最終更新日:2020年06月02日

どうしてもお金を借りたいときの解決策!ブラックの方向けや即日融資も

  1. この記事はこんな人におすすめ
  2. お金を大手消費者金融から借りるコツを紹介!
  3. 即日融資ですぐに融資して欲しい場合
  4. お金をどうしても借りたいなら中小消費者金融を検討しよう!
  5. 【フクホー】「ブラックでも借りれた!」と口コミが多い中小消費者金融!
  6. キャッシングエイワなら人物重視なので借りれるかも?
  7. 「キャネット」で借りれば在籍確認が嫌でも安心!
  8. 審査が甘いと噂されているのキャッシングスペースで借りよう!
  9. 【ライフティ(RYFETY)】1000円から借入可能
  10. 【キャッシングエニー】信頼できる業者と評判のキャッシングエニー
  11. 【セントラル】大手消費者金融並みのサービス
  12. 休日でも消費者金融はお願いできる!
  13. 専業主婦であれば銀行にお願いしよう!
  14. 4つのアドバイスを紹介!どうしても借りたい人へ
  15. 審査落ちが確実に?3つのやってはいけないこととは?
  16. スピード借入をしよう!カードキャッシング!!
  17. どこなら無職でも借りれる?
  18. 絶対ダメ!お金を借りたいからといって闇金(ヤミ金)を利用してはいけない!
  19. 無審査で融資可能という文言には要注意!!
  20. お金を個人間融資の掲示板で借りるのは危険!!
  21. 結構便利?公的融資も検討してみよう!
  22. ブラックでもお金をどうしても借りたい!でもそもそもブラックリストってなに?
  23. どうしてもお金を借りることはできない?ブラックリストに入ってしまったらどうする?
  24. どうにかしてブラックリストの人がお金を借りる方法はある?
  25. お金がどうしても借りられない場合は信用情報が消えるのを待つしかない?
  26. 借りるのではなく緊急で稼ぐ方法を紹介!
  27. お金の作り方でグレーなものもやめておこう

この記事はこんな人におすすめ

この記事は、以下のようなお悩みを持っている人におすすめです。

・急な出費でお金が必要になってしまった人 
・お金を借りたいけれども、どこを利用するべきなのかわからない人 
・お金を初めて借りるので、借り方を知りたい人 
・自分は情報がブラックかもしれないから借りられないかもしれないとあきらめてしまっている人

お金は急な理由などで借りる必要も出てきてしまいます。そこで、お金を借りたいという人に向けて、そのための方法や注意点などを解説していきます。

お金を大手消費者金融から借りるコツを紹介!

「お金を借りたい」と思った場合、まず最初に消費者金融を利用することを思い浮かべる人も多いでしょう。 
特にすぐにお金が必要という場合には、CMなどで即日融資を宣伝していることもあり、多くの人が考えるでしょう。

特に大手消費者金融の場合、無利息期間があったり、コンビニなどのATMからでも借り入れや返済ができるので、便利だと思っている人も多いでしょう。 
そこでまずは、大手消費者金融の特徴などを解説していきます。

5万円をプロミスで借りる

プロミスはWebでの申し込みを行うと、最短1時間で融資を受けることができます。 
そのため、至急お金が必要という場合にも対応することができます。 
カードレス取引があり、郵送物もないので家族などにばれるというリスクもありません。

また、無利息期間が30日間あったり、金利が最大17.8%で大手の中でも低く設定されているなど、プロミスならではの強みもあります。 
審査はアルバイトや派遣社員でも申し込むことができ、事前に「お借入シュミレーション」も利用できるので、確認することも可能です。

5万円をレイクアルサで借りる

レイクアルサは、申し込み後最短15秒で審査結果がわかり、融資も最短60分と非常にスピーディーな手続きが可能です。 
即日融資も平日の21時までに完了すれば可能なので、遅めの時間でも手続きを行うことができます。

また、無利息期間が60日間か5万円を上限に180日間のどちらかから選ぶことができ、他の消費者金融よりも長く設定されています。 
利用可能かどうかも「お借入れ診断」を利用することで事前に確認することができます。

基本的に正社員の方が有利ですが、パートやアルバイトでも申し込みは可能です。

5万円をアイフルで借りる

アイフルは、最短30分で審査が完了し、申し込みも24時間体制で受け付けています。 
郵送物が送られてくることもないので、周囲にばれずにお金を借りることが可能です。

アイフルの特徴は、質問がある際に電話をせずとも、チャットロボットが回答してくれる点です。 
それにより、電話で質問するのが苦手な人でも気軽に質問をすることが可能です。

他の消費者金融と同様に30日間の無利息期間も設定されています。 
融資が可能かどうかについては、「1秒診断」で確認することができます。

即日融資ですぐに融資して欲しい場合

生活している中で、突然出費がありお金が必要になるということも少なくありません。 
そんな時には、即日融資ができるところでお金を借りることで、即座に対応することが可能です。

ですが全ての手段で即日融資ができるわけではありません。即日融資が可能なことが多いのは、消費者金融になります。 
多くが即日融資にも対応しているので、急な場合は消費者金融を利用するのがおすすめです。

消費者金融の中でも大手の場合は、自動契約機が各地に設置されているため、そこで全ての手続きを終え、カードを受け取ることも可能です。
また、Webなどでの申し込みでも即日融資をしてもらえます。

銀行では即日での融資に対応していない

お金を借りたいという場合、銀行のカードローンを思い浮かべる人も多いでしょう。 
実際銀行のカードローンは消費者金融に比べると金利も低く、銀行が行っているということで安心して利用することができます。

ですが銀行のカードローンは即日融資に対応していません。 
かつては対応していたのですが、審査システムが変更されてしまったため、審査に1日はかかるようになってしまいました。

そのため、どうしても即日での融資が行えないのです。

SMBCモビット

CMで有名俳優が起用されていることもあり、印象に残っているという人も多いでしょう。 
そんなSMBCモビットでも即日融資をしてもらうことができます。

通常融資を受けるためには、手続きをいくつか行う必要がありますが、SMBCモビットの場合は一定の条件を満たしていれば、Webだけですべてを完結させることが可能です。その条件は以下のようなものになります。

・三井住友銀行か三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行に普通預金口座を持っていること 
・全国健康保険協会発行の保険証か組合保険証を持っていること

Webで手続きができると、最短30分で結果が出て融資が受けられるようになります。

お金をどうしても借りたいなら中小消費者金融を検討しよう!

