最終更新日:2020年06月10日

即日で現金を借りる方法は?審査基準を解説

即日で借りたいなら消費者金融で申し込み!お金を即日で借りる方法を解説

お金を借りたいという場合、人によってその事情は異なるでしょう。
中には今すぐにお金を借りる必要があるという人もいます。

そういった人は、消費者金融からお金を借りるようにしましょう。

大手の消費者金融の場合、即日での融資を受けることができます。
細かい時間は各消費者金融ごとに異なりますが、審査が最短30分、申し込みから融資まで最短1時間というようなところもあります。
決められた時間までに手続きを終える必要がありますが、比較的遅い時間まで対応してくれるというところもあるので、時間の制限もそれほど厳しくありません。

消費者金融の最大の強みは即日融資サービス

前述したように、消費者金融の一番の強みは即日融資が行えるという点です。
それを実現するために、審査や手続きをスピーディーに行っています。

ですが全ての消費者金融で即日融資を行っているわけではありません。

各地に消費者金融はたくさんありますが、即日融資を受けることができるのは基本的に大手の消費者金融ということが多いです。
中小の消費者金融でも即日融資を受けられる場合もありますが、来店が必要などの条件があります。

また大手消費者金融でも即日融資を受けられるまでの時間などの条件は違います。
ですので少しでも早くお金を借りたいという場合にはきちんと比較して決める必要があります。

即日中に担保・連帯保証人不要で借入が可能

お金を借りるというと、担保や連帯保証人が必要なのでは?と思う人もいることでしょう。

確かにそういったものが必要となる方法もあります。

ですが消費者金融の場合は、お金を借りる際に担保や連帯保証人といったものは必要ありません。
そのため、周囲に消費者金融を利用してお金を借りたことなどがばれてしまうリスクを減らすことができます。

他にも担保や連帯保証人を必要としない方法はありますが、即日で融資を受けることができるということを条件にすると、それを満たすのは消費者金融の身になります。

収入証明書の提出なしでも借りられる

消費者金融の場合、借入れ額が50万円以下という条件ならば収入証書を提出する必要がありません。
そのため、書類などを準備する手間が省け、申し込みも行いやすくなっています。

同じ金額を借りるとしても、銀行系のカードローンなどの場合は収入証明書の提出が必要となってきます。
これらは役所から取り寄せたり、複数月分の給与明細を準備しなければいけないので、場合によっては時間がかかってしまうことがあります。

また、月収が少ないアルバイトやパートといった立場の人は審査が不利になってしまうこともあります。
ですが消費者金融の場合は証明書が必要ないので、月収が少ないからといって審査に不利になるということがありません。

バレにくい消費者金融のキャッシング!理由は電話連絡や郵送物をなしにできるから

お金を借りたいという人の中には、家族や勤務先にお金を借りていることがばれたくないという人も多いでしょう。
そんな時に消費者金融では、電話連絡や家への配送物をなしでお金を借りることができます。

大手の消費者金融ではWEB上だけで申し込みから手続きまでを完結することができる場合も多く、職場への電話連絡についても書類で代用できることもあります。
多くの人が利用しやすいようにするためにこのような措置が取られているので、周りにばれないような配慮がされています。

アプリは必須!内緒でキャッシングをするなら用意!

消費者金融を利用し始めた後も、融資を受けている様子を人に見られてしまいばれてしまうという可能性はどうしてもあります。

それを避けたいという場合には、各消費者金融が提供しているアプリをダウンロードするのがおすすめです。
これらのアプリは、スマホだけで融資の申し込みからお金の振込、返済といったことを行うことができます。

周囲からはスマホをいじっているようにしか見えないので、ばれるということがありません。
また、スマホさえあれば様々な手続きを行えるので場所なども問わないのもメリットになります。

消費者金融の審査に即日中に通過するコツを3つ紹介!

