最終更新日:2019年11月06日

即日融資で60万円借りる最善の方法!今日中に少額キャッシング

追記:プロミスで80万円を即日融資できたという利用者の口コミを入手

利用者からカードローン会社の評判を聞いたところ、プロミスで80万円の即日融資ができたという口コミを入手しました。
プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのグループ会社で、大手なので安心して利用できます。
まずは「3秒借入診断」サービスで自分が通るかどうか確かめてみましょう。

プロミスの特徴

50万円以上の融資実績多数
初めてなら30日間利息0円
最短1時間で融資可能
簡易審査は3秒で完了

銀行系カードローンと消費者金融の違いって何?徹底比較!

現金が必要になった時に便利なのがカードローンですが、銀行系カードローン会社と消費者金融では内容に少し違いがあります。都市銀行や地方銀行が発行している銀行系カードローンのいちばんの特徴としては、金利が安いということです。また、消費者金融に適用される総量規制の対象外でもあります。融資のスピードに関しては消費者金融よりも遅く、即日融資は不可能です。 対して消費者金融はスピードを重視しており、多くの会社が即日融資可能です。また、銀行系カードローン会社と異なり、無利息期間の設定などのキャンペーンを実施している会社も多いです。

申込資格と審査基準の違い

カードローンを発行できるのは、安定した収入のある20歳以上の人です。しかし、専業主婦のように収入のない人であっても、銀行系カードローンであれば配偶者の収入を担保に借り入れをすることができます。総量規制という仕組みですが、これは収入の3分の1以上の貸し付けを禁止するものです。消費者金融にはこの仕組みが適用されますが、銀行系カードローンは3分の1を超える貸し付けも可能です。銀行の裁量で貸し付けを行うことができるということで、必ず3分の1を超える貸し付けをしてもらえるということではありません。

融資額の違い

総量規制によって、収入の3分の1以上の借り入れをすることはできません。これは申し込むカードローン会社に対しての借り入れ額ではなく、他社に借り入れがある場合には合計した金額で考えられます。
この制度は消費者金融だけに適用されるので、銀行系カードローンであれば3分の1を超える貸し付けが可能です。ただ、必ずしも希望額が通るというものではなく、あくまで銀行側の判断になります。
この点をふまえて、銀行系が消費者金融かを選択することが必要です。

金利の違い

カードローンを利用する際に、重要になってくるのは金利です。返済額は少しでも抑えたいので、避けては通れない部分でもあります。多くの消費者金融が18%の金利を設定しているのに対して、銀行系カードローンは3〜4%低く設定されていることが多いです。数字だけでみるとたいしたことないようにも感じますが、長期間の利用では大変な違いになってきます。そのため、銀行系カードローンは長期間の借り入れに向いています。一方で、消費者金融は初回契約時に無利息期間などのキャンペーンを実施しているので、短期間の借り入れに向いています。

即日融資を受けたい方は消費者金融のカードローンがおすすめ

急に現金が必要になった時には、即日融資してもらえると助かります。
2018年11月の時点で、即日融資可能な大手銀行のカードローンは存在しません。
大手の消費者金融であれば、ほとんどの会社で即日融資が可能です。ただし、申し込む時間帯によっては、翌日の融資になってしまうこともあります。おおむね、13時までの申し込みであれば即日融資可能ですが、20時を超える申し込みでは会社の手続きの関係で困難です。いずれにしても、早い時間での申し込みがお勧めです。

土日祝日に即日融資を希望する方は在籍確認に注意

カードローンを利用するにあたって必要になってくるのが在籍確認で、これは勤務先に連絡を入れて安定した収入があるか確認するものです。
大手消費者金融では土日祝日でも在籍確認を行ってくれますが、会社が営業していなければ確認することができません。確認が終わらなければカードを発行することはできないので、融資を受けるのが遅れてしまいます。
個人の事情にも対応してくれるので、土日祝に在籍確認が取れないならば、担当者と相談して日程を調整する必要があります。

