最終更新日:2019年06月16日

50万円を即日融資で借りたい人におすすめの人気カードローン5選

消費者金融なら50万円の即日融資が可能

50万円ものお金を、親類や友人に借りるのは気が引ける人も多いかと思います。逆の立場で「50万円貸して」と言われたら、「突然何を言い出すの?」と思うのが普通の反応です。その一言から今まで築いてきた大切なものを失うかもしれません。

そこで、消費者金融を考える事となるでしょう。消費者金融では最短30分程度というスピードで、審査OKなら50万円でもサッと融資してもらうことが可能です。また半月~1ヶ月以上も審査に時間がかかる一般的な銀行融資と比べてみても、これは本当にすごいことなのです。

50万円は即日融資のカードローンではギリギリ可能

大手の消費者金融で50万円の即日融資を受ける事は可能ではありますが、正直なところそのハードルは高いです。というのも、50万円というのは消費者金融で借りることが出来るギリギリの額なのです。カードローンの審査は融資額が増える毎に厳しくなります。当然、結果が出るまでに時間がかかることも考えられますよね。そもそも融資額が50万円を1円でも越える場合、収入を証明できる書類が必要なのです。時間がかかると、審査状況や申し込み時間によつては融資額の減額や融資が翌日になるということもありますので注意が必要です。

銀行系カードローンでは即日融資できない

銀行系カードローンでの即日融資はどうなのでしょうか?これに関しては、以前であれば銀行が取り扱う多くのカードローンも即日融資に対応していました。しかし2018年に警視庁のシステムへ照会を行うようになってから、ほぼ全ての銀行カードローンで即日融資が対応不可になりました。これはシステムの紹介にどうしても時間がかかってしまうという理由が挙げられます。もし、どうしても即日融資を希望するのであれば、最初から消費者金融に絞って検討してましょう。消費者金融ならより素早くお金を用意できるということですね。

消費者金融別・即日融資のタイムリミット一覧

消費者金融と一言でいっても、いくつも選択肢があります。例えば、代表的な消費者金融では「アコム」や「プロミス」が有名です。手順や融資の受けやすさはそれぞれ似ている部分もありますが、異なる部分も意外と多いので注意が必要です。したがって、それぞれのサービスの特徴を把握した上で、あなたの要望に合った最適なものを選択する事が大切です。安心しておすすめできる消費者金融の中から、50万円の即日融資に対応可能なサービスをピックアップすると下記のとおりです。

50万円の即日融資(最短)が可能なカードローン

プロミス
アコム
アイフル
SMBCモビット
レイクALSA

それぞれのサービスごとに「商品詳細」「申込手順」「即日融資のタイムリミット」気になるサービスを中心にチェックしてみて、ご自身のニーズに合ったものをしっかりと見極めて選びましょう。

SMBCモビットで即日融資を受ける

SMBCモビットで即日融資の場合でずが、まず特徴を簡単にまとめると、

SMBCモビットの特徴

大手消費者金融の中でもトップクラスの審査スピード(※比較的精度の高い「10秒簡易審査結果表示」を利用可能)
三井住友銀行ATMを手数料無料で使える
三井住友銀行のローン契約機でカードを発行できる
WEB 完結なら、在籍確認を含む電話連絡をなしにできる

となっています。在籍確認が気になる方には、WEB完結で電話連絡をなしにできるというポイントは、SMBCモビットの利用価値は高いです。

SMBCモビットで即日融資を受けるタイムリミット

銀行振込 平日14:50までに契約&振込手続完了
ATM 土日祝日問わず21:00までに契約手続完了
スマホATM(セブン銀行) 土日祝日問わず21:00までに契約手続完了

SMBCモビットの審査回答時間は、曜日問わず9:00~21:00となっています。したがって、当日に申し込みして融資を受けるなら、最悪でも21:00までには全ての手続きを完了させておく必要がありますね。注意点として、銀行振込は、平日14:50までの申し込み分までが即日振込の対象となります。

