最終更新日:2020年06月28日

クレジットカードが作れない!審査に落ちる理由やおすすめカードを紹介

クレジットカードを作りたい...どうすれば良い?

最近ではオンラインショッピングなど、クレジットカードが決済に必要になっているシチュエーションがたくさんあります。 
「自分もクレジットカードが作りたいな」と思っている方も多いことでしょう。

・買い物をスムーズに済ませたい 
・今持っている現金では買えないモノを購入したい 
・クレジットカードで購入してポイントをお得に貯めたい

こんなふうに考えてクレジットカードを作りたい、と思っている人が急増しています。 
今回はクレジットカードの作り方を紹介します。

クレジットカードは審査に通過しないと作れない

クレジットカードは非常に便利ですし、これからの時代はクレジットカードはますます必須になってくることでしょう。 
ただしクレジットカードは誰でも作れるというわけではありません。

まずは審査に通過しないことには所有することができませんし、誰しもが審査に無事に通過するわけではありません。
カード会社にもよりますが、一定の審査を無事に通過した人しか持つことができないということです。

もちろん、審査は形ばかりではなく落ちてしまう人もいるのです。

クレジットカードの審査内容はどんな感じ?

クレジットカードの審査の内容では、まず、 
利用申し込みをした人がきちんと支払うことができるのか? 
と言った支払い能力をチェックします。

この作業を怠るとカードで買い物された代金を踏み倒されることになり、代わりに支払っていたカード会社が損をすることになってしまうからです。 
カード会社として一番怖いのは貸し倒れに遭うことです。

利用者の代わりに支払いを行ったものの、返済がされなかった場合にはクレジットカード会社が損を引き受けることになり、これは絶対に避けたい事項です。

クレジットカードの審査は厳しい?

クレジットカードの審査は厳しいのでしょうか?
一般的なクレジットカードの場合、それほど審査は厳しくないとされています。

なおクレジットカードには、商品を購入するためのショッピング枠とお金を借りるためのキャッシング枠がありますが、買い物を目的としたショッピング枠の場合であれば、一定の収入があれば比較的簡単に審査を通過することができます。 
ただし属性が悪かったり、過去に金融事故を起こしていた場合には審査に通らないこともあるようです。

Q.審査のハードルが高いと言われるクレジットカードってどんなもの?

一般的なクレジットカードは審査がそれほど厳しくないと言われていますが、一部のクレジットカードには比較的審査が厳しいものがあります。 
例えば銀行系クレジットカードは、そのほかのクレジットカードの審査と比べて厳しいと言われています。

年収や勤務先などの個人の属性を、より高い基準でみているからです。 
ということは、フリーターや派遣のような不安定な契約、または勤続年数が短い場合には審査に通らないということです。

クレジットカードを作れない(審査落ちする)のはどうしてなのか。理由を解説!

クレジットカードは日常的に使える非常に便利なものです。

しかし誰でも問題なく作れるというわけではありません。 
クレジットカードを作るためには審査を受けて通る必要があるのです。

そこで、この記事ではクレジットカードの審査に落ちる理由について解説します。
「どうして審査に落ちることがあるのか」について知ることが可能です。

申し込んで審査に落ちたが理由が分からない、という場合はぜひ記事をチェックしてみてくださいね。

申し込み内容に記入漏れや間違いがある

クレジットカードの審査に落ちる理由1つめは「申込内容に間違いがある」というものです。 
クレジットカードは、もともと個人の信用に基づいて作られるものです。

そのためクレジットカードを作るときには個人情報をクレジットカード会社に提出します。 
この情報が間違っていた場合、「申し込み者を信用していいのか」を判断するのが難しくなります。

そのような事態を防ぐためには、必ず正確な情報で申し込みをするように気を付ける必要があります。

信用情報に難がある場合

クレジットカードの審査に落ちる理由2つめは「信用情報に難がある」というものです。 
過去に金融事故などを起こしていると、新たにクレジットカード作るのは難しくなるのです。

なぜなら申し込みをするとクレジットカード会社では個人信用情報機関に信用情報を照会します。

その照会により、

・現在の借り入れ残高 
・クレジットカードなどの利用履歴

が全てわかってしまうのです。

信用情報に難があれば「信用できない」「返済能力がない」と判断され、審査に落ちる可能性があるのです。

総量規制の対象であるため他社の借入が原因で通らないことも!

