性もゼロではないのですからギャンブルは夢がありますよね。

なので、実際にそれを夢のようなことを実現した経験がある人は、ますますギャンブルにハマっていくというのも無理はありません。

ギャンブルはその場での人とのやり取りが楽しいから

「ギャンブルはその場での人とのやり取りが楽しいから」 
ただ、ギャンブルはお金関係を主な目的とはしていないという人も一部います。

競馬場や雀荘などその場にいる人とのコミュニケーションが楽しみにギャンブルをしているという人も、少ないながらいるのは事実です。 
こういったギャンブルはコミニュケーションを目的としている人がギャンブル依存症になる心配は、ほとんどありません。

その理由は、ギャンブルを分別を持って引き際をしっかり理解しているため、ギャンブルで身を削るようなことはほとんどないからです。

暇つぶしに何となくやっている

「ギャンブルは何となく暇つぶしに」 
何となく暇つぶしでギャンブルをやっているという人もなかにはいます。

街に出てきたけれど、特に目的もないからパチンコでもしていくか、というようなノリでギャンブルをするような人もいます。 
このタイプの人はギャンブルはあくまで暇つぶしの一つでしかなく、ギャンブルへの執着はないためギャンブル依存症になる可能性は低いと言えます。

ただし、暇つぶしでやっているうちに大勝ちしてしまって「お?ギャンブルって面白いんじゃない?楽にお金手に入るんじゃない?」というような考えが脳裏をよぎってはまってしまうこともあり得ます。

ギャンブルをすることで借金の連鎖を生む

「ギャンブルは借金の連鎖を生む可能性があります」 
実際に「ギャンブルをするためにお金を借り、多額の借金を抱えてしまった」という話はよく聞くものです。

ギャンブルにのめり込んでいる人の中には、給料や貯金だけではギャンブルに費やすお金が不足してきて、やがては消費者金融などの借金にまで手を出す人もいます。

しかし、借金をしてギャンブルに費やしてもほとんどの人は勝てないのでまた借金をするという繰り返しになります。 
当然ですが、借金をすればするほど毎月の返済額も大きくなってくるため、やがては返済に苦しむことになります。

そうなった場合、今度は借金の返済のために借金をするような悪循環になります。

どのようにしてギャンブルはやめられる?

「ギャンブルはやめられます」 
実はギャンブル依存性という病気は、専門医にかかっても治療が難しい病気です。

しかし、この病気は絶対に完治しないわけではありません。 
ギャンブル依存性であってもギャンブルをやめることはできるのです。

ギャンブルをやめる方法についてはこのあとご紹介していきますが、ギャンブル依存症は、完治しない病気だと言われていたとしても、ギャンブルはやめることは可能であることを覚えておいてください。

ギャンブルをやめれば貯金することも可能!

「ギャンブルやめれば貯金ができるというメリットがあります」
タバコをやめた人が、タバコを買ったつもりで貯金をする「タバコ貯金」のように、ギャンブルもやめればギャンブルに費やした分を貯金することができます。

これは、タバコ貯金よりはるかに多くの額の貯金をすることができ、すぐに成果も見えてくるはずです。 
それと同時に、「ギャンブルにこんなにもお金を使っていたのか」という反省の念も抱くようになり、その気持ちがギャンブル依存が再発しないための鎖にもなります。

必ず運の要素があるギャンブル

「ギャンブルには必ず運の要素がある」
ギャンブルに負けた人からの話は聞きにづらいので、実際にはギャンブルではどれぐらい勝てるのか、逆にどれぐらい負けてしまうのか勝敗を正確に調べることは難しいと言えます。 
というよりも「ギャンブルではどれぐらい勝ててどれくらい負けるのか」ということを定量的に算出することは不可能なのです。

その理由は、どのようなギャンブルにも必ずその人の運が絡んでくるからです。 
運という概念を定量的に表すことができないため、ギャンブルでの勝ち負けの確率を算出することはできないのです。

「必勝法」とかをよく見るけど…

よく「パチンコ必勝法」とか見るけど…

しかし巷には「パチンコ必勝法!」や「競馬で確実に資産を増やす方法」といったような雑誌やサイトなどの情報がたくさんあります。 
さきほどお伝えしたようにギャンブルでの勝ち負けを定量的に表現することができない以上、「必勝法」という概念は成立しないと思いますが、これらの必勝法とはどのようなものなのでしょうか。

調べてみたところ、巷にあふれている必勝法とは何の根拠もない情報が掲載されていてでたらめな情報であると思っておくといいかもしれません。

お金を使えなくして克服していこう!

