最終更新日:2020年05月19日

J.Score(ジェイスコア)の増額審査に通る方法は?限度額を増やすコツ

この記事はこんな人におすすめ

ここでご紹介することは以下のような方々にオススメです。 
J.Scoreからすでに借り入れを行っていて、もっと多く借りたい(増額希望)と考えている方。

増額にあたっての、J.Score審査基準や条件を知りたいという方。
他社から新規で借り入れ申し込みを行うか、J.Scoreに増額を申し込みをするか迷っているという方は、J.Scoreの増額について詳しく触れていきますので、ぜひ参考にしてください。

自分に合った環境を整えていただけます。

7つのコツでJ.Score(ジェイスコア)を増額しよう!

J.Scoreで借り入れを行っていて、さらに増額申し込みをしたいという場合に大切になるのが信用力です。
AIスコアは、常に更新されており、利用期間中でも信用力をあげることもできます。

信用力を上げることは、増額審査に通る可能性をアップすることにもつながります。 
そんなAIスコアを今までよりもさらに良くするために抑えておきたいポイントがいくつかあります。

まず、AIスコアを上げるポイントを7つご紹介していきます。

最新情報にAIスコアは更新

毎月、J.Scoreに返済をしっかりと行っていれば自動的にスコアはアップします。
その他には、スキルアップのために資格取得をしていることを示すためにプロフィールを変更すること。

年収がアップしたのであれば、利用者が申告する必要が出てきますので、質問ジャンルにあるウォレットに登録した年収を変更しておきましょう。  
その他にも、価値観が変わったりギャンブルをやめたなど情報に変化があれば再入力を行いましょう。

常に最新情報に更新するのがポイントです。

未回答の質問があれば答えておく

スコアは質問への回答内容によって決まります。 
J.Scoreで用意している質問は、すべて答える必要はありません。

しかし、多く答えておくほどスコアがアップする可能性がありますのですべて答えることをオススメします。 
細かく答えていくと、スコアが600点以上に達することもあります。

それで審査に通りやすくもなるのです。 
全ての質問が200以上なので面倒だと感じるかもしれませんが、時間に余裕があるときには進めておきましょう。

口座開設みずほ銀行にしておく

J.Scoreは、みずほ銀行とソフトバンクの共同出資でできた賃金業者です。 
J.Scoreとみずほ銀行の口座を連動させることが可能で、連動させるだけでスコアがアップします。

お金の動きの情報を口座からJ.Scoreが把握できるというのがアップの理由です。 
これを機会にに、みずほ銀行に口座がないという方は開設しておくと良いでしょう。

なお、開設した口座にまとまった現金を入金しておくとスコアアップになります。

ソフトバンク携帯を契約しておく

次にソフトバンクの携帯を契約するというポイントです。 
共同出資でできたということもありますが、通信状況をJ.Scoreが把握しやすくなりますのでスコアアップができるという仕組みです。

すでにソフトバンクで契約をしているという方はJ.Scoreと携帯を連携をしておきましょう。 
ソフトバンク以外であれば、キャリア乗り換えも1つの方法です。 
増額を中心にスコアアップを考えると実践する価値は十分にあります。

ジェイスコアのアプリであるハビットチェンジを利用しよう

ハビットチェンジとは、J.Scoreのアプリのことを言います。
これを利用することでスコアアップにつながります。

J.Scoreを確認することの他に、運動習慣や学習習慣、金銭週間さらには睡眠週間などを管理してくれます。
自分を管理できる利用者は信用度も高くなり、結果としてスコアアップになるのです。

J.Score独特の面白い仕組みといえるでしょう。 
自分自身の生活環境や健康管理も行いやすくなりますので、取り入れてみてください。

返済は滞納せずにしよう

借入を行っているのであればお分かりかと思いますが、どのようなローンであっても「借りたものはしっかりと返していく」ことが大切です。
滞納をしないことは大前提と考えましょう。

滞納を繰り返している・現在も滞納状態だという利用者に、それ以上の借り入れを行うはずもありません。
J.Scoreで新規契約をしてからこのような滞納や遅延が全くなければ、スコアアップできます。