クレジットカードのキャッシング枠については貸金業法によって定められている総量規制の対象なので、キャッシング枠の審査については他社での借り入れが原因で通らないことがあります。

他社の借り入れの総額が年収の三分の一に近くなっているようであれば審査は通らない場合がほとんどです。 
クレジットカードによってはキャッシング枠はゼロでショッピング枠だけ付けて発行することもありますが、ショッピング枠も小さくなりがちです。

社内ブラック入りしてしまっているため

クレジットカードの審査落ちの原因として社内ブラック入りのこともあります。

これは申し込み先のクレジットカード会社やそのグループ会社で金融トラブルを起こしたことがある場合に注意しなければならないものです。 
個人信用情報の記録はなくなっていたとしても、社内情報として延滞をした人などといった形で残ってしまっていることが多いのです。

削除する理由がないので一生記録があり、審査をいつまでも通れない原因になってしまいます。

属性情報が審査通過基準を満たしていないため

属性とは年齢や家族構成、住宅状況や職業など申込書に記入したほとんどの個人情報を合わせたものです。

属性情報はスコアにして評価される場合が多く、そのスコアがクレジットカード会社の設けている基準よりも低かったために審査を通れなかったというケースもあります。
一般的には3Cと呼ばれる三つの観点に分けて評価して、クレジットカードの発行をしても良いかどうかだけでなく、ショッピング枠やキャッシング枠をどのくらいにするかを決めています。

Capacity(返済力・資力)

Capacityとは申し込みをした人の返済能力や支払い能力のことを指します。

どのくらいの収入をどの程度の安定度で手に入れていて、他にどんな支払いが毎月発生しているのかと考えるのが基本です。
職業や勤務形態、勤続年数や勤務先の規模によって収入の安定性が確認されます。

年収の高さが収入力を判断する基準で、他社からの借り入れがあるかどうかによって年収のうちでどのくらいをクレジットカードの返済に充てられるかを評価します。

Character(性格)

Characterは性格のことを指していて、返済日にきちんと返済する性格を持っているかどうかを判断する指標になります。

個人信用情報がその判断材料で、クレジットカードやローンなどを利用していてきちんと返済しているというのが理想的です。 
まだ20歳になったばかりであればスーパーホワイトでも大丈夫なことが多いですが、年齢を重ねているとマイナス評価されることになります。

金融事故の記録があるよりはましあっても審査を通れないことがあるので注意しましょう。

Capital(資産・財産)

Capitalは資産や財産のことで主に担保価値があるものがあるかが評価されます。

住居形態として持ち家なら担保になるので評価が高くなります。 
賃貸の場合にも安定した住まいほど暮らしが不安定になるリスクがないと判断されるため、社宅や寮に住んでいる方が賃貸住宅よりも良いとされています。 

また、賃貸の場合には居住年数が1年以上なら安定して住んでいると判断されて評価が高くなります。 
この他にも家族構成が支出の状況を評価するのによく用いられています。

厳しい審査基準のクレジットカードに申し込んでいるため

クレジットカードの審査落ちの原因は審査基準がかなり厳しいクレジットカードを選んだことの場合もあります。

ゴールドカードやプラチナカードは言うまでもありませんが、カードブランドによっては独自に厳しい審査基準を設けているので注意しましょう。 
世界的に有名なアメリカン・カード・エキスプレスでは年収300万円以上、勤続年数3年以上を基準としています。 
このような場合には他のクレジットカードなら発行できる可能性もあります。