SMBCモビットの即日融資の流れ

SMBCモビットで即日融資を受ける手段は、銀行振込、スマホATM(セブン銀行)ローン契約機でカードを発行後、現金融資という2通りですSMBCモビットの利用を検討中の方は、利用する融資手段の手順を事前に確認しておきましょう。

SMBCモビット公式ページ、またはスマホアプリの新規申し込みボタンから申し込み手続き開始
画面の指示に従い、必要情報を入力していく
審査の開始
在籍確認の実施
審査結果の回答
インターネット上またはアプリから会員登録手続き、必要書類の提出
会員登録手続き完了

プロミスで即日融資を受ける

プロミスの即日融資はどうなのでしょうか。まず、プロミスの特徴として50万円なら運転免許証だけで即日融資を受けられる借入方法、返済方法ともに選択肢が多い三井住友銀行ATMをいつでも手数料無料で利用できるスマホがあれば、セブン銀行のスマホATMサービスでカードレス融資が可能となっています。これらは私たち利用者にとって大きなメリットで、「スムーズに借りて返しやすいサービス」だといえますね。加えて審査にかかる時間も最短30分と非常に早く、素早く手続きを進めれば、申込から1時間以内で現金を手にできるケースもあります。プロミスは即日融資手段として悪くはありません。これらを踏まえて頭に入れておきましょう。

プロミス即日融資のタイムリミット

今日中に借りたい場合に注意したいタイムリミット。プロミスには4つの融資手段があります。

銀行振込 三井住友銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・みずほ銀行土日であっても21時までに契約完了(※振込は契約を完了していれば24時間反映可能)その他提携金融機関2018年10月9日以降、全国銀行資金決済ネットワークの即時振込時間帯拡大により、多くの金融機関で平日夜間、土日祝日でも振込対応が可能となっています。ただし金融機関によっては対応時間に制限がある場合もあるので、事前に確認が必要です(プロミス公式サイトで確認可能)
ATM 土日問わず21時までに契約完了(※ローンカード発行は自動契約機で22:00まで可能)
スマホATM(セブン銀行) 21時までに契約完了(※融資自体はセブン銀行ATMで24時間可能)
店頭窓口 平日18:00までに契約完了

即日融資を受けるまでの手順

即日融資を受けるまでの手順として踏まえおきたいのがローンカードを利用した場合とATMからの借入のどちらを希望するかによって、手順が大きく異なるということです。なぜかというと、銀行振込やカードレスアプリがインターネット上で契約を完結できるのに対し、ローンカードの場合は自動契約機でカードを発行する必要があるためです。これらを頭に入れておき、自分が利用を検討している融資手段の手順をしっかりと確認しておきましょう。

アコムで即日融資を受ける

アコムの特徴を簡単にまとめると、以下のとおりです。

アコムの特徴

50万円までなら原則として本人確認書類だけを用意すれば借入できる(他社借入を合算する場合は合わせて100万円まで)
自動契約機は全国に1000ヶ所を展開
楽天銀行と提携すると24時間365日即時融資可能
審査時間最短30分のスピード審査

アコムの長所は「シンプルな機能と丁寧なサポート」です。
アコムは借入・返済を中心に、シンプルかつわかりやすい機能に絞られています。
プロミスのようにアプリで借入や、コンビニメディア端末で返済できる機能はありませんが、電話でのサポートを24時間体制で行っています。
「いつでも申込時に関する不安を電話で相談できる」という点は、丁寧なサポートに定評のあるアコムならではといえるでしょう。

アコムで即日融資を受けるタイムリミット

銀行振込 ・楽天銀行口座宛土日祝日問わず21:00までに契約完了(※契約完了していれば24時間借入可能) ・ゆうちょ銀行宛平日14:00まで ・上記以外の口座宛平日14:30まで
ATM 土日祝日問わず21:00まで(※無人契約機でのローンカード発行は22:00まで可能)
店頭窓口 平日18:00までとなっておりますアコムの審査回答時間は、曜日問わず9:00~21:00

