最終更新日:2020年06月02日

アイフルの仮審査後の審査の流れを解説!審査基準や本審査で落ちないコツ

この記事をおすすめしたいのはこんなひと!

アイフルをご利用の予定の方はご存知かと思いますが、新規申し込みの際には審査が2回行われます。 
1度目が仮審査、そして仮審査を通過すると2度目の本審査となります。

この記事では、1度目の仮審査を通過した方に向けて、次に行われる本審査を通過するにあたり気をつけたい点をご紹介すると共に、本審査に落ちてしまった方に参考になる情報をご説明いたします。 
是非仮審査を通過した方、本審査の通過のコツを知りたい方、本審査に落ちてしまった方に読んでいただきたいと思います。

アイフルの審査は仮審査と本審査の2段階審査というわけではない

アイフルでは2段階審査になっていると思われる方は沢山いらっしゃるようです。

しかし、アイフルのホームページには本格的なローンである住宅ローンの際に行われる仮審査や本審査といった記載はなく、借入までの手順は、お申込み、審査、審査通過後の契約手続き、借入とシンプルな流れになっております。

審査時間もスピーディに行われ、最短30分となっています。 
即日融資はもちろん、申し込みから借入までは最短60分みていれば可能です。

ではどうして世の中にはアイフルは2段階審査だと思われている方が多いのでしょうか。

「1秒診断」がアイフルの仮審査?

なぜそのような勘違いが蔓延しているのかと考えてみると、思い当たる節を挙げるとすれば、「一秒診断」です。

アイフルのホームページで行える「一秒診断」は、利用者が借入可能かどうかの診断を下してくれるシステムです。 
入力する項目は4つとなっており、年齢、年収、雇用形態、他社借入金額です。 
これらを入力し、診断が始まると、融資を受けられるかどうかすぐに結果が出ます。

この診断はあくまで利用者が自己申告で入力した情報だけを審査した結果なので、実際には必ずしも審査に通過できるとは限りません。

「1秒診断」の結果は本当に当てになる?

「一秒診断」の診断結果は3パターンあります。

・ご融資可能と思われます。 
・ご入力いただいた情報だけではお借り入れ可否を判断できませんでした。 
・大変申し訳ありません。当社規定によりお借り入れができません。

となっており、診断結果に「ご融資可能と思われます。」以外が出てしまった際は審査の通過は無いといえます。

なぜかというと、「ご入力いただいた情報だけではお借り入れ可否を判断できませんでした。」が出た場合は総量規制が超えてしまっており、これ以上借入出来ない状態と判断されています。 
「大変申し訳ありません。当社規定によりお借り入れができません。」と出てしまった際は、年齢と職業が問題視されています。 
19歳未満、70歳以上、専業主婦、無職と入力した際にはこの診断結果となります。

これらの条件はアイフルの規定で決められている事なので、最低限の審査に申し込めるかという診断に過ぎません。

アイフルの本審査と仮審査の違いってどんなところにある?

アイフルにおける仮審査とは、利用者が自己申告にて申し込みフォームに記載した情報を機械的に融資可能か否かを判断しています。

どのような記載内容で判断するかというと、年収、雇用形態、勤続年数、年齢、などか主に見られています。 
その後の本審査で重視される項目は、本人確認が主だっており、本人確認書類、収入証明書などに不審な点はないかの確認、職場への在籍確認などか行われます。

本審査の意味合いは、申告内容が事実かの確認作業でもあるため、仮審査に通過しても、申告に虚偽があると本審査で落ちてしまいます。

大体は仮審査で決まる!

現在ではカードローンの仮審査はほとんどの会社で自動審査が採用されている状態です。 
時間も短いもので早ければ数分、長く見積もっても数十分もあれば審査は終わります。

機械が過去の蓄積データの学習より返済能力に問題ないか、申し込み条件に不備はないか、利用者の信用履歴に問題がないかなどを採点を交えて審査結果を弾き出します。 
これにより正確で迅速な審査が実現しています。

審査結果はすぐにメールにて利用者に通知されます。

人による確認がメインとなる本審査!

