最終更新日:2019年11月02日

40万円を即日融資で借りる方法!今日中にお金を借りる少額融資

追記:プロミスで40万円を即日融資できたという利用者の口コミを入手

利用者からカードローン会社の評判を聞いたところ、プロミスで40万円の即日融資ができたという口コミを入手しました。
まずは3秒借入診断サービスで自分が通るかどうか確かめてみましょう。

プロミスの特徴
  • 借入診断は3秒で完了
  • 即日融資にも対応
  • 初めての方は30日間利息0円

今すぐ40万円借りる方法とは?解説します!

急な出費が重なってしまい、今すぐ40万円借りたいということになった時、どうすればいいのでしょうか?そんな時、今すぐに40万円借り入れるのに役立つのがカードローンです。カードローンは即日融資で借り入れを行うことができたり、低金利になっていたりと選択肢が多いのが特徴です。大手の消費者金融が行っているカードローンなら、今すぐ40万円借り入れたいという場合にもスピーディに対応してもらえますし、返済もしやすくなっています。

今すぐ40万借りたい方へおすすめのカードローンとは

今すぐ40万円借りたいという時には、即日借り入れサービスに対応しているカードローンを選ぶということは大切なポイントです。以前ならば銀行系カードローンも即日サービスに対応していましたが、現在では法律が改正されたこともあり、即日融資に対応しているのは消費者金融のカードローンになっています。したがって、今すぐ40万借りたいという場合には大手消費者金融のサービスなら即日借り入れを行うことが可能で便利です。

安心できる大手銀行系グループ

即日借り入れするなら安心の大手の消費者金融や銀行系グループが運営している消費者金融に注目してみましょう。例えば、ウェブ申込で最短1時間という融資可能なSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは、初めてなら30日間の無利息期間が利用でき、利息0円で買いリレができるのです。また、アコムは14時までの書類提出によって即日振り込みも可能というサービスが提供されていてとても便利に借り入れすることが可能です。

40万円借りることができる2つの大きな条件とは

40万円借りられる2大条件として、スピード重視や低金利重視が挙げられます。低金利重視という点はすぐにお金を借りたいという方は、即日融資に定評がある大手カードローンを選ぶようにしましょう。そして、銀行でお金を借りたい、安心感がほしいという低金利重視の方は銀行カードローンを選ぶということがおすすめです。今すぐお金を借りたいという場合には融資スピードという条件や金利という条件を軸にして検討してみることがおすすめです。

カンタン3STEPで契約するキャッシングの流れ

カンタン3STEPでカードローン契約をすると、提携コンビニATMで24時間365日いつでも気軽に現金を引き出すことができます。そこで、スピーディな借り入れまでのカンタン3STEPをご紹介してみたいと思います。まず、最初のステップとして、スマホやパソコンから申し込みを行います。インターネット申し込みなら24時間いつでも申し込みできます。そして、次のステップとして審査を受けて回答を得ます

ステップ3では契約してATMですぐ借り入れ という流れになります。

銀行と消費者金融のカードローンの差とは?解説します!

銀行と消費者金融の比較を行ってみましょう。比較は審査速度、金利、そして土日休日審査対応という3点で行います。金利で比較すると消費者金融は高めで、銀行は低めです。つまり、銀行は低金利重視の方向けです。そして、スピード重視の人におすすめの消費者金融は審査速度が早めで、銀行は普通です。土日休日審査対応は、銀行は会社によりますが、消費者金融はほぼOKとなっています。銀行も消費者金融もそれぞれ特徴がありますのでよく比較しましょう。

40万円借入可能なカードローン会社一覧

40万円借入可能な会社一覧をご紹介します。

プロミスは休日対応有で、金利は4.5% ~ 17.8%、融資限度額は500万円となっています。融資速度は5段階で5なのでスピーディです。
アコムは休日対応があり、金利は3.0% ~ 18.0%、融資限度額は800万円となっています。融資速度は星4つです。
アイフルは休日対応有で、金利は3.0% ~ 18.0%、融資限度額は800万円で、 融資速度は星3つです。
三菱UFJ銀行は休日対応有で1.8%~14.6%、限度額は500円で、星4つの早さです。

すぐに40万円借りるために事前にチェックしておきたいこと

すぐに40万円借りる方法として、事前にキャッシング機能付きのカードローンに申し込みしておくことが挙げられます。今すぐにお金が必要になった場合、そのまま近くのATMなどを訪れて、お金を引き出すことができます。しかし、そうした準備はなかなかできないものです。事前に申し込みしていないものの、すぐに40万円を借り入れしたいという場合には、融資スピードの早いカードローンを選ぶということがポイントになるのです。