ここからは、ギャンブル依存症から脱却するために、克服方法をご紹介していきます。
依存症を克服するための方法は様々な方法がありますが、ギャンブルの場合はお金が関わってくるため、そもそもそのお金を使えなくするというのが、1つ有効な方法として挙げられます。

ここでは、「ギャンブル依存症から脱却するためにお金を使えなくして克服する方法」として、いくつかご紹介しますので、ギャンブル依存症から脱却する方法を探している人は是非参考にしてみてください。

多額の現金を財布に入れない

まずはじめに「財布に多額の現金を入れない」という方法です。 
当然ながら、パチンコをするためには現金が必要です。

ですので、財布に入れておくお金を必要最小限にすることで、パチンコにのめり込みすぎてお金を使いすぎるという状況を回避することができます。 
外出する際にお金が少ないと不安だという人は、クレジットカードを財布に入れておけば多少は安心です。

その理由は、クレジットカードではショッピングでの利用はできますが、パチンコの玉を買うことはできないので安心だからです。

貯まったお金をすぐ貯金箱へ入れよう!

貯まったお金はすぐ貯金箱へ入れるという方法もあります。 
ギャンブルに使わないように、お金を手元に置きすぎないという意味では、お金が財布に貯まればすぐに貯金箱に入れて使えなくしてしまうの、単純な方法ですが効果的です。

貯金をするのであれば銀行口座に預けてしまうのでもいいのではないかと思われるかもしれませんが、銀行口座に貯金するとキャッシュカードを使って簡単に引き出せてしまいますので危険です。

ですので、貯金箱を使う場合には、すぐにお金を取り出せないような形状のものを選ぶことをおすすめします。

お金を使う予定を入れておこう!

お金を使う予定を入れておくのも一つの方法です。

例えば、そう遠くない先にお金を使う予定を入れておくことです。 
予定の内容は、旅行でもちょっと高めのカバンを買うショッピングでもなんでも効果的です。

「少し先にお金を使う予定があるので、もし仮に今日パチンコで負けてしまうとその予定がチャラになってします…」と思うことで、自然とお金を使わずに済むのです。 
注意すべき点は、お金を使う予定を入れていても「いや、今日負けなければ大丈夫。勝ちさえすればいいんだ!」というような考えになってしまう人は、もう末期と言えるでしょう。

ギャンブル以外の別の楽しみを見つけて克服する方法も!

別の楽しみを見つけてギャンブル依存症を克服する方法もあります。
パチンコにのめりすぎ込みているのであれば、何か別の趣味を見つけるなど楽しみを見つけてパチンコへの執着心を薄れさせるということも効果的です。

人は、何か一つのことに熱中すれば他のことが見えなくなるという性質があります。 
ですので、別の趣味を見つけるなどパチンコ以外に熱中することを作れば、パチンコが見えなくなってギャンブル依存症を克服できる可能性もあります。

ギャンブル依存症を克服するために他の趣味を探す方法

「ギャンブル依存症を克服するために他の趣味を探す」 
ギャンブル依存症を克服するために最も手っ取り早いのは、パチンコ以外の趣味を見つけるという方法です。

趣味の内容は、ショッピングでもジョギングでもツーリングでも映画鑑賞でも、何でも結構です。 
さきほど説明したように2つ以上のものへ興味を同じレベルでキープするというのは非常に難しいので、新たに見つけた趣味にハマっていけばいくほど、パチンコへの執着心は薄れていくはずです。

パチンコのアプリを利用してみよう!

ギャンブル依存症を克服するためにはパチンコのアプリを利用する方法もあります。 
パチンコをしている人には「賭博」に興味がそそられる人と、当たりを引いた時の感動を味わいたくてパチンコを打っている人の2パターンの人がいます。

もしあなたが後者であり、賭博にはそこまで興味がないというのであれば、スマホでできるパチンコアプリを利用することで問題を解決できる可能性があります。 
アプリといってもパチンコにある実機と同じ様な挙動・同じような演出・同じような当たり設定になっているので、パチンコ経験者であっても十分楽しめるような内容となっています。

レートを下げて打ってみる方法

ギャンブル依存症を克服するためにはレートを下げて打ってみるという方法もあります。

パチンコは、その高い射幸性があるのが魅力的で多くの人がのめりこんでいるわけですので、レートを下げることで結果的に射幸性も低くなり、パチンコに対する興味が薄れていく可能性もあります。 
ただし、レートを下げるという手段はあくまで補助的な手段に過ぎないので、レートを下げたことでギャンブル依存症を克服できたとは安心してはいけません。

