最終更新日:2019年09月14日

即日融資で5万円借りる方法!今日中に低金利でカードローンを利用しよう

即日融資で5万円を借りるには?方法を解説します

さまざまな支払いの期日が来るのに5万円足りない、結婚式などでどうしてもお金が必要ということはよくあることですよね。いつも余裕がある人ばかりではないからこそ、いざという時の助けになるのが即日融資になります。実は大手、中小を問わず消費者金融は即日の融資に対応していることが多く、ピンチのときを切り抜ける切り札になってくることが多いのです。銀行系のローンの場合などはどうしても審査に時間がかかるため、うまく生かしたいポイントになります。

今すぐ5万円借りたい方にはカードローンがおすすめ

「どうしても、今すぐ5万円借りたい!」
「今すぐにお金が必要になってしまった!」

そんな人には金融機関が提供しているカードローンがおすすめです。カードローンとは

・担保
・保証人

がなくてもお金が借りられる個人向け融資となっていて銀行や消費者金融、信販会社などが提供しています。カードローンは

・即日融資に対応している
・少額融資に向いている

などの理由から、今すぐ5万円借りたいという人におすすめとなっています。

大手の金融機関なら即日融資で5万円借りられる

最近の大手金融機関は即日融資に対応しているところが多いです。
中でもプロミスは手続きのスピードや手軽さを売りにしており、今日中に融資を受けたい方におすすめです。

即日融資で5万円借りたい方にプロミスがおすすめな理由

5万円なら収入証明書不要
即日融資にも対応
初めてなら30日間利息0円
大手で安心の金利設定

即日融資に対応している

「今すぐお金を借りたい」という人にカードローンがおすすめなのは即日融資に対応しているためです。即日融資とは、申し込みをした当日に融資を受けられるサービスです。早いところでは、申し込みから借り入れまでを1時間程度で済ませることができます。これならば「今日中に必要」という場合でも、安心ですよね。そこで、「今すぐ5万円借りたい」という場合は、即日融資に対応しているカードローンを申し込んでみましょう。

無利息期間サービス

カードローンでは

・初回契約から30日以内は金利0円
・初回申込から30日間無利息

などの、「無利息期間サービス」が用意されているものが多くなっています。つまり、「30日以内に借り入れた5万円を完済すれば金利が0円」となるわけです。すぐに返済できるめどがある場合は、この無利息期間をうまく利用しましょう。仮に30日以内に全額返済できない場合であっても、支払う利息の全体額は抑えることができるためお得になっています。

少額融資に

カードローンは、「誰でも手軽に少額融資を受けられる」ということがコンセプトになっています。借入希望額が少ない場合は、この少額融資に向いているカードローンがおすすめです。担保も保証人もなく借り入れができるのは、とても手軽ですよね。なお、カードローンは利用限度額の範囲内で、自由に借り入れと返済を繰り返し行うことができます。限度額は審査の結果により違ってきますが、最高で100万円程度までとなっているものもあります。

アルバイト・パートの方にもおすすめ

さらに大抵のカードローンは雇用形態が

・アルバイト
・パート

などの、正社員以外でも借り入れが可能となっています。5万円程度の借り入れを希望する場合は、年収が100万円を越えないアルバイトなどでも申し込みには問題がありません。カードローンを選ぶ場合は、申込条件に

「本人に安定した収入があればパート、アルバイトでも申込可能」
と記載されているものを選びましょう。毎月1回以上安定した収入があれば、審査に通り5万円を借りられる可能性は高いです。

今日中に5万円を借りるなら大手消費者金融の即日融資がおすすめ!

今日中に5万円を借りたいという希望があるなら大手消費者金融の即日融資がおすすめです。大手消費者金融は無人契約機を利用した即日融資や、インターネットを利用したネット完結の融資などさまざまな契約と融資の方法を提供しています。スマホやパソコンで申し込んでその日のうちに指定口座に振り込んでもらうことや、無人契約機でカードを作ってコンビニATMなどから引き出すことも可能なのです。無利息期間がある大手なども珍しくないためうまく活用したいポイントになっています。

大手消費者金融なら即日融資に対応している

大手消費者金融は即日融資に対応するのが当たり前になっています。お金に困っているときにすぐにお金を融資できるかは大切なポイントで、スピード感がなければ他の業者に後れを取る可能性が高くなります。大手ほど時間にシビアになる傾向があり、スピーディーな融資に対応していることが増えるのです。審査の仕組みや振込みの仕組みなども整っていることが多く、お金に困った場合はまず相談してみるというのもおすすめになっているのです。

