最終更新日:2020年05月18日

セディナカードローンで絶対に増額できる方法とは?審査基準を確認しよう

基本情報と特徴・サービスについて。セディナカードローンってどんなもの?

クレジットカード・信販会社の大手セディナが提供している信販系カードローンのセディナカードローンは、他社でのカードローン審査に落ちてしまった人におすすめのカードローンです。

セディナカードローンの審査は、他社での審査に落ちた人でも通過することができます。
ただしセディナカードローンは即日融資ができず、金利が高く利用限度額が低いというデメリットがあります。
セディナカードローンの特徴を理解して審査に申し込んでみましょう。

消費者金融系・銀行系カードローンとセディナカードローンとの基本情報の比較

セディナカードローンをプロミスや三菱UFJ銀行カードローンでの借入と比較してみると、利用限度額の低さが目立ちます。

セディナカードローンで希望可能な利用限度額は新規の申込者の場合最大50万円までです。
しかしプロミスや三菱UFJ銀行カードローンの場合、最大利用限度額は500万円です。
450万円も最大利用限度額が異なります。

さらに金利も三菱UFJ銀行カードローンは1.8~14.6%、プロミスは4.5~17.8%ですが、セディナカードローンは18.0%でかなり金利が高いのが特徴的です。

特徴1.高い金利

セディナカードローンはプロミスと三菱UFJ銀行カードローンと比較すると金利の高さが目立ちます。

しかし金利が高い分、セディナカードローンの借入申し込み時の審査は通過しやすくなっています。
一般的に金利が低いと審査が厳しくなってしまうのです。

ただしセディナカードローンは金利が高い分借入金の金額に応じて発生する利息は多くなってしまうので注意が必要です。
他社の借入審査に落ちてしまったけどお金を融資してもらいたい人におすすめです。

特徴2.7日間無利息サービスが初回は利用できる

セディナカードローンで新規申し込みを行うと、7日間の無利息サービスが利用できます。
セディナカードローンのような信販系カードローンで無利息サービスが利用できるのはかなり珍しいです。

セディナカードローンでお金を借り入れても、7日以内に完済できた場合は利息0円で利用できます。
ただし大手消費者金融の無利息サービスと比較すると期間が7日間と短いので注意が必要です。
7日間で完済できる程度のお金を借り入れるのがおすすめです。

特徴3.ハローキティのデザインのカードがある

セディナカードローンに借り入れを申し込むと、ローン専用のカードが貰えます。
セディナカードローンのローン専用のカードには、可愛らしいハローキティのデザインのカードが用意されているのが魅力的です。

ローン専用のカードは財布に入れて持ち歩くことが多いので、デザインが可愛いとローン専用のカードというイメージが少なくて使いやすいと女性の利用者から人気があります。

ローン専用のカードを財布に入れているのを人に見られたくないという人におすすめなデザインです。

大手銀行・消費者金融カードローンとセディナカードローンの違いを徹底比較!

お金を借り入れる貸金業者には種類があり、セディナカードローンは信販系と呼ばれるタイプのカードローンに当てはまります。

プロミスやアコムなどのようなCMでよく耳にする貸金業者は、消費者金融系タイプのカードローンです。
三菱UFJ銀行カードローンのように銀行が融資を行う場合、銀行系のカードローンに当てはまります。

3種類のカードローンを比較して、セディナカードローンの大手銀行・消費者金融カードローンとの違いを見ていきましょう。

主にカードローン初心者が気になる点を比較

カードローンを初めて申し込む人の多くが、少ないお金を借り入れた時の金利、パートやアルバイトで申し込めるのか、融資までかかる時間などの3つのポイントを気にします。
セディナカードローンは大手銀行系や消費者金融系のカードローンと比較すると、少ない利用限度額でお金を借りても金利が高いというデメリットがあります。

しかし大手銀行系よりもパート、アルバイトの人の審査に通過する可能性が高いのが魅力です。
ただし融資が行われるまでには約1週間かかってしまいます。

セディナカードローンのメリットについて

セディナカードローンと大手銀行系カードローン、消費者金融系カードローン。

それぞれの特徴を比較した結果、セディナカードローンには他のカードローンよりも優れている点もあれば、劣っている部分もあります。
初めてカードローンに申し込む場合、他社と比較した時の違いやメリット、デメリットが気になるのではないでしょうか。