即日融資が可能な手段として大手の消費者金融を紹介してきましたが、これらは審査も厳しめで、ブラック状態と呼ばれるような金融事故を起こした経験のある人は審査に通りません。 
そんな時におすすめなのが、中小の消費者金融です。
こちらの場合、ブラック状態でも融資を受けることができる可能性があります。

大手の場合は利用者も多いので、わざわざリスクの高いブラック状態の人にお金を貸す必要がありません。 
ですが中小の場合は地元の人などをターゲットにしているので、返済さえできると判断すれば融資を行っています。

ブラック状態になったからといって融資契約をしてはいけないというわけではないので、各消費者金融にゆだねられているため、ブラック状態の人に貸しているからといって悪徳なわけではないので安心してください。

【フクホー】「ブラックでも借りれた!」と口コミが多い中小消費者金融!

フクホーは大阪に本社があり、昭和42年創業と歴史と実績のある中小消費者金融です。 
大阪にあるからといって近隣に住んでいないと利用できないということはなく、全国に対応しています。

フクホーを実際に利用した人の口コミを見てみると、ブラック状態でも借りることができたというものが多く見受けられます。 
そのため、大手消費者金融の審査に落ちてしまったという人でも審査を受ければ融資を受けることができる可能性も残されています。

大阪の人だけ即日融資可能!

フクホーは全国の融資に対応していると紹介しました。 
ですが、即日融資に関しては大阪のみでしか受けることができません。

申し込みに関しては大手と同じようにWebなどを使って24時間体制で受け付けているのですが、手続きを進めるのは基本的に郵送になります。 
そのため大手のように手続き自体もWebで進めることができるというわけではありません。

即日融資に関しては大阪のフクホー難波店に出向く必要があります。 
ですが店舗まで行けるという人の場合、大手よりも便利に利用できる可能性もあります。

キャッシングエイワなら人物重視なので借りれるかも?

続いて紹介するのは、キャッシングエイワです。

ここの特徴は、融資を受けるためには、店舗への来店が必須となっている点です。 
最近ではWebや電話で手続きが完結し、店舗へ行く必要が無いという消費者金融も増えていますが、キャッシングエイワは違います。

面倒に感じてしまう人もいるかもしれませんが、これはキャッシングエイワが「対面与信」をモットーとしているためです。 
申し込み者と直接会うことで申込者の現状を知り、その人がどのような人なのか、返済はきちんとできる人なのかといったことを判断しています。

信用情報だけで判断するわけではないので、ブラック状態の人でも融資を受けることができる可能性はあります。

対面での審査で説教されるという噂も?

キャッシングエイワは対面で相手のことを見ることを大切にしています。 
そのため、大手だけでなく他の中小の消費者金融とも審査結果が違うことも多いです。

ですが、誰でも簡単に借りることができるというわけではありません。 
対面審査の中で直接説教されたという利用者の声も見られます。

その人が信用できるかどうかを直接見て判断することを大切にしているキャッシングエイワだからこそ、審査中に相手に信頼してもらえるように振舞いましょう。

「キャネット」で借りれば在籍確認が嫌でも安心!

続いて紹介するのは、北海道に拠点を置くキャネットです。

キャネットの利用者の声を見てみると、「ブラックでも審査に通った」「債務整理中でも融資が受けられた」といったものが見られます。 
そのためブラック状態の人でも融資を受けられる可能性は十分にあります。

北海道に拠点はありますが、全国への融資に対応しているので安心して利用することができます。 
スタッフに関しては人によって変わるようで、優しいといった声から遅れたら高圧的だったというものまで幅広くあります。 
当然ですが中小だからと言って返済が遅れてよいわけではないので注意しましょう。

会社都合で在籍確認が難しい人におすすめの金融期間

キャネットだけの話ではないですが、消費者金融で融資を受けた場合、基本的に電話で職場への在籍確認を受けることになります。 
これは消費者金融側としても、この人が本当に働いているのか、返済能力が確かにあるのか、といったことを確認する行為であり、踏み倒されたり、お金が返ってこないといった事態を避けるために必要なことです。

ですが勤めている職場によっては、電話で在籍確認をされては困ってしまうといったこともあるでしょう。 
そのような場合キャネットに相談すれば、別の手段で在籍確認をしてくれることもあります。

審査が甘いと噂されているのキャッシングスペースで借りよう!

続いて紹介するのは、スペースです。

スペースは大阪に1店舗しかない小規模の消費者金融ですが、全国各地の融資に対応しています。 
申し込みに関してもネットで行えるので、どこからでも利用することができます。

またスペースは土曜日も営業していて、店頭でなら土曜日でも受け付けをしてくれます。 
そのため、平日は仕事が合って手続きができないという人でも利用しやすいです。

スペースでは自宅への確認の電話についても時間を指定することができるので、自分のタイミングで手続きを進めることも可能です。

情報が2ちゃんねるにもたくさんある

スペースに関しては、審査に通解しやすい消費者金融として、ネット掲示板の2ちゃんねるにも多くのカキコミがあります。

ですが注意点として、全ての情報が必ずしも信頼できるものであるとは限らないということがあります。 
不特定多数の人が書き込めるので、全員が必ずしも利用している人や審査に通過した人とは限りません。

中には嘘の情報を書き込んでいる人もいます。 
実際にスペースの公式サイトにも、事実無根な書き込みを否定する内容が書かれています。

【ライフティ(RYFETY)】1000円から借入可能

続いて紹介するのは、ライフティです。

ライフティの特徴は、中小の消費者金融には珍しく、カードでの借り入れが可能ということです。 
消費者金融でお金を借りる際にカードを使ってATMなどで行えるというイメージを持っている人も多いでしょう。

ですがそれは、大手の話であり、中小の場合はカードではなく振込の場合がほとんどです。 
ですがライフティはカードで借入れができるので、自分のタイミングで限度額内なら自由に借入をすることができます。

【無利息キャンペーン】中小消費者金融では珍しい「無利息キャンペーン」

ライフティは大手消費者金融と同じように、初回借入れの場合、借入れの翌日から35日間の無利息期間があります。 
中小消費者金融は大手に比べると金利が高めに設定されている傾向にあるので、この無利息期間に関しては大手を利用した時よりも大きなサービスになります。

