最終更新日:2020年06月03日

プロミスの在籍確認の電話連絡の対策!電話内容や電話連絡をなしにする方法を解説

プロミスの在籍確認は必須

銀行や貸金業者からお金を借りる場合、「在籍確認」は審査において必須項目となっています。
それは消費者金融のプロミスも例外ではありません。

大前提として、在籍確認なしでプロミスからお金を借りることは出来ないと覚えておきましょう。
カードローンで個人融資を行う金融機関は、すべて在籍確認を行うように義務化されているのです。
そのため「どうしても在籍確認を受けたくない」という場合はお金を借りることが出来ないのです。

本当に働いているのか確認が必要

では、どうして申込者に対して在籍確認を行うのでしょうか。
これは、簡単に説明すると「本当に申告した勤務先で働いているか」をチェックするためです。
会社に在籍していることが確認できれば、

・申込の内容が本当だったこと
・返済能力が見込めること

の両方がチェックできますよね。
働いていなければ安定した収入がないため、継続的に返済は難しいと考えられます。
過度な融資を行わないためにも在籍確認は非常に重要なことなのです。

基本的に会社に直接電話をする

「プロミスを利用することを会社に知られたくない」
「家族にも内緒でお金を借りたい」

こういった理由からプロミスを利用するかどうか検討している人も多いことでしょう。
しかし会社への在籍確認は必須です。
そのため、同僚や上司には知られたくない場合、在籍確認について不安に感じているのではないでしょうか。
実際のところ、在籍確認によって会社に知られるという可能性はかなり低くなります。
そもそも、なぜ在籍確認は書類ではなく電話なのでしょうか。

在籍確認が電話で行われる理由

書類による在籍確認と比較すると、電話による在籍確認のほうが確実性が高いといわれています。
そのため多くの金融機関では電話での在籍確認を行っているのです。
電話による在籍確認の場合、偽造するのはかなり難しいでしょう。
しかし書類の場合は、それなりに偽装することも可能になってしまうのです。

犯罪者集団などから悪用されることも考えられないわけではありません。
そのため在籍確認は電話連絡で行われるのが一般的となっているのです。

電話連絡は回避できる!

プロミスを利用する場合「在籍確認なし」でお金を借りることは出来ません。
しかしプロミスからの電話連絡を回避する方法はあります。
最近では、

・会社に代表の電話番号がない(電話対応をしていない)
・個人情報保護の観点から個人あての電話を受けつけてない

など、いろいろな会社があります。
そういう会社の方でも申し込めるような配慮がされているのです。

では実際にプロミスからの電話連絡を回避するためにはどうしたらいいのでしょうか。

会社への電話回避のコツ

プロミスの在籍確認は会社へ直接電話するのが基本となります。そのため、会社バレすることを不安に感じる人は多いようです。
また電話対応自体していない会社の人は、申し込めないのでは? とさらに不安でしょう。
しかし、こういった悩みを解消するために、プロミスでは在籍確認方法について相談に乗ってくれるのです。

状況次第では電話連絡以外の方法を検討してもらえることもありますので、不安にならず、まずは相談してみましょう

条件を満たせば「SMBCモビット」でも電話連絡なしで借りられる

大手消費者金融であるSMBCモビットのWEB完結申込なら、電話連絡なしで最短即日融資が可能です。これは各社のなかでも唯一になります。

・「社会保険証(全国健康保険協会発行の保険証)」または「組合保険証」を提出可能な方
・「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」「みずほ銀行」「ゆうちょ銀行」のうち、いずれかの口座をお持ちの方

上記の2つの条件を満たす方であれば、職場への連絡なしで審査が行われ、融資をご利用いただけます

プロミスの在籍確認はバレにくい

「カードローンを申し込むのは初めて」というかたにとっては非常に不安かもしれません。

しかし在籍確認の電話で会社にカードローンの利用がバレるということは、まずないでしょう。
長年、多くのカードローンを扱っているだけに、プライバシーを優先して手続きを進めてくれるからです。
そのため、電話に出た人に知られてしまうということは、まずないと考えられます。
しっかり対応してもらえますので、申し込むときは安心してくださいね!

気付かないうちに終わっていたケースも多い

インターネットで、プロミスによる在籍確認を受けた人の口コミを確認してみました。
すると意外にも、在籍確認の電話があったこと自体に気付いていない人も少なくありません。在籍確認の電話は本人以外がとっても良いため、気が付かない可能性も高いでしょう。
会社にバレるどころか本人でさえ「いつのまに終わったの?」ということもあるのです。
そのためプロミスからの在籍確認の電話については、それほど心配する必要がないといえるのです。

プロミスの在籍確認を受けたことがある人の体験談

では実際にプロミスの在籍確認を受けたことがある人にインタビューした結果をいくつか紹介します。

[ケース1]
申込者…40代女性
従業員数…100人以上
申し込み曜日…月曜日
タイミング…申し込み後5分程度
電話連絡の流れ…プロミス担当者から本人
所要時間…1分以下
職場バレ…なし
感想…本人が出たためか数十秒で終了。対応は良かったです。