5万円程度の少額融資ならアルバイトやパートの方にもおすすめ

お金を借りるのに審査が通らないのではと思う人もいますが、アルバイトやパートであっても5万円程度であれば審査に通ることは珍しくなくなります。これは5万円程度の小額融資であれば返済が不能になる事態が考えづらく、大きな影響が出ないことが一般的です。同業他社から多額の借入があることや、パートアルバイトなどの仕事もしていないなどの事情がない限りは審査に通過しやすくなります。金額を欲張らなければそれほど問題にならないケースが多いのです。

無利息サービスを活用しよう

大手消費者金融の中には30日間の無利息サービスなども珍しくなくなります。初めての利用のみなど条件があるものの、うまく利用すればほぼ1ヶ月間無利息でお金を借りることができます。利息が発生する前に返済していれば手数料も利息も実質ゼロ円になることがあるだけでなく、中長期で見ても利息の負担を減らすことができるのです。無利息サービスの規定は消費者金融各社で異なるため、申し込み条件や適用条件を確認するのがおすすめです。

大手消費者金融で小額即日融資する場合は身分証明書を

大手消費者金融で5万円を即日融資する場合に注意したいのが、身分証明書が必須になることです。これはインターネットでの申し込みでも無人機などで契約する場合でも同じです。運転免許証の画像を指定場所にアップロードする、専用の読み取り口から読み取らせるなどの手間が必要になります。また、小額であっても短期間に複数の消費者金融やクレジットカード業者に申し込みをしている場合は審査落ちする可能性が高くなります。すでに借入や申し込みを行っている場合はそちらを優先するのも方法なのです。

即日融資が可能な申し込み方法とは

即日融資にこだわるのであれば、即日融資が可能な申し込み方法を選択することも大切になります。たとえば、ネット完結型の即日融資は珍しくなくなっていますが、振込先の金融機関が営業時間外であればよく営業日の振込みになるのがポイントです。無人機で契約する場合も営業時間内に契約する必要があり、時間が余り遅くなると手続きが翌日遺構になる可能性が出てくるのです。消費者金融各社で営業時間が変わってくるため、自分が受け取れる方法を含めてチェックすることが大切になります。

確実に即日融資を受けるには午前中に申し込もう

確実に即日融資を受けたいのであれば、午前中に申し込むのが基本になります。これは在籍確認や各種手続きを行っても時間に余裕ができることが多く、銀行振り込みなど受取方法も選びやすいからです。無人機を利用した契約でもカード発行に時間がかかる消費者金融は多いものの、午前中であればさほど時間がかからないのがポイントになってきます。地方の場合はカードを発行できるATMや店舗が遠い場合も珍しくないため、振り込み依頼で金融機関に振り込んでもらった方が確実です。

できるだけ低い借入希望金額で申請する

即日融資を目指すのであれば、できるだけ低い借入希望額で申請することも大切になってきます。これは金額が大きくなると収入を証明する書類が必要になるなど、必要書類がふえてしまうからです。小額での融資であればチェックすべき項目が少なく済み、スピーディーに融資が決まるようになってきます。金額が大きいほど消費者金融にとってリスクの大きい貸し付けになるため、必要以上に借りすぎないのも大切になってくるのです。欲を出しすぎないことが重要です。

申込内容に不備には気をつけるべき

消費者金融の融資申し込みでありがちなのが、勤め先の連絡先が繋がらないものであったり、身分証明証の住所と申し込み住所が不一致であるなどの申し込み内容の不備です。申し込み内容の不備がある場合は正確な内容で申請ができない人と疑われ、即日融資ができなくなる可能性もでてきます。訂正が可能な範囲であれば修正して間に合う場合もありますが、修正を可能かどうかの判断も消費者金融によってかわります。お金に関わる契約だからこそ、間違いがないように情報を揃えることが大切なのです。

5万円借りたい時の消費者金融の選び方

さて、実際に「5万円借りたい」というときは利用目的にあった消費者金融を選ぶことをおすすめします。ごく簡単に説明すると、消費者金融ごとに以下のような特徴があります。
アコム…融資までのスピードが速い
レイクALSA…無利息期間が長く返済の負担を軽減できる
SMBCモビット…勤務先や自宅に電話連絡がない