また35日間あると、仕事をしている場合は必ず1度は給料日がやってきます。 
それを使って期間内に全額返済してしまえば、実質利息なしで融資を受けることができるのです。

【キャッシングエニー】信頼できる業者と評判のキャッシングエニー

続いて紹介するのは、エニーです。

エニーは平成21年創業と有名な中小の消費者金融の中でも新しい企業になります。 
ですがこの短い期間で名前が知られたことを考えると、人気もあることが伺えます。

エニーは東京に店舗がある為、利用しやすいという人も多いでしょう。 
インターネットでの申し込みにも対応しているので、東京以外に住んでいる人でも利用できます。

エニーの利用者の口コミには審査が甘いというものが多いです。
そのため、消費者金融でなく闇金なのではないかと言われてしまうこともあります。 
ですがエニーはホームページ上に登録番号などといった情報も公開されているので信頼することができる消費者金融です。

専業主婦でも旦那収入があれば借りられる

お金が必要という人は仕事をしている社会人だけではなく、配偶者が仕事をしている専業主婦の型ということもあるでしょう。 
ですが消費者金融で融資を受けようと思った場合、本人に収入が無いということで審査に落ちてしまうことも多いです。

ですがエニーの場合、配偶者に収入があれば融資を受けることができる「配偶者貸付」という制度があります。
そのため配偶者の同意は必要になりますが、専業主婦でも融資を受けることができるのです。

【セントラル】大手消費者金融並みのサービス

最後に紹介するのは、セントラルです。 
セントラルは愛媛県に本社があり、東京や大阪にも店舗を設置しています。

セントラルの一番の特徴は、中小の消費者金融ながらも自社のATMや自動契約機を設置している点です。 
また、カードも発行されるのでセントラルのATMやセブン銀行のATMから借入れをすることが可能です。

審査のスピードも大手消費者金融並みで、最短30分で審査が完了します。

このスピードは中小消費者金融の中でもトップクラスです。 
大手にも負けないようなサービスがありますが、ブラック状態でも借りられたという声は他の中小の消費者金融よりも少ないので、審査が厳しい部分もあります。

全国からの申込みが可能で即日での融資も対応している!

セントラルは愛媛県が本社ですが、全国に19店舗設置しており、店舗数も中小の中では非常に多いです。 
そのため、各地で契約後すぐにカードを手にすることができます・

カードがあればATMで借入れができるので、実質即日融資が可能になります。 
また、近くに店舗が無くても即日融資を受けることも可能です。

インターネットでの申し込みを平日14時までに完了すれば即日で口座に振り込んでもらうことができます。 
住んでいる場所に問わず即日融資が受けられるというのは中小消費者金融でありながら大手にも負けないサービスの充実度になります。

休日でも消費者金融はお願いできる!

融資を受けようと銀行を利用した場合、時間の制限が大きいです。 
前述したように銀行は元々即日融資を行っていませんが、営業時間も短いです。

基本的に平日でなければ開いておらず、時間も15時までという場合がほとんどです。 
そのため、仕事をしている場合などはなかなか手続きができないということも多いです。

ですが消費者金融の場合、土日祝日でも即日融資を受けることができます。
店舗は開いていないことも多いですが、自動契約機があったり、Web申し込みが可能だったりするので、休みの日でも手続きを行うことができます。

夜でも消費者金融は借りられる

前述したように消費者金融の場合、休日でも即日融資を受けることができます。

それ以外にも大きなメリットがあります。
それは、夜間でも融資を受けることができる点です。 

さすがに24時間いつでも可能というわけではありませんが、大手消費者金融の場合は21時程度までに手続きを終えてしまえば、即日融資が可能という場合が多いです。

注意点としては、あくまでその時間までに手続きが完了している必要があるということです。 
申し込みから融資まで最短でも1時間は必要という場合が多いので。

ある程度は余裕を持っておく必要があります。

専業主婦であれば銀行にお願いしよう!

専業主婦が融資を受けようとした場合、本人に収入が無いのでなかなか審査に通らないということも多いです。

専業主婦の方が融資を受けたい場合におすすめなのは銀行のカードローンです。 
銀行のカードローンの場合、少額の融資なら専業主婦であっても審査に通る可能性があります。

銀行の場合は本人が働いていなくても、配偶者の収入で生活が成り立っていると判断してくれるため可能になっています。 
ですが金額は多くの場合で30万円までとなっており、高額な融資は受けることができません。

融資が消費者金融ではできない

専業主婦が融資を受けようとした場合、消費者金融では審査に通ることができません。 
これは審査に通る可能性が低いということではなく、基本的に融資は受けることができないということです。

それは、賃金業法によって定められています。消費者金融で融資を受ける場合、年収の三分の一を上限とする「総量規制」という規制があります。そのため、収入が無い専業主婦の場合は総量規制も0になってしまうので融資が受けられません。

ですが、消費者金融側が「配偶者貸付」という制度を採用している場合は、専業主婦でも消費者金融から融資を受けることができます。

4つのアドバイスを紹介!どうしても借りたい人へ

融資を受けたいけれども、審査に落ちてしまったということも多いです。 
そしてその多くが、過去に金融事故などを起こしてしまい、信用情報に傷がついてしまっていることが理由となっています。

融資に関しては、申込者が確実に返済することができることを前提に融資を行っているので、それが確認できない場合、企業側は返済されないかもしれないというリスクを負わなければいけません。
そのため、審査を行っているのです。

そこでここからは、融資を受ける前に確認などをしておくべきポイントを紹介していきます。

信用情報を開示してから申し込もう!