SMBCモビットなら会社への電話連絡が無い

カードローンを利用するには、審査の段階で在籍確認のため勤務先に連絡があります。できることならば、連絡なしで手続きを完了したいという場合もあります。
モビットであれば、会社連絡なしで手続きを完了させることが可能です。その申し込み方法はWeb完結によるもので、三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行の口座を持っていれば申し込み可能です。連絡なしで済ませたい場合には、あらかじめ口座を作ってから申し込むのも方法の1つです。

SMBCモビット

モビットが他の消費者金融と大きく異なるのは、郵送物や電話連絡が一切ないという点です。借り入れに関しては他人に知られたくない部分でもあるため、この対応には安心感を得ることができます。また、ネット上に簡易診断というものがあり、借り入れが可能かどうかのおおまかな診断結果がわずか10秒で分かるサービスがあります。
消費者金融によっは契約時から一定期間の無利息サービスを行っていますが、モビットではこのサービスを行っていません。

即日融資可能な消費者金融とは

急な出費があると焦ってしまうので、1秒でも早く現金を手に入れて安心感を手に入れたいものです。
そんな要望に応えてくれる主だった消費者金融といえば、プロミス・アコム・SMBCモビット・アイフル・レイクALSAです。
申し込む時間や審査の進行具合にもよりますが、13時までの申し込みであれば即日融資可能です。一方で、20時を過ぎてからの申込みは、消費者金融の従業員や事務手続きの関係もあり即日融資はかなり困難です。

プロミス

他の消費者金融の多くが18%の最大金利を採用しているなかで、プロミスの最大金利は17·.8%です。ほんのわずかな違いではありますが、返済額は少ない方が良いので助かります。
三井住友銀行とジャパンネット銀行の口座を持っている場合には、瞬フリというサービスを受けられます。これは24時間365日、最短10秒でキャシングが可能で指定の口座に振り込まれるというものです。

実質年率  4.5%〜17.8%
借入限度額 1万円〜500万円
審査時間  最短30分
融資速度  最短1時間

アコム

アコムは、土日祝日でも即日融資が可能な消費者金融です。その条件としては、三菱UFJ銀行・楽天銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っていることです。
口座を持っていない場合には無人契約機でカード発行をしなければならず、発行手続きがスムーズに進めば土日祝日でも即日融資が可能になります。

実質年率  3.0%〜18.0%
借入限度額 1万円〜800万円
審査時間  最短30分
融資速度  最短1時間

SMBCモビット

SMBCモビットの最大の特徴である在籍確認のない制度があるのは、Web完結で申し込んだ時です。
ただし、土日祝日はWeb完結による申し込みはできないので、ローン契約機での申し込みになります。そのため在籍確認が必要になってきますが、土日祝日で勤務先が休日の場合には担当者と相談して在籍確認の日程を決める必要があります。
独自のスマホアプリを用意しているため、カードレスで利用することができます。

実質年率  3.0%〜18.0%
借入限度額 1万円〜800万円
審査時間  最短30分
融資速度  当日融資
    審査に通れば最短3分で振込可能

アイフル

アイフルは土日祝日でも即日融資が可能ですが、その際にはカード発行をする必要があリます。カードの発行場所は、自動契約機と無人契約でんわBOXです。
ただ、自動契約機にはATMが設置してありますが、無人でんわBOXには設置してありません。土日祝日の即日融資には2つのどちらかで契約と申し込みをするのが絶対条件ですが、無人でんわBOXを利用すると他のATMでの引き出しになります。アイフルでは郵便物の配達時間を指定できるサービスがあるので、希望に応じた配達が可能です。

実質年率  3.0%〜18.0%
借入限度額 800万円以内
審査時間  最短30分
融資速度  最短1時間

レイクALSA

レイクALSA最大の魅力は、公式アプリの「e−アルサ」から必要書類の提出ができることです。ファックスなどで送信する手間が省けるため、少しでも早く融資を受けたい時には便利です。
また、無利息サービスの長さも他の消費者金融に比べて突出しており、契約額が1万円〜200万円で借入額が5万円までであれば180日間の無利息サービスを受けることができます。

実質年率  4.5%〜18.0%
借入限度額 1万円〜500万円
審査時間  最短即日審査
融資速度  最短即日融資

アイフルで60万円を借りたい!チェックしておきたいポイントを解説

消費者金融も色々ありますが、やはり有名なところは安心できると考える方は多いのではないでしょうか。中でもアイフルは大手ですし、利用を考える方も多いと思います。アイフルでは50万円以上、例えば60万でも上手にシステムを活用して申し込めば、即日融資を受けることができるんですよ。ここでは、アイフルで60万円を借りる場合のポイントや気を付けなければならない点、具体的な返済額なども詳しく見ていきたいと思います。

60万円借りるための条件とは?