レートを下げてパチンコへの興味を薄くできたら、別の趣味を探すなど素早く行動する必要があります。

ギャンブル依存症を克服するために抑止力を利用する方法

ギャンブル依存症を克服するためには抑止力を利用するという方法もあります。
ギャンブル依存症を克服したいけれど、自分の力だけではどうにでもならないのであれば、他人やモノの力を借りて克服するという方法を検討してみましょう。

ここでは、ギャンブル依存症を克服するために他人やモノの力を借りて克服する方法をご紹介します。 
どうしても自力ではギャンブル依存症を克服できないという人は、是非この方法を見て実践してみてください。

自分の近しい人に宣言する

ギャンブル依存症を克服するためには近しい人に宣言してみましょう。 
恋人や家族、仲のいい友人など周囲の人に「今日からパチンコをしない!」と宣言することは簡単な方法ですが一定の効果が期待できます。 
もちろん宣言したからといって、今までパチンコばっかりしていた人がその日からピタッとパチンコをやめるなどということは不可能です。

しかし、いざパチンコに行こうと考えた際には「でも〇〇にパチンコをしないと宣言したしなぁ…」という思いが必ず頭の中をよぎるはずです。 
最初のうちは誘惑に負けてしまってパチンコに行ってしまうかもしれませんが、約束をした相手と話をしたりしているうちに、宣言したことについての話題が出るなど、また頭の中に蘇ってくるでしょう。

パチンコ用の収支表をつけてみる方法

ギャンブル依存症を克服するためにはパチンコの収支表をつけてみるのも一つの方法です。 
収支表をつけて数字を自分自身で確認することは抑止力ともつながります。

依存症の人の中には、収支のことなど気にしていない人も多いですが、実際に収支表をつけることでどれだけ自分がお金を無駄にしているかということを認識した途端に、パチンコをきっぱりやめてしまったという人もいます。 
この方法が効果があるかはその人次第なので、効果が出ない可能性もありますが、ひとまず試してみる価値はあると思います。

ギャンブル依存症だと自覚して克服する方法

ギャンブル依存症を克服するためにはギャンブル依存症だと自覚して克服するという方法です。 
ここまでご紹介してきた方法は、いわゆる対症療法でしたが、より根本的に解決するためには自身がギャンブル依存症であるということを自覚した上で、そのギャンブル依存症の原因を治療する必要があります。

ここでは、ギャンブル依存症の原因を治療する方法をご紹介します。 
これまでご紹介してきた対症療法では克服できないという人は是非参考にしてください。

ギャンブル依存症とはなんなのかを調べてみる

まずギャンブル依存症について調べてみましょう。

自分がギャンブル依存症であるということを自覚するためには、そもそもギャンブル依存症というのがどんな病気でどんな症状がでるのかを知ることが重要です。 
例えば、ギャンブル依存症について書かれた書籍や記を見て学んでもいいですし、ギャンブル依存症について学ぶためのセミナーなどに参加してみてもいいでしょう。 
そこで紹介されている症例などが自分にぴったり当てはまるようであれば、潔く自分はギャンブル依存症であることを受け入れる姿勢が必要です。

治療を受けたりセミナーに参加するのも効果的!

治療を受けたりセミナーに参加することも効果的です。

いざ自分がギャンブル依存症であることを認識した次のステップは、治療を受けることになりますが、一般的な病気と同じ様にギャンブル依存症もその病気の程度によって治療方法が異なりますし、担当する医師によっても方針が異なります。 
かといって診てもらう先生をすぐに決める必要はありません。

ギャンブル依存症に関して色々な医者の話を聞いたりセミナーに参加したりして、自分が納得できる治療法を選ぶようにしましょう。

生活習慣を改善して克服する

生活習慣を改善するという方法もあります。
パチンコ・スロット依存症の人は「セロトニン」という脳内物質が不足ししているといわれています。
このセロトニンはうつ病を回復する時や依存症から脱却する際に大きく関係していると言われています。

逆に、このセロトニンが不足してしまうと不眠症や情緒不安定を引き起こすとされています。

このセロトニンを増やす一番簡単な方法は、生活習慣を改善することです。 
これから簡単に生活習慣を改善できる方法をご紹介していきますので、是非チャレンジしてみてください。