融資をするかどうかの審査で非常に重要なのが、信用情報です。
過去に長期の延滞があったり、多重申し込みをしていたという人は、審査に通らなくなってしまいます。

中には、自分では自覚がなかったけれども信用情報に傷がついていて、審査に落ちてしまったということもあります。 
そのため、確実に融資を受けたい場合は申し込み前に自分の信用情報を開示し、確認しておくことをおすすめします。

消費者金融などの金融関係だけでなく、携帯料金の滞納などでも傷がついてしまうことがあるので注意しましょう。

4件以上他社借り入れは利用しない

審査の際には、他社からの借り入れがあるかどうかも確認されています。 
申し込み時に他社からの借入れ額や件数を聞かれることも非常に多いです。

そしてそこで正直に申告したとしても、他社からの借入れが4件以上ある場合は審査に通りにくくなります。 
他社からの借入れが多い場合、そちらの返済も終わっていないため、本当に返済されるか疑われてしまうためです。

そのため他社からの借入れもある場合は、どこか1社だけでも返済したり、おまとめローンの利用を考えましょう。

少なめの借入希望金額を設定しよう!

審査に確実に通りたい場合、可能な限り融資の希望額は低めに設定するようにしましょう。 
企業側としても、融資する金額が少なければ、貸倒れになってしまう可能性も低くなります。

そのため、リスクが低くなるので貸しやすくなるのです。 
また、消費者金融の場合は総量規制により借入金額が決まっていますが、誰でも最大額まで借りれるわけではありません。

可能な限り借りようとするのではなく、必要な金額だけを借りて、それをできるだけ早く返すことを意識するようにしましょう。

カードローンの必要書類をそろえよう!

融資を申し込む場合、ホームページなどを見てみると、インターネットや電話で簡単にできるように書かれています。

ですが実際に申し込みをしてみると、必要な書類などもいくつかあります。 
そのため、即日融資を受けようと申し込んでも、書類が足りないために手続きを進めることができないということもあります。

申し込みの際に必要になる書類は基本的に、①本人確認書類②収入証明書類の2つとなっています。 
特に収入証明書類の場合は、数か月分の給与明細や役所などの書類が必要になってくるので事前にしっかりと準備しておきましょう。

カードローン の必要書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

審査落ちが確実に?3つのやってはいけないこととは?

ここまでは、融資を受けようとした時に気を付けておくべきポイントを紹介してきました。

ですが実際に審査をしてもらう時に、絶対にしてはいけないこともいくつかあります。 
どれだけ困っていたとしても、審査に落ちてしまい、融資を受けることができません。

これはどこか1社というわけではなく、基本的にどこの消費者金融でも、銀行でも同じです。 
そのため融資を考えているときには、これから紹介する3つのことをしていないかということを事前に確認しておきましょう。

【申し込みブラック】複数カードローンへの同時申し込みをすること

融資を受けようとする人の中には、審査に落ちてしまったら困るからという理由で同時に複数の申し込みをしたり、審査に落ちてしまってすぐに別の申し込みを連続でするという人もいます。 
これは絶対にやってはいけません。

同時に複数の融資を申し込んだ場合、「申し込みブラック」と呼ばれる状態になってしまいます。 
金融側からすると申し込みブラックの人は、何としてでもお金を必要としている人のように見えてしまいます。

すると、それほどお金に困っている人が本当にきちんと返済していくことができるのかと不審に思ってしまいます。 
どうしてもリスクがあるので、審査に落としてしまいます。

虚偽の内容を申込書に書いた場合

融資は基本的に信用第一の契約になります。
そのため、申し込みの際に記入した内容に虚偽の情報が書かれていた場合、その人は信用することができず審査に通りません。 

万が一記載した内容を間違えてしまったとしても、相手側はそれが虚偽なのか間違えたものなのかを判断することができないので落とされてしまいます。

また、自分では虚偽の情報を書いたつもりが無くても、以下に紹介するようなミスをしてしまうことも実は多いので注意しましょう。

申込書で間違いがちなポイント
  • 引っ越しして住所が変わったにもかかわらず、免許証の住所を変えていない。
  • 電話番号が変わったことをクレジットカード会社に連絡していない。
  • 勤務先が変わったことを伝えていない。

年収の三分の一?総量規制の範囲を超えて申し込んだ場合

消費者金融の場合、金融業法で定められているので操業規制によって年収の三分の一の金額までしか融資を行うことができません。 
これは消費者金融が決めたものではなく、法で定まっている規制です。

そのため、総量規制を超えた金額で契約しようとしても、審査には通過しません。

この総量規制は1社だけではなく、複数の消費者金融から借り入れている場合は全てを合計した金額になります。 
そのため、他の消費者金融も利用している場合、そちらで借りている金額によっても融資可能額が変わってくるので注意しましょう。

スピード借入をしよう!カードキャッシング!!

クレジットカードを持っている場合、条件を満たしていれば消費者金融や銀行のカードローンを利用しなくてもお金を借りることができる場合があります。 
その条件は、クレジットカードにキャッシング枠が設定されていることです。

キャッシング枠がある場合、コンビニなどにあるATMにクレジットカードを挿入し、暗証番号と金額を入力することによってお金を借りることができます。 
キャッシング枠が設定してあるかどうかは、ホームページやコールセンターで確認することが可能です。

どこなら無職でも借りれる?

お金を借りるとなった場合、消費者金融などの場合には安定した収入があるかどうかが非常に重要になってきます。 
そのため、正社員や契約社員、アルバイトなどでなければ借りることができません。

ですがお金が必要なので借りたいという人の中には、無職だという人もいるでしょう。 
無職の場合、すぐに職に就くことも難しいこともあり、消費者金融などは利用できないことがほとんどです。

ですがいくつかの条件を満たしさえすれば、無職でもお金を借りることができます。

学生ローン

学生の場合、学生専用の学生ローンというものが用意されています。 
学生ローンはその名の通り学生を対象にしています。 
学生は立場上正社員として働くことは難しいので、アルバイトでも安定した収入さえあれば利用することができます。

また、きちんと毎月定額以上を返済することさえできれば、アルバイトをしていない学生でもお金を借りることは可能です。
なお学生ローンは20歳以上でないと利用できないので10代の場合は学生であっても利用することができません。

年金担保貸付

仕事による収入が無くても、年金を受け取っている場合は、銀行や消費者金融の一部で融資を受けることができる可能性があります。 
ですが金額が少なかったり、金利も高くなってしまいます。

そんな時にお得にお金を借りられるのが、「年金担保保証」です。 
年金担保保証では年金を担保にしてお金を借りることができます。

これは何処でも利用することができるのではなく、年金の受取口座に指定している金融機関や、これから受取口座にする金融機関で申し込むことができます。 
金利は年金の種類によって変わるので、場合によってはかなり低い金利で利用することができます。

なおこの制度は例話4年3月末で受け付けが終了してしまうので、利用したい人はそれまでに申し込むようにしましょう。

生命保険契約者貸付

生命保険に加入しているという場合には、「生命保険契約者貸付」という制度が利用できます。

この制度は生命保険に解約払戻金がある場合に利用でき、それを利用してお金を借りることができます。 
金額は全額借りることができるわけではなく、8割程度になります。

利用したい場合は、生命保険会社に連絡を取り、生命保険契約者貸付の申し込みをしたいということを伝えるだけで可能です。 
なお、生命保険に入っていたとしても解約払戻金が無ければ利用することはできません。

早めに完済しよう!意外に高金利!