もし40万円が当日に必要になったら

今すぐ40万円必要になったら、速やかに即日融資が受けられるかどうかです。そうした場合は特に、即日キャッシングができなければ間に合いません。 時間に余裕があればいいのですが、そうではない場合は即日融資できるキャッシング業者を選びましょう。借り入れする際の代表的な方法として、即日融資をしたい時は費者金融から借り入れる、 低金利で借りたい時は銀行から借りる方法などがあります。 今回は「今すぐに40万円を借りる」のが目的なので消費者金融借りるのがおすすめです。

即日融資で今すぐに40万円借りる

即日融資で今すぐ40万円を借り入れるという時は、いろいろある借り入れの方法のなかでも、即日融資を選ぶという方法です。そして即日融資では大手消費者金融は外せません。しかし、大手消費者金融から借り入れをするということになるとメリットとデメリットが存在するのです。どんなメリットやデメリットがあるのかということやそれらをよく理解して、賢くお金を借りるということがおすすめです。そこで、長所と短所を具体的にご紹介しましょう。

大手消費者金融から40万円を即日でキャッシングするメリットとは?

まず、大手消費者金融から40万円を即日キャッシングするメリットとは何なのでしょうか?この点についてはまず、銀行等をはじめとするキャッシングと比べて審査が甘いといわれているので、借り入れがしやすいという点が挙げられています。また、即日融資により、契約申し込み当日での借り入れができるというスピーディな点もメリットになります。さらに、無担保や無保証で借り入れができるという手軽さなども大手消費者金融から40万円即日キャッシングするメリットです。

大手消費者金融から四十万円借りることのデメリットとは?

では、大手消費者金融から四十万円借りることのデメリットは何でしょうか?この点については、銀行などのキャッシングと比較すると金利が高いということが挙げられます。すぐに40万円借りるという時にはスピーディな対応が受けられるのはうれしいのですが、 銀行から借り入れるのと比較すると金利が高くなるとお得に買いリレができないため、その点がデメリットです。ただ、そんなに高額の借り入れでない場合はすぐ借りてすぐ返せば金利の差は大きな負担とはならないでしょう。

代表的な大手消費者金融を3つ紹介します!

代表的な大手消費者金融としてすぐに名前が挙がるのが、テレビCMや雑誌広告やインターネット広告などで良く知られた、SMBCコンシューマーファイナンスの【プロミス】と 三菱UFJフィナンシャルグループの【アコム】と東証一部上場の【アイフル】ではないでしょうか。これらの3社は利用者数も多いです。これだけの人々が利用している最も大きな理由が、融資速度の早さといわれており、利用しやすい利便性の高さなどが評価されています。

アイフル

東証一部上場の【アイフル】は、初回に最大30日間利息ゼロ円サービスキャンペーンが利用でき、よりお得に借り入れができるようになっています。申し込み前に融資可能か否かの確認ができる1秒診断を受けられたり、カード発行なしでカードレスキャッシングも可能なので便利です。疑問点を会話ロボットの「ルフィア」に気軽に質問でき、レディースキャッシングなどの女性のためのサービスが充実しているといった特徴などもあります。

プロミス

SMBCコンシューマーファイナンスの【プロミス】は、初めて利用するという方はメールアドレス登録とウェブ明細登録で30日間の無利息サービスが受けられます。お得なサービスが充実しているのがプロミスの特徴です。また、生年月日と年収、そして現在の借り入れ金額のたった3項目の入力で、契約申し込み前に借り入れ可能かを診断できるのです。このお借入シミュレーションなども定評があり、女性にやさしい借り入れサービスも充実しています。

アコム

三菱UFJフィナンシャルグループの【アコム】は、年齢・年収(総支給額)・カードローン他社借り入れ状況の入力だけで、契約申し込み前に借り入れできるかどうかがすぐに診断できる3秒診断サービスが設けられています。さらに、初めて借り入れする場合も簡単に手続き可能なように詳しい説明が動画で見られるようになっています。ネットでの契約手続きサービスにも力を入れているのが 三菱UFJフィナンシャルグループのアコムの特徴でもあります。

誰にもバレずに40万借りる具体的な方法とは

だれにも知られずに40万借り入れたいという場合、申し込みから借り入れ・返済まで、来店しなくてよいウェブ完結申し込みで、郵便物の郵送なしのカードレスキャッシングを行うことが挙げられます。また、審査結果の連絡ではメールか携帯電話で通知受け取りを指定したり、カード受け取り方法を自動契約機での受け取り理にするという方法があります。さらに、自宅や職場への郵送が不要なウェブ明細にして、ネット上で明細をチェックするといった方法があります。

審査の際の在籍確認について

人に知られずにお金を借りたい時の最大の問題が、職場への在籍確認と言われています。審査の際の在籍確認はどのカードローン会社も行う必要があり、在籍確認なしのカードローンはなかなかないのですが、周りの人に知られずに借り入れを行いたいという方も安心できるのが、会社への在籍確認の電話では、担当スタッフの個人名出かけてもらえるという点です。そのため、職場の上司や同僚にも知られないでカードローンに申し込むことができるのです。

低い金利で40万円借りるには?