どれだけ即日で融資をしてほしいと思って消費者金融に申し込んだとしても、審査に通過しなければ融資を受けることはできません。

そのため、すぐにお金が欲しいけれども審査に落ちてしまいそうで不安という人もいるのではないでしょうか。
消費者金融の審査に通るためには、いくつかのコツがあります。

これを抑えていれば必ず審査に通過するというわけではありませんが、通過する可能性を高くすることができます。
実際にコツを意識せずに逆のことをしてしまい、審査に落ちてしまうという人もいます。

可能な限り審査に落ちないようにするために、コツを押さえておきましょう。

申し込む消費者金融を1社に絞ろう!

1つ目のコツは、申し込むのは1つの消費者金融に絞ることです。

消費者金融やカードローンに申し込んだ経歴は、基本的に全ての金融機関で共有されています。
そのため複数の消費者金融に同時に申し込みを行った場合、そのことは相手にばれてしまいます。

複数の申し込みを同時に行っている場合、消費者金融側はその人がとにかくお金を貸してほしいと思っていて、お金に困っていると判断します。
そして、それほどまでにお金に困っている人が本当に返済を続けていくことができるのかと考えてしまいます。

その結果、返済能力に不安が残ると判断されてしまい、審査に落ちやすくなってしまうのです。

希望する借入金額を減らしてみよう

2つ目のコツは、借入れの希望金額を低く設定することです。 
消費者金融をはじめとした金融機関のカードローンでは、審査の際に返済能力があるかどうかを重視しています。
限度額ぎりぎりまで借りる場合には、その人に返済能力があるかどうかが怪しくなってしまいます。

そのため、審査に落ちてしまう可能性があります。

利用限度額自体は収入などによって決まってくるので、借入れの希望額は低く設定したとしても限度額が低くなってしまうということはありません。
そのため、安心して借入希望額を申請するようにしましょう。

既に滞納している支払いを進めておこう!

3つ目は、既に滞納してしまっている支払いがある場合は、それをできる限り返済しておくことです。
支払いを滞納し、そのまま放置しているということは、支払う意思が無く、そのまま放置しても良いと思っていると判断されてしまいます。

そうなると消費者金融側としても、その人は返済をすることができないだろうということで審査に落ちてしまいます。
ですが少しずつでも支払いをしていれば、返済の意思はあると判断できるので、審査に通る可能性は高くなります。

銀行カードローンでは現金を今日中に借りられない

銀行カードローンは「今日中にお金を借りたい」と希望する場合にはオススメできません。
銀行カードローンは即日融資に対応していないのです。
何故対応していないのかというと、全国銀行協会から「警視庁のデータベース照会」が義務付けられているからです。

その審査で必然的に1日以上かかるので即日は不可となります。
ただ、金利は低く融資を受けられるという大きなメリットがありますので、状況に合わせて借入先を検討すると良いでしょう。

大手消費者金融ならコンビニATMで借りられる!

大手消費者金融から手軽に借入できるコンビニATMですが、利用する際には事前の契約が必要です。
契約さえしていれば、提携しているコンビニで24時間いつでも消費者金融から融資を受けられます。
契約には2つの方法があります。

・ウェブ上で申し込み、スマホアプリを使用
・ローンカードを発行後使用

審査は最短30分で終わり、その後スマホアプリであれば即時に利用開始となります。
コンビニATMの前でスマホアプリを起動し、手順通りに操作を進めるだけで借入が可能です。

カード利用は審査が通過してから窓口まで引き取りに行く必要があるので、早く融資を受けるにはウェブ申し込みを済ませ、スマホアプリの利用がおすすめです。

コンビニ借入に最適なセブンイレブンのスマホATM取引

「スマホATM」アプリは、セブンイレブンに設置されているセブン銀行ATMでご利用いただけます。
借入の際にローンカードは必要なく、アプリがインストールされていれば、スマホひとつで簡単な操作を済ませると借入が可能となります。

大手消費者金融と提携しているコンビニは他にもありますが、スマホアプリで借入が可能なのはセブンイレブンのみとなっています。
よって、セブンイレブンを除くコンビニで借入をする際はキャッシュカード、ローンカードが必要です。

(消費者金融+セブンのスマホATM)を利用した借入方法を紹介!