となっています。したがって即日融資を希望する場合、申込手続きのタイムリミットは遅くとも21:00までということですね。楽天銀行口座はアコムと提携しているのでいつでも融資可能ですが、その他の金融機関は平日の14:29までに全ての手続きを完了させなければ、即日融資を受けることができません。※振込実地時間拡大(モアタイム)金融機関では平日17:29まで。また審査の回答は21:00までです。

即日融資を受けるまでの手順

即日融資を受けるまでの手順についてですがアコムの主な融資手段は、銀行振込と、ローンカードを利用したATMからの現金融資の2通りですね。その他、店頭窓口で手続きする方法でも即日融資可能ですが、店頭窓口のある店舗は非常に少ない上、営業時間が短いことに留意する必要があります。店頭窓口よりも、上記の2通りの手順が無難です。それぞれ手順が異なりますので、分けてご説明していきますね。アコムを検討中の方は、ご自身が利用する方法の手順を事前に確認しておきましょう。

アイフルで即日融資を受ける

アイフルの特徴

大手消費者金融5社では唯一の独立系(他社は銀行グループ傘下)で、顧客に寄り添った親身な審査に期待できる
無人契約機は「てまいらず」という名称で、端末を操作せず電話で手続きできる50万円以内の借入なら、原則として本人確認書類の提出だけで借入できる(※他社借入がない場合)
ネットで契約を完結し、セブン銀行のスマホATM(カードレス)で融資を受けることも可能

プロミスのように多彩な借入・返済方法を提供しているわけではありませんが、必要十分の利便性を持っていますね。最短審査時間も30分と早く、申込~融資まで1時間以内で完結できる可能性のあるサービスです。

アイフルで即日融資を受けるタイムリミット

銀行振込 平日14:10まで
ATM 土日祝問わず21:00まで
店頭窓口 平日18:00まで

アイフルの審査回答時間は、曜日問わず9:00~21:00となっています。したがって、24時間融資を受けられるATMでの融資でも、当日の申込タイムリミットは21:00までとなります。銀行振込や店頭窓口は営業時間が短く、即日融資を受けられるタイムリミットもかなり短いので注意が必要ですね。平日14:00までの申込なら振込、それ以降ならATMで融資を受けるのがスムーズな方法だといえるでしょう。ただし、他社の消費者金融とは違い、アイフルは振込融資を利用した消費者に対し、明細を自宅送付する形を取っています。「家族にバレたくない」という場合には、必ずATMを利用した融資方法を選択するようになさってくださいね。

即日融資を受けるまでの手順
アイフル公式ページ、アプリから新規申込ボタンを押す
画面の指示に従い、必要な情報を入力
申込完了
審査の実施
在籍確認の実施
審査結果の回答
インターネットから申込した場合はメールのURLから書類をアップロード、アプリの場合はスマホカメラで書類を撮影後アップロード
契約手続き完了

レイクALSAは最短即日融資

「レイクALSA」も、最短即日融資、Webで最短60分融資に対応しています。レイクALSAは「30日間」または「5万円まで180日間」という、私達利用者にとって大きなメリットのある選べる2つの無利息ローン※を取り扱っていることで有名なサービスですね。

レイクALSAの特徴

仮審査の結果は申込情報の記入完了後、即表示される
選べる2種類の無利息サービスを取り扱っている
アプリでカードレスキャッシングも可能
大手コンビニATM&新生銀行ATMの手数料が無料

となっています。レイクALSAは選べる2つの無利息ローンや提携ATMの面で他社より大きなメリットがありますが、その反面審査は少し厳しい印象がありますね。「融資通過よりも特典の豊富さを優先したい」という方向けのサービスだといえるでしょう。

レイクALSAで即日融資を受けるタイムリミット

タイムリミットは

銀行振込 21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能
ATM 21時までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で提携ATMで即日融資が可能
スマホATM(セブン銀行) 21時までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)でセブン銀行ATMで即日融資が可能