では実際60万円を借りるためには、どのような条件が必要なのでしょう。アイフル自体の申し込み条件は、年齢が満20~69歳までであることと、安定した収入があることです。つまり、未成年と70歳以上の方は利用出来ないということになります。
そして、専業主婦や無収入のニートの方も利用できませんね。金額は関係ありませんのでパートやアルバイトの方でも申し込むことはできますが、借入上限額は60万円には届かないかも知れません。

60万借りる際に必要な年収は?

先ほど、パートやアルバイトでは60万円は借りることが出来ないかも知れないということをお伝えしましたが、60万円というまとまった金額になると相応の年収も必要となります。
最低限必要な年収は、借入希望額の3倍です。
ただしこれは、貸金業法の総量規制という法律で決められている本当に最低限度必要な年収ですので、実際にはぴったり3倍では借入れは困難です。そしてもちろん、年収だけで決まるわけではありませんので、これ以上の年収があったとしても必ず審査に通るわけではありません。

総量規制による制限とは?

貸金業法に定められている「総量規制」は、全ての消費者金融に適用される法律です。
そしてこの中で、消費者金融が貸付できる上限は年収の1/3まででなくてはならないと決められているのです。
つまり、60万円借りたいのであれば最低でも60万円×3倍=180万円の年収は必要だということですね。
そして、この貸付上限額は全ての貸付の合計額です。
180万円の年収で、既にどこかから20万円を借りてしまっていれば、あと40万円までしか借りられないということになります。

50万円を超える借入は収入証明書類が必要

大抵の消費者金融では、50万円未満の利用であれば収入証明書類の提出を求められることはありません。
しかしながら、50万円を越えるとなると収入証明書類の提出が必要となります
また、希望の借入額が他社と併せて100万円を超える場合も提出しなくてはいけません。
60万円借りたいのであれば、事前に用意しておくと安心ですね。
収入証明としては、源泉徴収票や住民税の決定通知書、給与明細、所得証明書、確定申告書が認められています。

60万円借りた場合の返済額、利息は?

お金を借りる時、返済額や利息はやはり気になりますよね。
アイフルを利用した場合は、「借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式」という返済方式がとられます。
なんとも難しそうな名前ですが、簡単に言えば最後の借り入れ直後の残額でその月の返済額が決まるという方式です。
もし、最後の借り入れから数ヶ月借り入れをしなければ、その間の返済額はずっと同じ金額となります。
もちろん余分に返済するのはいつでも大丈夫です。

返済方法により返済額も変わるので注意

アイフルの返済には2つパターンがあり、どちらかを選ぶこととなります。
毎月決まった日に返済するのが「約定日制」、35日毎に返済するのが「サイクル制」です。
そして、どちらかを選ぶかで返済額は異なります。60万円を金利18%で借りた場合の返済額は、約定日制なら16,000円。サイクル制なら、18,000円です。完済までで考えると、約定日制は56回払いとなり総支払い額は889,120円。サイクル制なら51回払いとなり総支払い額は900,014円になります。

70万、80万、90万円と金額別の返済額シュミレーション!

それでは同じ条件(18%)で、もう少し借りた場合の返済額もシミュレーションしてみましょう。


では、70万円の場合から。
約定日制は、毎月18,000円で59回払いとなり、総計1,059,307円
サイクル制なら、毎月21,000円で51回払い、総計1,050,017円

次に80万円の場合です。
約定日は、毎月21,000円で57回払い、総計1,196,065円
サイクル制は、24,000円で51回払い、総計1,200,019円

最後に90万円の場合。
約定日は、毎月23,000円で60回払い、総計1,367,103円
サイクル制は、27,000円で、51回払い、総計1,350,022円です。