スマホATMを利用して消費者金融から融資を受ける際には、アプリのサービスに対応しているカードローンを申し込む事が大切です。
プロミス、レイクALSA、アイフル、SMBCモビットなどが代表的な消費者金融です。

手順は以下となります。

アプリを起動しログイン
スマホATMをタップ
セブン銀行ATMでスマートフォンでの取引を選択
セブン銀行ATMに表示されたQRコードをアプリ起動状態のスマホで読み取る
スマホ画面に表示された企業番号をセブン銀行ATMに入力
セブン銀行ATMに暗証番号を入力
借入希望額の入力

申し込みの審査に問題が無ければレイクALSAの場合最短60分で借入完了となります。

手持ちのクレジットカードを利用してコンビニATMでキャッシングする方法

クレジットカードではショッピングだけでなく、コンビニATMでキャッシングし、お金を借りる事も可能です。

ただし、キャッシング機能の付いているカードに限られます。
キャッシング機能が付いていれば、コンビニATMにクレジットカードを入れるだけで借入が可能です。

クレジットカードがショッピング枠のみの設定となっている場合には、ウェブ電話にて申し込みすると、審査が行われキャッシング機能が追加されます。
ご利用前にご自身のクレジットカード機能がわからないという方はカード会社に確認しておきましょう。

クレジットカードを利用したコンビニATMでの借入方法を紹介

クレジットカードを使用したコンビニATMでの借入はとても簡単です。

キャッシング機能のついたクレジットカードをコンビニATMに入れるだけで借入が可能となります

クレジットカードをコンビニATMに入れる
変化した画面で借り入れを選ぶ
暗証番号の入力
返済方法の選択でリボ払い、一回払いを選ぶ
希望する借り入れ金額を入力

操作はとてもシンプルで簡単です。 
早ければ1分もあれば借り入れが完了します。

クレジットカードをお持ちでない場合、一からカードの申し込みをすると、カードが手元に届くまで10日間ほどかかりますので、あまりお勧めできません。
クレジットカードでお金を借りる「キャッシング」の利用方法とリスク
ポイントカードだと思っていたカードにクレジットカード会社のロゴを見かけた事はありませんか?

例えばファミマTカードは、18歳以上に発行される場合、クレジットカード機能付きとなってます。
ファミマTカードであっても、キャッシング機能が付いていればクレジットカードと同じ扱いで借り入れが可能です。

カードをコンビニATMに入れる
変化した画面で借り入れを選ぶ
暗証番号の入力
返済方法の選択でリボ払い、一回払いを選ぶ
希望する借り入れ金額を入力

ただし返済方法でリボ払いを選択したり、借入の状況で時には損害となってしまう場合もあります。

コンビニATMでお金を借りるときの注意するべき点を解説

わざわざ限られた時間で銀行窓口や消費者金融まで出向かず融資が受けられるコンビニATMは便利で身近な存在ですが、利用の際には注意も必要です。

便利だからといってコンビニATMを乱用したり、ふっと思いついて借入に出向く行動はトラブルに遭遇する可能性も含んでいます。

コンビニATMでお金を借りるときの注意点
  • コンビニは24時間空いていても利用できない時間帯がある
  • コンビニATMは利用限度額に上限がある
  • コンビニATMは借入の際、メディア端末は使えない

以上を注意点として覚えておいてください。

金融機関側が休止していて、ATMが利用できない時間帯は避けよう

コンビニATMは24時間365日稼働していますが、金融機関側が休止している時間帯があります。

大手の三菱UFJ銀行は、平日、土日祝に関わらず24時間利用が可能です。
一方関西を拠点とする南都銀行では、夜21時から朝7時までの間に休止している取引があります。