一方で本審査は人による確認作業となります。 
本人確認書類、収入証明書、在籍している会社への在籍確認と申告内容に虚偽がないか融資に向かう最後のチェックが行われます。 
その為仮審査で通過していても、提出した書類や証明書に不備があると本審査で審査落ちしてしまいます。

特に在籍確認の際には注意が必要です。 
在籍確認が入る当日に出勤している必要はありませんが、社員数が多い会社ですと、万が一手違いでそのような社員はおりませんと言われてしまうと審査落ちにつながります。

消費者金融も金融機関も在籍確認には配慮されており、社名を出す事は無いので可能であれば在籍確認が入る事を会社に伝えておくとスムーズです。

主に信用情報の審査がされる仮審査

アイフルを利用する上で、申し込みを済ませ最終の融資までこぎつけるまでの第1関門が機械による仮審査です。 
ここで仮審査落ちてしまうと融資につながる道は途絶えてしまいます。

必ず通過する必要がある仮審査では、利用者からの申し込み時に記載された情報を元に内容を審査するのですが、機械は一体どのような項目を重視しているのでしょうか。

それは、属性と個人信用情報です。 
次の項目で属性と個人信用情報に分けて詳しくご説明していきます。

属性の審査について

属性の審査には自動スコアリングシステムが用いられます。

コンピューターにより属性を各項目で採点し、スコアを出します。 
アイフル独自の審査通過ラインが設定されており、そのラインにスコアが達していれば次の行程に移ります。

その後申し込みフォームに記載された情報に不備がなければ審査続行となり、万が一不審な点が見つかるとオペレーターより確認の連絡が入ります。 
利用者の記載ミス程度だとオペレーターの確認作業により審査は続行されますが、虚偽だと判断された場合にはその場で審査落ちが決まります。

虚偽の申告とならないようにフォーム入力は慎重に行ってください。

個人信用情報の審査について

審査でより重視されているのが個人信用情報です。 
多くの金融機関や消費者金融は信用情報を共有しているので、他社借入の有無、金融事故歴がないか、現在の返済状況などか開示を求めれば閲覧可能です。

この中でも最も審査に影響を及ぼすのが金融事故です。 
金融事故歴があると審査通過はあり得ません。 
他社の借り入れで返済の遅延や滞りがあると審査通過が見込めなくなります。

アイフルでは規定内で他社借入があっても申し込み可能と決められており、他社借入が2件まで、借入総額が総量規制の上限まで30万円以上余裕がある事が条件となっています。

アイフルではどのような審査対策ができるのか

アイフルの審査に落ちた場合に次回に向けてできる対策の他、これからアイフルの審査に申し込む人向けの申込前の対策や注意点についても見ていきましょう。 
事前に対策や注意点を理解しておくだけでも、普通に申し込むよりもアイフルの審査に通過しやすくなります。

情報を知っていれば審査に通過できたのに落ちてしまうのはもったいないですよね。
これからアイフルの審査に申し込む人は、申込前の対策と注意点を理解しておきましょう。

絶対に申し込みでは嘘をつかないようにしよう

アイフルのカードローンの申込では絶対に嘘をつかないでください。 
確かにアイフルの審査では自己申告した申込内容を元に審査が行われるのですが、アイフルでは必ず申込内容が正しいものか確認を行っています。 
年収は在籍確認でわかりますし、他社での借入については個人信用情報機関に記録されているので簡単にわかってしまうのです。

嘘をついて申告してもすぐにバレてしまいます。 
嘘をつくだけでも審査に落ちやすくなるのでご注意ください。

いつでもアイフルからの電話は取れるようにしておこう

アイフルの審査に申し込んだ時には、アイフルからの電話をいつでも取れるように準備しておきましょう。 
職場に在籍確認が行われるだけでなく、申込者本人への確認が行われる場合があります。