[ケース2]
申込者…20代男性
従業員数…数名
申し込み曜日…土曜日
タイミング…申し込み後1時間以内
電話連絡の流れ…プロミス担当者から本人
所要時間…2〜3分程度
職場バレ…なし
感想…個人名で電話をもらったのでプロミスと最初は分かりませんでした。

[ケース3]
申込者…30代男性
従業員数…100人以上
申し込み曜日…水曜日
タイミング…時間を指定した
電話連絡の流れ…プロミス担当者→同僚→本人
所要時間…2〜3分程度
職場バレ…なし
感想…ミーティングが終わるタイミングで個人名でかけてもらいました。

会社が休業中に申し込んだ場合の在籍確認

会社の休業日などで在籍確認の電話が受けられない場合、基本的にはその次の営業日に在籍確認が行われることになります。
こうしたケースでは当日中に在籍確認ができず、審査結果も通知されないため注意が必要です。

しかし、「会社が長期休暇に入り誰も電話が取れない」「どうしても今日中に借りたい」など事情がある方はプロミスコール(0120-24-0365)を使用することですぐに相談が可能です。条件や信用情報次第で少額融資など柔軟に対応してもらえる可能性があります。

どうしても在籍確認が気になる人向けの事前対策

「不在中に電話対応した人が、相手にしつこくいろいろ聞いたらどうしよう」
「会社が休みで電話がつながらないときはどうしよう」

在籍確認自体の経験がないという場合は、「バレない」と分かっていても、つい不安になってしまうものです。
しかし、もしも不安要素があるというのなら、事前に対策をしておけば良いでしょう。

ここからは在籍確認時に出来る「事前対策」を紹介します。
在籍確認が不安だというかたはぜひ検討してみてくださいね。

電話が来るタイミングで席を外す

対策1つめは「電話が来るタイミングで席を外す」というものです。

なぜなら、在籍確認の電話に直接本人が出る必要がないからです。
「そんなに都合よく席を外すのは難しい」と感じるかもしれませんが、プロミスでは電話をしてもらえるタイミングは事前に相談できるのです。
「12:00〜13:00にかけてほしい」とあらかじめ依頼をしておき、お昼は外に出る、という方法も良いでしょう。これなら自然に席を外すことが出来ますよね。

言い訳を考えておく

対策2つめは「言い訳を考えておく」というものです。

もし電話対応をした社員にしつこく理由を聞かれてしまうのが不安なら、事前に言い訳を考えておきましょう。

・クレジットカードを作るので在籍確認がある
・家庭の事情で電話が掛かってくる

このような事情であれば実際に電話が掛かってくる可能性があるので不自然ではありません。
質問されたときも、動揺せずに返事が出来るはずです。
クレジットカードの在籍確認も個人名で行われるため怪しまれることはないでしょう。

連絡手段について相談する

「土日祝日は会社が休みである」
「業務時間が夜中なので、昼間は人がいなくて連絡が取りにくい」
「長期休暇中で、会社には誰もいない」
「会社で電話対応をしていない」

会社によって、様々な状況が考えられます。上記のようなケースではタイミングによっては在籍確認が難しいことも考えられます。
しかし在籍確認が終わらないと審査も完了しません。
そんなときは申込を行った後、プロミスコールに電話で相談してみることをおすすめします。

相談はプロミスコールに

「会社の事情により電話での在籍確認が難しいと考えられるとき」
「契約前に不明なことがあるとき」
「不安に感じているとき」

こんなときはプロミスコールに電話で相談してみましょう。

電話番号0120-24-0365(通常)受付時間:9:00〜22:00
0120-86-2634(女性専用)受付時間:9:00〜22:00

女性専用に電話した場合、女性オペレーターが対応してくれます。
男の人と話すのは苦手、という女性でも、これなら安心ですよね。

プロミスの在籍確認に関するよくある質問

実際に申込を考えているなら、プロミスの在籍確認は避けて通れません。そこでプロミスでの「在籍確認について疑問に思われること」が多いポイント(よくある質問)についてQ&A形式で紹介していきます。
この中には公式サイトでは確認できない情報もありますので、しっかりチェックしておきましょう。
なお、これ以外にも在籍確認について疑問があるという場合は前述のプロミスコールに連絡を入れて、直接担当者に相談してみましょう。

在籍確認後に審査落ちすることはある?

絶対とはいえませんが、在籍確認後に審査落ちする可能性は低いです。
在籍確認の電話でバレる可能性はありませんが確実ではありません。
この電話でバレるという可能性も否定できないため、在籍確認は審査の終盤で行われるのが一般的となります。
つまり、在籍確認の電話が来る=審査に問題ないと判断された可能性がある、ということになるのです。
ただし、もしも在籍確認の電話が出来なければ審査落ちとなるので注意してくださいね。

電話番号からプロミスであることがわかる?