利用出来ると予定していたのに、お金が用意出来ないというケースは避けたいものです。
営業時間は金融機関ごとに異なるので、ご利用前に必ず一度確認しておいてください。

コンビニATM自体の借入限度額に気をつけよう

コンビニATMはそれぞれ借入限度額が設定されています。

セブン銀行50万円
ローソン銀行20万円
E-net20万円

これは一日あたりの最大金額で、翌日にはまたお金の引き出しは可能となります。

法律で定められている総量規制で、利用者が借入できる額は年収の3分の1までと決められています。
しかし、年収の3分の1を借入しようとしても、コンビニATMの借入限度額よりも多い場合1日では借りられません。
多額の借入を予定していると思わぬトラブルとなります。

返済のみ可能なコンビニのメディア端末

コンビニにはメディア端末も併せて設置されています。
しかし、メディア端末では返済のみの対応となっており、借入が出来ません。
なお、返済については24時間365日手数料無料です。

メディア端末からの返済に対応している消費者金融はプロミスとアイフルです。
アイフルについてはファミリーマートに設置されているFamiポートより、プロミスについてはFamiポートに加え、ローソンに設置されているLoopiからの返済が可能です。

【審査に通らない人必見】おすすめのキャッシング方法を紹介!あなたも借りられる!!

これまで紹介してきた消費者金融でお金を借りるためには、仕事に就いていて、安定した収入がある人のみです。
このことが利用者に返済能力があるかどうかを判定するポイントとなっています。

ですがお金を必要としている人の中には、その条件を満たしていないため消費者金融でお金を借りるのが難しいという人もいることでしょう。
消費者金融が利用できないという人の場合は、それ以外の方法を使うことでお金を借りることができる場合もあります。

【銀行カードローン】配偶者貸付に対応の銀行カードローンなら専業主婦で借りられる

専業主婦の方がお金を借りたい場合、職に就いているわけではないので消費者金融は利用することができません。
だからといって専業主婦がお金を借りることができないというわけではありません。

専業主婦の方におすすめなのは、銀行系のカードローンを利用することです。
銀行系の場合には、配偶者貸付という制度を導入しています。

この制度は、配偶者の収入と合わせて年収の三分の一まで借入れることができるというものです。
この制度を使えば、本人に収入が無くても配偶者の収入で判断されるので、お金を借りることができます。

ネット銀行の利用で融資スピードを短縮する

専業主婦がお金を借りる方法としておすすめなのは銀行系のカードローンと紹介しました。
ですが銀行が行っているということでどうしても審査に時間がかかってしまうので、即日で融資を受けることはできません。

そんな中でも可能な限り早く融資を受けたいという場合には、ネット銀行のカードローンを利用しましょう。
ネット銀行ならばwebで取引を行うことができるので、融資のスピードが速くなっています。

最短で翌日に融資が受けられるという銀行もあるので、自分の状況にあった銀行を選びましょう。

未成年を貸付対象にしている金融機関は少ない

お金を借りたいという人の中には、20歳未満でまだ成人していないという人もいることでしょう。

ですが20歳未満の場合、銀行や消費者金融のカードローンを利用するのは難しいです。
これらの金融機関は、基本的に融資を行う年齢を20歳以上としているためです。

これは、20歳以上になると成人しているということになるので、返済などの責任を自分で取ることができると判断されるためです。
また18歳以上ならば利用できる金融機関があったとしても、親の同意書などが必要となるでしょうから、おすすめできません。

18歳以上で借入可能な学生ローン

20歳未満の人がお金を借りたいという場合、条件を満たしていれば不可能ではありません。

その方法は、学生ローンを利用するというものです。
学生ローンの場合、対象年齢が18歳以上としているので、高校さえ卒業してしまえば利用することができます。

また、親への連絡を行わないというところもあるので、親にばれてしまうということはありません。
ですが学生ローンを利用するためには、その名前からわかるように利用者が学生である必要があります。

そのため、大学への進学が決定している状態や大学に在籍している必要があります。

学生でもアルバイトをしている人は審査で有利になる

学生の立場や未成年の人の場合、仕事をしていないというのがネックになってしまうのでは?と不安に思う人もいるのではないでしょうか。
実際に仕事をしていないということは、返済能力の面でみると不利になってしまいます。