一度電話に出なかった程度で審査に落ちてしまうことはありませんが、電話の対応で信頼できる人物かも判断されてしまうので可能な限りすぐに電話を取れるようにしておくのがおすすめです。 
アイフルへの申込は仕事がお休みの日に行うといいのではないでしょうか。

厳禁となるのは複数のカードローンへの申し込み

複数のカードローンへの申込を行ってしまうと、結局どこのカードローンの審査にも通過できなくなってしまう可能性が高いです。

カードローンの審査への申込情報は、信用情報機関に記録されています。 
また既に他社のカードローンを利用している場合も、アイフルの申し込みへは注意が必要です。

カードローン1~3社までの契約状態の人は貸金業者からの信用はありますが、3社以上から借入をしている人は貸金業者から信用してもらえなくなってしまいます。

本審査の流れを紹介!仮審査通過後はどのようになる?

無事に機械による仮審査を通過してひと息つきたいところですが、すぐに本審査に入ります。 
仮審査で本審査に値すると判断された利用者の情報は、本審査でも担当者により細やかな審査がおこなわれます。 
本審査は一体どのような流れで進んでいくのでしょうか。

この本審査を乗り越えれば融資は目の前です。

必ず審査を通過するために事前に流れを確認しておきましょう。 
次の項目では本審査で行われる審査の内容についてご紹介いたします。

仮審査に通った後に書類提出をする必要がある

仮審査の通過を知らせるメールを受け取り後、本審査で必要となる書類を提出することになります。

アイフルにて借入をする場合に必要となる書類は、本人確認書類です。 
顔写真付きが条件となっており、運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなどとなります。

顔写真付きの本人確認書類が用意出来ない場合、保険証か住民票に加え、現住所の確認が出来る書類の2点提出となります。

そのほかに収入証明書の提出が必要となる場合もあります。 
それは50万円を超える融資希望額であったり、アイフルと他社の融資希望額が合計100万円を超える場合です。

本審査での審査内容はどのような感じ?

必要書類の提出を終えると本審査が始まります。 
提示された書類を確認し、個人信用情報に問題がないか、在籍確認が取れるかなどか主だった審査項目となります。

本人確認書類で申し込みの際に記載された内容に相違はないか、個人信用情報とも一致するか、などがチェックされます。

よくあるトラブルが、申し込みの際に記載した住所が運転免許証と違っている事や、他社からの借入金額が勘違いにより個人信用情報と異なってしまったなどです。 
虚偽の申請をするつもりがなくても、こういった記載ミスでも審査に影響が及びます。

電話で在籍確認は行われる

利用者にとっては緊張が走る在籍確認ですが、アイフルの社名を名乗る事はないので安心してください。

利用者のプライバシーを配慮してくれているので、電話での在籍確認も個人名で取られます。
それでも会社が個人情報保護に厳しく、電話による在籍確認が難しいという利用者は一度アイフルの担当者に相談してみてください。

利用者の状況によっては、求められる書類を提出する事で在籍確認が取れたという事にしてくれる可能性があります。

本審査を通過するためにどのようなコツがある?

さてここまでは仮審査を終えた後にやってくる本審査の流れをご紹介してきました。 
しかし現実には仮審査を通過したものの、本審査に落ちてしまったという利用者は決して珍しくありません。 
本審査に落ちてしまう原因は個人信用情報に問題がある場合が多いのですが、審査担当者はその中でどのような点を重点的にみているのでしょうか。

融資を受けるための最後の難関、本審査を通過へと導く、利用者にも出来るコツをご紹介いたします。

【重要!】個人信用情報の確認事項について

本審査の中で最も注目されるのは、個人信用情報です。 
個人信用情報とは、クレジットやローンの申し込みや契約の情報が詰め込まれています。 
もちろん他社からの借入金や返済状況も載っており、利用者の信用度を測るにはピッタリの情報です。

こういった取引の情報は信用情報機関に一定期間保管されており、取引内容によりますがおよそ5年から10年となっております。 
では一体どのような内容の個人信用情報だと審査に悪影響となるのでしょうか。