増額審査時にも非常に大切なポイントである信用性にも大きくかかわる部分です。

新規でのローン契約をしていない

例えば、他社借り入れが新規契約時よりも増えているという場合には増額審査は難しいでしょう。
J.Scoreは賃金業者ですから、総量規制の対象内にあり、年収の1/3までという限りがあります。

その額に達していれば絶対に審査に通ることはありません。
そうでなくても、借り入れが増えていると金銭的に厳しい環境にあると判断をされるために審査に通る可能性が低くなってしまいます。

他社借り入れが増えた場合、スコアポイントも低くなってしまいます。

難しい?ジェイスコアの増額審査について

J.Scoreの増額審査は難しいものなのでしょうか。 
お金の借り入れを増やすということになりますので、優しい事ではありませんがスコア次第となります。

スコアにより融資限度額が決まりますし、契約したときと増額申請時を比較して、後者の方がスコアが高ければ増額できる可能性は高くなるでしょう。 
少しでもスコアを高くするために、みずほ銀行に口座を開設しまとまった現金を入金するハビットチェンジでスコアアップを行うなどスコアを重ねていきましょう。

申請方法!ジェイスコア増額の申請はどのように行う?

新規契約後にJ.Scoreに増額を申請する場合、どのように進めていけばよいのでしょうか。 
契約と増額申請までに必要とする期間についてやスコアについて、申し込み方法についてなど見ていくことにしましょう。

大きな流れや仕組みを認識しておくと、さらにスムーズに利用をしていただきやすくなりますし、増額を将来的に考えているようであれば環境を整えやすくなります。 
ここでの解説と合わせて、公式サイトも確認してください。

契約の30日後から増額は可能

J.Scoreは新規契約してから「30日」が経過していないと増額申請ができません。
これは公式サイトにも記述がされています。

新規契約から1カ月以内では、利用者の状況の変化はほとんどありませんので増額の借入を行うのは考えにくいでしょう。 
このことから、多くの消費者金融では3カ月が過ぎていないと増額をしない傾向があります。

J.Scoreはそれと比較をすれば、積極的に増額希望を受け入れているといえるでしょう。

増額できるかどうか。AIスコアを確認しよう!

J.Scoreで増額を行うには、まずスコアを上げる必要があります。 
スコアとは簡単に言えば成績のようなもので、スコアによって借り入れの限度額が高くなります。

スコアと限度額は以下の通りです。 
600~699 150万円まで 
700~799 260万円まで 
800~849 400万円まで 
850~899 540万円まで 
900~949 730万円まで 
950~1000 1,000万円まで 
です。

J.Scoreは、他社と比較をすると増額がしやすくなっています。

マイページから増額の申し込みをしよう!

増額申請は、J.Scoreのマイページから行うことができます。 
平日の9時~18時までとなっていますが、申し込みそのものは24時間いつでも可能です。

万が一、何かしらの事由でマイページから申し込みをしたくないもしくはできないという場合、電話からでも増額申し込みをすることはできます。 
電話の受付は、平日9時~18時までしか受け付けていませんのでご注意ください。

できればマイページからの申し込みをオススメします。

急ぐ場合はオペレーターに相談をしよう!

マイページから24時間申し込み可能ではありますが、急いで増額申請を行いたいという場合には、J.Scoreで個別対応をすることも可能です。 
専用のフリーダイヤルが用意されていますので電話を入れると良いでしょう。

受付時間は平日のみの9時~18時までとなっています。 
年末年始はこの時間の対象外となります。

そして、事情を話して相談をしてみてください。 
なるべく詳しく説明をすることが大切ですので予めメモ書きなどにまとめておきましょう。

基準を確認!ジェイスコアの増額審査について

J.Scoreの増額審査の内容が気になるという声も少なくありません。
増額審査の基準ばどのようなものになっているのか。

そして、審査内容はどのようなことが行われているのかについて詳しく触れていきます。 
J.Scoreでの基準を知っておくと準備もしやすくなりますし、そもそも申し込み基準に達しているかを把握していただけます。

無駄手間とならないためにも、時間の目安や審査結果の通知の方法もあわせて確認しておきましょう。

審査は増額申請でもされる

新規契約時に審査をしたのだから増額時には不必要だと認識しているかもしれませんが、増額時にも審査は行われます。 
現状のスコアや状況を確認し、そのうえで増額をするか決定します。