40万円を借りれるのは良しとしても、同時に低金利も気になるという場合には、即日融資の消費者金融よりも融資速度は遅くなりますが、大手銀行カードローンは低金利で借り入れできます。しかし、銀行カードローンは低金利というメリットがありますが、同時に40万円を銀行のカードローンで借り入れするデメリットもあります。どんなメリットがあり、どんなデメリットがあるのかということについてこれからご紹介してみたいと思います。

銀行カードローンで40万円借りるメリット

銀行カードローンで40万円を借り入れるメリットについては2点ほど挙げることができます。まず1点目は、消費者金融などより、低金利で借り入れができるという点です。基本的には1%から2%ほどと言われますが、こうした差は長期的な借り入れになると大きくなっていきますので、少しでも金利が低いということは大きなメリットです。また、2点目は銀行ならではの資金力によって、高額融資を受けることが期待できるという点が挙げられます。

銀行カードローンで40万円借りるデメリット

では、銀行カードローンで40万円借りるデメリットは何なのでしょうか?この点については、融資の審査が他のキャッシング業者と比較すると厳しいという点が挙げられます。銀行は他のキャッシング業者よりも低い利率で貸し付けを行うため、どうしても審査が厳しくなってしまうということなのです。また、審査申し込みから審査完了までのプロセスには少し時間がかかるという点も挙げられます。そのため、急いでいる場合は消費者金融の方がおすすめです。

40万円を借りるためのカードローンを申し込む方法

40万円カードローンの申し込み方法はどのようになるのでしょうか?カードローンの申し込み方法はいろいろと選択肢が多くて便利です。例えば、来店しなくても24時間365日いつでも申し込み可能なウェブ申し込みや、申し込み時に質問もしやすい店舗窓口申し込み、対面でのやり取り不要で自身のペースで申し込める自動契約機申し込みなどがあります。インターネット申し込みは24時間いつでも利用できるのでとても便利に申し込みができます。

今すぐ40万円借りるための申込条件

今すぐ40万円借りるための申し込み条件については、カードローンはいくつかの申し込み条件が設定されており、審査に通過すると利用可能になります。基本的には次の条件を満たしていれば、申し込み自体を行うことができるようになっています。申込時点で年齢が満20歳以上で65歳未満ということです。そして、安定的で継続的な収入があるということと、日本国内に居住していることと言う条件が挙げられます。年齢については上限年齢は業者ごとに違う場合もあります。

40万円借りるためのカードローンに必要な申込書類とは

40万円カードローンの申し込み必要書類として挙げられるのが、まず、本人用の確認書類が必須書類として挙げられ、借り入れ希望金額によって提出が必要な収入証明書類があります。本人用の確認書類は、運転免許証・パスポートなどで、場合によっては補足資料も提出します。そして、収入証明書は総量規制などの法律に基づいて提出することになっており、源泉徴収票や直近2ヶ月分の給与明細書、住民税決定通知書などから提出します。

本人確認書類

借り入れに申し込む場合には本人用の確認書類を提出します。この書類は、運転免許証・パスポート ・個人番号カード ・在留カード ・特別永住者証明書・その他にも、住所や氏名、生年月日が記載され、顔写真もついている公的証明書類・健康保険証+補足証明書1点という形になっています。この書類は借り入れに申し込む時には必ず提出することに案っている必須書類です。これらの中から1つを選びますが、健康保険証は補足証明書をつけます。

本人確認書類の補足資料

本人用の確認書類の補足資料として挙げられているのが、住民票や電気・ガス・水道・固定電話・NHKなどの公共料金の領収書のうちいずれか1つや納税証明書などが挙げられます。補足資料は、顔写真のついた証明書を持っていない時や証明書の記載住所と現在住んでいる場所が違っているなどの時に、発行日から6ヶ月以内の補足書類の提出が必要とされており、そうした場合に提出する要因ある書類になります。こうした書類の提出が必要になる場合は提出します。

収入証明書類

収入証明書類は総量規制の対象となる消費者金融で借り入れを行う時に必要になります。また、一定額を超える借り入れ額を希望する場合に提出する書類です。収入証明書は、公的年金等の源泉徴収票や退職所得の源泉徴収票を除いた源泉徴収票や、直近2ヶ月分の給与明細書、住民税決定通知書(特別徴収税額の決定・変更通知書)や納税通知書、確定申告書、青色申告決算書、収支内訳書、そして支払調書や所得証明書、年金証書や年金通知書などが挙げられます。