生命保険契約者貸付は、生命保険に契約していれば他に特別な手続きはいらないため、利用しやすいお金の借り方です。 
ですが良い所ばかりではなく、気を付けておかなければいけないこともあります。

それは、金利が高く福利であることと、借入れ額が解約返戻金を上回ってしまうと、保険が失効してしまう可能性上がることです。 
利息の金額が高いので、借入金額に余裕があっても、利息が増えていき、解約払戻金を超えてしまうという可能性もあります。

すべて返済することができれば再度有効になりますが、金額も大きくなってしまうので難しい場合もあります。

警察から借りる方法

お金を借りるというと、銀行や消費者金融を思いつくという人も多いでしょう。
ですがあまり知られていない方法ですが、警察署や交番でもお金を借りることはできます。 
その方法を、「公衆接遇弁消費」といいます。

この方法では、財布を落としてしまったり、盗まれてしまったような場合に、自宅に帰るまでの交通費などを借りることができます。 
これは警察官からお金を借りるわけではなく、警察という行政機関から借りていることになります。

どんな時でも借りることができるというわけではなく、判断は相談した警察官にゆだねられます。

絶対ダメ!お金を借りたいからといって闇金(ヤミ金)を利用してはいけない!

どこに申し込みをしてもお金を貸してくれないから闇金を利用するということは絶対にしないでください。 
後々になつて必ず後悔をしてしまいます。

闇金とは、金融庁に届け出をしていない金融業者です。 
簡単に言えば、違法業者で、審査がなくブラックリストに載っていても融資するなど甘い言葉で勧誘してくる可能性が高いでしょう。

返済が滞ってしまうと、脅迫と言っても良いような取り立てをしたり法外な利息を請求されるという事もあります。

騙されてはいけない!「#お金借りたい」のハッシュタグ

Twitterで見かけるハッシュタグの中に「#お金借りたい」などがありますが、そうしたハッシュタグをつけて自ら情報発信をしないことをオススメします。 
最近闇金は、こうしたSNS利用して、多重債務者を探しています。いわゆる「カモ」を探しているのです。

連絡をしてしまうと、その情報が闇金同士の中で出回って悪用される危険性もあるのです。 
どうしてもお金を借りたいときに、藁をもすがる思いでハッシュタグを利用する場合もあるようですが、SNSを通してお金を借りる行為だけは避けてください。

無審査で融資可能という文言には要注意!!

お金を貸してくれるという企業の中には、審査なしで融資をしてくれるというものもあります。 
そのようなことを謳っている企業には注意が必要です。 
審査を行っていない場合、そこは闇金である可能性が非常に高いです。 

基本的に金融側からすると、無審査でお金を融資することはリスクしかありません。 
そのためまっとうな消費者金融なら、必ず審査を行っています。

無審査という言葉は特にブラック状態の人にとっては非常にありがたく聞こえるかもしれません。 
ですが安心して利用するためにも、そういったものは利用しないようにしましょう。

お金を個人間融資の掲示板で借りるのは危険!!

ネット上には、消費者金融などではなく、個人間で融資を行う「個人間融資掲示板」と呼ばれるものがあります。
こういった掲示板では、お金を貸してほしい人が掲示板で融資してくれる人を探しています。

自分の融資してほしい金額や簡単な情報を書き込むと、融資してくれる人が連絡をしてくれるというものになっています。 
このような掲示板を利用するもの注意しましょう。掲示板でのやりとりをしたとしても、面倒な部分はありますし、貸し手にはリスクしかありません。 
そんなことをしてまでお金を貸したいと思うでしょうか。

闇金などを利用した時と同様に危険性が高いのでできる限り利用しないようにしましょう。

犯罪がいっぱいの掲示板!

実際に個人間融資掲示板を利用して、犯罪に巻き込まれてしまったという声も見られます。 
誰でも書き込むことができるということもあり、犯罪に利用しようとしていたり、悪用しようと考えている利用者は必ずいます。

中には、名義を貸すことを条件に融資をするということもあります。 
名義貸しに関しては懲役刑や罰金刑が科される犯罪です。

自分の現状を乗り切るために犯罪に巻き込まれたり、犯罪を犯してしまっては本末転倒です。 
無職などでもお金を借りれるような制度もあるので、そちらを利用するようにしましょう。

結構便利?公的融資も検討してみよう!

お金を借りたいという場合、銀行や消費者金融といった金融機関を思い浮かべるという人も多いでしょう。 
ですが実は、公的な融資を受けることも可能です。

前述したようなネット上での融資や審査が異常に甘いような金融を利用するのは非常に危険です。 
それに対しこれから紹介する公的な融資は、絶対的な信頼がおける安心して利用できるものです。

本当にお金に困ってしまい、対処法もないという場合にはそれらを利用するようにしましょう。

生活保護

公的制度でお金を手にすることができるものとして有名なものに、「生活保護」があります。

誰もが受けることができるわけではなく、調査によって本当に生活保護が必要だと判断される必要があります。 
ですが認められさえすれば、保護費を受け取ることができます。

生活保護を受けたい場合は、住んでいる地域の福祉事務所にある生活保護担当に相談することで、手続きを進めていくことができます。 
そこでは生活保護だけでなくそれ以外のアドバイスも受けることができるので、利用してみると新たな道が開けることもあります。

生活福祉資金や失業保険

どこかに就職していて、雇用保険に入っていた状態で職を失ってしまった時には、失業保険を受け取ることができます。 
受け取るためには再就職活動をしたり、一定期間以上職場に在籍している必要がありますが、一定期間は決まった金額を受け取ることができます。

また、金融機関からお金を借りることができないような場合には、「生活福祉資金制度」も利用することができます。 
こちらに関しては低所得者世帯と判断される必要があります。

緊急小口資金

生活福祉資金制度には、緊急小口資金というものがあります。 
これを利用することでもお金を借りることができます。

基本的に生活福祉資金制度を利用する場合、お金を借りるまでに最低でも1ヶ月は必要となってきます。 
それに対して緊急小口資金では、少額に限りますが、申請から1週間程度でお金を借りることができます。

消費者金融の用にはいきませんが、公的な融資の中では最速でお金を借りることができるので、できるだけ早くお金が必要という場合には利用しましょう。

ブラックでもお金をどうしても借りたい!でもそもそもブラックリストってなに?