3種類のカードローンの比較で見られなかった、セディナカードローンでお金を借り入れるメリットを見ていきましょう。

申し込み時に用意しておくべき必要書類が特に無い

セディナカードローンで融資を申し込んだ場合、本人確認書類以外に特別な書類を用意する必要がありません。

本人確認書類を提示するのも、審査に通過後カードを受け取る時でいいのです。
その為審査の申し込みに手間がかからないのがセディナカードローンのメリットです。

他社のカードローンの場合、利用限度額が50万円を越える場合には収入証明書を提出する必要がありますが、セディナカードローンの場合は最大50万円までしか借りられないので収入証明書を提出する必要がありません。

デメリットも解説。セディナカードローンについて

セディナカードローンにはメリットがある反面、もちろんデメリットもあります。
大手銀行系カードローン、消費者金融系カードローンと比較した際にもわかったように、セディナカードローンは他社のカードローンよりも金利が高いです。

また審査に通過しやすい分、最大利用限度額が少ないというデメリットもあります。
申し込みが完了してからお金を融資してもらえるまでにかかる時間も長いです。
これらのセディナカードローンのデメリットについて詳しく解説します。

限度額が初回申し込み時は50万円以下

セディナカードローンの最大利用限度額は50万円です。
どれだけ返済能力が高い人や高収入の人でもセディナカードローンで50万円以上借り入れることはできません。

他社のカードローンの場合、返済能力や収入が高い人なら利用限度額100万円以上で利用できる場合もあります。
他社のカードローンの審査に通過できるほど返済能力が高い人にはおすすめできないカードローンです。

50万円以上のお金を融資してほしい人は、他社のカードローンを利用しましょう。

18.0%と上限金利が高い

セディナカードローンの金利は最大18.0%で、新規で申し込んだ時は必ず金利が18.0%の状態で借入が始まります。
他社のカードローンと上限金利を比較してみると、プロミスの場合は17.80%、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の場合は14.60%です。

セディナカードローンの上限金利が圧倒的に他社のカードローンよりも高く設定されていることがわかります。
金利が高いほど支払利息も多くなってしまいます。

即日での融資が不可能である

セディナカードローンで借入を申し込んだ場合、即日で融資してもらうことはできません。

早急にお金を用意したいと思っている人からするとデメリットと言えるでしょう。プロミスや三菱UFJ銀行カードローンの場合、申し込み完了後手続きがスムーズに終えられた場合は即日融資が可能です。
セディナカードローンでも過去に即日融資サービスを行っていたことがあったのですが、現在は中止されてしまいました。
融資までのスピードではセディナカードローンは他社に劣っています。

向いている人・向いていない人っている?セディナカードローンの特徴から解説

他社のカードローンと比較するとデメリットが目立つセディナカードローンですが、人によってはセディナカードローンが向いている人がいます。

デメリットがありながらも他社のカードローンよりセディナカードローンが適している人とは、どんな人なのでしょうか。

セディナカードローンが向いている人と向いていない人の特徴について解説します。
カードローンを申し込む前に、セディナカードローンに向いている人の特徴を確認して自分に合ったカードローンを探してみましょう。

向いている人

カードローンの審査に申し込む前に、利用を考えているカードローンが自分に合っているのか、向いているのか気になるのではないでしょうか。

カードローンは会社によって金利や融資までの時間、最大利用限度額、返済方法、審査の厳しさなどさまざまなポイントが異なります。
審査に通過することも大切ですが、利用を開始した後に返済していくことも頭に入れて利用するカードローンを選ぶことが重要です。

まずはセディナカードローンに向いている人の特徴をご紹介します。

審査が通るかどうか心配な人

セディナカードローンは上限金利が高い分、他社のカードローンよりも審査に通過しやすい魅力があります。

もしも他社のカードローンの審査を受けて落ちてしまった経験がある人は、一度セディナカードローンの審査に申し込んでみてください。
融資まで時間はかかりますが、他社での審査に落ちてもセディナカードローンの審査に通過できる可能性があります。

返済能力が低く収入が少ない人はセディナカードローンの利用に向いているのです。

向いていない人

セディナカードローンに向いている人がいる一方で、セディナカードローンに向いていない人、他社のカードローンの利用に向いている人もいます。

セディナカードローンは審査が厳しくないのが魅力的なカードローンですが、その分デメリットや他社のカードローンよりも劣っている部分が多いです。
セディナカードローンへの借入申し込みを考えている人は、セディナカードローンに向いていない人の特徴を理解してから申し込み手続きを行いましょう。