この3社は、いずれも即日融資が可能となっています。そのため「今すぐ5万円を借りたい」という人におすすめのカードローンとなっています。それではそれぞれについてもう少し詳しく見てみましょう。

アコム

会社名:アコム
実質年率:3.0~18.0%
借り入れ限度額:1万円~800万円
審査時間:最短30分
融資速度:最短1時間

特長:利用者数がナンバー1となっている。20時ごろまでに手続きができれば即日融資してもらうことも可能。30日間金利0円サービスあり。インターネット申し込みは24時間可能。申し込みから借り入れまでは、最短で1時間程度となっていることから「今すぐキャッシングを利用したい」という人に便利。

融資速度に優れている「アコム」

「今すぐ5万円借りたい」

そんな人の中でも、スピード融資を希望する人におすすめなのが「アコム」です。カードローン業界でも利用者数はナンバー1となっており、人気があります。借り入れの手順としては

公式サイトからインターネット申し込みをする
審査結果を待っている間に自動契約機に移動する
自動契約機に到着したら、本人確認書類をスキャンする
審査に通ったら、発行されたローンカードを使ってキャッシングする

となります。土日祝日でも20時までに上記の手続きが完了すれば、5万円をキャッシングすることが可能です。

レイクALSA

会社名:レイクALSA
実質年率:4.5%~18.0
借り入れ限度額:1万円~500万円
審査時間:最短即日審査
融資速度:最短即日融資

特長:初回契約の場合、借入れ額のうち5万円までは180日間無利息というサービスがある(ただし契約額1~200万円まで)。また、即日審査、即日融資にも対応している。初回契約5万円までの借り入れで、なるべく利息を抑えたいという人には、特におすすめのカードローンとなっている。

180日間無利息サービスを提供しているレイクALSA

お金を借りる場合に必ず発生するのが、利息です。この利息を減らしたい、という人におすすめなのが「レイクALSA」です。初回契約の人に限りますが、借り入れ額のうち5万円までは180日間利息が発生しません。この180日間という長期の無利息サービスを提供しているのは、レイクALSAのみです。レイクALSAでも、最短1時間程度での融資が可能となっているため「今すぐ5万円借りたい!」という場合にも安心です。

SMBCモビット

会社名:SMBCモビット
実質年率:3.0%~18.0%
借り入れ限度額:1万円~800万円
審査時間:最短30分
融資速度:最短即日融資(審査に通過すれば、原則は24時間最短3分で振込可能)

特長:WEB完結申込で条件を満たしている場合なら勤務先や自宅への電話連絡なし。また、スマホアプリならカードレスで利用することが可能。また、10秒簡易審査によって審査結果が分かる。自宅や勤務先に電話されたくないという人におすすめのサービス。

勤務先や自宅への電話連絡がない「SMBCモビット」

カードローンなどの申し込みをする場合、自宅や勤務先に在籍確認・本人確認の電話連絡が行われるのが一般的です。しかし、「SMBCモビット」のWEB完結申込では、指定の口座と保険証があれば、勤務先や自宅への電話連絡がありません。さらにWEB申し込みで審査に通過すると、最短3分で銀行口座への振り込み融資が可能となっています。家族や会社には内緒でカードローンを申し込みしたいと考えている人におすすめのカードローンです。

中小消費者金融は即日融資で5万円を借りられる?

中小の消費者金融も即日融資に対応していることが多く、5万円といった小額であれば融資を受けられる可能性が高くなります。大手消費者金融との違いは、ネット完結型の融資を行っていることが少ない点です。電話やメール、あるいは店舗などでやり取りをすることが珍しくなく、若干の手間に思う人もいます。しかし、大手消費者金融よりも柔軟な対応や提案をしてくれることがあるなど中小ならではの魅力も存在するのです。大手消費者金融の即日融資が難しい場合は中小規模の消費者金融を優先するのもおすすめです。

審査に不安がある人にもおすすめできる中小消費者金融

中小消費者金融は大手に比べて運営規模が小規模になります。大手の場合は申し込み方法をテンプレート化して効率化するなど処理のスピードやコストに意識を配っていて、場合によっては柔軟性が低いと感じられることもあります。しかし、中小消費者金融の場合は手間隙をかけないと顧客を逃がす可能性が高くなります。そのため各種相談や交渉などの窓口を充実させていることも増えるのです。審査に不安がある場合なども相談しやすく、距離感が近いのが魅力になります。