ですが学生の場合はアルバイトをしていることで、審査に有利な判断をしてもらうことができます。
アルバイトをしているということは、収入があるということで返済能力もあるものと判断してもらうことができます。

ですがアルバイトをしていても収入が少なかったり、働いている日数が少ないような場合には逆に不利になってしまう可能性もあります。

【JAバンク(農協)】高齢者でも最大5,000万円までとまとまった金額が借りられる

お金を借りたいという人には、高齢者の方もいることでしょう。  
高齢者の方の場合にも仕事を定年などで退職しているため、安定した収入が無く、銀行や消費者金融を利用できないことも多いです。

実際に金融機関では融資の対象を65歳未満としているところも多いです。

ですがJAバンクのネットローンの場合、この年齢以上の人でも融資を受けることができる可能性があります。
対象年齢は65歳未満となっていますが、店舗によっては75歳まで融資を受けられる場合もあります。

その金額も最大5,000万円とまとまった金額を借りることができます。

【ろうきんのカードローン】派遣社員などの収入が少ない人でも融資を受けられる

融資を受けたいけれども派遣社員や契約社員という立場の為、収入が少なく不安という人もいるでしょう。
そんな人にはろうきんのカードローンがおすすめです。

ろうきんは労働組合と生活協同組合が運営している金融機関なので、組合員なら審査で優遇してもらうことができます。

そのため、勤務先が労働組合に加入していれば他の方法を利用した時よりも審査を有利に進めていくことができます。
また、働く人を支援することを目的としているため、金利も低く設定しています。

【おまとめローン】他社からの借入があっても借りれる

お金を借りたいけれども、他の消費者金融などの金融機関ですでにお金を借りているので難しいのでは?と思っている方もいるのではないでしょうか。
そういった場合には、消費者金融のおまとめローンを利用するのがおすすめです。

おまとめローンは消費者金融の中でも総量規制の例外となっているので、他社での借り入れで年収の三分の一を満たしてしまっているという人でも利用することができるのです。
また返済先を1社にまとめることができるので、金利などの負担も小さくなります。

【生命保険の契約者貸付】生命保険を担保に生活保護受給者がお金を借りる

生活が苦しいという人の中には、既に生活保護を受けているけれども、それだけでは足りないのでお金を借りたいという人もいるのではないでしょうか。
そういった人におすすめなのが、生命保険の契約者貸付というものです。

これは生命保険の解約時にもらえる返戻金を担保にすることでお金を借りることができる制度になっています。
本来ならば生活保護を受けている場合は収入が無いと判断されてしまうので審査には通りませんが、こちらの場合は審査が必要ないために利用することができます。

審査なしでお金を借りたい!無職でもキャッシングできる借入方法を3つ紹介!

無職で安定した収入が無いため、消費者金融などの審査には通らない、けれどもお金が必要なのでお金を借りたいという人もいるでしょう。
そのような人は、審査が無い方法を利用すれば、職業や年収を確認されることが無いのでお金を借りることができます。

審査の無い方法なんてあるの?と思う人もいるかもしれませんが、そういった方法はいくつかあります。
それらは基本的に自分が所有しているものを担保として、お金を借りることになります。

貯金を担保に借りる郵便局(担保自動貸付)

審査のいらない方法の1つ目は、郵便局で貯金を担保にしてお金を借りるというものです。
これは担保自動貸付けという名前になっています。

この方法では、自分の定期預金や購入した国債を担保にしてお金を借りることができます。
そのため、ゆうちょ銀行で口座を開設していることが条件になっています。

担保自動貸付けでは、定額預金を担保に最大300万円まで借りることができる「貯金担保自動貸付」、国債を担保に最大200万円まで借りることができる「国債等担保自動貸付」、財形貯金を担保に最大300万円まで借りることができる「財産形成貯金担保貸付」の3種類があります。