様々な理由により、どこからも融資を受けることができない状態である、いわゆる「ブラック」。 
それでもどうしても急にお金が必要になる場合ってありますよね。

ですが、よく「ブラックだから貸してもらえない」とか、「ブラックリストに入っているから審査に通らない」などとは言われますが、本当にそうなんでしょうか? 
そもそもブラックリストというものが本当に金融機関の間で存在しているものなののでしょうか? 
ここからは、そのことについてお話していきたいと思います。

キャッシングで言う「ブラックリスト」と呼ばれるものは存在しない!?

一般に「ブラックリスト」という言葉を聞くと、「この人にお金を貸してはいけない」というような、個人名の一覧表があるようなイメージをするのではないでしょうか。 
ですが金融機関に実際にそのような一覧表は存在していません。 
ですのでいわゆる「ブラックリスト」というものがあるかないかで言えば、「ない」と言えるでしょう。

ただし現実には、信用情報機関にこれまで行ってきたマイナスの情報が登録されているために審査を通りにくい人というのは存在しています。 
それを仮に「ブラック」として、説明していきましょう。

申し込みごとにキャッシングは審査を実施する

カードローンやキャッシングなどの融資を受ける際、それを扱っている金融機関では、利用者からの申し込みがあった場合にはきちんと一人ずつに対して、決まった手順で審査を行っていきます。 
そこで要注意人物を書き連ねた一覧表と照らし合わせ、そこに申込書の名前があるかどうかなどを確認して審査から排除する、といったことは行われていません。 
なので一般的にイメージされるような「ブラックリスト」のようなものは存在していないのです。

信用度が低い人がブラックという意味で良いの?

金融機関というものは人や企業に対してお金を融資し、その返済にあてられる利息から利益を得るという仕組みになっています。 
なのでその構造上、人にお金を貸せるならばできるだけ貸したいというのが本音です。

ただしお金を貸した相手が返してくれないようなことがあれば利益はゼロどころかマイナスになってしまうので、その相手が本当に信用できる相手か、具体的にはきちんとした返済能力を持っているのかどうかを見極めます。 
それが審査ということになります。

カードローン会社も信用情報機関でしっかり調査する

銀行などももちろんですが、消費者金融などのカードローン会社でも、名前の知られているようなきちんとしたところでは利用者の情報をしっかりと確認するシステムになっています。 
審査の内容としては主に、申し込みした際に現在働いていると申告した企業の在籍確認と、信用情報機関の登録内容の紹介などによって行われます。

在籍確認がされなかった場合はもちろん審査に落ちてしまいますが、もしそこが通ったとしても信用情報機関の登録内容に問題があればやはり審査は通りません。

信用情報機関に異動情報が載ってしまった人がブラックリストに載った人

ならばその「信用情報機関」というものが何なのかは気になりますよね。 
金融機関が申し込み審査をする際には必ず信用情報機関が利用されます。

信用情報機関とは一体どういうものなのか、どこにどれだけ存在しているものなのか。 
登録されるという内容にしても、一体登録されていることはどんな内容なのか。

そして各金融機関は、信用情報機関に登録された内容のどこを見て、何を重点的に審査していくものなのでしょうか。 
それについて見ていきましょう。

信用情報機関の登録内容について

日本では、信用情報機関と呼ばれるものは以下の三つが存在しています。

・日本銀行協会(全国銀行個人信用情報センター) 
・CIC 
・JICC(日本信用情報機構)

日本銀行協会には主に銀行や信用金庫が加盟しており、CICは主にクレジットカード会社、JICCには消費者金融や信販会社などが主に加盟しています。

登録される内容はどれも基本的には同じで、氏名や住所などの「本人情報」、これまでキャッシングを利用した「契約情報」、「返済状況」、「金融事故」などについて登録されています。

信用情報機関の登録内容に問題があると審査に通らない可能性大

これらの信用情報機関に登録された情報に問題が認められた場合は審査は通りにくくなってしまいます。 
中でも自己破産などの「金融事故」や、返済の遅延や滞納、複数に渡る借り入れなどの「契約情報」や「返済状況」が悪いと、審査はほぼ通りません。

こうした場合にはどの金融機関に申し込みをしても審査は通らないので、それを「ブラックリスト」と称するか、または「ブラックリストに載っている」と解釈するのだと思います。 
ですが実際にはブラックリストは存在せず、きちんと審査された結果なのです。

どうしてもお金を借りることはできない?ブラックリストに入ってしまったらどうする?

「ブラックリスト」というものは存在していませんが、現実には信用情報機関に登録された内容にはっきりとした問題が認められる状況であるならば、実質的な感覚としてはほぼ「ブラックリストに載っている」状況に近いと、使う当人としては感じられてしまうことはあるかもしれません。

ではこのように信用情報機関において、審査の際に問題となるようなマイナスの方法が登録されてしまっている場合は、どの金融機関からもお金を借り入れることは不可能なのでしょうか?

どこでキャッシングを申し込んでもブラックの人はダメ?

ですが実際には「ブラック」「ブラックリスト」というものは存在していません。 
実質的に利用者にとっては同じことだろうと思われるかもしれませんが、「ブラックリスト」と呼ばれるような、統一的に貸し出し禁止となっているようなルールが作られている、ということと「信用情報機関に現実的にほぼ審査に通らないようなネガティブな情報が登録されている」ということには構造的に大きな違いがあります。

それは金融機関によって、審査に通る基準が異なっているためです。

キャッシングは難しい...各金融機関ごとに審査基準は異なる...