最近ではナンバーディスプレイの電話も少なくありませんよね。
「会社にかかってきた番号を検索したらプロミスだった」という可能性が0だとはいえません。
さすがに着信履歴までチェックするような人はいないと考えられますが、断言は出来ませんよね。
どうしても気になるならプロミスの電話番号が表示されないよう、非通知で電話してもらうということも可能です。
不安だという場合は、あらかじめプロミスコールに相談しておきましょう。

自営業者・個人事業主の在籍確認はどこに?

事務所や店舗が自宅と別にある場合はそちらの番号を記入します。
自宅兼事務所の場合は、自宅の固定電話や自身の携帯電話番号を勤務先欄に記入すれば大丈夫です。
カードローンの審査では、「安定した収入があり返済能力がある」など、信頼を得ることが有利になります。
固定電話は携帯電話に比べ番号を変えにくいことから、仕事場を構えているという証明になりやすく信頼を得やすいため、どちらもお持ちの場合は固定電話の番号が良いでしょう。

派遣社員の在籍確認はどこに?

派遣社員の在籍確認はどちらに電話が入るのでしょうか。
これは基本的に「派遣元」の会社に在籍確認が入ります。
派遣社員の場合は、在籍している会社ではなく、派遣先で働きますよね。
そのため「どちらの会社に、どんな連絡が入るのだろう」と不安に感じるかもしれません。
一般的には派遣元の会社に掛けられることになっています。
申込時に派遣先の電話番号を記載していない限り、派遣会社以外にかかってくるということはありません。

アルバイトの在籍確認はどこに?

プロミスでは、アルバイトやパートであっても毎月安定収入が得られていればカードローンに申込可能です。その場合も、在籍確認がされることとなります。
基本的には働いていることの確認になるため、店舗などアルバイト先を勤務先として設定し、そこに電話がかかってきます。
しかし、「個人宛に電話がかかってくることが不審に思われてしまう」「アルバイト先が個人情報をつたえない方針である」など、アルバイト先の事情によって電話での在籍確認に不安がある場合もあるでしょう。
そういった場合はプロミスの担当者に電話での在籍確認なしで在籍確認をしたい旨を伝えましょう

規模の大きな会社だと時間がかかる?

会社によっては、社員が数百人という場合もありますよね。
そんなときは、申込者本人の在籍を確認するときに非常に手間取ります。
もちろん電話対応者が申込者のことを把握していれば問題ないことですが、そうとも限りませんよね。
そんなときは、「〇〇部〇〇課」など、直接自分の担当部署に電話をしてもらうと在籍確認をスムーズに進めることが出来るでしょう。

アルバイト社員が多くても大丈夫?

大型スーパーなどでは、大勢のアルバイトやパートが働いています。
このような職場では、電話を受けるスタッフが、アルバイトさんやパートさんの名前を把握していないという可能性があります。
こんなときは、あらかじめ担当者に声を掛けておきましょう。
「クレジットカードを申し込んだので、自分あてに電話が入るかもしれない」と伝えておけばスムーズに進むはずです。
この理由であれば、会社でも特に怪しまれることもないでしょう。

会社にバレる原因は?

基本的に在籍確認がバレることはありません。
なぜなら担当者が個人名で電話するからです。
しかしレアなケースとして考えられるのは、電話対応した社員自身に「在籍確認の経験がある」という場合です。
また、電話を受けた社員から質問されて挙動不審になってしまいバレるというケースもあります。

どうしても会社に内緒にしたいというときは、事前にプロミスの担当者に書類での在籍確認が出来ないか相談してみましょう。
不安があるのなら、やはり事前に相談するのがベストです。

在籍確認の相談をするならWEB完結は避ける

豆知識として「在籍確認について相談するならWEB完結を避ける」ということを紹介します。
プロミスには、WEB完結というサービスがあります。
これはほとんどすべての手続きをインターネット上で進められるシステムです。
申込者への電話はなくメールでやりとりをします。
しかし、在籍確認は、相談しない限り勤務先への電話連絡となるのです。
そこで在籍確認について相談したい場合は、自分からプロミスに電話連絡しなければいけません

通常のネット申し込みから電話相談へ

もし在籍確認について事前に相談したいという場合は、通常のネット申し込みを利用しましょう。
なぜならプロミスに申込をすると、本人確認の電話が入るからです。
これは「本当に申し込みがあったか」を確認するための電話となります。
このとき在籍確認について相談することが出来ます。
わざわざ自分からプロミスコールに相談する手間が省けますので、もし在籍確認について相談したい場合は、通常のネット申し込みを利用しましょう。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

アイフル
プロミス
SMBCモビット
レイクALSA

特徴からさがす

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.