他社からの複数借入れがないか、借入額が多すぎないか

その中でも注目されるのが、他社からの借入です。 
アイフル以外に一社からの借入程度ではさほど悪影響ではありませんが、複数の金融機関からの借入となると状況は変わります。

借入がある会社が3社以上となってくると、アイフルから問題視されてしまいます。 
審査となる前に一社でも多く減らしておく事が理想的です。

年収に対しての借入金額も必ず見られる項目で、多過ぎると計画的な返済が困難だと判断されていまいます。

アイフルは総量規制の対象となっているため、年収の3分の1というラインも大切です。 
既に他社により多額の借入金があると、アイフルの審査通過は難しくなってきます。

返済を滞納をしていないかどうか

個人信用情報にはこれまでの取引が事細かに記録されており、過去から現在までの履歴を閲覧できます。

他社で既に借入がある場合、その返済状況も厳しく見られます。 
返済履歴に長期の滞納があると金融事故として残されています。

金融機関や消費者金融が最も警戒する金融事故歴があると、アイフルに限らずどこからの融資も望めないでしょう。 
個人信用情報に金融事故の履歴が残っている方は、金融事故の履歴が消えない期間はアイフルの申し込みは控えた方が良いでしょう。

書類や記入内容に不備がないかどうか

とても初歩的な事ですが、提出を求められた書類への記載ミスなどは絶対にあってはなりません。 
このような小さなことも本審査では慎重にチェックして下さい。

利用者からするとわずかなミスですが、アイフルからすると何か企んでいるのでは…と疑われてしまいます。

確認の為に無駄な時間を使ったり、在籍確認の際に勤務先に問われる内容が多くなったりとデメリットに繋がります。 
最悪の場合、審査落ちとなってしまう場面もあります。

すぐにアイフルから借入れするための審査手順を紹介

なるべくスムーズに申し込みや審査から融資へこぎつける為に、申し込みからの流れを頭に入れておきましょう。

アイフルの利用方法は以下となります。 
まずはウェブで申し込みとなり、仮審査の結果を電話またはメールで受け取ります。 
その後本人確認書類をウェブで提出し、ここで自動契約機へと向かいます。 
そこから本審査が開始となり、審査通過後契約完了となります。

契約が完了するとアイフルからカードが発行されます。 
そのカードではATMでの借入が可能となります。

なぜ、アイフルの仮審査の結果が来ないのか?理由を紹介!

連絡が来ない理由には2つの要因があります。
ひとつはメール関連、もうひとつが申し込みの曜日や時間帯です。

アイフルからのメールがスパムメールだと判断され受信に気づいていない可能性があります。一度迷惑メールフォルダを確認してください。

そして迷惑メールをブロックしている場合にもアイフルからのメールに気づかない場合があります。 
事前に迷惑メール機能をオフにして受信出来る環境を整えておきましょう。

曜日や時間帯による混雑も連絡が遅れる原因となります。 
申し込みが集中した際にはどうしても時間がかかります。 
土日であったり、アイフルが行うキャンペーンによっても審査が混雑する場合があります。

本審査で落ちてしまう原因にはどのようなものがあるのか?6つ紹介

ある程度厳しい仮審査に通過して、単なる確認作業であるはずの本審査にどうして落ちてしまう人がいるのでしょうか。 
すべての理由は利用者にあり、それも書類の提出という項目で稀に躓いてしまうパターンがあります。 
この文章で見るとごく簡単な様に感じますが、時間が無かった、記載ミスがあった、など些細な事でも審査には影響を及ぼします。 
その様な事態を招かない様に、今一度本審査にあたって提出する予定の書類を確認しておきましょう。

本審査前に本人確認書類を提出しなかった

本審査に入る前に必ず利用者の全員に求められるのが本人確認書類です。 
これが提出出来なかったとなるとその時点で審査に落ちる事が確定します。

求められる書類とは、運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、個人番号カード、特別永住者証明書、在留カード、氏名住所生年月日が記載された公的証明書類などです。