信用情報機関から個人信用情報を照会して再審査を行います。 
J.ScoreはCICという信用情報機関に加盟しており、クレジットカードの履歴を全て確認されます。

支払いが遅れているとなると審査には落ちやすくなります。
また、携帯電話の端末を含んだ支払いもCICに登録されています。

収入証明が金額によっては必要

絶対ではありませんが、J.Scoreは賃金業法の適用内にいますから、借入金額が50万円以上を超える場合もしくは他社借り入れとの合計金額が100万円を超えた場合は「収入証明書」を提出しなくてはなりません。

収入証明書は、源泉徴収票と個人住民税課税通知書、給料明細直近2カ月分などです。 
スコアの質問でもし収入において虚偽の回答をしているとますます信用力を失うことにもつながりかねませんから、限度額の増額の際には慎重に行ってください。

増額申請でもある?在籍確認の有無について

新規契約時に行われた在籍確認ですが、増額申請時にも行われます。 
新規契約時と増額申請時の勤務先が変わっているであれば、減額の可能性さえありますのでご注意ください。

それを避けるためにも、属性に変化があればすぐに内容の変更を行いましょう。 
在籍確認は勤め先に電話をかけて本人がいるかどうかを確認します。

職場に知られるリスクについては、担当者の個人名で電話がありますので知られることはまずありませんのでご安心ください

審査時間と審査結果の連絡について

増額の審査の時間ですが、最短で30分で終了します。 
この時間は、何の滞りもなく進められた場合のみですのでそれ以上の時間がかかると認識しておいた方が良いでしょう。

また休業日にあたった場合には、翌営業日もしくはそれ以降となる可能性もあります。 
審査の結果はメールで行われます。

増額申請は、新規契約の手続きは必要ではありませんから、審査が通ればすぐに限度額が増えて振り込みによって受け取りを行うことが可能です。

通過しよう!J.Score の増額審査!

J.Scoreは、契約後10日経過すれば増額審査ができるという魅力があります。 
審査に関しては、AIスコアアップが審査合格の近道であ貼りますが、そればかりが審査基準ではありません。

J.Scoreの返済が滞っていたり、返済能力が低下したと判断された場合には審査に落ちてしまいますのでご注意ください。 
J.Scoreは審査基準が分かりやすく、金利も低いことから人気の消費者金融です。

だからこそ、申し込み時にはしっかりと対策もしていただきやすいので準備をしっかり整え申し込みを行いましょう。

どのような方法で増額審査に通過するか

J.Scoreの増額申請をする場合には、新規申込時と同じように、増額審査を受けなければなりません。 
利用限度額が上がるほど貸倒れのリスクが高くなるので、J.Scoreの増額審査は、新規申込時の審査よりもさらに厳重に行われます。

そのため、AIスコア・レンディングの利用限度額を引き上げたいという場合には、J.Scoreの増額審査に通過することができるよう、以下のの項目について準備しておきましょう。

・返済実績を積んでおく 
・収入証明書類を提出できるようにしておく 
・在籍確認の電話連絡に備えておく

J.Scoreで返済実績を積んでおく

J.Scoreで返済実績を積み重ねると、審査担当者から返済能力があると判断され、増額審査に通りやすい傾向があります。 
J.Scoreの審査担当者から返済実績を認めてもらうには、少なくともまずは半年間は、延滞することなく返済を続けなければなりません。
一度でも遅延したことがある人は、審査担当者から返済実績があると信頼を得ることができず、J.Scoreの増額審査に通過できません。

そのため、利用限度額を引き上げたい場合には、J.Scoreの増額審査に通るように、遅延や延滞といった返済トラブルを起こさないことが重要です。

収入証明書類を提出できるように準備しておこう!