クレジットカード情報を管理する信用情報機関

信用情報機関にはクレジットヒストリー(クレヒス)が登録されています。 
現在の状況だけではなく、過去の状況も大切という訳ですね。

そこで次に、

・国内にはどのような信用情報機関があるのか 
・どのような情報が登録されているのか 
・どのような情報がブラックと判定されるのか

について紹介していきます。

これからクレジットカードを作りたいという場合に参考となる内容です。 
自分にあてはまるものがないかチェックしてみましょう。

国内の信用情報機関を紹介

国内における信用情報機関には以下の3つがあります。

日本国内の信用情報機関

・CIC(株式会社シー・アイ・シー):クレジットカード会社や信販会社などが加盟 
・JICC(株式会社日本信用情報機構):消費者金融会社やクレジットカード会社などが加盟 
・KSC(全KSC国銀行個人信用情報センター):銀行や信用金庫などが加盟

信用情報機関により、加盟している企業は違います。  
1箇所だけに登録している会社もあれば、すべてに登録している会社もあります。

KSCの場合、みずほ銀行など銀行系がメインですが、アメックスの場合はKSCを含めたすべてに加盟しています。 
自分が所有しているクレジットカードが加盟している信用情報機関については公式サイトに記載されていることが多いので確認してみましょう。

信用情報機関にはどのような情報が登録されるのか

次に、信用情報機関に登録されている情報について見てみましょう。 
登録されいてるのは次のような情報です。

・氏名、生年月日、住所、電話番号、勤務先などの本人を特定する情報 
・契約日、契約の種類、契約金額など契約に関する情報 
・残債額、入金履歴、延滞履歴など支払い状況に関する情報 
・クレジットカードなどの新規申込みに関する情報

個人情報に加えて過去の支払い状況なども登録されており審査時にはチェックされます。 
保管期間は内容や信用情報機関により違いがあります。

信用情報機関にブラック判定される条件とは?

「ブラックリスト」という言葉を聞いたことはありませんか。

これは一般的には「異動情報」と呼ばれます。  
事故情報があると「異動情報」として扱われ、信用力は低下されます。

しかし実際のところ、どういう状況であればブラック判定されるのか知らないという人も多いはずです。 
そこで次に信用情報機関にブラック判定される条件について紹介します。

もし心当たりがあるという場合は要注意です。 
新しくクレジットカードを作ろうとしても審査に落ちる可能性があります。

(金融事故)支払いの延滞がある場合

信用情報機関にブラック判定される条件1つめは「支払いの延滞がある」ということです。

・クレジットカードの支払い延滞 
・カードローンや住宅ローンの返済遅れ

このような情報は、金融事故として扱われます。 
延滞が3か月以上、または61日以上になる場合や、遅延を繰り返している場合は要注意です。

ほぼ確実にブラックリスト入りするといわれています。 
日頃から返済遅れや返済忘れがないようにしっかり注意しなくてはなりません。

債務整理をしたことがある場合

信用情報機関にブラック判定される条件2つめは「債務整理をしたことがある」ということです。

債務整理の種類
  • 自己破産
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 特定調停

上記は法的な手続きであり、それに基づいて借金を減額する方法です。 
そのため法的には問題がある行為というわけではありません。

しかし債権者から見ると「返済能力がある」とはいえない状態です。 
そのため、信用情報機関にブラック判定される条件となるのです。

一定期間が経過し情報が消えるまでは、クレジットカードを作ることは出来ません。

携帯電話本体の支払いを遅延したことがある場合

信用情報機関にブラック判定される条件3つめは「携帯電話本体の支払いを遅延したことがある」ということです。 
スマートフォンや携帯電話は昔と違い高額になりましたよね。

そのため分割で購入する人が増えていますが、これは「割賦契約」というものになります。 
この支払いが長期にわたって滞っている場合や支払いをしていない場合はブラック判定されます。