生命保険を担保にお金を借りる契約者貸付

生命保険に加入しているという場合には、先ほど紹介した生命保険の契約者貸付を利用することができます。
生命保険を解約した時のもらえる解約返戻金を担保にすることで、審査なしにお金を借りることができます。

この方法では利用者が返済できなかった時には、解約返戻金から貸付金額が回収されることになります。
ですが解約返戻金分全額を借りることができるというわけではなく、基本的に解約返戻金の7~8割程度となっています。

質屋なら待ち時間最短60分でお金を借りることができる

これらの方法が利用できないという場合には、質屋を利用することもできます。
質屋は利用するためには審査は必要なく、自分の持っているものを担保にすることでお金を借りることができます。

その金額は担保にしたものの査定額の7~8割程度となっています。
質屋を利用した場合のメリットは、融資のスピードが一番早いという点です。

最短で60分程度でお金を借りることができます。
ですが金利は非常に高く108%となっているので注意が必要です。

【生活福祉資金貸付制度】融資をどこからも受けられない人の味方

消費者金融や銀行のカードローンが収入などの問題で利用できないという人もいるでしょう。

そういった人の味方をしてくれるのが、公的融資の1つである福祉資金貸付制度です。
この制度ならば、金融系から融資を受けられなかった人でもお金を借りることができます。

福祉資金貸付制度は低所得者を救済するための制度なので、融資対象が生活が困難な人になっています。
そのため、低所得者世帯や障害者世帯、高齢者世帯が対象となっています。

財布を落としたときに現金を借りる方法ってある?

ふと気が付いたらバッグの中にもポケットの中にも財布がないという経験をされた方も素なくありません。
財布を落としてしまったときは、今日中・今すぐにお金を借り入れなくてはという事もあります。

そのような際の方法は大きく分けると2つの方法があります。
それが以下のものです。

・駅で現金を借りる方法
・交番へ言って現金を借りる方法

です。

上記のどちらかの方法であれば、財布を落としてしまった際に現金を借りられるかもしれません。

駅で現金を借りる方法

まずは駅員に運転免許証などの身分証明書を提示してください。
そのうえで連絡先を伝えます。

このことで借りられる可能性がありますが、100%ではありません。
仮に貸してくれたとしても、電車賃のみということもあります。

この電車賃も、乗り換えが必要という場合(鉄道会社が変わる場合)は請求元が変わるので、その都度話をして借りる必要が出てきます。
取りあえず、家に帰りつけば何とかなるという方は、試してみる価値はあるでしょう。

交番で現金を借りる方法

最寄りの交番で相談をすると、現金を貸してくれる可能性があります。
財布の紛失や盗難に遭った場合「講習接遇弁償費」という制度が利用できます。

この制度は、自宅から帰宅するまでの費用に困っていると確認ができた場合、交番勤務の警察官・交通機動隊に勤務している警察官から現金を借りられるというものです。
現金を借りたい場合、事情や経緯を詳しく説明をして、氏名や連絡先を申告しなくてはなりません。

また、借りられるのは原則「1,000円」までが上限金額です。

返済地獄への入り口!絶対に審査なしでも闇金からは借りてはいけません

どうしてもお金が必要だけれどもどこからもお金が借りられなかったという人は、闇金からお金を借りようとしてしまうことがあります。
ですがこれは絶対にやめましょう。

闇金は法外な利息を求めてきたり、取り立ても法外な内容で行ってきます。
そのため、1度利用してしまうと必要以上にお金を払わなければいけなくなってしまいます。

お金を借りた時には何とかなったとしても、その後さらに追い込まれることになってしまいます。
利用したことにより返済が終わらなくなり、利息を返し続けることにもなってしまいます。

そのため、他の方法を利用するように検討してください。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

特徴から探す

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

職業から探す

公務員に人気のカードローン
会社員(サラリーマン)に人気のカードローン
自営業(社長)に人気のカードローン
主婦に人気のカードローン
パート・アルバイトに人気のカードローン
学生に人気のカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  6. カードローンは計画的にご利用ください
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.