日光を浴びるようにする

生活習慣を改善する方法は、日光を浴びることです。 
セロトニンを生成するには十分な日光に浴びることが必要とされています。

重度のパチンコ・スロット依存症の人の中には夜の仕事についている人が多かったりします。

夜の仕事でついているため日光を浴びることが少ないことからセロトニンが十分に生成されず、依存症になってしまっていることがあります。 
勤務形態を変えることは難しいですが、なるべく日光に当たるように心がけましょう。

運動をすること

生活習慣を改善する方法は運動をするということです。 
運動をすることでもセロトニンが分泌されます。

つまり、パチンコ・スロット依存症から回復するには運動も非常に重要となります。 
パチンコ・スロット依存症の人には仕事をしている時間以外は、パチンコやスロットをするか寝ているだけという生活を送っている人が多いのが現実です。

そうした運動をしない生活を送っていると、セロトニンが生成される機会が少なくなってしまうのは当然です。 
まずは一日20分のジョキングやウォーキングからでもいいので、毎日運動をするように心がけるようにしましょう。

食事を見直すこと

生活習慣を改善する方法は食事を見直すということです。 
ついつい手軽だからということでジャンクフードばかり食べているような偏食でしたらすぐに見直すことが必要でしょう。

ジャンクフードではセロトニンをつくるために必要な栄養素を摂取するのは非常に困難です。 
セトロニンを生成するためには、大豆や乳製品、動物の肝臓や麦などを原料とするパスタなどの食品を摂取することが必要です。

ですので、毎日の食事にこのような食品を意識して摂るように心がけることで改善する可能性が高くなります。

最初からパチンコ・スロット店に近づかない方法

生活習慣を改善する方法はパチンコ・スロット店に近づかないという方法です。 
昨日、パチンコをしないと誓ったばっかりなのについついパチンコ屋に行ってしまった!という人も多いでしょう。

パチンコを本気で辞めたいのでしたら、パチンコ店から遠のく必要があります。 
パチンコをやめたいと思っていても、パチンコ屋が目に入ってしまうと無意識に足が向いてしまうことがあります。

ですので、こうしたパチンコ店に行かないためにはパチンコ店に近づかないことが一番有効です。

身の回りのパチンコ・スロットの情報を遮断する

生活習慣を改善する方法はパチンコ・スロットの情報を遮断するという方法です。 
パチンコをやめようと思い店舗に行かなくなっても、パチンコの誘惑はなくなるわけではありません。 
その誘惑は広告やCMといったメディア情報です。

せっかくパチンコ屋に行かなくなったのに、こうした広告やCMを見てしまうと今までの努力が無駄になる危険性が高いです。
一度パチンコの情報を見てしまうと、楽しいという感情が復活したり一回くらいは大丈夫だろうという気持ちになってしまいがちです。

ですから、できるだけパチンコの広告やCMを見ないように心がけましょう。

パチンコ広告を見ないようにするための方法を紹介

パチンコ広告を見ない方法についてご紹介します。

しかし、パチンコ広告をみないように気をつけろと言っても難しいですよね。
そこでパチンコ広告を見ないで済む防衛策を紹介します。

もしパチンコ店のメルマガを登録している人であればそのメルマガを解約しましょう。 
また家のポストにはパチンコ店のチラシが投函されることもしばしばあります。 
パチンコ店のチラシを絶対に見たくないのでしたら、配達されたチラシそのものを見ないように心がけましょう。

人間関係を見直すことで克服する

人間関係を見直すという方法も効果的です。 
パチンコを辞めるために気をつけるべきこととして、人間関係もあげられます。

周囲にパチンコ好きの友人や知り合いが多くいると嫌でもいくら勝ったとか、どの台が玉が出やすいという話題を耳にしてしまいます。 
そういった話を聞いてしまうと、ついつい誘惑にかられてパチンコに行ってしまうことが多いです。

ですから周囲のパチンコ好きの友人や知り合いから距離を置いた関係を築くということが重要になってきます。

内観療法を行う方法

内観療法を行う方法をご紹介します。 
ギャンブル依存症を克服するためには、内観療法を試してみるのもいいいかもしれません。

内観療法とは、自分の過去の体験や経験を再確認し、客観的な立場にたって見直す事をいいます。 
パチンコ依存症の根本の原因は精神的な不安定だといわれています。 
そして内観療法には、精神的な不安定を改善する効果があるとされているので、パチンコ依存症の克服にも期待できます。