となっています。レイクALSAで即日融資を受けるには、最悪でも21:00まで(日曜日は18時)に申込手続きと書類の提出を完了させなければなりません。

即日融資を受けるまでの手順

即日融資を受けるまでの手順です。

レイクALSAの公式ページ、またはアプリの申し込みボタンを押す
画面の指示に従い、必要情報を入力していく
入力完了後、仮審査の結果が表示される
本審査の開始
在籍確認の実施
審査結果の回答連絡が入る
インターネット上、またはアプリから必要書類のアップロード
契約手続き完了

利用限度額50万円で審査に通る人の特徴

先ほどもお伝えした通り、即日の50万円融資にはかなり高いハードルがあります。では、審査に通っている人に何か共通した特徴はあるのでしょうか。一体どんな人が審査に通り、50万円の融資を受ける事が出来るというのでしょう。実は、そのために重要な「信用」を得るための主な条件が3つあります。「信用情報」「他社からの借入」「属性」ですね。では、具体的にそれぞれの条件がどのようなものなのかを順番に見ていきましょう。

他社借入がない

他社からの借り入れが、審査に多大な影響を与えることは想像に難くないですよね。当たり前のことではありますが、他社への返済が必要ですので貸し倒れのリスクも高くなりますし、更なる借り入れが必要な理由も気になりますよね。となると、必然的に借り入れ限度額が下がる。最悪は、審査に落ちてしまう事も考えられます。また借り入れ額に関わらず、他社からの借り入れ件数が4軒以上ある場合は多重債務者と見なされる可能性が高くなります。多重債務者と見なされた場合は言うまでもなくアウトです。借り入れは難しいと言わざるを得ません。

信用情報がブラックではない

信用情報には、提携金融機関からリアルタイムで寄せられる各種ローンの借入れや返済の状況、クレジットカードの利用履歴など、さまざまなお金の情報が登録されています。大手消費者金融や銀行などは、この情報を基に各金融機関は融資可否や限度額を決定しているのです。もし長期間の延滞や自己破産などがこのデータベースに記録されてしまえば、よく聞く「ブラック(金融事故情報)」と見なされてしまいます。そうなれば審査にも落ちることとなりますので気をつけて下さいね。

属性(年収・勤続年数・雇用形態)が良い

属性とはその人の収入に関する情報、例えば「雇用形態」「年収」「勤続年数」などを指します。これらは各金融機関が審査をする上で、重要な判断材料となります。金融機関からしてみると当然ながら、きちんと返済をしてもらわなければいけません。これらの項目に書くことが無いような、働いていない人に返済能力があるとは到底考えられませんよね。これらの項目が充実している人に貸したいと考えるのは当然のことです。では、属性が良いと見なされる条件を見ていきましょう。

雇用形態が正社員だと有利

先にお伝えした通り、50万円を借りるというのはかなり難しいラインです。決して少額とは言えないため、さまざまな条件が求められるのです。初回の契約で50万円の借入れ限度額を目指すのであれば、正社員か公務員でなければ厳しいでしょう。申込みは、安定した収入さえあればアルバイトの方やパート、派遣社員など誰でもできますので、利用自体は可能ですが、その場合の借入れ限度額が低くなる傾向があります。というのも、正社員や公務員に比べると雇用が不安定で、会社自体も簡単に辞め易いためです。反対に、正社員や公務員であれば雇用も安定していて、会社を辞めることも少ないと判断され高額の融資を受けやすいと言えるのです。

年収150万円以上あればOK

年収150万円というのは法律上最低限必要な額です。実は消費者金融系のカードローンは、年収の3分の1迄しか貸付が出来ないという制限があるのです。これを「総量規制」と言います。これは、多重債務者発生の抑止を目的として制定された法律で、年収の3分の1未満と言うのは他社との合算金額となります。そしてこれを破った業者には重い罰則が課せられます。ただ、50万円×3倍=150万円と言うのは法律上の話であり、年収150万円で50万円の即日融資というのはまずムリです。400万円程度は必要だと考えて下さいね。