50万円を超える利用限度額をJ.Scoreに希望する場合には、前もって収入証明書類を準備しておく必要があります。 
J.Scoreから50万円を超える借り入れをする際には、収入証明書類を提出することが法令で義務付けられているからです。

J.Scoreで収入証明書類として認められいる書類は、以下のものになります。  
・源泉徴収票  
・住民税決定通知書・納税通知書  
・所得(課税)証明書 
・給与明細書(直近の2か月分および賞与明細書)
・確定申告書

電話連絡での在籍確認に備えておく

J.Scoreに初回申込をした時と現在で勤務先が異なるという場合には、増額審査の際に在籍確認で注意しなければなりません。 
転職で職場が変わったことによって、在籍確認の電話連絡があっても、対応が不可能になっていることがあるからです。

そのため、J.Scoreの初回申込時と現在で勤務先が変わっているという人は、在籍確認が行われることが考えられるので、事前に勤務先の上司や同僚に、自分宛に電話が来るかもしれない、ということを伝えておくと良いでしょう。

他社で借りるよりもおすすめなのはジェイスコアでの増額!

追加で借り入れを行いたいという場合、J.Scoreで増額申請を行う方法と、新たにカードローンを作成し申し込むという方法があります。
どちらが良いのかについては、新規でカードローンを契約するよりもJ.Scoreで増額する方がオススメです。

何故オススメかというと 
・金利が下がる 
・複数借り入れは信用状態が悪化することにつながるので増額の方が良い 
という理由があります。

自分自身の返済環境のために増額の方が良いのです。

増額審査に通ると金利が下がることも

まずは金利が下がるという点から触れていきます。
J.Scoreでの増減審査に通れば、カードローンの借り入れの限度額が上がります。

そのことによって、金利が低くなるのです。 
J.Scoreはいくら金利が高くても12%で、銀行カードローンよりも低めに設定されています。

例えば50万円を借り入れた場合、J.Scoreは12%で銀行カードローンは14%です。 
これが増額によってさらに下がる可能性もあるので負担なく利用がしやすくなるのです。

複数借入によって大きな悪影響がある

J.Scoreで増額ができずにどうしても借り入れをしたい場合、他社から借り入れるしかなくなるでしょう。
もしそうでなければ増額をオススメします。

金利ばかりではなくリスク的な問題もあるからです。
複数の会社から借入を行っている場合、金融商品の審査に通りにくくなってしまいます。

簡単に言えば、借金の件数が多いということになりますので多重債務者という扱いになり、審査で非常に不利になってしまうのですで、増額の方がリスクが低くメリットが高くります。

なにかジェイスコアで増額するときの注意点はある?

J.Scoreで増額する際には以下の点を注意しましょう。 
・総量規制 
・虚偽申請 
・減額 
・返済総計は増える 
ということです。

いくらリスクが低い・増額の方が金利が下がるとはいえ、これらの点は必ず注意をすることが大切なのです。 
中には、デメリットに作用してしまう項目もありますので慎重に検討する必要がありますし、計画的な利用をおこわなければ自分にとって大きな損害です。

これら増額の際の注意点について詳しく説明していきます。

【総量規制】年収の3分の1以上は借りられない

J.Scoreは日本賃金業協会に加盟している賃金業者です。
賃金業法の規制がありますのでそれに従った貸し付けを行う義務があります。

総量規制という定めの対象になっているJ.Scoreは、年収の1/3以上のお金を借りることはできません。 
スコアが上がって限度額も増えていたとしても、借入総額が年収の1/3を超えていれば利用ができません。

なお借入総額はJ.Scoreだけではなく、他社の借り入れも合わせた金額です。

AIスコアアップのためだからと言えども、嘘は良くない

AIスコアアップは増額審査のために大切なポイントになります。 
だからこそ、少しでもスコアアップしようと虚偽の登録や回答をすることはくれぐれもやめましょう。

バレないと思っていても嘘は必ず知られてしまいます。 
J.Scoreはみずほ銀行とソフトバンクが共同出資してできた会社です。

それぞれが持っているビッグデータの活用や、小さな矛盾点を見つけて指摘されることで虚偽であると分かると、AIスコアは下がってしまいます

利用枠が増枠申請のせいで下がる可能性も

慎重に増額を検討したい理由にもなるのですが、増額申請をしたがために利用限度額が下がってしまう可能性があるのです。 
信用情報へ利用者情報の紹介を行った際、他社への借り入れ化へ増えていた李クレジットカードの返済が滞っているなどという点が見つかればスコアが下がります。