この中でいずれかひとつは必ず皆さんお持ちになっているはずなので心配はありませんが、くれぐれも提出を求められた際は虚偽とならない様に慎重になってください。

収入証明書類を提出しなかった場合

収入証明書として認められる書類は以下となります。 
源泉徴収票、住民税決定通知書、給与明細書(原則として直近2ヵ月分)、確定申告書、所得証明書となっており、給与明細書を提出する場合、賞与明細書も合わせて提出すると、より詳しい審査が行われるので融資に向けて有利となります。 
これらを提示を求められているのに用意出来ずにいると審査はストップしてしまい、そのまま審査落ちというパターンです。 
こちらは利用者が自身で提出を求められるかどうか分かるので、事前に用意しておくとスムーズです。

申告ミスで申し込む際に本人と連絡が取れなかった場合

こちらもごく稀ではありますが、実際存在するトラブルです。

うっかりの記載ミスで電話番号を間違えたり、メールアドレスも違っていたとなると、アイフルから利用者に連絡を取る術がなく、連絡が取れない利用者だと判断されてしまいます。
もちろんアイフルとしてもそのようなリスクを感じる利用者に融資など出来るはずもなく、そのまま審査落ちとなってしまいます。 
申し込みの時点から記載等はくれぐれも気を引き締めて取り組んでください。

オペレーターからの質問に答えられなかった場合

本審査を進めていく中で、アイフルの担当者が違和感を覚えたり、不審な点を見つけると、オペレーターより連絡が入り、利用者に対して様々な質問を投げかけてきます。 
その質問にオペレーターが納得する回答が出来れば審査は続行となりますが、質問に対する答えが曖昧だったり、きちんとした回答になっていないと判断された場合、審査に落ちてしまいます。

オペレーターへの対応も審査に影響が及ぶ事をしっかりと覚えておき、万が一審査に対する連絡が来た場合にはきちんとした対応が求められます。

申告内容の虚偽がバレた

そもそも申告の中で虚偽をしてしまう事はあってはならないのですが、人間どうしても切羽詰まってしまうと正確な判断が出来なる時があります。 
そのような心理状態で少し位ならバレないかも…と虚偽の申請をしてしまう人は少なからずいらっしゃいます。

しかし、アイフルなど金融機関や消費者金融には必ず虚偽はバレてしまう仕組みになっており、どれだけ運が良くても抜け道など存在しません。 
もちろん審査には落ちてしまいますし、アイフルは二度と利用出来なくなるというペナルティも付くと思っておいてください。

虚偽の勤務先を伝えるとどうなる?

いくらなんでも無職という状態で申し込みを行なっても審査に落ちてしまう事は明確です。 
そのため無職と申請するのに抵抗を感じて、稀に以前勤めていた会社名を記載する利用者がいらっしゃいます。

そのような事をしてしまう方は、あわよくば嘘がバレずに通ればいいなという希望を持っているのでしょうが、仮審査を通過したとしても、本審査の在籍確認で必ずバレてしまいます。

大きく信用を失う虚偽の申請は今後の信用問題に多大なる影響を残すので絶対にしないでください。

本人確認書類が不鮮明、あるいは偽造であった場合

アイフルにおいて本人確認書類はウェブでの提出となっております。 
提出する書類は運転免許証、パスポート、マイナンバーカード等が多く利用されますが、ウェブでの提出は画像のアップロードとなります。 
スマホやデジカメを使って本人確認書類を撮影するのですが、撮影した画像が見にくかったり、不鮮明な場合は撮り直しを求められます。

一度や二度では審査に大した影響はありませんが、回数を重ねるごとにアイフル側も警戒を強め、画像のねつ造や偽造を疑い始めます。 
あまりにも酷い場合にはその時点で審査に落ちることがあります。

