最終更新日:2020年05月19日

イオン銀行カードローンの増額申請方法と審査の流れを徹底解説!

限度額不足でイオン銀行カードローンが利用できない時

「イオン銀行カードローンが限度額不足で利用できない」 
「もうすぐ限度額に到達してしまう!」

そんな状況に陥っている人もいるかもしれません。 
カードローンでは、借り入れ限度額は審査で決められます。

これはイオン銀行に限らず、どこでも同様です。 
限度額を意識せずに利用を続けていると、当然限度額に近づいていきます。

そのため、本当にお金が必要になったというタイミングで限度額が不足してしまう可能性があるため注意が必要です。

審査によって決定されるイオン銀行カードローンの限度額について

イオン銀行カードローンの最大限度額は800万円と高額です。

しかし「誰でも希望すれば最大限度額の800万円を借りられる」というわけではありません。 
前述の通り、イオン銀行カードローンの限度額は審査によって決定されることになります。

この審査では、収入の状況や信用情報を基に、イオン銀行が返済能力を判断します。 
そのため現在設定されている限度額は「契約時に行った審査時の返済能力に基づいた金額」ということになるわけです。

借り入れできる金額を増額で引き上げる

「利用限度額が近いので、借り入れが出来る金額を増やしたい」 
こんなときは利用限度額の増額をするのが適切な対処法と言えるでしょう。 
入会時の審査で決められた初回限度額は、イオン銀行でのカードローンの利用実績がない状態で決められたものです。

そのため本来利用できる限度額より少なく設定されていることがあるのです。 
増額により利用状況を確認した結果「返済能力がある」と判断されれば増額の見込みがあるかもしれません。

メリット・デメリットを紹介!イオン銀行カードローンの特徴とは?

他社のカードローンと比較するとイオン銀行カードローンのメリットが目立ちますが、イオン銀行カードローンにはデメリットも存在しています。 
カードローンに申し込む場合は、事前にそれぞれのカードローンの特徴やメリット、デメリットを理解してから融資を受ける為の審査の申し込み手続きを行うのがおすすめです。

イオン銀行カードローンのメリットとデメリットを比較して、自分に合った銀行カードローンなのか判断してみましょう。

メリット

イオン銀行カードローンは上限金利が13.80%とかなり低いのが魅力的なカードローンです。

金利が低いと、お金を借り入れた後に返済に時間がかかってしまっても発生する利息が少ないので嬉しいですよね。 
上限金利が低いのはイオン銀行カードローンの最大のメリットです。
パートやアルバイト、年金受給者の方でも融資を受けることができ、金利が低い分利息を節約しやすいので人気があります。

提携ATMが豊富にあるので、お金も手軽に引き出せます。

デメリット

一方イオン銀行カードローンのデメリットは、借り入れたお金を引き出す時にどうしてもATMの手数料が発生してしまうという点が挙げられます。
回数を分けてお金を引き出すとその分手数料が発生してしまうので、イオン銀行カードローンでお金を借りる時にはまとめて引き出すのがおすすめです。

また専用のカードを受け取ってからでないと融資を受けられないので、申し込んでから融資を受けるまで最短でも5日程度時間がかかってしまうデメリットもあります。

増額方法を解説!イオン銀行カードローンではどのように増額申請するのか

「どうしても今の限度額では足りない」 
「まとまったお金が必要になった」 
こんなときはイオン銀行カードローンの増額を検討してみましょう。

[イオン銀行カードローンで増額する手順]
1.カードローン専用マイページにログインする 
2.マイページ内のバナーを選択し申し込みする
3.増額審査 
4.メールで審査結果が連絡される

基本的にはマイページから申請するだけでOKです。 
申し込むと審査が行われて、後日結果が通知されます。

では、この流れについて、もう少し詳しく見てみましょう。

1|カードローン専用のマイページにログイン

1つめの手順は「カードローン専用マイページにログイン」することです。 
増額の申請は、カードローン専用マイページから行います。

手続き自体はそれほど難しいものではないため安心してくださいね。 
なおカードローン専用マイページにログインするためには、 
・店番(支店名) 
・口座番号 
・口座名義人(全角カナ) 
・生年月日 
・ローンカードの暗証番号

が必要となります。 
カードローンの増額を申請する場合にはあらかじめ用意してください。

ローンカードの暗証番号を忘れてしまった時はどうする?