ここでは、内観療法のやり方についてご紹介していきます。

内観療法はどのようなやり方でやれば良いのか

内観療法のやり方をご紹介します。 
基本的な内観療法の治療方法としては、母親、父親、兄弟や配偶者といった自分の人生に強く関わってきた人を思い浮かべます。

そして、それぞれの人に対してこれから説明することについて具体的な事実を過去から現在に至るまで調べていきます。
その内容について詳しく説明していきますので、ギャンブル依存症を克服したいという人だけでなく、精神的な不安定の状況から脱却したいという人も是非参考にしてみてください。

その人にしてもらったことを思い浮かべる

内観療法のやり方は、まず自分に深くかかわった人にしてもらったことを思い浮かべます。
生まれてきてから現在に至るまで、その人にどれだけ世話になったのかを思い出してみましょう。

例えば母親の場合でしたら、お弁当を作ってもらったとか、勉強を教えてもらったとかなどです。
思い浮かべることはどんな些細なことでも結構です。 
冷静にその人との思い出を振り返ってみると、その人にしてもらったということがたくさんあることに気づくでしょう。

その人に対して自分がしたことを思い浮かべる

次の内観療法のやり方は、その人に対して自分がしたことを思い浮かべるということです。 
自分はそのお世話になったその人に対して何のお返しをしてきたのかを考えましょう。

そのお世話になった人は自分に対して毎日食事を作ってくれたり、学費やお小遣いをくれたのに自分は何かお返しをできているのかをよく考えてみましょう。 
お世話になった人にしてもらったことに対して、自分は何をしたのだろうかということをよく考えていきます。

その人に心配や迷惑をかけたことを思い浮かべる

次の内観療法のやり方はその人に心配や迷惑をかけたことです。
殆どの人はこれまで生きてきた中で多くの人に迷惑をかけてきたはずです。

しかし、自分が迷惑をかけてきた事をはっきりと覚えている人はほとんどいません。 
そこでお世話になった人に対して、お世話になったのに自己中心的な態度や行為をとっていなかったのかなどを確認してみましょう。

相手に対して自分がしてきた行為を、相手の立場にたってみて考えてみましょう。 
以上のことを掘り下げて詳しく思い出していくと、様々な発見があるはずです。

現在の自分も見つめ直す

次の内観療法のやり方は、現在の自分も見つめ直すということです。 
過去の自分を見つめ直すことができたら、現在の自分のことを見つめ直してみましょう。

例えば今日あった出来事の内、先ほどご紹介した3つの問題について考えてみます。 
今日あった出来事に対して第三者の立場で考えたり、相手の立場にたったりして今日あった出来事を振り返ってみます。

そして、今日一日の心の変化を振り返ってみましょう。
そうすれば自分が置かれた状態を客観的に見ることができ冷静に考えることができるようになります。

借金してパチンコ… そんな悪循環を抜け出すためには

ギャンブルにハマりすぎて借金してまでパチンコをしてしまう人は、その状況から抜け出すための方法があります。
パチンコで借金をしてしまう人がパチンコを辞める方法についてご紹介していきます。

毎月一定の収入があるにも関わらず、パチンコにお金を使いすぎて生活費に困っているという人や、パチンコに使うためのお金がなくてパチンコに使うお金を借金をして工面しているという人は、是非これからご紹介する方法を参考にしてみてください。

余分なお金やカードは持たないようにする

パチンコで借金をしてしまう人がパチンコを辞める方法は、余分なお金・カードは持たないということです。
給料が入ったらすぐにパチンコ店に行ってしまうという人や、パチンコで負けたらすぐにお金を引き出したりキャッシングをしてしまうという人は、まずは素直に家族に相談してみましょう。

場合によっては、お金の管理を家族に任せお金を引き出す可能性のあるキャッシュカードやクレジットカード、カードローンのカードなども全て家族に預けることで、パチンコに使うお金が必然的になくなり効果があるでしょう。

余分な時間を作らないようにする

パチンコ依存症の人は、いくら「パチンコをやめたい!」と強く願っても、しばらくやめたとしても、自由な時間ができてしまうとついつい昔に勝った快感が忘れられず、「少しくらいならいいか…」という感じでパチンコに足を運んでしまいます。

つまり、そのような意思が弱い人はとにかく自由な時間を作らないようにする事が重要です。 
その方法は、「自由な時間を作らないように仕事の時間を増やす」「副業を始める」「ジムに通う」など、パチンコの事を考える時間がないほどたくさんの用事を詰め込んでみてください。