携帯ブラックという言葉があるほど最近では増えているため注意が必要です。

奨学金の返済が遅れたことがある場合

信用情報機関にブラック判定される条件4つめは「奨学金の返済が遅れたことがある」ということです。
返済の必要がある奨学金も、借金の1つです。

返済が滞っている場合はブラック入りしてしまうのですが、意外と知らない人が多いので注意しています。
奨学金の管理を行っている独立法人日本学生支援機構では、全国銀行個人信用情報センターに加盟しています。

3か月以上遅れるとブラック判定されるといわれていますので注意しましょう。

申し込みを短期間にくり返している場合

信用情報機関にブラック判定される条件5つめは「短期間に申し込みをくり返している」ということです。
これは一般的に「申込ブラック」と呼ばれる状態です。

短期間に複数のカードローンやクレジットカードに申し込むのはやめましょう。
「審査に通る可能性が低い人」「お金に困っている人」と判断されてしまいます。
また「入会特典がめあてでは」と思われるケースもあるようです。

めやすとしては6か月で3つ以上といわれています。
複数申し込みたい場合は、信用情報機関の申込み情報がリセットされる6ヶ月以上待つことをおすすめします。

クレジットカードを作れるようにするためにどのようなことができるのか

ここまでは、クレジットカードの審査に落ちる理由などについて紹介しました。
審査に落ちた理由について納得した、というかたもいることでしょう。

ここからは「クレジットカードの審査に落ちたあと、どうすればクレジットカードを作れるか」について紹介します。
また「とにかく何でもいいのでクレジットカードが必要」というかたのために比較的作りやすいクレジットカードも紹介します。
申し込んだけれど審査に落ちた、というかたはチェックしてくださいね。

再度正しい情報を記載してから申し込む

クレジットカードを作れるようにするためにできること1つめは「正しい情報を記載して再度申し込む」ということです。
まずは記載内容に問題がなかったか振り返ってみましょう。

審査落ちする理由で一番多いのが記載間違いだといわれています。
誰でもうっかり間違ってしまうということはあるものです。

そのため、もし何か間違った情報を記載したことが原因と考えられる場合は、改めて正しい情報を記載して再度申し込みしてみましょう。

別のクレジットカードを申し込む

クレジットカードを作れるようにするためにできること2つめは「別のカードを申し込む」ということです。
特に決まったクレジットカードがほしいという場合でなければ、別な会社に申し込むと審査に通ることがあります。

これは審査の基準がカード会社によって違うためです。
流通系、産業系、消費者金融系クレジットカードは一般に審査が比較的緩いといわれています。

また銀行系は審査が厳しいともいわれます。
銀行系のカードで審査に落ちたのなら、他のカードを申し込みしてみましょう。

比較的作りやすいクレジットカードはある?

では、ここからは比較的作りやすいクレジットカードも見てみましょう。
この記事では3つのクレジットカードを紹介します。

1.セディナカードJiyu!da!
2.ライフカード「デポジット」
3.セゾンカードインターナショナル

上記は比較的作りやすいクレジットカードだといわれているものです。
それぞれのクレジットカードに特徴があり、作りやすいだけでなく便利なカードでもあります。
それでは1つずつの特徴について紹介します。

セディナカードJiyu!da!

セディナカードJiyu!da!

国際ブランド…JCB、マスターカード、VISA
対応電子マネー…QUICPay、iD
年会費…無料
ポイント還元率…0.5?1.5%

特徴

・支払い額と支払い方法が自由に選べる
・ダイエー、イオンでいつでもポイント3倍
・わくわくポイントは賞品などに交換可能
・セディナポイントUPモール経由で最大20倍

リボ払い専用のカードなので使いかたに注意が必要です。
しかし支払い金額と利用限度額を同じにしておけば一括払いとして利用することが出来ます。

ライフカード「デポジット」

ライフカード「デポジット」

国際ブランド…MasterCard
年会費…5,000円
ポイント還元率…0.5%?3.0%

特徴
・弁護士無料相談サービスあり
・国内・海外旅行傷害保険あり
・会員限定の各種優待割引サービスあり
・ETCカードは年会費無料

年会費が発生するものの、弁護士無料相談サービスなどもあり便利です。
独自の審査基準を採用しているため、他社の審査に落ちてしまった方にでも作りやすいといわれています。