審査に通らないばかりか、信用も欠いてしまうために限度額が下がるのです。
J.Scoreのスコアも大切ですが、そのほかのカードローンと同じように信用情報も重要です

返済金額は低金利でも増える

J.Scoreは金利が低く設定されています。
増額審査が通り、限度額が上がれば金利が10%切ることもあるでしょう。 
金利が安くなればその分お得ではあります。

しかし、借入額が増えることを忘れてはいけません。 
借入額が増えるということは、返済する金額も増える事なのです。 
J.Scoreの公式サイトには、シュミレーションが用意されていますので活用してください。

そのうえで、無理のない返済が確実に行えると考えるケースのみ増額申請をしてください。

実際にジェイスコア増額した方々の口コミ

J.Scoreの利用者は数多くいます。 
ですので、それだけの口コミ情報も確認することができますし、増額実現できた人・そうでない人の経験談を知ることも可能です。 
2ちゃんねるなど少し辛辣な巨大掲示板にも、J.Scoreの口コミはたくさん存在しています。

もちろん、口コミが必ずしも正しいわけではありませんが、多くの人たちの声を聞くことで参考にはしていただけるので、いくつか口コミをご紹介していきます。 
経験者だからこその事柄に触れられるでしょう。

実際に増額に成功した人の口コミ

・コツコツとスコアアップをしてから増額に申し込みをしました。これまで滞納なども一切なかったのも功を奏しですぐに増額審査に通りました。
・あと少しだけお金が必要だったので、契約から30日が経過した段階で増額に申し込みました。無事に増額をしてもらうことができたので助かりました。 
・事前に念のため、スコア診断を行いました。ハイスコアだったので申請をしても大丈夫かなと思い申し込みをしたら通りました。金利も低金利で新規にカードローン契約をしなくてよかったなと思っています。

などの口コミがありました。 
スコアアップがやはりキーポイントのようです。

審査落ちした口コミ

・スコアが上がってきたなと思ったので増額の申し込みをしました。しかし審査に通過はできませんでした。 
・借入枠を増やしたいと思って増額審査をしましたが落ちてしまいました。他社借り入れもあったのでそれが原因となってしまったようです。 
・審査申し込みをしてから少し時間がたってメールが届きましたが、増額は叶いませんでした。

やはり、実際に増額審査に落ちてしまった人もいます。 
信用情報などにもしかしたら問題があるのかもしれません。

ジェイスコアで増額できないときはどうすれば良いのか

新規で借り入れを行うよりもJ.Scoreで増額を行った方がメリットは多いのですが、審査に通らないということもあります。 
通るように準備をしておくことが大切ですが、どうしてもお金が必要だという場合には以下の方法を検討しても良いでしょう。 
・消費者金融を利用する 
・銀行カードローンを利用する 
・おまとめローンを利用する

という方法です。

あまりオススメはできないアプローチではありますが、どうしてもという強い希望があれば取り入れてみてください。

他の消費者金融カードローン

AIスコアが600点以上獲得すればJ.Scoreの増額審査には通りやすくなります。
金利が低いのがその魅力ですが、審査基準は厳しいといえるでしょう。

もし、総量規制の限度額(年収の1/3)に達していないのであれば、大手消費者金融のローンに申し込みを行う方法があります。 
金利は高めに設定はされていますが、無利息期間を上手に活用すればお得な利用もしやすくなります。

短期間利用であれば金利ゼロでの借り入れも実現できます。

銀行カードローン

銀行カードローンの利用ですが、金利は14%~15%が平均ですからJ.Scoreの金利と比較をすると高くなってしまいますが、地方銀行などでは条件に該当すれば低金利で利用できることもあります。

例えば住宅ローンを組んでいる方の借り入れです。 
もし、住宅ローンを銀行で借り入れているのであればその先に相談をしてみると良いでしょう。

また総量規制の対象外ですので「別枠」として借り入れることは可能なのもメリットと言える点です。

おまとめローン

おまとめローンとは、借り入れ件数が多い方にオススメできる方法です。 
これを利用することによって、借り入れ件数を減らすことができます。

金利が下がり返済額も下がるというメリットがありますし、1年前後過ぎれば、他社借り入れが少なくなったことでJ.Scoreの増額審査に通過する可能性も生まれてきます。 
新しく借り入れることを考えるのではなく、まずは減らす・まとめるという方法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

ジェイスコアに関する6つの質問を紹介!