借入が50万円より多く必要な人

セディナカードローンでは、最大50万円までしか融資を受けることができません。
最大利用限度額が少ない分審査に通過しやすいのですが、50万円以上の融資を必要としている人にとってはこれはデメリットになってしまいますよね。
他社のカードローンの審査に落ちてしまった場合は選択肢が限られてしまいますが、50万円以上の融資が必要な場合は一度他社でのカードローンに申し込んでみるのがおすすめです。

収入が高くても50万円以上は融資してもらえないのです。

即日でのを融資希望している人

セディナカードローンでお金を借り入れる場合、即日で融資を受けることはできません。
融資が行われるまで数日から1週間程度時間がかかってしまいます。他社のカードローンでは、即日融資に対応しているカードローンが多くあります。

セディナカードローンよりも審査は厳しくなってしまいますが、即日融資を希望する場合は他社のカードローンに申し込んでみましょう。
セディナカードローンでお金を借り入れる場合は、時間に余裕を持って利用するのがおすすめです。

学生

セディナカードローンは学生の申し込みに対応していません。

学生でカードローンを利用したい場合は、セディナカードローン以外の他社のカードローンに申し込む必要があります。
パートやアルバイト、主婦の場合は申し込みが可能です。他社のカードローンの中には、学生でも利用できるカードローンが多くあります。

学生だからこそ利用できる学生ローンなどもあるので、学校に通いながらカードローンを利用したい人は学生でも利用できるカードローンを探してみましょう。

上記の向いていない人には消費者金融系のカードローンがおすすめ

セディナカードローンに向いていない人の特徴に当てはまった人には、消費者金融系のカードローンのプロミスがおすすめです。

プロミスでの借入は、即日融資可能で最大利用限度額も50万円より大きいです。
ただし50万円以上融資してもらう場合は収入証明書の提出が必要なのでご注意ください。

またプロミスの場合、セディナカードローンよりも金利が低いのが魅力的です。
少ない利息で返済していけるので、借り入れ後も返済を焦る必要がありません。

融資を最短で受ける方法と必要書類

セディナカードローンのさまざまな特徴やメリット、デメリットを理解したうえで実際に申し込む場合、セディナカードローンでの申し込みの流れを理解しておきましょう。

申し込み手続きの流れを理解しておくと、スムーズに融資の手続きを終えられます。
セディナカードローンでの融資は他社のカードローンよりも時間がかかってしまいますが、それでも少しでも早く融資を受けたいですよね。

セディナカードローンで最短で融資を受ける方法と必要書類について解説します。

審査・融資スピードと即日融資の可否

セディナカードローンでは即日融資に対応していません。
手続きが素早く終わったとしても、申し込んだ当日にお金を受け取ることはできないのです。

過去に午前11時までに審査が完了すると即日で融資を行っていたこともあったので、インターネットの古い情報にはセディナカードローンは即日融資可能と記載されている場合があります。
審査そのものは即日に完了することはありますが、借入専用のカードが手元に届いてからでないとお金を受け取ることができません。

申込から融資までどのような流れなのか

セディナカードローンでは、インターネット上でカードローンの申し込み手続きを行っています。

自宅でも簡単に手続きを行えるのが魅力的です。
インターネットからの申し込み手続きが完了すると、早速入会審査が行われます。

セディナカードローンでは審査の際に電話で本人確認が行われるので、本人確認の電話に出れる状態の時に申し込み手続きを行うのがおすすめです。
審査に通過すると、本人限定受取郵便で融資専用のカードと会員規約同意書などの必要書類が郵送されます。

会員規約同意書などの必要書類は必ず返送するようご注意ください。

融資を最短で受けるためのポイントとは?

審査の時間やカードの配送時間を自分で短くすることはできませんが、セディナカードローンで少しでも早く融資を受けたい場合は本人限定受取郵便をスムーズに受け取るのがポイントです。

本人の不在時に配送された場合は、例え家族であっても代わりに受け取ることができません。
カードが手元にないとお金を受け取ることができないので、セディナカードローンの審査に無事通過できたら本人限定受取郵便をスムーズに受け取れるように準備しておきましょう。

必要書類リストについて。申込時に用意しておくべき物は?