確実に即日融資できる中小消費者金融を選ぶこと

中小の消費者金融でもそれぞれに長所が異なり、即日融資よりも審査に時間をかけて金利を低くするなど工夫をしているケースもあります。即日融資を求めるのであれば実際に対応しているかのチェックは必要で、即日融資ができる中小消費者金融を選ぶことが重要になります。実際に即日融資が可能か問い合わせるてみるのも方法で、大手が対応できない時間に対応してくれるケースもあります。特に店舗で対応してくれる場合は即日融資の期待が高まります。

セントラル

創業から40年を超える消費者金融の老舗で、安定した経営を行っているのが魅力です。関東圏にも支店が多いのが特徴で、中小の消費者金融の中でもかなり規模が大きいのが魅力になります。店舗数が多いのに柔軟な対応に期待できるため、大手よりも優先して利用する人もいるほどです。借入と返済がセブン銀行ATMで行えるなど利便性の高さも特徴で、利息が不安な場合は早めに返済を目指すなど節約にも使いやすくなっているのです。

アロー

愛知県を地盤とした消費者金融で、中小消費者金融でありながらWebを利用したキャッシングや再利用や限度額増額など申し込みがしやすいなど使い勝手の良さが魅力になっています。各種書類を提出するための専用フォームも作られているためネットに詳しい人であればさほど苦労せずに申し込みができます。電話での受付は行っていないものの、操作に不明点がある場合や融資自体に不安がある場合に相談しやすい消費者金融の一つになっています。

フタバ

来店不要で借入が可能で、Webでの申し込みを充実させている中小消費者金融の一つになります。また30日間の無利息サービスを開始するなどキャンペーンにも積極的で、うまく利用することで大手に引けをとらないサービスを受けることができます。ただし、実際に条件が適用されるかは問い合わせが必要なため、誰でもうけられるものではない点に注意が必要です。また、無利息サービス以外にも金利が比較的安く設定されているなど、長所が多いのも特徴です。

家族にバレずに5万円借りたい専業主婦の方には銀行カードローンがおすすめ

働いていない専業主婦でも「どうしても5万円借りたい」というときがあることでしょう。そんな専業主婦におすすめなのは、消費者金融ではなく銀行のカードローンです。なぜなら銀行カードローンの場合、配偶者に安定した収入があれば、専業主婦でも借り入れができるものがあるからです。ただしこのとき配偶者からの同意書が必要になるため、借り入れを家族に内緒にすることはできませんので注意が必要です。同意が得られる場合は、以下のカードローンを検討してみましょう。
・セブン銀行カードローン
・ジャパンネット銀行カードローン

銀行カードローンは即日融資に非対応

なお銀行カードローンは消費者金融のカードローンとは違って、即日融資に対応していません。なぜなら現在銀行カードローン審査時は、「警視庁が保有するデータベース」への照会が義務付けられているからです。この照会に最低でも1日かかることから現在銀行カードローンは少額でも即日融資に対応できない状況なのです。銀行カードローンのほうが金利が安いことが多いのですが

「今すぐお金が必要」
という場合には、消費者金融のカードローンがおすすめです。

専業主婦は消費者金融からも5万円借りられる

消費者金融会社や信販会社などの貸金業者からの借り入れは、総量規制の対象となっています。この総量規制では「個人の借り入れは年収の1/3まで」と定められています。そのため、安定した収入のない専業主婦は、通常は借り入れをすることができません。ただし総量規制には例外貸付というものがありその中には
「配偶者と併せた年収の3分の1以下なら借入可能」
という項目があります。これを配偶者貸し付けといいます。大手の消費者金融では、この例外貸付を行っていません。しかし中小消費者金融や街金では、配偶者貸し付けを行っているところがあります。そこで、専業主婦でも消費者金融から5万円借りることは可能です。

即日融資で5万円を審査なしで借りる方法は?