収入証明書類で虚偽がバレる場合

借入金額が50万円を超えてしまう場合や、他社からの借入金額との合計が100万円を超えると、収入証明書類の提出を求められます。 
収入証明書類は、源泉徴収票、給与明細書、納税通知書等ですが、そこに記載されている年収と、申し込みの際に記載されていた年収が違うということもしばしば見られます。 
申し込みの際の記載では年収400万円と書いてあったのに、収入証明書類の上では年収300万円となっていては、虚偽申告と判断されてしまうため、本審査で落とされてしまいます。

在籍確認ができなかった場合

こちらは派遣社員の方がよく躓いてしまう傾向にあります。 
在籍確認は派遣元の会社に入るのですが、全体的に派遣会社は特に個人情報保護の意識が高く、在籍確認には在籍の有無を伝えないという方針を取っている会社もあります。
どうしても派遣元の会社が在籍確認に協力してくれない場合、派遣先の会社に在籍確認をお願いするという形も取れます。 
しかし、実際に派遣先に在籍確認をお願いするのは気まずくて頼めず、本審査で落ちてしまったという例があります。

本審査に落ちてしまった場合はどのような解決法がある?3つ紹介!

お金が必要でアイフルの申し込みをしたのに、本審査に落ちてしまったとなると融資を受けられず大変です。
しかしお金が必要な事には変わりなく、次の手段を探さなければなりません。

お金を借りるにはいくつか選択肢があります。
まずは銀行のカードローンを申し込む。

アコムやプロミスなど大手の消費者金融に申し込む。 
または中小となる消費者金融に申し込む。

などが選択肢として考えられます。 
アイフルの審査に落ちてしまっても、他の選択肢であれば融資を受けられる可能性も残っています。

銀行カードローンに申し込んでみよう!

消費者金融の審査に落ちたのに、どうしてより厳しい審査の銀行カードローン?と思われるかもしれません。

たしかにメガバンクと呼ばれる銀行が行う審査は大変厳しいと言えます。 
しかし、地方銀行が提供するカードローンの審査では、その銀行の口座を持っていると密かに審査の際に優遇されているという実態があります。

あなたがお持ちのメインバンクが地方銀行で、カードローンの提供があるならば一度試してみる価値はありそうです。

プロミスやアコムなど他の消費者金融に申し込んでみよう

アイフルの審査に落ちてしまったからといって消費者金融の全てを諦める必要はありません。 
それぞれの消費者金融には審査に特色があり、アイフルで審査に落ちてしまったのは利用者との相性がたまたま良くなかっただけかもしれません。

どうせまたダメに決まってるよ…と落ち込む前に、アコム、プロミスなどそれぞれの特色にならば会うかもしれないのでこちらもチャレンジしてみる価値は大いにあります。 
数社一気に申し込んでしまうのは信用情報にも影響するので、できれば1社ずつ申し込みましょう。

中小消費者金融に申し込んでみよう

銀行カードローン、大手消費者金融、と審査に落ちてしまった人々が行き着くのが中小の消費者金融です。 
消費者金融業界は審査が緩い事でも有名ですが、それが中小ともなると更にハードルは下がります。

しかし、大手企業よりも古びた感じは否めず、足を踏み入れるには勇気が要ります。

そして大手消費者金融とは利便性も安心信頼度も変わってきます。出来れば大手消費者金融で借りれることが一番ですが、ピンチを乗り切るにはひとまずこういった所で借り入れるのも手段のひとつです。

【Q&A】アイフルの審査に関して

Q一秒診断で融資可能だったのに審査に落ちたのはどうして?

Aアイフルの一秒診断には信用情報が診断材料に含まれていません。 
信用情報を含めて審査すると審査に落ちてしまうこともあります。

Q契約終結の手続きはお店に行かずにできるの?

一度もお店に来られずとも契約は締結可能です。 
全てウェブ上で完結できるようになっているのがアイフルの特徴です。

Q虚偽の申告がバレたらブラックリストに載るの?

Aブラックリストに載るまではいきません。
しかし、信頼を失うことは明確で、審査に落ちてしまう事も確実です。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

アイフル
プロミス
SMBCモビット
レイクALSA

特徴からさがす

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.