セゾンカード インターナショナル

セゾンカード インターナショナル

国際ブランド…JCB、Mastercard、VISA
年会費…無料
ポイント還元率…0.5%~15%

特徴
・セゾンポイントモール経由で最大30倍
・ETCカードの同時発行無料、年会費も無料
・年会費無料で最短即日発行

セゾンカードは永久不滅ポイントなのでポイントの有効期限がありません。
オンラインから申し込みをしておけば、セゾンカウンターで即日発行が可能となっているのも大きな特徴です。

期間をあけてから申し込もう!

「どうしても作りたいクレジットカードがある」というケースもあるでしょう。
申し込んでも審査落ちした、という場合は期間を開けて再度申し込みをすることで審査に通過する場合があります。

これは信用情報に問題があり審査に落ちた時、登録期間が過ぎれば登録が消去されるためです。
また利用をして実績を作ることでも審査に通ることがあるといわれています。

詳細な基準は公開されていないため不明ですが、利用と返済の実績を重ねつつ期間を開けてもう一度クレジットカードを申し込むと審査に通ることがあります。

キャッシング枠を0円にして申し込んでおくと安心

審査が不安な場合はキャッシング枠を0円にして申し込んでみましょう。
キャッシング枠は「収入の3分の1」までと決められています。

キャッシング枠を0円にすることでクレジットカードが作れたというケースは少なくありません。
そのため試してみる価値はあります。

ただし実は「クレジットカードを作らない」という選択肢もあるのです。
他のカードでクレジットカードの代用が出来ることがあります。

次の項目では代用できるカードについて紹介します。

審査なしで作成できるカードはあるの?

「デビットカード」
「プリペイドカード」

この2種類ならば審査なしで作成できるということをご存じでしょうか。
クレジットカードを作らなくても便利に使うことが可能です。

そこでなぜ審査が不要なのか、クレジットカードとの共通点や相違点について見てみましょう。
もしも「信用情報に問題がある」という場合ならば、この2つでクレジットカードの代用をするのが便利です。

ではさっそく、この2つのカードについて紹介していきます。

デビットカード

デビットカードには信用情報が必要ありません。
これは根本的に仕組みが違うからです。
クレジットカードはクレジットカード会社からお金を借りて返済します。

しかしデビットカードは口座と連携しており、使った分が口座から引き落としとなるのです。
口座に残高がなければデビットカードは利用できませんが、カード番号やセキュリティ番号、有効期限などもありクレジットカードと同様に使えるのです。

口座に現金があるという場合はデビットカードで代用することも検討しましょう。

プリペイドカード

プリペイドカードも審査なしで作成することが可能です。
こちらもクレジットカード会社からの借金というものではないためです。

プリペイドカードの場合は事前に支払いをしておき、その後にカードを利用します。
事前に支払った金額以上に使うことは出来ませんが、クレジットカードの代用として使うことは可能です。

手元に現金があるという場合は、クレジットカードの代用としてプリペイドカードを利用することも検討してみましょう。

このような人はクレジットカードを作る事ができるか事前にチェックしておこう

クレジットカードには、利用条件があります。
利用条件を満たさない場合は作ることが出来ません。
そこで職業属性や状況に応じてクレジットカードが作れるかどうかを紹介していきます。

・無職
・外国籍の人
・専業主婦
・自営業
・過去に自己破産などの債務整理をした人

上記にあてはまるかたは、次からの項目をチェックしてみてください。
属性によってはクレジットカードを作るのが難しい場合もあります。

では、さっそく見てみましょう。

無職

1つめは「無職」の場合です。
無職の場合は、クレジットカードを作れる場合と作れない場合があります。
これは無職にもいろいろなパターンがあるからです。

・学生
・専業主婦
・年金生活者

この場合は、クレジットカード会社の判断によります。
しかし上記にあてはまらない状態での無職となると「安定した収入がない」と見なされて、申し込んでも審査には通らない可能性が高くなります。