貸金業者から融資を受ける場合、お金を借り入れる前に本人確認書類の提示が求められます。

セディナカードローンでの本人確認は、本人限定受取郵便の受取時に行われます。
本人限定受取郵便の受取には、本人確認書類の提示が必要です。

本人確認書類としては、運転免許証、健康保険証、パスポートなどが利用できます。
本人限定受取郵便が自宅に配送された時にスムーズに受け取れるよう、本人確認書類を準備しておくのがおすすめです。

書類準備における注意するべき点

セディナカードローンは最大利用限度額が50万円なので、基本的には収入証明書を提出する必要はありません。

カードローンでお金を借り入れる際、1社で50万円以上、複数のカードローンで合計100万円以上借り入れる場合に収入証明書の提示が求められます。
ただし収入を確認する為に、セディナカードローンでも申込後に収入証明書の提出を求められることがあります。

提出を求められた場合に問題が起きないよう、年収は偽りなく答えておきましょう。

審査に落ちる3つの理由とは?セディナカード増額審査のポイント

カードローンでもクレジットカードでも、入会時審査よりも増額申請時の審査が厳しい傾向にあります。

これは増額すると金融機関側の抱えるリスクが高くなってしまうからです。
増額審査ではこれまでのカード利用状況もチェックされますが、それだけがチェックされるわけではありません。

そこでセディナカード増額の審査に落ちる3つの理由について紹介します。
自分に当てはまっているものがないか、しっかりチェックしてみましょう。

支払いの延滞や遅延を起こしてしまった

セディナカード増額の審査に落ちる理由1つめとして考えられるのは「支払いの遅延や延滞を起こした」ことです。
増額審査では申込者の信用度がチェックされます。
支払いの遅延や延滞があれば、当然信用度が低くなると考えられます。

これまでの支払い状況が良くないのに増額した場合、これまで以上に遅延や延滞が起きる可能性が高まりますよね。
うっかり忘れただけであったとしても遅延や延滞は審査に大きく影響を及ぼすのです。

そのため普段から遅れずに返済する必要があります。

現在の借入額・クレジット利用が多い

セディナカード増額の審査に落ちる理由2つめとして考えられるのは「現在のクレジット利用・借入額が多い」ことです。
あまりにも利用や借入額が多ければ収入と支出のバランスが取れていないと考えられてしまう可能性があります。

こうなると審査に落ちやすくなってしまうのです。
セディナカードの利用だけではなく、他社の借り入れ状況もチェックされます。
他社も含めて借り入れが多いという場合は、まずそちらをなるべく早く返済することを考えましょう。

収入状況が悪化してしまった

セディナカード増額の審査に落ちる理由3つめとして考えられるのは「収入状況が悪化した」ことです。
収入状況が悪化したと判断される要素には以下のようなものがあります。

[収入状況が悪化したと判断される要素]
・年収が下がった
・雇用形態が変わった

このような場合、悪化の度合いによっては限度額を引き下げられてしまう可能性もあるので注意してください。
クレジットカードの入会時は、収入に応じて限度額が決められます。

そのため収入が増加していなければ増額審査に落ちる可能性があるのです。

セディナカードローンの借入方法について

セディナカードローンでお金を借り入れる方法は3種類あります。
コンビニや銀行のATMを利用するATM借入、インターネットを利用して登録口座にお金を振り込んでもらうインターネットキャッシング、電話で登録口座への振込を申し込むテレホンキャッシングの3種類です。

インターネットキャッシングとテレホンキャッシングでお金を借り入れる場合、最低3万円からでないと利用できません。
自分の都合に合わせて融資の受け取り方を選びましょう。

セディナカードローンの返済方法について

セディナカードローンで借り入れたお金は、月末締めで翌月27日に銀行口座から自動引き落としで返済します。
27日に返済金額が口座に入っていないとセディナカードローンでお金を返済できないので、毎月27日までに1ヶ月の返済額を指定した口座内に準備するよう注意しましょう。

セディナカードローンの返済方法は残高スライド定額リボルビング払いです。
残高スライド定額リボルビング払いの特徴や利用残高ごとの返済額について見ていきましょう。

残高スライド定額リボルビング払い返済額!セディナカードローンの返済方法

セディナカードローンの残高スライド定額リボルビング払いには、短期コースと長期コースの2種類があります。

短期コースの方が長期コースより月々の返済額が少なく、原則としてセディナカードローンでの月々の返済額は短期コースで設定されています。

長期コースは、セディナカードローンに申告して認められた場合に変更できるコースです。
ただし長期コースに変更してしまうと、返済期間が長くなる分利息が多く発生してしまうデメリットがあります。

返済シミュレーション!