借入額によってどちらがお得になるかは変わるようですね。ただし、実際には借り入れ額により金利が変わりますので、利用する際はきちんと計算してみて下さいね。

アイフルの初回最大30日間利息0円サービスを上手く活用しよう

もし、アイフルを利用するのは初めてという場合には、契約日から最大で30日間の利息が0円になるというお得なサービスがあります。借り入れ額に決まりはありませんので、60万円でもそれ以上でも最大30日間分は、一切利息を支払う必要がありません。
通常60万円を18%で30日借りると、9,000円ほどの利息を支払わなければいけません。
それが30日間以内に全額返済すれば利息は0円で済むのです。ちなみに、30日の間であれば、このサービスは何度でも利用可能です。

60万の借入には収入証明書類は必須!

アイフルなら、60万円を借りる時の審査でも最短30分で結果が出ます。これなら、急にお金が必要になった時にも安心ですよね。
ただし、お伝えした通り60万円の借り入れとなると、必ず収入が証明できる書類を提出しなくてはなりません。
スピーディーに契約を完了させるためにも、申し込む際には、必ず収入証明書類を用意しておいて下さいね。
また、アイフルの公式サイトには、借入額毎の最低支払い額一覧や、支払い額のシミュレーターなども用意されていますので、利用する際はきちんと確認して無理のない返済計画を立てて下さいね。

消費者金融より低金利な銀行系カードローン

銀行系カードローンは消費者金融に比べて金利が低く設定されていますが、2018年11月現在で即日融資可能な銀行はありません。
急いでいる人にとっては不都合な部分ではありますが、それでも最短翌日融資は可能なので状況に応じて利用する価値はあります。
金利は返済額に大きく影響を及ぼしてくるため、少しでも低く設定されていた方が良いです。特に長期にわたる借り入れの場合には、返済額に大きな違いが出てくるので銀行系カードローンがお得です。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは、銀行系カードローンのなかでは最も早く融資が可能です。
他の消費者金融と大きく異なるのは、消費者金融のプロミスでキャシングができるという点です。また、自動契約機が全国に1000ケ所以上あり、探し回ることなく見つけることができます。
契約は銀行の口座を持っていることが基本になるため、持っていない場合には三井住友銀行のローン契約機で手続きをしなければいけません。

審査時間   最短翌営業日
融資スピード 最短翌日

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

三菱UFJ銀行カードローンバンクイックは、ネットかテレビ窓口で申し込むことで最短翌日融資が可能になります。
一般的には、審査スピードが遅いというイメージを持たれているのが銀行系カードローンです。しかし、バンクイックは消費者金融並みの審査スピードとキャッシングスピードを誇っており、平日の14時までに審査が終了すれば翌日融資が可能になります。
14時に間に合わなくても、テレビ窓口で、カードを受け取れば最短で翌日融資になります。

審査時間   最短翌営業日
融資スピード 最短翌日

じぶん銀行カードローン

じぶん銀行カードローンはネット銀行で、最短翌日融資が可能とされていますが、実際には手続きの関係で2〜3日後の融資になります。
口座のあることが条件になりますが、口座を持っていても免許証などの本人確認書類や収入証明書類の提出は必要になります
口座を持っていない場合には開設する必要があり、口座開設の期間も含めると実際に融資が受けられるのは2〜3週間後になるので注意が必要です。

審査時間   最短2〜3日
融資スピード 最短2〜3日

利用限度額が制限されることも

カードローンを申し込む時には希望利用限度額を設定することができますが、最終的にはカードローン会社が利用限度額を決めるため必ずしも自分の希望どおりにはいきません。カードローン会社は、収入などを考慮して限度額を決めます。また、新規の契約では返済能力が未知数のため、カードローン会社も慎重にならざるを得ません。
しかし、長期の利用で滞納などの事実がなく、カードローン会社の信用を得られれば利用限度額もアップしていきます。
どうしても資金が必要な場合には、他の金融機関で新たにカードを発行するのも方法の1つです。