パチンコ・スロットで出来てしまった借金をどのように解決すれば良いか

パチンコ・スロットで出来た借金を解決するためにはどうしたら良いのでしょうか? 
パチンコ、カジノ、スロット、クレジットカード地獄など借金する理由は人によって様々です。
その中で、日本人が最も陥りやすい借金がパチンコと言われています。

実は、パチンコで作った借金は精算することができます。 
ここでは、パチンコやパチスロなどギャンブルなどで作ってしまった借金を解決する方法をご紹介していきたいと思いますので参考にしてください。

カードローンを利用する

パチンコやパチスロなどギャンブルなどで作ってしまった借金を解決する方法は「カードローン」です。
もし、パチンコやパチスロなどギャンブルをするために友人や知人など個人からお金を借りて返済できない場合は、「カードローン」を検討するのも良いでしょう。

ただし、カードローンは業者によって利用条件や利息など異なります。 
カードローンを利用する際には、事前に利息を確認し月々の返済額がいくらになるのかを必ず確認しておきましょう。

おまとめローンを利用する

パチンコやパチスロなどギャンブルなどで作ってしまった借金を解決する方法は「おまとめローン」を利用することです。 
もし、複数の業者からお金を借金していて、その借金がどうしても返済できない場合は別の会社で「おまとめローン」を利用してみることを検討しましょう。

おまとめローンの会社を選ぶポイントは、今借りている業者よりも低金利かつ月々の返済額が減ることがとても重要です。 
おまとめローンを利用する際にもカードローンと同様事前に利息や返済額について確認しておきましょう。

両親に相談

パチンコやパチスロなどギャンブルなどで作ってしまった借金を解決する方法は両親に相談してみるとう方法も効果的です。 
相談した結果、両親に立替えてもらえる可能性があります。

ギャンブルが原因で借金をしてしまい返済できないなんて、恥ずかしくて言いづらいとは思いますが、正直に事情を話してみることで解決できるかもしれません。
ただし、両親にお金を立て替えてもたった場合はいつまでに返済するのかきっちり約束を交わしていきましょう。

借金の解決方法を紹介!

借金の解決方法についてご紹介します。
借金の解決方法はたくさんの方法があります。

例えば「法的な手段によって借金を整理する」「保証人に立て替えてもらう」「家族や友人からお金を借りる」などの方法がありますが、自分がギャンブルなどで作った借金であるならば、家族や他人に迷惑をかけずにできれば自分で解決する方法を検討してみましょう。

その方法が債務整理です。

では、ギャンブルが原因で作ってしまった借金でも債務整理はできるのでしょうか?

ギャンブルが原因で増えてしまった借金でも出来る債務整理

ギャンブルが原因の借金で出来る債務整理についてご紹介します。 
パチンコ、パチスロ、競馬、競艇、カジノなどのギャンブルで作った借金であっても債務整理はできる可能性があります。

例えば、弁護士などの専門家に依頼し、債権者に交渉して借金の減額してもらったり、返済計画の見直しをしてもらう「任意整理」という方法や、借金を5分の1程度に返済額を減額して原則3年以内に全額を返済していく「個人再生」という方法、借金も資産もすべてリセットする「自己破産」などの方法があります。

自己破産はできるの?

自己破産はできるのでしょうか? 
一般的に自己破産をするとすべての借金をなくすことができます。

自己破産は原則として所有している車やテレビなどの財産を処分して、その財産を処分したお金で借金の返済に充てなければなりません。
ただし、100万円未満の現金や20万円未満の預貯金の他に、生活上最低限必要な家電などは残すことは可能です。

自己破産をすると手元に何も残らないと不安に感じる人も多いと思いますが、自己破産をしても最低限度の生活を送ることが可能です。

任意整理はできるの?

任意整理はできるでしょうか? 
ギャンブルや投資が原因の借金であっても、任意整理をすることで返済金額を減額することができます。

任意整理とは、弁護士などの専門家に依頼し、裁判所を使わずにお金を借りている金融機関と直接交渉して金利をなくすという方法です。
金融機関との交渉は、基本的に弁護士が行ってくれるため、利用者は法律などの知識は必要ありません。

また、任意整理をするために仕事を休まなくても大丈夫です。 
しかし、任意整理をすると金利はなくなりますが借金の返済を行う必要はありますので注意しましょう。

借金を自力で返済していくのは可能?