金融機関によって審査の基準が異なり、それぞれの機関によって審査が行われているため、例えばA社の審査は落ちたがB社の審査には通ったということが起こるのです。 
よく「B社の審査はゆるい」などと言われることがあるのも、そうしたことによるものです。

しかしどの金融機関も審査基準については公開していないですし、申し込む人によって状況も様々に変わるため、どの会社が通りやすいなどの情報は実際に確認することはできません。 
ただし自己破産や任意整理の記録がまだ残っている状態であるとか、返済の遅延が多い、複数の会社からすでに借り入れているなどの状態であればどこも審査には通りにくいと言えるでしょう。

どうにかしてブラックリストの人がお金を借りる方法はある?

とは言え、そんな状態であってもお金が必要な人もいることでしょう。 
場合によっては急なアクシデントによって当日中にでもお金が必要な状況になってしまう人もいるかもしれません。

そんな時に、焦って金融機関に申し込んでもどこの審査に落ちてしまうようだと、気持ちばかりが焦り、どうしていいかわからなくなってしまいますよね。 
ではそうした場合にはどうするのが良いのか、いくつかの考えられる方法についてここから紹介していきましょう。

消費者金融などではなく周囲の人から借りる方法もある

まずは消費者金融などの金融機関ではなく、周囲の人に助けを求めてみましょう。 
これが確実で、身近な人であれば早く解決することも可能です。 
頼む順番として理想的なのはまず親、その次に祖父母・兄弟、そしておじ・おばなどの親戚、そのさらに次に友人といったところでしょう。

声をかけるならば「使う目的」「必要な金額」「返済できる期限」についてはしっかりと説明しましょう。 
たとえ親しい間柄であっても、何も説明せずに高額な借金を求めても、応じてもらえないのが普通です。

親戚だからと言っても過去に何度も借りている場合は要注意しよう

この「ブラック」という言葉を身近に感じているのだとしたら、日頃からよくお金に困っている方かもしれません。 
もしそうした姿をよく周りに見せているならば、周囲の人に借金を頼むのは難しい状況であるかもしれません。

まして既にこれまでもよくお金を借りていて、さらには返済もあまりできていないのならば難しさはさらに増すでしょう。 
場合によっては貸してもらえないどころか、捕まって長時間お説教されてしまうかもしれません。 
すぐにでもお金が必要ならばそれは避けたいところです。

売れるものや財産を手放す方法

近年ではネットオークションやフリマアプリなど、ネットでの取り引きが充実しており、身の回りのものをある程度お金に変えることも可能です。 
家具や衣類、ゲームソフト、CD、本や家電、デジタル機器などで不用なものがあれば、売ってみるのも良いでしょう。

ただしオークションを利用した場合には、落札までと、入金までも時間がかかってしまう可能性があります。 
また、フリーマーケットやリサイクルショップに実際に売りに行った場合でも、その場で希望通りの値段がつかないこともありえます。 
物を売る際には事前に相場などを調べて行くといいでしょう。

意外と質屋は使えるかも!?

質屋というのは昔の方だと抵抗を覚えるかもしれませんが、近年ではほぼリサイクルショップと同じような感覚でカジュアルに買い取りをしている質屋さんも多くあります。 
質屋では基本的にブランド品や時計などある程度の値が付くものが対象にされることも多いですが、まずはその価値を見てもらえます。

また「買い取り」と言いましたが、質屋は基本的に物を預ける代わりに「お金を貸す」商売です。 
預け物は「質草」と言われ、実質担保になります。

期日までにお金が返ってこなければ質屋はその預け物を自分の商品として売りに出します。 
そうなるともうお金を返すだけではその商品を取り戻すことはできないので、預ける物の価値をよく考えて利用するようにしましょう。

お金がどうしても借りられない場合は信用情報が消えるのを待つしかない?

ここまでいわゆる「ブラック」として説明してきた信用情報機関によるネガティブな登録内容ですが、これは一定期間は登録され続けることになっています。 
ですが永遠に記録に残るわけではなく、最長でも10年で消えるようになっています。

そこで信用情報はいわばリセットされるので、それ以降はもう「ブラック」ではなくなります。 
また信用情報に傷がつくようなことをしていなければ、あらためて新規申し込みをすれば、その審査は通る可能性があるのです。

いつまで信用情報機関の登録情報は記録される?

信用情報機関において登録されている内容の中でも、金融事故や返済遅延、契約情報などについては大体5年間ほどは記録されることになっています。
最長で10年間ですが、実際に10年間というものはあまり多くなく、ですが5~7年間程度は残っていると考えたほうが良いでしょう。

ですので、仮に任意整理や自己破産などをしたことがある人であっても、その期間を過ぎた後は「ブラック」ではなくなります。 
今はお金の借り入れはあきらめ、時間が経つまで待つというのも一つの方法です。

過去にキャッシングで迷惑をかけた金融機関はムリかも

信用情報機関の登録内容は最長でも10年間で消えますが、もしも金融機関からお金を借りたまま返済できずに自己破産などをしている場合、その金融機関には記録が残っている場合があります。

仮に信用情報機関の登録は消えていても、その金融機関に残っている情報はその会社にとって審査対象となるので、そこからは借りることができないということは起こりえます。 
その時は、それだけその会社に対して迷惑をかけたということでもありますから、理解して受け入れるようにしましょう。

借りるのではなく緊急で稼ぐ方法を紹介!

ここまではあくまでお金が必要になった時に、どこかからお金を借りるという方法を紹介してきました。 
ですが中には、お金を借りるのではなくできるだけ自分で準備したいという人もいるでしょう。 
ある程度時間さえあれば、自分でお金を稼ぐことも可能です。

そこでここからは、自力でお金を稼ぐことができ、できるだけ短期間でお金を受け取ることができる方法を4つ紹介していきます。 
どれも多少時間はかかってしまいますが、きちんと報酬を受け取ることができるものです。

日払いバイト

働く時間や環境がある場合は、日払いのアルバイトを利用するのも一つの手です。
日払いバイトは働けばその場でお金がもらえたり、翌日には振り込まれるという形のものとなっています。

ですがこの方法は、住んでいる場所によっても可能かどうかが変わってきます。 
地域によってどの程度日払いのバイトがあるかも差があるので、なかなか見つからないという可能性もあります。

また、高額なバイトは非常に人気が高いので、見つけた時には採用が終わっているということもあります。

即日払い&高報酬を叶えるアルバイトってある?