J.Scoreを利用する上で、多くの方が抱きやすい疑問や質問があります。
こうした問題は、必ず解決をしておくことが大切です。

納得と理解をすることが計画的な利用にもつながりますので、ここではよくある質問をローンカードから入会条件など6つピックアップしていきます。 
どうしても解決できない・不安や疑問が残るという場合には、J.Scoreに電話をして質問相談をしてください。

営業時間内であればすぐに解決できるでしょう

①ジェイスコアではローンカードの発行をしてもらえる?

J.Scoreでローンカードを発行してほしいという希望をお持ちの方もいらっしゃいます。
J.Scoreではローンカードの発行というシステムがありません。

ですのでATMで引き出すというような24時間対応はできませんのでご注意ください。 
借入方法につきましては、振込のみとなっております。

ですので、借入可能時間は平日の銀行営業時間内ということになりますので、もし借入を行いたいのであれば早めに手続きを行ってください。

②どの位の期間が過ぎたら増額案内はしてもらえる?

増額案内までの期間ですが、明確な基準がJ.Scoreにはありません。 
目安としては、利用実績が良好(滞納や延滞がなくしっかりと返済が行われている・信用を欠く行為をしていない)であれば、半年~1年前後経過をしたときに、メールにて案内が届くでしょう。

この案内も絶対ではありませんので、可能性があると認識しておきましょう。 
案内をしてほしいけれど届かない場合には、J.Scoreに相談すれば、メールを送ってくれるでしょう。

③ジェイスコアには専業主婦でも入会申請できる?

J.Scoreに入会申請を行いたいと専業主婦(夫)が希望した場合ですが、入会は不可能です。 
J.Scoreは必ず本人名義で収入がある人のみが借入を行うことが条件となっています。

正社員が理想的ですが、非正規雇用やアルバイトやパートでも構いませんから、自分名義の収入を得てからJ.Score入会申請を行ってください。 
出来れば固定シフトなど安定収入があることが望ましいでしょう。

虚偽の申請をして入会する行為は厳禁です。

④増額の申請に確定申告書や納税証明書は必要?

増額により借入金額が50万円を超える場合もしくは、他社からの借入金額が合計で100万円を超える場合は必ず確定申告書は必要となります。 
また、状況によっては「収入証明書の提出」を求められることもあります。

ですから増額を申し込む際にはあらかじめ手元に収入証明書を準備しておきましょう。 
中には、増額審査を通過したいからと言って収入を虚偽申告する行為も見受けられますが、絶対に行わないようにしてください。 
嘘は必ず知られてしまいます。

⑤土日でも審査してもらえる?ジェイスコアの営業日は?

J.Scoreの営業時間は平日9時~18時のみとなっています。 
土曜・日曜・祝日は営業を行っていませんので、審査もしてもらえません。

平日の上記営業時間内でしたら、最短であれば30分で即日融資にも対応しています。 
ただこれはスムーズに審査が通った場合のみです。

審査条件に全て該当しているという場合、即日審査回答を得られる可能性がありますので、少なくとも平日の午前中までには申し込みを完了しておくと安心です。

⑥点数が足りない場合は絶対レンディングしてもらえない?

現在はスコア判定を行わず、最初から申し込みを行うことができますので、点数が足りないという概念がありません。 
この段階で審査が通過すれば、借り入れが可能となります。

ただ、この場合におきましてもスコア判定をして600点以上を獲得できる人でないと、審査を通過することはできないでしょう。 
スコア判定は無いものの、借り入れを行いたいのであれば基本的にはスコア600点以上をとれる状態でないと厳しいと考えておきましょう。

おすすめカードローンランキング

全てのランキングはこちら
注意事項
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • プロミスのサービス表記に係る補足事項
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビットのサービス表記に係る補足事項
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSAの貸付条件
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローンのサービス表記に係る補足事項
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)