借金の自力返済は可能なのでしょうか? 
任意整理を利用したことは信用情報に記録されるので、いわゆるブラックリストに登録された状態になります。 
ブラックリストに登録されてしまうと、新たにローンを契約したり、クレジットカードを発行することができません。

ブラックリストは5年間登録されているので、5年間は不便な生活を送らなければならないことを覚えておきましょう。 
もし自力で返済ができれば、カードローンなどを継続して利用することもできます。

お金がないときにどのように乗り切れば良いか

突然の出費や失業でお金に余裕がない場合は、とにかく出費を抑えましょう。

効果的に出費を抑えるなら食費を削るところから始めてください。 
おかずを一品減らすとか、お米であればブレンド米のような格安品を選ぶ、または買い物に行く時間を遅らせてスーパーで見切り品を購入すれば大きく節約できます。

しかし、どうしても削れない出費はどうすればいいでしょう。 
町内会費、家賃、子供の学費など払わなければ問題になります。

手元にお金が残ってないかチェックする

全てクレジットカードで買い物している方の中には密かに自宅のタンスの中に現金をしまっておいたことを忘れているケースも少なくありません。 
消費者金融などからお金を借りる前に、このようなお金がないか自宅をくまなく探すべきでしょう。

いくらかでも見つかれば、それだけ借りるお金を減らせます。 
自宅の家具を探し終えたら次は衣類やバッグを念入りに確かめます。

ポケットはしっかり裏ポケットまで、バッグも同様に隅々まで探しましょう。

日払いのバイトをしてお金を稼ぐ

手元に現金が全く無く、カードローンを利用できない場合には日払いのアルバイトをかけ持つことで稼ぐといいでしょう。 
働いたその日のうちに労賃を支払ってくれますから、急ぎでお金が欲しい方におすすめです。

ただ、日雇いバイトにカテゴリーされながら当日には支払いを受け取れない「日払い」アルバイトがあるので気を付けてください。
日払いアルバイトは支払いが1ヶ月後になりますから、すぐにお金が必要な時に利用できません。

定期預金担保貸付を利用してお金を借りる方法

大きな額が必要なケースではアルバイト収入では足りない場合があります。 

例えば大学の入学金を工面したいなら、アルバイトだけでは全然足りません。 
消費者金融を利用するのも手段のひとつですが、定期預金をしているなら「定期預金担保貸付」を利用してはどうでしょう。 
定期預金担保貸付は銀行などの金融機関に預けている資金を担保にして借入ができるサービスです。

銀行によっては200万円まで金利0.5%で借りられますから、多くのケースでお金の問題が解消するでしょう。

契約者貸付を利用してお金を借りる方法

一定の条件を満たす者にお金を貸し出すサービスは銀行の担保貸付以外にもいくつかあります。

例えば解約返戻金が付帯している生命保険に加入している者であれば、保険の解約返戻金を担保にして借入できる可能性があります。
金利や融資限度額は企業によって異なりますが、金利が2.5%と銀行のカードローンより大幅に低いので利用できるなら検討すべきでしょう。
難点は実際にお金を手にするまでに時間がかかるところです。即日融資は難しいでしょう。

給料を前借りしてもらう方法

正社員として働いているなら給料の前借を会社にお願いすることもできます。 
給料の前借というと、お金にだらしない社員が恥を忍んで会社に無心するようなイメージがありますが、実はきちんと法律で定められている労働者の権利です。

ただし、前借を申し込めるのは出産、病気、災害といった緊急性の高いものに限られます。間違ってもギャンブルでできた借金には使えないので気を付けましょう。 
申し込む場合は会社の庶務課に連絡するのが一般的です。

「お金がない」から「お金がある」にステップアップするにはどのような方法を取れば良いのか

お金がある状態を作り出す土台となるものは家計をしっかり組み立てることです。
毎月どれだけ収入があり、生活していくためにいくら必要か計算して、余剰金が出ないようなら出費を抑える必要があります。

生きていくために必要な衣食住以外の支出は思い切って絶つ強い気持ちが大事になります。 
とにかくお金を使わないという姿勢は確かにお金が貯まりますが同時にストレスも溜まります。

お金がない人はお金を使えないことにストレスを覚えやすいですから、ショッピング以外の趣味を持つのも消費欲求を抑えるのに役立つでしょう。

貯蓄預金はお金をあるだけ使う方におすすめ

自分が自由にできるお金があると使ってしまう方におすすめなのが貯蓄預金です。 
銀行口座から直接積み立て分を引き落とすタイプは有無を言わさず貯蓄分を確保するので、どんな浪費癖の方でも必ず貯まります。