「どうしても暗証番号が思い出せない…」 
そういうときもあるかもしれません。 
もし暗証番号を忘れてしまったというときは、コールセンターに問い合わせをしましょう。

[イオン銀行コールセンター ローン専用ダイヤル]
ローン専用ダイヤル:0570-000839 年中無休(対応時間9時~18時)

イオン銀行のローン専用ダイヤルは土日祝日も対応しているため、平日は忙しいという人でも安心です。 
空いた時間に電話してみましょう。

2|マイページ内のバナーを選択し申し込む

2つめの手順は「マイページ内のバナーを選択・申し込み」することです。
カードローン専用マイページにログインすると、トップページに「増枠(増額)案内」のバナーが表示されています。

このバナーを選択すると、増額の申込画面に切り替わります。 
そこで表示された必要事項をすべて入力してください。

それほど難しい内容ではないものの入力間違いをする可能性はあります。
間違いなどがないよう、しっかり確認しながら入力してくださいね。

3|増額の審査をされる

3つめの手順は「増額審査」です。
これはイオン銀行で行うことであるため、利用者が行うものではありません。

増額審査では、 
・申込者の収入状況 
・他社借入額 
・イオン銀行カードローンの利用状況
・信用情報

を確認しています。 
基本的には新規で入会する場合と同じなのですが違うのは「イオン銀行カードローンの利用状況」も確認されるということです。

これまで返済遅延がないか、現在どのくらい借りているのかなどがチェックされます。

4|審査結果はメールで連絡される

4つめの手順は「メールで審査結果を連絡」です。
きちんと結果が見られるように、ドメイン拒否などの設定をしていないか確認しておきましょう。 
「@mail.info.aeonbank.co.jp」からのメールを受取れるようにしておいてください。

審査の結果には以下のようなパターンがあります。 
・希望通りに増額される 
・希望以下だが増額される 
・変更なし

増額された結果次第では、前述の通り、金利が引き下げられる場合もあります。

増額審査について。イオン銀行カードローンの増額審査の詳細を解説

イオン銀行カードローンの増額審査について、もう少し詳しく解説していきます。 
イオン銀行カードローンの増額審査では「契約内容の見直し」が行われることになります。

新規契約時は、申込時の状況に応じて限度額が設定されます。
その契約内容を見直しして、現在の返済能力に適した限度額で契約し直すということになるのです。

ただし審査基準は新規申し込み時の審査とは少し違います。
審査基準についても把握しておくことをおすすめします。

Q.入会時と増額時の審査はなぜ内容に差があるのか

増額時と入会時の審査はなぜ内容に差があるのでしょうか。

もし知人にお金を貸して、全額返済されていない状態で「もっと貸してほしい」といわれたら不安になりますよね。
それと同じことです。

増額審査の場合「お金に困っているのではないか」「返済に問題はないのか」ということがチェックされます。 
返済に困って増額したいう場合、増額した分も返済に困る可能性が考えられます。

そのため金融機関には増額によるリスクがあるのです。 
こういった事態を避けるために、増額審査は入会時審査よりも慎重になるのです。

重視されるのは利用実績

繰り返しになりますが、カードローンの増額申請では利用実績が重視されることになります。 
利用実績とは、 
・イオン銀行カードローンの返済状況 
・イオン銀行カードローンの借入額 
などです。

1度も返済に遅れがないという場合は、「信用できる」と判断されるかもしれません。 
しかし、頻繁に返済が遅れてしまっているような場合は「信用度が低い」と判断されるかもしれません。 
それによって、増額の審査に落ちてしまう可能性があります。

在籍確認は原則として行われない

カードローンでは初回契約時に審査の1つとして「在籍確認」を行います。 
これは本当に申告の勤務先に在籍しているかを確認するためのものです。 
虚偽の内容ではないか、返済能力があるかをチェックしているということになります。

しかし増額審査では基本的に在籍確認は行いません
返済状況が良ければ安定した収入を得ていると判断できるからです。

ただし転職後などは増額審査でも在籍確認を行うケースがありますので覚えておきましょう。

即日で増額審査は行われるとは限らない話

「どうしても今すぐまとまったお金を用意したい」
「限度額が足りないから今すぐ増額したい」

そんな人がいるかもしれません。
結論から言うと、これは非常に難しいです。

なぜなら増額審査は時間が掛かるのが一般的だからです。 
増額を申し込んだからと言って、即日結果が通知されるとは限らないのです。

それどころか数日以上となることもあるのです。 
そこで「どんな状況だと審査に時間を要する可能性があるのか」についても見ていきましょう。

新規申し込み時の審査より一般的に時間がかかる

まず、一般的に新規申し込み時の審査より時間がかかるものです。 
これは新規申し込み時とは審査基準が違うためです。 
先述したように、利用実績も重要な審査基準になるため、過去の利用実績を確認する必要があるのです。