カードローンの即日審査、即日融資のチェックしておきたいポイント

急な出費が必要になった時には、少しでも早く現金を手に入れ安心感を得たいものです。カードローンを申し込むと審査があり、この審査と契約を当日中に終わらせることが即日融資を可能にするポイントです。
こうすれば必ず即日融資が可能になるという方法はありませんが、その確率をアップさせる方法はいくつかあります。
ただし、ブラックリストに載っている場合は即日融資は不可能になってしまい、質屋を利用するなどの方法になってしまいます。

午前中のうちに申し込みを済ませる

即日融資を希望する場合には、余裕を持って早めの申し込みが良いです。
カードローン会社の審査時間には最短で30分などと表記してありますが、これはあくまでもスムーズに手続きが進んだ場合です。混雑状況によってはもっと時間を要すると考えておいた方が無難で、申込み締切時間の2〜3時間前に済ませておいたほうが安心です。
多くのカードローン会社が午前9時から審査を始めるため、その前に申し込んでおくと早いものから処理されます。即日融資を希望するのであれば、午前中の申し込みが有効です。

午後に申し込むならば自動契約機を使えるカードローンを選ぶ

申し込みが13時を過ぎてしまうと銀行振込の対応に間に合わない可能性が高く、即日融資は不可能に近くなります。
そんな時にはローンカードを使って、ATMからキャッシングする必要があります。そのため、自動契約機による申し込みが必要になってきます。店頭窓口の営業時間内に申し込んで即日融資を受けることもできますが、自動契約機の方が設置数も多いため利便性に優れています。
午後に急な出費が必要になった時には、自動契約機のあるカードローン会社を選ぶと良いです。

申し込みは基本ネットからのほうがスムーズ

カードローンの申し込みは、基本的にネットで行う方がスムーズに進みます。
店舗や自動契約機でも即日融資は可能になりますが、そこまで足を運ばなければなりませんし審査をしている間は待っていなければなりません。ネットであれば申し込んだあとは審査結果を待つだけの状態になるため、時間を有意義に使うことができます。
申し込みの方法が分からなかったり疑問点がある場合には電話で相談する必要がありますが、その手続きの分だけ時間を要することになり即日融資の可能性が少なくなっていきます。

必要書類は事前に準備しておく

カードローンを申し込むにあたって必要となってくる書類は、免許証などの本人確認書類と借り入れ希望額によっては収入証明書です。
消費者金融や信販系の場合には、借入希望額が50万円を超える時や借入希望額と他社との借入額の合計が100万円を超える時に収入証明書の提出が必要です。銀行系の場合には、100万円〜300万円の借入希望額で提出が必要です。
申し込む前にこれらの書類を準備しておくことで、手続きがスムーズに進みます。

書類には嘘の内容や誤記に注意

即日融資を受けたいために、申し込みの際に嘘の記入をすることは即日融資どころか審査落ちする可能性すらあります。
また、わざとではなくても間違った記入をすると、カードローン会社と確認のやり取りが発生します。それに時間を使ってしまい、最終的には即日融資に間に合わないという結果にもなりかねません。
急な出費で慌てることは分かりますが、だからこそ正確にゆっくりと申し込みを進めることが必要になってきます。
落ち着いた行動が、即日融資を可能にする近道でもあります。

TwitterやSNSを利用した即日融資は危険

近年はSNSの発展が目覚ましく、Twitterでは甘い文句で融資を行っていることもあります。これは個人の融資であるためトラブルも多く発生しており、個人情報の流出や売春のような被害も出ています。すぐに現金が必要だからといって甘い言葉に乗ってしまうと、犯罪行為に巻き込まれる危険性もあります。そうなれば、融資どころか人生そのものが狂ってしまう可能性すらあります。
融資は正規の窓口から受けるべきで、TwitterなどのSNS上からの個人的融資は非常に危険です。

事前に返済計画をしっかり立てておく

融資を受けることで安心してしまうことがありますが、これは返済しなければならない借金であるので気を引き締める必要があります。
カードローンは便利ですがそれに甘えて軽い気持ちで使い続けると、借金はあっという間に膨らんでいきます。もちろん、金利が発生しますので、借りた金額以上に返済しなければなりません。何も考えない使い方は、経済的な破綻につながる恐れがあります。
収入に見合った使い方を心がけ、返済計画をしっかり立てた上でカードローンを使用する必要性があります。