1年以上の勤続年数があるとプラス

カードローンの申込み条件には勤務年数も特に規定はありません。ただしこれは、申込みや利用が出来るかというだけの話であり、利用限度額を50万円にしたいのであれば、最低でも1年以上の勤務年数が必要となります。どう考えてみても勤務年数は長い方が良いに決まってますよね。勤務年数が長い人は、既に安定して働き続けている実績があり、これからも同じ環境で働き続けると考えるのは自然ですよ。当然、収入も安定していますので返済能力もあると判断して貰えるということなんですね。

その他審査が有利になる属性

ご紹介した他にも、持ち家か借家か、扶養家族(配偶者)の有無、固定電話の有無なども審査に関係してきます。持ち家を購入している人というのは、住宅ローンの審査に通っている高い返済能力のある人物という事になります。例え住宅ローンを返済中だとしても家賃の支払いはなく、余裕があると見なされ良い評価が得られるのです。また、扶養家族の居ない人や独身の人は、家族を扶養している人より経済的に余裕がある人が多いですよね。当然、審査でも高評価となります。そして固定電話。これは、居住地を転々と変えていないという目安となります。1ヶ所に腰を据えている人は、転々としている人に比べて夜逃げなどのリスクも低くなるという訳です。これらは、雇用形態や年収、勤続年数ほどではないものの、評価が微妙な場合などに加味される要素となります。

即日で50万円の融資を受けられるようになるポイント

必要な収入証明書類を準備しておく

収入証明書はそのまま収入を証明できる書類全般のことで、「源泉徴収票」「給与明細書」「市民税・県民税額決定通知書」「所得証明書」「確定申告書」などがこれにあたります。基本的に50万円の借入れには必要なものではありませんが、50万円を1円でも越える融資を受ける際には必要なものです。これを自主的に提出すれば心証も良いですし、金融機関が申込み者の確実な年収を把握できますので判断に良い影響を与える可能性があります。契約に必要な本人確認書類と併せて用意しておくと良いですね。もちろん上記のいずれか一通で大丈夫です。

確実に在籍確認を終わらせる

在籍確認とは、申込み者が申込み書に記載した勤務先にきちんと在籍しているかを確認するものです。こちらも50万円の即日融資を受けるためには必要な事です。10万円以下など少額の場合は無い可能性も有りますが、50万円となると勤務先への確認は必ずあるものと考えて下さい。ここで問題となるのが勤務先の休業日です。休業日に在籍確認を終わらせる事はできませんよね。そうなれば、即日の融資は受けることが出来ないという事になってしまいます。次の休みの日を待ち、申し込みに行こうというのは間違いです。在籍確認を確実に行うためにも、申し込みは勤務先の営業時間内に行って下さいね。

即日融資で50万円を借りるならアコムがおすすめ

アコムの審査時間は最短で30分とかなりスピーディーなため、即日融資を受けたい場合には最適と言えます。インターネットサービスも充実しており、申し込みから契約、振込までの全てをインターネットのみで完了することができます。また、インターネットが苦手な方でも、「むじんくん(自動契約機)」でローンカードを作ればATMで簡単にキャッシングを利用することができます。

但し、申し込み時間にも注意が必要です。振込の場合は、平日の13:00までに申込み、14:00までに振込依頼を終わらせなければ即日融資は受けられません。また、むじんくんを利用するなら、20:00までに申込み、21:00までにカードを発行することが必須となります。

50万円の即日融資を受ける前に返済シミュレーションをしておく

借入れをすれば当然返済が必要となります。借りる前に返済のシミュレーションを行うことは非常に重要です。アコム公式サイトの返済シミュレーションによれば、50万円を借りた場合、最低月々15,000円の返済が47回続き、利息の総額は20万円になるとの事です。実際の返済時には多少異なる事もあるかもしれませんが、これくらいは少なくとも余裕を持って払えなくてはいけません。また、利息を節約するためにも最低返済額だけでなく繰り上げ返済も積極的に行いたいところです。最低返済額の支払いが厳しい。ボーナスもなく繰り上げ返済は難しいなどという場合は、いずれ行き詰まるリスクが高くなります。余裕を持って支払える額の融資で賄えるプランを練り直してみて下さい。