また信用情報は外部の機関に問い合わせをして確認しなくてはなりません。 
返済能力に問題がないか判断するためには、これらの手順がどうしても必要になるのです。

そのため、時間が掛かることのほうが一般的になっています。

土日だとさらに時間がかかる可能性もある

土日はさらに時間がかかる可能性もあります。

これは銀行が平日しか営業していないためです。 
営業時間が終わるのも早い銀行が多いですよね。

増額審査にかかる日数や時間について、イオン銀行では公式サイトに記載していません。 
しかし一般的な銀行カードローンであれば土日に申し込みをすると、審査が行われるのが翌営業日です。

そのため金曜日の深夜に申し込んだ場合、月曜日まで審査が行われないことになります。
申請の場合は土日や祝日などにも注意しましょう。

どのような特徴の人が増額審査に落ちやすいのか

公式サイトにも記載がある通り、申し込んだからと言って必ず増額審査に通るわけではありません。 
審査である以上、条件を満たさなければ落ちる場合があるのは当然といえるでしょう。
この審査基準は非公開です。

とはいえ、審査に落ちる人には共通した特徴があります。 
その特徴をチェックして、あてはまる場合は増額申請を見送ったほうがいい場合もあります。

それでは、「増額審査に落ちやすい人の特徴」についても見ていきましょう。

イオン銀行カードローンへの返済が遅れている場合

増額審査に落ちやすい人の特徴1つめは「イオン銀行カードローンへの返済が遅れている」ことです。 
これまでに説明した通り、増額審査ではイオン銀行カードローンの利用実績も審査対象です。

そのため、いまイオン銀行カードローンへの返済が遅れている場合に増額すると、期日までに返済されないおそれが生じますので審査に落ちるでしょう。 
また過去に返済を数回でも遅れたり忘れたりしたことがあるという人も増額審査を通過できない人に共通している特徴であると一般的にはいわれます。

クレカ等の支払いに遅れている場合

増額審査に落ちやすい人の特徴2つめは「クレカ等の支払いに遅れている」ことです。 
これはイオン銀行カードローンの利用実績以外をさします。 
・クレジットカード 
・消費者金融など他社カードローン

こういったものの返済状況も新規申し込み時の審査と同様に審査基準です。 
たとえイオン銀行カードローンの支払い状況が良くても、これらの場合は審査に落ちてしまいます。

普段からクレジット類の返済についてはしっかり注意してくださいね。

返済能力が不足している場合

増額審査に落ちやすい人の特徴3つめは「返済能力が不足している」ことです。 
増額を希望しても返済能力が足りていないとみなされると審査には落ちてしまうでしょう。

特に注意したいのが以下の2つです。 
・新規申し込み時よりも年収が低くなっている 
・希望する限度額に対して返済能力が不足している

このような場合は返済能力が高いということは出来ませんよね。 
そのためせっかく増額申請をしたとしても、審査に落ちてしまうのです。

詳細を解説!イオン銀行カードローンで増額する場合の注意するべき点とは?

イオン銀行カードローンで増額する場合の注意点をさらに説明します。
「特に返済も送れていないし、自分ならイオン銀行カードローンの増額審査に落ちないだろう」
こんなふうに考えているなら要注意です。

イオン銀行カードローンに増額の申請をするなら、まずは増額のリスクを把握してからにしましょう。
イオン銀行カードローンで増額する場合の注意点について3つ紹介します。

増額申請前に、しっかり内容をチェックしてくださいね!

収入証明書が必要?限度額が50万円を超える場合

イオン銀行カードローンで増額する場合の注意点1つめは「限度額が50万円を超える場合、収入証明書が必要」ということです。 
50万円を超える限度額を希望すると収入証明書が必要です。

[イオン銀行に提出できる収入証明書]…以下のいずれか 
1.源泉徴収票(前年度)
2.直近3ヵ月以内に発行された給与明細2ヵ月分
3.住民税の課税決定通知書
※ 個人事業主、法人代表者は借入れ金額にかかわらず3が必要

書類が必要になる場合は、あらかじめ用意しておきましょう。

時間がかかる可能性も増額審査にはある

イオン銀行カードローンで増額する場合の注意点2つめは「増額審査には時間がかかる可能性もある」ということです。 
イオン銀行カードローンに限らず増額審査の結果が来るまでには時間が掛かります。

場合によっては1週間近くかかることもあるのです。 
「今すぐにお金が必要」という場合は増額ではなく他社に新規で申し込んだほうが良い場合もあります。

もし増額申請をするという場合は日数に余裕を持って申請を行うようにしましょう。

増額打診のメールや電話などの連絡が来ても必ず増額できるとは限らない

イオン銀行カードローンで増額する場合の注意点3つめは「増額打診の電話やメールが来ても必ず増額できるとは限らない」ということです。 
増額はイオン銀行カードローンから勧誘されることもあります。

これは利用実績が良い利用者を対象としているといわれています。 
しかし、勧誘があったとしても増額審査に通過するとは限りません。 
信用情報を確認した結果審査に落ちる可能性があるため、こちらも注意が必要なポイントとなります。

返済方法を解説!イオン銀行カードローンの返済方法とは?