貯蓄預金を機能させるには口座振替のタイミングを給料日か給料日の翌日にすることをおすすめします。  
給料を当てにした派手な浪費ができなくなります。 

より効果的なのは会社で加入している財形貯蓄制度です。  
貯蓄分を差し引かれた額が給料として振り込まれますから、貯蓄預金より確実です。

食費やお小遣いを1週間単位に減らす

無駄な出費をしないためには買い物に出かけないのが一番です。 
お腹が空いた状態でスーパーやコンビニに行くと、あれもこれも食べたくなって必要以上に食品を購入してしった経験があるでしょう。 
これを予防するために買い物は週に1回だけにします。

各スーパーの特売品は曜日でローテーションしますから、肉か野菜が安くなる曜日を狙って一週間分の食材を安く買いだめしましょう。 
買い物に車を使っているなら同時にガソリン代も節約できます。

副業や転職などでで入ってくるお金を増やしていく方法も

無駄使いが減り出費をコントロールできるようになったら収入を増やす努力をしましょう。 
底に空いた穴をふさいだ状態でバケツに入る水を増やせば一気に貯まっていきます。

収入を増やすのに効果的なのは副業です。 
ネットを検索すると「せどり」や「フリマアプリ」など様々な副業が出てきますが確実に収入を増やすなら休日のアルバイトがおすすめです。

日払いのアルバイトなら、その日に現金を手にできますし、急募の現場なら給料も良いです。

債務整理を検討するのもあり?借金返済が生活を圧迫しているときの対処法

借金の返済が難しく利息を払うだけでギリギリの生活をしているなら弁護士に債務整理の相談をしてみましょう。 
同様に複数の金融機関から借入をしている方も債務整理を検討するのが賢明です。 
複数から借入した状態が続くと多重債務に陥るリスクが高くなります。

債務整理には複数あります。 
代表的なものは借金を整理して利息を減らし少しずつ返すものと、借金を全て帳消しにするものです。 
どちらが自分に合った債務整理方法かは弁護士とよく話し合って決めましょう。

お金がないときにどのような公的支援が使える?

自治体や国は生活困窮者のための支援制度を用意しています。

しかし誰にでも利用できるわけではなく、支援を受けるには特定の制度に加入しているなどの条件を満たしている必要があります。 
代表的な物は失業保険です。 
雇用保険に加入している国民なら誰でも利用かのうです。

しかし、多くの公的支援制度は申請制で、制度を利用したい者が申請しないと使えません。 
国から制度の利用を提案する連絡が郵送されることはありませんからアンテナが低い方は便利な制度を見逃してしまう恐れがあります。

そこで、いざという時に頼れる支援制度を紹介します。

失業や休業でお金がないときにどうする?

病気やケガや親の介護で一時的にでも失業すると、その間の収入はゼロになります。 
そんな時に頼れるのが失業手当です。
それまで仕事をして得ていた賃金の45%~80%の金額を受け取れます。

再就職期間中の経済的支えになってくれるでしょう。

出産や子育てで仕事を休む場合に受けられる支援制度は「出産手当金」や「育児休業給付金」です。

出産手当はお産で仕事を休んでいる期間中、賃金の3分の2を受け取れます。 
育児休業給付金の支援額は賃金の最大67%です。 
この他にも業務中のケガで休業した場合に受け取れる傷病手当金などもあります。

急な支出や収入減でお金がないときはどうする?

理由はともかく困窮している現状を何とか支援して欲しい時に利用できるのが「生活福祉資金貸付制度」と「母子父子寡婦福祉資金貸付金制度」です。 
どちらも貸付制度なので返済する義務がありますが、金利が0%~1.5%と非常に低く、消費者金融などで借りるより軽い負担ですみます。

経済的に苦しい方であれば利用できる可能性がある制度ですから、生活が苦しい際は最寄りの福祉事務所や母子福祉課に気軽に問い合わせてみてください。

お金がない状態をどう乗り切るかを覚えておこう

お金で困らないためには常日頃から貯蓄に励むことですが、それでもお金が足りなくなるケースがあります。

例えば自宅か自然災害に遭って建て直す必要がある場合や、自営業者なら不況で大きな損失を出してしまい、その損失を補うために家計を犠牲にすることもあるでしょう。
人間は想定外のことに対処するのは難しいですが、あらかじめ起こると予想して準備してきた障害には対応できます。
お金が絡むトラブルを可能な限り幅広く想定して貯蓄に励み、いざという時に臨機応変に対応できるようにしましょう。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

アイフル
プロミス
SMBCモビット
レイクALSA

特徴からさがす

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.