セディナカードローンを実際に利用して、10万円を18.0%の金利で借りた時の返済シュミレーションを立ててみます。
短期コースの場合、利息が11,822円発生して返済総額が111,822円になります。 
返済期間は17ヶ月です。
同じ条件で長期コースで返済した場合、利息が39,610円発生し、返済総額が139,610円になってしまいます。

返済期間は47ヶ月です。
利息だけでも倍以上の金額になってしまうので、可能であれば短期コースで完済するのがおすすめです。

お金がどうしても必要、そんなときはどうするのか

「セディナカードローンの増額審査に落ちてしまった」
「期限が近い支払いがある」
「お金を借りられる親などもいない」

そうなってしまうと途方に暮れてしまうことでしょう。
どうしても急ぎでお金が必要になってしまうことは少なくありませんよね。

セディナカードローンで増額が出来れば問題ないかもしれませんが、増額にはリスクもあります。
そのため申請を不安に感じる人もいるでしょう。

そんなときは、他の解決策も検討してみることをおすすめします。

新規申し込みを他のカードローンにする選択肢も!

「利用状況を考えるとセディナカードローンの増額は避けたほうがいいかもしれない」

そんなときは、他のカードローンへの申込を検討してみませんか。
もちろん他のカードローンに申し込んだ場合、改めて初回審査を受けなくてはなりません。

しかし初回審査と増額審査では審査の基準が違います。
そのため増額に不安があるような人でも、審査に通る可能性があると考えることが出来ます。

急いでいるときにはおすすめの解決方法であるといえます。

手間がかからない可能性のある新規申し込み!

さらに新規申し込みなら手間がかからない可能性もあります。
これも大きなメリットだといえます。

増額の場合は基本的に基本的に収入証明書の提出を求められることが多くなります。
人によっては用意に時間が掛かることもあるでしょう。

しかし収入証明書なしで利用できるカードローンなら、スマホと本人確認書類があれば申し込み出来るため手間が減らせるのです。
※ただし借入希望額などによっては新規申し込みでも収入証明書が必要な場合があります。

最短で即日借入できる審査が早いカードローン

審査が早いカードローンなら最短で即日借入が可能です。
おすすめなのは大手消費者金融のカードローンです。
大手消費者金融なら最短30分で審査が完了し、1時間前後で借り入れを受けられることがあり非常にスピーディです。

一方、増額申請の場合は審査に時間が掛かるため、手続きに何日も掛かってしまいます。
急いでいる場合には間に合いませんよね。

そのため急いでいる場合には、ぜひ大手消費者金融の利用を検討してみてくださいね。

新規申し込みを他のクレジットカードにする

1つめの打開策は、「他のクレジットカードに新規申し込みする」というものです。
どうしても急いでクレジットカードを使いたいときにおすすめです。

とはいえ、クレジットカードを作るのにも時間が掛かりますよね。
そこで急いでクレジットカードを作りたい方は「ACマスターカード」を検討してください。

「ACマスターカード」は、大手消費者金融のアコムが提供しているカードローン機能付きのクレジットカードです。
即日発行してもらえるため、すぐに作ることが可能なのです。

ACマスターカード

[ACマスターカード]
審査時間…最短30分
利用限度額…10~300万円
金利…10.0~14.6%
大きな特徴…消費者金融アコムで提供している即日発行が可能なカード
カードローン機能を利用することも出来る

審査時間が非常に短いのはACマスターカードの大きな魅力といえます。
さらにカードローン機能もあるのも大きな特徴です。
クレジットカードで即日発行されるものは多くないので、急ぎの場合は検討してみる価値があります。

実際に利用した人の声!口コミをチェックしよう!

「ACマスターカード」を実際に利用した人の口コミをチェックしてみましょう。

[ACマスターカードを実際に利用した人の口コミ]
・いますぐクレジットカードがほしいとき即日発行できるので便利
・クレジットの支払いが勝手にリボ払いになっていたのは良くない
・すぐに手に入るので便利

やはり「即日発行」というのは大きなメリットだと感じる人が多いようです。

また支払い方法については契約時しっかり確認をすることが大事ですね。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

特徴から探す

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

職業から探す

公務員に人気のカードローン
会社員(サラリーマン)に人気のカードローン
自営業(社長)に人気のカードローン
主婦に人気のカードローン
パート・アルバイトに人気のカードローン
学生に人気のカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  6. カードローンは計画的にご利用ください
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.