イオン銀行カードローンの審査に通過できたら、借り入れたお金を返済していかなければいけません。

事前にイオン銀行カードローンでの返済方法について理解しておくと、無理なく自分に合ったペースで借入金を返済できます。
イオン銀行カードローンの返済方法は口座引き落とし、ATM返済、イオン銀行のインターネットバンキングからの返済、カードローン口座への振込返済の4種類があります。

それぞれの返済方法について詳しく見ていきましょう。

返済方法と期日について

イオン銀行カードローンでは、返済方法によって設定されている返済期日が異なります。

口座引き落としの場合は、毎月20日に返済額分のお金が指定した口座から引き落とされます。
毎月20日までにお金を用意する必要はありますが、自動的に引き落としてもらえます。

毎月の定例返済は口座引き落としでないと返済できません。他3種類のATM返済、イオン銀行のインターネットバンキングからの返済、カードローン口座への振込返済は随時返済で、全て元金部分に充当される返済方法です。

どのATMが返済で利用可能?

イオン銀行カードローンで利用できるATMはイオン銀行ATMの他、6種類あります。

三菱UFJ銀行ATM、三井住友銀行ATM、みずほ銀行ATM、りそな銀行ATM、ゆうちょ銀行ATM、ローソン、ファミリーマート、ミニストップなどに設置されているコンビニATMなどです。
イオン銀行ATMで返済する場合は手数料無料で返済できますが、提携ATMを利用して返済する場合は手数料が発生してしまいます。
毎回110~220円の手数料が発生してしまうのでご注意ください。

お金がどうしても必要、そんなときは…

「どうしても今日中にお金が必要!」 
「給料日までお金がなくて生活が出来ない」
「どうしても買わなければならないものがある」

こんなときに限度額が足りなくても、増額審査は時間が掛かるうえに通過するか確実ではありません。 
そうはいっても、お金がないと困ってしまいますよね。

そんなときはイオン銀行カードローンの増額ではなく他の選択肢を考えてみてはいかがでしょうか。 
もしかしたらそのほうが早くお金を用意できるかもしれません。

新規申し込みを他のカードローンにするという選択肢もある

急いでお金が必要だけど、イオン銀行カードローンで増額申請をしても審査に通過しないかもしれない…。 
そんなときには増額以外の方法を検討しましょう。

他のカードローンに新規で申し込みをする、という方法です。 
借り入れ件数が増えるためにそれまで以上に計画的に利用する必要はあります。

しかし困ったときには検討してみるのも良いでしょう。 
もちろん借り入れ件数が増えるという場合は、慎重に返済計画を立てるように注意してくださいね。

手間がかからない大手消費者金融!

増額ではなく他のカードローンに新規で申し込みするなら大手消費者金融のカードローンがおすすめです。 
借り入れ限度額を50万円以下にすれば収入証明書の提出をしなくても良いことのほうが多くなります。

ただし総借り入れ金額によっては提出が必要な場合もありますので注意してくださいね。 
「すぐに収入証明書を発行するのは難しい」という方もいます。

また面倒だと感じるかもしれません。 
そんな方にとっては新規申し込みのほうが向いているでしょう。

即日も可能!審査が早いので今日中にお金を借りられる可能性がある

増額審査には数日かかると考えられます。

しかし、大手消費者金融のカードローンに新規申し込みするなら、審査は最短30分で終わります。
また早ければ1時間前後で融資が受けられるでしょう。 
ただし申し込み時間によっては翌日になるというケースもあります。
「絶対に必要!」という場合は早めに申し込みをしましょう。

審査は申し込み順となっています。
そのため、早い時間に申込をしたほうが審査完了までの時間も早くなるのです。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

特徴から探す

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

職業から探す

公務員に人気のカードローン
会社員(サラリーマン)に人気のカードローン
自営業(社長)に人気のカードローン
主婦に人気のカードローン
パート・アルバイトに人気のカードローン
学生に人気のカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  6. カードローンは計画的にご利用ください
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.