消費者金融の収入証明書類提出条件とは

消費者金融では総量規制の関係もあり、収入証明書の提出について一律条件が定められているのです。では消費者金融の収入証明書類提出条件とは何でしょうか?消費者金融の収入証明書類提出条件は次のようなケースの時に収入証明書を提出しなければならないというもので、希望の借り入れ額が50万円を超える場合希望の借り入れ額と他社からの利用残高の合計が100万円を超える場合にはこの書類を提出をしなければならないとされています。

収入証明書類の提出条件

消費者金融は総量規制の対象となる金融機関であるため、次のような収入証明書類の提出条件が定められています。まず、希望の借り入れ額が50万円を超える場合希望の借り入れ額と他社での利用残高の合計が100万円を超える場合には収入証明書を提出することになっています。これは消費者金融の利用に際し、消費者の安全を守るという目的から借り数寄屋化しすぎを防ぐという意味で、貸金業法でしっかりと規制されているのです。

40万円の引き出し方法を詳しく解説!

40万円の引き出し方法や借り入れ方法とはどのようなものなのでしょうか?引き出し方法や借り入れ方法は、店舗に備え付けられている自動契約機無人契約機などのATM提携ATM・提携コンビニATMなどから行うことができます。まず、無人契約機でローンカードを即日発行し、店舗備え付けのATMで引き出しを行ったり、24時間利用可能な提携コンビニATMで借り入れするという方法があり、スムーズに引き出しできるためとても便利です。

40万円のはどうやって返済するの?

40万円の借り入れの返済方法はどのような方法があるのでしょうか?この点についてはカードローンキャッシングは、借り入れ金の返済方法は充実しているため、より便利な方法で返済することができます。返済方法には指定口座への振込返済というインターネット返済や指定口座からの引き落としによる返済店頭窓口や店舗窓口での返済ATMや提携ATMなどでの返済が選べるようになっています。40万円の借り入れはこれらのいずれかの方法で行えます。

カードローンは一部返済や全額返済も可能

カードローンは一部返済や全額返済も可能です。返済日に関わらず借り入れした金額の一部や全額返済をすることができるため、手持ちに余裕がある時には返済日を待たずともどんどんと返済できます。そのことで無駄な利息を支払う必要がなくなり、よりお得になります。全額・一部返済する場合の返済額については、返済日によって変わってくるため、具体的な金額を確認する意味でも返済前にフリーコールをかけて確認するのがおすすめです。

遅延損害金、遅延利息について

カードローンで借り入れたお金は毎月の返済期日までに返済を行う必要があります。もしも返済期日に送れてしまうと、返済の遅れが出ます。返済が遅れると遅延利息や遅延損害金が発生することになります。遅延損害金は年率20.00%など、通常金利より高い利率に設定されていますので、返済期日を過ぎるということには注意が必要です。 また、無断で返済が遅れ、心証を悪くしてしまうことはそれ以上に良くないことになってしまうため注意しましょう。

遅延損害金の計算方法

返済が遅れた時には遅延損害金が発生します。遅延損害金には計算式があり、自身で遅延損害金の計算を行うこともできます。そこで、遅延損害金の計算方法についてご紹介してみたいと思います。まず、残高×遅延損害金年率÷365日×期限の利益の喪失日の翌日からの経過日数という計算式で遅延損害金を求めることができます。また、うるう年の場合は365日のところを366日として計算するようにします。こうした計算で遅延損害金が求められます。

会員サービスや公式アプリで現在の返済状況をチェックする

会員サービスや公式アプリで返済状況を確認するという方法はとてもおすすめです。大手消費者金融のカードローンは、会員サービスなどが充実しており、公式アプリなどでスケジュール管理をすることができます。スケジュールを確認することでうっかり返済日を忘れてしまってたいへんなことになるということを予防することができます。会員サービスや公式アプリで、返済日お知らせメールの配信設定を行っておくと返済漏れや返済忘れが防げるのでおすすめです。

借入残高をチェックする

返済し忘れには金銭的なペナルティが設けられています。それを防ぐためにも、こまめに借り入れ残高を確認して、現在の借り入れ状況を把握するようにしましょう。借り入れ残高を確認し、毎月の返済金額や返済日のスケジュールが厳しいと言った場合には、フリーダイヤルなどに電話をしてこの点を相談してみるという方法があります。そのままでいると返済がだんだんと難しくなってしまうかもしれませんので必ず連絡するようにしましょう。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

アイフル
プロミス
SMBCモビット
レイクALSA

特徴からさがす

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

職業からさがす

公務員に人気のカードローン
会社員(サラリーマン)に人気のカードローン
自営業(社長)に人気のカードローン
主婦に人気のカードローン
パート・アルバイトに人気のカードローン
学生に人気のカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.