消費者金融からお金を借りる方法はなく、どのように申し込みをしても必ずチェックが行われます。これは審査なしで貸付をしてしまうと返済不能の人にまでお金を貸しつけてしまう恐れがあり、そのまま貸し倒れのリスクになってしまうからです。5万円であっても貸し倒れが起こってしまえば大きな損失になります。また、法律上の義務から審査をしないわけにはいかないという事情もあり、審査なしを疑う消費者金融があった場合は疑いの目で見た方が良いのです。

「審査なし」貸し付けする会社は違法

消費者金融で審査があるのは、反社会勢力などにお金が流入することを防ぐためでもあります。審査なしでお金を貸し付けてしまうと、違法に活動する組織や人の資金源になってしまう恐れがあります。そのため、法律を守る消費者金融は必ず審査を行っているのです。「審査なし」は違法業者のうたい文句であり、闇金などに分類されてしまいます。知らずにお金を借り手締まってトラブルになるケースも存在するため、しっかりと審査をしてくれる業者の方が安心なのです。

闇金に手を出してはいけない

即日融資にこだわってしまい、審査なしの闇金からお金を借りるとその後の生活に大きな影響が出る場合があります。一般的な消費者金融は法律で定められた範囲でしかお金の請求や督促を行わず、金利も法律の範囲内におさまっています。しかし、闇金からお金を借りてしまうと法外な利息がつく場合や、支払いができなければ脅しや連日にわたる督促などが行われる可能性が出てくるのです。闇金に手を出してもリスクしか生まれないため、焦って利用しないことが大切になります。

今すぐにでは無く、5万円を借りずに済む方法とは

「今日中にお金が必要」という場合は、カードローン以外の方法は難しいかもしれません。しかし、今すぐというわけではないなら、カードローン以外の方法でお金を用意することも検討しましょう。
・1週間後に5万円が必要→親や周囲の人に借りる
・2週間後に5万円が必要→私物を売却してお金を用意する
・3週間後に5万円が必要→クレジットカードのキャッシング枠を使用する
・1か月後に5万円が必要→アルバイトをする

など、期間によってさまざまな方法が考えられます。

1週間後に5万円必要なら親や友人に頼む

1週間後に5万円必要という場合なら「親や友人に頼む」という方法を検討してみましょう。周囲の経済状況によっては、頼みづらいこともあるでしょう。また、現在の良好な関係性に支障が出る可能性もあるでしょう。しかし返済できる日がしっかり決まっているなら、カードローンよりもおすすめの方法だと考えられます。きちんとお願いすると、貸してもらえることもあるでしょう。なお、関係性を壊すことを避けるためには
・いつまでに完済できるか
などをしっかり話し、それを守る必要があります。

2週間後に5万円必要なら売れる物を探す

2週間後に5万円が必要なら「売れる物を探す」という方法がおすすめです。オークションや、フリマアプリなどを利用して中古品を販売すると、時間はかかるものの思わぬ高値で売れることがあります。
・パソコン
・スマートフォン
・家電製品
・ブランド品
・ソーシャルゲームのアカウント

などが高値の可能性で売れる可能性が高いものとして考えられます。インターネットオークションを利用する場合、商品の状態を明記しない場合トラブルになりやすいため注意しましょう。なお、金やプラチナのアクセサリーやブランド品は、買取を行っている店舗に持ち込めば、その場で買取をしてもらえます。

3週間後に5万円必要ならクレジットカードのキャッシング枠を利用する

3週間後に5万円必要な場合は、「クレジットカードのキャッシング枠を利用する」という方法もあります。なぜ3週間なのかというと、クレジットカードの平均的な発行期間が10日から2週間程度だからです。現在クレジットカードを持っていない人でも、3週間あれば申し込んだカードが手元に届くと考えられます。もしすでにクレジットカードを持っているなら、そのカードにキャッシング枠がないかを確認し、なければ申し込みをしてみましょう。新しくカードを作るよりも手続きが早く終わると考えられます。なお、アコムACマスターカードであれば即日発行も可能で、自動契約機で契約をすれば当日中にキャッシングを利用できる可能性もあります。

1か月後に5万円必要なら高時給のアルバイトをする

1か月後に5万円必要な場合は、「高時給・高単価のアルバイトをする」のがおすすめです。高時給・高単価の短期アルバイトを見つけることができれば、5万円を用意することは難しくないでしょう。このとき、1か月後に給料が出るアルバイトをしてしまうと、給料日の関係で、お金を用意するのが間に合わない可能性があります。そこで、探すのは

・日雇い
・2週間程度の短期アルバイト
・日払い可能なアルバイト

などがおすすめです。