では上記3つ当てはまる場合はどうなるのか見てみましょう。

安定収入が親や配偶者にあれば作れる

本人が働いていない場合でも、扶養されているという場合は審査に通過できる可能性があります。
この場合は、申し込み時に記載する職業欄に「専業主婦」「学生」と記載するようにしましょう。

全てのカードで審査に通るとはいえないので、ゴールドカードなどを作るのは難しいかもしれません。
しかし主婦をターゲットとしている流通系のカードや学生向けのカードであれば審査に通過する可能性は高いと考えられます。

自分の属性にあったカードに申し込んでみましょう。

「年金=収入」とみなされる場合もある!

定年退職して年金で生計を立てているかたもいますよね。
この場合は一般的には「無職」といえます。

しかし年金によって「一定の収入を継続的に得ている」ことになります。
そのため、年金=収入と認めているクレジットカード会社であれば審査に通過する可能性があります。

ただし全てのカードが申し込み可能というわけではないので注意してください。
年金受給者は不可というカードもあるため、あらかじめ確認してから申し込みましょう。

外国籍の人

2つめは「外国籍の人」の場合です。
結論から言うと、外国籍の人でも、日本のクレジットカードを作ることは可能です。

返済能力があれば、基本的に日本人と同じように審査されて問題がなければカードを持つことができます。
ただし申し込みに必要となる書類が増えます。

「在留カード」や「特別永住者証明書」などのコピーの提出が求められますので、準備しておきましょう。
なお、在留カードや特別永住者証明書がない場合や日本に滞在する期間が短い場合は審査落ちする可能性が高くなります。

専業主婦

3つめは「専業主婦」の場合です。
無職の項目でも紹介しましたが、配偶者に安定収入があれば専業主婦でもクレジットカードを作ることができます。

このとき注意したいのが「キャッシング枠」です。
キャッシング枠が高くなると審査のハードルが上がります。

キャッシング枠は0円または低い金額にしておきましょう。
なお配偶者の収入が不十分な場合や、クレヒスに問題があるという場合は審査に落ちる可能性があるため、覚えておきましょう。

自営業

4つめは「自営業」の場合です。

結論から言うと、自営業やフリーランスでもクレジットカードを作ることは可能です。
ただし審査は比較的厳しくなります。

これは会社員や公務員と比較すると収入が不安定だと判断されるからです。
クレジットカードなどの審査では、年収よりも「安定した継続収入」が重視される傾向があります。

自営業やフリーランスの場合は収入にばらつきが出ることが多いのです。
そのため審査に通る可能性はあるものの、審査が厳しくなるという訳です。

過去に自己破産などの債務整理をしたことがある人 

5つめは「過去に自己破産などの債務整理をした人」の場合です。
前述の通り、過去に債務整理をしている場合、信用情報に異動情報が登録されるためクレジットカードを新しくするのは難しいです。

ただし、自己破産の場合KSCでの登録期間は10年ですが、債務整理の履歴が保存されている期間は5年となります。
それを過ぎると信用情報はリセットされるため、クレジットカードを申し込んでも審査に通る可能性はあります。

ただし、債務整理を行ったカード会社には事故情報が残るため他のカード会社で申込みましょう。

どうなる?信用情報がリセットされた場合について

では信用情報がリセットされるとどうなるのでしょうか。
これはクレジットカードを一度も使ったことがない人と同じ状態になります。

債務整理でのリセットはホワイト、クレジットカードを使ったことがない人はスーパーホワイトと呼ばれます。
どちらも登録情報は真っ白なので、カード会社には見分けがつきません。

ただし30代以上で登録情報がホワイトというのは不自然と考えられるため審査落ちしてしまう可能性があるといわれています。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

アイフル
プロミス
SMBCモビット
レイクALSA

特徴からさがす

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.