日払いのアルバイトの中でも報酬が高いようなものは、イベントスタッフや工場での軽作業になります。

また、基本的に深夜の仕事の方が日中の仕事よりも収入が高くなりやすいです。 
そういった仕事は生活リズムの問題などもありますが、できる限りお金を稼ぎたいという場合には狙ってみましょう。

また日払いのバイトとしては、交通量調査やティッシュやビラ配りといったものも件数が多いので見つけやすいです。
基本的に夜間であったり作業がきついものや人気の低いものは収入も高くなることが多いです。

クラウドソーシング

PC関係やデザインといった知識や技術が合ったり、文章などを描くのが得意といった場合には、クラウドソーシングを利用してお金を稼ぐこともできます。 
有名なところでは、ランサーズやクラウドワークスがあります。

クラウドソーシングでは企業などから求められている仕事を受注し、それをこなすことで対価をもらうことができます。 
特にIT関係の経験やデザインなどができる場合には、単価も高くなりやすいので高収入に繋がりやすいです。

自分レンタル

時間があり、人と触れ合うことが苦にならない場合は、自分レンタルをするのも1つの手です。 
自分レンタルは、自分の時間を他者にレンタルしてもらい、その対価としてお金を受け取る形になります。

買い物に付き合ったり、飲み会や結婚式にその人の友人などとして参加するというサクラのようなものまで様々な内容があります。 
基本的に相手とのコミュニケーションが必須となり、初対面の相手と仲良く振舞わなければいけないので、社交性なども必要になってきます。

FX

ある程度の元金があれば、FXを利用してお金を稼ぐという方法もあります。 
FXは非常にハイリスクハイリターンな方法になります。

上手くいけば短時間で大金を稼ぐことができることもありますが、タイミングを間違ってしまうと儲けが無くなるだけではなく、多額の負債を負ってしまう可能性もあります。

特にお金が欲しいためにFXを始めた初心者は注意が必要です。 
慣れていて普段からFXで稼いでいるという人でも、タイミングを誤り、大損をしてしまうということもあります。

初心者の場合は調子に乗ってミスを犯してしまうことも十分にあり得ます。 
そのため、FXでお金を稼ごうと考えている場合は、次のことを覚えておきましょう。

レバレッジを低くする

FXにはレバレッジという機能があります。

これを利用すると、自分の持っている資金の数倍の資金を動かすことができます。

例えば10万円の資金を持った状態でレバレッジを20倍にした場合、200万円として取引を行うことができます。 
FXは元手が大きいほど得られる利益も大きくなります。

ですがその分損失も大きくなってしまいます。 
10万円の資金で2万円の損をしたとすると、レバレッジ20倍の状態では40万円の損失になってしまいます。

そのため、慣れないうちはレバレッジを低くしておきましょう。

利益を短期で得ようとしない

FXは1日の間に必ず大きく価格が変動するというわけではありません。 
時には為替がごくわずかにしか動かないということもあります。

そのような状況で取引を確定してしまうと、損をしてしまうことがあります。

FXの取引を行う際には、手数料が発生します。利益が少ない場合、手数料がそれを上回ってしまい、逆に損をしてしまう可能性があります。 
そのため利益を得るためには、短期間ではなく、少なくとも数日から数週間は期間取るようにしましょう。

信用買いを使いこなす

FXを初めて利用する場合は、基本的に外貨を持っていない状態から始めることになります。 
そのためまず最初に、日本円で外貨を買う必要があります。

例えば1USDが100円の状態でFXを始めたとすると、利益を出すためには円安にならなければいけません。 
ですが、証券会社に外貨を借り、売り注文から取引を始める信用売りと呼ばれる方法を使うと、円高になっても利益を得ることができます。

ただ単に外貨を買うのではなく、信用売りも使いこなすことで利益を上げられるようにしましょう。

お金の作り方でグレーなものもやめておこう

お金を自分で用意する方法をネットなどで調べていると、中にはグレーゾーンに当たるような方法もあります。 
闇金のように自分にもリスクがある方法は誰もが注意していますが、グレーゾーンに当たる行為に関しては、手を出してしまう人もいます。

そういった行為は法律や規則などで禁じられていることも多く、手を出してはいけない行為です。 
これから紹介する3つの方法は、そんなグレーゾーンに当たる物です。

どれだけ困っていたとしても、これらの方法は使わないようにしましょう。

ショッピング枠を現金化する

クレジットカードを持っている人の場合、支払いが翌月以降に来ることから、一度クレジットカードで購入したものを転売し、現金にしようと考える人がいます。

この行為はショッピング枠の現金化と言われています。 
クレジットカードさえあれば気軽にできると思われがちですが、この行為はクレジットカード協会によって禁止されています。

実際に各クレジットカード会社の規約にも禁止行為として書かれています。

クレジットカードを利用して購入したものは、基本的に料金を支払うまではクレジット会社のものになります。 
それを転売すると、自分の持ち物ではないものを売ることになってしまいます。

場合によってはクレジットカードの利用停止や強制解約といった処置がとられることになります。

キャリア枠の現金化

携帯電話を契約している場合、携帯料金と合わせてネットショップなどで支払いを行うことができます。 
これらの方法は、キャリア決済や携帯決済と呼ばれています。

このキャリア決済を利用して、現金化するという方法もあります。

ですがこのキャリア決済の現金化は、各携帯キャリアの利用規約に違反する行為です。 
携帯会社にキャリア決済の現金化をしたことが知られてしまうと、利用停止や強制解約といった措置が取られることもあります。

iTunes Amazonカードの現金化

Amazonギフト券やiTunesカードを現金化することができるサイトや買取店もあります。 
ですがこの方法も、各規定で禁止されています。

中にはもらい物などで利用しない券やカードがあるために、それを現金化しようと考えている人もいるでしょう。 
そのような場合には、それらを使って何か買い物をし、それを転売することで現金化するようにしましょう。

同じようなことに思えてしまうかもしれませんが、直接の現金化は禁止されている行為なのに対し、購入したものの転売は禁止されている行為ではないので可能です。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

アイフル
プロミス
SMBCモビット
レイクALSA

特徴からさがす

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.